2023年07月01日

夏の新作アニメ

7月から新作アニメが始まるので、それのチェックです。

情報元は、毎度お馴染みMOON PHASEさん。


ホリミヤ -piece-

男女のバランスが良い恋愛モノなので観ようかと。
こうした青春モノは好きなんですよね。


Fate/strange Fake -Whispers of Dawn-

Fate好きなんで観ます。
原作が成田良悟さんだしぃ。


無職転生II 〜異世界行ったら本気だす〜

前作の出来が良かったので観ますです。
やはり丁寧に作っているアニメは良いですからのぉ。


Lv1魔王とワンルーム勇者

何かギャグモノとして良さげな雰囲気を感じたので観てみようかと。
こういう作品は、見せ方が上手いと面白いですからね。


悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。

原作漫画を読んでいるので観ます。
PVからすると、出来は良さそうな感じがするので楽しみですね。


るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

原作のファンなので観ますですよ。
今回はオリジナル話が無いはずだから楽しみですわ。
最後までやってくれたら幸せです。


デキる猫は今日も憂鬱

妙な雰囲気のある作品なので観てみようかと。
何より猫だしぃ。


SYN DUALITY Noir

ヒロインがぁ〜〜。
無茶苦茶好みなのでぇ〜〜。
それだけですぅ〜〜(笑)


Helck

原作大好きっす。
あの熱い内容が、アニメで観られるとは最高っす。
楽しみっすよ〜〜。


てな感じで、今回も観たくなる作品が多いので幸せですね。
興味を引かれない作品ばかりだと悲しいですから。
全部気に入ると良いのですが、果たしてどうなりますか。

shibachi1 at 15:14|PermalinkComments(0) 新作アニメの視聴予定 

2023年05月30日

劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!


劇場版マクロスΔ
絶対LIVE!!!!!!


マクロスシリーズの中で、二番目に好きなのが、この「マクロスΔ」だったりします。

主人公とヒロインの関係が、凄く仲の良い友達的に描かれているのがお気に入りのポイントですね。
そこから恋愛になっていく展開が凄く好きなのですよ。

あと、テレビシリーズは駄目でしたが、劇場版での燃え歌描写が最高でしたし。

ちなみに、一番好きなのは「マクロス7」です。
「マクロスΔ」の最初の劇場版の良さってのも、「マクロス7」のオマージュ的な展開になっていたのが大きいですから。

あれに勝てる歌の描写は無いのですよ。
あれこそ暴力ではなく歌での解決でしたからねぇ。
素晴らしいのです。

今回の劇場版は、前作の後の時間軸で、「寿命の短いヒロイン相手に、果たして恋愛は続けられるのか」みたいな話になってました。
現実で言えば、「余命が十五年と分かった相手と付き合っていけるのか」みたいなもんですか。

私は構わないと思うのですけど、この作品では、そうした個人レベルの話だけでなく、「種族としての生き方」みたいなものも関わってくるので、そこが普通と違って難しくなるのなぁ、と。
外国人と付き合う際に、「お互いの常識が合わない」ってなるのと同じ感じですかね。

そうした状況をどう乗り越え、二人がお互いを想い合い続けられるか、ってのがポイントになってました。

結果についてはネタバレになるので、どうなったかは書きませんけど、これはまあ、何とも言えんなぁ、と。

マクロスシリーズの中で、というか、最近の作品にしては、こういうオチを持ってくるのは珍しいので、ちょっと驚きました。
いや、私はお気に入りなんですけど、最近の作品はこういう風にはしませんからね。
盛り上げるだけ盛り上げといて、最後に引っくり返すのばかりですから。

なので素直にそのまま終わらせたのは素晴らしいな、と。
あの流れで、引っくり返したら駄目だと思うのですよ。
「変えるんだったら、最初からそのネタやるなよ」というのが私の考えですし。

観てない人には訳分からないと思いますが、「良いオチだった」という事だけは書いておきます。

いや、ホント良いオチだったのですよ。
いいラストだったのですよ。
分かっていたら、もっと入り込んで観てたのにぃ。

どうしても引っくり返される不安から、「やるなよ。やるなよ。やるなよ」という意識が邪魔して、純粋に楽しめなかったんですよね。
そこが残念。

あ〜〜、私の馬鹿。
心配なぞせずに、素直に観ていれば良かったのに。

でもさ、最近の作品って引っくり返すのばっかりなんで、どうしても気になっちゃったんですよ。
いい内容だっただけに、何とも勿体ない事をしてしまったのでした。

歌に関しても良かったですね。
以前から歌だけは聞いていたのですが、歌詞で「誰が欠けても不完全」というのがあって、単にワルキューレの信頼関係を歌ったものだと思っていたのですよ。

それがまさかこんな意味になっていたとは。
凄く納得しましたわ。

っていうか、かなりフレイアの心情を熱く歌った歌でもあったのだなぁ、と。
これはたまりませんがな。

ちなみに、マックスが出て来たのは嬉しかったです。
事前に公表されてたみたいなんですが、私は知らなかったので驚きましたよ。

天才は相変わらず天才で、カッコ良かったです。
速水さんはやっぱカッチョええっすわ。

考えてみると、デビューの頃のキャラが、新作で登場し、それを演じられるというのも凄いことだなぁ、と。
何とも息の長いキャラですわ。

エキセドルも出てましたけど、喋りが早くなってたのは何なんですかね。
あのおっとりとした感じが、味になってて好きだったんですが。
そこがちょっと気になりました。

何にせよ、「マクロスΔ」の最後として、実に素晴らしい映画だったと思います。
いや〜〜、こんな風に終わらせる内容だとは思ってなかったので、予想外に嬉しかったです。
番外編みたいな内容だとばかり思ってましたからね。

まさか普通に作品として終わらせる内容だったとは。
そういう意味でも驚き、満足できた作品なのでありました。



shibachi1 at 09:45|PermalinkComments(0) マクロスシリーズ 

2023年04月08日

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん


ツンデレ悪役令嬢リーゼ
ロッテと実況の遠藤くん
と解説の小林さん 下巻


これは良い作品ですねぇ。

観ている間中、笑顔で固定されてましたよ。
楽しくて幸せで、こういう作品は大好きです。

原作の漫画版も読んでいるのですけど、そちらではそういう感覚は起きなかったので、これはアニメ版ならではの魅力でしょう。
動きと声が付いたことによって起きた現象というか。

とにかく、観ていてずっと楽しくて幸せでいられたので、私にとって良作になりましたわ。
これだからアニメ視聴は止められないのです。

設定的に、異世界へ行くのではなく、あくまで「ゲームをやっている」という形になっていたのも面白かったですね。

放送部の練習として、ゲームプレイに実況と解説を付けていたら、それがゲーム内のキャラである王子に聞こえるようになるという。

それによって、本来ただの嫌な女でしかないリーゼロッテが、実はツンデレであり、ツンの裏にはデレがあることを、王子に知らしめていく内容になっています。

ツンデレって、デレが分からないと単なる嫌な奴ですからね。
物語では分かりますけど、現実ではまず分かりませんので。
それを実況と解説で知らしめていくわけです。

そんでもって凄いのは、デレを発動した際のリーゼロッテ。
これがたまりません。
実に可愛いのですわ。

あんたよくもまあ、嘘であれだけ嫌な言葉を言えるね、と思うくらい、本心は世話好きの優しいお嬢さん。
本心を知ったら、そりゃ王子様もほだされますよ。
というか、惚れますわ。

何しろデレてる姿が強烈に可愛いですから。
あんなの向けられたらたまらんでしょ。
しかも自分にベタ惚れだってんだから、拒否する理由なんざありませんがな。

王子の声をやっているのが中村悠一さんなんですけど、私は中村さんのこういう演技って聞いたことなかったので、何か新鮮でした。

変な意味で笑えちゃったりして(笑)
リーゼロッテをデレさせる恥ずかしい台詞なんかも、ノリノリでやってそうな感じがして面白かったです。

リーゼロッテだけじゃなく、現実世界でのヒロインである小林さんも可愛くて、そちらも良かったです。

ポニテはやはりいいっすよ。
お胸も結構なお嬢さんでございましたし。
性格も明るくて楽しいですしね。
凄く可愛いのです。

遠藤くんが惚れるのも当然でしょう。
彼との初々しいラブ模様が良い感じでしたよ。

何気に泣かされる展開もあったりして、そこも気に入った点ですか。
遠藤くんを救ったあの言葉とか、そりゃ泣くわ惚れるわって感じでしたから。

他にも心を打つ展開がちょこちょこあって、笑いだけでなく、感動させる作品でもありました。

漫画版ではまだ描かれていない部分もアニメ化されていたので、どんな感じになるのかと思ってたのですけど、そこも問題なく楽しめました。

まあ、ちょっとギャグ的な雰囲気になっていたのは微妙でしたけど、そこくらいですかね。

最後も綺麗に終わっていて、幸せいっぱい夢いっぱいな雰囲気になっていて良かったです。
やはり楽しい作品は、最後まで楽しいまま終わって欲しいですから。

そういう点でも、実に宜しい作品でございました。
うむ、良作でござる。




shibachi1 at 15:26|PermalinkComments(1) アニメ感想 

2023年04月02日

春の新作アニメ

4月から新作アニメが始まるので、それのチェックです。

情報元は、毎度お馴染みMoon Phaseさん。



MIX MEISEI STORY 2ND SEASON

前作が良かったので観ますです。
妹ちゃんが可愛いのよね。


天国大魔境

原作が好きなので観ます。
お姉さんと少年のコンビが最高なのですよ。


地獄楽

原作が面白かったので観ますです。
戦闘シーンがカッコ良くアニメ化されているといいですねぇ。


山田くんとLv999の恋をする

ネトゲ恋愛話ですね。
こういうのは楽しそうなので観てみようかと。


スキップとローファー

少女漫画だぁ、と思ったら、連載はアフタヌーンなんですね。
でも内容は少女漫画でしょう。
こういう話は好きなんで観てみます。


勇者が死んだ!

こういった作品はアニメになると映えますからね。
原作のギャグがどこまで面白く表現されているか。
楽しみに観たいと思います。


青のオーケストラ

音楽ものは感動できるんですよ。
だから観ますです。
男女比率が良いのも私好みですし。


鬼滅の刃 刀鍛冶の里編

続きですので観ますです。
出来はいいと思うのですが、ただ、前作みたいな引き伸ばし的なダレさが無いことを祈ります。
テンポが悪いと良さが無くなりますからねぇ。


デッドマウント・デスプレイ

原作が好きなので観ます。
アクションシーンのカッコ良さと、ソリティアの奇人変人ぶりが、どこまで楽しくアニメ化されているか。
楽しみですねぇ。
っていうか、ソリティアの声は誰がやるんじゃ〜〜。


てな感じで、今回も観たい作品がそこそこあるので嬉しいです。
やはりそうじゃないと悲しいですから。
全部の作品の出来が良いことを祈りますわ。

shibachi1 at 17:28|PermalinkComments(0) 新作アニメの視聴予定 

2023年01月04日

冬の新作アニメ

1月から新作アニメが始まるのでそれのチェックです。

情報元は、毎度お馴染みMOON PHASEさん。


転生王女と天才令嬢の魔法革命

原作漫画が好きなので観ますです。

明るくて元気でハッチャけな主人公が、可愛くて良いのですよ。
駄目な弟がいて、お姉ちゃんなのもポイント高し。

この作品って、普通なら百合モノになるのでしょうが、私にとっては姉弟モノなのであります。


REVENGER

虚淵さんがストーリー原案とシリーズ構成なので観ますです。
漢同士の熱いバトルになりそうで楽しみですね。

あとは女性のドンヨリドヨドヨした恋愛が絡むと素敵なのですが。
エロゲー以外でそういうの描いてくれてないからなぁ。
わたしゃあれが好きなんですけどね。


アルスの巨獣

「進撃の巨人」の獣版って感じですかね。
ヒロインが変身するのも良さげです。

あとオッサンとのラブがもあるのかしらん。
オッサンが森川智之さんなので萌え。


ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん

原作漫画が面白いので観ますです。

ツンデレの内面を暴いてしまう実況と解説により、性格が悪いようにしか見えない悪役令嬢を、ただの恥ずかしがり屋さんに貶める(笑)のが楽しい作品ですわ。

まあ、ツンデレなんてのは、そうした内面の説明が無いと、ほんとただの嫌な奴でしかないですからね。
そこを救う話になっているわけですわ。

アニメで面白く表現されるのを楽しみにしております。


解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ

よくある話かなぁ、と思って原作漫画を読んだら、シュールなギャグを絡ませてくる、変な笑いのある作品でした。

主人公の声が杉田智和さんなんですけど、物事を淡々と受け入れていく辺りや、内面の独白なんかが、まさにピッタリって感じですね。

ヒロインも強烈なんで、そこがどう表現されているか楽しみです。


TRIGUN STAMPEDE

リメイクで、原作とは違った話、ってことで、まず「う〜〜ん」と思ったんですが、さらに絵がCGだったんで、さらに「うう〜〜む」となってしまいました。

好きな作品だけに、何故にCGなのかと残念です。
旧作の劇場版のアクションが凄く良かったので、あれをテレビシリーズでもやってくれるのかと期待してたんですけどねぇ。

 
NieR:Automata

アンドロイドばかりの話ってことで、ちょっと微妙なんですけど、面白そうなので観てみます。
ワクワクするような展開になると良いですなぁ。


魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜 II

前作を観てたので観ます。
ただ、主人公の声が変わったのが悲しいですが。

前作では、途中から私のお気に入りヒロインの影が薄くなっていたので、今回は目立ってくれることに期待です。
やはり可愛い女の子を愛でられないと楽しくないですから。


The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War

長年続いているゲームシリーズのアニメ版みたいですね。
やったこと無いんですけど、アニメオリジナルのエピソードらしいので観てみようかと。
軍隊モノなのも良いですしな。


虚構推理 eason2

原作漫画が好きなので観ますですよ。

今回は私のお気に入りの、雪女ちゃんのエピソードですしぃ。
可愛く描かれていると嬉しいですわん。


HIGH CARD

異能バトルモノみたいですね。

オサレな雰囲気があるので、カッコ良ければ面白いかな、と。
野郎が多いですが、女の子も居るみたいなので、そこで楽しめると良いですな。


英雄王、武を極めるため転生す 〜そして、世界最強の見習い騎士♀〜

原作漫画が好きなので観ます。

主人公が私好みなので、それだけで幸せな作品ですね。
可愛く描かれているといいなぁ。


痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第2期

メイプルちゃんが可愛いので観ますですよ。

前作を観て、メイプルちゃんのラスボスへの進化っぷりに惚れたのれす。
新しいスキルを身につけるたびに、ラスボスへと突き進んでいく、メイプルちゃんの活躍に期待でありますわ。


大雪海のカイナ

弐瓶勉さん原作ってことで、私の好きなSF作品なので観ますです。

空から降って来るのは、普通女の子なんですが、この作品の場合は野郎という。
弐瓶勉さんの作品は大抵そうですね。
野郎がどっかからやって来るのですよ。
女の子ではないのです。
いや、どうでもいいんですけど、何か気になったので(笑)


魔術士オーフェンはぐれ旅 アーバンラマ編

続きますねぇ、オーフェン。
さすがにもう続きはやらないかと思っていたのですが、まだやりますよ。
果たしてどこまでアニメ化するのか・・・


てな感じで、今回は多いですね。
実に喜ばしいことです。
観たくなる作品が少ないと悲しいですから。

毎回これくらいあるといいんですけどね。
次回にも期待であります。

shibachi1 at 15:22|PermalinkComments(0) 新作アニメの視聴予定 

2022年12月31日

第21回シバッチアニメグランプリ

年末恒例のこの企画。

私がこの一年、初めて観た作品の中から、良かった作品に賞を贈ろうというものです。
私自身の一年の振り返りってとこですね。

あとは、「この作品がいいんだよ」というお薦めの強調でもあったりします。
「ここまで推しているならどんなのかな?」と思って観てもらえたら嬉しいな、という感じですか。

まあ、こうした感想なんてのは、大抵そういう理由でやってますしね。
自分が良かったものは、他の人にも知ってもらって、それで共感を持つことに喜びを覚えるというか。

これは批判的な内容でも同じですね。
「これ、つまんねぇよ」って想いも共有したいという。

人間、良いことも悪いことも、共有してくれる人が居ると幸せになれるのでしょう。
辛い状態の人が、話を聞いてもらうだけで楽になるというのもそこから来るのでしょうし。

最近は批判的な内容をあまり書かなくなってますが、それは、面白くなかった作品について、時間をかけて記事を書くのも面倒だなぁ、と思ったからです。
どうせ時間を割くなら、面白かった作品にした方がいいですから。

批判的な内容って、書いている最中は楽しいのですが、改めて読み返すと、「好きじゃないのに何でこんなに頑張って書いているんだ」とか思っちゃうのですよ。
なので止めようと思った次第。

いや、書きたくはなるんですよ。
「ここをこうしてくれりゃいいのにぃ」ってのを、どこかに向かって叫びたいので(笑)

「面白くなかった作品」とは書きましたが、ある程度面白くはあるので、観続けた結果、「何故私の好みになっていないのか」という不満をぶちまけたいわけです。
でもそれをグッと抑えて(笑)書かないでいる次第。

作品の観方にしても、最近は「全部終わってからまとめて観る」という形になりました。

やはり続きが気になる状態で一週間待つというのは、どうにも嫌なんで。
観始めていなければ、「まだ始まっていない」と自分を騙して耐えられますからね。

まあ、その分、以前より作品に対する記憶が薄くなっている気もしますけど。
何しろ2、3日で1クール観ちゃったりしますから。
次の話が始まるまで1週間待つ観方とは、やはり違ってくるわけですよ。

以前の「1話を何度も観かえして感想を書く」ってやり方が嘘のようです。
あの頃は、何か凄く張り切ってましたねぇ。
アニメ感想自体も凄く流行ってましたし。
ブログで感想を書いている人が大量にいましたから。

トラックバックのやり合いをするのとかもありましたし、同盟とかもありましたね。
今の若い人は、トラックバックなんて分からんですかね(笑)

アニメ感想ブログ巡りをしていたのもいい思い出です。
それで自分と感性が凄く同じ人と出会ったりもしました。
あれは楽しかったなぁ。

前置きが長くなりましたが、何かここのところの、私のアニメ視聴&感想のスタイルを書いておこうと思ったもので。
ブログには、あまり日常的な内容は書かなくなっているので、こういう機会に書いておこうかと思ったのですよ。

まあ、そんな感じで、私のこの一年の中で、面白かったアニメについて書いていきたいと思います。

ちなみに、観る前に原作を読んでいる作品は、大賞からは外しています。
すでに知っていると公平性が無くなりますから。

あと、「私が初めて観た」作品の中から選ぶので、数年前の作品も混じってたりします。
あくまで「私の中での大賞」ですんで。

では、いよいよ発表に移りたいと思います。



【作品部門】

大賞 該当なし


今年はありません。

色々良かった作品はあるんですけど、大賞に選ぶほどではなかったというか。
あらゆる面で「この作品は素晴らしい」みたいにならないと選びませんからね。

とはいえ、良い作品が多かったので楽しい一年ではありました。
先入観に惑わされず、とにかく観ていく行為をして良かったですよ。
予想外に面白かった作品が沢山ありましたから。

ほんと配信サイトってのはありがたいですわ。
テレビ放送しかないと、放送当時に録画しなかった作品は、その後も観なかったりしますからね。
良い時代になったものです。


以下、良かった作品。


「Vivy -Fluorite Eye's Song-」

私の好きなSFで、歴史改変な物語ってことで、楽しませていただきました。
さらに歌アニメというおまけ付き。

AIが主人公で、人間では出来ない長い年月での改変行為が面白かったです。
何より地獄の経験をしていく辺りも。
そこら辺で、私の悲惨萌え琴線に触れた作品でもありました。


「86-エイティシックス-」

こちらも悲惨なお話ですね。
なので悲惨萌え琴線が悦んでました(笑)

お花畑思考の主人公が最初微妙でしたが、きちんと成長していったので、問題なく楽しめました。
もう一人の主人公も、やるべきことをやるプロ意識な人なので、そちらも良かったです。

何より最終回付近での再会シーンが最高でしたわ。
それまでの出来事は、このシーンのためにあった、という積み重ねの信頼関係が、実に素晴らしかったですから。
いや〜〜、良かったっす。


「ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜」

歌アニメとして素晴らしかったです。

とにかく歌うシーンの演出が見事で、ここまでやってくれれば満足すぎるでしょう。
歌自体も凄く良いものばかりでしたし。

中盤であった、主人公を励ますために歌うシーンは泣けましたしね。
男のアイドルなのにファンになっちゃいましたよ。


「推しが武道館いってくれたら死ぬ」

推しのために命をかける、愛情暴走状態の主人公が楽しすぎる作品でした。

いやはや、ここまで笑わせられるとは、全く予想してませんでしたね。
こういう楽しいノリの作品は大好きでありますわ。


「まちカドまぞく」

ギャグ作品として秀逸の出来でした。
笑い琴線を刺激しまくりでしたから。

私の苦手な女の子だらけの内容なのに、それを吹っ飛ばすほどの笑いの嵐。
最高過ぎます。

主人公シャミ子の可愛さが爆発していたのも幸せでしたね。


【キャラ部門】

大賞 該当なし


これぞというキャラがおりませんでした。

単に好きってだけなら何人かいるんですけど、大好きになるようなキャラはいなかったので。

これは萌えとは違って、人間的に凄く惹かれるってことなので、そうしたキャラが居なかったのですよ。
まあ、滅多にいないんですけどね。


【萌えキャラ部門】

最萌え賞 「シャミ子」(まちカドまぞく)


今年はシャミ子ですね。

もうとにかく可愛かった。
容姿から言動から、可愛くて可愛くて可愛くてたまりませんでしたよ。

特に声をやられている小原好美さんの、子供っぽい声質と演技が最高でしたね。
この方がやられていなかったら、シャミ子の魅力はかなり減ったことでしょう。
とにかく可愛かったっす。


他に萌えたキャラ


「心葉ちゃん」(地球外少年少女)

容姿から性格から、とにかく私の萌えツボを刺激しまくりのお嬢さんでした。
こういうお嬢さんに弱いのれすよ。
観ているだけで幸せ気分になれましたです。


「直葉ちゃん」(ソードアート・オンライン)

おっぱい。
私好みの容姿でおっぱい。
そして、兄に対する禁断の想い。

いや〜〜、実に素晴らしいお嬢さんでした。
普通に可愛くておっぱいさんってだけでも良いのに、許されざる想いを胸に秘めているのは最高です。
兄に対する想いで悶々としている辺りは痺れましたわ。


「曲世 愛」(バビロン)

萌えというかエロスというか。
超常能力を持つ、エロスの塊。

こういう設定大好きなので、たまらんかったです。
特に中学時代のエピソードとか、最高すぎでしたね。

声を担当されている、ゆきのさつきさんのエロっぽい演技も最高でした。


「猊下」(ソードアート・オンライン アリシゼーション)

こちらもエロ魔神。

とにかくエロエロなお嬢さんで、十代の容姿で、中身数百歳という素敵設定ゆえに、その背徳的な色香が凄まじかったです。

ベッドでの誘惑シーンも最高でしたし、ブサイクな部下の性的報酬の要求にも、「ま、いいでしょ」という感じで受け入れるのが素晴らしすぎました。

理想的なエロスキャラでございます。
猊下万歳♪


「四季博士」(すべてがFになる)

永遠の十四歳。
叔父を誘惑するエロス中学生。
ああ、何と素晴らしいのか。

オリジナルでそれを描いてくれたのが、アニメスタッフ素晴らしすぎということで、そのおかげで四季博士に萌えまくりでありました。
あの背徳的なエロス描写は秀逸でありましたよ。

うむ、良いアニメ化をして下さいました。


【エピソード部門】

大賞 「夢ファンファーレ ライブシーン」(ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜)


今年はこれですね。

歌アニメ好きな私としては、良い歌を、よく動く踊りと、ストーリーに合った演出で見せてくれたこのライブシーンは、実に極上ものでありました。

辛い想いをした主人公を、それまで彼女に冷たく当たっていたアイドル二人が、歌という形で励まそうと頑張る。
その友情を感じさせるこのシーンは、実に素晴らしかったです。

特に盛り上がりまくったところで、ポンっと入って来る、「届け!」の部分は最高でしたね。
演出も素晴らしかったですし。
主人公と一緒にキュンっとなっちゃいましたよ。

最終回まで観終わったあと、この歌を買ったのですが、アニメで使われた「届け!」の部分は、歌の音源とは違っているんですよね。
つまりあれは、アフレコで新たに入れたってことでしょう。

単に歌の音源を流すだけじゃなく、この時のアイドル二人の、主人公に対する想いを込めるためにそうしたんでしょうね。
スタッフの拘りを感じましたよ。

いやはや、ここまで見事に歌で魅せてくれる作品は珍しいので、実に素晴らしかったです。
歌自体が凄く良い歌だったのも大きいですしね。


他に良かったエピソード


「主人公二人の再会&他のメンバーとの再会」(86-エイティシックス-)

良い最終回一話前と最終回でした。

観ている最中、ずっと「再会しないかな。して欲しいな」という想いを抱いていたので、それを凄く良い感じで見せてくれたのが素晴らしかったです。

なかなか再会させないがゆえに、ついにそれが叶った、というので感動しまくりでした。
さらには、「もしかして再会シーンはきちんと描いてくれないのでは?」と不安を抱いていただけに、そうじゃなかった事による感動も強かったですね。

いや〜〜、良い再会シーンでありましたわ。


【主題歌部門】

大賞 「ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜 挿入歌(夢ファンファーレ)」



今年はこの歌ですね。

エピソード部門で、この歌が流れるライブシーンを選んだ理由にしても、この歌だからこそでしたし。
別の歌だったら、あそこまでの感動は無かったでしょう。
ほんと良い歌でございますわ。


他に良かった歌。


「ソードアート・オンライン アリシゼーション OP(ADAMAS)」

ノリノリの曲調で、聴いていて元気が出てくる辺りが、アニメの主題歌としてバッチリだな、と。

映像的にも、出だしの、幼馴染三人が走るシーンや、終盤でキリトとユージオ二人によるオサレな動きなんかが、観ていて楽しいものになっていました。


「総評」

今年は沢山アニメを観ました。
配信サイトで、とにかく色々観ましたんで。

第一印象的に微妙であっても、取り合えず再生してみて、大丈夫そうなら観ていった結果、予想外に面白い作品と出会えました。

あらすじや設定だけだと微妙でも、実際の演出や表現なんかで面白くなってたりすることがあるので、やはり作り手の上手さってのが大事なんだな、と改めて思いましたよ。

感想は書いてませんが、ほんと面白い作品が色々ありましたから。
単に「面白かった」だけだと、感想を書く内容が無いので書かなかっただけで、観ている間楽しめた作品は沢山ありましたからね。
そういう意味で、充実したアニメ視聴ライフでしたわ。

萌え的にも豊作でしたしね。
今回挙げたキャラ以外にも、「可愛い可愛い」と思ったお嬢さんたちが沢山いましたんで。
そういう意味で幸せな一年でございました。

来年は、私の気に入っている作品が、いくつかアニメ化される事が決まっているので、今から楽しみです。
PVを見る限り、出来の良さそうな雰囲気があるので問題ないでしょうし。
期待でありますわ。

shibachi1 at 14:10|PermalinkComments(0) シバッチアニメグランプリ 

2022年12月10日

サマータイムレンダ


サマータイムレンダ

面白かったです。

原作を読んでいたので、アニメならではの良さが無いと辛いなぁ、と思っていたのですが、十分にその要素がありましたので。

漫画にあってアニメに無いものと言えば、音と動きですか。
展開を知っているのに、声優さんの演技と、キャラの動き、さらに「間」なんかが加わると、凄くドキドキして、力入れて観ちゃいましたから。

続きも気になって、次の話をすぐ再生しちゃいましたし。
原作読んでて内容を知ってるのにね。
そうであっても惹きつけられるほどに、アニメならではの演出の見事さがあったのだと思います。

この作品は殺し合いがメインなので、「誰が敵なのか分からない」「いつ殺されるか分からない」状況の怖さってのが凄く感じられました。

終盤での、視聴者にすら見せない、「いつの間にか殺されてた」ってのは、一瞬呆けましたし。
「なにぃ?」となりましたよ。

原作読んでたのに(笑)
すっかり忘れていたので、衝撃でしたわ。

序盤のミステリー展開から、中盤、終盤でのアクションと、とにかくテンポ良く、スリリングで飽きさせない見事なアニメになっていたと思います。
原作が面白かっただけに、これだけ丁寧に作ってくれたというのは嬉しいですね。

残念なアニメ化ってありますからねぇ。
原作が好きなのに、観る気が起きなくなるレベルのが。
あれは悲しすぎますわ。

ポイントはキャラデザですかね。
キャラデザが微妙だと、駄目なアニメ化作品って多いですから。

その点、この作品は綺麗で良かったです。
私のお気に入りの澪ちゃんも凄く可愛かったしぃ。
萌え萌え出来て幸せでございましたよ。
恥ずかしがるシーンとかたまらんかったですしな。

そういや、ほとんどのキャラが方言を喋っているので、声優さんは大変だったろうなぁ、と。
本物の和歌山弁は知らないので、正確な評価は出来ませんが、標準語が基本の声優さんからすれば、イントネーションを変えたり、方言使ったりして演技すること自体が大変でしょうからね。
それだけで評価しますよ。

あと最近、日笠陽子さんの演技に感心することが多いのですけど、この作品でも素晴らしい演技でした。
いやはや、この人は凄いですわ。

っていうか、あの先生は胸デカすぎです。
アニメで見ると、そのデカさに違和感ありまくりでした。
小舟姉妹のお胸の方が、魅力的でございましたよ。
大きければいいってもんじゃないのです。

そこら辺を含めて、ヒロインである小舟姉妹が可愛くて良かったですね。
特に澪ちゃんはやはり可愛かった。
ああいう義妹は良いのですよ。

てな感じで、満足したアニメ化でございました。
いや〜〜、良かったでありますわ。



shibachi1 at 19:37|PermalinkComments(0) アニメ感想 

2022年12月04日

無能なナナ


無能なナナ Vol.2

いや〜〜、なかなか面白い作品でした。

最初はキャラデザと雰囲気がのんびりした感じだったので、ほのぼの学園モノなのかと思っていたのですよ。

楽しく笑える作品ならいいなぁ、と観始めたのですが、そしたら全然違っていたという。
とんでもなくシリアスで、重くてキツい内容でしたわ。

何この視聴者を騙す気満々なやり口。
1話を最後まで観たら、「え〜〜? そう来ますか〜〜」となりましたね。
私の期待していたほのぼのは一体どこへ・・・
まあ、面白かったからいいんですけど。

話の内容としては、「人類の敵」という謎の存在に、人類が狙われている状態で、主人公はそれに一人立ち向かっていく、といったものになっています。

何故一人なのかと言うと、ある理由から、周囲に何をしているのかバレないようにしないといけないからなんですね。
なのでかなり大変な状態になっています。
協力者ゼロですから。

しかも主人公には攻撃的な力は無いので、敵が超能力を使ってこないよう気を付けながら戦っていく必要もあったりします。

とはいえ、敵の方も、主人公が自分達を狙っているとは思っていないため、いきなり超能力で殺すようなことはしてきません。
なので、主人公としては、殺意を悟られず、密かに敵を倒していく必要があるわけです。
そこが面白さになっている感じですか。

そんな中、主人公の秘密に気づく人物が出てきます。
秘密の内容までは分かってはいないので、主人公のミスを探し、そこから暴こうと揺さぶりをかけてくるんですね。

主人公も負けじと誤魔化していくので、二人は腹の探り合いをし、舌戦を繰り広げて戦うっていくわけです。
そこら辺のやり取りが、頭脳戦になっていて面白いんですよね。

ノリとしては「デスノート」ですか。
表向きは、敵意を持っていないように見せつつ、内心では相手をどうにかしようと画策しているのが同じなので。

お互い言葉で相手を誘導したり、騙したりと、とにかく頭が良くないとやってられないって感じのやり取りが面白いですね。
私は頭のいいキャラって好きなので、そこら辺でこの作品は楽しかったですわ。

ラストは、いい感じで盛り上がったのですが、いかんせん全体の話としては、完全に途中でしかないので、少々消化不良気味になってます。
この作品って、原作を特に変更することなくアニメ化したみたいなので、普通に続いていく感じになっているのですよ。

そういう意味で、続きが気になる状態になっています。
あの後、主人公がどうしていくのかとか。
どうなっていくんでしょうねぇ。

そんな感じで続きが楽しみなので、二期が早くアニメ化されることを期待しております。



shibachi1 at 09:40|PermalinkComments(0) アニメ感想 

2022年11月19日

ロマンティック・キラー


ロマンティック・キラー 4

いや〜〜、面白かった。

ギャグ作品なんで、笑いとして楽しかったというのもあるんですけど、終盤での怖さとか泣けるのとか、そこら辺も見事でした。

最初は乙女ゲーのノリの作品と思ったんで、何だかんだでラブラブな感じになるのかなぁ、と予想していたんですけどね。
実際は恋愛展開は凄く薄くて、友情要素の方が強くなっている感じでした。

まあ、イケメン達の方は恋愛的ではあるのですけど、主人公は全くそっちには行きませんので。

ラブにはならないという。
下手にラブになるより、私的には良かったですけど。
鬱陶しさが出ないですから。
いや、別に恋愛が鬱陶しいってわけじゃないんですが、グジグジしたりするの好きじゃないんで。

主人公の性格的にも、男前な女の子で、ムカつく状況をスパっと叩っ切るのが、「姐御ぉ」って感じで良かったです。
終盤での泣ける展開も見事でしたしね。

泣きに入る前の怖い展開、あのドンヨリ感は凄かったです。
よくあるネタなんですけど、あそこまで怖さを感じさせた作品は珍しいな、と。
通常だと何となく観ていられるんですが、この作品のは素で怖さを感じましたからね。
実際に経験したらああいう感じなんだろうなぁ、と思わせるものがありましたよ。

それだけに追い詰められる感覚も強くて、それを結構引っ張るので、うわ〜〜、辛いなぁ、って感じでしたわ。

父親が味方にならないってのもキツいですし。
ああいう親は最悪です。
理解してもらえないってのはホント酷いですよ。

それを主人公が吹っ飛ばした展開には拍手喝采。
ズバッとやってくれたのは爽快で実に良かったですわ。
最高っす。

まあ、あれじゃイケメンも惚れるよな、と。
天然のたらしですわ。

というか、主人公に関わる人間は、皆似たような経験をしているので、彼女を好きになっているのも当然なんでしょう。
まさに姐御ですよ。

それにしても、まさかこういうネタを終盤に持ってくるとは思いませんでした。
中盤までの馬鹿っぽいノリは何なのかと思うくらい、いい感じでしたからね。
最後までギャグな作品だとばかり思ってましたわ。

何より予想外に泣かされたキャラも居ましたし。
あそこでそういう事しますかい。

まあ、それまでの付き合いを考えると、ああなっても納得なんですけど。
いつの間にやら主人公のことが好きになってたんでしょうね。
やはり天然のたらし。

まさに積み重ねが生かされた展開でした。
なので余計に泣かされちゃったわけですけど。
ああいうの大好きなもので。

というわけで、面白い作品でした。
話的には途中なんで、続きが観たいところですが、原作は打ち切りになっているそうで残念ですね。

って、そんな作品、ネットフリックスもよくアニメにしたものです。
世の中には色々作品があるというのに、何故にこの作品を選んだのか。
まあ、出来が良かったんでいいんですけど。

今後もこういう作品をアニメ化して欲しいところです。
いや、ネットフリックスでアニメ化される作品って、どうも好みに合わないのが多いので。

でも何か予算を削られて、アニメはやらなくなるみたいな話になっているので、難しいかも知れませんが。
どうなりますかねぇ。



shibachi1 at 09:31|PermalinkComments(0) アニメ感想 

2022年10月29日

よふかしのうた


よふかしのうた 上

年上ヒロイン万歳♪

それだけで気に入った作品です。

だって吸血鬼のお姉さんがヒロインで、しかも延々とお姉さんと一緒に楽しく過ごしている様子が観られる内容なんですよ。

そりゃあ萌えまくるに決まってるじゃないですか。

雰囲気が友達的なのも私好みですし。
変に年上女性ってことを意識したり、意識させたりするような言動もなく、「仲の良い二人が楽しく遊んでいる」って感じなのが良いのですよ。

お姉さんモノでありがちなのが、やたらとお姉さん的な言動をして、甘えさせるような雰囲気になってたりするのがありますが、私はそういうのは好きじゃないんですよね。

普通に対等な感じで、馬鹿なことを言い合ったり、やり合ったりする関係ってのが好きなので。

そういう作品ってあまり無いんですよ。
なのでこの作品は貴重なのですわ。

とはいえ、からかう感じでエロアピールはしてくるんですけどね。
それが結構エロいのです。
ちょっとドキドキさせられる感じだったりして、その際の雰囲気がなかなか宜しいのですわ。

でもこの主人公ってば、性的な方向へは行かない人なので、恥ずかしがりながらもスルーするのですよ。
何と勿体ない。
エロい関係になりつつも、友達感覚でもいてくれたら最高なんですけど。

まあ、お姉さんに血を吸われたりはしているので、それをエロ行為と捉えれば、エロい関係なんですけどね。
何しろ突き込まれて、喘がされているわけですし。
主人公の方が(笑)

このお姉さんは、下ネタが大好きで、バリバリな下ネタで攻めて来たりもするので、そこがちょっと引き気味になっちゃうんですけど、お茶目な部分として笑えるので良かったりします。

そのくせ、恋愛ネタには無茶苦茶弱いというギャップもあったりして。
真面目な恋愛話をすると、照れまくってフリーズしますからね。

何という純情さんか。
そこが凄く可愛くていいんですよね。

あと会話がとにかく楽しい。
主人公が頭良くて落ち着いたツッコミ気質なので、返し方が面白いんですよね。
しかも淡々とした口調であるのがまた良いのです。

っていうか、この作品ってそんな感じのキャラばかりですしね。
みんな淡々としたツッコミをするんで。

幼馴染の女の子も、主人公の事が好きそうなんだけど、嫉妬心とかほとんど見せませんでしたし。
他の作品だとありがちな、嫉妬からのキツい言動とかも無いのです。
淡々とツッコミを入れるだけで。

そこら辺で、変に感情的な言動が無いので、観ていて嫌な気分になることがありませんでした。

基本的にいい人ばかりですしね。
嫌な感じの人がいないのです。

全体的に、のほほんっとしてるというか、とにかくあまり感情の起伏が無い感じがしました。
平常心な雰囲気ばかりです。

話的には、夜中に街中をうろついたり、部屋でゲームしてたりと、とにかくお姉さんとの夜の遊びを堪能する感じです。
エロくない夜の遊びね(笑)

その中で笑える会話が絡んでくるので、飽きずに観ることが出来ました。

終盤にシリアス展開が入ってきたのには驚きましたが、そちらの描き方も、怖さがあって良かったです。

この作品のスタッフは、見せ方がかなり上手いなぁ、と。
原作は少しだけ読んだことがあるのですけど、ここまでいい感じでアニメ化してくれたというのは素晴らしいですね。

何にせよ、お姉さんとの楽しい雰囲気を堪能できたので満足したのでありました。
うむ、良い作品でございましたよ。



shibachi1 at 14:54|PermalinkComments(0) アニメ感想 

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ