2017年09月18日

2017夏 視聴アニメの感想 その12

「Re:CREATORS」(22話)

皆が元の世界へ戻るなか、メテオラだけは戻れないという。
よく分からない理屈になってますが、要は「ヒロインなので残します」という事なんでしょう。

一見ヒロインに思えたセレジアが、他の男と心中したのを考えると、実に贔屓された流れです。
これぞヒロイン補正。

何か色々ありましたが、微妙にスッキリしない終わりですねぇ。
結局アルタイルに立ち向かって打ち破るのではなく、アルタイルのやる気を削ぐ行為をして、それで終わらせたからでしょうね。
要は「アルタイルが駄目な復讐者だった」という事で救われたオチだった訳で。

駄目じゃない復讐者であれば、偽セツナに納得せず、むしろ怒りを高めて益々酷い事になったでしょうから。
その可能性を考えると、あの方法ってのは、ある意味凄い博打ですよ。
成功するしない、ではなく、失敗したら状況が悪くなるという意味で。

まあ、「これ以上悪くはならない」という事でやったのかも知れませんけど、何とも酷い手だよなぁ、と。
アルタイルも泣き叫んでましたからね。
悪役を泣き叫ばせるって、どれだけ酷いんだよ(笑)

結果的にこのオチって、「主人公側が頑張って相手の復讐心を抑えた」のではなく、「相手が勝手に楽な方へ逃げた」という形なんですよね。
つまり「主人公側が何かをやり遂げた」という事ではないので、そういうのが好きな私は微妙感を覚えたのだと思います。

まあ、物語として考えなければ、相手が勝手に楽な方へ逃げてくれるってのはありがたいので、良い事なんですけどね。
でもこれは物語ですから、やっぱり主人公側には何かをやりとげて欲しかったですわ。
そういう意味で、私好みのオチではなかったラストだったなぁ、と。


「Fate/Apocrypha」(12話)

「ファイナルっ、フュージョ〜〜ンっ」

ダーニックはヴラドとフュージョンする事により、最強の吸血王へと変身するのだ。
名前はそう、「ヴラダーヴー」とでも言うべきか(酷い)

というか、どうしてこうランサーってのは酷いマスターに当たってばかりなんですかね。
これまでの二作品でもそうでしたが、今回もやっぱり令呪で強制的に殺されたようなもんですし。

同じランサーのカルナさんが心配ですよ。
彼はカッコ良くてたまらんので、是非とも普通に終わらせて欲しいところです。
こういうクールで強いキャラって好きなんですよねぇ。

姉ちゃんと弟のラブな雰囲気に萌え萌えでござんす。
ああ、やっぱり良いのぉ。

ダーニックが居なければ、お姉ちゃんが当主の役割をするのですね。
ゴルドってば何か悲しい。

修羅場へ到着ジャンヌさん。
早速ルーラーとしての能力、令呪を使いますが、すでに化け物状態になっているヴラドには通用しないようで。
さすが吸血王ヴラダーヴー(やめれ)

しかしそんなヴラドも、シロウの剣の攻撃であっさり消滅。
何じゃそりゃ〜〜。

まあ、吸血鬼ってのは弱点付けばあっさり消えるもんですがね。
最近はそうじゃないのも居たりしますが、この場合は一般的な伝説が基になってるんでしょうから、こういうのでやられちゃうという事なんでしょう。

シロウは天草四郎。
つまりサーヴァントなのでした。

胡散臭い人間の言う「人類救済」って大抵ろくでもないので、この場合も酷い内容なんでしょうなぁ。

shibachi1 at 20:13|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年09月11日

2017夏 視聴アニメの感想 その11

「Re:CREATORS」(21話)

「死んだヤツはなぁ、絶対に生き返らねぇんだっ」

私はこの言葉が好きですね。
死んだ人間は生き返らない。
生き返らせるというのは、過去の否定になりますので。

フィクションではよく生き返ったりしますが、「実は生きていた」というのが後付け的な展開になっているものだったりすると、凄く嫌悪感を覚えるのはまさにそれが理由ですしね。
死が描かれた当時、その人物の生き様と、死を惜しむ想いゆえに悲しみを得ているのに、それを否定されまくる訳ですから。
何とも酷いことです。

人が生き返るというのは、現実では不可能です。
だから現実に生きる私たちは、人の死を受け入れ、前向きに生きていくことが大事になる訳ですわ。

創作物で死を扱う場合、鬱なオチにするのが目的な作品で無い限り、大抵は死を受け入れて前向きに生きていく流れになっています。
それは「現実でもみんなそう生きよう」と作者が訴えているがゆえでしょう。

しかしこの作品はまさにそれを否定、というか、貶める展開にしていたので、凄まじく胸くそ悪い感じになっていて素敵でした。

求めている相手本人ならともかく、本人を模した存在、それも他者が創り上げた虚像を得ることで満足し、そこに逃げ込むことで幸福感を得る。
何と酷い生き様でしょう。
言わば悲しみから逃げて引きこもるのと一緒ですよ。

まあ、虚像とはいえ、本物のように見えるので問題ないように思えますが、普通であれば写真とか思い出などに浸って引きこもりになるようなもんですからね。
アルタイルが現実世界で生きるのではなく、二人きりの世界を新たに構築して、そこで生きることにしている辺りがそんな感じを思わせるのですわ。

いや〜〜、何ともドス黒い。
表面的には良い感じなんですが、考え出すと酷いですわこれ。
よくもまあ、こういうオチにしたもんだと苦笑いが起きてしまいますわ。
素敵すぎますぞ。

さらにキツいのが颯太。
己の作り出した虚像に対して、己の想いをぶつけて満足する。
この虚像は颯太自身が作り出したがゆえに、無意識の内に自身に都合のいい存在として描いてしまった可能性は高い訳です。
つまりあの「セツナ」は、颯太の罪悪感を解消するために生み出された存在とも言える訳ですわ。

しかも面と向かって謝罪した訳でもないというのが何とも言えず。
画面越しに一人で呟いていただけで、それってああした虚像などを具現化しなくとも、誰でも脳内で出来る行為ですからね。
悪いことをしたと思っている相手を思い浮かべて、謝罪をしているのと変わらない訳ですよ。

こういう場合の謝罪というのは、結局自己満足ですからね。
謝ったからといって許される事ではないのに、謝ることで「自分は謝った」と一区切り付けて、罪悪感を解消出来るという。
まさに過去に区切りを付けて、前向きに生きていくための儀式のようなものな訳ですわ。

そういう意味で壮大な規模の労力により、颯太は自己満足を得、アルタイルはそれに乗って引きこもりの世界へと旅だった、というのが今回のオチのように思えました。

何か良さげな雰囲気で作ってあるものの、実質復讐や謝罪を描いた内容としては、実に胸くそ悪くなるオチになっていて、変な意味で面白くなってしまいましたわ。


「Fate/Apocrypha」(11話)

今回も締め付けられるジャンヌさん。
そういう見せ場を作りたいとスタッフは欲しているのでしょうか。
実に良いのですが、おっぱいが見えないのは残念です。

というか、スパルタクスの手のひらには、ジャンヌさんのおっぱいの感触があるのかと思うと羨ましすぎてしょうがないです。

アストルフォきゅんをいじめるヤツは全滅だぁ、と鋼鉄ジーグ(笑)に変身して張り切っていたジークくんですが、地球上では3分間しか変身して居られないため、元に戻ってさあ、大変。
って、あの表現は狙ったんですかねやっぱり(笑)

アストルフォの我が儘を、呆れた感じで認めるジャンヌさんが可愛いです。
委員長、大変ですな。

発動、必殺の宝具。
旗を振れば攻撃がしのげる。
何とカッコいいのか。
ああ、ジャンヌさん素敵。

後日のお説教を約束して別れる辺りがさらに可愛すぎた。
こんなお姉さんにお説教されるなら幸せですよ。
わらしもされたいれす。

shibachi1 at 19:08|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年09月04日

2017夏 視聴アニメの感想 その10

「Re:CREATORS」(20話)

隠し球はアルタイルのパチモン。
同等の能力を持つゆえに、乗っ取って倒せるのだという発想ですね。

ところがどっこい、パチモンの方は自我が弱いので、あっさり乗っ取られ返されたりして。
まあ、こういうのってよくあるパターンですしね。
それに気づけなかったのも創作者としては浅はかですな。

そこでついに颯太の提案したキャラの発動。
何とアルタイルを作った女の子でした。

でもこれでどうするんですかね。
アルタイルは動揺はするだろうけど、止めるとは思えないのですけど。
何しろしょせん本物じゃない訳ですし。
作者をモチーフにしたキャラですからねぇ。


「Fate/Apocrypha」(10話)

ジーク、結局死を選んでるのと同じ行動をとったので、助けたジークフリートやアストルフォの行動が無駄になるという。

助けてもらった命、それも「自由に生きて欲しい」と願った命を、自分たちを助けるため、しかも助けられるはずもない行動に使われるってのは最悪すぎて悲しすぎですな。
あまりにもアストルフォが悲惨すぎですわ。

こうした「生きる意味」を追求するキャラにありがちの暴走な訳ですけど、そんな事を考えないで生きているのが普通なので、余計な考えでしかないんですよねこういうのって。

だって呑気に生きていけるのを、「生きる意味のために死ぬ」ってなっている訳だから。
死地へ赴かざるを得ない人からすれば、何て勿体ない生き方をしているのかって事ですわな。
サーヴァントなんてまさにそういう感じですしね。
「望みが叶えられる」という餌はあるにせよ、やりたくもない事をやらされている訳だし。

そういう立場からすると、ジークは凄まじく自由な訳で、それをあっさり捨てているようにしか見えないのだから困っちゃう訳だ。

んで実際また死んでますし。
ところが主人公補正なのか、これでも生き返るジーク。

あ〜〜、普通なら燃えるところなんだけど、それまでがあまりに自分の命を軽く扱っているので、どうにも嫌な感じしかしなかったりして。

無茶やって死んでも生き返る、しかも前より能力を得て、となるとどうもねぇ。
適当にやってても強くなれる感じがして、どうにも駄目なんですわ。
展開的には好みなんですけどねぇ。

でも考えてみると、「ステイナイト」もこんな感じの主人公だったから、Fateらしいと言えばらしいのかも知れませんな。

shibachi1 at 19:43|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年08月29日

2017夏 視聴アニメの感想 その9

「Re:CREATORS」(19話)

カロン、洗脳されているのかと思ったら、リアルな意味での洗脳でした。
要は一方的な話だけ聞いて、それで自分の進むべき道を決めてしまったという。

何でこう、自分の信頼しているセレジアの話より、どこの誰だか分からない、しかも胡散臭いアルタイルの言うことを信じるのか謎ですね。
セレジアが敵対している以上、何か裏があると考えないんでしょうか。
セレジアの方は素で「こいつ信用出来ない」って判断してましたけどねぇ。

そんなカロンを守ってしまうセレジア。
ああ、乙女だったのね。

私としては、話を聞かないで暴走するカロンをぶっ飛ばして止めて欲しかったですけど。
「あたしの話を聞けと言ってるだろうが、この馬鹿カロンっ」とか言う感じでさ(笑)
そういう爽快なヒロインじゃないのが残念です。

作者をぶっ飛ばしても意味が無いと認識している弥勒寺さんは凄いですな。
確かにストーリーの流れやキャラの性格を無視して作られた話なんぞ駄目駄目ですからね。
創作する上でもしてはいけない行為というのがあって、それを無視して作られた話はご都合主義のどうしようも無いものになりますからな。

ゆえに作者と言えど、作品に縛られて創作しているのですよ。
それはまさにその世界における運命と言えるでしょう。

ひかゆの説得で、ようやく乙女から戦士に戻るセレジア。
しかしカロンには勝てないゆえに、自爆攻撃を。

ああ、何かヒロインっぽかったのにここで退場ですか。
やはりヒロインはめっちんだったという事ですか・・・

それにしても、アルタイルは何でこんなに強いんですかね。
他の世界へ行ったりとかもしてますしな。
そうした能力がどうしてあるのかが描かれないので何か微妙なんですよね。
根拠も無く強すぎるってのはどうにもなぁ。


「Fate/Apocrypha」(9話)

シロウは普通にサーヴァントと戦えているので異常です。
単に体術に優れているだけじゃなく、魔術も使ってますからねぇ。
教会の人間なのにいいのですかな。

ジャンヌさんは今回も緊縛されていて宜しいことです。
おっぱいおっぱい。
でも地味に活躍出来てないので悲しいですな。

シェイクスピアの能力は、精神攻撃のようで。
なるほど、戦う職業じゃなかった訳だから納得です。
しかも劇ってのはまさに人を幻惑してナンボですからねぇ。
それが能力となっているのも当然ですな。

アストルフォが危ない、というところで現れるジーク。
いやいや、そりゃ無茶すぎるでしょ死にますよ。

何かこの図って、チンピラに絡まれた友人を、気の弱い優等生が助けようとしているみたいな感じで笑えますね。
モーさん完全にチンピラですからのぉ(笑)

shibachi1 at 15:47|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年08月21日

2017夏 視聴アニメの感想 その8

「Re:CREATORS」(18話)

ブリッツの娘は、外伝でメテオラと同じ世界にすることにより、蘇生が可能となったそうな。
確かにRPGだと普通に死人を生き返らせてますからねぇ。

というのは良いのだが、何故こちらの世界へ出てこれているんでしょう。
特定のキャラを呼び出す方法を解明したのですかな。
気になるところです。

真がねは、また何か罠を仕掛けたのかと思いきや、難しいと思われた颯太のキャラを現界させるのを手伝っております。
急にどうしたのかと思いましたが、考えてみると今一番調子に乗ってるのってアルタイルだから、そういう人間を失敗させて、衝撃を受ける顔を見たい、というのも真がね的ではあると言えるのかも。
真がねって別に悪事をしたい訳じゃなく、面白いことしたいだけですからねぇ。

超重要なネタバレをしてしまう弥勒寺さん。
多分これって、弥勒寺を殺した後に黒幕が出てきて言う展開の予定だったんじゃないですかね。
死に際に「俺は殺して無ぇ」みたいに呟かした後に黒幕が弥勒寺のトドメさすとかでさ。
そういうのっていい感じに萌えますからのぉ。

セレジアさん、ロボに乗るとナイスポーズになるので素敵です。
おっぱいの谷間が素晴らしいですよ。
ロボも好みだし、このアニメ見てみたいんですけど。

そんなアニメの主人公さんが登場のようですが、何やら目が虚ろ。
洗脳でもされてるんですかね。


「Fate/Apocrypha」(8話)

城に戻ったジークくん、ホムンクルスのお嬢さんを助けて、何やらラブ展開に走っております。
男ではなく女の子が生き残っていたというのがポイントですね。
野郎同士にした方が別の盛り上がりが期待出来ましたが、残念ながらそうはなりませんでした。
いや、私は男女のラブが好きなんでこれで良いのですけど。

何やら突然刀を持って戦場へ赴くシロウ。
普通の人間がそんな所へ行ったら死にますよ。

まあ、普通じゃない感じはするので大丈夫なのかも知れませんが、サーヴァントと戦おうとするのは無謀すぎますな。
さて、彼の正体は一体何なんでしょうねぇ。

shibachi1 at 21:47|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年08月14日

2017夏 視聴アニメの感想 その7

「Re:CREATORS」(17話)

アルタイルはどうしてここまで強いのか。
もう何度も思っているのですが、未だに納得出来ず。
ゆえに微妙に盛り上がれない部分があるんですよねぇ。

駿河さんとブリッツの会話が何とも切ないですな。
ブリッツにしてみりゃ酷いことされた訳だけど、駿河さんにしてみりゃ当然の行為な訳ですし。
立場の違いからくるすれ違いですよ。

駿河さんはブリッツを味方に引き入れようとしているみたいですが、さすがに無理じゃないですかね。
だって娘ちゃん殺しちゃってるんだから。

とか思ったら、娘ちゃん出てきた〜〜。

え? これってどうなってるの?
もしかして今回の企画で復活する内容にしたんですかね。

いや、こちらへ自由にキャラを出す方法は無い訳だから違うでしょうな。
それに駿河さんのやろうとしている事は、あまり良いことじゃないみたいな問いかけが以前あった事を考えると、何か別のことなんじゃないかと。


「Fate/Apocrypha」(7話)

お姉ちゃんのピンチに、颯爽登場、弟くん。

うん、やってくれると思いました。
シスコン弟はこうじゃないといけません。
萌えるわ。

でも勝手に動いたことでお姉ちゃんに怒られております。
うむ、そうじゃないといけません。
怒られているのも萌えるわ。

そして最後に「感謝してる」とお礼も言うのも忘れてないお姉ちゃん素敵です。
そりゃもう、メロメロになるわ。
ああ、萌えるのぉ。

このツンデレ攻撃を幼い頃から繰り返し繰り返しされてきたとなれば、シスコンになるのは当然でしょう。
何しろ美人でおっぱいで優等生で厳しいけど優しいとなれば、もう何が何だか分からないくらい惹かれてしまうでしょうから。
ああ、羨ましい。

ジャンヌさん緊縛。
おっぱいが強調されて宜しいことです。

おっぱいアサシンさんの膝枕。
このお嬢さんも、キツそうなくせに思い切り甘やかし系ですね。
何か素敵ですわ。

いや〜〜、今回はおっぱいおっぱいな感じになっていて実に幸せでした。
毎回こうだと嬉しいのですが。

shibachi1 at 17:54|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年08月06日

2017夏 視聴アニメの感想 その6

「Fate/Apocrypha」(6話)

モーさん、完全に反抗期がいきすぎて親殺しちゃう若者ですな。
描写が少ないせいでそう見えちゃうという。

というか、今の状態もそのまんま子供だから、「反逆者モードレッド」じゃなく「反抗期モードレッド」ですわ(笑)

にゃんこと戯れる姿が可愛いですのぉ。
にゃんこも可愛いですのぉ。
やっぱり猫は良いですのぉ。

お姉ちゃん、メカ装備。
変な意味でカッコええ。

そしておっぱい素敵。
おっぱい〜〜。

次回はお姉ちゃんのピンチに弟くんが登場するんでしょうなぁ。
でも何でフランちゃんを連れて行かないのか謎。
何があるのか分からないだから、連れて行くべきだと思うのですけど。

shibachi1 at 20:01|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年07月31日

2017夏 視聴アニメの感想 その5

「Re:CREATORS」(16話)

温泉回じゃ〜〜。
おっぱい〜〜。

まりねさんのおっぱいが見られて、僕はもうそれだけで幸せです。
やはり大きかった。
大きいのよまりねさん。
ああ、素敵。

何気にエロゲーやっているのも素敵ねまりねさん。
こういうお姉さんと恋をしたいです。

フォーゲルシュバリエ、カッチョええ。
こういうデザインのロボって好きなので、これから活躍するのかと思うと楽しみですわ。

それにしてもこの作品って、オタクによって世界が危機になり、それをオタクによって何とかしようという話になってるのですな。
一般人は凄い迷惑な話であり、関われないという何とも言えない状況になっているのでありますわ。


「Fate/Apocrypha」(5話)

ジャンヌさん、令呪をお持ちのようで。

なるほど、背中にあるのはやはり令呪でしたか。
そりゃ絶対的に強いですなぁ。
相当不意を突かない限りは勝てる見込みがありませんわ。

ヴラドが何気に良い君主になってるのがいいですね。
アストルフォみたいなタイプを受け入れられるって時点で凄いですわ。
罰の与え方も的確ですし。

ジャンヌさんはジークと一緒に居るのかと思いきや、人に預けてお別れですか。
でも予知みたいなものだと、彼は今後聖杯戦争に関わってくるということで。
まあ、関わらなきゃ話にならないですしね(笑)

次回はマスター姉弟とモーさんが関わりそうなので楽しみであります。

shibachi1 at 15:32|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

2017年07月25日

二度目の人生を異世界で(漫画版)


二度目の人生を異世界で 1

最近流行りの異世界転生モノですね。
原作は小説ですが、漫画の方が読みやすいのでこちらで読みました。

この作品が珍しいのは、主人公が94歳で大往生した爺さんで、容姿を十代に変えられ、細かい記憶を消去した状態で異世界に転生するって点ですね。
さらには元々剣の達人で、そのままであっても凄まじい戦闘力の持ち主になっているという。

普通こういう転生モノって、転生の際に何かしらチート能力を付与される訳ですが、それすら不要になっているのが笑える訳です。
一応魔法の能力がチート状態になっているのですが、無くても剣士として普通に活躍していきそうですからねぇ。
何か凄いのですわ。

成り行きから美少女二人とパーティーを組む事になり、実に羨ましい状態になる訳ですけど、中身が爺さんで、そうでなくても慎重で疑り深い性格みたいなので、萌え要素は発生しない感じになってるのが面白いな、と。
色仕掛けされても無視しちゃいますからねぇ。

そこがちょっと寂しいのですが、まあ、色仕掛けされる事自体は楽しめるので良いのですが。
一人は巨乳なので、絵的に楽しめますしね。

まだ話がどうなっていくのか分からない感じですが、私好みの主人公とおっぱいさんなんので、期待して読んでいきたいと思います。

shibachi1 at 10:36|PermalinkComments(0)漫画感想 

2017年07月24日

2017夏 視聴アニメの感想 その4

「Fate/Apocrypha」(4話)

ジークフリート退場。

特に活躍も見せ場も無いまま終わったので、何か拍子抜けですね。
やはり人数が多いので、そうなってしまうのでしょうか。

そもそもとして、軍隊的に対立して戦っていくだけ、ってのが私の好みじゃないというのもありますけど。
というか、主人公がハッキリしてないってのが駄目なのかも知れません。
何を中心に見ていけばいいのか分からないので。
そういう状況だと作品世界に入れないんですよねぇ。

ジークフリートの命をかけた心臓移植により、ホムンクルスの少年が青年に成長です。
無理矢理ジャンヌさんが世話を委託されてますが、何か無茶苦茶ですな。

これでホムンクルスの青年とジャンヌさんが中心になって話が進んでくれると楽しいのですが。
どうなりますかねぇ。

shibachi1 at 11:48|PermalinkComments(0)2017夏 視聴アニメの感想 

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ