Sinovi Calcio

世界初?のグリップビルダー”Sinovi”による、製品紹介です。

Sinovi Calcio BRAND CONCEPT 問い合わせ sinovi_calcio@yahoo.co.jp

私”SINOVI”の製作するキャスティングロッドハンドル及びグリップは、希少価値の高い”銘木”を使用し、木の持つ魅力を最大限伝えられる様に努力し、製作しております。

キャスティングロッドハンドルとして製作する物に関しては、基本的には新品のメーカー品を使用致しますが、USED品のハンドルブランクを使用する事もあります。その際、アルミ無垢の場合は磨き直し、その他のメッキや塗装を施した物に感しては、出来る限りダメージの少ない物を使用したり、リメイクという手法を用いる事も致します。

以上の方法で、オンリーワンのキャスティングロッドハンドルの製作を目指しております。これらの視点から、私の造る製品を見て頂ければと思います。

それでは”SINOVI CALCIO”を宜しく御願い致します。



★☆★販売協力店★☆★

OH!CHUCK

http://www.h3.dion.ne.jp/~oh-chuck/

oh-chuck@s3.dion.ne.jp

0664126788

※オーチャックさんに置かせて頂いている製品の画像は、オーチャックさんのHPで御確認下さい。




ROTTON

http://www.rotton.jp/

info@rotton.jp

0724827765


b056ae80.jpg

SCFWCU-TC2 ¥30,240(税込み)





※グリップ(単体品)を御買い上げ頂いた方への、取付時の注意点について。

孔径(あなけい)及び、深さは製品の説明書に記載しております。ハンドルのシャフトのサイズは、公称ではどのメーカーの物も大体同じと思われますが、現物には多少の誤差が生じます。ですから御買い上げ頂く前には、なるべく取付予定のハンドルブランクで取付可能か御確認下さい。

きつかった場合は販売協力店かブログのコメント欄から御相談下さい。

ここでは緩い場合の対処法を紹介致します。使用するのは紙テープ(塗装用マスキングテープや医療用サージカルテープ等)かセロテープを御用意下さい。

シャフトの先端付近と根本付近にテープを巻いて、ガタがない状態にして接着して頂くだけです。

4b5fd554.jpg

接着剤は30分硬化以上の2液性エポキシ系接着剤を御奨め致します。2液混合の際は目分量で構いませんが同等の量を、しっかりと混合して下さい。トラブルの原因になります。

割り箸等を使って、グリップの孔(あな)に厚くなり過ぎない様に塗って、シャフトには塗らずに接着すると失敗が少なく作業出来ます。シャフトに塗る時には全体にベタッと塗るのではなく、一カ所を空気抜きの道として空けておいて下さい。その上でゆっくりと接着剤のはみ出しがないか、確認しながら接着して下さい。

硬化を待つ間はグリップ部を下にして立て掛け、転倒防止程度に固定しておいて下さい。グリップを上にして置いていると、接着剤が流れ出て来る可能性がありますので御注意下さい。

以上の事を参考にして頂き、是非とも御自分で道具のカスタムを御楽しみ下さい。





※尚、別誂え(オーダーメイド)については受付を終了致しました。が、どうしても‥‥と言う場合は、気兼ねなく御相談下さい。

※オーダーの場合、以前と同じく、30%以上の内金を頂戴してからの作業になります。キャンセルされた場合は、キャンセル料を頂戴致します(作業の進み具合で変動する事があります)。

問い合わせ先 sinovi_calcio@yahoo.co.jp





◆◇週末perfetto(ペルフェット)情報!!◇◆

  今回はイタリア語です(苦笑)
一本のみですが、プリップリの47です。

1534395737315

  ルアーはsorrytomboです。久し振りにリールがダイレクトです。
相変わらずのええ釣りです。有り難うございます。
またの釣果報告をお待ちしてます。

  ところで先日、タイガーさんから聞いたんですが、
グリップが船に当たって欠けてしまうと。
道具やからそんなもん、て思って頂けたら有り難いですが、
一応、私からお知らせしておきます。

  ブログの最初の方で書いてるとは思うんですが、
強度だけを求めるなら材料は限られて来ます。
杢の強い、面白い、カッチョいいのは、
強度より見た目優先で製作しております。
通常の使用状況では問題ないと考えてますし、
強度だけを考えたグリップでも欠ける時は欠けます。
その辺りは御承知の上でお買い上げ下さい。

  基本的には見た目最優先で製作してます。
それで欠けた場合ですが、気になる方は御相談下さい。
有償無償は物を見ないと判りませんが、
何か良い方法を見付けて修繕出来ればと思います。





記事検索
プロフィール

shi_no_bi

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ