30
先日のレビュー(下記)
では、2017年1月28日発売となる「S.H.Figuarts デビルマン D.C.」のコンセプトや商品仕様をご説明しました。45年前のアニメキャラクターを、現在の技術で完全立体化。高い再現度と広い可動範囲を兼ね備え、劇中シーンを再現する各種パーツとともに皆さんの元へお贈りします。


・S.H.Figuartsスタッフブログ デビルマン D.C. 製品サンプルレビュー


でも!ここまでリアルなアニメ版デビルマン、また「鉄骨」のフィギュア化はそうそう無い!
皆さんにもっと自由に遊んで頂きたい!ということで
「アニメのイメージを完全再現したアクションフィギュア」で「アニメ本編では絶対に見られないデビルマン」を遊んでみるレビューをお送りします。どんな無茶振りポーズも美しくこなし、しかしデビルマン本来の格好良さも失わない。本アイテム(と鉄骨)にかけるコレクターズ事業部の本気度を、とくとご覧下さい。

※この続編レビューでは、可動機構や全身の形状を紹介するために、劇中イメージに無い画像も掲載しています。ディスプレイすることが困難な場合もございますので、お取り扱いの際には十分にご注意下さい。





01
朝とともにお目覚め!デビルマン!(ここ住んでるの!?)
何気ないポーズに見えますが、アクションフィギュアでさせるのが意外と難しいのです。脇をしっかりと締め、手のひらを顔に付けることのできる「新・格闘素体」の凄さが解るポイントです。


02
14
お目覚め後のリラックスタイムにも、もちろん鉄骨は無くてはならないもの。
「新・格闘素体」の要素を搭載しているとはいえ、格闘シーンだけでなく、このような力の抜けたアーバンでリラックスしたポージングも自然にこなせます。


09
10
次はデーモン族との戦いに欠かせない、強靭な身体づくりの基本となる筋トレ。鉄筋から支柱(長)を伸ばせば、高負荷なトレーニング体勢だってこの通りです。腹筋のときは付属の「目線が下に向いている」交換用頭部パーツを使用して、おへそを覗き込む体勢にしましょう。効果的なトレーニングは正しい姿勢から!


07
06
08
鉄骨も、見方を変えれば立派なトレーンング器具。※鉄骨は建材です。
パワーと華麗さの両方を必要とされる、体操選手のようなポージングも自由自在です。無闇に可動範囲が広いのではなく、動かしても筋肉の流れが自然に見える構造になっています。ポージングの際も、ぜひシルエットの美しさを意識してみて下さいね。


04
05
おやおや、デビルマンもエンジンがかかってきたようです。
新春の爽やかな空気と高所、といえば出初式(でぞめしき)ですね!第1弾発売を迎えた「D.C.」の門出を祝い、めでたいポーズをお披露目……が、この「S.H.Figuarts デビルマン D.C.」なら可能です。


12
そして今年も訪れるであろう様々なハードルも、皆様とともに飛び越えていけますよう……


デビルウイングは?とか、そういうのは一旦置いておいて下さい。忘れましょう。大事なのはマインドのセルフコントロール。どんな困難にも負けない、頑張って乗り越えるぞ、という気持ちと支柱(短)が大切です。


26
日課(トレーニング)を終え、静かに街を見下ろすデビルマン。
人間とデーモン族の狭間で、苦悩しながら戦う彼の瞳に映るものは……?


15
……?



16
……?



17
!!!


時に人間界の流行も学ぶデビルマン。敵は有史以前から地球に存在したデーモン族ですから、身体だけでなく頭脳や精神面も磨かねばならないのです。


そして、人間界には鉄骨を使った恐ろしいゲームが存在するらしい……っ!?


18
19
これは……っ!(人間は)落ちたら……っ!!


デビルウイングは?とか、そういうのは一旦忘れましょう。忘れて下さい。
劇中の雄々しいイメージとは対象的な、この歩みすらおぼつかない姿。これも美樹ちゃんら愛する人達を守るため、デビルマンが人間の極限状態を知るためのトレーニングなのでしょう。弱きものへの愛を知るデビルマンの、意外な一面を知ることが出来る………………かも?



20
そんなことをしていたら、同時発売の「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」が遊びに来てくれました。1973年劇場版で共演した彼らも、2017年の「D.C.」でついに「一緒に鉄骨に座る」を実現しました!S.H.Figuartsと超合金魂、ブランドは違えど、ダイナミックワールドを代表する二人が同じコンセプトで並ぶ姿は、見ているこちらも胸が熱くなります。
※画像の「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」は別売りです。


29
そして街は夕暮れへ……
平和な日々の裏で、デビルマンが人知れずこんな風に過ごしているかもしれない、と思うと、ちょっと心温まるのではないでしょうか。


もちろん「D.C.」シリーズの大きな目標は「劇中イメージの完全再現」です。その一方で「S.H.Figuarts デビルマン D.C.」はここまでよく動き、汎用性の高い鉄骨パーツも付属するアイテムなのですから、枠に縛られずどんどん楽しんで頂きたい。そんな気持ちを込めてご紹介しました。
体操やら出初式やらポーズこそ無茶振りですが、どれもここまで美しくキマる、まさにアニメ版デビルマンのアクションフィギュア決定版です。アニメ放映当時を知らない方も、ちょっとフィギュアサイズの鉄骨が欲しくなった方も、ぜひ遊んでみて下さい!



・S.H.Figuartsスタッフブログ デビルマン D.C. 製品サンプルレビュー

製品の全仕様、劇中再現度の高さはこちらの記事でご紹介!


・D.C.(ダイナミッククラシックス)スペシャルページ



「D.C.」シリーズ次弾「グレートマジンガー」「ゲッター1 」画像掲載中!



・ S.H.Figuarts デビルマン D.C. 商品詳細ページ

※本レビューでは、可動機構や全身の形状を紹介するために、劇中イメージに無い画像も掲載しています。ディスプレイすることが困難な場合もございますので、お取り扱いの際には十分にご注意下さい。

※2017年1月24日 「S.H.Figuarts デビルマン D.C.」レビュー記事リンクを追記しました。

©ダイナミック企画・東映アニメーション