前に「免疫力を高める食べものを調べてみました」を記しましたが、続編的な記事として書くことにしました。内容は似たものです。今回はカボチャ、蜂蜜、ニンニクを主に調べてみました。

猛威を振るったコロナ(コビット19)も日本ではかなり低い感染状態になりました。しかしまた感染力の強い変異株のオミクロン株が流行りだしてきてしまいました。いつになったら収まることになるのか。いやになります。まだまだ気を緩めてはいけないということですね。引き続きのマスク、手洗い、うがい、手の消毒には心がけた方が良いです。マスクではウレタン製など水着素材の製品も多く出ていますが、この手のタイプはウイルスを透過してしまうため、予防効果は1%以下になってしまいます。使う場所や状況などを考慮して使うことをお勧めします。今回は食事等で食べることで効果のあるものをあげてみました。野菜類。野菜は効果があるようです。温野菜でも生でも、多く食べている人は10%の確率で、コロナに罹りにくいことが発表されました。コーヒーも同様に1日に3杯以上飲むと10%感染しにくくなることも分かったそうです。以前はコーヒーには感染力を下げる効果はないといわれていましたが、効果があることが分かったことになります。日本に関して推測すると、もともとコロナウイルスに有効な緑茶(カテキン)は多きな予防効果があるといえます。これは既存の季節性インフルエンザにも効くことは知られています。日本人の感染率の低さには、諸外国と比べた場合、緑茶を飲む習慣が大きく貢献しているものと思われます。また最近、感染率の数値から、日本人が日本人特有の遺伝子によって、免疫力が外国人よりも高いことが理由だとされるようにもなりました。この分野の研究はさらに進んでいくと思います。

食事により免疫力を上げる食材があることは知られています。感染症に対する予防(免疫力のアップ)、疲労回復など、食事等を通して食べることで期待することができます。サプリメントで補うこともできることもあるのですが、サプリメントに頼るだけではなく、免疫力を上げる食材を使った食べ物を摂取することは、非常に有効な手段の1つになることは間違いありません。

・野菜類。特にカボチャはビタミン類、βカロテン、食物繊維などを多く含んでいるのでかなり優秀な食材になります。緑黄色野菜は効果が高いようです。ビタミンは特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの効果が高いようです。特にビタミンAはマクロファージ(細菌やウイルスを殺す働きがあります)を活性化させます。ジャガイモ、レンコンなども免疫力を上げることが知られています。ネギは、白い部分を焼くとインフルエンザ菌に効果のある成分に化学反応を起こして変化することが知られています。キノコ類のベータグルカン(キノコ類や酵母に多く含まれる多糖体です)も免疫力を上げます。ビタミンCもたいへん有効なビタミンンになるので、ビタミンCを多く含む野菜類も有効です。

カボチャは種類が多く、近年では西洋種のものも多く流通してきました。ビタミンC の含有量では日本カボチャ(日本種)よりも西洋カボチャ(西洋種)の方が含有量が多く(多いものがある)、西洋カボチャ(西洋種)は日本カボチャ(日本種)の2倍に相当するそうです。ビタミンC は様々な代謝サイクルに関与するので、体の健康維持には重要な成分になります。カボチャといっても種類により含有される栄養成分が異なっています。当然、味等、料理に合った種類があります。カボチャはバランスの良い栄養成分を持つことから、野菜として優れた食材といえます。

・蜂蜜。ビタミン、ミネラル、ポリフェノール等、多くの種類を含んでいます。ビタミンB1は免疫力を上げるた目に必要なビタミンです。ただ蜂蜜の問題点としては、外国からの輸入の場合、船によるものが多いので、暑い高温地域を経てきた場合、船の倉庫、コンテナ等での熱による製品の劣化(といっても、当然食べることに問題はありません)ガあるので、本来の成分よりは効果は下がると思います。高くても日本国内製品は間違いありません。また蜂蜜は合成することができるので、本物との見分けは難しいようです。加熱処理して作られているものもあります。やはり加熱処理されている製品は栄養価が下がってしまいます。60度以上になるとビタミン類や酵素が壊れてしまうので、温度が下がってから蜂蜜を混ぜると良いです。本来の栄養成分を摂取したい場合は、信頼のおける国内産で、加熱処理のされていない製品が高くてもベストになりそうです。もう1つ、最近では良く知られていることになりましたが、蜂蜜は乳幼児には与えてはいけません。最悪の場合、ボツリヌス菌の影響を受け、ボツリヌス症を引き起こす可能性があるからです。蜂蜜を食べさせる場合は、ボツリヌス症をおこすと大変危険なので、最低1歳以上になってからにすることが良いです。必ずボツリヌス症(ボツリヌス食中毒)は蜂蜜を食べることにより起こるのでは有りません。まれに芽胞が入っていることがあることによるようです。1歳未満の乳児の場合、腸管内にボツリヌス菌が定着しやすくなっていることから、1歳未満の乳児が蜂蜜を食べると腸管内で発芽、増殖して毒素を作りやすいことによるものです。危険性があることの対策として、食べさせない方が良いということです。1般には年寄りでも蜂蜜を食べることは危険ではありません。蜂蜜も蜜源で効果、、効能は変わります(ロイヤルゼリー等を考慮しないで)。種類により味も風味も変わるので好みで利用すると良いでしょう。

コロナの流行に伴ってニンニクが良く売れているそうです。疲労回復や殺菌作用があることでも知られているニンニクも調べてみることにしました。

・ニンニク。  ニンニクの匂いの成分であるアリシンが疲労回復の作用があるといわれています。また殺菌作用があることも知られています。食べすぎると腸内の善玉菌といわれている菌も殺してしまいます。ニンニクといっても種類がたくさんあります。ニンニクがすべて効果があるとは考えないことです。食べルために製品化されている種類、体に良いニンニクを選ばなければなりません。種類のはっきりわかっている国内産のものが良いでしょう。またニンニクは食べすぎに注意が必要です。腹痛、下痢、便秘、めまい、血中のヘモグロビンの減少(さらに進むと赤血球を破壊してしまいます)による貧血などの副作用があります。ニンニクは刺激が強く食べすぎにより、胃壁を荒らすこともあります。ビタミン類、ミネラル等多くの成分を含みますが、適量は生で1片程(5~7グラム程)。加熱で4片程が良いようです。食べなれた人でも食べすぎによる副作用があることを考慮して利用しましょう。

医療的には、驚いたことにニンニク注射というものもあります。積極的にビタミンを摂取したいときにはビタミン注射もあります。食べるよりも効率は高いです。コロナウイルスが問題になっている中で、極端な食事のとり方も良くないと思いますので、かかりつけのお医者様のアドバイスも有効です。ニンニクは血液をサラサラにする作用もあるので、薬との相性の問題も出ることが考えられます。ご自分にあった選択肢を選ぶことも大切だと思います。食べ物の体調管理につながるメリットも、知っておくと薬に立つと思います。参考にしてみてください。

国内で過去最大の感染者数を出してからやっと減少に転じてきました。これから冬に向かうので流行がまた起きることは予想できます。そこで、今後のために個人的にできる対策を再確認してみることが必要になると思います。コロナウイルスの感染は現在では空気中から取り込まれることが最も多い感染経路だといわれるようになってきました。幸い、日本人のマスク着用率が高いので、マスクによる予防効果は高いと思います。食事中の会話、咳、くしゃみによる感染が高いことが認められ、飲食関連の自粛や協力が求められての対策が、日本国の方針として進めれれてきました。しかしワクチン接種が進む中での過去最高の感染者の増加にある中、個人でできる簡単な予防法としての手洗、手の消毒は引き続き行うと良いと思います。空気感染とは違い、認識して対処できる方法だからです。

アメリカの研究機関の発表によると、金属類は金属自体に殺菌効果があり、殺菌力の強い銅では約2時間でコロナウイルスが消滅されるといわれています。また空気中に飛散したウイルスはエアロゾルという状態で約3時間で死滅(3時間生存可能)するといまれています。空気中のウイルスに関する予防としては、1番簡単な方法は換気で、窓を開けることで行うことができます。

手からの感染源となる最も注意すべきものは、ウイルスが付着して長く生存できるプラスチック製品といえます、プラスティック製品では3日(条件によるとそれ以上の生存が可能)ほどウイルスが生存することが分かっているので、プラスチック製品、例えばパソコンのマウス、キーボード、スマートホン、携帯電話、電話の受話器、電車のつり革、ATMの画面操作などが盲点になるかと思います。

ワクチン接種が進んでいますが、ワクチン接種をしたから大丈夫、感染しないだろう。とは考えないで、感染のリスクを減らすことが良いことがベストなので、うがい、手洗い、触ることが多いプラスティック製品等の消毒が有効になると思います。昔から予防として言われている、うがい、手洗いは現代にも有効な予防方法なので、心がけると良いと思います。ワクチン接種後もワクチンの効果がないブレークスルーもあるので、注意はするに越したことはありません。ワクチンを接種しても全く抗体ができない人や、抗体値が正常に達しても日に日に効果が薄れてしまう人がいることが分かりました。これにあたる人の確率はとても低いものの、ワクチンを接種したから大丈夫とは思わない事の根拠になります。マスクも夏季は暑いので、ウレタン製のウィルスの侵入を防ぐ効果のないものは自分の飛沫が飛ばないという効果はあるものの、ウイルスの侵入を防ぐ効果は1%以下になるので、状況と場所を選ぶ必要があります。

最近では薬の開発がいちじるしく、薬として有効な経口薬もできていて、治験を早めて使用されることも、外国では検討されています。もちろん、日本でも研究開発は進んでいるので、思ったよりも早く、良い薬が出てくると思います。アメリカ製のモルヌピラビルは現在アメリカで承認を受ける予定です。抗ウイルス薬の飲み薬です。5日間でウイルス増殖率がゼロ%になるとの報告があります。イスラエル製のMT527もありますが、日本の認可があればメルク社の提供によるモルヌピラビルの方が入手しやすいので、初のコロナ薬として期待が持てます。

これから国内で使用されるワクチンは新型(変異株)にも有効率が認められる種類のものも使われてきます。国内でやっと日本で作るワクチンが出てくることになります。国内で作るノババックス製の組み換えワクチン(従来型のワクチン)は、変異にも効果があることがわかっています。なじみのある不活性ワクチン(従来型のワクチン)も選ぶことができます。DNAワクチン、遺伝子組み換えワクチン、MRNAワクチンはSタンパク質に対する抗体を作ります。不活性ワクチンはSタンパク質以外のすべてに抗体を作ります。これがどのような効果を生み出すのかは当方としては分かりませんが、ワクチンを選ぶ幅は広がってきます。

変異の速度が速い特徴が見受けられること、薬としての対応ができない現在の状況から予防に心がけることが大切だと思います。在来のインフルエンザ流行時と同様に、簡単にできる予防としてのうがい、手洗い、手の消毒をすることが基本的に有効な対処方法になると思います。各製薬会社、研究機関等の成果により先が見えてきたとは言え、新しい薬が順次開発されるまでには、まだ少し時間がかかります。個人的にできる予防に励むことが肝心であると思います。かからなくてすむように基本に返ることが必要ではないのかと思っています。


毎年冬になると心配になるのがインフルエンザの流行です。現在流行っている新型コロナウイルス(COVID-19)とはちょっと違っています。致死率と感染率の高さから新型の脅威が広く知れ渡りましたが、毎年の流行が恒例になっているインフルエンザも軽く見る分けにはいきません。インフルエンザも調べてみました。インフルエンザ薬はタミフル、リレンザ、イナビルが多く使われています。これらは抗インフルエンザウイルス薬です。これらはインフルエンザウイルスを殺す薬ではないので、有効な飲み方は発症後早く飲むことです。ウイルスが増えてしまうと症状を抑えることができなくなってしまうので、48時間以内の服用が効果を最大限に発揮できるということになります。48時間以内の飲むことで、直る期間が大幅に短縮でます。当然熱も下がり楽になります。その効果は絶大で、通例1週間かかるところを2日程で改善することができます。意識障害や異常行動が問題視されましたが薬を飲まない場合でも起こる症状なので、飲んだ方が利点が多いことは間違いありません。インフルエンザの検査は発熱後、通例12~14時間経過しないとウイルスを検出することができません。つまり発熱後12時間以上たたないと正確な診断結果がでないということです。個人的のもっと早く検出される方もいるようですが、あまり早いと正確性に欠けてしまうようです。迅速診断キットと言うものが使われることが多いです。綿棒を花の中にいれて粘膜を採取して診断するという方法です。検査時間は迅速と言うだけあって15分ほどで分かり、陰性か陽性か、A型かB型かの診断ができる検査です。早すぎず遅すぎずと病院に行くタイミングもちょっと大変ですね。でも甘く見たら大変です。  

インフルエンザは感染後1~2日程度で発症します。突然、38°C以上(38~40°C)の高熱が出て頭痛、全身の倦怠感、筋肉痛などの症状が現れます。普通の風邪の場合の咳や喉の痛みよりも早く、高熱が出ることが特徴です。高齢者、呼吸器系、糖尿病など持病のある方は重症化しやすく深刻なダメージを受けることになってしまいます。実際に毎年、多くの方がインフルエンザでなくなっています。高齢者や持病のある方等には特に気を付けなければならない病気になります。小児の場合はインフルエンザに罹るとインフルエンザ脳症を発症してなくなる場合もあります。死亡率は10~30%になり、助かっても脳に重い障害を残すこともあります。このインフルエンザ脳症も発症して2日ほどの短期間で急激に現れるようで、かなり危険です。しかもタミフル、リレンザを服用中でも起こることが知られていて、予測困難な病気になっています。風邪は万病のもとと言いますが、インフルエンザはかなり危険でただの風邪ではないということです。

タミフルの危険性は現在では訂正されています。子供の飛び降りなどの異常行動はタミフルを飲んでも飲まなくても起こるようで、高熱によるものと推測できます。データーによりタミフルを飲んだことによる飛び降り等の異常行動の頻度の差は飲んだ人の場合と、飲まなかった人の場合の差は無かったと報告されてようです。当初の問題は薬のせいではなかったようです。やはりタミフルを飲んだ方が合併症の危険も少なくなり、直る期間も短くなるので、インフルエンザの薬としては有効です。ただし子供の場合は薬のせいではなくても、飲んだ場会は2日間ほど注意をして見守ることは必要になります。異常行動は確認されている事実なのです。ただ事故を起こした場合の比率は、タミフル、リレンザ、イナビルを使っていない人に多かったとの報告もあります。つまりは高熱によるところの異常行動ではなかったのかという推測も立ちます。タミフルは錠剤なので飲みやすく、使用当初に言われていた副作用の危険性(異常行動)も薬による副作用ではなく、インフルエンザにかかったことによる症状の1つと言えます。タミフルと異常行動については厚生労働省からも薬との関連はないと発表されました。詳しく知りたい方は厚生労働省の「資料1タミフルと異常行動等の関連に係る報告書」で検索可能です。お子様のいる方にはお勧めです。知っておいて無駄はないと思います。

予防としは外出後の十分な手洗い、ウガイなど。また他人にうつさないためのマスクの着用が望まれます。日頃の対策としては疲れを溜めないこと、ストレスを溜めないこと、十分名睡眠をとること、バランスの良い食事と免疫力の上がる食べ物の摂取等が有効です。ワクチンの予防接種を受ける場合、その効果は5カ月程と言われています。10月から予防接種を受けられるので流行に合わせるなども考慮して受けられると良いかも知れません。予防接種した場合、その効果は2週間程してからあらわれます。上記以外に当方は風邪の場合、天然のビタミンCを摂取する様にしています。簡単なフルーツ(柑橘類など)を食事の後などに食べるようにして、ビタミンCの補給を意識しています。ビタミンCは熱に弱く、体の中で作ることができない性質があります。また様々な代謝サイクルに使われることも多いので、有効な物質だと思っています。これはインフルエンザにも当てはまると思っています。インフルエンザの場合、喚起と合わせて湿度を保つことも有効な方法です。これは粘膜が乾燥することを防ぎ、喉の粘膜の防御機能を低下させないためです。湿度は加湿器などで50~60%の湿度を保つことが有効になります。日頃の健康意識と運悪くかかってしまった場合は病院の上手な活用(検査時期、薬等)により、大事な健康を維持していくことが最善になると思います。

↑このページのトップヘ