お部屋全体が2階の天井まで吹き抜ける立派なリビングルームに配置されたコンビネーション窓ユニットです。

EH001


上部に設置されたケースメント窓(右側)サッシの下枠(木製)の腐食が進行して開閉ができなくなっていました。そもそも高所にあったため殆ど開閉することがなく開かずの窓状態だったということです。

EH002


窓メーカーは合併でブランド名を変えていましたが、現在の工場に問い合わせたところ交換用のサッシが今でも供給できることが確認できたため、将来のことも考慮して、この際現状と同じ開閉窓ではなくFIX窓への改造を提案しました。

EH003

EH004


輸入手配した部材が入荷して工事開始です。
サッシと金物とストッパーを撤去します。ケースメント窓の本体枠は再利用しますのでそのままです。
新しいストッパー(室内枠)とアングルを取り付けてサッシを入れたらFIX窓の完成です。最後に木部を塗装してお化粧します。

足場は必要でしたが窓の改造作業は、朝から始めて午後の早い段階で終了しました。

EH005


輸入サッシ、ドア、輸入建材についてのご相談はワイ・エム・エムへ

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25