島田裕巳official blog

文筆家・宗教学者の島田裕巳の仕事や情報についてお知らせします。

2009年03月

例年のように『宗教と現代がわかる本2009』に

平凡社から渡辺直樹編『宗教と現代がわかる本2009』が刊行されましたが、それに「『タオ自然学』の30年」という文章を寄稿しました。ニューサイエンスの先鞭をつけたこの本の翻訳に参加して、もう30年の月日が流れています。刊行以来今日まで、この本の意義についてまとめました。

『サンデー毎日』に

『サンデー毎日』3月29日号早稲田と慶應の比較の記事に、私のインタビュー「ネットワークの慶應 創造性の早稲田」が載りました。編集者が早稲田なので、慶應に少し分が悪い内容になったかもしれません。

水野和夫、小幡績氏との鼎談が

別冊宝島の1607『日本経済 ヤバい!教科書』に、水野和夫、小幡績両誌との鼎談、「資本主義は終わったのか?」が掲載されました。



日本経済ヤバい!教科書 大恐慌と変革のトレンド完全見取図! (別冊宝島1607 ステディ)
日本経済ヤバい!教科書 大恐慌と変革のトレンド完全見取図! (別冊宝島1607 ステディ)
クチコミを見る

『週刊ポスト』に

『週刊ポスト』3月20日号の記事「池田大作 「若き活力を」新聞寄稿の波紋」に私のインタビューが載っています。

そこまでやって委員会に

読売テレビの番組「そのまま言って委員会」のインターネットサイト「そのままやって委員会」の創価学会についてのコーナーで、私のインタビューが紹介されています。ただし、有料のようです。

『不干斎ハビアン』の書評を

『諸君』4月号に、釈徹宗氏の『不干斎ハビアン 神も仏も捨てた宗教者』(新潮新書)の書評を書きました。『諸君』も休刊とか。このところそういうことが続きます。

『10悩みに向き合う』が刊行されました

大和書房から『10の悩みに向き合う』が刊行されました。これまでとはかなり傾向の違う本で、気軽に読めるのではないかと思います。

10の悩みと向き合う 無宗教は人生に答えを出せるのか
10の悩みと向き合う 無宗教は人生に答えを出せるのか
クチコミを見る

今月の『寺門興隆』の連載は

『寺門興隆』3月号に、創価学会についての連載の61回目として、「なぜ池田大作は教祖の如きカリスマ性を得られたのか」が掲載されました。
Profile
1953年東京生まれ
宗教学を専門とする
文筆業・
東京大学先端科学技術センター客員研究員
中央大学法学部兼任講師
メール
原稿、講演、取材などの依頼はこちらのメール(shimahiro8@yahoo.co.jp)にお願いします。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ