☆★貝碧月夜★☆ sherulean moon night

銀河トロッコ、シェルリアンムーンナイト車掌の琉璃亜である☆ 月と珊瑚と貝がらと… 自然な形のまま作品を創ってんの たまに絵を描き写真も撮るよ 石っころだらけの未知に見切り発車&灯りを燈し急停車!SPICY&MINORITY★ 秘密の月夜通りから気まぐれに出没♪ 舌足らずな川柳と琉歌で あなたのハート、きゅっと踏んじゃうょ☆           

海の日の記事

花火大会の前に、同敷地内の美ら海水族館に 行きました。

久しぶりにジンベエザメを見ましたが、やっぱり大きいです。
水槽が小さく感じられるし、同じところを行ったり来たりで
ストレスかかってるんぢゃなかろうかと、中途半端に心配になりました。

でも実際に、過酷な海原を生きるのと大変さはどうなのか
ジンベザメや海の、個々の生き物にしかわからないのかもしれないですね。。。

いずれにせよ、こうしてたくさんの人をたのしませてくれて、すごいです

海や陸、土、空の生き物や人がこれ以上、殺されない沖縄であってこそ、
楽しめることなんだとあらためて思います。
辺野古の海、埋め立てが再開されようとしています。

海の安全を真に守ろうとするのならば、政府はどうか工事を中止してほしい。


似たような写真ばっかり撮ってしまいましたが、
みなさんが少しでも清涼感を味わえることができればといいなと思います

酷暑お見舞い申し上げます

BlogPaintBlogPaint



















DSCN3070DSCN3086BlogPaintBlogPaint









BlogPaintBlogPaint




















imageimageimageimage


















BlogPaint


BlogPaint

花火な人生

花火の輝きは一瞬だけれども、儚いってだけぢゃない…

その一瞬に、遥かな宇宙がつまっているから…

散った後も 小さな火の粉の星になって 

闇に溶けゆく…

そして 永い ながい 空の旅に出る

辿ってきたみちのり以上の ときを駆けて…☆彡



----------------------------------------------------



第38回 海洋博公園 花火大会へ行ってきました^▽^
ずっと見てみたかったんだーーー
早くから浜辺で場所取りして、間近で堪能しました

写真はイマイチな感じですが
実際は、すごかった~☆

東京は隅田川、実家近くの花火、いろいろな花火をみてきたけど
これはほんと感動しました。
海を沖に向けて正面と、東側から交互に、空高く
また海水ぎりぎりにと、さまざまな角度と種類で、楽しめた。
どどーーーんとお腹に音が響いて、心にうるっときました

各地から多くの人々が参加するだけありますね!


最後のほうは、混雑時の移動を考えて 
会場を早めに後にしたけど
少し離れたところから 見える花火もまた
格別です。


今回バスツアーで行ったのですが、ラクだし大正解でした!
ビールも飲めましたし。

月は花火中はおぼろげでしたが
終わったころ、輝いて道を照らしてくれました



BlogPaintBlogPaintBlogPaintBlogPaintBlogPaint




















imageimageimageimage
















BlogPaintBlogPaintBlogPaint































































































































花火とは、人生そのものであるりあ(*´▽`*)

あれっ…? つづく…

BlogPaint




















TAIPEI101の夜景と人の波

沖縄北部、東村ではヘリパッドの強行工事がなされようとしている。
県内では、多くの県民が基地に反対して、大差でイハさんを当選させたのに。
いったい何のための選挙だったのか、と国の姿勢に落胆せざるをえない。
高江のヘリ基地建設、辺野古新基地建設はいずれも即刻中止すべきだと思います。

TAIPEI101(高さ509.2mで、地上101階、2004年竣工)の超高層展望台から見える街は、すごく都会で いったいどこの国にいるのかも、よくわからないほどです。
夜景はきれいだし、速いスピードで台北が都市化してきたんだなということはわかった。

建設にかかった費用とか誰が出したのかなとか。。。
最初はそんな程度の興味でした。

昼間、故宮博物院というところに行ったときに出逢った沖縄から来られていた母娘さんに、ここでもお会いしました!

博物館、展望台、免税店などはオプションのプチツアーのパターンになっているので、いわゆる混載車みたいなシャトルバスでけっこう同じ人に会ったりします。
免税店内は1時間ぐらいのフリータイムだったので、さくっと抜け出して市場へ繰り出しましたが…("^ω^)…

お母様は沖縄県内、娘さんは今は関東に住んでらして、時々お互いに行き来しているとのことでした。
石段や坂道が多い台北の街並みを、お母様もいっしょにがんばって歩いていらして、
旅をenjoyしてる感じでした

娘さんに、沖縄に住んでどれくらい?と聞かれたのであたしが「8年めになりますょ~」と話したら、「もうウチナーンチュだねー」と言ってくれました。

あたしは最初の2~3年目のころ、こう言われるのが何か気恥ずかしくて返答に困ることが多かったんです。
もちろん、みなさん好意的に言ってくれてるのは伝わって来たし、でもやっぱり「お世辞でいってるのかな」と思うこともありました。
何年住んでも、「県民」ではあるけれども沖縄人になれるわけではないし、またなりたいかといわれると、ちょっとそういうことでもないのかな、でも人として分かりあったり認めてもらいたい(甘えとかではなく)かなという気持ちとか、逆にその時々によって距離を置きたいなという本音とか、今でも複雑な気持ちが入り交ざっています。

でも、今回の旅でこの娘さんが、ふと言ってくれた言葉が、優しさというか、頼もしさみたいな人柄もコトバとともにふわっと心の中に入って、しみてきた感じがいたしました

そんなことを感じながら見下ろす人混みや夜景は、眼に見える建造物とは別世界のキラキラとした輝きを放っていました。

あと、韓国から一人で初旅に来ていたという若者が(18~22歳ぐらいかな?)、展望台の隅っこでスマホ片手に「自撮り」していました。
あたしが一眼で夜景を撮っていたら、「写真を撮ってくれますか?」と話しかけてきたので「いいよ~(^^♪」と3枚ぐらい撮りました。
最初は物静かなカンジだったけど、「3、2、1、Hi!」と掛け声をかけた途端、満面の笑み&愉快なポーズをとってて、めっちゃ楽しんでました。
最新のスマホだったんで、うまく撮れたかなーと心配そうに画面をのぞくあたしに、屈託のないに笑顔で「ナイス!」と気にいってくれたようです。よかった^。^

しかも、「記念に一緒に撮ろう!」とか言っちゃって。
えー、こんなオバサンと撮ってもつまんないわよと断わったけど「記念に1枚」というので、お互いのカメラでふたりで自撮りしました。
着てたTシャツとペンダントが偶然、紺と白のマリンボーダーのおそろい風で、お互いにウケた
親子みたい(笑)

最後に何度もお礼&いい旅をね、って言ってくれて、名前すら聞かなくて時間にしたら15分ぐらいだったけど、すごく純粋で、なんかいいなーと思いました
こういう交流って、いいですね。

あたしにもしこのぐらいの歳の娘や息子がいたら、なんて、普段はあまり考えないようなことを思ったりしました。
戦争に行ったり徴兵制でつらい訓練で傷ついたり、暴力を受けたりしないように、今のままのびのびと楽しく人生を謳歌してほしいものだな、としみじみ考えちゃた。

きっと、今後もどこかの展望台(東京タワーとかスカイツリー、マリンタワーとか…)に行ったら、このときの出逢いを思い出すかもしれないな~。

そんな感じで台北の夜は更けてゆきました。
あ~またすぐにでも行きたいっ

そういえば、台湾では月が見えなかったな…
台風の前触れだったからか。
次回は高雄(カオション)にも行ってみたいと思いまーす


BlogPaintBlogPaint



















DSCN3062
DSCN3064DSCN3053

港街、淡水でたそがれる

知ーらない 街を~ 歩いてみーたーい(^^♪
どこか遠くへ~ゆーきた~~い…

あたしはいつもどこか、こういう気持ちを抱えて生きてる…
知らない街、知らない人、知らない世界…
だから旅をするのかな

永六輔さんの「遠くへ行きたい」、名曲ですよね。
ほんとに遠くへ行ってしまいました。。。
ご冥福をお祈りいたします。


台北から電車で淡水(タンスェイ)という港町へ…
横浜の山下公園にちょっと似てる気がする。

しばし、たそがれ琉璃亜

BlogPaintBlogPaint



















BlogPaint





























あっ!なんかおいしそうなもの焼いてるおねえさんが☆彡
炒めた鶏肉&ピーマンなんかをくるっと巻いた、チキンロールだよー。
できたてで美味
DSCN3039DSCN3040DSCN3042DSCN3036





















こおいうとこで、歩きながら
パクっとほおばるのが
いいんだよねー^▽^

ノドが渇いちゃった…
でもここではちょっとガマンして。

電車の中では飲食禁止なので、
早くTAIPEI101へ行って、
台湾ビール呑もう~


おーーー^▽^

九份の情景に誘われて☆彡

台北のプチ旅シリーズ3かいめで~す ^▽^
台風の被害が心配ですね…

あっ、朝いちばんで、投票に行ってきました☆
元々、自民党と公明党、幸福実現党には、投票する気はありませんでした

安倍政権にはそろそろ退陣してもらい、人々が普通に幸せに安心して暮らして行ける政治を創ってゆく必要があります。
戦争のない世の中を目指すことはもちろん、沖縄では基地のこともそうですし、所得や雇用のことも結び付けて政策を訴えている政党や候補者もいますので、あたしたちもそういう人たちをしっかり選んでゆかなければならないと思います。

県外の人たちがもっと沖縄のことを知って考えなければいけないのは事実ですが、それと当時に沖縄の中にも県内外のことに、意外と無関心な人が少なくないことも事実です。
考えなければいけないけれど、生活に追われてしまって…という現実も理解できます。
しかし、いつまでも人ごとにしていては、現実は変わらないと思います。
もちろん、自分にも問い続けていかなければ、こういうことは言えないのですが。

さて~♪

九份は台北から東へ45㎞、日本統治時代に金鉱で栄えた街。
台湾社会を描いた映画『非情城市』(1989年)の舞台となったそうです。
日本では、宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』が、九份の街並みををモデルにいるということでおなじみですよね。

昼間と夜とでは、ふいんき(正確にはふんいき。笑)がぜんぜん違いますね~^^
BlogPaint
BlogPaintBlogPaintBlogPaint
BlogPaint




































BlogPaint






















坂や石の階段を
上って行くんですが、
その途中の市場や
お土産屋さんなんかも、
おもしろー^^






























夜店の射的&映画館…ジュースも冷えてますょ
DSCN2975DSCN2974DSCN2938DSCN2965






















九份ポリ~ス(^^♪ こういう観光地の警備は日夜、たいへんでしょうね。
お疲れさまです!
DSCN2977









思いのほか写真が多かったので、淡水と展望台はまたのちほど…
BlogPaint

好吃!台北☆屋台&市場の魅力^▽^

你好~☆ (台湾語では「りーほー」と発音するとのことです)

まずは台湾ハンバーガー「割包」で腹ごしらえ^0^♪
やわらかい牛肉の塊やネギとかはさんであって、パンがふわふわ。
おいしー

台湾ビール、45元(約150円)也 ふわふわ天ぷらをお供に~…(*´▽`*)

DSCN2897DSCN2898DSCN2955DSCN2932












屋台や市場って、わくわくしますよね。お祭りっぽくて楽しいです。
地元の人にとっては、日常だし生活をかけた商売ですので大変かと思いますが。。。

屋台とかもけっこうきれいなところが多く、びっくりしました。
「汚いと客が来ないんだよ」って、おじさんが思いっきり日本語で話してました。
日本統治下の時代が50年あったので、年配の方はほとんど日本語が話せる。
若い人は英語もイケるし、短期間の旅行ならほとんど言葉の不便はないですね。
マナーとして、最低限度の現地の言葉は覚えておいたほうがいいとは思うけど
なかなか覚えられないです。

でも、英会話+中国語+台湾語+α…少しはがんばりたいです


お豆腐やさん
image



















市場内の屋台 おいしそうな惣菜がズラリ。
imageimage



















楽しいおもちゃやさん&おみやげやさん
DSCN2922DSCN2923



















士林夜市♪ 
DSCN2983












夜の10時近くですが、すごくにぎわっています。
アメ横(東京上野のアメヤ横丁)そっくり
荷物を前に抱えながら、練り歩く…(^^♪
ふだん人混みはニガテですが、今日は楽しすぎる…
DSCN2985DSCN2984DSCN2986DSCN2981








DSCN2927DSCN2987DSCN2943DSCN2982


















かわいい洋服屋さんでチュニックみたいのを1枚買いました。
image
プチ交渉して、580元→500元に
おまけしてくれました。(約1,850円)
わーい(*´▽`*)
お店のスタッフさんにとっては想定内でしょうけれど、うれしいですね

綿100%
Made in Indiaでした(笑)









「菜市場」と呼ばれる朝市。雙連朝市 (シュアンリェンザオスー )にて。
ガイドさんから前日に情報をゲットし、場所もおしえてもらい
7:00頃に、いそいそと歩いて繰り出してみました~。
おっ、たたき売りやってる!スポンジや洗濯ネット、ふきんなどです。
売り子のお兄さん、最後のほうは、袋がぱんぱんになるくらいすんごく詰めてました。
大サービスですね☆

imageimageimageimage






















カラフルな野菜やフルーツたち。
自分で袋に必要な分を入れて、お金を払います。
イケメン兄弟がやってるお店で、すももを買いました♪
手際よく、お釣りを渡してくれました。

甘くてすっぱくて、なつかしい味
子どものころは、こういうのが贅沢なおやつだったょなー^^




台湾では朝は、おうちで食べる人もいるけれど
こうして屋台で食べることが多いんだそうです。
安くておいしいし、ボリュームも加減できるので人気です。

あたしも、朝市の路地にあるお店で牛肉(スジとモツ)入りの米麺を頂きました!
60元でした。
imageimageimageimage














肉が良く煮込んであり、麺もスープもあっさりめなのでガッツリ食べてもお腹がもたれない。
おいしー。好吃 (ハオチー?)!!最高。。。
店主のお姉さん、唐辛子を持ってきてくれました。これもイケるね~。
ありがとうございます。謝謝^▽^



さらに元気がでたところで、もう一回り。。。
朝市の全景です。
imageimage
































あっ!お焼きみたいなのが売ってる。すんごく香ばしくておいしそう!

imageBlogPaint













左はキャベツとニラ入り
右のはジューシーな豚肉ときのこなどが入ってます。
お姉さんが丁寧に具材を説明してくれました。

ひとつずつ買って、ベンチで1個食べました。もう一つはちょうど帰国日だったこともあり、
持ち帰って冷凍してさっき頂きました。美味でした。

この後、ホテルに戻ってお粥と小籠包(シャオロンパオ)まで食べてしまいましたとさ。
朝食付きだったので("^^)・・・と言い訳しつつ☆



お楽しみの、台湾のスイーツたち(3日間かけて頂いたものです^^)

左:豆花 花生湯(オアセンタン) ピーナツをシロップで煮込んだ自然な甘さが沁みる
杏仁豆腐入り。
右:台湾かき氷 抹茶あずきでーす。ふわふわで至福の時でした!
imageimage
















淡水という港町で食べたソフトクリームは抹茶&マンゴー
絶妙ハーモニーで、ぺろっとお腹の中へ…!
タピオカ入りミルクティーとか屋台のラムネ、パイやパイナップルケーキなど
たくさんあって、どれもおいしそう!
BlogPaintimage
















この3日間、すごくたくさん食べたんですが、胃腸のトラブルはまったくなく
しかも帰国して、少しやせていました!
体調もいいし…。

料理はボリュームがあるけれど全体的にあっさりめ、材料も米粉や麺類が多いのと、油が良質だからなのかな?
たくさん歩いてリフレッシュできたのもあるからでしょうか?
台湾に感謝です☆

明日は、メインだった九份(チョウフン)と淡水(タンスェイ)河、TAIPEI101(超高層展望台)の紹介を
とっても素敵な出逢いがありました

なんと沖縄から母娘さんで来ていた方、もうひとりは韓国の若者男子で、初めての海外旅行とのことでした。
母娘さんたちとは電話番号を交換させていただきました。

詳しくはまた明日…。
image

台北☆寺院と屋台を巡る プチ旅

時差1時間 歴史400年 時空千年…☆彡


BlogPaint少し環境を変えてみようかと思い、前から行ってみたかった台湾へ、3日間の旅をしてきました。

台湾の人は、とても信心深くお祈りを大切にしていて、心が少し洗われる気持ちになりました

基龍や高雄なども興味があるのですが、今回は初めてなので
台北(TAIPEI)だけ楽しむことに(^▽^)

往復チケットとホテル、一部オプションツアー(日本語ガイドさん付き)を申し込みました。


台北の空港、すんごくキレイ&おしゃれです♪
誰か芸能人が来るのか、出口では黒づくめのお揃いTシャツを着た若者の熱気であふれてます

しばし、迎えのガイドを待つも、来ず…

やっと現れたかと思いきや、あたしの名前を大声で呼び捨てに叫びながら、「あなた、来るのが早すぎて見つけられなかったよー」(意味不明)と、ちょっと機嫌悪そう。。。(^▽^;)

荷物が少ないので機内持ち込みにした為、あたしの到着が思ったより早かった。だからガイドさん的には先に待っていることができなかったのが悔しい、ということなのかな?

それで、あたしが「今日はどなたか有名人が来るの?」とたずねたら、「知りません!そんなことより私は自分の仕事のほうが大事ね!」と逆切れされてしまいました(笑)
余計なこと言って、すみませんでした

imageimage











その後も、「台湾は気候が変わりやすいよ。傘はすぐ出せるよう、準備をしておくこと!」(あなたの気分が変わりやすいよ、と心の中でツッコむ。笑。)とか、「降りるときはモタモタしないでね。ここは日本と違うんだから!」(普段、あたしそんなにモタモタしてないけどな、と心の叫び。笑。)「(車に)乗ったらすぐにシートベルトする!」と、すんごく怒られてしまいました

そんなこんなで、台北市内まで送ってもらってさよならしたガイドさん、お別れの時にはホッとしたのか満面の笑みでした。緊張が解けたのかな。よかったよかった…。
あたしの緊張も少しほぐれました(笑)

でも、個性的&責任感の強いガイドさんで、むしろ旅の最初っから、かなり面白かったなーいい記念になりました~。


台北市内(廸化街)の街並み…風情があります

高層ビルやマンションがも多く、また地下鉄も走っているので、便利です。
しかし、裏道を歩くと年季の入った木造家屋や廃墟も多く見られます。
生活の格差はかなりあるであろうと察することができます。

のんびり歩いていると、ふとむかし住んでいた処のある一角に似てる場所があったりしますよね。
そうすると、不思議とその時に考えていたことや音とか、風なんかが想い出されて
なんともいえないデジャヴみたいな時間旅行を感じたり…("^‐^)

DSCN2848imageimageimage

















歩行者用信号には、渡ることのできる時間が秒数で表示されるんです。
30~180秒ほどで、信号の距離によって、割と長めに設定されています。
しかも、横断時間が5~10秒ほどに迫ると緑色の歩行者表示がぴょこぴょこ走る
余裕をもって渡れるので、安心ですね~。

こういうの、日本もマネっこさせてもらえばいいのにねー
『「世界侵略」のススメ』 by マイケル・るりーあ(笑)

あと、車いすに乗った方が椅子の上にテーブルを載せて文具や花などを売っている光景も、随所に見受けられました。地元の方々を中心に、普通に必要品を買ったり品物を定めていたり、自然に街になじんでいました。

街を歩いていて思ったのですが、観光客が多いし都会ってこともあるのでしょうが、日本人でもそんなにじっと見られることはないな、という印象でした。妙に安心したりして…。
考えすぎかな。



image



















龍山寺へ…
観光客も含めて、みんな一生懸命に参拝しています。
長いお香を持ちながらとか、お菓子や新鮮な果物をお供えします。

お金に見立てた紙を、たくさん添えることも。
沖縄の習慣(うちかび)に似ていますね。ウイービン、ウイービン(^^♪


この旅行初日、ホテルのテレビを見て、バングラディシュでのテロ事件を知りました。
たくさんの人がまた犠牲になり、悲しいです。
世界にはたくさんの宗教があって、あたしにはよくわかりませんが
多くの人は、唯々、自分の宗教や神様を信じて、幸福を願い、日々を送っているだけなのだと思います。

争いがあるから祈り、祈り続けても なお止まない争い。
自分は何を祈るべきなのか…また考えてしまう。。。

BlogPaint





















DSCN2849DSCN2858DSCN2873image












DSCN2866DSCN2875DSCN2876image
































中正記念堂

蒋介石の像を見上げる位置に、若い兵隊さん(徴兵制の一環)が、瞬きひとつせず微動だにせず立っています。
1時間ごとに交代なんだそうです。
名所になっているため、みんなカメラをむけていました(あたしも)が、全然動かなかった。
監視役の係員もいて、見回っていてなんだか物々しい雰囲気でした。

兵隊さん(の格好をした若者)にとって、拷問に近いのでは… 大丈夫なのかなあ!

戦争は本当に嫌です。
imageimage














明日は、おしいしい屋台と朝市&夜市、台湾スイーツをご紹介しますね

被害女性を追悼し、海兵隊撤退求める県民大会に65,000人

古謝美佐子さんの「童神」(わらびがみ)~天の子守歌~ の歌声から始まった大会。
全国的に猛暑が続く最近、沖縄でも灼熱の天候の元、開催された。
殺害された女性へ1分間の黙祷の後、共同代表のあいさつ、参加者メッセージへと続く。

「なぜ娘が殺されなければならなかったのか。今まで被害に遭った遺族の思いも、同じであると思います。被害者の苦しみや悲しみは計り知れない…。それでも、安らかに成仏してくれることを願っています。次の被害者を出さないように、全基地撤去・新基地建設反対に県民がひとつになれば可能であると思っています。強く願っています。皆様に感謝します。娘の父より。」と被害女性の父親から寄せられた深い祈りと基地への抗議メッセージ(代読:高里 鈴代さん)にみんな静かにうつむきながら、聴き入る。
父の日の今日、このようなメッセージを寄せなければならない父親の無念さは、想像の域を超える。

若者の「安全に暮らしていける沖縄へと、未来を変えてゆく」決意や
翁長県知事の「知事として、被害者を守れなかったことは痛恨の極み。米国での日米地位協定を抜本的に見直してゆく必要性を訴えてきた。強い意志と志をもって、新基地をつくらせないことが必要」などの趣旨に、拍手を送る人、
配布された新聞の号外やメッセージボードを空高く掲げ、意思を表明する人々…

赤ちゃんからご高齢の方まで
年齢も性別も様々に、県内全域からバスをチャーターなどして参加者が集った。
県外から泊りがけで参加された人や、報道陣も多い。
それぞれの胸のうちは、参加人数以上の気持ちを乗せているんだと思う。

名桜大学の女性学生の方が切に訴えていたメッセージも、とても心に残った。
「ここに参加していいのかすら、いろいろと考えた。自分も本土からきたという点で、加害者の側面があるということなど、迷いがあった。」
さらに、軍隊構造に関して
「男性性中心の教育を受け、女性性を否定しても良いということからくる事件は、二度と起こしてはならないということを、今後も伝え続けてゆくことが重要と実感した。」という趣旨だったと思う。とても共感できたし、被害者への鎮魂とともにこのことを多くの方が問い続けてゆくだろうと、あらためて思えた。
このことは、軍事基地と同時に、社会・世界全体の構造がそうだといえる、いうことを認識しなければならないからだ。

性差による階級差別・暴力・搾取への視座ということを
可視化し、日常的に考えてゆくこともまた、沖縄での重要課題なのだと改めて痛感した。

ただ、男性性とか女性性という概念だけで括ってしまうと、さらに性役割や特質を固定化してゆく危険性もあるし、男性が暴力的・加害者と簡単に決めつけるつもりはもちろんない。
むしろ誰も、加害者という被害者にならないためにも、だ。

おもに性被害という暴力の被害者が、女性や子どもがほとんどという点の問題を、教育とか雇用形態など社会全体のしくみの中で考えるべきだと思う。

20歳の女性が犠牲になった今回の凄惨な事件は、これまでの事件と同様に沖縄県民全体への侮蔑の最たるあらわれであり、そして女性への蹂躙であること。
翁長知事は事件が「女性への人権侵害」との趣旨の言葉をきちんと踏まえて、メッセージを読みあげていた。

保革を超えて、というのはなかなか難しいものかもしれないが、
それ以上に厳しいこともたくさんあるように感じた。
今日はそれでも65,000人が、少なくとも被害者への追悼と基地への怒り、海兵隊撤去という同じ思いで集まった。

まとめることはできないが、大会の最後に「月桃」(げっとう)という歌をみんなでうたった。
とてもいい歌だった。
いくら追悼しても、殺害された女性や、これまで性被害や戦争の犠牲になった方々には届かないかもしれない。
それでも祈りたい、と感じる遺族の気持ちが、少し伝わってきた。


<本日の大会で決議されたこと>

1.日米両政府は、遺族及び県民に対して改めて謝罪し完全な補償を行うこと。

2.在沖米海兵隊の撤退及び米軍基地の大幅な整理・縮小、県内移設によらない普天間飛行場の閉鎖・撤去を    
  行うこと。

3.日米地位協定の抜本的改定を行うこと。

宛先: 内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、米国大統領、駐日米国大使


「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!
被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」





「月桃」  海勢頭 豊

1.月桃ゆれて 花咲けば
  夏のたよりは 南風
  緑は萌える うりずんの
  ふるさとの夏

2.月桃白い花のかんざし
  村のはずれの石垣に
  手に取る人も 今はいない
  ふるさとの夏

3.摩文仁(まぶに)の丘の 祈りの歌に
  夏の真昼は 青い空
  誓いの言葉 今も新たな
  ふるさとの夏

4.海はまぶしい キャンの岬に
  寄せくる波は 変わらねど
  変わるはてない 浮世の情け
  ふるさとの夏

5.六月二三日待たず
  月桃の花 散りました
  長い長い 煙たなびく
  ふるさとの夏

6.香れよ香れ 月桃の花
  永久(とわ)に咲く身の 花心
  変わらぬ命 変わらぬ心
  ふるさとの夏


BlogPaintimageimageimage







恩納村へ

4月下旬に県内で暴行、殺害された女性の方へ
せめて遺棄現場に出向いて、追悼したいとずっと思っていた。
女性の葬儀でおやごさんが
「娘のことを忘れないで」と語っていらしたことを
報道で知って以来、今も心に残っている。

魂はすでに、おうちの方々や親しかったご友人と共にあるのだと思う。
それでも、祈り手を合わせたかった。
やはり、あたしにもどこか申し訳ない気持ちがある。

長年の軍事基地や、その暴力構造への怒りはますます高まると同時に
むごたらしい事件だからこそ
生前、女性が輝いていたであろう時間やその存在を
笑顔の写真から想い浮かべた。

そして、たった数時間でその将来を永遠に奪われることの
悲しみと恐ろしさを、忘れてはならないし
繰り返してはならないと、あらためて思。


数日前から、北部地方はかなり天候が悪かったが 
昨日よりは雨量も少なくなってきた。
風もややおさまっていた。

県道58号沿いを120番のバスがひたすら進んでくれる。
那覇から約2時間弱。

途中、おもに左側に広がる 途方に暮れる広さの基地を見ていた。
安富祖(あふそ)で下車。
運転手さんに聞いたら、前方を指して
「たぶんあの坂を右に行ったほうだと思うよ」
とおしえてくれた。
目の前のコンビニでも念のため訊ね、「ふたつめの信号を上へ曲がります」

ありがとうございます。

交差点から県道104号の坂を少し登ると、すぐにわかった。
緑のにおいと湿気が立ち込める。

たくさんの花や菓子、のみもの、寄せ書きなどが手向けられていた。
あたしも小さなピンクのリボンと貝殻で作ったささやかなリースを
置かせてもらった。
今日は時折、車が通り過ぎるだけで誰もいなかった。
だからひとりで祈った。

おそらく捜索のために、草を刈ったのだろう。
その場所は、小道のようになっていたが
元々、草木で覆われて道路からは確かに見えにくい。
街灯もなく、夜は真っ暗なんだなとわかる。

恩納村は、すきな場所。
豊かな自然、道の駅や、博物館。。。
琉歌で知られる女性歌人、「恩納ナビイ」が生まれた地でもある。

まだ手付かずの山や自然が、軍事訓練や銃の乱射やレイプや死体遺棄など
殺人の練習と実際の場所になっている現実。

やるせない。

雨水が滝のように降り出し、道や用水路に流れてきたので
早めに帰路についた。
帰ってからも撮った写真に手を合わせざるをえなかった。

安倍首相やオバマ米大統領にも、やはりこの場所に来てほしいと思った。

兵隊の飲酒を一定期間禁じたとしても、その間のストレスのはけぐちと矛先が
また県民や観光客に向かうのではないか、と懸念される。

被害者にも加害者にも、なるべくならない。
そういう未来や世界がいいはずなのに。


imageimage













imageBlogPaintimageimage





















BlogPaint

BlogPaint

沖縄県議会議員選挙 6/5(日)投票日

あらゆる候補者が、いきなり「基地問題の解決」を言い出した。 しかし、撤去とは言っておらずあいまいなのもいる。

20歳の女性の命と人生を犠牲にして、ようやく米軍基地撤廃の重要課題を悟ったのであれば

あんまり非難はできないのかもしれない。しかし、ここまでならなければ分からないのも悲しい。。。 しかも、「解決」とか濁してるところがずるい。

「再発防止」…て、日本政府はバカみたいに繰り返し
性犯罪が、感染症か伝染病みたいに。
被害者の心身を軽く扱うな


今回の事件以外でも、日本中で
女性への重大な性犯罪(人権侵害)も、
加害側へは、建造物侵入とか器物損壊の罪とかいって。

罪を問う直接理由からして
モノより軽い女性の、人としての命や身体。それが日本の現実。
だから、モノ化し扱うことへも、鈍感なんだよー。

地球温暖化への懸念には敏感でも、女性の心身や魂には 氷河期の氷なみの冷酷さ。
いっそ人類ごと、雪や氷河に埋まっちまわないとわからないのだろうか

日本本土でも、いろいろ考える必要はある。 それと同時に
沖縄県内でも、もっと基地について日常で、意見交換したり議論する必要があるんじゃないのか、と
あたしは思う。


閉塞感とか、飢餓感とかそういうのあるんだと思う。
感情を押し殺して生き延びてこなけらばならなかったのも、少しだけわかる。
だからこそ、もう。。。 辛い戦時体験などを、振り絞る思いで語り始めた方々の気持ちを無駄にしないようにしないと。。。

明日は、少なくとも


♡普天間基地の、無条件撤去
♡辺野古新基地をやめる
♡日米地位協定、抜本的見直し
♡女性や子ども、高齢者…すべての人が生活圏で安全に生きる保証

これを目指して掲げてる、よりマシな政党候補者へ、投票する予定。


あたしには、なあんにも残すものなどないが
それでも明日が、どうでもいいとは思えないから。




貝になりたい。鳥になりたい。砂になりたい。


※イソヒヨドリ(沖縄県 久米島 西部 シンリ浜にて撮影 2016.5.19)



BlogPaint





☆銀河トロッコ車掌☆
☆イベント参加のおしらせ☆
☆2015年2月22日(日)☆
止めよう辺野古新基地建設!
国の横暴・工事強行に抗議する
県民集会
沖縄:キャンプ・シュワブ第1ゲート前

☆2014年9月23日☆
(火・休日)
「川内原発再稼働するな!
フクシマを忘れない!
さようなら原発☆
全国集会&大行進」
東京・亀戸中央公園

☆9月20日(土)☆
辺野古への新基地建設反対‼️
〜沖縄の抗議行動に呼応して〜
東京 渋谷 宮下公園
14時スタート

☆ 8月23日(土)☆
辺野古の海 埋め立て反対 ‼️
「止めよう新基地建設!
8・23県民大行動」
キャンプ・シュワブ第1ゲート前
14時スタート
   ☆琉璃亜の主張☆
消費税増税反対!

最低賃金のアップを~!

原発はいらない!

特定秘密保護法案は通しちゃだめ!

自立支援法案は永久廃案に!

すべての性差別&性暴力をなくそう!

飛行場の辺野古移設に
反対いたします。
      シェルリアン                ~貝殻と海の創飾小物マルシェ~
公設市場 雑貨部での店舗は
2014年2月末日をもって
終了いたしました。

ご来店いただいたみなさまに
ココロより感謝申し上げます☆
マイ ギャラ琉璃ぃ展覧貝♪
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 海の日の記事
  • 花火な人生
  • 花火な人生
  • 花火な人生
  • 花火な人生
  • 花火な人生
  • 花火な人生
  • 花火な人生
記事検索してみる貝?
☆月夜別アーカイブ☆
☆ Thanks ! Coments ☆
 ☆ 琉璃ことばに貝コトバ ☆
☆人生、楽あれば 句あり

☆あぁいえば、女優

☆もったいある

☆郷に入ればgoing my way

☆コンビニ・エンスト・ストアー(ドライブの途中でエンストした時に入る店)

☆シェルリる(貝がらやサンゴに夢中になるコトなど)

☆琉璃コーゲン(シェルリアン糖を主成分とした、栄養素。アルコールに溶ける。ボヤくとホッとする。)

☆シェルリアンの法則
(「店頭に雨の日SALEのPOPを張り出した途端に雨はやむ。
ただし、雨が止んでほしくてPOPを出したときを除いては。」

☆貝をもって快を製す♪

☆貝(愛)こそが すべて

☆旅は道連れ 夜はお酒 ♪

☆貝ガール(マイガール)

☆レディ・画我 (応援してます♪←ミーハーか⁈)

☆押すMy・珊瑚(オスマン・サンコン)

☆姜尚中を観察ちぅ☆

☆シールズ(友)は シェルリアン(友)を呼ぶ シェルリアンは シニア(友)を呼ぶ *\(^o^)/*
元の名言:「弾圧は抵抗を呼ぶ 抵抗は友を呼ぶ」 瀬長 亀次郎 さん

☆あたしの骨は、サンゴでできてるの。あたしのハートは、貝殻でできてんの。
元の名言:「私の血は、ワインでできてるの。」川島 なお美 さん
川島さん、お疲れさまでした!どうぞ安らかに。とっても素敵で好きでしたよ〜😉💤



国家秘密法が施行されたら、こんなささやかな笑いすら 言えぬ時が来るかも。


以下、ひらめき待機ちぅ~☆
ポチっと押して応援しやがれ!お願いします↓






毎日がシェルリアン日和
また来やがれ~!ぜひ友
  • 累計:

       QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ