島田裕巳official blog

文筆家・宗教学者の島田裕巳の仕事や情報についてお知らせします。

2007年03月

『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズム』先行販売のお知らせ

『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズム』ですが、取り次ぎを通しての配本が遅れています。そこで、本日から、新宿紀伊国屋書店と、池袋のリブロで先行販売されることになりました。すでに、神保町の東京書店では、28日からテスト販売をしております。どうぞ各書店にお立ち寄りのときはご購入下さい。

中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて

『週刊新潮』に記事が

『週刊新潮』4月5日号に、『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズム』にかんして、「ネットで騒然「島田裕巳」が書いた「中沢新一」批判本」という記事が掲載されました。

『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズム』の発売は

亜紀書房から刊行される『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズム』は4月の上旬に店頭に並ぶ予定です。普通ならもっと早く並ぶはずなのですが、年度替わりということで、新刊が多く、少し遅れています。

早くという方は、亜紀書房に直接ご連絡下さい。

『月刊プレイボーイ』のプレイボーイ・インタビューに

『月刊プレイボーイ』5月号の「プレイボーイ・インタビュー」で、7頁にわたってインタビューに答えています。インタビュアーは、ノンフィクション作家の足立倫行さんで、渋谷の町とホテルで撮られた写真も出ています。PLAYBOY (プレイボーイ) 日本版 2007年 05月号 [雑誌]

『宗教と現代がわかる本2007』が

平凡社から渡辺直樹編『宗教と現代がわかる本2007』が刊行されました。渡辺さんは、宗教学科の同級生で、宗教学関係のオールスターキャストのような本ですが、私は、『さよならサイレントネイビー』の著者、伊東乾さんとオウム真理教の問題をめぐって対談をしています。



宗教と現代がわかる本 (2007)

久しぶりの『創価学会』重版決定

新潮新書『創価学会』16刷が決定しました。おかげさまで、まさにロングセラーとなりました。



創価学会

『宗教研究』に

『宗教研究』351号(第80巻第4輯)に、昨年の宗教学会におけるパネルディスカッションの記録、「宗教における『語りえぬもの』と『示しうるもの』」の記録が載りました。私の「宗教言語の可能性と限界」もそのなかに含まれています。

「たかじんのそこまで言って委員会」出演のお知らせ

3月11日日曜日、昼1時半30分から放送される読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」に出演します。テーマは、オウム真理教の現状についてで、最初のコーナーに出ます。残念ながら、東京を中心とした関東圏では放送がありません。

今月の『寺門興隆』は

『寺門興隆』3月号に、創価学会の連載39回目として、「選挙のたびにきかれる詐偽登録罪の噂はなぜなのか?」を書きました。これは、住民票の大量移動があるのかないのかを検証したものです。
Profile
1953年東京生まれ
宗教学を専門とする
文筆業・
東京大学先端科学技術センター客員研究員
中央大学法学部兼任講師
メール
原稿、講演、取材などの依頼はこちらのメール(shimahiro8@yahoo.co.jp)にお願いします。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ