吉木椎茸農園

吉木椎茸農園です。 椎茸の成長日記や、美味しい椎茸料理のレシピ、北広島町の自然の環境などを、伝えていきます。 また、直売、発送もしておりますので、詳しくは電話・メールでお問い合せ下さい

2018年01月

寒い

001

003

002

003

002

寒い日が続いています。今年は異常です。タンクの溜めていた水がこの寒波で漏れ始めました。ハウスの入り口は凍っていて、開けて帰っています。正解です。昼過ぎても開きません。一番下が、今日の農園です。雪がよく降っています。朝からずっと降り続いています。昼にテレビで広島市内が写ったのですが、よく晴れていました。北広島町とは別世界です。一週間、晴れの天気が全くありません。こんなことは今まで一度もありませんでした。

大雪

002

003

004

007

001

よく降りました。大雪です。全く降っていない状況から、一気に一晩で60cm近く積もりました。出勤時、農園に下りる坂で車が雪で動けなくなりました。載りに落ちそうになりました。家内がいけないことになったとJAFに連絡をとり、昼に来てもらいウインチで少しずつ、少しずつ引き上げてもらいました。何とか一大事にはなりませんでした。途中、ミニショベルをとりに農園まで歩いて行きました。膝上まで雪があり、死ぬなと思いながらようやくの思いで農園に着きました。着くとビックリです。3号ハウスが雪に耐えられず、つぶれていました。最悪です。ま、一人でやっているので、ハウスが多すぎると思っていたので、丁度いいかなとも思いました。「前向きでアグレッシブですね。」とも後で言われました。ゲストハウスの裏にある家庭用のハウスも完全につぶれていました。2日前に雪が解け、車を農園まで入れることができました。それまでは入り口のところの家の通路に車をおかさせてもらっていました。農園に着いてこれまたビックリです。竹炭を焼いていた小屋が傾いていました。スライス等を干す棚も屋根の雪が落ち、つぶれていました。何日も経ってからです。雪をなめてはいけないとつくづく感じました。凄いの一言です。気温もマイナス9℃でした。寒いの一言です。昼過ぎまでハウスの入り口の戸が凍って開きませんでした。湯をかけたりしてようやく開いたという感じでした。今年は大変な一年になりそうです。後からこも書かなくてはということがたくさん出てきています。雪が融けてから、ぐんぐんハウス等が傾いてきています。棚があるので、屋根が何とか支えられもっている状態です。またこの冬一番の寒気がやって来て、大雪になるそうです。大丈夫なんでしょうか。持つのでしょうか。初めての体験なのでどうなるのか分かりません。何とかなるでしょう。

雪 3

001
この冬一番の寒波がやって来ているそうです。農園も一日中雪が降っていました。前が見えなくなるほど降ってきていました。車は一台で行ったり来たりしています。孫の面倒見もあって、納品時間など大変です。倒れないよう、無理をせずです。雪が降っているときに畑のところでこけました。足が弱くなってきている感じが強くします。こけて骨折と言うのが、以前は全く理解できませんでしたが、最近はよく分かるようになってきました。気をつけないといけません。

カレンダー

003
九州のお父さんに今年も山笠のカレンダーを頂きました。さっそくゲストハウスの定位置に飾らしてもらいました。毎年すいません。ありがとうございます。大事に使わしてもらいます。

孫 2

002
長男と長女の子どもです。同い年の同級生になるそうです。家内の里、庄原に1月の3日に帰ったときにおじいさんと次女にかまってもらっているときの写真です。一気に家族が増えました。年をとるのもごもっともです。近いもので10数人増えたように思います。やれません。

謹賀新年

002
今年は60歳になります。農園を始めて丁度10年になります。椎茸だけでやってこれたことに感謝です。いろんな人に随分と助けてもらってきたことにも感謝しています。農園に関わっていただいた皆さんに対して、ありがたいと思う気持ちで今は一杯です。もう少しの間、頑張らないといけません。もう5年いや、10年続けないといけないと思っています。ぼちぼちで頑張りたいと思います。無理が効かない年になってきたのは確かです。孫が大きくなって、いろんなことが分かる年になるまではと思っています。これからもよろしくお願いします。まだまだ助けてやって下さい。
ギャラリー
  • ハイラックス
  • ハイラックス
  • ハイラックス
  • ハイラックス
  • 山水
  • ハイラックス
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

吉木椎茸農園

北広島町の豊かな自然の恵みを受けた椎茸を栽培しています。とても肉厚で軸太なのが特徴です。この地であるからこそでき得る椎茸だと自負しています。他にはないこの美味しさを是非とも味わってください。
これまで食べたことのない、椎茸の世界へどうぞ

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ