2016年08月25日

フリージング 1〜29巻


フリージング 1

Kindleの読み放題にあったので読んでみました。

アニメ版を観ていたので、続きが気になっていたんですよね。
でも買う気にはイマイチなれなかったので、読み放題のサービスにあったのは嬉しかったですわ。

内容的には、戦闘モノですね。
女の子達が戦って戦って戦い抜いていく話ですから。

というか、途中から強さのインフレが凄まじくなっていて、次から次へと強い敵が出てきては主人公側がそれを上回る力を発揮し、すぐさまそれを上回る敵が現れる、という展開になっているので少々苦笑してしまいました。

いや、バトル物だとそういうのって普通なんですけど、何か途中から展開速度があまりに速くなっている感じがしたもので。
おそらく真の敵を明かす流れに話が進んできたので、その敵に対抗出来る強さを持たせる必要があったからなんではないかと思っておりますが。

でももうちょっとゆっくりでも良かったんじゃないかなぁ、と。
まあ、楽しいからいいんですけど。

最近の巻では、主人公であるカズヤの家にまつわる過去話が出てくるのですが、これがまあ何ともドロドロしてまして、凄く萌えましたわ。
ドロドロしてるの大好きなもんで。

以前描かれたサテライザー先輩の家庭事情も酷かったですが、こちらの方がもっと凄まじく酷かったです。
何しろ三世代に渡る酷さですからねぇ。
いやはや楽しめましたよ。

というか、私が原作を読みたいと思ったのも、こうしたドロドロを求めてなので凄く嬉しかったですわ。
予想していた以上のものだったので大喜びです。
まさに私の趣味に合いまくり。

私の趣味という意味では、ヒロインの設定からして年上女性ですからね。
お姉さんがヒロイン。
私の大好物です。

あまり無いんですよねそういう作品って。
ゆえに凄く嬉しいのですな。

しかも主人公達だけじゃなく、出てくるカップルは女性が年上の組み合わせばかりですし。
それ以上に凄いのが、登場する女性自体が主人公より年上ばかりという事ですな。

最初の頃は同級生の女の子が出てましたが、今じゃ年上ばかりですから。
何とも強烈なのですよ。

しかも美人でナイスバディなお姉様が多い。
サテライザー先輩などは、ヒロインだけあって凄まじく綺麗な体してますしね。
時折シャワーシーンなどが出てくると、芸術作品のように見事な裸身が見られますゆえ。
凹凸が子供ボディではなく、大人ボディなのが実にたまりません。

ここら辺に作者さんの趣味が現れているように思えましたわ。
何しろこういう大人ボディの女性をヒロインにしようとは普通考えないでしょうから。
というか、編集がよくも許してくれたものです。
あまり一般ウケしそうにありませんからねぇ。

普通だとサテライザー先輩みたいなタイプは脇役でしょう。
脇役の素敵な先輩って役柄なのが一般的だと思うのですよ。
それがこの作品だとヒロインな訳です。
ああ、素晴らしい。

考えてみるとこの作品って、肉体的な意味において男が理想とする女性像を描いているように思えますね。
しかも男が年下になる設定を入れている点からして、エディプスコンプレックスの発露も入っている感じですし。

幼い頃に男であれば誰もが抱いた、理想的な年上女性を手に入れたいとする欲求。
それを描いているというか。

エディプスコンプレックスの場合、手に入れられないがゆえに自立していく訳ですが、この作品では自立というより、代替物として年上女性を恋人にする事で解消しているように思えます。
母親ではなく姉に対する想いとしてですけど。

特にそれが現れているのが、カズヤとルイスというシスコンの存在。
どちらも理想的な年上女性として姉を愛していますので。
まあ、ルイスの場合、そのせいで歪み、サテライザー先輩に酷いことをしてしまう訳ですが。

この作品って、読んでいる最中は戦闘描写で楽しんでいたのですが、落ち着いて分析してみると、何ともエディプスコンプレックスにまみれた作品というのが分かりました。
アニメ版を観ている時も、年上女性を推す作りにそういう部分を感じてはいたのですが、原作を読んでみたら、もっととんでもなかったですので。

最近の話だと、母親ネタまで絡んできてますしね。
まさに絶好調って感じですわ。
エディプスコンプレックスに突き進む作品って感じです。

しかもカズヤの能力がとんでもない事になってて大騒ぎですよ。
まさに年上女性のハーレムを構築するための能力というか。
ルイスの行為なんて子供だましに思えてくる感じでしたからねぇ。
いやはや、驚くと共に大喜びです。

ようやく主人公のカズヤが話のメインになってきたという感じで、主人公が活躍するのが好きな私としては楽しくなってきました。
今後新刊が出たら、読み放題に入らなくても買って読んじゃいますわ。


試し読みはこちらから。

shibachi1 at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画感想 

2016年08月24日

2016夏 視聴アニメの感想 その8

「クロムクロ」(20話)

由希奈が裸じゃないのは本当におかしい(しつこい)
いやだってもし裸だったら、今回の由希奈の描写は全て素晴らしいことになってた訳ですからね。
是非とも見たかったでありますよ。

取り敢えず今回分かったのは、由希奈と姫さまを判別するのは髪の長さだけでなく、胸の大きさでも可という事でした(笑)

座っている姿が美しいソフィーちゃん。
やはり姿勢が良いという事は美しさになるのだな。

前回の過去の映像に疑問を抱いた姫さまは、裏切り者扱いされてしまうのでした。
これで敵ではなくなる事になり、剣ちゃん大歓喜ってとこですな。


「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」(7話)

牢屋に居たのは大量の精霊。
何かこの世界では、精霊とパートナーになると離れがたい関係になるようで。
それを取り上げるというのは酷いことになるのですな。

我らの感覚では分かりにくい部分ではありますが、この世界では万国共通の非道な行いという事で、反乱に大義名分が得られるようです。
でもそれを狙ってわざとやったみたいなので、反乱を起こすのは思うつぼって感じですね。

さてこの状況をイクタはどうするのですかな。


「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(21話)

吉良さんの凄まじいうっかりミス。
これまで一切証拠を残さなかったにしてはあまりに酷すぎる凡ミスです。
重ちーから取り戻した後も、袋に入れずにスーツのポケットに入れておけばこんな事にはならなかったのにねぇ。

というか、パン屋でも手を出していたので、かなりのうっかりさんではある感じですな。
これまで捕まっていないという事は、相当運の良い人なんでしょう。


「クオリディア・コード」(7話)

ロリ姫ちゃんカワユイ。
うむ、満足なり。

やたらとシリアス話が続く中、普段と変わらない千葉兄妹が凄く良いですね。
一見適当な間柄のようでいて、信頼し、愛し合っているのが感じられますからなぁ。
良い兄妹描写ですわ。

ほたるの過去話、あっさり終了。
何か1話くらい使っても良さそうな内容を短くまとめましたよ。
これじゃ死亡フラグのためのネタとしか思えません。

この作品って、こういうのが多すぎですね。
全体的に展開や描写が速すぎて、総集編みたいな感じがするというか。
何でこういう作りにしちゃったのかなぁ。
勿体ないっす。

姫ちゃん&ほたる死亡。
本来なら嘆き悲しむところですが、どうにも展開が速いので悲しむ余韻がありません。
残念無念。

というか、何かに気づいたらしい姫ちゃんが、ほたるのコードを壊し、その途端世界が違って見えたようですけど、こりゃ一体何なのか。

大人達が何か誤魔化していて、子供達に戦わせているって事なんですかね。
そのためのフィルターがコードとか。
それを壊された子供は真実が見えるとかさ。

実は襲ってきている側も人間だった、ってのはよくあるパターンですが、果てさてどうなってますかな。

メイン二組がシリアスになっちゃいましたが、千葉兄妹は素敵な雰囲気のままいって欲しいところです。
今回兄貴の方がほたるに何か伝えられたようですけど、それを淡々と処理してくれると嬉しいですな。
六人の中で一番色々考えて行動している感じですからのぉ。


「マクロスΔ」(21話)

ワルキューレの過去話。

昔は他にもメンバーいたんですねぇ。
でもあまりに酷い扱いなので、耐えられずに止めてしまったと。
まあ、戦場に放り込まれるアイドルなんて、普通の感覚だったら続けられませんわな。

もし軍人からメンバーを選んだとしても、戦わずに歌ってるだけじゃおかしくなりそうですし。
相当精神的にぶっ飛んでいる人達じゃないと続けられませんわ。

というか、暴れている人を取り囲んで歌を聴かせまくるシーンを見ていて思ったのは、ワルキューレの大本はバサラなのだという事。
戦場で戦わず、歌を聞かせることに命を懸ける訳ですからな。
まさにバサラの精神から生まれたのがワルキューレなのでしょう。

ステージ衣装をやり出したのはマキナさん。
さすが僕らのマキナさん、よく分かってらっしゃる。
アイドルたるもの可愛さもアピールしないといけませんからね。
実際そのおかげで暴走を止めるのを初成功しますしな。

取り敢えず、相変わらずおっぱいが魅力的すぎです。
水着みたいな服がおっぱい強調しすぎて感無量でありました。


「タブー・タトゥー」(8話)

桃子さんが・・・
桃子さんが死んでしまった〜〜。

僕らのおっぱいがぁ〜〜。
何てことだぁ〜〜。

これでこの作品を観る気力が一気にダウン。
もう駄目です。
今後何を楽しみに観れば良いのやら。
あまりに悲しすぎますよ。

っていうか、何で殺しますかねぇ。
死亡フラグっぽいのはちょこちょこ出てましたが、死に至るまでの流れが少々無理矢理な感じがするので残念無念。

巻き込まれた訳ではなく、こちらから乗り込む部隊に素人の桃子を入れるというのがおかしいですしな。
ここら辺をもうちょっと納得出来る感じにしてくれればまだ良かったんですけど。
何か殺すためにキャラを動かしているように見えちゃったんですよねぇ。

死ぬ際も凄まじくバッチリなタイミングで現れましたしな。
どうにも微妙感があった次第。
お気に入りのキャラだっただけに、扱いが酷すぎて、そういう意味で悲しくなりましたでありますよ。

まあ、一瞬で死んだ描写だったので「実は生きていた」ってのもありがちなんですけど。
でもこういう場合、それをやられるのも何か微妙なので、死んだことにしてくれる方が嬉しいです。
おっぱい的には生きている方が嬉しいですが。

shibachi1 at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)2016夏 視聴アニメの感想 

2016年08月22日

ハイスコアガール 1〜6巻


ハイスコアガール
CONTINUE(1)


これまで「ゆうやみ特攻隊」などの感想書く際に、「ハイスコアガールで有名な」という事を書いてきた訳ですが、その作品をついに読みました。

以前から読みたいと思っていて、いざ単行本を買おうかなと思ったら例の事件が起きまして、ようやく再版されるという事で今回購入した訳です。

「ゆうやみ特攻隊」などを読んだのにしても、この作品が再版されるまでを保たせる趣旨もありましたしね。
とにかく押切蓮介さんの作品が読みたかったので。

実際読んでみたら面白かったですわ。
押切さんは私と年代のかぶる部分があるので、テレビゲームのうんちく部分は懐かしかったですしね。

私はゲームセンターには行ってなかったので、そちらの思い出は無いですけど、格ゲー関係はテレビゲームに移植されてから色々やったので、そういう部分で楽しめましたわ。

何よりやはり女の子と絡むのが最高です。
大野さん最高っす。

「ゲームの上手い無口な美少女」って設定ですけど、本当に一言も喋らないってのが凄いなぁ、と。
普通はもう少し喋ったりしますからねぇ。

でも完全に喋らない状態で表現されているのが面白いです。
せいぜい鼻息とかだけですからね、発声してるの。
後は殴る蹴るですか。

何とも酷い暴力少女な訳ですが、そこら辺を可愛らしく描いているのが上手いのですな。
私は暴力系ツンデレは好きではないのですが、大野さんには嫌悪感を抱かないんですよね。
暴力が可愛く見えているというか。
おそらく理不尽さがあまり感じられないせいでしょう。

主人公のハルオって酷い時ありますしね(笑)
こういうのが暴力系ツンデレを可愛く見せる方法って事なんでしょうな。

もしアニメ化されても、担当する声優さんは呼吸でしか表現出来ないので微妙だと思ってみたり。
おそらく大野さんっぽい呼吸表現を出来る人が選ばれるんでしょう(笑)

大野さんは消極的ヒロインな訳ですが、積極的ヒロインも居りまして、それが日高さん。
彼女はゲームに興味無かったのに、ハルオと関わったことでゲームをやる事になり、徐々にハルオとゲームに対する興味が高まっていくのですな。

そこら辺の変化が楽しくてですね、思春期の頃の初々しい恋愛感情って感じで凄く萌えました。

大野さんとの三角関係になっていくのがさらに萌え萌えで、何とも楽しい恋愛作品になっております。
今後どうなっていくのかを楽しみに読んでいこうと思ってますわ。


試し読みはこちらから。

shibachi1 at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画感想 

2016年08月19日

家畜人ヤプー漫画版 読了


家畜人ヤプー(1)
宇宙帝国への招待編


以前からそのとんでもない内容に興味を引かれていたのですが、電子書籍を始めたのを機に読んでみることにしました。

漫画版なのは、その方が楽に読めるからですね。
情景を想像する必要がありませんから。

これはSM作品な訳ですけど、SF作品でもあるので、SF好きにとっても楽しめる内容になっています。
そこがSM好きではないのに読みたくなった理由ですね。

話の内容としては、「偶然未来人に未来へと拉致された主人公とその恋人が、現代とは異なる常識に翻弄されながら生きていく」という内容になっています。

未来人の常識というのは、白人のみがまともな人間であり、黒人は奴隷、日本人は人間ではなく家畜、物、機械という扱いになっている点です。

主人公は日本人であり、恋人は白人という事で、未来人からすると、恋人の女性は家畜や機械と結婚すると言っているので、まさに異常者になるのですな。
その意識の矯正をしようとするのと、主人公を日本人、未来ではヤプーと呼ばれているのですが、ヤプーらしくしていく、つまり家畜、物、機械として自覚させていく展開になっています。

こういう部分はネットであらすじを読んでいて知っていたのですが、実際読んでみたら予想以上に気持ち悪かったです。
私も色々気持ち悪い作品を読んできましたが、ここまで読んでいて嫌悪感を誘われる作品はありませんでしたわ。

何しろ人間を奇怪な状態に肉体改造する世界の話ですのでね。
出てくる日本人、ヤプーの状態というのが、生理的に耐え難い描写だったのですよ。

そういう意味で、漫画版を読んだのは失敗だったかも知れません。
小説であれば想像するだけですが、漫画だとハッキリと造形を示されてしまいますので。

とはいえ、内容的には面白さを感じさせるものではありましたけど。
SM小説が原作なだけあって、サドマゾな要素を強烈にアピールしている内容になっていましたから。

日本人が書いたものゆえに、究極に日本人を貶め、これでもかこれでもかと酷い扱い、というか、おぞましい、アイデンティティを崩壊させまくる展開は、マゾ気質の人にはたまらないものになっているように思えます。

特に「白人に隷属している」という設定は、日本人の中にある白人コンプレックスを刺激して、何とも言えない恍惚感を与える部分もあるように思えますしね。

日本人は外国人の中でも、白人に対する扱いは微妙に違いますから。
格上に見ている部分があるというか。
それは自分たちには無い容姿の美しさ、逞しさから来ているのでしょう。

アニメなんかでも、生粋の日本人なのに金髪にしているキャラが多く存在しているのも、そうしたコンプレックスから来るものに思えますし。

白人は素晴らしい。
ゆえに己の物にしたい。
ゆえに隷属したい。
そうした想いが、日本人の中には渦巻いているのかも知れません。

この作品は、そうした日本人の白人コンプレックスをとことん追求し、強烈なマゾ要素として描いていったものなのでしょう。

何しろ個人として貶められるだけじゃなく、国として、民族としても貶められますからね。
日本人が築き上げてきた歴史、文化全てが、白人によって作られたものであり、日本人はそれに沿って生きてきた事になっていますので。
まさに白人に支配されて生きてきた民族になっている訳ですよ。

ゆえに未来において、日本人が人間ではなく獣とされ、人間に対してであれば決して出来ないおぞましい容姿に改造され、物や機械として使われているのだとしても、違和感の無い状態にさせられているのですな。

主人公もそうした事実を知らされ、仕える相手が元々愛している女性である事もあり、徐々に自身の状況を受け入れるようになっていきます。
その様子は、全てを相手に委ね、自分という存在を否定していく、究極のマゾとしての生き様のように思えました。

序盤は誇りある日本男児だった主人公が、最後には白人女性に仕える事を至福の悦びとする存在に変わったのは、まさにSM調教が完了した姿なのだと思えましたしね。

日本人視点、つまりマゾ視点からすると、そういう話ではあるのですが、逆に白人視点、つまりサド視点で考えていくと、また違った見え方が出来てくる部分もあります。

作中で白人達がしているのは、人を人と思わない、扱わない、究極の人種差別行為ですから。
自分たちの都合のいい道具として日本人の体を改造し、物として利用していく。
主人公にしたように心すら調教し、「自分は人間ではない、物なのだ」と自覚させていく。
恐ろしい差別意識の発露です。

さらに恐ろしいのは、こうした意識はフィクションではなく、白人の中には実際存在しているであろうと思える点ですね。
歴史上、黒人に対する扱いは実に過酷なものになっていましたから。

黒人を人間として扱わず、家畜として扱ってきた歴史。
それを強烈に極端に描いたのがこの作品なのでしょう。

しかも家畜にする対象を黒人ではなく日本人にする事により、日本人により強烈な刺激を与える内容にする事が出来ているのだと思います。
そういう意味で、まさに優れたSM作品なのだと思いました。


試し読みはこちらから。

shibachi1 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画感想 

2016年08月17日

2016夏 視聴アニメの感想 その7

「クロムクロ」(19話)

裸じゃないじゃないか〜〜。
真っ裸で攫われたはずなのに、何故か自作のビキニを身につけている由希奈。

騙しやがった。
騙しやがったぜこのスタッフ。
許せん。

ここは裸で登場させるべきでしょう。
そうじゃなきゃいかん。
いかんよ〜〜。
こういうポイントを外すのは許されないことなのだ。
期待外れの作品である(そこまで言う)

まあ、今回もソフィーちゃんの出番が多かったから良しとしよう。
相変わらず立ち姿が美しい。
スカートを撒くって拳銃を取り出すのが刺激的。

多くのレギュラー陣の中から、冷静に対話が出来ると判断される素晴らしさ。
さすがソフィーちゃんです。

次回ようやく宇宙人の謎が明かされるのですね。
楽しみであります。

ちなみに「もう送り迎えはいいです」と言われて哀しそうにするセバスチャンに凄く共感してしまった。
そりゃこんな可愛い女の子の世話が出来るって幸せでしょうからねぇ。
わらしだってやりたいわい。


「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」(6話)

ハローマさんおっぱい。
今のところ影が薄いですが、おっぱいは大きい。
軍服が基本になったことで、ヤトリのおっぱい要素が減ったため、おっぱいとしてはハローマさんのみになりました。

特に今回はおっぱい推しだったので幸せです。
こんなお嬢さんが衛生兵とか、精神的にも治療されちゃいそうだ。

新キャラのポニーテールお嬢さんが可愛いですな。
助けてもらったり妹弟子だと言われたりで、イクタに惚れそうな感じですね。


「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(20話)

由花子さんの登場だ〜〜。
まみゅまみゅのラブリーボイスだ〜〜。
嬉しいぞ〜〜。

っていうか、相変わらずの暴力言動と、康一と接する際の乙女言動のギャップがたまりませんな。
特に声がまみゅまみゅなので破壊力抜群です。

そしてエステティシャンの先生がおっぱいなので興奮するのであった。

惚れたとはいえ、もし間違ったら自分の目を見えなくして欲しいと告げる康一がカッコ良すぎです。
泣きそうになっちゃいましたよ。

原作だとそうでも無かったんだけど、アニメだと演出の影響か何か凄くクるんですよねぇ。
だからカッコ良さが跳ね上がり。

ちなみにどうでもいいけど、仗助が窓から落ちそうになったのを、クレイジーダイヤモンドで支えるのが何気にツボったのでありました。


「クオリディア・コード」(6話)

今回も姫ちゃん回。
ロリ姫ちゃんが可愛い。
そして暗い話。

どうして暗いのよホント。
「普段は明るくしてるけど、実は重い想いを背負って生きている」という事を描きたいんでしょうけど、そういうのはもっと後にしてくれい。
明るさを楽しんだ後で、「実はこうだったんです」ってやってくれる方が嬉しいし、話的にも盛り上がると思うのでねぇ。

今やってる展開にしても、終盤みたいなノリですしな。
何か展開が速い作品ですわ。

しかも死亡フラグっぽいので凄く嫌ですよ。
「これで死ななきゃ嘘じゃないの?」って感じで、死ぬためのフラグが立ちまくっていて嫌になる。

まあ、「普通なら死んでる」って状況なのに、大怪我もせずに生きているのよりはいいが。
死を軽く使う作品って凄く嫌なので。


「マクロスΔ」(20話)

マキナさんのナース姿万歳〜〜。
胸の谷間が見えないのは残念〜〜。
片ポニーテール可愛い〜〜。
全体的にエロっぽいっす〜〜。

マキナさんはどんな格好をしてもエロスがにじみ出るのである。
実に素晴らしい。

警備員にバレて、壁に両手を付く感じになってるのがエロ過ぎます。
後ろからドッキングしてる状態みたいだ。
警備員達はかなり興奮状態になっているとみた。
そうじゃなきゃおかしい。

というか、これって不法侵入してるけど、ヴァール化への唯一の対抗手段である以上、無罪放免になるんでしょうかね。


「タブー・タトゥー」(7話)

今回も姫さまの裸〜〜。
万歳〜〜。

というか、姫さまはツインテールじゃない方が好みだなぁ。
何でツインテールなんじゃらほい。

おっぱい揉むのが趣味なのは実に素晴らしい。
凄く付いていきたくなります。
何せ姫さまと一緒に居るだけで、おっぱい揉みシーンが見られる訳ですからな。

実はBBの方もイジーに惚れていたようで。
罠だと分かっていても、イジーが居るならば行かずにはいられないという惚れぶりですからね。

きっとロリコンに違いない。
何しろイジーは合法ロリだから。
実に羨ましいことでありんす。

shibachi1 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)2016夏 視聴アニメの感想 

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2)
ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ