築20年も経過すると、あちこちに経年劣化の症状が見られるようになります。

木製の玄関ドアはその代表格と言えるでしょう。

IMG_0275

IMG_0277IMG_0276


オーク材表面のささくれが目立つようになってきましたので、再塗装のご相談を承りました。

IMG_3818


まずは長年の間にタッチアップなどで付着した塗料と汚れを落とします。汚れが落ちたら塗料がよく付くようにサンディングします。金物など必要な箇所を養生して一回目を塗ります。


IMG_3822


オイルステインの色がついてくるまで、塗っては乾燥を待ち、また塗っては乾燥、を数回繰り返します。

IMG_3822


仕上げはクリアウレタンを塗ります。天気の良い日を選んで述べ二日間工程ですが、その甲斐あって玄関ドアはその瀟洒で上品なクオリティーを取り戻しました。

IMG_3895


中には再塗装しても仕上がりに期待を持てない状態のドアもあって、全てがこのように上手くいくわけではありませんが、木製ドアは腕の良い職人によって再塗装することで、いつまでも趣を保つことができます。
少しでも早めに、ご相談いただいて、素敵な住まいをいつまでも維持されてください。


輸入サッシ、ドア、輸入建材についてのご相談はワイ・エム・エムへ

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25