2007年05月18日

20数名の謎。

こんばんは。司馬です。

放置状態になって久しいこのブログですが。
未だに1日平均20数名のアクセスがあるのです。

その殆どは業者さんだと思いますが
いやはや、すみません。。。笑

shiba_uesugi at 19:30|PermalinkComments(12)clip!何でもない日々。 

2007年02月01日

信長の野望 Online アンケート開催中

お久しぶりな司馬です。こんばんは。

先日のメンテ明けより、公式HPで信Onアンケートが開始されました。
期間は2007/1/31(水) 〜 2007/2/21(水)13:30との事。

当然っちゃー当然ですが、何もする気が無いなら
アンケートなんぞしないと思うので、コーエーもまだやる気があるのでしょう。

今の信Onに何らかの不満がある方。
経営/開発陣に、信Onユーザの意見を直接言えるチャンスです。

実際は選択項目ばかりで、直接何かを自分の言葉で
伝えられるような項目は殆ど無かった気がしますが。。

まあ。それはそれで。

日頃、何かを伝えたいと考えてる方は、この機会に
きっちり声を届けましょう!

オイラの周りでは、公式HPすらあまり見てない方が
結構居ます。もしかしたらそう言う方が多いのかも。

と思ったので。
一応ココで記事として扱ってみました。


2006年12月22日

合戦開始。

破天での初合戦。始まりましたね。

上杉座談会としては、方針により
足利家への参戦が決定していますが

同時に、日頃のご恩を少しでもお返ししたい。
との理由から本願寺さんに対して強行等の
直接参戦以外の支援を実施も決定致しました。

日頃のご恩を返せるチャンスです。
言葉だけの決定で無く、確実に行動に移していきましょう。

さて。

気になる合戦の変更点ですが。

武将のグラフィックが変更になっている以外
主だった変更は特に無さそうです。。。

技能で、ターゲットのランダム化。なんてのも
新しく追加されたみたいですし

多少なりとも変化はあると思うのですけどね。

オイラ自身がまだ、破天で武将言って無いので
アルゴ等、不明ですが分かり次第こちらで
記事にしようかと思います。


話はちょっと変わりますが。

合戦に絡む変更点として、
国力回復と軍資金等に関して変更があったようです。

軍事クエストは、虎の皮のクエスト実行可能Lvが
大幅に下がったりしているので

今までのように、国力が回復しにくい状態に
なっているようです。

この辺りも、ちょっと注意して
意識して行きましょう。

そして今週は当家の合戦判定週になります。
座談会の方針は変わっておりませんので

敵対:武田家
戦場:川中島

への献策にご理解・ご協力お願い致しますっ。

時期が時期だけに、人が減ると思いますが
頑張れる人で、頑張っていきましょうっ。

2006年12月20日

破天の章 〜僧兵之武四〜

始まりました。破天の章。

何といっても初めに特筆すべきは
新章突入直後のメンテの少なさ。

いや、これが当然なのでしょうけど。笑

でも飛龍が飛龍だった為に皆さん警戒してたハズ。
今回はコーエーさん。頑張りましたね!

破天の章にて色々追加になりましたが
記事タイトルの通り。

ココでは僧兵特化技能に関するお話を。

【悪霊殲滅】
  既にある技能「悪霊退散」の全体版。
  効果は4ターン位かな?長くは無いです。

  使える場所が限られますが、悪くは無い技能。

【金剛力】
  赤と青の△が自分に付与される技。

  赤△の方は、純粋な攻撃力UPと言うより、
  自分が持っている攻撃力を最大限生かせるようになる。
  と、いった感じな気がします。

  金剛力を使ってから、硬い敵に僧兵連撃すると
  硬くない敵同様のダメージが出ます。


  青△の方は、ぶっちゃけコレを付けてる間に
  殴られなかったので微妙ですが、噂では
  極み1枚分程度の硬さになるとか、ならないとか。

  要は、仁王弁慶状態の硬さって事なのかなぁと。

  罰四結界との併用により、十分、即席盾となれる
  状態なのだと思います。

  合戦でのゲリラでは必須な技能かもしれません。

【阿修羅槍】気合860 ウェイト5
  準備無しの新モーション。

  攻撃によるダメージ+気合攻撃+喝破効果。らしいです。

  が。
  悲しいほどの攻撃力です。寄合い所を見ると通常攻撃力の5倍とも
  気合撃四+αのダメージともありますね。

  まあ、弱い事は確かです。気合を860消費するので
  連発も微妙。何とも微妙な技ではありませんか。。。

  正直、使えない事も無い技ですが、ワザワザ技能スロットを空けて
  この技能にする価値があるのかどうか。。。

  命中率の問題もありますが、喝破効果が無ければ
  気合撃四を使った方が色々な意味でお得そうです。

  敵に活がある、と分かっている場合等では
  使い道もあるのかもですね。

  具体的に言うと、活力大好きな武将とか。。。


という事で、僧兵之武四のお話をしてみました。
僧兵。今回も光は当たりませんでしたね。。。

僧兵ダケでは無く、今回は結構使えない!と言った
技能が各職・各特化で展開されているようで。。

まぁ、破天の章。まだまだ始まったばかりです。

意外な使い道も出てくるかもしれません。
これからじっくりやっていきましょう!

2006年12月12日

飛龍の章

破天の章に関しては、色々な方が先行情報を
出して下さってますし、後数日後には導入なので
置いといて。

飛龍の章。

なんだかんだで、色々ありました。

兎に角、メンテの嵐!

当初、あまりにも情報が少なくて
右往左往した知行。

全くといってよい程作れなかった新装備。

実装が思いっきり遅くなった屋敷。

お金がウハウハだった50↑TD。
同、全然気楽に編成されないTD。

一喜一憂した技能修正。
みんなで泣いた器用パッチ。

存在意義が微妙なアイテム改良。
同、流派。お菊のジャンケン。
同、茶会。

こっそり持ってる音楽盤。

桜の木の下で頑張った意味不明な歌。

足が遅くなって苦労した戦場。

夢にまでみた馬!
すぐ落馬させられた銃撃。

すっかり定着したゲリラ戦法。

みんなで撃った大砲。
突然、敵陣に突撃する武将。

NPCに話しかけると出るグラフィック。

篭る人が続出し、一つの階に
10時間以上居れなくなった星野山。

○連敗!が珍しくないイザナミクエスト。

修正された「目利き」の隊列。

同盟国を利用した遠征合戦。

移籍のリスクが軽減された推挙。

追加になった所作。

バグをどうにかして欲しい私設会話。

個人的に大好きな信書。

どんどん変わる生産レシピ。

新しく親しくなった知人達。
信Onを去って行く仲間達。

・・・。

と、まぁ。思いついた事をダラダラ書いてみました。

色々ありましたねぇ。

破天の章では、どんな事があるかな。
どうにも不安の方が多いのは仕方ないですが。笑

私が信Onを止める前に、一度は僧兵ヒャッホイな
時代になって欲しいものです。。

飛龍の章。お疲れ様でした。

破天の章でも、皆様宜しくお願いします。

2006年12月05日

川中島合戦とカウンター発生

ここ数日。

記事を書きたいと思いつつも、文章が繋がらなかったり
自分で書いてて訳が分からなくなってみたり。

まずは、前回の川中島合戦。

来て下さった援軍の皆様。
本当にありがとうございます。

上杉でも、改めて援軍の心強さ、有り難さを知った。
と言う声を複数耳にしました。

今の上杉家、いわゆるネジレ外交により
色々と動きが取れない状態ではありますが

このご恩。

いつか、言葉だけでは無く行動として
形に表せる時が来ると思います。

今回、何かを感じた方。
それまで、心に留めておきましょう。

さて、実際の合戦としては、武田家による
カウンター発生と言う残念な結果となりました。

これに関し、当家では座談会を開催し
関係各国の動向を考えた結果

再度、同盟両国に対して援軍の要請を行いました。

要請の結果から申しますと、両国共に
要請を引き受けて下さいました。

両国共に、自国合戦や発生が予定されている
妖魔陣を静観しての要請受諾です。

上杉家として、援軍要請を行った国として、
同盟国が自国の行動を止めてまで再度援軍に来て下さる

と言う、事の大きさを改めて認識しなければならないと思います。


まだ、公式BBSに告知は出ていませんが
何処かのタイミングで緊急座談会を開こうと考えております。
(時間や場所等は思案中です)

その場で、川中島合戦に参加しての、援軍さんの感想や
ご指摘・お願い等、直接言われた事や聞いた事を
お話するつもりです。

こちらの人数も限られている中、全部を完璧に
こなすのは当然無理です。

個人的に、重要だと思っているのは前向きな姿勢だと
思っています。

とは言え、これもナカナカに難しいもの。
強制したり、されたり、するもんじゃぁ無いですしね。

今の合戦、負け戦まっしぐらで苦しいです。
どこを見ても敵だらけ。

それでも、負けずに合戦を頑張っている人が居ます。
理由は様々でしょう。

こんな状況でも、援軍に来て下さる方々が居る。
戦場で頑張っている人たちが居る。

まだ、まだ、上杉も捨てたもんじゃ無い。
オイラは、そう思います。

メンテ明けからのカウンター合戦。
是非、一緒に戦いましょう。

最古のウィスキー

以下、ニュース記事より抜粋。

------------------------------------------
ロンドンの競売商ボナムズでこのほど、現存するもので
世界最古とみられる瓶詰ウイスキー(約750ミリリットル)が
1万4850ポンド(約335万円)で落札された。

このウイスキーは1850年代に操業停止した英スコットランドにあった
蒸留所が製造した「グレンエイボン」で、製造から150年以上が
たっているとみられている。

このボトルは、アイルランド在住の家族が7代にわたって
所持していたもの。通常の750ミリリットル瓶より少し細めの珍しい形で、
ガラスの色はオリーブ色。ウイスキー自体は薄い金色をしており、
オールドボトルにしては驚くほど残量が多く、瓶の首まで残っている。
------------------------------------------

また、同時期に以下も発生していた模様。

------------------------------------------
パリ市が賓客接待用に収集した高級ワイン約5000本が
20日から競売にかけられ、当日は最高級のロマネコンティー
1986年産が1本5000ユーロ(約75万円)で競り落とされた
------------------------------------------

いやぁ、凄い。

ウィスキーの方はワンショット(30ml)で約13万4000円。

今が2006年なので、単純計算で1856年。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると
第二次アヘン戦争と呼ばれた清とイギリス・フランス連合軍との
間で起こったアロー戦争が勃発した年。

この年で千葉周作(北辰一刀流剣術開祖)と
ロベルト・シューマン(作曲家)が死去してます。

誕生だとジークムント・フロイト(精神分析学創始者)や
ナポレオン4世(フランス皇太子)が誕生。

日本では、アメリカ初代総領事ハリスが通商条約を結ぶために下田に来航。

そんな時代です。

いやぁ、凄い。

そんな年代のウィスキーが残ってる事自体が脅威なのに
話によると、ボトルの首近くまでウィスキーが残ってる
って話じゃないですか。

これは驚愕です。コルク栓じゃ無いのかもですね。

今回のウィスキー「グレンエイボン」ですが
ぶっちゃけ知りません。

と思ったら1850年代に蒸留所自体が閉鎖した模様。
ただ、蒸留所自体が閉鎖しても酒は残ります。

その酒を企業が買い取って、いわゆるボトラーズとして
世に出しているのですね。

この「グレンエイボン」自体、さっきネットで調べたら
25年物などが普通に売られてました。

まぁ、その売られているものが、今回のものと
同じモノかと言われたら違うと思いますが。

150年前の味。どんなもんでしょうね・・・。

お酒が目の前にあって、その日がボーナス日なら
本気で飲むか飲むまいか悩むと思います。笑

とりあえず。

7代もの間。頑張って保管されていた
アイルランド在住のご家族に乾杯!!

shiba_uesugi at 21:01|PermalinkComments(0)clip!酒の日々。 | 酒の日々。

2006年11月27日

ボンド マティーニ

酒の話。カクテルでもっとも有名なカクテルであるマティーニ。

Bar飲みで拘る人なら、とことん拘るカクテル。
作る側も、頼む側も大事なカクテルとして認知されている。

その影響は、実在の人物だけでは無く
架空の人物までにある。

と、言う事で。

このマティーニを愛する1人に007こと、ジェームズボンドが居ます。

彼のレシピは「ウォッカマティーニをステアせずにシェイクで」
と言うものでした。

マティーニは、元々ジンで作るものですが
彼はウォッカなんですね。

尤も、最近のアメリカ等では、ウォッカが定番になりつつある。
という話ですが。。。

まぁ、そんな、いわゆる「ボンドマティーニ」ですが。

最近のニュースでこんなのがありました。

----------------------------------------------------
[パリ 23日 ロイター] 
人気映画「007」シリーズの最新作「007/カジノ・ロワイヤル」が
公開となって以来、フランスの小さな酒造会社に注文が殺到している。

これまでの作品では、ジェームズ・ボンドは「ウォッカ・マティーニを
ステアせずにシェイクで」と頼むのが定番だったが、今回の新作で
英国人俳優ダニエル・クレイグが演じるボンドは、

ゴードンのジン、ウォッカ、キナ・リレに氷をいれてシェイクし、
薄切りのレモンの皮を添えたカクテルを注文。

以来、アペリティフ(食前酒)のリレを製造する従業員わずか7人の会社に、
米国から商品の注文やカクテルに関する質問が入ってきているという
----------------------------------------------------

凄まじい影響力。

この、「リレ」というお酒なんですが、ぶっちゃけ知りませんです。
Web自体にもあんまり情報が無くて。そりゃぁ問い合わせ
殺到するわなぁ。と言った感じです。

ただ、ワインに何かを漬け込んだりして作ったお酒っぽいですね。

オイラが好きなデュボネのような感じかなぁ。
※デュボネ(ワインにキナ樹皮を加えて樽熟成させた食前酒)

機会があれば、リレ自体はちょっと飲んでみようかなぁと
思った今日この頃でした。

個人的に言うと、オイラはジンが好きでは無いので
マティーニ飲めません。なので変なコダワリはありませんのです。

ジンをラムに変えた、いわゆる「ジャマイカマティーニ」は結構好きですが。

何はともあれ、先代ボンドのピアーズ・ブロスナンから
交代したダニエル・クレイグ。配役が決定した当時は
非難ごーごーでしたが、実際どうなのか。

ちょっと楽しみです。


shiba_uesugi at 23:47|PermalinkComments(18)clip!酒の日々。 | 酒の日々。

2006年11月24日

川中島合戦開始

人、人、人。
久しぶりの500人超えですね。

足利さんも、本願寺さんも沢山来て下さってます。
徒党を作って、果敢に攻めて下さってます。

同盟関係云々で揺れた上杉に対して
個々では色々な思いがあると思います。

でも。それでも、凄い人数の援軍が
来て下さってます。

援軍に来て下さっている方々
心からお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございます。

さて、実際の合戦ですが
相変わらずの劣勢っぷりです。

こっちも色々頑張ってますが
ちょっと混乱気味ですかね。

実際に対話で
「何をしていいか分からない」
なんて声を結構耳にしてます。

そのせいなのか、いつもより
ちょっと砦に居る人の数が多い気がします。

先陣位なら、怪我をした直後でも
行けない事はありません。

防衛等でも結構ですし、幽霊さんの
発見フォローや、大声が出てなければ
大声伝達に回る等など。

色々出来る事はあると思いますので
是非、チャレンジしてみてください。

全体的な感想だと合戦大声や、
転生フォロー等は基本的に出来ている気がします。

ただし、その大声が各私設へ
回ってないかもしれません。

現在は、MAXで上杉私設は3つあります。
徒党を組む際には、各私設へ誰かが
入って情報フォロー等をするようにしましょう。

後、耳にしたのは陣と武将名を一緒に
行って欲しいという件。

ついつい、忘れがちになりますが
この辺りもみんなでフォローしましょうね。

それと、人が多い為に非常にラグいです。

転生や修理等を希望する際は
%mpや%tpを使って確実に
意思表示してみて下さい。

戦場では情報が錯綜します。
転生時間ギリギリで情報発信しても
間に合わない場合がありますので

発信する側も、転生等を受けられるまで
定期的に情報発信して頂けると幸いです。


戦自体は、劣勢ですしキツイです。苦しいです。

が。

キツイ時こそ、笑って楽しくいきましょうや。

この戦を通じて、盟友との絆を強くし
また苦難の階段を一歩上がれるものと

司馬は信じております。

皆さん、最後まで諦めず、頑張りましょうっ。


いざ 川中島!

この記事。水曜日に書いてたんですが
当日掲載できなかったので

今更ですが、一応掲載です。

----------------------------------------------
座談会方針を尊重し、献策して下さった方
また日頃から大声等でお願いをして下さった方

献策に対してご尽力して下さった全ての方々。
本当にご協力ありがとうございまいした。

ここ暫く負けていた、献策合戦に
やっと勝つことが出来ましたね。

みんなの意志で勝ち取ったものだと思います。

と、言う事で本戦です。


今回は、座談会方針により
盟友、本願寺家様、足利家様に対して
正式に援軍要請する事が決定しており

既に、両家公式BBSをお借りしてその旨
お伝えしております。

援軍をお願いし、お迎えする側として
普段より、一層の合戦参加/合戦支援と。
戦場内での転生のフォロー等をしっかりしていきましょう。

また、正式に援軍依頼をした為に
普段上杉の合戦に来られて無い方が
参戦して下さる可能性があります。

場所を指定する際には、陣名と武将名を
一緒に伝えるようにしましょう。

その際、%mpや%tpで実際の
位置を指定出来ると、より親切ですね。

1人で全てをやろうとするのは
大変だと思いますので

気が付いた人が、フォローしていけると良いですね。

苦戦は覚悟の上!
ですが、久しぶりの川中島。

何より、楽しんでいきまっしょい!!

ぁーん。(真似してみた。笑

2006.11.19 座談会のコメント

司馬ブログ始まって以来のコメント数。

色々考えてたんですが
コメントに対してコメント欄で返信すると
また凄い事になりそうなので記事として
返信させて頂きます。

それと、司馬から見て返信が
必要なさそうなコメントは除外させて頂きました。

返信してない方、ゴメンナサイ。

続きを読む

2006年11月20日

2006.11.19 座談会

まずは座談会としての決定方針。

昨日の座談会での話し合いの結果。
メンテ明けより発生する当家合戦に対し

本願寺家殿、足利家殿に正式に援軍要請を
行う事が決定致しました。

同盟、両家とも今週は合戦をされている為
座談会にお邪魔してお願いする。

と言うことは出来ません。

外交窓口役や、両家の公式BBSを通じて
お願いする運びになります。

----------------------------------------

さて。

上記決定がなされた訳ですが。

他家に対し、お願いをしますので当家としても
それなりの覚悟が必要です。

この辺りの話は、座談会では話題に出てましたし
オイラからも説明致しました。

援軍を要請しておいて、自家がグダグダでは
悪い印象を与えてしまい、最悪、今後に影響が
出てしまうでしょう。

逆を言うと、成功すれば一連の騒動や合戦の
敗北続きに終止符を打ち、上杉としてターニング
ポイントとなる事が出来るかもしれません。

勿論、まだまだ辛い戦は続くでしょう。

でも先の希望が見えるような
未来へ続くような戦が出来れば良いですね。


2006年11月16日

何か書きたい気分なのだけど。

言葉が出てこないので、大人しくしてます。笑

2006年11月09日

スナック吉江〜座談会

今週の企画です。

金曜日:私設「スナック吉江」での上杉懇談会
土曜日:国力回復イベント「生産会」
日曜日:座談会


まずは金曜日21時から開催予定の上杉懇談会。

 座談会では物々しくて発言出来ない。と言った事を考慮して
 「ざっくばらんに何でも話そう」をコンセプトにしています。
 ちなみに実質今回で3回目の開催です。

 何処にいても参加が出来るよう、施設会話での会となっています。

 話題は何でも結構です。

 日々、疑問に思っている事や提案等でも良いですし
 ただの雑談でも結構です。


次は土曜日。21時から開催予定の国力回復イベント。

 「合戦により減った武蔵の国力をみんなで回復させよう」
 という趣旨です。

 参加予定の方は、21時に春日山・掲示板前にて集合
 同時に私設会話「スナック吉江」も開設されるそうです。

 内容は虎の皮や納入する生産物の作成等。

 細かい方法等は、当日話し合ったりして決めるのかな。

 残念ながらオイラはこの日は用事がありますので参加できませんが
 お時間ある方、是非ご参加下さいませ。


最後の日曜日。21時から開催予定の座談会。

 現在、メンテ明け前後から盟友・本願寺家に対して敵対票、
 織田家に対して有効票が集中しているようです。

 これは座談会としての決定方針とは違った票の集中です。
 
 この差異を無くし、もう一度上杉座談会としての
 方針決定を決める話し合いをしましょう。

 その他、いくつかの話題を考えてはおりますが
 今回の焦点は上記になるかと思われます。

 今の上杉の状況、決して良いものではありません。
 
 が。

 上杉には、まだまだ力があると思います。
 其の折角の力、集結させねば意味がありません。

 今の上杉を変えたい方、変えるには1人1人の力が必要です。
 是非、思いを声にして下さい。

 座談会への出席が都合で出来ない方、金曜日に開催される
 懇談会で意見をぶつけても問題無いと思います。

 みんなで上杉を変えて行ければ、と思います。
 
 座談会への参加、お待ちしております。


Lv60

ちょっと前の話になりますが。

前回の吉野合戦への援軍参戦中に、
オイラもLv60を迎える事になりました。

強いキャラで強くなっても面白く無い!
と思いつつ、あえて腕力10振りの
僧侶を選んで作成。

βでも、そのスタンスだったのが
肝心の攻撃を外しまくりだったので
耐久を削って器用を6に。

今思えば、器用6振りにして
良かったと心から思います。笑

特化が出来、夢だった僧兵連撃が
撃てた時の喜びはそれはそれは、
嬉しかったのを覚えてます。

そして不遇時代の幕開け。

とは言うものの。

確かに僧兵の技能に関しては
相変わらずの不遇だと思ってますが

個人的に、未だかつて狩に誘われずに
辛い思いをした。という記憶がありません。

有り難い事に、それだけ知人に恵まれた、と言う事だと思います。

ずっと自分の周りは引退とかそういう言葉に
割と無縁だったんですが、ここ暫くのウチに
自らの意志や、他の原因で一気に引退していきました。

寂しい限りではありますが、新しく親しくなった
人たちも、また増えてきました。

ネットの世界、いつ分かれるか分からない世界ではありますが。

「縁」という言葉、大事にして行きたいと思います。


2006.11.08 開発本陣

更新されましたね。

各所で感想等が披露されてますが
ココでも話題として取り上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------
採集・生産制限と体験版仕様変更徒党7人枠に7職業構成のバランスで
3年半の運営を行ってまいりましたが、この先のゲームの進化に幅を
持たせるために、「破天の章」では新職業“傾奇者”を追加いたします。
---------------------------------------------------------------

幅って言った。

今回、8職になるのは散々言われてますが
徒党枠に関する情報がありません。

従来通り7枠なんでしょうかね。

其の場合、専門の役目(盾・矛・気合)等は代用は
出来るもののボス等では技能的にキツイ状況であり
結局枠としてあぶれる職がある程度固定される。

と言う事を改めて把握して欲しいですねぇ。

いい加減、ちゃんとした把握をして欲しいもんです。。


---------------------------------------------------------------
キャラクター作成時の出身地は14勢力の本拠地のみならず、
21カ国全てから選ぶことができるようになります。
これに伴い、勢力ボーナスのシステムも廃止いたします。

キャラクター作成時に、初期仕官勢力によって異なる
ボーナス値が得られ、それにより勢力間に職業の偏りが
生まれることは、意図した仕様ではありましたが、

この“隠れ里”経由の成長ルートを基本とすることを
優先といたします。また、各職業の特化以外の系統別
上位目録の勢力別の差異も廃止いたします。
---------------------------------------------------------------

武蔵・川越出身のキャラが作れるって事ですね!!!
これは個人的に是非とも作りたい・・・。

勢力ボーナスの件は、無くなるのは何となく寂しいですね。
これにより鍛冶が多い国や神職が多い国と言うのが
無くなるという事ですか。

でもボーナスを気にせず好きな国で作れるのは
良いことなのかもですね。

目録差異の廃止。これまた、従来の風習が無くなる訳で
寂しい感じではありますが目録一括管理している身としては
嬉しい限りです。これで丸々1キャラ分の倉庫が空きます!!

ただし、是を廃止すると言う事は機能していたか
していないかは別として、目録とは国としての
魅力だった部分のハズです。

何でも平均化して平等性を増やすのは良いですが
故に国としての魅力が無くなるって事ですよね。

この辺りはフォローして欲しいかな。。
ちょっと具体的にフォロー案が浮かばないですが。

---------------------------------------------------------------
“楽市楽座”は、あまり高額でない非スタックアイテムの売買、
及びスタックアイテムの希望購入に使用されることを想定しており、
高額なアイテムは従来通りの対面販売で、と住み分けができるような
仕様上の調整を行っております。
---------------------------------------------------------------

要はコンビニ感覚って事でしょうな。
日用品は楽市楽座で!みたいな感じ。

是によって、倉庫に貯めては居るものの、売る時間が無い(面倒)な
物とかが多少は流通するのかも知れません。

後は、これにより強壮丹等の購入が比較的楽になるのかな。
これは嬉しい限りですね。

---------------------------------------------------------------
採集・生産制限と体験版仕様変更「破天の章」で潜在能力の
新規項目が追加されますが、取得済みの既存の潜在能力との
取捨選択を可能とするために、「破天の章」リリースと
同時に、全ての既存キャラクターの割り振り済みのポイントを、
一度割り振っていない状態に戻させていただきます。

既存の職業の生産体系を一部見直し、それに対応して
生産に関する潜在能力体系の調整を行ったことがその主な理由です。
---------------------------------------------------------------

頑張って☆へ行って、すでに振りなおしを経験してる方以外は
純粋に喜べるかな?

☆へ行ってしまった方も、拡張でどんな潜在が増えるか
分かりませんから、損な気分にはならないか。

以上、開発本陣の内容をかいつまんでみました。

が。

個人的な関心事である、合戦での変化や外交変動は一切触れず。

少なくとも、今回の拡張が発表された際のムービーでは
東西戦で使われた大砲をぶっ放してますので
何らかの変化はあると思っていたのですが。。

とりあえずは来週のテストサーバへの実装を待つしか無さそうですね。


2006年11月08日

久しぶりにいつものBarへ。

久しぶりにいつものBarへ。

地元に3店舗を展開するグループなお店。

まずはアメリカンタイプのお店へ入る。

3杯飲んだ後、オーセンティックタイプのお店へ。

そのお店で今日は良いフードがある!
と言われたので興味が出て、肉料理をオーダー。

出てきたのは「イベリコ豚のタンの赤ワイン煮」

10cm角はあるだろうか。そんな肉のブロックが5個。
さらにフランスから生地のまま取り寄せて、それを
焼いたというパンが添えてある。

どちらも美味かった!
美味かったけど、内心これは高いのでは!?
と焦る。(値段を聞かずにオーダーした。笑)

予想値段2500円。高くて3000円を覚悟。

で、聞いて見ると何と1400円ナリ。
安すぎない?と聞くと、

「そーなんですよ。2500円位取れそうですよねー。
 まぁ、固定メニューじゃないし、ノリで値段付けちゃいました」

の答え。素晴らしいノリ。君のノリに乾杯。

その後一杯飲んで〆。

いつもは先に入ったアメリカンタイプなお店に軍配が
上がるのだけど、今日は後のお店が勝ち。

何でもそうだけど、やっぱり向上心は
大切だなぁと思った酒の日々でした。

満足、満足。

----------------
今宵の酒

ガルフストリーム×2
マンゴーベリーニ×1
アイリッシュウィスキー×1

Edradour 10y ×1(ロックグラスにたっぷり)
(エドラダワー)

今宵のご飯

イベリコ豚のタン(舌)の赤ワイン煮(+ パン)×1

お代、約5500円也


shiba_uesugi at 22:23|PermalinkComments(0)clip!酒の日々。 | 酒の日々。

三増峠合戦終了

今回の合戦、殿の敗走という信Onの歴史に残る
事態を許してしまいました。

上杉家は今、色々な問題や課題があると思います。
また、各々、不満や言いたいことの一つや二つあるでしょう。

まずは、その不満や言いたいことから解決していきましょう。

今、上杉という国がどうなっていて、どういう問題があり、
各々がどういう考えをしているのか、まずはそれを知り、
みんなで解決しませんか。

何をするにも、各々の考えがバラバラでは何も出来ません。

例え、話し合いの結果、意見がまとまらなくても
それはそれで仕方が無いと思います。

大事なのは、各々が何を考えているのかを知る
という部分だと個人的は思っています。

週末開催予定の座談会では、時間が許す限り、
そんな話が出来れば良いと思っています。
(ちなみに土曜日はLiveで居ません。笑)

最後になりましたが、
合戦に参加した皆さんお疲れ様でした。

劣勢にも関らず、援軍に来て下さっている皆様
本当にありがとうございます。


2006年11月04日

無念。

悔しさをバネにして、這い上がりましょう。

今はそれが全て。



2006年11月01日

日本人フレアバーテンダー、国際大会3位に。

個人的な息抜き話。

最近ジワジワと飲食業界においてその存在が認知され、
表に出てきた感があるフレアバーテンダー。

新規オープンのダイニングなんかでは、日本でも段々と
Barカウンターが設置され、ウエイティングなんかで使われて来ているようですが。

また、フレアをメインとしたBarが新規オープンしつつあるのも事実。
ただし、フレアの性格上、ガールズバーの様なちょっと盛り上がりが
必要な場所での活躍が目立ちます。

何にせよ、Bar業界が賑わうのは嬉しい事です。

何度か取り上げてますが、「フレアバーテンダー」とは何ぞ?ですが
お酒を作る際に、パフォーマンスをしながら作るバーテンダーという感じです。

日本では

NBA(日本バーテンダーズ協会):Bar業界全体の協会
HBA(ホテルバーメンズ協会):ホテルBarに特化した協会

があるのですが、確か10年程前だったか、新たに
FBA(日本フレアバーテンダーズ協会):フレアに特化した協会

が設立されました。

比較的、まだ新しい協会だと思いますし苦労も
あったかと思われますが、ココに来て苦労が報われた情報が。

---------------------------------------------------
米国・オーランドで開催されたフレア・バーテンディング世界大会
「QUEST 2006」は、現地時間10月25日夜にファイナルが行なわれ、

日本から出場した前田知憲(ともひろ)選手が日本人選手の
世界大会としては過去最高位タイ、自身では今年春の世界大会
「Legends 8」に続き2度目となる世界3位に入賞しました。
---------------------------------------------------

アメリカはフレア発祥の地です。そしてフレアバーテンディングは
世界的に見ると日本よりも認知度は高い。

そんなアメリカで開催された世界大会で3位の快挙。

さらに調べて見ると

---------------------------------------------------
韓国でフレア・バーテンディング国際大会「Gold Shake Cup」が
9月16日〜17日に開催され、タンデム部門に出場した
矢吹昌也選手と羽田善行選手のチームが優勝。

タンデム・フレアの国際大会において、日本人として初めての
優勝となりました。
---------------------------------------------------

素晴らしいですな。

上の記事で紹介した、前田さん。実は御兄弟で
フレアバーテンダーをされているそうで。

さらに探したらこんな記事もありました。

---------------------------------------------------
韓国焼酎「JINRO」のテレビCMに前田兄弟が出演。
10月28日(土)からオンエア

眞露ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:韓徳昊)は、
焼酎「JINRO(ジンロ)」の新たなテレビCMとして、「練習篇」、
「バー篇」を、2006年10月28日(土)から放映します。

新テレビCMは、この新スローガンの下、「JINROくん」という
新たなキャラクターを起用しました。

「JINROくん」は、フレア・バーテンダーー日本代表として
世界大会で3位の実力を持つ前田知憲氏に師事し、
世界のトップランカーとしてボトルやシェイカーを操り、踊りや音楽で
演出したカクテル作りのパフォーマンスを行います。
---------------------------------------------------

何故ジンロなのか。
まぁ、路線拡大と言った感じなのでしょうけど。

兎に角、そんなCMが流れるそーです。
フレアを見る良い機会ですな。

これで普段Barへ行かない方の目に止まり
認識度が上がるといいですね。

個人的に、オーセンティックBarでのバーテンダーの動きを
見てるだけで十分楽しいのでフレアは関心ないのですが
業界として、頑張って欲しいです。


shiba_uesugi at 01:12|PermalinkComments(0)clip!酒の日々。 | 酒の日々。