2005年10月15日

ROAの問題(10.12.2005)の答え

こんばんは。

お待たせしました。
本日は、12日に掲載したROAの問題の答えと、その続きです。
では、どうぞお楽しみください。

=================================
Oct.12.2005より続き

               :

 こたえ⇒ A社のROAは、< 7.5%>である。

      計算式:36億円(当期純利益)÷480億円(総資産)×100%



【2】 優良上場企業のROAを目標にしよう!


 参考までに、ランキング上位に位置する有名な上場企業のROAの例

を挙げると、ヤフーの38.14%(第3位)、セブンイレブンジャパンの

10.72%(第59位)などがあります。(Yahoo!ファイナンスより)


 勝ち組企業を目指すなら、10%が現実的な達成目標となるでしょう!

 もちろん、それには、ROA計算式の分子(利益)の増加と同時に、

分母の総資産のスリム化が、ぜひとも必要となります。

 どうやったら、利益の増加&総資産のスリム化が図れるかは、今後、機会が

あるごとに、少しずつ勉強していきましょう。


    ――――――――――――――――――――――――
                                
       目指せ!セブンイレブンのROA「10%」!!   
                                
    ――――――――――――――――――――――――




【3】 上場企業の業績と予測情報を早く知りたい時は、「決算短信」です!

 みなさんが良くご存知の会社は、だいたいが東京証券取引所をはじめとする
証券取引所(公設の売買市場)に株が上場され、公に取引されています。

 証券取引所に上場すると、会社の知名度・信用力が上がると同時に、
会社の株価(発行している株式の価値)も大幅に上昇するのが一般的です。

 したがって、ある程度の規模の会社(たとえば、年商100億円以上など)
になると、やはり、ひとつの将来的な目標として掲げられることも多いです。
 この、株式公開に当たっては、証券会社、それに我々公認会計士も、おおい
に手助けをします。

 なお、いったん上場されたら、公の市場で取引されるのですから、
株を発行する上場企業は、証券取引法という厳しい法律に従って、
情報開示(ディスクロージャー)をしなければなりません。

 上場企業は、様々な形で決算を公表したりしています。

 たとえば、3月決算の会社は、だいたい、株主総会の日に合わせて、
6月下旬に有価証券報告書という詳細な決算報告書を公開します。
 いまでは、会社のホームページにアクセスすると、パソコンで見れるように
なりました。
 ちょっと昔までは、兜町に行かなければ見れなかったのですから、
ほんとうに、情報伝達のレベルは短期間ですごく向上しています。


 ただ、3月に決算を締めて、その結果を公表するのが3ヵ月後では、少し
スピードに欠けます。

 そこで、証券取引所に上場している企業は、「決算短信」という決算の
速報情報を、だいたい4月〜5月の間に公表します。
 つまり、有価証券報告書という決算報告書よりも、1ヶ月以上早く決算
情報を見る事ができるのです(スピード情報なので、時には、やや正確性に
目をつぶらざるを得ないこともありますが…)。

 そこには、次の年度の予測数字も盛り込まれていますから、決算分析を
迅速に行いたい人には、非常にありがたい情報となっています。

 今は6月ですから、3月決算の会社は、ちょうど短信を出し終わっている
頃ですね。という訳で、今、旬な財務の話題でした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【記載例(一部)】 

 平成○月○月期   決算短信(連結)   平成○○年○○月○○日

 上場会社名  ABC株式会社                                       上場取引所
 コード番号     ××××                   
 本社所在都道府県
 
1.○年○月期の連結業績(平成○○年○○月○○日〜平成○○年○○月○○日)

  (1)連結経営成績
        売上高      営業利益       経常利益
         百万円 %     百万円 %     百万円 %
○年○月期  6000 20   660 10    450 25

×年×月期  5000 ××   600 ××    360 ××

         :         :        :
         :         :        :


2.○年○月期の連結業績予想
  (平成○○年○○月○○日〜平成○○年○○月○○日)

      売上高    経常利益     当期純利益
      百万円     百万円       百万円
中間期  3200    230      150

通 期  6800    500      350

(参考)1株当たり予想当期純利益(通期) ○円 ○銭

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(※テキスト形式で表示している関係上、実際の決算短信とは、若干表示が異なり
  ます。ご注意下さい。)


 上記2.の「業績予想」など、非常に情報としては興味深いところです。
 なぜなら、経営者の意気込みが、そこに読み取れるからです!
 なお、後日、状況が変われば、会社は、業績修正の発表を行わなければなり
ません。したがって、おいそれと、いい加減な予想はしていないのです!

 「財務情報は、予測に役立たなければならない!」


 以上、本日はここまでといたします。

 また次号をお楽しみに!
shibachanlog at 21:55|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年10月13日

 ◆ 自分の原点を探して 〜 大学時代の曲折と、公認会計士への挑戦(後編)〜

さて、11日(おととい)の夕方にアップした臨時ショートストーリーの後編です。
おさらいの為に、昨日のお話(前編)を先にお読みになるのも
結構かと思います。

では、後編をどうぞ。
==============================
                :
その間回ったお宅の数は、約20件×14日=280件以上です。

実に、280回以上も、トライ&エラーを繰り返しました。
(エジソンの1万回には、まだ程遠いですが…)


さすがにへこみました。

ただ、なぜ自分が売れないのかわからず、とうとう社長に、自分の営業ノート
を見せ、相談しました。
2週間も売れずに、会社の名簿や文房具などのコストを無駄に浪費しているの
だから、もしかして切られるかも、という覚悟も半分含んでの相談でした。
そして、社長の回答は、次のとおりでした。

「ああ、柴ちゃんの場合、動きに無駄があるんだけど、自己分析をしつこくや
っている成果が出てきていて、行動パターンがだんだん改善されてきているか
ら、もう少しガマンしてごらん。たぶん、急に売れるようになるよ。」

…ホンマかいな。

かなり半信半疑でした。
からかわれているかも、と思ったのです。

しかし、その翌日、いきなり奇跡が起こりました。
これが、いわゆる「ブレイク・スルー」というやつなのでしょうか。

ベテランの営業マンでもなかなかできないダブル(1日2本の契約)を、
いきなり取ったのです。

つまり、2週間前までは、営業のえの字も知らなかった素人の大学生が、
突然、1日に60万円以上の高額商品の契約を取ってしまったのです。

わけがわかりませんでした。
「まぐれか?」

社長は、ほれ見たことか、といわんばかりに勝ち誇ったかおで私を見て
いました。

そのときは、皆目わかりませんでしたが、その後、初めて契約したお客さん
のところに、届いた教材の説明をしにいったとき、ヒントをもらったのです。

教材をあけて、それぞれの使い方を説明した後、お母さんが、一息入れて
私に話しかけました。

「これで、難しい話は終わったんだよね。じゃあ、もう時間もなんだし、
 家で晩御飯、食べていきなよ。」

思いがけない申し出に、一瞬戸惑いましたが、断る理由もなく、ご一緒させて
いただくことにしました。

そして、ご飯を食べているときに、お母さんが、なぜ、私から30万円以上も
する教材を購入したか、について教えてくれました。

「私はね、あんたに惚れて、あんたを信用して、この教材を買ったんだよ。
 だって、会社の規定では、1回問題を配ったら、そのあと1回だけ教えに
 来てくれる、という約束だったでしょ。
 でも、あんたはそんな会社の約束とは関係なしに、うちの子に一生懸命
 勉強を教えてくれたじゃない。あんたに教わっているときに、うちの子、
 すごく嬉しそうだったから…
 やっぱり、子供はかわいいのよ。
 それで、この後も、うちの子を見てやってくれる?
 授業料を払っても良いからさ。」

このときの気持ち、わかっていただけますよね。

帰りの車の中で、ほんとうに泣けました。
それまでの2週間がきつかっただけに、最高に胸が熱くなりました。
そして、
大学生のときに、一生懸命になって、泣けるほどうち込めるような事に
出会えたのは、なにより幸せでした。
そのときの経験は、その後の会計士受験や、独立開業に、不可欠なもの
となったのです。

   当時の自分にとっては、壮大な「トライ&エラー」
   そして、大きな喜びと感謝と自信。

このときです!

営業という、奥深い営みの入り口が少し見えた気がしたのは。

だから、たとえ千円でも、人様の懐から支払っていただく、という行為への
プロセスに、妥協があってはならないのですね。


以上の思い入れがあるから、最初の話に戻りますが、入金記録の音は、
信頼の音だと、思うわけです。

そして、信頼していただけるという実感は、何より嬉しい。

だから、もっと頑張れる。

今回、すでに多くの方にご支持いただいているセレクト版CDは、
会計・財務分析の基本理論と、日経新聞の記事でどのように扱われるかに
ついて、解説しました。
http://bokikaikei.net/memorial04-05CD.html

これをベースにすると、今後、株式投資でいかに資金を回収しやすい
割安な銘柄を見つけるか、とか、経営者の視点のキャッシュを生む財務分析、
営業担当者の視点の、取引先の信用調査としての財務分析など、真に実用的な
用途へのテイクオフ(離陸)が、スムーズに行きます。

低成長時代の資産運用は、「自己投資と現実のキャッシュ回収」を、強く
意識することから始まります。

飲み会1回、パチンコ1回という、消費行為にかかるお金はいくらですか?

そのうち、毎月1回くらいは、自分の脳みその為に投資することは、豊かな
人生を送る上で、ものすごく大事だと思います。

小手先ではない、自分だけのしっかりとした「コンセプト」を、
ぜひ、日ごろから惜しまず、磨き続けてください。

そのお手伝いが少しでもできれば、幸いです。

共に、大きな価値観を持ちましょう!

shibachanlog at 22:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年10月12日

■ROAという、基本的な財務分析指標について。

【1】 財務分析の基本ツール「ROA」


 ROA(Return On Assets) という財務指標があります。

 これは、「総資産利益率」とも呼ばれています。

 簡単に言うと、「バランス・シートの総資産に対して、何%の利益を

生み出す力があるか?」という問に答える財務分析の方法ですね。

 では、以下に、カンタンなROAの説明をいたします。

 たとえば、定期預金しかないような、もの凄い会社を想像してみましょう。

 しかも、その額、100億円!

 ちなみに、この定期預金は、一年満期で、利息を5億円としましょう!

(もちろん、いまどき、こんな高金利の預金はお目にかかれませんが…)



☆定期預金を預けた時の貸借対照表;B/S(単位:億円)



     貸借対照表(ストック)☆           

  ―――――――――――――――  

 |定期預金100|金銭債務  0  |   

 |         |           |    

 |金銭債権  0|           | 

 |         |資 本 金100   |

 |商品在庫  0|______ _|

 |         |          

 |設  備  0 |利  益  0 

 |         |         

  ―――――― |―――――――    

  総 資 産100 |負債資本100

      ===       ===



☆定期預金を預けて、一年後の貸借対照表;B/S(単位:億円)





     貸借対照表(ストック)☆           

  ―――――――――――――――  

 |定期預金105|金銭債務  0  |   

 |         |           |    

 |金銭債権  0|           | 

 |         |資 本 金100   |

 |商品在庫  0|_____ __|

 |         |          

 |設  備  0 |利  益  5    ←●

 |         |              |

  ――――― ―|―――――――   | 

  総 資 産105 |負債資本105     | 

      ===        ===    |  損益計算書(フロー)★


                          | ――――――――――


                          |   受取利息  5


                          |

                          |   必要経費  0


                          | ――――――――――

                          ●―― 利  益  5


                             ==========

                    



 ここで、一年前の定期預金の元本100億円に対して、一年間の利益は、

5%の受取利息5億円である、ということは明らかですね。

 この場合、総資産に対する利益の割合、つまりROAを「5%」と

考えれば、よいわけです。



 なお、実際に財務分析をするときは、ある程度計算の仕方は柔軟です。

 たとえば、上記の事例なら、(当期の利益÷期首の総資産)としています。



 しかし、実際には、「前年末と当期末の平均総資産額と比較する」と考え、



(当期の利益÷平均総資産)の計算式を使うとか、



あるいは、前期と当期で総資産に大きな変動がなければ、(当期の利益÷

期末の総資産)の計算式を使っても、それほど分析上の支障はなかったりします。

(注:平均総資産=(期首総資産+期末総資産)÷2)







          ★★★  計算例  ★★★



 つぎの貸借対照表と損益計算書の情報から、A社のROAを計算しましょう。



 なお、ROAの計算式は、次のとおりとします。



 < ROA=(当期純利益÷総資産)×100% >





【 資 料 】



 A社の財務情報



                貸借対照表   (単位:億円)

       ―――――――――――――――――――

      |現 金 預 金 180|短 期 借 入 金  90| 

      |             |              |

      |売  掛  金 200 |資  本  金  200|

      |             |―――――――――

      |建     物 100 |当期未処分利益190 ←←

       ―――――――――|―――――――――    ↑

         総資産   480 | 負債・資本   480  
               ===           === 
                                     
                損益計算書   (単位:億円)    
      ――――――――――――――――――――――
      1売  上  高                500   
      2売 上 原 価                350    
      3販売費及び一般管理費           95    
                 ――――――――――――――
          営 業 利 益             55  
      4営 業 外 収 益                16  
      5営 業 外 費 用                11  
                 ―――――――――――――                         
         経 常 利 益             60     
          法人税、住民税及び事業税     24     
                 ―――――――――――――― 
          当 期 純 利 益             36  
          前期繰越利益            154   
                 ―――――――――――――  ↑
          当期未処分利益(処分可能利益) 190   →→
                 =============



   ※当期未処分利益とは、当決算日現在で蓄積されている利益の額です。





  ● ⇒ A社のROAは、<    %>である。





…では、答えは、次回のお楽しみということにしましょう。

  ――――――――――――――――――――――――――――――――



2005年10月11日

◆自分の原点を探して 〜大学時代の曲折と、公認会計士への挑戦(前編)〜

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                臨時ショートストーリー号

【CONTENTS】


◆自分の原点を探して 〜大学時代の曲折と、公認会計士への挑戦(前編)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんばんは。
いかがお過ごしですか?柴山です。

今日、
銀行に用事があったので、解説版CDの入金用口座の記帳をしました。

「ジージジジジジ…」

しばらく鳴り止まない音を聞いていると、もちろん正直うれしいです。
いえ、お金が増えることではなくて、
「信頼が積み重ねられている」音が、です。(※ここは、凄く重要です。)

お申込いただいた方にとっては、貴重な財産であるお金を、私の教材の為に
投資してくれたのです。

これまで一年間、一生懸命メルマガ発行をし、コミュニケーションを取り、
信頼関係を育んできた一つの証明が目の前でなされていることが、一番嬉しい。

理屈から言えば、約5千円の投資は、将来、充分回収できるように配慮して、
教材を選定していますから、もちろん申し込まれた方にベネフィット(利益)
を提供できるように、最善を尽くしています。
http://bokikaikei.net/memorial04-05CD.html

でも、事業というのはそんな小さな損得の問題だけじゃない。

私が生まれた昭和40年頃は、カラーテレビも全自動の洗濯機も、ましてや
電子レンジなどというものは、見たこともなかったです。
当然、コンピューターなど、超一流の会社の占有物でした。
まだまだ、モノが全然不足していて、ちょっと便利なものが市場に出てくると、
すぐに飛ぶように売れた「古きよき(?)時代」です。
だから、昭和の時代の営業スタイルと、平成の営業スタイルは、まったく違い
ます。(私は、大学時代、昭和の営業スタイルの残骸を、叩き込まれました。)

その頃に比べると、今は平均的な家庭でさえ、当時は絶対に手に入らなかった
モノが、おこずかい程度の出費で手に入る時代です。
完全に、人は、モノに関しては、満たされています(少なくとも、私はそう
信じています。)。

そんな時代に必要なのは、「モノより、価値観やかけがえのない思い出」です。

年収300万時代がどうとか言われていますが、30年前は、月収2-3万、
年収が30万です。
桁が一つ違う。
そして、その間のものの値段は、たとえばかけそば一杯が、当時は90円でした
が、今は300円くらいですよね。
一桁上の900円にはなってないですよね。

日本人は、ぜんぜん貧しくなってません。
むしろ、生活水準は、めちゃめちゃ上がってます。
もう、贅沢に慣れて、あの頃に戻れない、という感覚があるだけです。
それが、しらずしらず、「より楽をして、いい暮らしを手に入れたい」と
いう価値観に慣らされる時代背景の温床になっている、という気がするの
ですね、私は。


…なんでこんな話をしたのか。

最近、あまりにも「楽して儲ける」式の話が横行していると思いませんか?

だから、私は、そんな書店や情報販売の流行に釘を刺したい。
みんなそう考えるようになったら、将来、危ないと思えるからです。


  「そんなおいしい話は、世の中のどこを探しても、ありえない。」と。


やはり、ビジネスの基本は、

「時間をかけて、自分と周りとの価値観を共有し、信頼関係を育てること。」

それでこそ、

「はじめて財・サービスと貴重な財産とのハッピーな交換が成り立つ」

のだと思います。


それを、身をもって学ばせてもらったのが、大学時代です。

(注)本メルマガは、数ある柴山の原点の一つを、この機会にあなたに知って
   いただきたくて、書きました。
   なぜなら、これまで以上に、私という人間の源流を少しずつお見せする
   ことが、これからのコミュニケーション向上に、欠かせないと思ったか
   らです。
   もしかして、これで読者数が減少するかもしれませんが、ある程度は、
   覚悟の上で、書くことにしました。
   信頼できる方にもっと理解を深めてもらう方が大事だと思ったからです。


…いまから17年前、大学3年の頃のことです。
当時、毎日のように、ろくに授業にも出ず、バイトとマージャンとサークルに明け暮れていた
私は、鬱々とした毎日を変えたいと思い、池袋で新しい
アルバイトを始めました。

教材の訪問販売です。

「なぜ、そこに行く?」という読者の方々のツッコミが予想されます。

理由は、

「若さと安直さ。」です。

その頃、フロムエーで求人広告を見ていたら、

「試験用紙の配布・回収」という見出しがありました。

給料も悪くなさそうだし、会場で試験監督のような仕事なら、らくだと思ったか
らです。

電話で応募して、説明会に行ってから、「やられた」と思いました。

「試験用紙」は、「販促のためのサンプル問題」、

「配布」は、「名簿を見て、小6〜中2の家庭に飛び込みで問題を渡すこと」、

「回収」は、「数日後、約束した日時に再訪し、簡易家庭教師のデモ&営業」。

つまり、1本30万円以上の中学生向け教材の訪問販売です。

ただ、教材の作成会社は、名の通ったしっかりしたところなので、上手に使え
ばそれなりに役に立つものではあります。

ただ、なにせ商品が30万円以上と高い。

「ほとんど初対面の人に、ホントに売れるんかいな?」と思いますよね。

結論から言います。

100件回って、2件売れれば上等です。(売れるところがあるのです…)

逆に言えば、「100件まわって、98件は拒絶される」。。。

時には、50件くらい連続で「いらない。」といわれることもある。

(↓)たとえば、こんな感じです。


ピンポーン♪

「こんにちは〜!この近所の小学6年生の子供たちに、無料で15分家庭教師
 をやってます!この機会にいかがですか?」

「…なにそれ、うちはいらないわよ。(めんどくさそうに)」
「うちはいいわよ。」
「なに、教材の営業でしょ?」
「今、手が離せないから。」
「大きな声、出さないでくれる?」
「…(無言)」
「二度とくんじゃないわよ!(これは、きつかったです。)」


これが、50連発くらい続くと、まるで自分の人格を否定されたような気持ち
になり、


      うわあああああああああああ…


と、発狂しそうになります。


ただ、根気良く回っていれば、1日10件ずつ訪問したとしても、ある程度の
要領のある人ならば、1週間くらいで1本くらい売れるお宅にあたるので、ま
だ救いはあるのですが、
私は、

            二週間、売上ゼロ

でした。

二週間目に、すごく感触の良かった家も、あとになって、そのお宅が入ってい
る新興宗教への入信と引き換えとわかったので、さすがにそれはきついと思い、
こちらから契約を断る、という前代未聞の状況になったりしたわけです。


その間回ったお宅の数は、約20件×14日=280件以上です。

実に、280回以上も、トライ&エラーを繰り返しました。
(エジソンの1万回には、まだ程遠いですが…)


さすがにへこみました。

ただ、なぜ自分が売れないのかわからず、とうとう社長に、自分の営業ノート
を見せ、相談しました。
2週間も売れずに、会社の名簿や文房具などのコストを無駄に浪費しているの
だから、もしかして切られるかも、という覚悟も半分含んでの相談でした。
そして、社長の回答は、次のとおりでした。

「ああ、柴ちゃんの場合、動きに無駄があるんだけど、自己分析をしつこくや
っている成果が出てきていて、行動パターンがだんだん改善されてきているか
ら、もう少しガマンしてごらん。たぶん、急に売れるようになるよ。」

…ホンマかいな。

かなり半信半疑でした。
からかわれているかも、と思ったのです。

しかし、その翌日、いきなり奇跡が起こりました。
これが、いわゆる「ブレイク・スルー」というやつなのでしょうか…

(明日に続く)



2005年10月10日

今日で、「3日で3級」という、奇跡の特訓セミナー、大好評のうちに終了しました。(疲)

ふう〜!
この3連休は、Wセミナーという専門学校で、
「3日で3級」という特別セミナーをやりました。

1日7時間×3日という、完全スパルタセミナーですが、

これがなんと、簿記系では一番の売れ筋講座だというんだから、

「標準講座、がんばらんかい〜!!!!!」
と、他のスタッフ・講師さんには、活を入れたくなります(笑)。

ちなみに、3日で3級というのは、

本当に、
初日の朝には簿記の知識ゼロからはじめて、3日目には、
試算表やら総勘定元帳やら決算書やらを、みんなせっせと
作ってしまう、

という、はっきりいって、奇跡を毎回起こしている講座です。

「人間の能力って、凄いなー」っと、講師の癖に、
嬉々として電卓を叩き、簿記の技術を3日目であやつる
生徒を、とっても他人事のように、
客観的に見てしまいます。

だって、


減価償却とか、
貸し倒れの見積もりとか、
有価証券の期末評価とか、

3日前にはど素人だった人が、
せっせと処理しているんですよ。

「俺って、ひょっとして天才!!?」

っと、錯覚してしまいそうなほど、すごい講座ですよ。

ともあれ、明日から、また仕事ですね。

おたがい、体に気をつけて、頑張りましょう。

これから、メルマガ、書きます。

では。

5分でわかる!ベテラン公認会計士が教える会計知識のイロハ

これから、会計ブログを始めます。

どんな内容になるか、自分でも今からとっても楽しみ!!

今後とも、どうぞよろしくお願いします。