アイアンマンことトニー・スタークの親友にして、ヒーロー活動におけるサイドキック=相棒的な存在として、マーベル・シネマティックユニバース(以下、MCU)で活躍してきたウォーマシンことジェームズ・ローズ(通称、ローディ)。
彼が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の劇中で使用していた最新アーマーであるウォーマシン マーク3が、S.H.Figuartsにラインナップされることが決定。そこで今回は、歴代アーマーが全てS.H.Figuartsで立体化されているウォーマシンアーマーの劇中での進化とその活躍を振り返ってみよう。
SHF-ウォーマシン-マーク3-01


トニーの着用するアイアンマンアーマーは、進化した最新のテクノロジーを盛り込み、形状や構造は機能だけでなくスタイリッシュさも加味された方向で進化してきた。それに対し、ウォーマシンは軍人であるローディが愛用しているということもあり、ある意味「兵器」的な進化を遂げている。

初代ウォーマシンは、『アイアンマン2』に登場。エドワーズ空軍基地に持ち込まれたアイアンマン マーク2をベースに、軍需企業のハマー・インダストリー社長のジャスティン・ハマーがスタッフに加わって制作された。
軍用としての攻撃性と防御性を増強するために、本体には増加装甲と追加のロケットパックが取り付けられ、アイアンマンアーマーに比べると武骨なスタイリングにとなっている。
さらに、背部にM134ガトリングガン、両腕にF2000アサルトライフルといった現用火器を増設。左肩にはレーダー誘導式小型徹甲弾「エクス・ワイフ(別れた妻)」も搭載された。
劇中では、ハマー・インダストリーズのドローンと共に遠隔操作されてアイアンマンと戦うが、遠隔誘導解除後に共闘。アイアンマン マーク4と共にドローンを迎撃し、イワン・ヴァンコが搭乗するウィップラッシュ マーク2を相手に戦闘を繰り広げた。
item_0000010277_01

初代ウォーマシンは、その後追加された装備を取り外してアイアンマン マーク2に戻されてトニーに返却。その代わりに開発中だったアイアンマン マーク22をベースにしたウォーマシン マーク2が制作されることになる。
外観は増加装甲を持たないスタイリッシュなフォルムとなっている。武装も内蔵式となってコンパクトにまとめられ、アイアンマンアーマーと同様の両腕のリパルサー・レイに加え、背部に装着された2連装機銃、前腕部外側に実弾式の小型機銃が装備された。
また、同時期のアイアンマンアーマーと同様に、前部が展開式となっていて、装着用の補助機械がなくてもその場で簡単にアーマーの着脱が可能となるなど、アーマーの機能自体も進化を遂げている。
ウォーマシン マーク2として完成しながらも、政府の要望によって星条旗をモチーフにしたカラーリングが施され「アイアンパトリオット」として運用され『アイアンマン3』に登場し、テロリスト集団「テンリングス」に誘拐された大統領救出任務などに使用された。
その後、カラーリングは通常のガンメタルとシルバーのツートーンカラーに戻され、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、空中に浮かび上がったソコヴィアにおけるウルトロンとの最終決戦では、ウォーマシン マーク2の姿で空中戦を披露している。
item_0000011000_VxexbMBs_03item_0000011000_VxexbMBs_04

そして、最新型となるのが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場したウォーマシン マーク3。
このアーマーの最大の特徴は、現在の技術を使用しつつ初代ウォーマシンのコンセプトを再現するということにある。肩部の連装機銃は4連装型にバージョンアップ。
さらに、腕部の内蔵機銃は上腕の上面と側面の2箇所に内蔵し、胸部上面と肩部アーマーには内蔵式小型ミサイルランチャーを搭載することで、ウォーマシンの名に恥じない重武装が復活。
それに伴い、スタイリングも初代に近い兵器然とした武骨なイメージとアイアンマンのスタイリッシュさが融合したイメージに変化した。
そして、弱点でもあった近接戦闘を補強するために、格闘戦用の電磁バトンを新たに装備。
まさに最新技術で進化したウォーマシンの姿となっているのだ。
SHF-ウォーマシン-マーク3-04

S.H.Figurertsのウォーマシン マーク3では、これまでのアイアンマンアーマーとウォーマシンアーマーの技術を導入し、高い可動性と各部の精密なディテール表現を両立。ダイキャストパーツを使用した重量感のある仕上がりと、安定したポージングが魅力となっている。
また、本体は兵器的なマットな雰囲気と金属感を両立する塗装表現がなされ、タンポ印刷による胸部と肩部の各部マーキングが再現されているのもポイントだろう。
また、劇中の戦闘シーンを再現すべく、両腕、両足のリパルサー・レイ発射時と肩部4連装機銃用のクリアエフェクトパーツが付属。ヒーロー同士の戦闘シーンを思い起こさせる戦闘ポーズを演出することができる。 そして、新たな武装として加わった電磁バトンももちろん付属。
電磁バトンで格闘戦を挑む、これまでのウォーマシンにはなかったアクションポーズもとらせることが可能だ。
SHF-ウォーマシン-マーク3-05

MCUからのS.H.Figuartsのラインナップも充実中なので、発売中の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で共に活躍したアイアンマン マーク45との共闘シーンや、敵対することになるキャプテン・アメリカやアントマンなどと組み合わせてディスプレイを楽しむこともできる。
SHF-ウォーマシン-マーク3-03

S.H.Figuartsでは、歴代アイアンマンアーマーを立体化する「ホールオブアーマー」がスタートしているが、ウォーマシンはひと足先にこれまでの4種を一同に集めることが可能なので、一挙に並べてこれまでの進化の歴史も合わせて楽しんでみてはいかがだろうか?


bnr_SHF_WarMachineMark3_600x163
2016年8月26日(金)16時より魂ウェブ商店で受注中!


bnr_SHF_HawkEye_600x163
 2016年8月19日(金)16時より魂ウェブ商店で受注


© MARVEL

01

1号!2号!V3!ライダーマン!X!アマゾン!ストロンガー!
スカイライダー!スーパー1!ZX!BLACK!RX!シン!ZO!


20年以上に及ぶ、この「昭和仮面ライダー」の系譜を受け継ぐ者こそが……


02

仮面ライダーJ!


03
S.H.Figuartsに、Jパワーの戦士「仮面ライダーJ」ついに登場!
8月26日からの魂ウェブ商店受注開始を前に、開発中の試作品をレビューです!
※記事に掲載された「S.H.Figuarts 仮面ライダーJ」以外の商品は全て別売りです。
また、魂ウェブ限定商品は受注を終了しております。



0405
06

前作『ZO』から継承した、全身一体型のスタイリッシュなデザインラインも完全立体化。もちろん
外装パーツは全身新規造形です。
グリーンを基調としたカラーリングに、全身を走るラインも細部まで造形されています。
太もも裏などに表現された、スーツの「シワ感」もご注目下さい!

07
Jといえば!「あのポーズ」が再現できる、「Jサインが造形された手首パーツ」も付属。
指先に鮮やかな「J」のサインが浮かび上がり、Jパワーが高まります。

08
09
さらにJの相棒として活躍した、ミュータントバッタの「ベリー」も付属します!
パーツの一部にクリア素材を使用することで、羽の透明感も完全再現。パーツの差し替えで
羽を広げたり閉じたりさせることが出来ます。

実際に、こんなサイズのバッタ(全長30cmくらい?)がいたらびっくりしてしまいそう
ですが、劇中のベリーはとても可愛いので、ぜひJと一緒に飾ってあげて下さいね。

10
別売りの「魂STAGE ACT.4 for Humanoid」を使用して、ライダーキックも再現!
分割の少ないデザインですが、S.H.Figuartsでは広い可動範囲により様々なポージングが
楽しめます。意外とメカニカルなデザインの足裏も、じっくりとご覧下さい!


11
12
そして大地に宿る精霊の力で、ジャンボフォーメーションが実現!

……っぽいイメージで!

巨大化が最大の特徴であるJですが、商品としての「S.H.Figuarts 仮面ライダーJ」は
全高約150mm、他のライダーと同じヒューマンサイズスケールで商品化されています。
(劇中でも、巨大化はあくまで「奇跡の形態」でしたからね)
それでも見る角度や、別売りの「魂OPTION ACT BUILDING」との組み合わせで
ジャンボフォーメーション「風」なイメージも楽しめます!

13
14
また、「S.H.Figuarts 仮面ライダーZO」(別売り)と組み合わせて
イベント作品「仮面ライダーワールド」風なシーンも。
もちろん『クウガ』以降の平成仮面ライダー派の方も、絡めて遊んでOKです!
※握手シーンは付属の平手パーツを組み合わせたイメージ画像です。

15
「S.H.Figuarts」シリーズで昭和仮面ライダー、全員集合!

「S.H.Figuarts 仮面ライダーJ」は
8月26日から魂ウェブ商店で受注開始です!




・魂ウェブ商店「S.H.Figuarts 仮面ライダーJ」ご予約はこちら!


※記事に掲載された「S.H.Figuarts 仮面ライダーJ」以外の商品は全て別売りです。
また、魂ウェブ限定商品は受注を終了しております。


©石森プロ・東映