IMG_1731


来年でご新築から20年を迎える建物です。この間に「UV(有害紫外線)ブロック」「省エネ性能」といった窓ガラスの技術は目覚ましい進歩を遂げました。ペアガラスがまだ珍しかった時代から、最低でもLow-Eガラスの時代になりました。

気象条件などの影響で、窓の大小を問わずペアガラスの中が曇ったり、水が入るなどの不具合が発生しているケースも少なくありません。

IMG_1724


ガラスの性能をグレードアップする機会に、個性的なカラーコーディネートを実行されたお施主様があります。オリジナルは外側がホワイトのアルミクラッド窓です。

ガラスのグレードアップは、窓の本体枠に不具合がなければ技術的な難しさはありません。交換用サッシュを供給できる窓メーカーがあれば簡単に行うことができます。

IMG_1722


もちろん窓本体の枠はそのままです。ペアガラスは、耐ハリケーン仕様やLow-E#4を壁の方角によって使い分けました。そして、アルミクラッドは「グリーン」を選択されたのです。

IMG_1744


IMG_1728


ホワイトとグリーンのコントラストが外壁のレンガタイルとマッチして、素晴らしい雰囲気が出来上がりました。さらに、室内側の木部には「フェラーリの車体の似た赤」で塗装しました。

IMG_1785


後世に残る建物になるような予感さえします。


(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25