こんにちは。シーズン13お疲れ様でした。
今シーズンは最高レートこそ2000を超えたものの最終レートが悲惨なことになってしまい、記事を書こうか迷っていたのですが、一応2000を超えたということで記事を残しておくことにしました。半分は自分への戒めをこめて。シーズン13の反省文の方が色々かけそうなくらいには悔やんでる


今回の構築は↑↑トノグドラ。名前の由来はステータスを二段階上昇させ相手に負担をかける(積みサイクル意識)というパーティコンセプトから。

トレーナーカード7

シーズン中期まで使用していたパーティは、削りに時間がかかってしまうことが気になったのがこの構築のスタートです。
ガルーラを軸に積みサイクルのように相手に負担をかけていく方向にシフトチェンジ。ガルーラが突破し辛い霊タイプを起点に出来て雨と相性の良いファイアロー、ファイアローの突破できない相手を起点に出来るガブリアスを採用し、最後に龍の一貫切り+身代わり対策+害悪耐性等を含めてニンフィアを採用しました。
所謂、雨界隈で雨+ガルガブアローを使っている人が複数いましたが、ガルガブアローに至る経緯とラスト1枠は大きく異なっているように感じています。最初ガルガブアローの並びを自分が発見したような錯覚に陥って半日くらい自分を天才だと思っていたりした、、


ニョロトノ

 以下単体考察
 ニョロトノ@脱出ボタン
実数値191-x-121-111-125-109
技構成ねっとう・ほろびのうた・まもる・がむしゃら
変更点無し。アンコールトノはまだ使いこなせませんでした。
このパーティにおける起点作り&起点回避要因として活躍しました。クレセにほぼ確実に上からねっとうを打ち続けられる強さは分かる人には分かってもらえると思います。
突破困難な低速ポケモンに対して、死に際にがむしゃらをすることで無理やり裏の圏内にいれることが出来るがむしゃらは強い。一度ニョロトノとキングドラの2体だけで受けループ相手に勝ったときは流石に目が点になった。
唯一の↑↑要素無し要因。悲しい。

キングドラ

キングドラ@こだわり眼鏡
実数値159-x-127-161-117-116
技構成なみのり・ハイドロポンプ・りゅうのはどう・りゅうせいぐん
詳細は下記URL。負けず嫌いでこのパーティのエース。雨下でS↑↑
http://blog.livedoor.jp/shi_gu/archives/1045664049.html
この子の耐久に何度救われたかは分からないです。ありがとう。
マンダのおんがえしを耐えたりガルーラのすてみを耐えたり、ほんとに頑張ってくれました。
この子はさいはてオフの時から自覚が凄く、プレミ後のお祈りハイポン以外ほとんどのハイポンを当ててくれる、ほんとに頼もしいパートナーです。流星外しはご愛嬌

ガルーラ

ガルーラ@メガストーン
実数値181-159-101-x-102-142
 メガ後181-192-121-x-122-152
技構成ねこだまし・ひみつのちから・ふいうち・グロウパンチ
グロウパンチでA↑↑
前期くらいから流行っていたひみつガルーラ。ゴツメを気にせず殴れるガルーラはとても強かった。基本的に周りのポケモンで削った相手を起点に全抜きを狙う予定でした。ニョロトノのがむしゃらとの相性も○
この子を先発に出す回数が増えてから全てが狂ったように感じました。当然、先発に投げることもありますが、ガルーラの対面性能の高さに甘え、火力の足りていない対面構築のような立ち回りを始めたことでレートが一気に下がったように感じます。
レートを溶かしてからグロウパンチを噛み砕くに変えたのですが、パーティコンセプトの崩れたパーティの末路は語るまでもありません。パーティコンセプトに則るのであればねこだましを切るべきでした。猛省。

ガブリアス

ガブリアス@気合の襷
実数値183-182-115-x-106-169
技構成じしん・げきりん・がんせきふうじ・剣の舞
剣の舞でA↑↑
純粋に強かった。こいつで削ってガルーラに繋ぐ流れがほんとに強く、相手の中途半端な択に対しては剣の舞をあわせることで大きなアドバンテージを得ることが出来ました。このパーティはあえてニンフィアで相手の毒・鋼・炎タイプを誘い地震の一貫作り・アローの一貫作り・水の一貫作り等をしていたので起点にできるポケモンを呼びやすく丁寧に扱えばしっかり活躍してくれました。
行動回数を確保するために襷を採用したけれど、他の持ち物でも良かったかもしれません。
ファイアロー
ファイアロー@するどいくちばし
実数値175-144-102-x-90-148
技構成ブレイブバード・フレアドライブ・剣の舞・はねやすめ
剣の舞でA↑↑
ゲンガーが明らかに重く見える(実際重い)このパーティを見て相手目線ではHDアローに見えたのではないかと思います。そのせいか、催眠ゲンガーはあまり呼ばず、襷ゲンガーや火力のあるCSベースのメガゲンガーをかなり呼ぶこととなったので、少し削ることが出来ればファイアローで一貫をとる形に持っていくことが出来ました。
それでもゲンガーは重く、HDにすることも何度か考えたのですが、鬼火をまいた後の引き先がこのパーティにはいないのでコンセプトは崩さずいくことに。ニンフィアの呼ぶポケモンを無理やり起点にするためにHAベースになっています。(以前育てた個体なので調整は忘れました、、
耐久が生きた試合は多かったのですが、せめて意地メガガル抜き調整に変えた方が良かったと思います。

ニンフィア
ニンフィア@カゴのみ
実数値202-75-96-165-151-82
技構成ハイパーボイス・でんこうせっか・めいそう・ねむる
めいそうでC↑D↑
途中ででんこうせっかをいびきに変更しましたが、最高レートに到達したときは上記の技構成でした。
先述の通り、鋼・毒・炎タイプを誘うことも仕事の一つ。ニンフィアがいるだけで他のポケモンのメインウエポンの通りが良くなる。みがわり系統の戦術や催眠系統のポケモンを抑止してくれる頼もしいポケモンでした。上から物理で殴られるとかなり辛いため、選出する際は細心の注意が必要です。
雨ニンフィアを考察する人が少なくて少し寂しい。。



辛かったポケモンはマリルリ・キノガッサ等の雨に強く起点にし辛いポケモン。ゲンガーは立ち回りと型次第。クチートは単体ではなんとかなりますが裏にゲンガーやキノガッサがいて厳しい、といった感じでした。
2週間前の自分に言いたいことは何の為のサブロムだって事と、調子に乗るなって事。ほんとに悲しく悔しい。
しばらく他の人の構築パクって修行します。


今回はGIFとかもつけてみました、見辛い重い等の意見もあれば教えてください><
つたない文章を最後まで見ていただき、ありがとうございました!