僕の歩く町3

秋田の思い出や風景を紹介しています。 誰にでもある大切な思い出、 そして懐かしい秋田の風景を一緒に巡ってみませんか?

2016年08月

広小路から如斯亭まで歩く

昨日のこと

千秋公園から 旧秋田藩主佐竹氏別邸「如斯亭(じょしてい)」まで

旭川沿いを歩いてきました。



DSC_0001

広小路に面した千秋公園穴門の堀


中学生のころは

よくここでボートに乗って遊んでいましたよ。 



DSC_0018

蓮の花で埋め尽くされている

大手門の堀



DSC_0020

県民会館


右は1800席の大ホール

左は、研修室や練習室、

多目的小ホールがあるジョイナス

昔は県立図書館でした。


そういえば

山王中学校の吹奏楽部が

先日行われた東北大会で金賞となったものの

全国大会へ行けずで

1995年以来連続出場だっただけに

個人的には大きなニュースでした。
 



DSC_0021
 
坂を登ると二の丸へ

右は秋田市立図書館明徳館

左は和洋高校へ


老朽化した県民会館を建て替える計画が進んでいますが

駐車場を

現在の和洋高校の敷地に建設する案があるようです。 


DSC_0024

内堀を歩きます。


正面の柳は「穴門の柳」

左は明徳館、右は県民会館になります。


現在は閉ざされた造りになっているこの内堀ですが

昔は

広小路から和洋高校沿いにある穴門の堀とつながっていたようです。



DSC_0028

内堀を西に歩いて


正面は和洋高校の体育館

右の階段を上がると鐘楼へ




DSC_0030

和洋高校の体育館や寮と千秋公園の斜面の間を歩きます。


昔、ここあたりは

旭川の流れを利用して造られたお堀だったようです。



DSC_0034


秋田県職員矢留公舎の公民館横の道へ


以前はブランコや鉄棒など遊具がありましたが

撤去されてしまったようです。



個人的にはここ周辺を

新文化施設の駐車場にしたらよいのになと

思っているのですけど・・・

 

DSC_0036

 矢留公舎を西へ歩きます。



DSC_0038
 
左は

通町橋、秋田中央警察署へ 


右に曲がります。




DSC_0041

右に行くと千秋トンネル

まっすぐ行くと北高


ここを左に・・・



DSC_0044
 
旭川に架かる鷹匠橋



DSC_0047
 
カレー専門店FRANK


昼のみの営業ですが人気のお店のようです。


交差点左は

聖使幼稚園、聖教主教会

まっすぐ行くと

秋田大学附属小中学校へ


ここを右に・・・



DSC_0052
 
左に行くと保戸野八丁、秋田工業高校

右、保戸野新橋を渡ると秋田北高校へ


私は川沿いの遊歩道へ



DSC_0059

孫悟空が乗る筋斗雲のような

雲が浮かんでいました。



DSC_0061
 
右は北高校



DSC_0063
 
新中島橋と太平山


DSC_0066

左に行くと工業高校

右に行って新中島橋を渡ります。




DSC_0069
 
橋を渡って

千秋中島町側の遊歩道ですが

車が余裕で通れるだけの広さがあります。


DSC_0073

奥羽線の中島橋梁が見えてきました。




DSC_0075

歩行者専用の踏切

第一新中島踏切です。


DSC_0079

踏切から中島橋梁の線路を・・・

泉踏切、土崎方向 になります。



DSC_0085
 
サルスベリの花が咲いていました。




DSC_0095

カンカンカンと踏切の警報が鳴って

しばらくすると

男鹿線キハ40系が中島橋梁を渡ってきました。 


DSC_0097
 
第一新中島踏切とキハ40系


男鹿線を走るキハ40系は緑のストライプ

五能線は、青のストライプです。



DSC_0110
 
夏の花

ひまわりに混じって

秋の花

コスモス が咲いていました。


DSC_0140

ここには

いろいろな種類のコスモスが植えられていて

綺麗です(#^.^#)



DSC_0143

もう8月も末ですもんねえ。


寂しいですが秋もすぐそこです。。。



DSC_0156

旧秋田藩主佐竹氏別邸の如斯亭ですが

修復工事も終盤を迎えたようで

母屋を覆っていた工事用の屋根の取り外しが

行われていましたよ。



下のバナー二つをクリックして

ランキングアップに協力していただけると

ありがたいです(#^.^#)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

秋田県ランキングへ


旧ブログ「僕の歩く町2」はこちらをクリック
「僕の歩く町2」へ

函館の旅 その2

函館の旅二日目の朝

客室からの眺めです。



DSC_0224

早めの朝食を済ませ

宿泊した啄木亭前から

ツインクルバス函館満喫号午前便に乗って

函館の市内観光に出かけました。



DSC_0251

こちらは

女性修道院として日本で初めて作られた

トラピスチヌ修道院です。


バスガイドの方の説明によると

手を広げたマリア像は、

とても珍しいとのことでした。



DSC_0246
 
修道院の中には入れませんので

外観だけ・・・




DSC_0257
 
こちらは、五稜郭 。

ガイドさんの引率で橋を渡り中へ・・・



DSC_0259

橋を渡って

洋式の城郭、五稜郭の入り口にある

箱館奉行所の門



DSC_0264

五稜郭を設計した武田斐三郎の顕彰碑。


とても頭脳明晰な人物だったようで

それにあやかろうと

武田斐三郎の頭部をなでる人が多いようです。


とのガイドの説明があると

なでずにはいられないですよね(#^.^#)




DSC_0277
 
五稜郭の中心部にある箱館奉行所



DSC_0306

五稜郭公園には

1600本のソメイヨシノが植えられているとのことですから

桜の季節は

その星形の城郭とともに

綺麗な景色になるでしょうねえ。。。 




DSC_0295

五稜郭タワーです。


展望室は96mの位置にあるそうですから

秋田市にあるポートタワーセリオンと高さは

ほぼ同じですね。


最上部までの高さは

セリオンの方が

かなりありますけれど・・・



DSC_0314
 
展望室はセリオンよりかなり広く

人もいっぱいでした。



星型の五稜郭は上からでなければ

見ることができませんから

やはり入場料を払っても上る価値はありますね。


高さ96mから見る五稜郭です。



DSC_0338

五稜郭タワーからは

函館市内を一望できますけれど

足がふわふわ

地に足が付かずで

高いところはやっぱり苦手です(^_^;)


夜になると五稜郭はライトアップされて

昼とはまた違った風景を見ることができるとのことでした。




DSC_0356

ツインクルバス函館満喫号午前便の最後の目的地

ベイエリアにやってきました。


ここは

明治初期に造られた東浜桟橋で

当時

北海道を訪れた人が第一歩を踏み出すところだったのだそうです。

現在は老朽化もあって

桟橋内に入ることができませんでした。



DSC_0364

画像右、

ちょうど

観光遊覧船ブルームーンが出港していくところでした。


左奥は

青函連絡船記念館「摩周丸」



DSC_0370

同志社大学の創設者

新島襄の銅像


幕末、

密航を企て

函館に来ていたアメリカの船で渡米

研鑽を積んで帰国したのち

同志社大学を創立したのだとか・・・



DSC_0383

赤い靴の少女像


横浜や麻布など各地にあるようですが

母と別れた地となった函館に建てられている

きみちゃん像です。


赤い靴の主人公、きみちゃんですが

歌われている歌詞とは違い

実際は

アメリカに渡らず

東京麻布にあった教会の孤児院に預けられて

9歳の時に結核で亡くなったとのこと。


なんとも切なく哀しいお話ですね。



DSC_0391

函館山に登る道、

八幡坂


坂の上から見る函館港と摩周丸の姿が

とても綺麗でロマンチックとのことでした。


ツインクルバス函館満喫号午前便での観光は

ここまで・・・


手軽な料金ですし

午後便も乗って函館観光を楽しみたかったのですが

帰りの新幹線の時間もあって

函館駅で下車。



DSC_0403

新函館北斗駅で帰りの新幹線に乗り

新青森駅から

特急つがるで秋田へ・・・


新函館北斗駅にある

弁当カフェ「41℃ガーデン」の駅弁が

とてもおいしかったですよ(#^.^#)

ご参考までに・・・



DSC_0002

函館土産に買ってきた

ペイストーリースナッフルスのチーズオムレットです。


ふわとろで洒落にならないくらいに美味しい(#^.^#)


食感といい

濃厚なチーズの味といい

甘さもそんなではないですし

函館土産で人気なのもうなずける味でした。


下のバナー二つをクリックして

ランキングアップに協力していただけると

ありがたいです(#^.^#)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

秋田県ランキングへ


旧ブログ「僕の歩く町2」はこちらをクリック
「僕の歩く町2」へ

函館の旅

台風一過の青空に恵まれた24日ですが

北海道新幹線に乗って

函館まで出かけてきました。



DSC_0198

100万ドルの夜景と言われる

函館山からの夜景ですが

現在は消費税込108万ドルの夜景のようです(笑) 


中央の明るい部分が函館駅 

右が津軽海峡、青森方向 

海沿いに続く道は漁火通り

右上周辺が

私の宿泊した湯の川温泉になると思います。 



DSC_0003
 
秋田駅を

特急つがるに乗り

新青森駅で

北海道新幹線はやぶさに乗り換え


DSC_0016
 
新幹線終着駅の新函館北斗駅で

快速函館ライナーに乗り換えて




DSC_0032
 
秋田から

4時間15分ほどで函館駅に到着。


所用時間ですが

東京~函館間とほとんど変わらないようです。



新青森から乗った北海道新幹線でしたが

青森県内はとてもトンネルが多かったですし

青函トンネルを含め

外の景色を楽しむことができず

退屈な時間が長かったです。


北海道に入ると

在来線のようなかなり遅いスピードになって

ゆったりとした鉄道の旅となりました。


そんなわけで

目いっぱいのスピードを出して走る東北新幹線とは

比べ物にならないくらい静かで

揺れが無かったです。



DSC_0021

函館駅の隣にある

函館朝市どんぶり横丁で

お昼ご飯を・・・


DSC_0027

観光客相手のお店なので

ネタの割りに値段高く

地元の人は

ここでは食べないと聞いていましたが・・・


その通りのようで

かなりがっかり(^_^;) 


1500円の海鮮丼を注文しましたが

ネタの盛りが悪く

秋田なら1000円以内で食べられそうな・・・
 


DSC_0029
 
昼過ぎということもあるのか

朝市の中は

人が少なくガランとしてました。



DSC_0102

昼ご飯を食べ

ここは

宿泊先の湯の川温泉 啄木亭 



DSC_0036
 
まだ午後2時を回ったばかりで

夕食までかなり時間がありましたので 

湯の川温泉の街歩きを・・・


こちらは無料の足湯です。




DSC_0096
 
足湯前の交差点を

函館市電が走って行きます。




DSC_0039

鮫川沿いの道を海に向かって歩きます。




DSC_0045

大きなホテルを何軒も過ぎて

鮫川は左の松倉川と合流して

津軽海峡に注ぎます。


海の向こうは青森県です。




DSC_0084
 
海沿いを西に歩いて

ここは、湯川漁港 



DSC_0073
 
夜景スポットとして有名な函館山が見えます。


函館山は火山島だったようですが

土砂が堆積して

陸続きになったとか・・・

そんなところは

秋田の男鹿半島に そっくりですよね。



DSC_0093

宿に戻る途中

函館空港を離陸していく

ボンバルディアの姿が ・・・


湯の川温泉上空を

甲高いプロペラ音を響かせ

かなり低い高度で飛んで行きました。 



DSC_0108
 
夕食は部屋食。

いかの塩辛鍋が

さっぱりとしておいしかった(#^.^#) 



DSC_0128

函館競馬場



DSC_0155

空色が

明るい朱色から

濃い紅色へと変わっていきます。



DSC_0179
 
街の灯りがポツリポツリと

輝きだして

ホテル前から

JR北海道のツインクルバス函館夜景号に乗って

函館山へ




DSC_0198

平日の函館山でしたが

あまりの沢山の人にびっくりです(^_^;)


函館には

中国や台湾からの定期便が飛んでいるせいもあるのか

とても中国の方が多い印象が・・・



DSC_0191


重い三脚を持っていきましたけれど

他の方に迷惑になるので

完全に足を開くことはできませんし

かなり不安定な状態での撮影になりました。


安定させるために

手すりに三脚をくっつけたのですが

その手すりが人の多さで

微妙に揺れてしまうようで

シャッタースピードを30秒にして撮影した画像は

残念ながらぶれてしまっていました(^_^;)




DSC_0197

こちらは感度を上げて5秒で撮影。


中央やや右が青函連絡船「摩周丸」

その右、明るいところが函館駅

摩周丸から上に行くと五稜郭タワー、

左下オレンジの明かりは緑の島。

その下周辺が元町、右下が赤れんが倉庫群、

緑色の道は函館山に続く八幡坂。

と思います。



DSC_0213
 
客室から函館山を・・・


次回も函館の旅の続きを・・・


下のバナー二つをクリックして

ランキングアップに協力していただけると

ありがたいです(#^.^#)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

秋田県ランキングへ


旧ブログ「僕の歩く町2」はこちらをクリック
「僕の歩く町2」へ

黄昏に秋桜

昨日は

台風一過の青空でしたけれど

日が沈んでから 

久しぶりにコスモスロードを歩いてきました。



DSC_0082

高清水の丘からは

ヒグラシの寂しげな泣き声が聞こえ

吹く風は涼しく

秋の気配です。




DSC_0014

夕闇の中

秋桜・・・

コスモスがポツリポツリと咲いていました。



DSC_0017

今日はこれから

北の大地の入り口、函館に行ってきますので

この辺で・・・



下のバナー二つをクリックして

ランキングアップに協力していただけると

ありがたいです(#^.^#)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

秋田県ランキングへ


旧ブログ「僕の歩く町2」はこちらをクリック
「僕の歩く町2」へ

川尻小学校界隈を歩く

今日は川尻に用事があって

その帰りに

街歩きをしてきました。



DSC_0002
 
川尻若葉町の住宅街


私が小学生のころの通学路です。

そのころは

人がやっと一人通れるくらいの道だったんですよね。


ここ周辺には友達がいっぱいいて

日が暮れるまで遊んでいました。 



DSC_0007
 
豆腐屋や畳屋さんがあった道でした。



DSC_0008
 
先ほどの道を突き当たって左へ


ぜんざ酒店前です。


ここを過ぎて左側は

山王大通りまでずっと

田んぼが広がっていたんですよね。 




DSC_0014

昔・・・

今から35年ほど前でしょうか。

左には職業安定所がありました。


交差点向こう右は、川尻小学校。

私の在校時から残っているのは

小学5年生のときに完成したプールと

卒業記念に造られた掲揚台、

それに校門だけになりました。 




DSC_0019

先ほどの交差点を右に曲がって

昔の正門前の通りです。


左手前に石炭小屋があって

冬はストーブ当番になると

ここから石炭を運んでました。




DSC_0025
 
昔の校門です。


この校門の前で

秋田大学から来た教育実習の先生と

一緒に写した写真が残っています。


その後

上京して先生になったとお手紙をいただきましたけれど

その先生もとうに定年を迎えられているのですよね。


昔の校門ですが

今はネットが張られていますし

子供たちがここを通ることはないのかもしれません。



DSC_0027

私が在校時は

ここに木造モルタルの二階建て校舎が並んでいましたが

現在は

グランドに・・・



DSC_0038

小学校向かいにある

秋田市上下水道局ですが

昔は、高い塀に囲まれた川尻配水場でした。





DSC_0040

上下水道局前の交差点


右に行くと秋田刑務所


右向こう角には岸田商店があって 

文房具、駄菓子、それにプラモデルや竹ひご飛行機も

ここで買うことが多かったです。 



DSC_0045

小学校の校歌で歌われている

総社の森


遊具は私が子供のころのものが今も使われています。


昔は

ボックス型のブランコや回転塔なんかもあったような気がします。


ここには時々

紙芝居のおじさんも来ていましたね。



DSC_0048

総社神社



DSC_0050

丸石の自転車屋さん


以前、前を通ったときは

営業していたと思いましたが・・・

看板が無くなっていました。



DSC_0054

右に行くと川尻十字路

まっすぐは川尻割山線のバス通り





DSC_0056

交差点を左に曲がって

市立病院西口の手前


ここには以前、川尻郵便局が・・・



DSC_0057

市立病院を西口から東口へ


ここからドンキホーテに歩いて

今回の街歩きはここまで・・・



DSC_0059

ドンキで花を買って外に出ると

猛烈な土砂降りで

川のようになった寺町の道を歩いて

月命日のお墓参りです。



帰りは通町せきやで

赤寿しを・・・


そんなに好きではないですが

思い出の味なのです。



下のバナー二つをクリックして

ランキングアップに協力していただけると

ありがたいです(#^.^#)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

秋田県ランキングへ


旧ブログ「僕の歩く町2」はこちらをクリック
「僕の歩く町2」へ

ギャラリー
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
  • 羽後牛島駅から南高、太平川橋へ歩く・外旭川の紅葉
ランキングにご協力くださいね





















記事検索
 
QRコード
QRコード



































FeedPing
RSS
  • ライブドアブログ