こうしてあっという間に2週間が過ぎた。芝ちゃんはというと、あま噛みは相変わらずだが少しは噛む力が弱くはなっていた。しかし、興奮しやすく嫌なことをされると(爪切りなど)唸る・噛む・大暴れ…これはなかなか改善されなかった少しずつは良くなっているので、このまま様子を見てみようとも思ったが、この先芝ちゃんとは長い付き合いになるし、子犬の大事な時期にしっかり訓練をした方が良いのでは…あとあと後悔しても遅いかも…と思い、やはりパピー訓練をお願いすることにした
 4週間のパピー訓練。料金は65000どこのドックスクールも託児訓練は同じような料金であった。65000…大金である…でももう迷いはなかった。自分のおこずかいを削ってでもお願いしたいと思った。この芝ちゃんの本気噛みは深刻な問題のように私は受け止めていたからだ
 お願いするパピー訓練の内容は、子犬の社会化期に学ぶべき大切な訓練〜例えば、他の犬と過ごし、その生活の中で噛んではいけないことを学んだりする。子犬は親や兄弟と共に過ごす中で、犬社会の社会化期を学ぶものだが、ペットショップで売られているわんこのほとんどはこの社会化期を親や兄弟と過ごせないまま・学ぶことのできないまま売られてしまうのである。だからと言って全てのわんこがみんな問題行動をとるわけではないと思う。そのわんこの性格・性質が大きく関わってくるんだと思う私は動物に関して全く知識はないが、この芝ちゃんは「並大抵のエネルギーではない…人間との遊びじゃエネルギーがあり余っている…犬同士の社会で一度もまれたほうが絶対良いきっと成長できる」そう確信していた。
 そんな訳で2月26日、芝ちゃんは4週間のながーい修行に旅立ったのでした「いってらっしゃーい芝ちゃんがんばれー」と元気に送り出したものの、芝ちゃんのいないもぬけの殻のゲージを見て早くも「寂しい…」としょぼんとしてしまった…4週間も耐えられるの?自問自答してしまった先が思いやられます    つづくにっこりゴロンなに?