ヘーベルハウス新大地BLOG

ヘーベルハウスの新大地を建てて暮らす記録

高鷲スノーパークに行ってきた

おはようございます、島です。


えー、本日はスキーをスマホで撮ってきたのでその模様を。

あれからしばらくスキーに行けなかったのですが、行ってきました。

ビデオを持っていったのに車に忘れてしまって・・・。
しかしスマホがあればどこでも撮れますな。

ということでさっそくどうぞ。





4歳の次男は初めてリフトに乗ってみましたが、それほど怖がらずに乗れました。

高鷲スノーパークは広くて傾斜がなだらかな初心者にはとても良い斜面(一番右側のパノラマクワッドに乗って右に降りたダイヤモンドコース)がありますが、リフト乗り場が結構な坂になってて板を履いて並ぶと滑ってしまいます。

あそこだけ平らにしてもらえればとてもよいコースなんですが、もう昔からあの感じなので今更どうすることもできないのでしょう。

今回は次男の板は脱がせて手でもってリフトに乗せました。

リフト係の方が次男を抱っこしてくれて載せてくれるので板をもって両手がふさがっててもなんとかなります。


えー、みなさん。

今シーズンはあと1回かな・・。


8歳と4歳にスキーを教えてみる

こんにちは、島です。


えー、本日はスキーの教え方についてです。


前回、スキー道具をそろえましたので、いよいよスキーに出かけます。



◆8歳にスキーを教える

まずは長男(8歳)のスキーレッスンです。

かなり昔に修学旅行の生徒にスキーを教えるバイトをしたことが1回だけあるので、なんとなく教えられるかなということでやってみます。

初回は3000円でレンタルしました。ブーツ、ストック、板の3点セットです。
ブーツのサイズは20センチでした。

とりあえず板を履かせて平地に立たせてみますが、滑りたくてしかたありません。

ということで、板を担いで少し山を登って滑らせてみるのですが、足が開いてしまってしりもちをついてしまいます。

何度か試したんですが、どうしてもうまくいきません。


『もーやだー!!』


・・・でしょうね。

とりあえず作戦変更ということで、一旦ソリで遊ばせて考えます。

やっぱり、スクールに入れた方がいいのかなぁ・・・。

近くでスキースクールというのをやってたので、しばらく様子を見てみることに。

ストックは使わず、4,5歳ぐらいのこどもたちが順番待ちして少しずつ滑っています。

うーん・・・マンツーマンじゃないので、待ち時間が結構ありそう。

そんなにお安いものではないし、やっぱり自分で教えることにします。

自分の経験でも、先端をしっかりくっつけて、後ろの方の板を広げれば、ボーゲンは簡単にできます。

しばらく休憩したあとにもう一度板を担いで登り、板を履かせて滑らせます。

今度は子供と向き合うように位置をとり、板の先端を両手でそろえるように抑えた状態で足を開かせてすこしずつ滑らせます。

すると、だいぶ感覚をつかんだようで、ボーゲンがなんとなくできるようになりました。



こんなイメージです(ネットから拝借)


これを数回繰り返し、自分でボーゲンをすることで減速と停止ができるようになれば、あとはもう回数をこなすだけ。

何度も登っては下りを繰り返し、1日で自分で滑れるようになりました。

初日でリフトに乗ることはできませんでしたが、2回目に行ったときにリフトに乗せました。

で、最終的にはこれぐらいまで滑れるようになりました。



こんな感じ


2日で結構滑れるようになれるものですね。




◆4歳にスキーを教える


お次は4歳の次男。

とりあえず、最初はプラスチックスキーでいいかな、と思いメルカリでゲット。

さっそく履かせてやらせてみたのですが、なにこれめちゃくちゃ履かせづらい!

もう履かせるのに時間がかかっちゃってそれだけで疲れちゃう。

ということで、数回やっただけでギブアップ。

これ、家の前とかで雪が積もった時とかに遊び程度で使うものですね。
スキー場で使うものじゃないですわ。

スキー場でもプラスチックスキーでのリフトは禁止ですし、ムービングベルトの初心者のところでも禁止されてました。

なので別の日にちゃんとしたスキーを購入し、再度チャレンジです。

(スキー板の準備はこちらの記事参照)

事前にいろいろとリサーチ。youtubeとかには4歳児がスキーやってる動画がいくつもアップされてます。

結構滑れるのね、4歳児。


また、やっぱり先端をくっつけてやると上達が早いみたいなのですが、世の中にはこんな道具があります。



トライスキー!


簡単につけ外しができて、先端を固定して滑る道具です。






ネットを探しますと、結構いい値段しますね。

中古も探したんですが、それでも高い!

どうせ使う期間なんて少しだろうし、わざわざ買うのももったいない!

ということで、自分でくっつけよう!と作ったのがこちら。


























































紐でつなげる。








もうね、ガムテープで十分。

要はつながってりゃいいんでしょ?みたいな。


写真のものは最初に試してみたものですが、真ん中に部分が何本も見えててちょっと見苦しいのでもう少しきれいに1本の太い線になるようにやり直しました。

その写真もまた忘れてしまったのですが・・・まぁこんな感じです。


難点は外したら終わりなところ。本物のボーゲンヘルパーとかはすぐに外せると思うんですが、これはガムテープを剝がしたら終わり。

あと、板がくっついてて歩けないので本当に応急的だけです。

けど、要領さえつかませれば子供なんて滑れるでしょ?ということでやってみました。


ムービングベルトの初心者ゲレンデに行きまして、板を履かせます。

まずは 『スキーは楽しい!』 ことを教えないといけないので、こどもを後ろから抱えてそのまま上から下まで滑り降りてみます。

すると次男は 『おもしろーい!もういっかいやるー!』 です。

そうなればしめたもの。何度か同じように滑ってスキーとはこんなものということを教えてあげます。

あと、ボーゲンの恰好をさせて、こうするとスピード調節できるよ、と教えました。

そのあと、今度は自分が逆向きになり、子供と向かい合わせの状態にして、こども一人で立たせてボーゲンの状態にします。

で、少しずつ滑らせて、ハの字にするとスピードが抑えられることを教えます。

はじめのうちは尻もちをついたり、スピードがつき過ぎてしまうこともありますが、なんとかなります。

先端が繋がっているので足を開いてやるだけで自動的にボーゲンになるので、すぐに要領をつかめるようです。

それも何度か繰り返しますとだいぶ慣れてきまして滑れるようになってきました。

もういいかなというところでガムテープを剥がして普通に滑らせてみましたが、ちゃんと滑れました。

ということで最終的にどれぐらいになったかと言いますとこちら。







どうでしょうか?4歳児でも1日でこれぐらい滑れるようになりました。


他にも紐で子供とつなげて教えてらっしゃる方もいましたが、あれどうなんでしょう。自分でスピードをコントロールできないので、逆に上達が遅くなるような気がします。

ハの字にすれば止まれることを教えてあげればすぐに滑れるようになると思います。


えー、みなさん。

以上、初滑りでした。


スポンサードリンク
メール
メールもどしどし受付中。
メールはこちら

Recent Comments
Archives
Categories(若干多目)
カウンター



online:

googleサイト内検索
ペーパークラフト

▼ペーパークラフト
ミカンくんVer.1.0
ヘーベル君Ver.1.0
まめカメラくんVer.1.1
かえるくんVer.1.0

PDFがダウンロードできます。

ダウンロードされた方!
是非応援クリック
よろしくお願いします!
blogランキング


ペーパークラフト記事は こちら

Profile

あれよあれよとヘーベルハウスで家を建てることに・・・ 奥さんとお金貯めてローン払います!
'07/5着工 9月完成。
既婚! ♂! 1974年生まれ!
ヨロピク。

▼管理サイト
ヘーベルハウス新大地BLOG
バックパッカー大作戦
   
ワイルドストロベリー成長記



島研究所 研究成果報告
ここでは過去島研究所で
実施したアンケート結果や
研究結果を
まとめてみました。
ご参考までに…

(1)火災保険
火災保険の支払いについて
聞いてみました。
結果はこちら

(2)シンボルツリー
誰もが迷うシンボルツリー!
さて皆さんが選んだ結果は!?
結果はこちら

(3)勝手口ありますか?
最近の新築では結構勝手口が
無いお宅が増えているそう。
はたして本当にそうなのか!?
結果はこちら

(4)シャワーはどっち?
タッチタイプか通常タイプか
どちらを選ばれた方が多いか
聞いてみました。
結果はこちら

(5)ヘーベルの坪単価・購入価格
これはかなり気になるでしょう!
ここは実際に購入された方に
みのさん並にズバッと
聞いてみました。
結果はこちら

(6)住宅ローンシミュレーション
エクセルで簡単に計算できる
住宅ローンシミュレーションを
作ってみました。
記事は こちら

ダウンロードはこちら
シンプルなタイプ
Ver1.0
比較できるタイプ
Ver2.2
住宅ローン控除反映タイプ
Ver3.0
↑フクザツかも…

(7)災害品チェックリスト
いつか必ず来る災害時のために今できる準備を…
災害品チェックリストに関する記事は こちら
ダウンロードはこちら
Ver1.0

(8)無線LAN調査結果
調査記事は こちら

スポンサードリンク
Flag Counter
free counters
since '09/10/4
BlogList

コメントを頂いた方のBlogは
手動でリストに入る
手動リンク入りシステムを
採用しております
勝手にリンクしやがって!
訴えてやる!
と思われた方、
気分を害された方は
おっしゃっていただければ
リンクを手動で外しますので
メールなどください
週間逆アクセスランキング
ブログパーツ
人気記事ランキング
スポンサードリンク
track word
  • ライブドアブログ