今日は7月1日にオープンした

道の駅おが「オガーレ」と

新男鹿駅へ行ってきました。




DSC_0001

昨年から男鹿線で供用されている

蓄電池駆動型電車「アキュム」に乗車して

秋田駅から新男鹿駅を目指します。


現在、男鹿線を走るアキュムは

この二両一編成だけですが

ワンマンカーとして運行されることが多いようです。




DSC_0002

ヘッドマークは

男鹿水族館の人気者、シロクマ豪太くん。




DSC_0011

座席は

横向きのロングシート。


男鹿線の主力車両、キハ40系気動車とは違い

このアキュムは電車ですから

スッーとホームを滑るように走り出しました。

エンジン音もないですし乗り心地も快適。

時折フォアンと聞こえる甲高い警笛音も

カッコよかったです。




DSC_0008

ドアは

ワンマン用の整理券機上にある押しボタンで開閉する

半自動。


この車両には

車いすやベビーカー用のスペースがありました。





DSC_0016

隣りの車両へのドアは

手動の引き戸。


画像左はトイレです。





DSC_0019

秋田駅を出て

新男鹿駅へは一時間弱で到着です。





DSC_0024

ホーム奥にある

改札口へ向かいます。




DSC_0029

改札口




DSC_0030

観光案内所が併設されている

待合室。


駅のアナウンスが

待合室には流れないようです。


画像左にちょっとだけ写っていますが

階段がありました。





DSC_0032

階段を登って上へ



DSC_0034

屋上にある展望テラス。


正面奥の建物は男鹿警察署。




DSC_0038

展望テラスから南方向。


正面奥が道の駅おが「オガーレ」

オガーレへは

まっすぐオレンジ色の遊歩道が続いています。


おそらくこの遊歩道は

昔の貨物線の線路跡じゃないかなと思います。


右奥はNTT。



DSC_0039

展望テラスから東方向。

男鹿警察署です。

この裏側に男鹿みなと市民病院があります。


画像左奥が、

毎年8月14日に行われる

男鹿日本海花火の打ち上げ会場ですので

この展望テラスからも

綺麗な花火が見られるんじゃないでしょうか。





DSC_0042

展望テラスから北方向。


ホームの両側にある線路の他に

画像右側に真新しい線路がありました。


この線路は

車両の入れ替えや方向転換、待避を行う

引き上げ線でしょうかね。




DSC_0046

先ほど乗ってきたアキュムです。

赤い車両のヘッドマークは、

なまはげでした。




DSC_0047

霧雨が降っていましたので

よく写っていませんが

パンタグラフが上がっています。


車両下に搭載されている蓄電池に

充電中のようです。


秋田駅から追分駅までの奥羽線には架線がありますが

追分駅から分岐する男鹿線は

無電化区間ですので

蓄えられた電力で電気モーターを駆動して走るのですよね。


そして

ここ男鹿駅で蓄電し折り返し秋田駅に向かいます。




DSC_0049

待合室にあるなまはげ




DSC_0053

遊歩道をまっすぐ行って

道の駅おが「オガーレ」へ行こうと思いましたが

雨が強くなって

諦めて駅へ戻ります。


天気予報では

雨が降るのは夜からでしたし

午前中は晴れマークもあったのですけれどね(^_^;)




DSC_0085

傘を買うためコンビニに向かいます。


駅入り口の西側から

ここを右に・・・





DSC_0086

北に歩いて行きます。


レンズを拭き拭き撮影で

これ以後の画像は

写りが悪いですがあしからず(^_^;)




DSC_0089

新男鹿駅から50mほど歩いて

旧男鹿駅に到着。


新聞等では100mとなっていましたが

それほどの距離ではないです。




DSC_0092

記念撮影のスポットになっていた

なまはげ像。


台座がくたびれてはいますけど

まだまだ充分使えそうな感じです。

どうなるんでしょうね。




DSC_0094

バス停が無くなり

観光案内所もシャッターを下ろしていました。


奥にある跨線橋へ向かいます。




DSC_0096

男鹿線の線路に架かる跨線橋を渡って

旧駅の東側へ行きます。




DSC_0097

男鹿日本海花火の際はとても混雑する

跨線橋です。




DSC_0100

道路に出ました。


左は秋田市方向。

右は男鹿警察署、男鹿みなと市民病院、道の駅おがへ


画像左のローソンで傘を買って

画像右の道をまっすぐ東に歩きます。




DSC_0101

この道路は

男鹿日本海花火の会場へ続く道です。





DSC_0105

ローソンから200mほどまっすぐ歩いて

男鹿日本海花火の観客席となる

芝生広場。


天気が良ければ

左奥に寒風山が見えます。





DSC_0107

芝生広場から南へ

歩いて行きます。


右奥は男鹿みなと市民病院です。


雨は横殴りになって降りそそぎ

傘を差している意味がない状態(^_^;)




DSC_0108

ここを左に・・・




DSC_0114

傘が写り込んじゃってますが


男鹿マリーナ。


ここは無料で花火が見られる絶好ポイント。




DSC_0117

男鹿みなと市民病院沿いを道なりに

西に歩いて行きます。



DSC_0118

男鹿みなと市民病院




DSC_0120

秋田中央交通男鹿営業所



DSC_0128

道の駅おが「オガーレ」の交差点。


右は、男鹿警察署、秋田市方向。




DSC_0066

道の駅おがの入り口には

ババヘラアイスが・・・




DSC_0074

物産館。


まだ午前中でしたが

野菜や加工食品の棚は空きが目立ちました。


季節的なものもあるのでしょうか。

入荷が少ないようです。




DSC_0165

なまはげの木彫り面が

売られていました。


現在、お面を彫る方はおひとりだけとか・・・





DSC_0168

なまはげグッズも

たくさん並んでいます。




DSC_0179

ベニズワイガニが

多いものでは一袋に五杯入って

税込1080円でしたよ。


他に男鹿産のサザエやクロモ、鯛、ヒラメなど

海産物が並んでいました。

買った魚は

売り場の奥でさばいてくれるようです。




DSC_0080

道の駅の南側にある休憩室



DSC_0132

道の駅の駐車場南側に

廃線となっている貨物線の船入踏切が

移設されていました。




DSC_0136

喫煙所。


道の駅横のベンチに座っていると

タバコのにおいがプンプン。

横を見ると

灰皿もないのにタバコを吸っているマナーの悪い方がいて

辟易としました。




DSC_0137

帰りの電車までまだ時間がありましたので

横殴りの雨ではありましたが

せっかくですので

1万5千トン岸壁方向に歩きます。




DSC_0142

漁船が並ぶ道を

南に歩いて行きます。




DSC_0145

ここを右に行くと

男鹿海洋高校、椿、鵜ノ崎、門前へ


なおもまっすぐ歩きます。





DSC_0148

この先は

クルーズ船などが停泊する

1万5千トン岸壁ですが


右の建物へ・・・





DSC_0153

カニの販売をしている

男鹿水産です。




DSC_0154

店の横に並ぶ自販機の中に

懐かしい機械があります。




DSC_0158

秋田県内では

セリオンと角館、そしてここの三台だけになってしまった

うどんそば自販機です。




DSC_0163

うどんとそばは

各250円。


青いキャップの七味がぶら下がっていましたよ。


実は私、

あるトラウマがあって

自販機のうどん、そばを食べられないのですよね(^_^;)





DSC_0057

歩いてきた道を戻って

道の駅おが「オガーレ」




DSC_0189

遊歩道を北に歩いて

新男鹿駅へ向かいます。





DSC_0191

BBQと書かれていますので

バーベキューができるのでしょうかね。




DSC_0196

新男鹿駅に到着。


上が展望テラスです。




DSC_0201

帰りは

キハ40系のワンマンカーに乗って

秋田駅へ向かいます。




DSC_0203

ゴッゴッゴォーという

ディーゼルエンジン特有の音を響かせ

一路秋田駅へ




DSC_0008~1

今夜はさっそく

道の駅おがで買ってきたニシ貝を塩ゆでして

いただきました。


このニシ貝は肉食の貝で

他の貝の貝殻に穴を空けて

中の身を食べてしまうそうですよ。

貝殻を溶かす強い消化液を持っているせいもあるのか

食べると少し苦みがあって

舌先がピリピリするときがあります。

でもその苦味がクセになるんですよね。



昔は春になると

寒風山でワラビ採りをしてから

鵜ノ崎海岸へ行って

シタナミやこのニシ貝を採ってたんですよね。

私にとっては

大好きなそして思い出のある味なんです。



下のバナー二つをクリックして

ランキングアップに協力していただけると

ありがたいです(#^.^#)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

 

秋田県ランキングへ


旧ブログ「僕の歩く町2」はこちらをクリック
「僕の歩く町2」へ