スパロボ

スーパーロボット大戦 Mix Z -破壊と魂の神火-
第2次スパロボOG
スパロボUX
第2次スパロボZ 再世篇
スーパーロボット大戦UX 発売決定
第2次スパロボZ プレイその5
第2次スパロボZ プレイその4
第2次スパロボZ プレイその3
第2次スパロボZ プレイその2
第2次スパロボZ プレイ開始
第2次スパロボZのPV
スパロボL 33~最終話
スパロボL 24~32話
スパロボL 14~23話
スパロボL 9~13話
スパロボL プロローグ~8話
第3次スパロボα 終了
第2次スパロボα 終了
スーパーロボット大戦NEO
スパロボα外伝 終了
スパロボK 33〜36話
スパロボK 29〜32話
スパロボK 24〜28話
スパロボK 18〜23話
スパロボK 13〜17話
スパロボK 1〜12話
スパロボK 使う機体
スパロボα 終了
スパロボKのPV 二つ目
スパロボK 主人公キャラ発表
スパロボα プレイ開始
スパロボK 参戦作品OP集
スパロボKのPV
スパロボK 発売決定
スパロボZの攻略本
スパロボZ 3週目がまもなく終了
スパロボZ 3週目突入
スパロボZ セツコルート 48〜60話
スパロボZ ランドルート 58〜60話
スパロボZ ランドルート 48〜57話
スパロボZ 使う機体を増やすべし
スパロボZ 使う機体を減らすべし
スパロボZ ランドルート 37〜47話
スパロボZ ランドルート 26〜36話
スパロボZ セツコルート 42〜47話
スパロボZ セツコルート 35〜41話
スパロボZ セツコルート 23〜34話
スパロボZ バルディオスに対する妄想
スパロボZ ルナマリアさんの機体
スパロボZ セツコルート 16〜22話

2015年04月19日

スーパーロボット大戦 Mix Z -破壊と魂の神火-



これは「スパロボを実際にアニメ化してみたらこうなる」といった感じのMADです。

どういう技術で作られているのか分からないのですが、様々なアニメのキャラを同じ映像の中に入れてるんですよね。
実際の映像を使って、まるで一つの作品であるかのような状態にしているのです。
まさにスパロボのごとく、同じ場所に異なる作品のキャラ達が存在している訳ですわ。

ホントどうやって作ったのやら。
キャラ毎に映像を切り抜いて貼り付けてるんですかねぇ。
よくもまあ、作ったもんですよ。

前半部分は日常パートになっていて、様々な作品のキャラが会話しているようなしてないような、凄いカオス状態になっています。

アニメのキャラって個性が強くて、真面目なキャラだけじゃなく天然キャラも居たりしますから、それらが同じ場所に何人も居るとなれば、無茶苦茶な状態になってもおかしくありませんからね。
そういう部分がリアルに表現されている感じがして面白いのですわ。

キャラの個性って何種類かあって、普通だとそれが一つの作品中に一人くらいになってますが、多くの作品が集まると複数居る状態になる訳です。
熱血キャラやらボケキャラが大量に居る状態を想像すると凄いですが、それが実際に映像として表現されている訳ですわ。

そりゃもう無茶苦茶になっていて当然でしょう。
ホントカオス過ぎますよ。

そんな状態をまとめる立場のキャラを想像すると、何とも大変だろうなぁ、と(笑)

後半は戦闘パートになっているのですが、こっちは別の意味で凄い。
何しろ主役級ロボットのオンパレードですからね。

とにかく次から次へと主役級のロボットが登場して戦いまくる。
こんなのやられたらたまりませんわ。
まさに最強です。

それぞれの作品で最強の存在が集まって暴れまくり状態ですからね。
超強すぎです。
こんなのに勝てる訳がありませんわ。

「スパロボの戦闘って、アニメで観たらこうなってるんだろうなぁ」としみじみ思いました。
そりゃゲームの中でも勝ちまくりなのに納得です。

てな感じの映像になっているこのMAD。
スパロボ好きの人はもちろんのこと、ロボットアニメ好きの人にもお薦めです。
未見の方は一度ご覧あれ。

shibachi1 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月09日

第2次スパロボOG


第2次スーパーロボット
大戦OG


終わりました〜〜。

感想としてはちょっと微妙ですかねぇ。
というのも、序盤のラ・ギアスでの話が長すぎたので。

長い割に、話的にはあまり関係ない感じでしたし。
地上へ戻ってから色々関係性が見えてくるのかと思っていたのですが、何にもなかったですしね。

どうやら私が出来なかった方の分岐シナリオ(終盤)でちょっと関わるみたいですけど、それにしたって無くていいような感じだったので微妙でした。
もう少し短いのならいいんですけど、長すぎたので。

そのしわ寄せなのか、全体的にボス戦における盛り上げが薄くなっちゃっている感じがしました。
今回メインの話になっていたジョッシュ達、イング、ヒューゴ達、ガンエデン関連のネタの見せ方が物足りないんですよね。
ボス戦への繋がりが唐突なのが原因だと思うんですけど。

何より各敵勢力が地球を攻撃している雰囲気があまり感じられなかったのが痛いかも。
連邦軍に関しては、それをほったらかしにして鋼龍戦隊を付け狙っていた印象が強かったですから。
鋼龍戦隊にしても、その片手間にボスキャラを倒した印象が強いんですよ。

これまでの作品では地球の危機が強く感じられたので、その敵と戦う盛り上がりってのが強かったのですが、今作は内輪揉めの印象が凄く強いので、地球を襲っている輩が印象薄かったのですな。
そこがちょっと残念だったなぁ、と。

キャラ同士の絡みも弱かったですかね。
イベント的には絡むんですが、普段のどうでもいいネタがあまりなかった感じなので。
そこら辺で「仲間」という感覚が強まらなかったのも、楽しめなかった理由として大きいかも知れません。
私的にはそこら辺に面白さを感じているので、物足りなさがあると楽しめない訳ですわ。

序盤のラ・ギアスでのシナリオって「○○が大変だ」「じゃあ、そこへ行こう」みたいな単純な会話の繰り返しで話が進んだ感じがしましたしね。
何か昔のスパロボを思い出しましたよ(笑)

サイバスターネタはやっぱりあれですかねぇ。
別に売っている「魔装機神」の販促も兼ねて、あれだけ長々とシナリオを入れたんでしょうか。
マサキ以外の面子を出すだけなら、「α外伝」の時みたいに「理由があって地上へ来た」とすればいいだけの話ですから。
実際後半はそうなっていた訳ですし。

わざわざラ・ギアスを舞台に長々と見せたってのは、あの世界観に興味を持ってもらって「魔装機神」の販促に繋げようという意図があったように思えてならないです。

地上へ戻ってからもラ・ギアスに関するネタや、敵側も地上へ出てきて一つの勢力になるとか、そういう展開があれば良かったんですが、何も無かったですからねぇ。
そこら辺で序盤が非常に微妙に感じられた次第。

などと悪い点ばかり書いても何なんで、良かった点を挙げますか。
新キャラがなかなかに良かったな、と。

イングが強くてどうしようかと(笑)
リアル系の機体のくせに、一撃でザコ敵を倒しまくるのには笑ってしまいましたよ。
元ネタのスパロボが無い、オリジナルキャラ(一応漫画があるらしいが)のくせに、機体乗り換えの盛り上がりはカッコ良かったですしのぉ。
彼が一体何者なのか、今後の続編を楽しみにしたいと思います。

ジョッシュ達は、私は「D」をやっていないので思い入れは無かったのですが、話的には一番盛り上がったんじゃないかと。
敵との関わりなんかも良い感じで描かれてましたし、今回一番楽しめたキャラだったように思えます。

ただ機体がなぁ・・・
何ですかあのデンドロビウム(笑)
小さい機体がデカい装備を操縦している感じがたまりませんでしたよ。
そこら辺があまり好みじゃないんですよねぇ。
まあ、演出がカッコいいんで良かったですけど。

何よりリムはほーちゃんだしな。
可愛い演技の方はあまり聞けませんでしたが、取り敢えずほーちゃんの声に悶えながらプレイしておりました。

ヒューゴ達は「MX」で気に入っていたので良かったですね。
ただやはりこちらも機体が・・・
あのデザインは未だに慣れません(笑)

そして何と言っても良かったのがアリエイル。
最初は気にしてなかったんですが、戦闘中のカットイン。
これにやられました。
うむ、良いオッパイである。

フリッケライの戦闘描写もカッコいいので、凄く気に入って使ってました。
エクセレンからキョウスケを奪っているのも背徳感があって良かったですしね。

ネットで、合体技のEDNを「(エクセレン)D(旦那を)N(寝取られる)」と解説されていたのには笑ったっす(笑)
やっているのが「合体」技なだけに、まさに寝取りですからのぉ。

てな感じでストーリーや会話部分に関しては微妙でしたが、新キャラが魅力的だったので楽しめました。
ただSRポイントを無視していたせいで、真のエンディングの方へ行けなかったので、次回やる時は頑張ってやりたいと思います。

そっちのシナリオだとあの人が出るみたいですしねぇ。
ネタバレ読んじゃったので意外要素は消えましたけど、面白そうなので頑張りたいと思いますわ。

shibachi1 at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月29日

スパロボUX


スーパーロボット大戦UX

終了しました〜〜。

お盆連休があったので、凄く短い期間で終わりましたね。

私は「途中までやってから最初からやり直す」という事をちょこちょこやるのですが、今回はそれがほとんどなく終わったのも大きいでしょう。
こんな短期間で終わったのは初めてかも(笑)

とはいえ・・・
内容的にはあまり面白くありませんでした。

イベントごとの盛り上がりとかはいいんですが、いかんせんキャラの見せ方があまり良くなかったので。
スパロボの良さと言えば、別々の作品のキャラが絡む部分ですからね。
それによって本来別作品の住人であるキャラ同士が仲良くなり、一緒に頑張っていく姿に感動が生まれるというか。

でも今回はそれが何か弱いのですな。
同じ作品内での絡みはいいんですが、他作品キャラの絡みがあまり宜しくないのです。

何より主人公の影が薄い(笑)
というか、オリジナルキャラの影が薄い。

主人公とライバルの確執とか、ライバルの内面とか、そうした部分があまり描かれないので、入り込めないのですな。
無論イベントとしては描かれるんですけど、そうではない部分での描写が少ないので、積み重ねが足りない状態でイベントに突入している感じがしちゃう訳です。
プレイヤーの知らない部分で何かを経験したり納得したり、みたいな雰囲気な訳ですよ。

要はシリーズ物で、途中数話抜いちゃったみたいな感じですか。
そういう雰囲気があるので、ちょっと盛り上がれない部分がありました。

例えばエピローグの際に、主人公はアレルヤ達と施設を経営していくみたいですけど、アレルヤ達とそこまで仲良くなっている描写が無かったので、何か変な感じがする訳ですわ。
もっと普段から「お互いが施設出身」みたいな会話をしておくとか、そういうのが欲しい訳です。
確かに設定的には、両者共に施設出身なんで納得なんですけど、心に響かないネタになっちゃっているなぁ、と。

ラスボスなんかは、何かそれまでの話の流れとの繋がりがあまり感じられなくて、「あんた誰?」みたいな感じになっちゃったんで盛り上がりませんでしたし。
憎めないラスボスってのはやはり駄目っすよ。
やはり「裏で操っていた」みたいな黒幕的要素がもっと強く欲しかったですわ。

そういう部分でのキャラの見せ方として、この作品は微妙だったように思えた次第。

あと、世界設定がイマイチ分からなかったです。
未来なのか過去なのか、並列世界は違うみたいですが、一体何がどうなっている状況なのかが分かりにくいっす。
ゆえに盛り上がれなかったというか。
そこら辺で残念でしたね。

などとあまり悪いことばかり書いているのも何なんで、良い面も書きますか。

イベントの見せ方。
これは凄く良かったです。
個々の作品の感動する内容を、実に上手く表現していましたので。
凄く燃えましたよホント。

私の好きな作品がメインになっているってのも大きかったですが、「ラインバレル」は原作を知らないのに燃えられた訳ですから、やはりそこら辺はスパロボスタッフの上手さが出ていたのではないかと思います。

戦闘シーンもスピーディになっていて良かったですしね。
これはホント嬉しかった。
UXをやる前にやっていたZシリーズは、死ぬほどアニメーションが長かったですから。
今回はそれが短くなり、さらに早送り機能もあるので、凄く爽快にやることが出来ましたわ。
普段からこれくらいだと嬉しいんですけどねぇ。

スキルシステムに関しては、ちょっと微妙ですかね。
使い慣れていないってのもあるのですが、私的にはPPシステムの方が個別に設定が色々出来て楽しいので。

というか、どういうものなのか勝手が分からないので、取り敢えず主人公に入れまくっていたら、いつまで経っても入れられたので、結果、主人公が馬鹿強くなっちゃいましたし。
そこら辺で爽快感が出て楽しくはありましたが(笑)

てな感じで、システムやイベントは素晴らしい出来、キャラや会話としては微妙、な内容でしたかね。
私としては後者を重視するので、どうしても辛い採点になってしまいましたが、他の人は結構褒めているので、良作と呼べるのではないかと。
ゲームとして考えれば前者の方が大事ですしね。

ま、ネックとしては「プレイするには3DSを買わないといけない」というのがある訳ですけど。
それが一番のマイナス点でしょうねぇ(笑)

shibachi1 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月28日

第2次スパロボZ 再世篇


第2次スーパーロボット
大戦Z 再世篇


ようやく終わったっす〜〜。

私はどうも色々やり方を模索しているので、やり直したりなんだりよくするんですよ。
そのせいで遅くなる訳ですわ。

それは毎度のことなんですが、今回はスパロボに対するやる気自体が落ちて、全く触れさえもしない時期があったりしたのですな。

いや〜〜、あの時期はホント全然やりたくもなりませんでしたからねぇ。
これまでのスパロボ人生(笑)では考えられないくらいの状態でしたわ。

そんな感じでようやく終わらせた訳ですが、感想としては、まあ、良かったんじゃないかと。
ストーリー的にも前作からそうでしたが、テロリスト集団(笑)が沢山いる状態を上手く誤魔化して仲間として活躍させてましたので。

スフィアネタも絶好調(笑)で、このまま第3次が出れば決着が付く感じでしょうか。
一番気になるのはアサキムの過去なので、そこら辺が明かされるといいですねぇ。
ほったらかしで終わられたら悲しいですので、是非とも続編をお願いします。

でもそうなると、登場ロボが多すぎるので辛いんですけどね。
私は各作品の主人公ロボットは全部使いたいので、あまり出されると使い切れなくて寂しい訳ですよ。
ある程度そこら辺は調整して欲しいものですわ。

オリジナルの主人公ロボットは、基本的にリアル系なんでちょっと寂しかったですか。
一応格闘武装にしたんですが、やはり私はスーパー系が好きなもんで。

主人公であるクロウのキャラ性は相変わらず面白いですし、デュオ達との会話のテンポの良さとか実にいい出来だったと思います。
やはりこうした作品を超えたキャラ同士の絡みが上手いといいですね。
ホント上手いんで感心しますよ。

無印Zの主人公二人が出たのは嬉しかったです。
特にせっちゃん万歳。
やはり振るインパクト(笑)なオッパイは素晴らしいです。
第3次が出たらクロウも出たりするんですかねぇ。

敵方として、クロウのトラウマなマリリンが出てましたが、これまたオッパイさんでしたな。
キツい性格ですが、結構お気に入りのキャラなので、今後も出て欲しいところです。
何か最後は乙女チックモード入ってましたし。
可愛かったですよあれ。

というか、今回ヒロインが居ませんな。
クロウが女嫌いってのもありますが、ラブが全然無かった。
マルグリットとも進展ないしねぇ。

エスターがやはりヒロインなのでしょうか。
私としてはお姉ちゃんキャラなので、マルグリットの方が好みなんですがね。
真面目要素も萌えだしのぉ。

って、そういやエスターって猫の妖精で、マリリンは化け猫。
クロウのトラウマ猫要素を持っている点で、エスターに勝ち目はないですなこれ。
いや、逆にそういう意味でトラウマ克服になるのか。
どうなるのやら。

戦闘に関しては、結構楽でしたね。
昔のキツいボス戦がトラウマになっているせいか、ボス戦前には凄く準備万端整えてからやるんですけど、そうしているとあっさり勝てちゃったりして、「あれ? 終わりなの? HP回復とかそういうの無いの?」とか色々拍子抜けしたりしました(笑)
まあ、これくらいの方が楽しくプレイ出来るのでいいですわな。

個人的にはスザクが結局終盤までほとんど使えなかったのが残念ですかねぇ。
それを一応楽しみにしていたので。

それにしても第2次はテロリストが多いんで、ホントそこら辺の正当性を持たせるネタが大変そうでしたわ。
正当派ロボット作品の面々が苦悩しているのが何とも言えませんでしたよ。
何とか上手く処理していたので良かったでありますわ。

shibachi1 at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月13日

スーパーロボット大戦UX 発売決定

3DSでスパロボが発売です。

DSだと声がありませんでしたが、これはあります。
あるのですよ〜〜。

その状態で「デモンベイン」が参戦するという。
アルが、アルが喋るある〜〜。
バンザ〜〜イ。

もうそれだけで買う気になりました。
エロゲーが原作だから無理だ無理だと言われてきましたが、ついに参戦ですわ。
僕らのアルが参戦だぁ〜〜。
こんなに嬉しいことはない。

「ファフナー」も参戦で、真矢ちんが喋るぞ〜〜。
素晴らしいぞ〜〜。

でも乙姫ちゃんは喋らんのでしょうな。
喋るのは無いだろうなぁ。
残念だ。

取り敢えず3DSを持っていないので、同梱版を買いますかね。
DSの時は本体が売り切れ状態で酷い目に遭いましたが、セットなので安心です。
うむ、楽しみである。

shibachi1 at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月04日

第2次スパロボZ プレイその5


第2次スーパーロボット
大戦Z 破界篇


41話から最終話まで、つまり終わりました〜〜。

取り敢えず終わった感想は後にして、まずは最終話までの内容について。

マクロスFの話があっさり終わってなんじゃらほい。
と思ったんですが、どうやら続編でやるためらしいですね。
だったらやらなくても良かったんじゃないかと思ってみたり。

ゴッドマーズの話は、これまた結構あっさりしていて拍子抜け。
というか、今作はボスキャラが簡単に倒せるので何か楽ですね。
普通に攻撃してるとすぐに倒せてしまうという。
身構えているので拍子抜けですわ。

OOも簡単だったしなぁ。
というか、グラハムが同じ面で出ずに、関係ない話の時に出てきたのはちょっと微妙でした。
何か話の流れに合ってないし、私は刹那を出してなかったので盛り上がらなかったしで、適当に倒してしまいましたんで(笑)

エウレカセブンは、どうにもこうにも。
ホランドそれでいいんかい。
そんなんでいいんかい。

何というか実に簡単な事で止めるのですなぁ。
普通に暮らしていたら当たり前である事を感じられなかったがゆえの悲劇ってことかしらん。
まあ、酷い目に遭っているからおかしくなっていて当然なんですけど。

オリジナルの敵に関しては、何か掘り下げが弱いので思い入れが起きず。
というか、全体的に今作は掘り下げが弱い気がしますね。
上っ面だけを描いているというか。

前作キャラとの合流と、その後の展開もあまり描写が無いですし。
というか、合流するのが中盤なんで、描く時間が無いってのもあるんでしょうけど。
もう少し早めにすれば良かったんじゃないかと思いました。

基本的に今作のキャラの視点でやっているので、もう少し前作キャラとの絡みが描かれないと微妙感が強いのですよ。
αシリーズなんかだと、前作キャラの視点だからそういう事は無いんですけどね。

前作をやった後すぐにやれば気にならないのかなぁ。
どうにも中途半端な感じがして微妙なんですよねぇ。

という感じで、全体的なストーリーとボスキャラの弱さがイマイチなスパロボに思えました。
会話は絶妙で面白かったんですけどね。
どうにも前作キャラとの関わりや、オリジナルキャラの描写が微妙だったので。

続編があるせいでそうなっちゃったのかなぁ。
何かチグハグ感が否めませんよ。

まあ、面白かった事は面白かったのでいいんですけどね。
ただ参戦作品が多いせいか、あまり使わないで終わっちゃった機体があるのが残念です。
特に前作からの作品にそういう感覚が強いですわ。

好きな機体だけで出撃枠が埋まっちゃうので、ちょっと使いたい機体が使えないんですよねぇ。
そこが何とも。

続編もこのままの参戦作品数で、さらに新規参戦作品が増えたりするのかしらん。
そうなったら凄く困るでありますよ。

shibachi1 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月02日

第2次スパロボZ プレイその4


第2次スーパーロボット
大戦Z 破界篇


37話から40話までやりました。

ダンクーガがようやく仲間になり、頼りになる先輩として活躍しているので楽しいです。
というか、やはり時代の差を感じますな。
先輩方は昭和の不良って感じで、ノヴァの面子は現代っ子って感じなんで(笑)
カットインがアニメのものなのでさらに時代を感じました。

エウレカセブンは、ホランド達の言動に嫌〜〜な気分を味あわされ・・・
映画版は何か酷そうですのぉ。
でも相変わらずエウレカたんは可愛くて、レントンとのラブは楽しくて良いです。
ホントエウレカたんは可愛いですわ。

ボトムズの話は何とも微妙。
暗い、暗いよ(笑)

ゲッターはようやく原作の話になりそうですね。
ここまで長かった。

という感じで、特に面白い要素は無く。
んで使う機体がかなり固定されて来ましたね。
ここんとこ、どうしても使いたい機体しか出撃枠が無いので、他のロボを使えないのでちょっと寂しいです。

そういやヨーコのカットインってオッパイばっかりですな。
そのためについ使ってしまう自分はオッパイ馬鹿だと思うのでありました(笑)

shibachi1 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月01日

第2次スパロボZ プレイその3


第2次スーパーロボット
大戦Z 破界篇


30話から36話まで終了です。

ついに主人公機がパワーアップですよ〜〜。
とはいえ、何か皿みたいのが四つ付いただけの武器なんで、あまりカッコいいとは言えず。
う〜〜む、どうもリアル系ってオリジナルだとカッコいい武器があまり無いんですよねぇ。
残念でありんす。

っていうか、そうか天秤座だから皿なのね(笑)
前作で獅子座と乙女座やったから、今作でも何かしら星座の機体なんだと思ってましたが、まさか天秤座だったとは。

って、そういや敵がしょっちゅう天秤天秤言ってましたな。
天秤座の存在自体を忘れていたので気がつきませんでしたよ(失礼な)

んでそれとは別に、今回やっていて最大の素晴らしい情報が一つ。
オッパイ寄せて揺らしてのお嬢さんであるマルグリットさんは、何と姉である事が判明。
しかも弟を気遣うお姉ちゃん。
弟に対して語りかける時は自分を「お姉ちゃん」と呼ぶ素敵ぶり。
おおっ、何とナイスな。

ただ弟が死んでいるので、姉弟の絡みが観られないのが残念。
む〜〜、回想シーンでも出ないですかのぉ。
期待期待。

話的には、カミナが死亡って事で、かなり重い状態になってますな。
原作を観ていなくても、スパロボの中でかなり目立ち、活躍していたキャラですから、その死は凄く影響がありましたわ。
あのティエリアでさえ悲しんでましたからねぇ。

ここら辺も今作のシナリオの上手さで、この時点でのティエリアの心境ってのがだいぶ砕けていたので、カミナの死を悲しんでも自然になっている訳ですよ。
そういう意味で今作のシナリオはホント上手いです。

クロウの借金ネタを使った笑える会話とかも面白いですしね。
他のキャラからのツッコミが秀逸になっていて楽しすぎですわい。
やはり会話が楽しくないとスパロボは面白くないですからのぉ。

他の話的には、エウレカセブンのネタで、驚愕の17歳設定に驚いたです、おいおい。
ケンゴウおいおい(笑)
無理だろおいおい(笑)

しかもテレビシリーズとは性格が違うのか、地味に自分勝手な感じのホランド達に衝撃ですよ。
映画版はキツいですなこりゃ。
レントンは大変ですなり。

そんでダンクーガノヴァは、ようやく合体状態で出撃出来るようになって一安心。
今まで合体するまで弱くて悲しかったですからね。
くららたんの出番も少ないしさ。
でもこれでこれからは大丈夫なのでありますわ。

ルート選択は、ダンクーガノヴァが居るルートって事で、原作でもトンデモ回となっている「超時空シンデレラ、ランカちゃん熱唱」の話が出て苦笑。

取り敢えず最後に出た選択肢はシェリルを選んでおきました。
私は原作でシェリル派だったもんで。

ちなみにBGMがずっとキラっ☆の歌なのは良いことだと思いました。
変わっちゃったらデカルチャー効果が無くなっているみたいに思えちゃいますからねぇ。

OO的には、トリニティ兄二人がやられちゃう話ですね。
ネーナは果たして仲間にならずに終わってしまうのか。
そうだとすると残念ですのぉ。
くぎゅの声を堪能したかったですので。

というか、原作よりもトリニティ兄妹のやっている事がキツく感じられていいですね。
原作だと刹那達も似たような事をしているからあまり違いを感じなかったのですが、スパロボだと刹那達は武力介入をしなくなっているので、トリニティ兄妹の行為がキツく感じられた訳ですよ。
そういう意味で完全に悪役になってましたな。

そんでトランザム発動。
すっかり忘れてましたが、OOにはこれがあったんですよね。
イマイチだったキュリオスも強い機体に変身で万々歳です。
まあ、どのみちほとんど使いませんけど(笑)

っていうか、新規参戦作品には私の好きな作品がほとんど無いので、基本的に前作参戦作品ばかり使っているんですよね。
そこら辺で今作の「途中まで前作キャラが出ない」って作りには、辛いものがあったのでありました。

shibachi1 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月30日

第2次スパロボZ プレイその2


第2次スーパーロボット
大戦Z 破界篇


21話から29話までやりました。

突如ボスキャラが登場してビックリですわ。
しかも何ともラオウみたいな豪快なボスキャラですよ。
こういう感じでドドーンとボスキャラが降臨するのは初めてのような気がするので楽しかったり(笑)
とはいえ、きっとラスボスは違うんでしょうけどね。

んでアサキムが現れたのには驚きました。
まあ、前作と繋がりのある世界ですし、アサキムはシリーズの肝な要素って感じもするので今後も出そうですけど。
αシリーズでのイングラムみたいなもんですか。

ルート選択は宇宙を選びました。
ダンクーガノヴァが出るのにしようと思いましたんでね。

そしたらネーナ出たネーナ。
出ないかと思っていたら出たよくぎゅぅ。
良かったくぎゅぅ、良かったくぎゅぅ。
でも乳揺れはないぞ残念だ。
今回は他のキャラでも揺れないから、基本的に無いのかしらん。

んでようやく前作のキャラと合流したので嬉しかったり。
シンちゃん御一行でありますよ。
SEEDだけじゃなくZガンダムも出てくるので「シンちゃん御一行」なのですな(笑)
カミーユと仲良しですからねぇ。

続けてグラヴィオンも登場〜〜。
やっぱり宇宙を選択して良かった。
グラヴィオン最高っす。
燃えてくる〜〜。

ただリィルたんのカットインが見られないので残念です。
何の武器を選べばいいのだ〜〜。
無かったら悲しい〜〜。

というか、PSPのせいか全体的にカットインが少なめですよね。
ソルグラヴィトンクラッシャーパンチでもカットイン無いしさ。
そういう点で、やはり据え置き型のハードで出して欲しいと思うのでありました。

そういやシンちゃんがアサキムの話をした時に「セツコさん云々」と言ったのに大興奮。
やっぱりラブね、ラブなのね。
いいなぁ、このままスパロボ的にはくっついちゃえばいいのに(笑)

いや、スパロボZで主人公のセツコとシンがいい雰囲気になっているんですよ。
そのせいで2chでもラブなSSが作られたりして。
詳しくは、まとめサイトがあるのでそちらをどうぞ。

取り敢えずこの作品は「セツコルートの続き」って事なのかな?
シンちゃんがセツコと関わるのはセツコルートだけですしね。
というか、ランドルートだとランドはアサキムと仲良くなっていたので、やっぱりセツコルートの続きなんでしょう。

そしてついに現れる、僕らのオッパイ救世主、揺らして寄せるお嬢さん。
マルグリットさんの登場ですよ〜〜。
いやはや、他のキャラが揺れないだけに堪能させていただきました。
何とも素晴らしい揺れ具合、寄せ具合でありますよ。
良かった良かった。

他にもアクエリオンが参戦して、そのあり得ない攻撃ぶり(笑)にティエリアが動揺するのが面白かったです。
まあ、普通は納得出来ないよな(笑)

ダンクーガもちょろっと出てきて、今度は忍達が顔を晒してたので嬉しかったり。
これはやっぱりダンクーガだけの世界から単独で来たって感じなんですかねぇ。
マクロスFもそうな訳だしあり得ますな。

そんでビッグオーも出た〜〜。
やっぱり好きなロボが出ると興奮しますなぁ。
今まで好きなロボがほとんど無かったんで、戦闘が急に楽しくなりましたわ。

スザクも仲間になって、あらビックリ。
まあ、パッケージの真ん中に描かれているので、使えない事はないだろうと思ってましたが、結構早く使えるようになったので嬉しいです。

C.C.も使えるようになりましたしな。
カットインが豪華で素敵っす。
あとはオッパイが揺れれば完璧だったのだが。
まあ、ゆかな様のお声が聞けるだけで満足ですけど。
今後このコンビは使いまくりですよ。

いや〜〜、急に楽しくなってきましたわ。
やはりスパロボは自分の好きなロボットが沢山出ている方が面白いです。
これから怒濤の中盤を楽しみたいと思いまする。

shibachi1 at 21:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月29日

第2次スパロボZ プレイ開始


第2次スーパーロボット
大戦Z 破界篇


取り敢えず始めました。

これのために事前にPSPを頑張って買いましたよ。
売り切れ状態が続いてましたから、Amazonをちょこちょこチェックしてようやく。

でもいざスパロボをやろうとして失敗した事に気づく・・・
メモリースティックを買ってなかったんですよね。

ゲームを起動したら、「メモリースティックを差さないとゲームは出来ますがセーブは出来ません」みたいに表示されてショック。
セーブ出来なきゃやってられませんがな。
ずっと電源入れっぱなしは辛いです(笑)
始めようとしたのは夜だったので、翌日の朝に買いに行きましたわ。

いや〜〜、参りました。
ソニーのハードはそういう仕様だったのを忘れてましたよ。
取り敢えずメモリースティックを買ってきて、ようやくプレイが出来たという次第。

んで一旦21話までやったんですが、気に食わないのでやり直しました。
いや、ルートをマジンガーのにしてたんですが、どうにも面白く無かったので。
やはり今回はダンクーガノヴァを目当てでやっているので、ダンクーガノヴァのイベント見逃すのが嫌だったんですよね。

二週目でやればいいって話もありますけど、主人公が同じ作品の場合、あまり二週目ってやる気が起きないのですわ。
だから一週目でダンクーガノヴァのイベントをこなしたいなぁ、と思いまして。

そんで実際ルートを変えたらこれが楽しい。
だってちゃんと原作の1話の内容からやってくれてるんですもん。
スパロボLの時はそこら辺がすっ飛ばされていたので悲しかったのですが、今回はちゃんとやってくれましたです。

やはり新規参戦作品は原作の1話からやって欲しいですよね。
その点このスパロボでは、他の作品も原作の1話からやってくれているので嬉しいですわ。

現在20話までやり直したのですが、ダンクーガとの絡みのイベントも出てきたりして凄く嬉しくなりましたです。
あの設定ってどうなってるのか明らかになるのが楽しみですよ。

実はやり直す前に、合流した後の会話でこの絡みのイベントがあったのを知ったから、凄くやりたくなってやり直した次第。
ダンクーガも好きですからのぉ。

ダンクーガノヴァ自体は、なかなか合体出来ないので、くららたんの出番が少ないのが悲しいですが、カットインで葵のオッパイが見えまくりなのでその点で喜んでおります。
揺れないのが残念ですが(笑)

戦闘ではくららたんのカットインのある断空砲を使いたいのですが、ちょっと使い勝手が悪いので、というか合体した状態自体が少ないのであまり見られないのが悲しいところ。
やはりなかなか合体出来ない設定は辛いでありますよ。

他の作品としては、ゲッターが頼もしいですね。
キャラ的に(笑)
ああいう豪快な性格ってのは頼りがいがありますわ。

あとはやっぱりエウレカたん。
エウレカたんが可愛いです。
でも戦闘の会話で出ない時があるのが悲しすぎましてね。
どうして毎回出ないのさ。
もきゅ〜〜。

そして今作目玉の、操縦が下手な主人公キャラ(笑)であるルルーシュですが、機体も機体なんであまり活躍させられず。
早いとこC.C.がパイロットにならないかなぁ。

一応イベントで目立ってはいるのですが、例の床落とし作戦も真面目な仲間には否定され、何とも困った状態に。
ダイガードなんかは「人を避難させたって、住む所が無くなるってのは大変な事なんです」みたいに主張する主人公な訳だし、ホント相性悪いですね(笑)

何とか口八丁で誤魔化してますけど、基本的にあの作品は、ブリタニア人の生活を破壊する作戦ばかりやっていたから、今後も微妙でしょうな。

あとカミナが本能でルルーシュの裏と必死さを見抜いていたのが面白かったです。
やはりルルーシュの天敵は頭のいいキャラじゃなく、本能で動くタイプな訳ですよ。

それとガンダムOOですが、プレイ前に考えてたのと違って結構使ってますね。
当初は使うつもりは無かったのですが、全体の機体数が少ないのと、リアル系は序盤はOOしか出ないんで。
刹那の二回行動は便利ですし、ロックオンとティエリアの遠距離射撃は削り役として実に良いですしね。

アレルヤは・・・
え〜〜、特に要らない?(ひでぇ)
だって強力な武器が無いんだもん。

そうそう、ナドレが思っていた以上に弱かったのでガッカリ。
何か原作だと凄く強いイメージがあったんですが、キュリオス並になっちゃってましたんで(やっぱひでぇ)

というか、あのイベントで出なかったということは、くぎゅは出ないって事なのかしらん。
それは非常に残念ですよ。
乳揺れに期待してたのにぃ。

取り敢えずOOは、刹那とヒイロの絡みが面白すぎるのでたまりませんわ。
「お前はガンダムではない」
「お前もガンダムだ」
訳が分からんですよ(笑)

これでガンダム元祖のアムロさんと逢ったらどうなっちゃうんでしょ。
楽しみですわ。

そういや今作の主人公って、ルートをダンクーガノヴァのにしたらソレスタの一員になってるんですよね。
これには笑った。
あんなん入れていいんかい?(笑)

この主人公は前作の主人公に続いて兄貴的な性格で、名前の通り苦労しているのですな。
面白い性格なんでやっていて楽しいですけど。
借金まみれな状態と、それをネタにした守銭奴ギャグも面白いですし。

ただ機体がリアル系なのが残念なんですよねぇ。
パンチ力に欠けるからなぁ。

というか、戦闘アニメーションが長いんですけど・・・
どうしてこうオリジナル機体は長いのかなぁ。
今回早送りが出来ないんで辛いっすわ。
何でスキップになっちゃったんでしょ。
早送りの方が好きなのですが。

てな感じで、かなり楽しくプレイ出来ている状態です。
ここんとこシナリオが微妙なスパロボが続いていたので辛かったのですが、今作はそこら辺が良さそうなので楽しみですわ。

早いとこ前作キャラと合流して欲しいところです。
私の好きな作品ってあっちに集中してますんでねぇ。
早くグラヴィオンやシンちゃんを使いたいでありますよ。

shibachi1 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

第2次スパロボZのPV


第2次スーパーロボット
大戦Z 破界篇


いよいよ発売日が近づいて来たという事で楽しみな第2次スパロボZ。

長めのPVも公開されて、私のテンションは鰻登りです。
早速視聴でありますよ。

最初にダンクーガが出てきますが、マジンガーとゲッターがリメイク版の方なんで、何とも古さの印象が強いですな。
使い回しのカットインが微妙でしたが、砲撃シーンは新しかったのでホッと一安心。

そのリメイク版である真ゲッターですが、悪人竜馬(笑)の活躍がついに観られるので楽しみです。
そういや携帯ゲーム機のスパロボでも、真ゲッターが出てるやつはやってなかったんだわ。
その点で新鮮ですね。
取り敢えず石川英郎さんの「ゲッタ〜〜ビィ〜〜ムっ」は最高ですな。

ダンクーガノヴァは、オッパイ断空剣が最高っす。
揺れているように見えなかったのが残念ですが、取り敢えずオッパイなんで良しとしましょう。
葵は他のシーンでもオッパイなんで楽しみです。

何にせよ、ようやく喋る状態での参戦なので燃える萌える。
くららたんの活躍にも期待でありまする。
というか、ダンクーガとの絡みはどうなるのでしょうなぁ。

真マジンガーは・・・
スミマセン、やはり甲児くんが石丸さんじゃないと安心感が無いです。
いつもは頼れる甲児くんが頼れないわ(笑)
そういうところが新しい。
ただブレストファイヤーのカットインはカッチョええっすな。

エウレカセブンは、エウレカたんが出ているのに感涙。
これでニルヴァーシュを使うのが楽しくなるぜ。
何しろスパロボZでは、原作を観ていないのに嬉々として使いましたからのぉ。
やはりエウレカたんは素敵だぜ。
必殺のカットバックエウレカた〜〜んに期待である。

グラヴィオンは、最初からソルグラヴィオンなんですかねぇ。
普通のグラヴィオンの状態の方が好きなんでちょと残念かも。
取り敢えず今回も一番頼れて安心なスーパーロボットでありますよ。

ガンダムOOは、キャラが出てくるだけで可笑しくなってくるのは何故だらう(笑)
何か笑っちゃうんですよね。
真面目な作品のはずなのに。
取り敢えずあまり好きな作品ではないので使う予定は無いのですが、くぎゅのキャラだけは使おうと思っている次第。
オッパイだし。

てな感じで、PVを観ているだけでテンションが上がりますな。
あ〜〜、早いとこやりたいですねぇ。
ここんとこスパロボをやっていないので欲求不満なのですよ。
発売日が楽しみでありんす。

shibachi1 at 21:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月02日

スパロボL 33~最終話


スーパーロボット大戦L

ようやく終わったです。

何て言うか終盤の嫌な作りには参りましたわ。
ラスボスの「マップ兵器でドッカンドッカン」は勘弁して欲しかった。

さらに嫌がらせとばかりに、ミサイルやらザコ敵やらを召還するのにはウゲェとなりましたね。
取り敢えず1ターンで倒せたから良かったけど、倒せなかったら凄く嫌だったでしょう。

序盤の簡単さと比較し、終盤は強烈なまでに面倒な展開が多いので、そこら辺でうんざりしちゃいましたわ。
お手軽に出来ると思いきや、油断しているとやられたりして、難易度的には結構高いかも。

まあ、やられても金が減らなかったり、戦艦に乗せても気力が減らないんで、「一旦戦艦に収容、回復させて再戦」ってので凌げば何とかなりましたけど。
あと「HPが減ると敵に狙われなくなる」という設定は楽でしたね。

という感じで、戦闘的には終盤での嫌で面倒な部分がマイナス点ですか。
私はお気楽に出来る方が好きなので。

ストーリーに関しては、これまでも色々書きましたが、終盤もイマイチだったので残念でした。

ラスボスがそれまで全く姿を見せず、プレイヤーも存在を認識していないのに、最後に「私がラスボスです」と出てこられても何か感情移入出来ないというか。
私としては「あんた誰?」みたいな感じになっているのに、キャラ達は「こいつがラスボスだぁっ」と盛り上がっているので、テンションの差が出てしまった訳ですわ。

一応それなりに前振りはあったんですけど、他の作品の話でもそうだったように、繋がりが切れた感じの見せ方になっているので、どうにもイマイチ入り込めなかったのですよ。
個々の話としてはいいんだけど、一つの物語としては微妙なのですな。

私は「色々な話が混ざり合って一つの物語になっている」という部分にスパロボの魅力を感じているので、そこが駄目だと物足りないんですよね。

オリジナル敵の詳細についてもよく分からない状態なので、結局このオリジナルの勢力って何だったのかよく分からないのもマイナス点ですか。
何か「ラインバレル」の敵と同じ存在に思えてしまったというか。

「ラインバレル」ってアニメを観てないので、どこまでが「ラインバレル」の設定で、どこからがオリジナルなのか分からんのですわ。
そこら辺で、ストーリー的にはイマイチという評価になってしまいました。

てな感じでマイナス点ばかり書いてしまいましたが、終盤を除けば楽なスパロボではあると思います。
ストーリー的にも、個々の話は特に問題無かったですし。
ただもう一度やる気になるかと言うと微妙ですかねぇ。

やはり「ダンクーガノヴァ」のストーリーを最初からやってくれなかったのが一番大きいかも。
私は「ダンクーガノヴァ」目当てでこのスパロボを買ったもので。

取り敢えず、葵のオッパイは堪能させていただきましたがね。
名付けてオッパイ断空剣ですよ(笑)
あれは良かった良かった。

shibachi1 at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月30日

スパロボL 24~32話


スーパーロボット大戦L

何かこのスパロボは、話がちょっと微妙ですかねぇ。
やはり各作品の話の描かれ方に繋がりがあまり無いせいかも知れませんな。

時折その作品の話がポンっと入って、よく分からない内に決戦している感じがするので。
「ゴーダンナー」「ジーグ」「ガイキング」はそういうイメージが強いですわ。
総集編っぽいイメージが凄くありますです。

話をじっくり描いているのって「ラインバレル」くらいに思えるんですよねぇ。
「マクロスF」もそうみたいですが、私はそっちのルートをやってないもんで。
あと「イクサー」シリーズもじっくり描いている感じですけど、元がOVAだけに話が薄いですし。

他のスパロボって、全部では無いにせよ、いくつかの作品を結構丁寧に描いていた気がするので、今回は何か物足りないなぁ、と。

特に「ダンクーガノヴァ」の扱いが中途半端だったのが残念でした。
好きな作品だけに、最初から描いて欲しかったですよ。
何で「K」に参戦したかのような扱いなんでしょ。

一方「ラインバレル」は、アニメを観てないんで結構驚きの展開で楽しめましたね。
なかなか良い展開だったので、思わずアニメを観たくなりましたけど、スパロボって話を改変している場合があるので油断がならないというか。

某キャプ画サイトで確認したら、ギャグ面が押し出されているっぽいので辛そうですし。
う~~ん、原作の方を読もうかなぁ。

取り敢えずキャラとしては、オッパイさんが気に入っているので、回復メカとして使っておりますです(笑)

それから楽しい種運命の改変ですが、見事なまでにシンちゃんが良い子になっていて、キラがまともで笑ってしまいました(笑)
何かあまりまともだと「キラはそうじゃねぇだろ」みたいに思ってしまうのは、我ながら苦笑ですよ。

あと気になった点として、合体系の技のあるロボットが結構いるので、出撃枠の調整で困ったりしてます。
2機ならいいんですけど、3機だと同じ出撃枠に出来ないんですよねぇ。

まあ、使わなきゃいいんでしょうが、せっかく強いのにそれを使わないってのも勿体ないですからね。
そこら辺の調整が面倒でありますわ。

てな感じで、残り話数もあと少し。
どんなラストになっているのか楽しみにしてやっていきたいと思います。

shibachi1 at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月12日

スパロボL 14~23話


スーパーロボット大戦L

わ~~、種運命の改変が凄い~~。

Zではシンちゃんの教育が行われて楽しかった訳ですが、今回もそれがあり、さらにストーリーを完全に変更しているのですよ。
キラがまともな方向へ修正されつつあるのですわ。

「人を殺さない」とか言いつつ、ステラだけは殺したあのシーンが、何故か殺さない形になっているのですな。
つまりシンちゃんはキラを恨まない。
というか、助けるのを手伝ってくれたので感謝してます。

うわ~~い、私が「そうすれば良かったのに」と常々思っていた展開だわこれ。
だってさ、キラって「人を殺したくない」とか言って、戦場でも殺さないように頑張っている訳ですよ。
それがステラの時だけあっさり殺している。
あれほど殺しを嫌がっているキラが、ステラだけ殺すというのは非常に変な印象があった訳ですわ。

あれってどう考えても話の都合でしょ。
シンにキラを憎ませるために、キラの行動を強引に変えさせた訳でしょ。

キラくらいスーパーな人間なら、「シンが敵のパイロットを助けようとしている」という事を雰囲気で察し、「なら手伝う」という行動に出た方が凄く納得が出来ます。
凄くあり得ない事であり、綺麗事ですが、実にキラっぽい行動になりますし。

それが普通に殺しちゃった訳だからなぁ。
あそこだけ並の人間ですよねキラ。
スーパーな人間じゃない(笑)

それをこのスパロボではスーパーな人間として描いている訳ですよ。
そのせいか凄くキラ的で自然に思えましたし。
今回のシナリオを書いた人は、どうやら私と同じ考えだったみたいですな。

このままでいくと、普通に「キラを慕うシン」という状態が出来上がる可能性があり、原作で胡散臭かった「キラに従うシン」というのが違和感なく成立するのではないかと。
こりゃシンは議長に従わないですかね。
というか、下手したら議長すらいい人のままで終わる可能性もありますなぁ。

そういう意味で良い同人作品ですね、スパロボは。
私好みの展開になってますよ。
というか、こういう話でアニメ化してくれないかなぁ。
面白いと思うんだけど。

てな感じで種運命のシナリオは楽しい訳ですが、それ以外は何というか未だにちょっと入れない感じなんですよね。
やはり多くの作品が「途中からの展開」で話に組み込まれているため、どうしてもアニメを途中から見ているような微妙感があるというか。

種運命にしても、描かれないで「実はこういう事があった」みたいになっている部分があるので微妙だし。
そこら辺で今のところ、全体的に微妙感があるシナリオになっている気がするのでありました。

shibachi1 at 16:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年11月28日

スパロボL 9~13話


スーパーロボット大戦L

ラインバレルの浩一の成長ぶりには驚いたっす。
これはナイスな展開じゃないか。

というか逆に普通になっちゃって魅力が落ちたと言わないかこれ(笑)
何かホント普通になっちゃったもんなぁ。
あの異常なまでの中2病暴走ぶりから考えると、あまりに落ち着きすぎていて偽者のように思えてしょうがないです(笑)

そんでゲーム始めてから思っていたのが、ラインバレルの雰囲気ってゼオライマーに似ているなぁ、ということ。
突如超絶強いロボットのパイロットにさせられ、パートナーが女の子だったり、今回の性格の変貌とか、世界の変革をどうこう言ってるのとかがさ。
そういう設定好きなんで、どうにも楽しくなってきましたですよ。

取り敢えず二重人格のごとくまともになった後の浩一は好感が持てるので、メインで使っていく事にしました。
主人公と熱い友情交わしてるのも素敵なので、位置づけとしては二番手にしましたです。

最初二番手はダンクーガノヴァにしようと思っていたのですが、扱いがあまり良くないですからねぇ。
やはり描写的にロボットに乗る事情から描いてくれないと、何というか盛り上がりが持てないというか。
そういう意味で浩一は、しょっぱなから主人公に絡んでいるので良いのですな。

ストーリーのポイントとしては、悠兄さんが敵対してきたことですか。
まあ、最初からそうなるだろうと予想はしていたので意外でも何でもないですけどね(笑)

敵対行動自体、何か裏がありそうな感じなので、最終的には仲間になりそうなので楽しみですわ。
同じ博士が作ったロボだけに、合体してくれると嬉しいですなぁ。
期待期待。

shibachi1 at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年11月27日

スパロボL プロローグ~8話


スーパーロボット大戦L

今日からプレイ開始であります。

参戦作品の中では「ダンクーガノヴァ」くらいしか惹かれるものがなかったので、最初は購入すら微妙だったこの作品ですが、取り敢えず始めてみましたですことよ。

そしたらいきなり「マクロスF」と「ラインバレル」が中心のストーリーだったので、ちょっと辛かったり。
「マクロスF」は戦闘モノとしては魅力をあまり感じていないし、「ラインバレル」は1話しか観てないですからねぇ。
やはり好きな作品がメインじゃないと楽しくないっす。

んで種運命ネタが始まった途端、楽しくなるのだから苦笑ですよ。
原作観てる時は凄く微妙だったのに、登場してくると楽しくなっちゃうのは、やはりキャラとかが好きなんでしょうなぁ。
シンちゃんとか使っちゃいますわ。
ルナマリアさんも相変わらず素敵でたまりません。

オリジナル主人公に関しては、最近にしては珍しく熱血馬鹿タイプで、スーパーロボットのパイロットとしては良いかも知れないですね。

あ、そういや今回、スーパー系かリアル系の機体選択が無かったですな。
私はどのみちスーパー系を選ぶからいいんですけど、リアル系が好きな人はガッカリだったんじゃないかと。

パートナーのアンドロイドのお嬢さんはなかなか良い味を出していて素敵です。
もう少し斜に構えて主人公をからかう感じだと、ころねっぽくなって私の好みになったので惜しい事ですわ。
残念残念。

んで今回の主人公機ってかなり強いですね。
というより、他の機体にしても凄く強い感じです。
精神コマンド無しで適当にやっててもクリア出来ちゃうくらいだからなぁ。
まあ、これやる前にそこら辺が無茶苦茶厳しい「IMPACT」をやっていたせいかも知れませんが。
ザコ敵を一撃で倒せるなんて夢のよう・・・

最近のスパロボってこんなもんでしたっけ?
いや、「K」は辛かったから、きっとこの作品が強い設定になっているんでしょう。
こんな簡単でいいのかって思うくらいだし。

それとも今後辛くなるのかなぁ。
そういや改造が5段階しか無かったですね。
後で10段階まで伸びるのかな?
それが無かったら後半は辛そうなり。

ストーリー的には、今のところ「ラインバレル」がメインって感じで、全然分からない状態でやっております。
んで「K」にも出ていた作品なんかは、「K」でやらなかったエピソードをやっている感じですか。

そのせいか、途中から始まっている感じのネタが多くて、何かあまり意識が入れませんでしたわ。
アニメを途中から観始めたような感覚というか。
そこら辺が今のところ残念かなぁ。

んで「ラインバレル」が結構キツいネタをやっていて、私好みの悲惨展開があったのでゾクゾク来ちゃいましたわ。
思わずアニメ版を観たくなったけど、主人公がキツいから微妙なんですよねぇ。
そのせいかメインで使うかも悩み中だったりしますし(笑)

あの見事なまでの中2病暴走は何とかして欲しいっす。
プラス方向ならいいんだが、完全にマイナス方向へ爆走中でありますゆえ。

取り敢えずメインで使いそうなのは、「ダンクーガノヴァ」と種運命になりそうですか。
「イクサー1」も良さそうだけど、武装がイマイチ地味なので、パワーアップして派手になるかが鍵でありまする。

今のところストーリー的には微妙感がありますが、キャラの見せ方なんかは上手い感じなので、「K」の時のような嫌な感じは起きそうも無さそうなのでホッとしておりますわ。
やはりスパロボは色々な作品のキャラ達が協力しあう所に魅力があるので、そこら辺の演出が上手くないと面白くないですからね。

今後そこら辺がどうなっていくのか期待しながらやっていきたいと思います。

shibachi1 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月12日

第3次スパロボα 終了


第3次スーパーロボット大
戦α 終焉の銀河へ Play
Station 2 the Best


終わりました。

何か疲れた。
妙に疲れた。
やはり参戦作品が多いと大変ですわ。

いや、今のやり方って、主役級のキャラは全部使う感じにしているので、参戦作品が多いとそれだけ作業が多くなるのですよ。

まあ、その分戦闘は短いターンで終わりますけどね。
ボスキャラは1ターンで倒すのが基本だもんなぁ。
ラスボスも1ターンで倒せたし。

そう考えると、使う機体が多ければ多いほどクリアするのは楽って事ですな。
いや、作業的には大変なんですけどね(笑)
作業的に同じことの繰り返しになるので、敵が多い面は辛いのですよ。

特に「α」から連続でやってきているので、参戦作品があまり変わらず、そういう面で飽きていた点も大きいでしょうな。
ずっとスーパー系中心だったせいもありますか。
次にαシリーズをやる時はリアル系中心でやろう、うむ。

取り合えず長かったクスハたんの戦いもこれで終わり、ラブラブなエンドを楽しめたので満足満足。

ホント可愛いからなぁ、クスハたん。
実に可愛いのです。
それだけで楽しかったでありますよ。

次は「IMPACT」ですな。
ロム兄ちゃんの活躍が楽しみっす。

shibachi1 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月27日

第2次スパロボα 終了


第2次スーパーロボット
大戦α


終わりました。

「α外伝」が終わってから一年以上経ってますが、実はその間やりまくっていたのです。
「α」と「α外伝」を(笑)

いや、どうにもそれまでのやり方が納得いかなくてですね。
何というか「自分にとって一番楽しめるスパロボのやり方」ってやつを模索して、何度もやり直していたのですよ。

やり方と言っても、基本「どのロボットをどう使っていくか」って話なんですけどね。
気にせずやっている人には「何だそりゃ?」って話でしょうけど、私はどうも昔からその部分が一番気に掛かっていたもので。

ゆえに「気に食わなくなったらやり直し」を繰り返し、納得出来るやり方が見つかるまでこんなにかかった次第。

現在やっている方法は結構気に入り度が高いので、このまま「第3次α」や他のスパロボも問題なく終わらせられると思ってます。
このまま終わらせられたらそのやり方について書きますわ。

んで「第2次α」の感想ですが・・・

いや〜〜、何か楽でした。
「α外伝」が地獄だったせいか、凄く楽で、何か余裕でクリア出来ちゃいましたよ。

今やっているやり方のせいもあるでしょうけど、とにかく敵が全然怖くないのですわ。
中盤以降は、ほとんどダメージ食らわずにクリアしてましたしねぇ。

まあ、この頃に出たスパロボって、かなり楽に出来るようになっているのでそのせいもあるかも知れませんけど。

でもその一方、ラスボスの攻撃アニメーションが死ぬほど長いので嫌になりましたわ。
何であんなに長いんですかねぇ。
見る気力が無くなりますよ。

結局長いと辛いんで、ラスボス戦はアニメーション抜きでやりましたし。
盛り上がらないことこの上ないっす。

最近のスパロボみたく、途中でアニメーションをカット出来る機能が付くと、「こちらの攻撃は表示、敵のはカット」というのが出来るのでいいのですが。
この頃はまだそうじゃないからなぁ。

っていうか、そもそも長すぎるのがいけないんですよ。
短ければ全部見ますからね。
そこら辺を今後は改善して欲しいですわ。

んで萌え的には、クスハたんはやはり可愛いという事で。
観ているだけで楽しかったです。
ホント可愛いっす。
あれ以上のキャラは今のところおりませんな。

スパロボの女性キャラって、私的に好みのがあまりいないんですよね。
そこら辺は制作者との趣味の違いってやつでしょう。
凄く萌える感じのキャラが少ないのですよ。

そういや私の好きな無口無表情系が出てないですし。
アインみたいなの。
人気あるタイプなのに何故だ・・・

今後はそういったタイプが相方で出るといいですねぇ。
一緒にロボット操縦して、熱血主人公の言動に冷静にツッコミ入れる感じのさ。
ああっ、想像するだに楽しい。

取り合えずもう一つの趣味である、健気悲惨キャラは出たので満足してますが。
せっちゃんは良かったですからのぉ。
あの思わずいじめたくなる感じは最高でしたよ。

実際いじられまくりで興奮しましたしな。
可愛かったでありまする。

ああ、早くまたせっちゃんを使いたいですねぇ。
「Z」をやるまで他のスパロボが数本あるからだいぶ先になりますけど。

ま、次もクスハたんなんで、萌え的には楽しいですけどね。
第3次は裸のカットインが最高ですし。
何とエロスな必殺技である事か。
あれを連発するのが楽しみなのさ(駄目駄目)

shibachi1 at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月11日

スーパーロボット大戦NEO

おおっ、新作スパロボキタ〜〜。

参戦作品は以下の通り。

マジンガーZ
グレートマジンガー
獣神ライガー
新ゲッターロボ
戦国魔神ゴーショーグン
NG騎士ラムネ&40
銀河旋風ブライガー
絶対無敵ライジンオー
元気爆発ガンバルガー
熱血最強ゴウザウラー
完全勝利ダイテイオー
疾風!アイアンリーガー
機動武闘伝Gガンダム
覇王大系リューナイト

何やら獣神ライガーとかアイアンリーガーとか、「ちょっとこれスパロボ?」みたいなのが混じってますけど、どっちも好きなんで良しって事で(笑)

というか、マグナムエースは兵器として戦う事をどう納得するのだろうか・・・

まさか敵とスポーツするのか?
バサラみたいに、スポーツをしてみんなの気力をアップさせるとか?(笑)
まあ、何にせよ松本保典さんの叫びに期待ですな。

んでハードはWiiなのね。
こうなると今後はWiiが主流になるのかな?

と思ったら3Dでした・・・

なるほど、これまでの任天堂ハードと同じ路線な訳だ。
そうなると2DスパロボはPS3で出るのかな?
それならPS3が買えるんですが。

もうさすがにPS2では出さないと思いますからねぇ。
いや、ソニーから頼まれてそうな気がするんで(笑)

それともPS2で出すんじゃろか。
微妙なところであります。

取り合えず私はWiiを持ってないので、このスパロボは買いません。
そもそも3Dって好きじゃないし。

まあ、ライガーとマグナムエース、それからラムネスが気になるけど、3Dじゃイマイチだしなぁ。
でも声が付いてるのならちょっとやりたいかも。

だけど3DスパロボのためにわざわざWiiまで買う気にはなれないですからねぇ。
他にやりたいゲームも無いし。

取り合えずこのスパロボは無かった事にして、意識から除外することにしよう(おぃ)
今までも3Dのスパロボはそうしてきたしな。

でもライガーが・・・
マグナムエースが・・・
ラムネスが・・・

いやいや、3Dはやっぱり微妙だぁ〜〜。

早く2Dのスパロボが出ないですかねぇ。
取り合えず今度のスパロボでは、ゴーダンナーとファフナーを声付きで出して欲しいですよ。
それに期待したいと思います。

ちなみにライガーってロボットじゃないんだけどいいのか?
あれはプロレスラーだぞ(違うって)

shibachi1 at 16:29|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2009年05月18日

スパロボα外伝 終了


スーパーロボット大戦α外伝

「昔のスパロボをやり直す」って事で、「スパロボK」が終わってから延々とやってました。

連休で終わるかと思いきや、終わりませんでしたわ。
スパロボって終盤になると時間かかりますからねぇ。

んで取り合えず思ったのは、敵の攻撃がエグいこと。

集中砲火の嵐ですよ。
一度攻撃を食らってHPが減ると、一気にたたみかけてきますからね。
これはきつかった。

終盤も石田彰三人衆(笑)を倒すのが大変でしたし。
このスパロボって、ボスキャラはHP回復をしてくるから、延々と戦う感じがして辛い辛い。
まあ、彰さまのボイスが沢山聞けたので良かったですけど。

シナリオ的には、外伝って事でやはりちょっと微妙でしたかね。
ラスボスを倒しても地球を救ったって感じがしないですし。
そういう点で面白さは低い感じですか。

ルート的に「ガンダムX」のネタが少なかったのも寂しかったですね。
出てきたと思ったら機体が変わったので、ガンダムXはほとんど使えなかったですわ。

ガロードの気力が上がらないからサテライトキャノンも全然撃てないし。
ここら辺はスパロボZで楽しみますかね。

取り合えずこれで「第2次スパロボα」ができるので楽しみです。
何と言ってもクスハたんが復活ですからねぇ。
乳揺れに期待でありますよ(そこかい)

shibachi1 at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月14日

スパロボK 33〜36話


スーパーロボット大戦K
特典 Official Comm
entary Book付き


終わりました〜〜。

いや〜〜、微妙だったなぁ。

何て言うか、最終話が近づいているっていうのに、気分が全然盛り上がらないんですよ。
こんなのはスパロボをやっていて初めてです。

やはり敵の目的がよく分からなくて、敵にやられている事に対して憎しみがあまり起きなくて、何か敵がさほど強くもないイメージしか持てなかったのがその理由かも。

要するに「どっかで何か悪い事をしているらしい奴らがいるから、ちょっと倒してくるかな」という実に他人事なノリだった訳です。

これは主人公達に感情移入が出来てないのが一番大きいですかね。
結局オリジナルの敵に対する憎しみって、主人公達しか持たない感じの話の作りだったので、彼らがどれほど敵の事を憎んでいるのかが分からないと駄目な訳ですよ。

でもそれが出来ていなかったので、ハッキリ言って他人事でしたから。
話の流れ的には「地球が消滅する」という凄い危機ではあった訳ですが、その事にもどうも実感が持てず、普通に敵を倒す作業をして終わったって感じでしたし。

いつものスパロボなら「俺たちが何とかしてやるぜっ。俺たちが地球を救うんだっ」みたいな張り切りが起きるんですが、今回は「まあ、何か大変そうだから、ちょっと倒さないと駄目だよね」みたいな感じでかなり冷めてましたわ。

そこら辺は目的に対する一体感、仲間意識の薄さが影響しているんじゃないかと。
やっていてキャラ同士が「仲間」って感じが全然しないのですよ。

会話シーンで、脇役キャラが応援の台詞を言うんだけど、それがどうも心に響かないし。
「そのキャラって何か仲良かったっけ?」みたいな感じで、突然赤の他人に「頑張れ」と言われた様にしか感じられなかったのですわ。

そのせいでどうにも「みんなの力を一つにして立ち向かう」という意識が薄かったです。

主人公の連中も、結局最後まで成長しませんでしたしねぇ。
いつまでも同じ事でゴチャゴチャやっていた感じで。

そんで「自分たちの力で運命を変えた」という訳ではなく、「何か偶然上手くいった」みたいなノリだったので、スッキリ感も薄かったですし。

どうにもそこら辺でスパロボKは、全体的にキャラの見せ方が上手くない感じでした。
キャラの見せ方、つまり心の繋がりが弱い感じだったのですよ。

今回は「心」がテーマだったのに、それがどうにも見えなかったのですな。
まるで「ファフナー」の前半部分のように(笑)
それが私にとって面白くない一番の理由だったと思います。

そういや「ファフナー」は悲惨でしたねぇ。
あんなオチはないっしょ。
エピローグが「ファフナー」のせいで台無しになってましたよ。

まさかオリジナルの話を作ってまでプレイヤーを鬱にさせるとは思いませんでしたわ。
アニメ自体がそういう話ならともかく、アニメのオチを変えてまで悲惨な状態で終わらせてるんですからねぇ。

普通に「総士は居なくなったけど、俺たちはこれから頑張ろう」って前向きなオチにすればいいじゃないですか。
たとえ「すでに一騎は同化が激しくなっている」という設定だとしても、それをわざわざ描く必要は無い訳ですから。

もし描くのだとしても、平気そうな感じにして「これからきっと治るよ」みたいな希望を持たせる様に描けばいいのに、思い切り「ああ、これで死んじゃうな一騎」って感じでしたし。

そういうのをやっちゃうんだからなぁ・・・

他の作品の連中は「これから未来は明るいぜ」みたいな雰囲気なのに、「ファフナー」の連中だけは「これから未来は暗いぜ」って雰囲気だったので実に悲しかったです。

何より乙姫ちゃんの事は全く触れてなかったしな。
まあ、元々扱い自体「謎の少女」って感じで、話にほとんど関わらなかったから仕方ないけど。

それにしても最後に会話の話題にすら出ないのでは、犠牲になった事への感謝の気持ちが感じられず、かなり薄情に思えましたわ。
まあ、それくらい人の繋がりが薄い内容だったって事ですな。

てな感じで、ようやく終わらせたというのに、どうにも楽しくない状態になってます。
スパロボって、いつもは終わると凄く晴れやかな気分になるんですけど、今回は駄目ですわ。
何か微妙感が凄くてねぇ(笑)

次のスパロボではこうならないように願ってます。
要はいつもの雰囲気に戻して欲しいってだけなんで。
どうかお願いしますです。

shibachi1 at 11:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月06日

スパロボK 29〜32話


スーパーロボット大戦K
特典 Official Comm
entary Book付き


ガン×ソードとファフナーの話が終わりました。

う〜〜ん、微妙。

というのも、どちらのキャラに対しても、感情移入があまり出来ていないので。
どうにもスパロボKはキャラの会話があまり良くないのですよ。

いつもは終盤までくると、異なる作品のキャラ同士が仲良くなっていて「仲間」という意識が出来上がっているのですが、このスパロボに関してはそれがあまりないのですわ。

普段の会話自体、仲良くなるエピソードが少ないですしね。
戦闘の会話でも、助け合ったり叱り合ったりする様な内容もあまりないですし。

ホント今まで全然気にしてなかったんですが、スパロボってのはそこら辺が上手くて、それが面白さの一つになっていたんですな。
これまでのスパロボが当たり前に面白かったので気がつきませんでしたが、今回はそこら辺が全然好みじゃなかったのでよく分かりました。

んで残すところの話数も少なくなって来た訳ですが、取り合えずゴーダンナールートの方でやり直し、それに続いて最終話までやろうかと。

だって、ルウが可愛いんだもん。
彼女の復活劇はちゃんと見たいですからね。

ルウはゴーダンナーにおける貴重な貧乳ロリキャラ(笑)ってのもありますが、何か妙に好きなのですわ。
ゆえにゴーダンナーのルートをちゃんとやらねばと思った次第。

合体技で「私を握って」が出たのに大興奮。
あれはアニメでも「おいおい」と思った台詞だっただけに、出たのは嬉しかったですな(笑)

でもセレブレイダーの命中率が悪いのがねぇ。
単体で使っているんだけど、どうにも命中率が悪いのが辛いっす。
攻撃力も低いしなぁ。

そこら辺はコアガンナーにも言えて、使うのがかなり辛くなってますわ。
HPの減ったザコ相手にしか使えないのですよ。

ミラも新しく加わって喜んだんですけど、ネオオクサーが強くないんで活躍させられないし。

でもゴーオクサーは強かったのビックリ。
まさかザコを一撃で倒せるとは思いませんでしたよ。
これは嬉しかったでありまする。

てな感じでゴーダンナーの話ばかりしてますけど、私にとってスパロボKにおける目玉なんで。
ようやく機体もパワーアップして、盛り上がり的にも最高潮な訳ですわ。

でもよく考えたらルートを選んでなかったんですよね。
どうにも意識がファフナーにいっていたせいか、悩むことなくファフナールート選んじゃったんで。
一応選択前にセーブしておいたので、これからゴーダンナールートでやり直そうと思います。

あそこら辺のエピソードって、ゴーダンナーにおける一番の見せ場ですしね。
何より主人公の事情を考えたら、ダンナーベースを救いに行くのが当然の選択に思えるし。
世話になった基地がピンチなのに、他の場所へ行くなっての(笑)

そうそう、合体した主人公機ですが、凄く強くなったので嬉しいですわ。
ザコ戦でダメージが1万越えしてたのには吹いたですよ。

ただ調子に乗ってアタックコンボで6機のザコを倒しまくっていたら、あっという間にエネルギーが尽きたので、そこだけがネックですな。

んでそれを改善するためにパートナーに補給機能付きの機体を入れると、今度はアタックコンボが使えなくなるので困りもの。

ホントこのシステムは微妙すぎますわ。
アタックコンボとパートナーシステムは併存させて欲しかったですね。

そういや主人公が合体したのはシェルディアになってました。
個人的にどちらも好みじゃないのでどうでもいいんですけど、アンジェリカは「加速」持ちだったのでそれだけが残念です。

合体後の機体の移動力が低いだけに、「加速」の有る無しは結構重要だったりするのですよ。
特にこのスパロボは増援がやたらと出るので、画面の端から端へ移動する場合に困る訳ですわ。

まあ、もう一つの形態になればいいんだけど、そっちはアタックコンボが使えないからなぁ。
いやはや参りましたわ。

shibachi1 at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月29日

スパロボK 24〜28話


スーパーロボット大戦K
特典 Official Comm
entary Book付き


ようやくファサリナさんの登場だ〜〜。

エロ〜〜い。

などと陽気に書き始めてみました(笑)
いや、どうにも暗い感想ばかり書いているので。

んで今回も暗い感想をゴー(駄目じゃん)

何というか、ホント辛いんですよ。
キャラの感情や思考の変化が急すぎて、読んでいて「あれ?」「へ?」となる事がしばしばなもんで。
もうちょっとキャラの感情や思考の変化は丁寧に描いて欲しいですわ。

スパロボKはどうにもそういった部分が適当なんですよね。
話の作りもそうですが、キャラの見せ方に関してもかなりの辛さを感じます。

あと他のルートであった事情や、合流したキャラの説明が無いのもキツいですわ。
特にキャラに関しては、ちゃんと自己紹介してくれないと困ります。
今回やった部分だと、ザイリンが当たり前の様に出て来たのでショックでしたし。

「お前いつの間に仲間入りしたんだよ」と衝撃的でしたわ。
何しろ現れたのが「覗きがバレた?」なんてシーンだっただけに余計。

居るはずの無い男がそこに居た訳ですからねぇ。
驚きも二倍だったのでありますよ(笑)

それから最も気になったのが、ヴァンが別の地球へ行っても平然としている点。
ようやく元の地球へ戻り、かぎ爪のすぐ傍まで近づいたというのに、別の地球へ行く事をヴァンが納得する訳がないですからね。
騙して連れてきたにしては駄々こねてないですし、どう考えても話の都合でスルーしたとしか思えないんですわ。

個人的にヴァンを説得出来る要素が思いつかないだけに、ここはヴァンだけ残すか、それなりの理由を描いて欲しかったです。

んで一大イベントとして、ようやく主人公機がパワーアップし、スーパーロボットへと変化しました。

最初に主人公機を知った時に「合体してスーパーロボットにならないかなぁ」とか冗談で思っていたら、本当に合体したんで吹きましたわ。

でもどうにもリアル系的なスーパーロボットなんで微妙なんですよね。
私としてはもっとスーパーっぽさの強いスーパーロボットの方が好みなので。

他の機体に関しては、最近は種運命キャラが大活躍ですね。
移動力があって攻撃に当たらず、アタックコンボ持ちという事で、スーパー系より断然役に立ってます。

スーパー系はまだ防御力がさほど高くないので、集中砲火を食らうとヤバイですし。
その点シンちゃん達はほとんど攻撃が当たらないので、安心して活躍させられる訳ですわ。

ちなみに主人公達に関しては、全く好きになれない状態が続いております。
未だに成長が無いし、三人の関係にしても胡散臭いですから。

何とも好きになれないんですよねぇ。
彼らの性格と人間関係。

オリジナルキャラだけに、今回脚本を担当している人の味が完璧に出ているのでしょうな。
そういう意味で、私には合わない状態になっている訳ですわ。

shibachi1 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月28日

スパロボK 18〜23話


スーパーロボット大戦K
特典 Official Comm
entary Book付き


ホント進まないっすな(笑)
ここまで話数が進まないスパロボも初めてです。

というか、何か話の作りがチグハグしている感じがしますね。
何というかイベント部分だけを抜き出して繋げた様な印象が強いです。

これまでのスパロボも、各作品のエピソードを抜き出す形で話が作られていますが、スパロボ上での話の繋がりは上手く出来ていたので気にならなかった訳ですよ。
でもスパロボKに関しては、どうにもそこら辺が微妙なのですな。

話と話の繋がりが感じられず、何話か飛ばして観ている様な感覚がありますから。
種運命のエピソードなんて、思い切りすっ飛ばしてやってましたし。
まさか回想シーンで「実はこういう事があった」なんてやると思わなかったですわ。

っていうか、ステラたんのエピソードをやらないんじゃ、種運命のイベントなんて無いに等しいですよ。
実際まともにやったのって最終回付近のエピソードだけだし。
あれならやらない方がマシですがな。
スパロボMXのGガンダムみたいに「その後」的な扱いにすれば良かったんじゃないかなぁ。

んでさらに悲しかったのがファフナー。

マークザインが出てくるエピソードは、あの作品において私が最も気に入っているものなので、適当に描かれたのが凄く残念でした。

今までのスパロボなら、あの話をちゃんと描いたと思うんですよね。
竜宮島を守る内容で1話作って、守りきれない状態になった時に一騎が現れる感じで。

SEEDで言えば、キラ様がフリーダムでアークエンジェルのピンチに現れるのと同じですから。
それが適当に描かれたら微妙な訳ですよ。

そういった感じで、スパロボKはどうにも話が微妙なんですよね。
そのせいか私がスパロボを好きな理由の一つに、「話が凄く面白い」ってのがあったのだと改めて気づかされましたわ。

これまでのスパロボは、色々な作品を一つの世界にまとめるのと、作品ごとのエピソードを取り入れるのが凄く上手かったですからね。

でもスパロボKはそこら辺が駄目なので、どうにも面白くないのですわ。
ゆえにかなりやる気度が落ちてます。
これじゃ二週目はしないかも。

んで何気に評判の悪いらしい主人公機ですが、個人的には結構気に入っています。
何しろアタックコンボがレベル3になっているので、一回の攻撃で6機落とせますから。
完全なザコキラーになっているのですよ。
現在撃墜数1位ですわ。

ちなみに2位がキラ様で、3位がゴオです。

キラ様はマップ兵器が極悪ですからねぇ。
ありゃ便利っす。

そうそう、何気にキラ様とアスランも使っているのですよ。
どうにも使いたくなったもんで。

やっぱり何だかんだ言って、わたしゃSEEDが好きなのだと再確認しましたわ(笑)
今回は特にキラ様が普通の人(笑)になっているので嫌悪感なく使えますしね。

そういやデュランダル議長が思いきり悪役化してましたな。
アニメでは全然悪役っぽくない状態で「キラ様たちに不審の念を抱かれた」という理由だけで殺されてましたが、スパロボKだと「自分に従わないものは殺す」宣言をしていたので、完璧に悪役になってましたからねぇ。

あれなら誰だって議長がおっかないですよ。
殺してでも止めたくなりますな。

こういう部分はいいんですよねこの作品。
キラ様やカガリの人間性が別人(笑)で、ホント素直に応援出来ますし。

それだけに話の繋ぎ方や各作品のエピソードがチグハグしているのが、どうにも勿体ないと思いました。

そういやミーアたんが死ななかったのがホント嬉しかったです。
これからも頑張って欲しいですね。

shibachi1 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月22日

スパロボK 13〜17話


スーパーロボット大戦K
特典 Official Comm
entary Book付き


いや〜〜、進まない進まない。
普通のスパロボの終盤並に話数を進められないですわ。

何かホント敵の援軍多すぎ。
これだけ多いとどうにも苛つくのですよ。

別に倒せない訳じゃないし、ピンチって感じもしないから、ホントただの嫌がらせにしか思えませんわ。
「終わったぁ」と思った瞬間に出てくるので、「あ〜〜、面倒っちぃ」とうんざりするのですな。

前後編がやたらと多いのも、話がなかなか進まないから嫌ですし。
何でここまで面倒な作りなのか。
どうにも今回のスパロボはやっていて鬱陶しいです。

出撃出来る機体数と修理機能持ちの機体が多いのも、長期戦をさせるための処置なんでしょうね。
いつもは出撃枠がせいぜい14、5機なのに、20機以上出せる、というかほとんど全機出撃できる様にしてありますから。

あとパートナーシステムの有用性が未だに良く分からんです。
小隊制みたいに常に援護攻撃がある訳でもないし、上記の様にほとんどの機体が出撃できるので、単体で出した方がお得ですしね。

さらにアタックコンボの使い勝手の良さを考えると、それを捨ててまでパートナーシステムを使用するメリットが全然思い浮かばないのですよ。

このアタックコンボってのがなかなかいいんですよね。
レベルが上がると攻撃できる相手が増えるのがいいのですわ。

現在私の主人公は、一回の攻撃で四機相手に攻撃出来る様になってますが、それが何とも良い感じなのですよ。
特にリアル系はこういう攻撃の見せ方をすると良さが出ますしね。

リアル系の機体って「高速で動いて敵を次々に倒していく」というのがカッコ良さだと思うので、こうして一回の攻撃で複数の敵を攻撃出来るというのがホント良いと思うのですな。
今後のスパロボでも是非とも使って欲しいシステムです。

ただ個人的要望としては、一機目を攻撃した後、すぐ次の敵の表示になるのではなく、機体が画面の外へ出るまでのアニメーションを入れてくれると嬉しいですわ。
何故ならそうすると「別の場所の敵を攻撃しに行った」的な雰囲気が出てカッコ良さがより増すと思うので。

キャラの台詞もそれに合わせて入れてくれたら最高ですね。
ファーストガンダムの「一つ、二つ」みたいな感じで。

まあ、そこまで贅沢は言わないので、このシステム自体は入れて欲しいところです。
リアル系の良さが実に上手く表現されていると思いますから。

話的には、ようやくファフナーが登場してきたので興奮状態だったりします。
特に何と言っても乙姫ちゃんが出たのが最高っす。
乙姫ちゃんはカワユイですからのぉ。
少しの登場でしたけど、全くもって素敵でありました。

んで「鋼鉄神ジーグ」のつばきと名前が凄く似ているってネタに苦笑。
一文字違いだもんなぁ。
さすがに気がつきませんでしたわ。

それからキラ様が何やら普通の人になっていたんで吹いた(笑)
戦っている最中に現れたから、てっきりこちらにも攻撃してくるのかと思いきや、協力してきましたからねぇ。

カガリも別にさらった訳ではないみたいなので驚いたし。
今回はまともな人間として描くのかしらん。

まあ、それはそれで面白い、というかアニメを観ている時にそういう状態のキラ様で居て欲しかったから、ある意味願いが叶っている訳ですが。

カガリも結構頑張ってますしね。
相変わらず最高権力者が国をほっぽり出しているのは頂けませんが、発言に関しては信念がある感じなので良いです。

何かホント私が種運命で気に食わなかったキャラの要素が無くなってるんですよねぇ。
このままだと普通に良い人間として描かれそうですな。

そういや種運命のストーリーを全然やりませんね。
ルート選択でファフナーの方にしちゃったからよく分からないんですけど、すでにステラたんぶち殺しとシンちゃんに撃墜されるのはやったみたいですし。
っていうか、そこら辺の説明無しでいきなりフリーダムが無くなってたから驚いた。

何かこのスパロボってそういう部分でちょっと微妙ですな。
他のネタでも、プレイヤーには説明が無いのにキャラは「聞いた」って事になっているのがあったんで。

そのせいか全体的にちょっとイマイチ感がありますわ。
まあ、そこら辺も作品に対する愛でカバーする訳ですが。

取り敢えず使う機体については、やはり萌えキャラを使う事にしました。
静流姐さんとプリシラは決定ですね。

あと杏奈もザコ敵相手に関しては使う感じにしようかと。
強力な攻撃が必要な敵までは合体しない訳ですよ。

やはり可愛い女の子が出ていると楽しいですからねぇ。
やる気を上げるためにもそうする事にしたのですよ。

それにしても、このままだと種運命ネタはほとんど無くなりますな。
シンちゃんはまだ全然出てこないんですけど、もしかして仲間になる頃にはネタが終わっている状態だったりして。
そんなのは嫌なので、ちゃんと描いて欲しいでありまする。

shibachi1 at 21:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年03月21日

スパロボK 1〜12話




取り敢えず始めた訳ですが、何かいつもより面倒な感じがしますね。
敵の数が多い様に思えるので。

序盤なのに一面クリアするまでの時間が凄く長いですからねぇ。
援軍もやたらと出るし、何か凄く面倒くさいです。

話的にもアニメの内容をなぞるというより、オリジナル的になっているのがちょと微妙。
アニメのストーリーをいじって、上手くオリジナルな感じにしているのですよ。

私的にはアニメのストーリーで描いてくれる方が好みなので面白くないですわ。
まあ、そのうち慣れるとは思いますけど。

主人公自体も一から描かれてはいないので、どうにも感情移入しにくくて困りもの。
地球に来るまでの状況をきちんと描いて欲しいですね。

んで何気に気になったのが、SEEDの状況が種運命状態になっていること。
これなら参戦作品にSEEDの表記は要らないんじゃないかなぁ。
もしかして時空が乱れて過去の敵が出てくるとかですかね。
疑問でありますよ。

そんでストーリーの中心は今のところガイキングなので、ガイキングに思い入れの無い私としては面白くもなく。
早くファフナーが出ないかなぁ。

キャラ的にはやはり静流姐さんが素敵です。
オッパイが強烈すぎですよ。

今回は素敵な姐さんキャラが多いので、萌えキャラ中心に使っていってもいいかなぁ、とか思ってみたり。
プリシラも可愛いしねぇ。
やっぱり萌えキャラ中心でやろうかなぁ。

shibachi1 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月16日

スパロボK 使う機体


スーパーロボット大戦K 特典
Official Commentary
Book付き


今週末にスパロボKが発売って事で、私が使う機体を書いてみました。

ゴーダンナー
ガン×ソード
鋼鉄神ジーグ
ダンガイオー
マジンガー
一騎(ファフナー)
シンちゃん(種運命)
キングゲイナー
真矢ちん(ファフナー)
ルナマリアさん(種運命)

並びは操作する順です。
んで新しかったり、思い入れが強いのが上になってます。
私は基本的に「スーパー系 → リアル系」という順番で使うのですよ。

スーパー系を先に使うのは、やはり必殺技があるので倒す時に燃えるからですね。
ゆえに使う回数が多くなるよう、順番を先にしているのですわ。
同じように新しいのと思い入れが強いのを先に操作するのも、使う回数を多くするためです。

マジンガーは思い入れ的に考えると本来はもっと上なんですけど、凄くお馴染みなんでスーパー系の最後にしてます。
他のスパロボで、もう嫌ってほど使っているのでそうなっているのですな。

んで以下にそれぞれの機体に対する思い入れなんかを書いてみました。

「ゴーダンナー」

典型的なスーパーロボットなんで燃えます。
今回必殺技で一番燃えるんじゃないかと。
可愛い女の子と一緒に操縦してるのも良いですね。
中盤のパワーアップでの女の子の増加に期待ですわ(笑)

「ガン×ソード」

僕らの童帝(笑)
復讐心に燃える童帝の姿が好きなので活躍が楽しみです。
ただ遠距離攻撃が出来そうに無いのが辛いかも。

「鋼鉄神ジーグ」

これまた燃えるスーパーロボットですね。
つばきの「ジーグパーツシュート」のカットインが楽しみです。
んでオッパイドリルが出るのか否か。
それに全てが掛かってますな(おぃ)

「ダンガイオー」

ハーレム操縦ロボット(笑)って事で、ウハウハな状態が素敵です。
三人の乳揺れカットインが出るかのがポイントですな(駄目駄目)
いや、戦闘も燃えるので良いのですよ。

「マジンガー」

僕らの甲児くんが居れば全て解決さ。
という事で、居てくれると安心感があるのですな。
大黒柱として頑張ってもらいますです。

「一騎(ファフナー)」

中盤以降のパワーアップでどうなるのかが楽しみですね。
総士とのラブラブも表現されるとやる気度がアップ。
そしてカットインで乙姫ちゃんが背後霊として出るかが最大のポイントでありまする(そこかよ)

「シンちゃん(種運命)」

スパロボZに続いてヒーローになる事に期待。
駄目駄目野郎のままで終わったら辛くなるので、真人間として覚醒して欲しいです(笑)
あ、カットインはあの歪んだ表情が素敵なのであのままで良いですが。

「キングゲイナー」

僕らのゲームチャンプは今回も告白をするのか。
とはいえ声が無いので微妙ですが。
何にせよ、オタクの誉れである彼には頑張ってもらいたいですね。

「真矢ちん(ファフナー)」

スナイパー真矢ちんは、射程が10くらいあると嬉しいですな。
遠距離射撃でザコを次々に撃墜する姿が観たいです。

「ルナマリアさん(種運命)」

今回も果たして「必中」はあるのか?(笑)
素敵に無敵なカットインさえあれば、それだけで私は幸せさ。

てな感じですか。
全部で10機なのでバランス的にも良さそうですね。

それにしてもやはり声が無いのは寂しいっす。
声が出る事を想像すると燃え度が激しく高まるので、今度は是非とも声付きで出して欲しいですわ。

後はシナリオがどうなっているかですねぇ。
最近のスパロボは、どうもほのぼのしたオチが多いので微妙なんですよ。
ラスボスに憎しみを持たずに倒して、最後も微妙に笑える感じだし。

私的にはラスボスは憎ったらしくてしょうがない性格にして、そいつをぶちのめしてスッキリ気分良く平和を取り戻した、というのが好みなので、そういう感じになっている事に期待です。

shibachi1 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月15日

スパロボα 終了


スーパーロボット大戦α

終わりました〜〜。

いや〜〜、大変でしたわ。
最後がスゲェ面倒っす。

何しろラスボスの攻撃って、食らったら即死ぬし(笑)
スーパー系であっても。

ここら辺が最近のスパロボには無い緊張感ですね。
まあ、逆に改造しまくっていると一撃で倒せたりもする訳ですが(笑)

今回は多くの機体を平均的に改造していたので、基本的にさほど強くないのでヤバイ状況だったのですよ。
取り敢えず攻略本に書いてあったやり方で倒したので楽でしたけど。

まさに「五飛は地球を救う」でありましたわ(笑)

いや、五飛の精神コマンドの「挑発」を使ってボスキャラをおびき寄せ、たこ殴りにしましたんでね。
普通はその前にザコキャラが壁を作っているのでボスキャラと戦えないんですけど、「挑発」を使うとこっちへ寄ってくるんで、集中砲火の1ターンで倒したという。
いやはや、ホント五飛様々って感じでしたわ。

んでやはり最後はリュウセイが主人公だったな、と。

何しろラスボスと戦うと会話画面でピンチに陥り、それをみんなの応援で乗り越える、なんて燃える展開があるんですからね。
クスハたんが霞んでしまったですよ。

この作品ってここだけがどうにも気にくわないんだよなぁ。
全く持って困ったもんです。

そんでシナリオ的には、最近のスパロボに比べるとあまり洗練されていないというか、他のルートから合流した時の処理とかが適当なんですよね。
だから違うルートのキャラに対する愛着が起きにくいのですよ。

今回スーパー系メインでやったから、ガンダム系のストーリーが全然無かったですし。
こういう部分がちょっと面白く無かったですわ。

あと武器の改造がまとめて出来ないのはやはり辛いです。
無改造だと全然使えないんで。
攻撃しても四桁行かなかったりするし。

特にモビルスーツ系なんて、一番強力な武器以外は役に立たないんだもんなぁ。
これはホント辛かったですよ。
だからほとんどスーパー系ばっかでやっちゃいましたわ。

というか、以前はリアル系だけでクリアしてたので、「その頃の自分は凄かったんだな」とか思ったりして(笑)

取り敢えずそんな感じで終わったので、次は「スパロボα外伝」と行きたいところですが、「スパロボK」が発売されますんでそっちをやります。
まあ、連休もあるし、今月中には終わりますかね。

shibachi1 at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月27日

スパロボKのPV 二つ目


スーパーロボット大戦K 特典
Official Commentary
Book付き


スパロボKの新しいPVが公開されておりました。

かなり動いてますねぇ。
今スパロボαやってますけど、確実にそれより動いてます(笑)
技術の進歩は凄いもんですな。

んで個人的にここまで動くと困るのが、台詞を読む暇が無いということ(笑)

以前から声無しスパロボではそうだったんですが、ロボットの動きを見ていると台詞が読めず、台詞を読んでいると動きを見逃すというのが微妙だったんですよね。

今回やたらと動いているから余計思いましたよ。
特にスーパー系は叫びが命だからなぁ。
脳内で叫ばせるにせよ、台詞を読むタイミングが難しいのでありまする。

あ、何度か見て台詞を覚えて脳内で自動再生すればいいのか。
うむ、高等テクニックだ(笑)

それからすでに話題になってますけど、発売日が前倒しになったようで。
スパロボ史上、滅多にない出来事ですな。
いつもは延期ばかりなのに(笑)

これってホントなんですかねぇ。
間違いじゃないでしょうねぇ。
凄く不安なり。

Amazonの発売予定日は未だに変わりませんが、そのまま発送日も変わらなかったら困るんですけど(笑)
まあ、大丈夫だと思って予定を色々考えますか。

取り合えず今やっているスパロボαがもう少しで終わるので、その調整をチビチビやるとしますよ。

shibachi1 at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月13日

スパロボK 主人公キャラ発表


スーパーロボット大戦K 特典
Official Commentary
Book付き


スパロボKのオリジナル主人公が発表されてました。

取り敢えず野郎は置いといて、楽しい女性キャラですが・・・

こ、好みじゃない・・・

見事なまでに私の好みを外した二人・・・
やる気度が加速度的に落ちていく・・・

そんなんで落ちる訳が無いと思われるかも知れませんが、私は落ちるのですっ。
オリジナルの美少女とのラブこそがスパロボの華。
それこそが一番の楽しみじゃないくぁ〜〜(間違ってるぞ)

性格も容姿の想像を裏切らない駄目なタイプで困りましたよ。
年上ですらないしなぁ。
せいぜい巨乳くらいしかナイスポイントがないわ。

ううむ、こいつはオリジナル部分では楽しめそうもないですな。
ロボットもリアル系だしなぁ。
ちゃんとスーパー系も用意して下さいよ。

わたしゃ「鉄の拳が叩いて砕く、障害をぶち壊して進んでやったぜ大勝利」みたいなロボットが好きなんで(どういうイメージだ)
そんで「必殺っ、天空龍虎無双剣〜〜!」みたいな叫びと共に必殺技を出すのが良いのよね(色々混ざってるぞ)
そういうのが無いとやる気が落ちるんだなぁ。

まあ、取り合えず巨乳の方には乳揺れを期待しておきますか。
それさえあれば何とか楽しめると思うので(駄目な理由)

ロボの方も三体合体六変化しませんかねぇ。
形的に無理とか言わず、ゲッター並の変形合体でやるのですよ。
アトリームの科学力は宇宙一ぃぃぃぃっ!って感じで(笑)

そこら辺に期待したいと思います(無理)

shibachi1 at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月08日

スパロボα プレイ開始


スーパーロボット大戦α

昔のスパロボをやり直そうって事で始めました。

そしたら画面が汚いのでビックリしましたよ。
昔の作品だから大画面でのプレイを考えずに作られてたんでしょうね。
凄くドットが荒いですわ。

んであらゆる動作がとにかく遅い。
ユニットを動かす、戦闘画面が表示される、攻撃までの間、戦闘画面でのセーブ、などが最新のスパロボZに比べてとんでもなく遅かったです。
会話画面もメッセージをとばせないので、やり直した時にちょっと面倒でしたし。

あと武器の改造が・・・
「武器ごと」ってのが面倒だぁ〜〜。

何を改造すべきか悩むし、改造してない武器は弱くて使えないしで最悪ですよ。
やはり全部が改造される方がいいですね。

という感じで最初は戸惑ったのですが、何とか慣れてやっております。
シナリオ的には30話くらいまで進んだのですが、分岐でマジンガーZがいるのを選んでいるせいか、ガンダム系の出番が少なくて悲しいです。

まあ、この作品は長いから今後は出番が多くなるとは思うんですけど。
その代わりマジンガーの話が良いので楽しいですが。

機体としては昔の作品ばかりなので、これと言って注目するのは無いですね。
久々に使うダンバインが楽しいくらいですか。
でもHPが極端に少ないから、攻撃食らったら終わりって感じですけど(笑)

ダンバインって好きだから、また出して欲しいんですよねぇ。
リーンの翼とセットで出ないかしらん。

shibachi1 at 08:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月03日

スパロボK 参戦作品OP集


スーパーロボット大戦K 特典
Official Commentary
Book付き


スパロボKに参戦する作品のOP集があったので観てみました。

うん、「ゴーダンナー」がいいなぁ。
わたしゃああいうノリが大好きですからね。

無理を通せば道理が引っ込むというか。
障害をぶっ飛ばしてぶっ壊して叩き潰して未来を開くというか。
そんな快活なスーパーロボットアニメは最高ですよ。

オッパイが大きくて揺れているのも素晴らしいんですよね。
うん、やはりオッパイは揺れないといけません。
って、このアニメは揺れすぎだけど(笑)

ヒロインがナイスバディの可愛い女子高生ってのもいいし、年下坊やを可愛がるお姉様が存在するってのもポイント高いんですよねぇ。
一番メインで使うでしょうな。

って、いや「オッパイで」という事ではなく、ロボットとしてカッコいいから使うんですよ?
必殺技のシーンとか燃えますんで。

決してオッパイが良いから使いたい訳ではないのではあります。
そこんとこ勘違いしないように。

それにしてもやはり声が無いのが寂しいなぁ。
スーパーロボットは技と共に叫ばないと味わいが減りますからのぉ。
仕方ないから自分で叫んでおきますか(笑)

他には「ガン×ソード」「鋼鉄神ジーグ」が好きなので、この三体が主力ってとこですかね。
「ガン×ソード」はファサリナさんのオッパイ、「ジーグ」は柳生隊長のオッパイに期待です。

って、何気に私の好きなのはみんなオッパイアニメということに・・・

ええぃっ、いいじゃんオッパイ好きなんだもんっ(開き直るな)

それにしても、ジーグで「オッパイドリルアタック」は出るのだろうか。
あのイベントと叫びは是非とも出して欲しいところでありますよ(笑)

shibachi1 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月29日

スパロボKのPV


スーパーロボット大戦K 特典
Official Commentary
Book付き


スパロボKのPVが公開されておりました。

なかなか動いてますねぇ。
まあ、最近は動かないと文句が出るでしょうからな。
というか、PS時代より動いている感じがするのが恐ろしいです。

それにしても何でSEEDの時にカガリなんだ?
嫌がらせで種運命の時にキラ様にするのは分かるけど、だったらアスランにしようよ。
何でカガリなのさ。
決める人がカガリファンなのかねぇ。

っていうか、シンちゃんは相変わらず酷い扱いですのぉ。
主人公なのにPVに出られないなんて・・・

これで内容でも酷かったら泣けてくるわな。
でも今回はヴァンもいる事だし、一緒になってキラ様をぶっ飛ばして欲しいところです。

スパロボZでは和解しちゃったからなぁ。
まあ、和解自体はいいんだけど、立場としてシンちゃんが上がいいからね。
一度キラ様をぶっ飛ばして、シンちゃんが勝った後に仲間になるのを希望。

というかさ、議長の思想ってかぎ爪男と似てるから、議長に反発しない限りシンちゃんはミハエルと仲間になって、敵になる可能性の方が高いんですよね。
それは悲しい図式ですわ。
やはりシンちゃんはヴァンと一緒に戦って欲しいっす。

まあ、ミハエル対キラ様という構図も面白いんですけどね。
似たようなキャラが似たような機体に乗って似たような雰囲気で戦い合う。
ギャグですな(笑)

そういやどっちも作中で女とヤってるんだよなぁ。
そんな部分でも共通点が(笑)

んでシンちゃんは多分童貞だろうから、やはりヴァンと一緒に童貞コンビとして非童貞なミハエル・キラ様コンビを叩きのめして欲しいです。

ヴァン「俺は童貞だっ」
シン「俺も童貞だっ」

って感じで(笑)
そう叫びながら放つ合体技なんかあったりしたら最高ですね(おぃ)

というか、他の主人公キャラも童貞が多いだろうからねぇ。
みんなして「俺も俺も」と言ったら大笑いですな(笑)
スパロボZでのゲイナー兄さん大告白シーンの後みたいな感じでさ。

あ、そういや既婚者が居たなぁ。
ゴオは「俺は童貞じゃないっ」と叫ぶのかな?(笑)

それにしても女子高生の妻か・・・
可愛くてナイスバディの女子高生妻か・・・
羨ましいのぉ・・・

てな感じで盛り上がってきたので、やっぱ買いますかねぇ。
声が出ないのは寂しいんだけど、「ゴーダンナー」のカットインが良かったのでね。
杏奈ちんが可愛いかったのですよ。

静流お姉様が出ると思われるのもポイント高いしのぉ。
二人のオッパイが揺れるかもしれませんしねぇ。
あのキャラデザで揺れないなんて無さそうだしぃ。

よし、買うかっ(駄目な理由)

そういやCMナレーションはファフナーの真矢ちんだそうで(情報元:ノイシュさん)

むむ、真矢ちんは好きなのだが、乙姫ちゃんじゃないのか・・・
CMで「あなたはそこにいますか?」と言うだろうに、乙姫ちゃんじゃないのか・・・

残念である。
非常〜〜に、残念である。

これで本編でも出番が無かったら泣くよ。
泣いてしまうよ(T_T)

戦闘で使うのは無理にせよ、せめてキャラ絵は出してちょ〜〜。
それがあれば凄くやる気があがるのにょ〜〜。
お願いなり〜〜。

shibachi1 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月14日

スパロボK 発売決定

おおっ、スパロボの新作だぁ(情報元ノイシュさん)

参戦作品も新しいのが多くて良いですな。
でもそのせいで「マジンガーZ」だけ凄く浮いてたり(笑)

何で「マジンカイザー」じゃないのだらう。
まあ、最初の話からやってくれるのなら嬉しいですが。
甲児くんがマジンガーに初めて乗る辺りからさ。

私のやったスパロボでは「すでにパイロットで有名人」な状態ばかりだったからのぉ。
たまには素人な甲児くんも見てみたいです(笑)

個人的には「ゴーダンナー」と「ガン×ソード」が魅力ですか。
どちらも最近「また観たいなぁ」と思っている作品なんで。
DVD-BOXが出れば買うんだけど出ないんですよねぇ。

他にも「ファフナー」や「鋼鉄神ジーグ」とか気に入っている作品が参戦しているので嬉しいですな。

んで「SEED」はここんとこ出てばかりなので微妙。
やっぱり出した方が売れるんですかねぇ。
個人的にかなり飽きてるんですけど(笑)

というか、「ガン×ソード」のミハエルとキラ様がコンビを組んだら怖そうですな(笑)
これはちょっと見たいかも。

などと発売を楽しみにウキウキしていた訳ですが、よく見たらこれってDSなんですよね。
そこで腰砕け。

だってDSだと喋らないじゃないですか。
やはり喋ってくれないとイマイチなのですよ。
好きな作品が多く出るだけに喋らないのは嫌〜〜。

てな感じで、買うかどうかは微妙になりました。

shibachi1 at 13:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年12月13日

スパロボZの攻略本


スーパーロボット大戦Z
パーフェクトガイド


スパロボZの攻略本が発売されていたので買いました。

もうかなりやりこんでいて今更ですが、取り敢えず毎回買ってるんで。
ゆえに今回も買ったのですな。

色々な出版社から出てますけど、私が選んだのはソフトバンクのヤツです。
っていうか、毎回ソフトバンクのにしてるんですけどね。
確かスパロボαの時に買って以来、ずっとソフトバンクのですか。

機体やパイロットの欄のところに、ちょっとしたコメントが書かれているのが気に入っている理由ですわ。
最近はどうか知らないけど、昔は他の出版社のにはそういうのが無かったんですよ。
その分何か良かったんですよね。

そうした読み物として楽しめる要素もあるんで、散々やり込んだ後でも買う気になるって訳です。
ゲーム攻略の内容だけじゃなく、オリジナルキャラの設定集なんかが付いてたりするのも良いですしね。

んでその設定集にせっちゃんの全身像が出てたんですが、凄いミニスカだったんでビックリ。

え〜〜、軍は何を考えているんですかね(笑)
これじゃルナマリアさんといい勝負ですよ。
そりゃレントンも興奮して変な顔になるさ(笑)

この絵だとオッパイもかなり大きいしなぁ。
美人でオッパイの大きなお姉さんがミニスカ穿いて目の前に立ってるんだから、思春期の少年としては大騒ぎってなもんでしょう。

ジェリドが「マスコットガール」って揶揄ったのも納得ですわ。
というか、そうとしか見えないよねぇ(笑)

そういやアサキムにボロボロにされる時って、この格好で地面に投げ出されたんだろうから、パンツ丸見えになってたんじゃないかと思ってみたり・・・
ああっ、何か急にアニメ化して欲しくなったなぁ(おぃ)

てな感じで楽しみながら読んでいる訳ですが、ネットの攻略サイトだと散々酷いコメントをされていた我らがルナマリアさんは、一体どう書かれているのかと気になってチェックしてみました。

そしたらザクの原作でのエピソードが書かれている欄の所に変な事が書いてあるし。

ルナマリアの射撃能力のせいか活躍は地味だった

それ、関係ないから。
活躍が地味だったのは脚本のせいだから。
レイのザクだってそうだったじゃん。

シンの傍らで活躍した

って、レイは活躍した事になってるぅ〜〜。

どういうことよ。
レイとルナマリアさんはコンビで地味だったじゃないの。
大体レイはシンちゃんの傍らじゃなく、ルナマリアさんの傍らの方が多かった気がするし。
海上で敵に襲われた時なんか仲良く砲台化してたしね。

シンちゃんの傍らで活躍したのはアスランですよ。
どっちも飛べる機体だからさ。
そんでどっちも飛べない機体に乗ってるレイとルナマリアさんは、ミネルバの上からバビューンバビューンとビーム撃ってたんだよね。

それが何故っ。
何故レイだけが活躍していた事にっ。

うぐぅ・・・
これが差別というヤツか・・・

まあ、その方がルナマリアさんらしくて良いけどさ。
愛らしいラブリーさってヤツですわ(馬鹿)

shibachi1 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月29日

スパロボZ 3週目がまもなく終了


スーパーロボット大戦Z

現在3週目も終盤にさしかかり、明日くらいに終わるかどうかってとこまで来ました。

何かあまりに強くなりすぎたせいか(笑)時折微妙な感覚はありますが、そこはそれ「強いぞ僕らのZEUTH」ってノリで楽しんでおります。

何しろスーパー系は敵の攻撃が全然気にならない状態ですからねぇ。
リアル系はたまに攻撃が当たったりするので怖いですが、スーパー系は全く余裕の状態なんですよ。
味方が強い機体ばかりで、1ターンにかなりの敵を倒してしまうせいもあるでしょうね。
その上反撃で撃墜する事が多いんで、全滅させるのが凄く早いのですわ。

ボスキャラも熱血や魂をかけて集中砲火するとあっという間に倒せますしね。
いやはや恐ろしいこってす。

んでこれまで試行錯誤してた使う機体ですが、結局使いたくなる機体はほとんど使う形にしました。
主人公級の機体では、ザンボット3、バルディオス、ゴッドシグマ、オーガス、ザブングル以外は使ってます。

その他に主人公じゃないけど、キラ様、アスラン、ルナマリアさん、サンドマン、フェイを使っていて、総勢22機です。

あ、サンドマンは主人公だったっけ(笑)
いかんな間違えては。

そんでこれまで使ってなかったフェイを突如使い出したのには理由がありまして・・・

いや別に単純な理由なんですけどね。
可愛いからですわ(笑)

容姿が好みであるのに加え、あのツンデレぶりがたまらないのですよ。
野郎共を率いる女隊長ってのも痺れますし。
前々から使うかどうか悩んでいたのですが、お金が余ってきたので思い切って使う事にしたのですな。

そしたらあんまり使えねぇ(笑)
移動後武器が一つしかないにょ・・・
しかも一番弱い武器・・・

しょうがないから斗牙・サンドマンと組ませて、グラヴィオン小隊として小隊攻撃で活躍させてますわ。
時折出撃枠が余るのでそうした時だけ使ってますけど。

ちなみにフェイが喋るたびに、思わず「バーディーだ」と呟いてしまったり(笑)
いや、何かもう千葉さんというとバーディーのイメージがついちゃったもんで。
何とも困ったもんですな。

んで他に萌えキャラとしては、「グレンダイザー」のマリアちゃんがいたりします。

「スパロボMX」に出てきた辺りから、何やら妙に惹かれていたんですよね。
基本的にマジンガーな世界の女性キャラには全然惹かれないんですけど、マリアちゃんだけは何故か惹かれるのですよ。
やはりキャラデザが違っているせいですかねぇ(笑)

性格的にも好みだし、こんなお嬢さんと仲良くなりたいなぁ、とか思っちゃうのですな。
個人的に甲児君の相手として一押しだったりします(笑)

という感じで凄く萌えキャラなので使ってみたい気もするんですけど、さすがにドリルスペイザーは辛いのでやめてますわ(笑)
わたしゃ単体で活躍できる感じじゃないとつまらないんで。
まあ、小隊員として使ってもいいんだけど、それだけってのも微妙なんでね。

でも好きなんだよなぁ、マリアちゃん。
試しに4週目から使ってみますかねぇ。
いやいや、今度やる面から小隊員として配備するか。

悩みどころでありますよ。

shibachi1 at 19:39|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年11月22日

スパロボZ 3週目突入


スーパーロボット大戦Z

2週目のプレイが終わったので、続けて3週目に入っております。

やってるのはスペシャルモードです。
改造度が15段階も出来て、最初からある程度強化パーツがあるヤツですな。

今までほとんどの機体の改造度が10段階に至ってなかったですが、さすがに3週目となると資金があるのでかなりパワーアップ出来てますわ。

平均で割り振るとどれくらい改造できるかと計算してみたら、最初から9段階まで改造できる感じでした。
これなら最終的にはかなり改造できるでしょう。

んでこれまで色々プレイしてきて思ったのが、「底力は大事」って事ですね。
スーパー系でこれがあるのと無いのとじゃ大違いなんですよ。

分かりやすかったのがアクエリオン。
アポロをメインにしている時は敵の攻撃を受けても平気なのに、シリウスやシルヴィアにした途端、撃墜されまくったんで。

シリウスとシルヴィアは「底力」が無いんですよね。
だから集中砲火を食らうとすぐにHPが減ってしまう。

何やら今回の「底力」はかなり性能がいいらしいので、スーパー系のパイロットには付けた方がお得ですわ。
っていうか、そうした方が楽ですな。
「底力」の無いパイロットはやたらと撃墜されましたからねぇ。

そういう状態なんで、他に「底力」を持っていないスーパー系パイロットはいるかと調べてみたら、斗牙・ロジャーという、私にとってメインで使う二人が「底力」を持ってませんでした。
どうりでやたらとグランカイザーのHPが減る訳ですわ。

2週目のプレイの時からは一番に付ける様にしましたよ。
PPに余裕があったので、すぐに9レベルまで上げられたので安心してプレイ出来ましたです。

今後は回避しない機体のパイロットは「底力」があるかどうかチェックする事にしましたわ。
戦艦の艦長も結構持ってないキャラが多いので注意が必要なんですよね。

んで他の技能の習得に関しては、

「SPアップ」
「気力+(ダメージ)」(スーパー系)
「気力+(回避)」(リアル系)
「気力限界突破」
「ガード」(スーパー系)
「見切り」(リアル系)
「Eセーブ」

って感じですか。

これを全部のキャラに適応してます。
だから私の使うキャラはみんな同じ技能になりますな(笑)

たまに固定技能を多く持っているキャラ(ゲイナーとか)がいるので、そういう場合は諦めてますけど(ゲイナーの場合は「見切り」を付けない)

ちなみにレントンは、隊長効果で「気力+(回避)」を持っているんで、付ける意味が無いから注意が必要です。
わたしゃ1回目のプレイの時に付けちゃいましたわ。

こういう感じで全部習得したら、後はそれぞれの能力値を上げてます。

以前は全部の能力値をまんべんなく上げていたんですが、格闘武器しかない機体に乗っているキャラの射撃値を上げてもしょうがないんで、そういうのは止めました。

それからスーパー系の「回避」やリアル系の「防御」も、あまり意味が無いので片方にしてますわ。
「技量」もクリティカルに固執してないんで、特別上げてはいません。

ゆえに普通のキャラなら「格闘」「射撃」「防御(回避)」「命中」を上げる感じですか。
そうするとかなり攻撃力と防御力(回避力)が上がるのでいいんですよね。

ちなみに今回スーパー系で射撃武器を持っていない機体が多かったのでビックリしましたわ。
以前はマジンガーでもあったんですけどねぇ。
まあ、統一してくれた方が能力が上がりやすいのでいいですけど。

といった感じで、独自の改造プランに沿いながら只今3週目をプレイしております。
主人公はランドですわ。

さすが改造度が高いのでやたらと強いですね。
しかも金に余裕があるので、敵を全滅させる事を意識せず、面のクリアだけを意識しているせいか進むのも早いです。
この調子だと連休中にほとんど終わるんじゃないかなぁ。

そんでランドが終わったら、再びせっちゃんをやって、せっちゃんを大活躍させますか。
PPで能力値を上げて凄いキャラにするのら〜〜。

って、周囲のキャラも似たようなものだから、あまり凄くはならないけどさ(せっちゃん不幸っ)

shibachi1 at 19:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年11月15日

スパロボZ セツコルート 48〜60話


スーパーロボット大戦Z

終わりました〜〜。

せっちゃんラブリ〜〜。

という事で、せっちゃんルートはせっちゃんの可愛さが全てでしたね(おぃ)

これだけラブリーな主人公というのもクスハたん以来だなぁ。
クスハたんはこう「クスハた〜〜んっ」と抱きつきたい感じで、せっちゃんは「せっちゃぁ〜〜んっ」と押し倒したい感じの違いですか(よく分からん)

取り敢えず私の中で、スパロボキャラとしてかなりの萌えキャラとなりました。
胸の揺れ具合の差でクスハたんが微妙に上って感じですかね(駄目駄目)

んでストーリー的には今回ifルートだった訳ですけど、ちょっと作りが微妙でしたね。
何となく流れに無理矢理感があった様に思えたので。
そういう点で原作ルートよりは駄目だったかも知れません。

まあ、シンちゃんが幸せだったんでそこら辺には目を瞑るって事で。
真っ直ぐに生きているシンちゃんが眩しくて、わたしゃ心で泣きましたよ。
ホント良かった良かった。

アニメ版での扱いが気にくわないシンちゃんファンはやって損無し、っていうかやった方が幸せな気分になれますな。
鈴村さんも満足されてましたしね。

そうそう、最近「シンとセツコの関係に悶えるスレ」なんてのを見つけたせいで、シンちゃんに対する愛情が上昇してましてね。
シンちゃんってば、かなりの萌えキャラなのだと改めて思いましたわ(笑)

これはなかなかに萌えな内容なので、シンちゃん好き・せっちゃん好きの人は一度読んでみる事をお薦めします。

んで「シンちゃんの幸せ」と言えばステラたんの救出な訳ですが、無事上手くいきました。

要はシンちゃんでステラたんを撃墜しまくって(笑)いればいいだけの事ではあるんですが、上手くいった時は凄く嬉しかったですね。

何よりステラたんが現れた時のシンちゃんの喜ぶ姿が良くてねぇ。
実に素晴らしかったです。

んで早速シンちゃん・ルナマリアさん・ステラたんで小隊を組ませました。
名付けて「トライアングラー小隊」(おぃ)
いや、ルナマリアさんもそんな歌を歌ってますし、ちょうどいいんじゃないかと思って(笑)

本来なら単体で使いたかったんですけど、出撃枠が無くなってますからね。
しょうがないのですわ。

というか、ワイドフォーメーションで攻撃すると、ステラたんの攻撃力がルナマリアさんの攻撃力を2、3千ほど上回っているのでビックリしたっす。

能力・機体性能が同じくらいなのにどうしてなんだぁ〜〜。
こんな所でもルナマリアさん不幸っ(笑)

それからついでにレイも仲間にしてみたんですが(ひでぇ言い方)シンちゃんとの関係がいい感じなんで良かったですね。
シンちゃんがレイを説得する様子が凄くいいんですわ。
やはり友人とはこうあるべきだなって感じで。

んで議長とキラ様の対決シーンにシンちゃんが混じると、あそこまで盛り上がるんだと知って驚きました。
そういう意味でアニメ版は実に勿体ない事をしたと思いますね。
って、アニメだとシンちゃんが議長の味方のままだから無理か。

う〜〜ん、やっぱりあのシーンは議長と何かで対立する様になったシンちゃんが、議長を非難する形にした方が面白いよなぁ。
それまで会った事の無かったキラ様が対決するんじゃ微妙すぎる。

そういやSEEDの時も、ラストはほとんど会った事の無かったクルーゼとの対決だったしね。
わたしゃ「クルーゼと対決するのはムウだろ」って思いましたからねぇ。
そこら辺でSEEDのラストも微妙なんですよね。

個人的にはキラ様とはアスランが戦うべきだったと思っております。
最終回まで仲違いしている状態にしておくのですな。
そんで種運命のラストのシンちゃんみたいな状態で終わるのが良い感じですかね。
キラ様にボコボコにされて呆然となり、少し経ってから「一緒に戦おう」とキラ様に言われて救われる感じで。

それを中盤でやっちゃったからなぁ。
だからどうもあの作品は終盤がエピローグ的で面白くないのですわ。

アスランと言えば、インフィニットジャスティスの「ファトゥム01」は、何気にグレートブースターみたいですな。
使うたびに「グレートブースター発射」とか言っちゃいますよ(笑)

というか、今回アスランの機体は地味なんで微妙ですね。
まあ、アニメでも地味だったからしょうがないんだけど。
単体で使ってもあまり活躍出来ないので寂しいですわ。

などといった種運命話はこのくらいにして、続いてラスボスについてですが・・・

何やら倒すのが楽でしたわ。
どうやらランドルートとは仕様が違うみたいで、あっさり倒せて拍子抜けしちゃいました。

まあ、あっちも楽って言えば楽なんですが、面倒くさかったんでね(笑)
こっちは普通に攻撃してたら倒せたんで、そういう意味で楽だったという事です。

それからキャラとしても相変わらず微妙感が強いですな。
どうにも「憎らしい敵」という感じじゃないので、倒しても満足感が無いというか。

やはりラスボスは、憎ったらしくて倒さずにはいられないくらい嫌なヤツにして欲しいですわ。
そうじゃないとスッキリしないのですよ。

そういう点では「スパロボW」と似てるかな。
あれも何か最後はのほほんとしちゃってたんで、私的には微妙だったんですよね。

今回もかなりノリが軽いというか、明るい雰囲気で作られているので、何かちょっと物足りないんですよ。
酷いイベント自体はあるんだけど、全体的には軽いというか、楽しげな雰囲気に満ちているというか。

それが面白さにもなっているんだけど、「ここぞ」というところで、どうにも作品自体に軽さを生んじゃっている気がするんですよね。

まあ、そういうのも良さではあるのですが、私は重くて悲惨な雰囲気の方が好きなんで。
そういった状態から盛り上がる感じの方が燃えられるので、どうしてもイマイチ感が出てしまうのですわ。

あとラスボスが駄目な点としては、「主人公と絡んでいない」ってのが大きいですか。

主人公の設定と全く関係のない状態で出てくるので、基本的に「みんなの敵」って感じで、主人公が居なくても盛り上がれる様になってますからね。
そうなると主人公の見せ場が無い状態なので、物語的にイマイチ盛り上がれないのですな。
散々絡みまくってたアサキムは、適当(笑)に消えちゃいましたし。

そういう意味で、ちょっと存在感の薄いラスボスだったですね。
インパクトがあって面白くはあったけど(笑)

終わらせても微妙にスッキリしていないのもそこら辺が理由かも知れません。
「本当の敵はどこかに居ます」って感じがしちゃってるんでね。
主人公達の秘密に絡んでいて、アサキムを苦しませている存在を倒さないと話が終わっていない様に思えるのですよ。

ゆえにこれをほったらかしているのは実に気持ちが悪いので、さっさと続編を作ってもらいたいです。
寺田プロデューサーは「続編の制作は決まってない」とか言ってましたが、上記の様にこれは続編を作らなきゃいけないラストでしょう。

このまま続編が無かったら、ホント意味不明な事柄が多すぎて欲求不満になりますよ。
そういう事が無い様に、続編をとっと出して欲しいところであります。

てな感じで2週目を終わらせた訳ですが、やはり一度クリアしている点と、改造度が高かったせいでだいぶ楽にクリアできましたね。

途中からスーパー系なんかほとんどダメージを受けなくなったからなぁ。
あれにはビックリしたっす。

そうそう結局撃墜王はレントンになっちゃいました。
セブンスウェルを使いすぎたんで。

いや〜〜、インターミッション画面で毎回レントンを見るのは微妙ですねぇ(笑)
まあ、3週目をやる時にはエウレカたんが見られる様になるからその点はいいんだけど。
エウレカたんはカワユイのれすよ。

可愛いと言えば我らがせっちゃんですが、何気にちょっと気になる事がありまして・・・

「ザ・グローリー・スター」を撃つ時に「フルバースト!」と叫ぶシーンがあるじゃないですか。
あれがどうもわたしゃね、「振るバスト」って聞こえてしょうがないんですよ(笑)
いや、オッパイ揺らしてるからさ(馬鹿)

「そこっ!」って叫ぶのも、妙にいやらしく聞こえてしまいますし。

う〜〜ん、やはりせっちゃんはエロ可愛いなぁ(酷いオチ)

shibachi1 at 20:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月26日

スパロボZ ランドルート 58〜60話


スーパーロボット大戦Z

終わりました〜〜。

いや〜〜、最後の方は長かったですねぇ。
時間があったので平気でしたけど。
そんで実にいい感じで終わったと思いましたわ。

最後の敵は何でしたけど(笑)作品のテーマ的には合っているとも言えるのでいいんじゃないかと。

テーマってのは「自由と恋愛」ですな。
自由を奪う者が悪であり、主人公達は自由を求めて戦ってましたから。
んで、その中で描かれる複数の恋愛関係が物語を引っ張ってましたからね。
参戦作品としても、そうしたテーマの作品が多かったという事でしょう。

「恋愛」に関しては、最終話でのニルヴァーシュの技に全てが現れてますな。
月面にハートで囲まれた二人の名前・・・
ラブラブ天驚拳も真っ青ですよ(笑)
最初見た時、何かと思いましたからねぇ。
「エウレカセブン」ってスゲェ作品だわ(笑)

「自由」に関して印象的なのは、ビッグオーと種運命ですか。
どちらも「自由が大事」ってのを特に主張していたアニメなんで。

っていうか、キラ様が「フリーダム王子」と呼ばれたのには吹いた(笑)

今回のスパロボで一番光っていたのは、キラ様にツッコミを入れまくるマシューだったのではないかと思います。
まさにMVPですな(笑)

そうそう、結局キラ様は使いましたよ。
胡散臭さは抜けませんでしたが、意識を「フリーダム王子の大活躍。強いぞ僕らのキラ様」という感じで、キラ様万歳な方向へシフトする事によって受け入れたのですわ(何じゃそりゃ)

ちなみにみんなが楽しくサッカーやっている時に、アスランだけを誘って、アークエンジェルの格納庫でひっそりご飯を食べているキラ様には吹きました(笑)

一応嫌われているのを気にしてたのね(笑)
ナイスな心遣いです(笑)

何か今回のスパロボって、こうした遊び心が多くて楽しかったですわ。
主人公からして陽気な兄さんでしたし。
暗く落ち込んでいる雰囲気がないのですよ。

深刻ぶっているキラ様も、その影響を受けてまともになってましたからのぉ。
良いことであります。

って、何かここんとこキラ様の感想ばかりになってますが、キラ様面白いからさぁ(笑)
まさにネタキャラですわ(笑)

キラ様に限らず、今回のスパロボはホントキャラの見せ方が上手いし、ストーリーに関しても見事に描いていたので良かったですね。
今までに無かった情報戦や、味方同士の疑心暗鬼とかも面白かったですし。

ただオリジナルの敵が変態ばかりだったのは何だったのか(笑)
「スパロボMX」の人間的にどうしょもないラスボスよりは良いですが、どうにもそこら辺で重みは無かったですわ。

最後もギャグだったしなぁ、あれ(笑)
暑苦しさで落としてましたからねぇ(笑)
せっちゃんだとどうなってるんだろ。

そういや、続編が作れそうなネタが色々ありましたな。

ゲッターはOVA関連の石川英郎版竜馬っぽい話をしてましたし、万丈がラストで火星へ行っているのも気になりますしね。
そもそもいくらでも「別世界」って設定で話が作れるからやり放題とも言えますな。

何よりラストで行方不明になった人達が戻ってくるのを見たいので、是非とも続編を作ってもらいたいところです。

っていうか、ランド達の設定自体、よく分からないまま終わってますしね。
扱い的にもあまり話の中心って感じじゃなかったですし。
アサキムもほったらかしのままだしな。
そこら辺を解明するためにも続編が欲しいですわ。

んでもし続編を出すのなら、マジンガーはマジンカイザーを出して欲しいなぁ。
今回地味でしたからねぇ。
真ゲッターを出すのなら釣り合い的にもそうして欲しいっす。
っていうか、真ドラゴンはデカすぎだわ(笑)

あ、サンドマン繋がりで「ダンクーガノヴァ」も出ないかなぁ。
アニメで絵だけ出てたからね、サンドマン。
大統領と一緒に(笑)

話は駄目駄目だったけど、キャラとロボットは好きなんですよあれ。
ほーちゃんがパイロットやってるしさぁ。
参戦しないかのぉ。

てな感じで、続編に期待が高まる訳ですが、取り敢えず今はせっちゃんルートですね。
張り切ってやりたいと思います。
ifルートでシンちゃんがどうなっているのか楽しみでありますよ。

shibachi1 at 18:01|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2008年10月25日

スパロボZ ランドルート 48〜57話


スーパーロボット大戦Z

ついにアルティメットグラヴィオンキタ〜〜。

どこがどうくっついてどうなってるのかさっぱり分からない合神が最高ですね(笑)
んで必殺技使用時にしか存在しないのが微妙に悲しかったりしますな。

まあ、あの状態で他の技をどう繰り出すのか、そもそもどうやってくっついてるのか分からんので、無難な処置とも言えますが(笑)

そしてビッグオーもついにドロシー搭乗で、必殺技の後の呟きが実に強烈な味を出しております(笑)
やはり素敵でありますよ。

何気に移動力が上がり、さらにはドロシーのおかげで「加速」も使える様になって、何とも素晴らしい状態ですわ。
ただもうちょっと早くこうなって欲しかったという感じもしますけど。

それからシンちゃんとルナマリアさんがようやく戻ってきて一安心。
結構長かったので辛かったですよ。

その間、キラ様を使おうかと何度か思いましたが、そうしようと思う度に止めました。
何かどうも胡散臭いんでねぇ(笑)

私はスパロボをやっている最中「ぶっ飛ばしたれ〜〜」という感じで、キャラに感情移入して楽しむんですが、キラ様はどうにもそれがしにくい。
「第3次α」の時は問題無かった事を考えると、やはり種運命でのキラ様は変って事ですな(笑)
シンちゃんにも「人間だったんですね」とか言われてたし(笑)

エターナルも同じ理由で微妙。
アークエンジェルだけは、マリューさんがまとも(笑)だから何とか大丈夫な感じですわ。

仲間入りする時も凄かったですからねぇ。
せっちゃんルートのメンツから、凄く嫌われまくられてて吹きましたわ(笑)
ランドルートだとキラ様達に好意を抱ける状態なので、「そこまで言わんでも」とか思っちゃいましたよ。

んで原作通り「話すのが大事」とか言いつつ、「どうせ分かってもらえない」とか矛盾する結論でさっさとどこかへ行こうとするキラ様に吹き(笑)それで終わるのかと思いきや、さすがそこはスパロボ、ランドが止めていたので良かったですわ。

その後もキラ様単体だと暴走するところを、まともな思考の周囲のキャラの取りなし&説得により、キラ様が普通な感じに見えてくるから不思議ですね。
議長との会話もさほど気にならない状態でしたから。

というか、議長と会話するまでに、自分がどうしたいのかをスパロボキャラ達との会話である程度示されていたからでしょうな。
だから端的な「覚悟はある」って言葉であっても、そこから色々推測できて不自然にならない訳ですわ。

ホントそれだけの手間でしかないんですけどね。
それをしなかったから、あの最終回はトンデモ会話になっちゃっている訳で。

んでさすがにレイの行動はフォローしてなかったので残念でしたわ。
脇役だからかなぁ。
何か可哀想でしたなり(笑)

てな感じで、いよいよ残りも少なくなって参りました。
最後はどうなるのか楽しみであります。

shibachi1 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月24日

スパロボZ 使う機体を増やすべし


スーパーロボット大戦Z

この間「使う機体を減らす」と書きましたが、やはり減らさずにやる事にしました(笑)

だってエウレカたんが可愛いんだもの。
エウレカたんが観られなくなるなんて悲しいんだもの。
だから使う事にしたのれす。
カットバックエウレカた〜〜ん(馬鹿)

というのは冗談でも何でもないですが(笑)他にもゲイナー兄さんがやっぱカッコいいんでね。
使わないのは寂しくなっちゃったんですよ。

そういう事で、47話までやった状態のまま続きをやりたいと思います。

まあ、使い方を工夫すれば、好きな機体をより活躍させる方法もあると思うので、そっちで不満を解消しますわ。
出来るだけザコの居る場所に突っ込ませるとか、反撃の戦闘アニメを観るとかね。

何よりランドルートがもうすぐ終わるしさ。
そしたらせっちゃんの復活ですよ。
シンちゃんのifルートですよ。
ステラたんを助けるでありますよ。
ついにステラたんの活躍が観られるのら〜〜。

でもステラたんは機体でいいのが無いので悲しいんですよねぇ。
む〜〜、どうせならデストロイにでも乗れればいいのに(笑)
インパルスはルナマリアさんの機体だし、しょうがないからガイアで頑張るか。

ルナマリアさんと言えば、またまた参考にしているサイトで酷いことが書かれておりました。

ルナマリア・ホーク
ミネルバ3人組で小隊となると、ブースターを付けないと足手まとい以外の何者でも無い人。
前半はシン・レイとのTRYアタックという一点が彼女の最大の存在意義である。


何を言うておるのやら。
ルナマリアさんの存在意義と言えば、その麗しさと美しさと可愛らしさではありませぬか。
分かってないのぉ。

え? そんなの戦闘の役に立たないって?

そんな事はございませぬ。
どっかのバルキリーに乗った歌手の様に、強引にルナマリアさんの姿の映像を送りつけることにより、その美しさで翻弄するのですよ。

うむ、素晴らしいことではありませぬか。
これにより命中率と回避率が10%上昇するのですな。
隠し要素としてそういう特殊技能があるのでありまする(嘘)

ちなみにインパルス関連で、イザークのところに以下の様な事が書かれてあったのでそれについても。

イザーク・ジュール
インパルスに乗せ換え推奨。
ルナマリアではパッとしなかったインパルスも再び主役機の輝きを取り戻すのでお勧め。


何という事を・・・
何がパッとしないだぁっ。
分かっておらぬなぁっ。

インパルスに乗る事で、ルナマリアさんの華麗なお姿が観られるカットインが増えるんですよ?
エクスカリバーを使った時のあの横顔。
まさに美でありますな。

射撃が苦手なルナマリアさん待望の、剣という最強武器。
まさにインパルスはルナマリアさんのための機体なのです。
だから私はインパルスにはルナマリアさんを乗せるのだぁ〜〜。

という感じで、ルナマリアさんに対する愛情も盛り上がってきました。
土日でランドルートも終わるでしょうから、2週目は最初からルナマリアさんをガンガン使って撃墜数を増やしたいと思います。

ちなみにSEEDと関係ないけど、ゴッドシグマの闘志也を関智一さんがやっていたと知ってビックリ。

全然分からんかった・・・
「知らない人だけど、いい声の声優さんだなぁ」とか本気で思ってましたよ(笑)

shibachi1 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月21日

スパロボZ 使う機体を減らすべし


スーパーロボット大戦Z

ランドルートもせっちゃんルートと同じく47話まで進みました。

んで、同じ様に飽きてきた次第(笑)

いや、何か機体数が多いとやっぱ駄目っすわ。
合流するまでは楽しくやれている事を考えると、それが原因としか思えないですね。

7、8機でやってたのが、合流すると14、5機に増えますからねぇ。
そんで次第に飽きてくるとなれば、そこら辺がネックなんじゃないかと。

全部が全部気に入っている作品ならそうでもないんでしょうけど、中には何となく良さそうだと思って使っているのもありますんでね。
機体数が多くなるとそこら辺で微妙になるみたいです。

自分のお気に入り機体を使用する機会が減るのが駄目なのかも知れませんな。
ランクで示すと、「好きSランク機体」の活躍を「好きAランク機体」が奪っている感覚ですか。

そういうのを繰り返している内に、だんだん「う〜〜ん、何で俺この機体(好きAランク機体)使ってるんだろ?」という感じになってくるのですな。

やはりメインで毎回使う機体ってのは、「好きSランク機体」だけにしておいた方が良いのかも知れません。

って、そうやってると次第に使いたくなる機体が増えていって、また同じ状況になったりする訳ですが(笑)
今回もそうだったし。
まあ、そうなったらそうなったでまた考えましょう。

ちなみに「好きSランク機体」は以下の通り。

グラヴィオン
ビッグオー
マジンガーZ
ゲッターロボ
ガンダムSEED DESTINY(シン、ルナマリア)
Zガンダム(カミーユ、クワトロ、アムロ)

主人公を入れると10機なんで、非常に宜しい感じですわ。
うん、またこれでやり直すかな。

ただランドルートだと、しばらく使えるのが主人公とゲッターだけという辛い状況になりますが(笑)
まあ、そういうのは以前からやっているんで平気と言えば平気ですけどね。
寂しいだけで。

そういや「スパロボα」の頃は、富野ガンダム&ダンバインだけでクリアしてましたね。
主人公を入れて8機ですよ。
今考えるとスーパー系無しでよくやっていたもんだと思いますわ。

あの頃はマジンガーとか特に気に入ってなかったからなぁ。
それがいつの間にやら甲児くんが好きになっていたという。
まさにスパロボで好きになった感じですね。
何しろアニメ本編はほとんど観てないですから。

ちなみにマジンガーとゲッターなら、私はマジンガー派でございます。
でもマジンガーはいいOVAが無いからつまらないんですよねぇ。
「マジンカイザー」は期待外れだったしなぁ。
ゲッターはOVAでいいのがあるのに比べると、実に悲しいことですわ。

そういや「Zマジンガー」がアニメ化されるなんて話もあるので、それに期待しますか。
監督が今川泰宏さんだから、きっと良作に仕上げてくれるでしょうし。
楽しみにしたいと思いまする。

shibachi1 at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年10月19日

スパロボZ ランドルート 37〜47話


スーパーロボット大戦Z

せっちゃんに追いついた〜〜。

って事で、先週せっちゃんルートでやった所まで終わりました。

ここら辺は内容が同じなので、特に目新しい事は無かったんですが、ストーリーとは関係なく面白い点があったんでそれについて。

44話の人工太陽の回ですが、あそこでルビーナの乗っている円盤が撃墜されると、ルビーナが死んじゃうのに驚きです。

前回は撃墜されなかったんでね。
そんでひかるとのライバル関係が成立して面白そうだったのに、今回死んだんでビックリですわ。

ああした「助けなければいけない」というのは、今までだとゲームオーバー要因だったのに、何故かほったらかしだったんで疑問に思っていたら、こうしたオチがあった訳ですな。

こういうのってなかなかいいんじゃないですかね。
強制的に助けさせる展開って好きじゃなかったので、「助けたい人はどうぞ」ってのは良いと思います。

それと同じ様なネタとして、デビットの特攻について。

制限ターンをオーバーすると、特攻をかまして死んでしまうという展開に驚きましたわ。
これも今までならゲームオーバーになるだけだったり、絶対に特攻する展開になったりしていたのに、それを選択制にしているのが面白いです。

種運命のルートの違いもそうですけど、今回プレイヤーがストーリー展開を選べる感じになっていていいですね。
好きな方を選べるってのが良いですわ。

ちなみに私はデビットは助けました。
何しろデビットは、クィンシュタイン博士との関連で、私の年上女性萌えを刺激してくれましたからね。
殺すのは忍びないです(笑)
声も私のヒーロー井上和彦さんだしな。

他のネタとしては、女性嫌いで女性が苦手な兄ちゃんの変貌の話ですか。

どうもランドだと、展開的にインパクトが無いので面白くなかったです。
やはりああいうのはせっちゃんでやってこそ映えるネタなのかも知れませんな(笑)

というか、ランドって人間としてかなり出来ているから、ちょっとやそっとの事じゃ揺るがないので、あまり盛り上がらない感じがしますわ。

本来ランドみたいなキャラは主人公を導く立場でしょうからね。
ゲインやジャミルみたいな感じで。
そういう意味でなかなか描き方として難しいんじゃないかと思います。

そんでアサキムとは何やらいい雰囲気になっていたので、このまま何とか仲間になるといいですな。
男の友情としてベタな展開に期待です(笑)

ちなみに「ランドが美形だったら、バッチリやおいネタとして成立しただろうに」と思ったのは内緒だ(笑)
それこそレーベンが主人公だったら良かったでしょうね。

せっちゃんと同じくいじめられ主人公として活躍し、途中のパワーアップイベントで「機体の力に引きずられてサドな性格が目覚める」ってなったりしたらネタとして面白いですし(笑)

っていうか、せっちゃんがそうならなくて良かった良かった。
せっちゃんは弱々しいから萌えるんだもんね。

・・・

いや、サドになってもそれはそれでいいか。
想像したら何か萌えてきたなり(おぃ)

shibachi1 at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年10月18日

スパロボZ ランドルート 26〜36話


スーパーロボット大戦Z

やり直しプレイ〜〜。

という事でガンガン進めております。

いや〜〜、好きな作品がほとんど無いだけに、楽しさが微妙ではあるのですが、スパロボZを始めてから気に入っている「エウレカセブン」が話のメインになってたんで良かったですね。

エウレカたんがカワユイのよ。
恋、そう、それは恋なのれす。
エウレカたん、初めての恋。

うむうむ、ああいう無表情系美少女が恋をすると萌えるね。
楽しいね。
抱きしめたくなるね。
ああっ、わらしもあんな美少女に惚れられたいぜ。

思えばランドルートには似たようなタイプの美少女が多いという事で、萌え的には評価が高いですな。

ストーリー的には主人公のパワーアップイベントがあり、ガンレオンが微妙なパワーアップ(笑)をしたので燃えました。

何故微妙なのかと言えば、通常の外観が変わらないからさぁ。
空も飛べないしさぁ。
む〜〜ん、もうちょっと何か欲しかったであります。
取り敢えず叫びがうるさいのだけは面白かったですけど(笑)

そんで驚いたのが、我らがキラ様がランドルートだと普通なこと。
何しろ「戦闘している最中に乗り込んで来て両方の陣営を攻撃する」という、「こいつ頭おかしいだろ」(笑)な行為をしていないですからね。
普通に主人公達を助けてくれる助っ人として現れるので、実に好感が持てます。

キラ様の悩んでいる様子も描かれ、そこにエニルが魅惑なお姉さんとして助言を与えているのが私的には萌えでした。

アニメでもねぇ、マリューさんがこれをやってくれたら良かったのになぁ。
こっそりと体で慰めたりもしたりしてさ(おぃ)
キラ様は「精神的に辛い時は女を抱くべし」というのを経験してますんで、そういうのがあっても良いのではないかと思うのですよ(駄目駄目)

てな感じで、こっちのルートだとキラ様が嫌なキャラになっていないので良いのですな。
というか、アニメでもこういう描き方をされていれば嫌われなかったんじゃないかと思うのでありますわ。

あのアニメは前から思っているけど、導いてくれる大人が居ないんですよねぇ。
そりゃ子供の浅はかな判断で暴走もするってもんですわい。
成長もできませんわな。

成長といえば、ゲイナー兄さんが今回凄いですわ。
何とランドを抜いて撃墜数1位になっちゃいました。
さすがレントン憧れの兄さんだけの事はありますよ(笑)

いや、何か敵の攻撃がやたらとキングゲイナーに集中するんでね。
そのせいで反撃しまくるから撃墜数がグングン上がって、今やトップに。
ゲームチャンプは伊達じゃないっす。

今後果たしてランドが復活できるのか、はたまたそのままゲイナー兄さんがチャンプとして君臨するのか、楽しみな所です。

shibachi1 at 19:16|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2008年10月13日

スパロボZ セツコルート 42〜47話


スーパーロボット大戦Z

ついに化けの皮が剥がれた〜〜(笑)

Mっぽい面した美人のお姉さんは、実はドSだったのです。
そして「女性が苦手」とか言ってた美形の兄さんは、実は女性が嫌いだったのです。
何という極端な変貌ぶりか〜〜。

という感じで、胃カメラ(笑)の連中はみんな変人だったという事が分かって面白かったですね。
いやはや、ここまで凄いと笑ってしまいますわ(笑)

裏があるとは思っていたけど、まさかそういう性格を隠していたとは・・・
他の要素が吹っ飛びましたわい。
あの二人の変貌ぶりが最高に衝撃的でしたね。
取り敢えずジエー博士が何であんななのか分かった気がしますわ(笑)

それにしても今回のオリジナルキャラって、ランドもそうだけど濃ゆい人間が多くないか?
せっちゃんもある意味濃ゆいキャラだしな。
妙な所に力が入っている感じですよ。
面白いからいいけど(笑)

んで他の面白要素としては、我らがキラ様がシンちゃんによる撃墜から早々に立ち直り、意気揚々と新型に乗って登場した部分ですか。

カッコ良く出てきた割に、出番が遅かったので私的には全然役に立たず(笑)
だって次のターンには終わる様な状況でしたからねぇ。
アニメと違って凄くピンチって訳でもなかったので、「あ、来たの?」って感じでしたわ(笑)

まあ、私にとってキラ様は悪役でしかないのでどうでもいいんですけどね。
仲間になっても使う気ないし。

アニメの作りが途中まで主人公してないから、実に愛着が湧きにくい存在なのですよ。
スパロボのキャラたちにとっても微妙な存在だから、今後どうやって仲間入りするのか興味あるところです。

仲間になると言えば、48話から隠し要素としてルートが別れる様で、色々な隠しポイントをクリアしていないと、種運命に関しては原作通りの話になってしまうとか。

え〜〜?
せっかくあそこまでシンちゃん教育したのに、原作通りになっちゃうの〜〜?
そりゃないよ〜〜。

そこら辺に関して、いつも参考にしているサイトに出ていたのですが、どうやら二週目以降のプレイでは「ザフトに戻るか否か」の選択肢が出るそうな。

そいつはありがたいんですけど、でも二週目だとランドルートになるから、あまりシンちゃんに愛着湧かない話の作りになってるんですよねぇ。
やっぱりせっちゃんの時に一緒にいる状態にならないとさぁ。

こいつはこのまま続けるのを止めた方がいいですかね。
どうにも微妙なシナリオになっちゃうし。

ここは一つランドでやり直しますか。
ランドルートだとシンちゃんとの絡みが少ないんで、別に敵になっても気にならないしな。
うん、そうしよう。

って事で、またもややり直しをする事にしました。
ランドでまたやりま〜〜す。

まあ、使う機体が多すぎて、飽きてきていたのでちょうど良かったりもするんですよね。
以前の記事で「平気になった」とか書いてましたけど、やっぱり駄目でしたわ(笑)

12、3機が一番いい感じですかねぇ。
それ超えてくると辛いのですよ。

んで使う予定の機体は以下の通り。

グラヴィオン
ビッグオー
マジンガーZ
ゲッターロボ
ガンダムSEED DESTINY(シン、ルナマリア)
エウレカセブン
キングゲイナー
∀ガンダム
ガンダムX
Zガンダム(カミーユ、クワトロ、アムロ)

数的には、主人公を入れると14機ですか。
う〜〜ん、ちょっと多いかなぁ。
ルナマリアさんはもう堪能したからやめようかのぉ。

でも二週目以降のPPの引き継ぎは、αシリーズと同じく個人別みたいなので、使っておいた方が二週目の時に強い状態で始められるからいいか。
金も余裕があるから、始めからザクを改造出来るし。

っていうか、今回のやり直しの時にも改造しますかね。
今までやっていたのに比べて機体数が減るから、そういう事をしても平気でしょうから。

そうすればルナマリアさんを始めからバリバリ活躍させられるぞぉ。
照準値も改造できるから、強化パーツに頼らなくても命中させられるしぃ。
うん、こいつはいいや、そうしよう。

という事で、変な意味で盛り上がって来たのでありました。

って、ランドルートだと、ルナマリアさんが使えるのはだいぶ後だという事に気づいてみたり・・・
それだとすぐにインパルスに乗り換えるから、改造する必要が無いなりよ。
うぐぅ・・・

まあ、それならそれで金がかからないからいいけどさ。
それよりルナマリアさんにしばらく会えないのは寂しいのぉ。
取り敢えずルナマリアさんと合流するまでは、エウレカの太ももで我慢しておく事にしますか。

って、それも途中で見られなくなるんだよなぁ。
困ったもんです。

ちなみに今回のスパロボでは、いくら待ってもサザビーが出ない事を知り、ちょっとへこんだ次第。
「逆襲のシャアは機体のみの参戦」みたいになってたから、てっきりサザビーが出ると思っていたのに〜〜。
やられた〜〜。

shibachi1 at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月12日

スパロボZ セツコルート 35〜41話


スーパーロボット大戦Z

マスコミ・ネットの情報に踊らされる人々。

今回はそんな感じでした(笑)

いや〜〜、我らがヒーロー達が、証拠も無く仲間を非難中傷しまくる様子に苦笑いですわ。
みんな、ネットの情報は話半分で聞いた方が良いですよ。
本当かどうかは相手に確認しようね。

まあ、作中でも言っていたけど、所詮数週間の付き合いでしかなかった相手なんで、そりゃ「何だあいつらってそんなヤツだったの?」となってもおかしくないですけど。
そういう意味で無理が無いところが上手いですな。

ちなみにこういうのって、少女漫画だと常套手段だったりするんですよね。
「A君はB子と付き合っているらしい。君とは別れるって言ってたよ」とか他人に言われ、それを信じた主人公はA君を邪険に扱う様になるのですな。

んであまりに妄想が激しい主人公の場合、上記の言葉から物凄い状況を想像し、A君がいくら否定しても「嘘ばっかりっ」とか言って信じない状態になったりしてね。
そういう態度をとり続けているうちに、実際A君は主人公を嫌う様になって、B子ニンマリな展開になる訳ですわ。
まさに今回黒幕の人間が仕組んだ作戦はそれなのですよ。

名付けて「少女漫画風、離間作戦」(笑)

きっとこれを考えた人は少女漫画好きですね。
黒のカリスマってのも女性でしょう。
っていうか、胃カメラ(笑)だかなんだかの偉いさんでしょきっと。
あの人、少女漫画好きそうだもんなぁ(笑)

んで他の要素としては、前回やった分でストーリー分岐があったので、もう一方も一応やっておきました。
とはいえ、まともにやったら時間がかかるから、戦闘アニメはカットしてストーリーだけを追う感じにしましたけど。

そしたら人間爆弾のイベントが救われないままのオチだったんでキツかったですねぇ。
こういうのはスパロボだと何とかする展開が多いのですが、敢えて助けない状態にして話を重くしたんでしょうな。

この事件があったから皆の異星人への憎しみが強まり、さすがのデューク・フリードも誤解しちゃったんでしょうしね。
っていうか、マリアは「異星人なんかぶっ殺せ!」と皆が殺気立っている中に居た訳だから、凄く怖かったんじゃないかと想像してみたり(笑)

ちなみに甲児達が本当におかしくなったら、きっと強姦されたりするんでしょうなぁ。
永井豪作品だけに(笑)

それから我らがキラ様ですが、完全に悪役やってて面白かったです(笑)
シンがステラを助けようと必死に頑張り、みんなもそれを応援して、「やった助けられたぞ」と盛り上がった瞬間、「動きが止まった、今がチャンス」とばかりにぐっ刺しやりましたからねぇ。
これぞまさに空気読めてない最悪な人間でしょう。

まあ、キラ様はキラ様で事情があるからしょうがないんですけど、それが描かれていないので、ホントただの邪魔な存在にしかなっていない訳ですよ。
「みんなで助けようとしたのに、何すんじゃいっ」って感じ?

何気にフリーダムのビームサーベルを使う時の描写も悪役的ですしねぇ。
いやはや、カッチョええですわ(笑)

そんで機体に関しては、そろそろ未改造の機体は辛くなってきました。
クワトロ大尉とルナマリアさんがそうなんですが、特にルナマリアさんは辛いっす。
早いとこインパルスに乗り換えたいところでありますよ。

しかし今回のスパロボって、主人公によって一緒にストーリーを進める作品が固定されているので辛いですね。
これほど離れたままになるとは思いませんでしたよ。
わたしゃグラヴィオンとビッグオー、種運命がメインの楽しみだったので、途中でせっちゃんでやり直してホント良かったですわ。

そんで合流するとそれぞれパワーアップしていたり、色々イベントがあったりしたらしい状態なので、そこら辺が気になりますな。
ランドルートでやる時が楽しみですなり。

そういや、何やらニルヴァーシュの操縦者が、エウレカからレントンに変わっていたで驚きましたよ。
アニメでそうなっているんでしょうけど、私的にはエウレカのカットインの太ももに惚れていたので、それが出なくなるというのはニルヴァーシュを使う楽しみがかなり減った事になりますわ。

まあ、エウレカの台詞が可愛らしくなっていたので、そこは萌えでしたが。
というか、何があったんだエウレカ・・・

そこら辺もランドルートをやる時の楽しみですね。
来週にはせっちゃんルートも終わるでしょうから、そしたら張り切ってやりますか。

shibachi1 at 20:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月11日

スパロボZ セツコルート 23〜34話


スーパーロボット大戦Z

せっちゃん、パワーアップっ。

必殺のオッパイぷるるんでありますっ(おぃ)

いや〜〜、今回のスパロボって「そういやオッパイが揺れてないなぁ」などと思っていたのですが、パワーアップした途端、せっちゃんが揺らしたんでビックリですよ。
何という素晴らしき必殺技でありましょうか。

しかもただ揺れるのではなく、せっちゃんの控えめな性格を表すかのごとく、台詞に合わせてゆっくり、ささやかに揺れるのですな。

ぷるん、ぷるん・・・ぷるん、ぷるん・・・ぷるん、ぷるん・・・

とまあ、何とも切なげな、そう、せっちゃんの名前の通り、切なげに揺れるオッパイなのです。
まさに名は体を表すってヤツですね(二文字合ってるだけだ)

いやはや、せっちゃんってば今ひとつパンチ力の足りないキャラだったのに、こんな隠し技を持っていたとは憎いねぇ。
ますます惚れてしまったなり。

そしてジエー博士によるセクハラがまた最高っすわ。
嫌がるせっちゃんの体に近づき、そのかぐわしき体臭をクンカクンカと嗅ぐ姿に興奮ですよ。
思わず「俺だ、俺がいるっ」と叫んでしまいました(おぃ)

やはりせっちゃんはいじめられていると映えるなぁ。
実に可愛い。
パワーアップした時の燃える展開などよりよっぽど良かったですわ。
うむ、良いモノを観させてもらったぜ。

てな感じで、せっちゃんの可愛らしさに大興奮した今回ですが、キャラとして他に私が楽しみにしている、シンちゃんの更生教育(笑)についても良かったのでそれについても書きまする。

例のステラたんを逃がした後、議長に無罪放免食らってアスランに偉そうにするシーンが出たのですな。

これはアニメだと、「悪いことをしたのに罰せられない、どころか褒められたために増長する子供」の典型だった訳ですが、スパロボでは違っています。
すかさずカミーユの指導が入ったのですよ。

すでに親友の域に達している感のある(笑)カミーユの言葉ですから、そりゃシンちゃんも聞かざるを得ない訳です。
何より内心自分でも自覚している部分に基づいている指摘だから効果大なのですな。
カミーユに意見された後、腐っていた顔がいい顔に戻ったのでホッとしましたわ。

これでまた一歩シンちゃんの更生が進んだ訳であります。
うん、良かった良かった。

んで他のネタとしては、キラ様再登場って事で、またもや大笑い(笑)
オーブが戦闘してるってんでミネルバのタンホイザーぶっ壊す話な訳ですが、これがとにかくウザい(笑)

アニメだと取り敢えずキラ様視点もあるからウザ度が低いですが、スパロボの場合、プレイヤーは完全にシンちゃん側の視点ですからね。
「これから敵をやっつけたるぜぇ」と張り切っている所に、「戦闘するんじゃない」と乗り込んで来るキラ様一行は凄くウザいのですな(笑)

ホントあんな事されたら腹が立ってしょうがないですわ。
人の兵器ぶち壊しておいて、「戦闘するな」とか言われても説得力ないし。
「お前だって戦闘してるだろ」と言いたくなりますよ。

取り敢えず何がしたいのか全く分からない状態で戦闘に乗り込まれてくると、本当にウザいです(笑)
される側の立場オンリーになると、アニメで薄まっていたウザ度が際だって、最悪のキャラと化してますねキラ様は。
面白いからいいけど(笑)

てな感じで、ストーリー的には非常に盛り上がりましたわ。

他の要素としては、グラヴィオンが合神状態で出撃できる様になった事や、ようやくZガンダムが出てきたのが嬉しいところ。
これでアムロを改造済みのMk-兇望茲擦蕕譴襪鵑農鑪魯▲奪廚任垢茵

そういや超重剣のカットインで、全員が叫んでいるアニメが入らなかったのが残念でしたね。
まあ、あれってツヴァイになってから出たので、後で入るかも知れないと期待しておきましょう。

んで私が前回から行っている「使う機体オーディション」(笑)ですが・・・

何というかね、もうオーディションもクソも無くなりました。
何故って、ほとんどの主役系機体を使う事にしたからです。

使わないのって「ザンボット3」「ザブングル」「ゴッドシグマ」の三体くらいですか。
後は使う事にしたのですな。

いや、何か沢山使っていても平気な感じになったのでね。
そんでその中でもあまり使う気が起きなかったのが上記の三体って事です。

始めはそれに「バルディオス」も加わっていたんですけど、先日この作品が、私の好きな悲惨作品だという事が分かったので急遽愛着が起きたという次第。
現在はルートの関係上使えてませんが、合流してからバリバリ使う予定です。
やっぱりスーパー系のロボットは強くて燃えるんですよねぇ。

てな感じで、当初の予定とは異なり、かなりの数の機体を使う事になりそうです。
まあ、今回のスパロボは、何かバランスがいいというか、やっていて気分が良いので、多分最後まで飽きないで出来ると思いますわ。

shibachi1 at 20:17|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年10月10日

スパロボZ バルディオスに対する妄想


宇宙戦士バルディオス
DVD-BOX1


スパロボをやっていると、最近の作品はともかく、昔の作品だと全然分からないものがあったりします。

スパロボZにもいくつかそういった古い作品が出てますが、個人的に気になっているのが「バルディオス」です。
機体自体は使ってないんですけど、ストーリー的に実に重いのでね。

主人公は異星人でありながら地球人に味方する設定な訳ですが、どちらの陣営からも酷い扱いを受けているのが良いのですな(良いのかよ)

異星人からは「裏切り者」と罵られ、地球人からは「スパイだろ」と蔑みの目で見られつつ、父親を殺した奴らに対する憎しみと、自然を愛する心を支えにして頑張っていく訳ですよ(詳しく知らんけど)

こういう設定は私の悲惨好き琴線に触れるんですよねぇ。
私の大好きな悲惨作品(笑)である「テッカマンブレード」は、個人レベルでかなり悲惨でしたが、この作品は周囲の環境的に悲惨だなぁ、と。

どこへ行っても味方は無く、孤独に戦っていくというのが最高なのですよ。
それって人間にとって重要な要素である「社会」からの隔絶なので、かなり辛いんじゃないかと思いますわ。

やはり人間、自分を理解してくれる人がいてくれないと悲しいですからね。
家族や友人といった、小さな社会すら存在しない状態というのは想像するだに恐ろしいです。
この作品はそういった状況を描いているらしいので良いのですな(良いのかよ)

とはいえ、多分途中で仲間とは仲良くなるんじゃないかなぁ、とは思ってますけど。
そうじゃないとホント救われないですからね。
まあ、救われなければ、またそれはそれでいいんですが(笑)

などという事を思いながらスパロボZをやっている訳ですけど、この間「バルディオス」の連中が会話しているシーンの時に、ふと妙な妄想をしてしまいました。

主人公マリンと、女性の博士であるクィンシュタインが会話しているシーンから、何やら二人の恋愛的な展開を思いついてしまったのです。

上記で述べた様にマリンは凄く孤独ですから、それに対して美人の年上女性であるクィンシュタイン博士が慰める行動に出るのですよ。
理由は母性本能だとか年下好きとか何でもいいですが、とにかくマリンに対して愛を感じ始めちゃう訳です。

マリンも始めは反発しているものの、徐々にほだされていき、二人はいつしかお互いを大切に想う様になるのですな。
もちろん肉体関係ありでっ(これ重要)

ウィキペディアによると、マリンは20歳、博士は32歳らしいので、実に萌え萌えな年齢差でありますわ。

初心なマリンを博士が導き、彼の寂しさをその熟れた肉体で癒してあげるのですな。
博士も博士で、研究一筋のために男日照りだった体(おぃ)が、若い男の刺激によって燃え上がり、マリンとの行為にのめり込んでいく訳です。

う〜〜ん、素晴らしい。
何とも萌える展開ではありませんか。

この妄想は、博士が美人だった事で加速しましたね。
昔のアニメにしては、何ともいい美人だったので。
それにマリンの様に重い背景を背負った人間には、若い女より、年上の大人の女性の方が合うと思いますし。

恋愛的にも「寂しい異星人の男を慰める地球人の年上女性」という、禁断の、障害の大きい関係という事で萌えますしね。
「ロミオとジュリエット」の様に、そうした恋愛ってのは通常のものより激しく燃え上がりますからな。
ゆえに実に良いのですよ。

ウィキペディアにもクィンシュタイン博士に関して、

特にマリンが精神的に追い詰められた時などは女性らしい母性と優しさを発揮してその精神的支えとなることもあった

などと書かれている点からして、これはそれほど無理のある妄想ではないと思うのですな。

この作品がもし大人向けだったら、絶対クィンシュタイン博士とのそうした関係が描かれたと思うのですよ。
マリンにしても、「自分に戦う力を与えてくれた」という事で感謝の気持ちが起きるでしょうし、そこから色々優しくされれば惚れてしまうでしょうからね。

そうして心が繋がった状態で体も繋がれば、もう完全に恋愛関係になると思うのですな。
やはり「辛い時に優しく包み込んでくれる母性」というのは、男にとって強烈な愛情に感じられるでしょうし。

うむ、いい妄想が出来ましたよ。
これからマリンとクィンシュタイン博士が出るシーンは、上記の様な妄想を膨らませ、勝手に盛り上がって楽しみたいと思います(笑)

って、何か検索して色々調べていたら、この作品のストーリーの説明をしているサイトがあったんですが、クィンシュタイン博士ってば、マリンに対してじゃないけど大人のお誘いをしているんですね、年下の男に。
どうやら私の妄想は的外れではなかったという事ですな。

ちなみにそこに書かれてあったストーリーってのがまた凄い。
予想以上の悲惨さと、驚くべき設定が明かされていたのにゾクゾクしてしまいましたわ。

これはいいですねぇ。
この作品は何とも良い悲惨作品ですよ。
私の悲惨好き琴線にバリバリ触れましたわ。

う〜〜ん、ちゃんと観てみたいなぁ。
思わずDVDが欲しくなったけど、今はもう売り切れなんですよねぇ。
スカパーでやらないかしらん。

shibachi1 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月09日

スパロボZ ルナマリアさんの機体


機動戦士ガンダムSEED
DESTINY 2


22話終了時点で、ルナマリアさんはザクに乗っています。

そして私の予定としては、後々インフィニットジャスティスに乗せるつもりなのですな。
アスラン使わないんでね。

キラも使わないけど、ストライクフリーダムではなくインフィニットジャスティスにしたのは、やはりルナマリアさんには赤が似合うと思ったので。
忘れられた赤服(笑)ゆえに、敢えて赤の機体に乗るのですよ。

という感じで、機体の乗り換えが出来る状態になるのを楽しみにプレイしている訳ですが、種運命の雰囲気からすると、どうにも固定パイロットになっていそうな予感もするので不安なのですな。

そしてふと気がつく、すでにセイバーが手元にあること。

もしこれに乗り換えられなければ、インフィニットジャスティスにも乗り換えられないという事でしょう。
凄くあり得る、というか確実にそうに違いありません。

だから恐る恐る試してみましたよ。
「のせかえ」の画面を出して、そこにセイバーがあるかどうか・・・

・・・

無いじゃん・・・

終わった。
これで私の「ルナマリアさん、インフィニットジャスティスで大暴れ」計画が頓挫した事が判明致しました。

何という事だぁ。
ガンダム系で機体の乗り換えが出来ないってどういう事よ。
何と酷い作品でありましょうか。

別にセイバーに乗り換えるつもりはないんですよ。
だってルナマリアさんと言ったらザクですからね。
この時点で変えるつもりは毛頭ございません。

でも後半になったらやっぱり強い機体に乗せたいじゃないですか。
インパルスはシンちゃんが乗り捨てる機体だけあって、パンチ力が足りないですから、インフィニットジャスティスに乗せるのを楽しみにしていたのにぃ〜〜。
うぐぅ・・・

しょうがないから、レジェンドはどうかなぁ?
今の状態でもレイのザクには乗れるみたいだし。
だったらレジェンドもどうでしょうか?
乗れる様にしてくれていると嬉しいなぁ・・・

などと少し悲しくなりながら、スパロボのデータを参考にしているサイトを見ていたら、何とも酷いことが書いてあったため、さらに悲しくなりました。

ガナーザクウォーリア
ルナマリアの愛機の赤いザク。オルトロスの射程・攻撃力はザクとしては見るべきものがあるが、
ルナマリアの射撃・命中ではまるで生かせないことは改めて言うまでもないだろう。
おまけに運動性も低いので、無理に使う必要はない。ルナマリアに余程思い入れが無い限りお蔵入りにした方が賢明。


・・・

ええぃっ、何を言うておるかぁ〜〜。
カッコいいじゃないかあのザクは。
プラモだって唯一買ったんだよ。
パッケージにルナマリアさんが描かれていて素敵なんだから。
未だに部屋に箱を飾ってるんだぜ。

命中率の悪さなんてとっくに分かってるから、ちゃんと「感応ヘルメット(照準+20)」だって装備済みだしな。
これなら当たるんだよちゃんと。
実際「必中」なんて滅多に使ってないし。
どうだ、これなら文句あるまいっ。

・・・

という人間のみが使うって事ですね(笑)

そうさ、わらしは使うのさ。
わらしはルナマリアさんに余程思い入れがあるからな。
何しろ脇役キャラで唯一メインで使っているんだから。
結構敵も倒しているんだぜ。

べ、別に他の強い機体でHP削って、トドメだけを刺してるなんて事じゃないんだからねっ、勘違いしないでよっ。

などとツンデレ風に言ってみましたが、何か腹が立ったからあのザクを改造したろか。
最後までザクでやろうかしらん。

そうしたらきっと、シーブックな声の、嘘だと言ってもらいたい男NO.1な人(笑)だって喜んでくれるに違いないですからね。
それも一つの方法ですな。

そういや未だに「忘れてた? 私も赤服なのよ」の台詞が出ないので寂しいですねぇ。
あれはインパルスに乗り換えてから出るのかな?

だとしたらやはりインパルスに乗せねばなりませんな。
うむ、楽しみでありますよ。

shibachi1 at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月05日

スパロボZ セツコルート 16〜22話


スーパーロボット大戦Z

キラ様キタ〜〜。

もうキラ様が出るだけで大笑いですよ(笑)
別に好きなキャラって訳でも無いのに、「様」付けで呼んでしまうほど笑えている状態なのであります。

これからどんなトンデモ言動をしてくれるのか想像すると楽しくなってしまいますわ。
やっぱり変な意味でギャグだったよなぁ、種運命って。

そしてみんなにチヤホヤされて嬉しそうなシンちゃんに涙です。
大活躍をみんなに褒め称えられ、そりゃもう大変な騒ぎですなり。

シンちゃん良かったね、うん、良かった良かった。
このまま幸せになって下さい。
わらしは応援しているよ(T_T)

思えば種運命って、シンちゃんの周りに導いてくれる大人や、一緒になって悩んでくれる友人が居なかったんですよね。
ゆえに成長する要素が無かった訳ですわ。

でもスパロボではそうした要員には事欠きませんからな。
何しろ熱い作品ばかりなので、熱い作品となれば導いてくれる大人や、鬱陶しいくらい(笑)お節介な友人ってのが当たり前の様にいますので。

そんな中に紛れ込んだら、そりゃ寂しがりやなシンちゃんなんかイチコロっすよ。
元々根はいいヤツですからね。
教育さえ間違えなければいい男として育つ事は間違いないのです。

何しろあの性根の曲がっていたエヴァのシンジ君ですら立派な漢として成長したスパロボですから。
基本的にいい漢の素質のあるシンちゃんとなれば、そらもう完璧でしょう。
これからの教育が楽しみです。

んで我らが主人公、せっちゃんですが・・・

いきなり不幸が加速を始めたので最高でした(笑)
チーフやトビーと別れ、これからせっちゃんがどう頑張っていくのか楽しみですわ。

そして今回最大の見せ場となったのが、悪役になったマサキ(笑)からのいじめ攻撃。

いや〜〜、スタッフは分かりすぎてるね。
せっちゃんをどういじれば一番映えるかってのを。

そう、せっちゃんはいじめられないと駄目なのですよ。
怯えた目でこちらを見上げてくる姿に萌えがあるのですな。

それを見事にやっていたので素晴らしかった。
ああっ、せっちゃんは可愛いのぉ(サド)

という事で、やたらとアサキムに共感してしまったのでありました。

ちなみに上で「悪役になったマサキ」と書きましたが、乗ってる機体が何かサイバスターに似てたんでね。
「ディスキャリバー」なんて「ディスカッター」から付けたんじゃないかってネーミングだし、変な鳥を飛ばす技も「ハイファミリア」みたいだしさ。

本人の名前からして似まくりだしなぁ。
「アサキム・ドーウィン」の中に「マサキ・アンドー」の文字がほとんど入ってるし。

「もしかしてパラレルワールドで悪役として育ったマサキなんじゃないの?」とか思ったのですわ。
その世界ではシュウが正義役やってたりして(笑)
まあ、冗談ですけど。

てな感じで、楽しくプレイしている訳ですが、前回書いた「使う機体オーディション」(笑)の結果として、「エウレカセブン」と「ガンダムX」は改造する事にしました。

「エウレカセブン」はエウレカが可愛いんでね。
使っていても楽しめる感じなのですよ。
作品は観ていないんですけど、気に入ったので使いたいと思います。

「ガンダムX」の方は、元々好きではあるので問題無しってことで。

これくらいの機体数が大体ちょうどいい感じですかねぇ。
あまり増えると疲れちゃうんで。

もうすぐランドルートでやったところまで追いつくので楽しみですわ。
早いとこシンちゃんでキラ様を撃墜したいなぁ。
噂だとキラ様の扱いが酷いらしいので、そこら辺も楽しみです(笑)

shibachi1 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ