ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に解 テレ玉でも放送休止
ひぐらしのなく頃に解 放送休止
「ひぐらしのなく頃に」はキツイね(笑)
「ひぐらしのなく頃に 祭囃し編」終了
「ひぐらしのなく頃に 祭囃し編」購入
ひぐらしのなく頃に 第1話「ハジマリ」
ひぐらしのなく頃に解 感想
ひぐらしのなく頃に解 ちょと感想
ひぐらしのなく頃に アニメの話
ひぐらしのなく頃に 祟殺し編まで 感想
ひぐらしのなく頃に ちょと感想

2007年10月02日

ひぐらしのなく頃に解 テレ玉でも放送休止


ひぐらしのなく頃にファン
ディスク 雛見沢事件録 II
-還-〈初回限定版〉


いや〜〜、ビックリしましたね。
今回で最終回ですか。

まあ、ひぐらしってどこで切っても平気と言えば平気ですからね。
極端に言えば最初のエピソードで終わっていても良かった訳ですよ。

第一期でレナを助けてハッピーエンド〜〜。
それを1話で悲惨なオチに変えて二期終了〜〜。

うむ、まさに後味の悪い作品ですな(笑)

一応切りのいい所までやったのがテレ玉の良心なんですかね。
よく分からんけど。

まあ、わたしゃAT-Xで観るからいいですけどね。
珍しく一日遅れなだけだから大丈夫だし。
ちょうど「バンブーブレード」とかぶってたからこれでいいや。

しかしこれからの話ってそんなに酷い内容なんですかね。
テレ玉の言い訳のところに、

>本作シリーズには、最近連続して発生した事件を想起させる場面があります

なんて書かれてありましたけど、「最近連続して発生した事件」って何なんでしょうな。
原作を思い出しても思い浮かばないんですけど・・・

圭一たちが斧を振るうのかな?
斧で人を殺すのかねぇ。
そんなシーンあったっけ?

いや、刃物を振り回すのか。
それなら何となくありそうな・・・

でもそうなるとさぁ、やっぱり「シグルイ」はいいんすかねぇ。
あの話って腕とか脚とか首とかポンポン跳んでるし、内蔵なんてリアルに描いていて凄くグロいんですけど(笑)
お侍さんはいいのかなぁ・・・

いやいや、やはり15禁だからだな。
地上波もそういう注意書き付ければいいのにね。

だけどよく考えると他のアニメでも少年少女が刃物振り回す話って多いよね。
人も殺しまくってるし。
これからそういう内容があると休止になるのかのぉ。

shibachi1 at 16:08|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2007年09月21日

ひぐらしのなく頃に解 放送休止


ひぐらしのなく頃に解
捜査録 -紡- file.01
〈初回限定版〉


東海テレビで「ひぐらし」の放送が休止された様で。

これって風評被害ってやつですか?

わたしゃこの話を最初聞いた時に、容疑者の女の子が「ひぐらしを読んでいた、好きだった」という事実でもあるのかと思っていたのですが、実際ニュースを読むと「ネット上では事件との関連を指摘する声が上がっている」という噂話に基づくものでしかない事が分かったんで。

それって全然事件と関係ないじゃないですか。
警察でも容疑者の周辺の人間でもない、全く関係の無い「ネット上」などという適当な情報を基に大騒ぎするってのは無責任でしょう。

まあ、騒ぐのはいいとしても、それを理由に放送を止めるのはどう考えても変です。
犯罪の動機や模倣の基になったと推測できる証拠(容疑者がソフトを所持していたなど)が無い訳ですから、放送を休止にまでしてしまうのは無茶苦茶ですよ。

まあ、今週放送分の「ひぐらし」に女の子が刃物で人殺しをするシーンがあるのなら仕方無いですが、原作から考えるに無いはずですからねぇ。

だから今回の件は、単に「騒ぎになっているから」という理由だけで放送を休止したとしか考えられず、完全に風評被害でしかないと思うのですわ。

ちなみにテレ玉は今のところ番組表に出ているので放送するみたいですけど、これから休止にならない事を祈ります。
「スクールデイズ」と違ってあまりに無茶苦茶すぎますからね。


追記

Yahooのニュースに出てたんで読んでみたら、どうやら視聴者から指摘があったそうで。

>事件と作品の関連は不明で、判断に迷ったが、放送が事件発生から間もなく、視聴者や関係者を不快に思われる恐れもある

という理由から休止にしたそうです。

う〜〜ん、やっぱり微妙だよね。
これまで過去にも色々な事件があって、それと似たような行動をしている作品って沢山あった気がするんで。

サスペンス物のドラマなんかじゃ刃物で殺害するシーンが多く出るけど、刃物を使った殺害事件が起きても放送やめないもんな。
交通事故など言うに及ばず。

大災害と違って関係者なんか数えるほどしかいないんだから、気を遣いすぎとしか思えませんわ。
このレベルで自粛するとなると、ホント事故や事件のシーンのある作品は放送できなくなりますぜ。

っていうか、「ひぐらし」って虐待シーンが凄かったけど、つい最近も何か虐待事件ってあった気がするんですがそれは構わないんですかねぇ。

んで最後に気になった文章が一つ・・・

>少女がおのを振り上げるシーンがあり

だから鉈だって言ってるだろうがっ(笑)

shibachi1 at 11:54|PermalinkComments(2)TrackBack(3)

2007年04月10日

「ひぐらしのなく頃に」はキツイね(笑)


ひぐらしのなく頃に
暇潰し編 1


ゆかりんのDVDを観終わり「う〜〜ん、楽しかった楽しかった」とルンルン気分でDVDを停止させたら・・・

「ひゃぁ〜〜、はっはっは〜〜!」

などという雪野五月さんの見事なまでの狂い笑いが部屋に響いたのでビックリ(笑)

スカパーで「ひぐらしのなく頃に」がやっていたのですな。
しかも「目明し編」のラスト・・・
雪野さん絶好調な回なのでありますよ(笑)

本放送の時は1話しか観なかったけど、表現凄いなぁ。
下手に首が飛んだりするより、やっぱり拷問って精神的にくるよね。
腹に包丁刺さるより、爪を剥いだり指に釘打ったりする方がキツイんだわ。

そんな話を観たために気分がドーンっと落ちた訳ですが、続けて「罪滅し編」が始まったのでそのギャップにショック(笑)
明るい様子が逆に怖い、怖いよ〜〜(笑)
しかも詩音がいきなり出てきてギャ〜〜(笑)

取り合えず明るい内容で始まっている訳ですが、このエピソードはこのエピソードで人間関係がきっつい話だからなぁ。
この作品って残虐シーンに意識が向きやすいけど、個人的には人間関係のゴタゴタの方が辛いんですよね。

残虐シーンって要するに暴力でしかないから、それより強い暴力を持ってきてしまえば簡単に解決できる訳ですよ。
でも人間関係のゴタゴタって、暴力を使ったらこっちが悪くなって社会的に立場が無くなるから解決が難しいんですよね。

この作品はそうした部分を結構上手く表現しているんで面白いのですわ。
暴力を使わずに何とか解決に導こうと努力するやり取りがいいんですよ。

まあ、どのみちハッピーエンドにならないからきっついんだけど・・・

そういやこの作品って、原作が「バッドエンドを含めたルートを全て見せる」という珍しい作りになってるんですよね。
普通なら選択肢で話を分岐させるところを、そうせずに全て見せていく様になっているのですな。

ここら辺は「痕」などであった「クリアするごとに選択肢が増え、徐々に謎の根幹に近づける」という作りを踏襲しているんでしょう。
それを選択肢無しで一つずつ見せている感じですか。

私みたいに全部の話を知りたくなる人間にしてみると、下手に選択肢を作られてエピソードに入るためのやり方を試行錯誤するより、こういう風に1話1話を簡単に読める方が嬉しいですわ。

これってゲーム的媒体だったからこそ上手くいったんでしょうね。
一見ゲーム的に見えるからこそ、「ああ、違うエピソードなんだ」と納得してもらえるというか。
小説として考えるとちょっと微妙な作りですからね。
そこら辺で、時代が生み出した新しいタイプの小説と言えるのかも知れません。

そういや第二期のアニメも制作予定があるみたいですけど、オチはどうするんですかねぇ。
個人的にはPC版が好きなんでそっちにして欲しいかなぁ。
泣けるシーンがあったし、梨花ちゃんメインだし(ゆかりんラブリ〜〜)

って、PS2版はやってないから知らないんですけどね(笑)
オチはどうなってるのかなぁ。
気になるところです。

shibachi1 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月18日

「ひぐらしのなく頃に 祭囃し編」終了


ひぐらしのなく頃に
暇潰し編 1


終わりました。
うむ、面白かったですな。

一番私好みの作りでしたね。
まあ、唯一のハッピーエンドだから当然な訳ですけど(笑)

それ以上に赤坂が、赤坂がカッコ良すぎるっす。
彼の登場シーンで泣けちゃいましたよ。

何とも私の泣きツボ突きまくりの演出だったもんでねぇ。
よもやこの作品で泣かされるとは思いませんでしたわ。

いや〜〜、凄かったですな。
「祭囃し編」だけを取り上げれば凄くいい作品ですよ。
何より燃えましたしねぇ。
赤坂最高。

っていうか、この作品って格闘モノになっちゃったのね・・・
ホラーで始まり、ミステリー色の混ざったホラーで引っ張り、SFに変わって、最後は格闘モノで終わると。

ホラーってのは理屈無関係のとにかく何でもありの無茶苦茶な世界ですからね。
本来それを解決するのは絶対に不可能な訳ですよ。

せいぜい命からがら主人公とヒロインだけが生き残るとか全員死んで終わるとか、まあそんな感じで、この作品も序盤はそうした展開になっていてホラーだったのですな。

そしてそこに「これはホラーじゃなくミステリー、つまり人的、要するに何か理屈が存在し、上手く行けば解決策がある」という世界観っぽく見せていたところに面白さがあったんですよね。

それがある段階で崩れた。
SFへの移行です。

SFってのはホラーと同じく何でもありの無茶苦茶ではあるけれど、それなりの理屈を要しているので、それさえ解明できれば解決できる世界です。
そしてその解決策をどう描くかがポイントになる訳ですけど・・・

それをこの作品は・・・

格闘モノでやっちゃった(笑)

理屈を拳でぶっ飛ばした訳ですよ。
無茶苦茶な状況であろうがそれを打ち破る強力な暴力さえあれば解決するのが格闘モノの世界です。
「ドラゴンボール」などでみられる様に、暴力で打ち破れない敵、というか状況は出てきません。
何であろうと暴力で解決できるのが格闘モノの世界ですから。

それをこの作品も導入した訳ですな。
「運命なんかぶん殴って変えてやる」って精神ですね。
どこかの少年漫画にでも載っていそうな展開でありますわ。
ま、だからこそ私は気に入った訳ですが(笑)

何かそう考えると、最初の頃のホラー的世界観が笑えてきますなぁ。
あのどうしようもない状況が全部吹っ飛びますからねぇ。

あれですよ、「13日の金曜日」にスーパーマンが出てきちゃう様なものですか。
スーパーマンが出てきたらさすがのジェイソンも勝てないですからのぉ。
圭一だって赤坂に殴られればきっと助かっていたに違いないです(笑)
今回そんな印象を持ちました。

そうそう、「祭囃し編」で唯一気に食わなかったのが、圭一の活躍がほとんど無かった点ですね。
何か凄く空気状態になっていて、これまで目立ってたのが嘘の様に脇役Aになってたんで(笑)
格闘モノになっちゃったから主人公を降ろされちゃったんですかねぇ。

この作品って圭一視点で始まったから、最後も圭一をメインにして締めて欲しかったですわ。
そうじゃないと何か終わった感じがしないのですよ。

そこら辺がどうにも気に食わず、面白かったんですけど何とも中途半端に思えてしまいました。

そういやPS2版だと選択肢があって祭囃し編は無いみたいなんで、圭一視点で終わるエンドもあるって事ですかな?

それならちょっと興味がありますねぇ。
俄然やりたくなってきましたぞ。

shibachi1 at 22:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年09月08日

「ひぐらしのなく頃に 祭囃し編」購入


ひぐらしのなく頃に
暇潰し編 1


祭囃し編を買ってきましたで〜〜。
秋葉原まで行って〜〜。
他に何も買ってないっす〜〜。

だってさぁ、本当はさぁ、ちゅるやさんも買うつもりだったのよ。
だけどさぁ、売ってないんだもん・・・
それとも私が見逃しただけ?

あ〜〜、読みたいなぁ、ちゅるやさん・・・

しょうがないからサイトに出てるのだけで我満するさね。
残暑お見舞いなちゅるやさんが可愛いのよねぇ。
麦藁帽子がラブリーよん。

と、話がずれた。

そんで無事買って帰った訳なんですが、家に帰って袋を開けてみると何やら小さな塊が・・・
なんじゃらほい? と思って広げてみると、あらビックリ何やらビニール製の鉈が・・・(空気入れて膨らませるやつね)

え〜〜と・・・

「これであなたも今日から竜宮レナだ」って感じですか?
「嘘だっ!」と叫びつつ、友人たちをバッタバッタと叩き斬りまくりですか?
思わず鉈を天に掲げてしまうでありますよ。

いや実際布団を叩いたら何か調子いいですわ。
「SATSUGAIせよ〜〜」(byゆかりん)って感じでボカスカやりたいですな。

そういやゆかりん出てたっけ・・・
うむ、梨花ちゃんだったら似合うですね。

きっとこの作品のオチは、梨花ちゃんがスーパー雛見沢人になってあらゆる敵をぶっ飛ばし、見事ハッピーエンドに導くのだとみましたよ。

これからそんな展開をプレイできるのでありましょうな。
楽しみ楽しみ。

shibachi1 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月06日

ひぐらしのなく頃に 第1話「ハジマリ」


ドラマCD ひぐらしのなく頃に
綿流し編


撲殺シーンから始まるとはキツイ作品ですねぇ(笑)
まあ、深夜だし良しとしますか。

んで圭一がどう聞いてもカズくんにしか聞こえないのはしょうがないすな(笑)
だって、喋りがそのまんまなんだもん。
「あいよ」とか言うしさぁ。

レナに関しては中原さんのこういう演技は初めてなので何か新鮮ですね。
勢いある役ばかりだからなぁ、私が知ってるのって(笑)

他の声優さんはお馴染みの人ばかりなので特に無し。

あ、ちなみにゆかりんのああいう演技は胡散臭かったりして(笑)
やはりラジオを聞きすぎてゆかりんの本性を知っているせいだろうか(おぃ)
ま、しょうがないすね。

んで富竹は、出た瞬間「手がっ、手が小せぇっ!」と叫んでしまったのもしょうがないでしょうな(笑)

・・・

なんか「しょうがない」って感想ばっかり(笑)

1話の感想としてはギャグがいい感じですね。
テンポ良くて、絵もSD化するんで面白いですわ。

カードを順に言っていくシーンはジョジョを思い出したなりね。
「どうするんだ? ダァ〜〜ビィ〜〜」(笑)

他の部分は特に。
というかシリアスにならない方が面白いんですよね。
シリアスシーンだけ浮いてる感じがするので。

鬼隠し編は何話で終わるんですかねぇ。
原作のところに「解」も書いてあったから、あそこまでやるのかなぁ。

そんで終わりはどうするのか・・・
興味ありますな。

shibachi1 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(18)

2006年03月27日

ひぐらしのなく頃に解 感想


ドラマCD ひぐらしのなく頃に
綿流し編


ようやく終わりました。

いや〜〜、長いですねぇ。
ここまで長いのは疲れますよ。

感想的には前回と変わらず。
ちょっと私の趣味には合いません。

主人公が暴走しちゃうのがねぇ。
どうも引いちゃうんですよ。

納得できる感じの暴走ならいいんですけど、結構そこら辺の描写が甘い感じなので唐突感が否めないというか。

でも「皆殺し編」で役所に押しかける辺りの話は面白かったですな。
う〜〜む、ホラーとかミステリーの要素が無い方が面白いとはこれいかに(笑)

この作品の魅力って理屈のぶつけ合い的な会話だと思うので、暴走しない状態の方が面白く感じるんですよ
私は暴走している人間に感情移入できないので、主人公が暴走してしまう展開はどうにも好きになれないのであります。

だから「皆殺し編」が唯一面白かったと言えるかも知れないですね。
内容的にも前向きな展開ですし。
それ以外はどうも駄目。

そもそも「皆殺し編」以外の内容は必要だったのかと考えると要らないように思えてしまうんですよねぇ。
やはり完結しない話を複数見せる意味が理解できないというか。

そうそう、「罪滅し編」から出てくる超設定。
あれはないっしょ(笑)

ああいうの出すなら最初から出して欲しいなぁ。
設定的には好きなんですけど、途中から出されると何か凄く脱力しちゃうんでねぇ。
必死にやっていたパズルを他人にあっさり解かれちゃう感じというか。
反則的に思えてしまうのですな。

ホラーとかミステリーって、ああいうのを出したら駄目じゃないですかね。
当事者視点であるからこそ盛り上がるんであって、神視点になっては怖さもワクワク感も無くなる様に思えますし。

まあ、そのせいか「皆殺し編」は違った楽しみが発生して、それが私的には面白かった訳ですが・・・
「だったら他の話いらないじゃん」って感じがしちゃうのですな(笑)

やはりホラーかミステリーでキチンと決着付けて欲しかったですね。
そういう意味では、ミステリーだったのに少年漫画になってしまった「戯言遣いシリーズ」に似てるかも(笑)

そういやあれも小説としてはぶっ飛んでたからなぁ。
最近の話作りの傾向なのかしらん。

ふと思いましたが、この作品ってホラー要素抜いた方が面白いんじゃないですかね。
ミステリー的展開で全部進めていった方が綺麗にまとまって良い感じがします。

っていうか、最終的にああいう設定にするのなら、ホラーでもミステリーでも無いんですし、普通にSFというかファンタジーで作った方が良かったんじゃないかと。

ま、そうしたらここまで話題にはならなかったでしょうけどね(笑)
唐突過ぎるホラー描写、答えを出さないミステリー展開、という部分がオタク心をくすぐって、現在の人気を確立したんでしょうし。

狙ってやっていたとしたら凄いですが、もし偶然だとしても凄いことですわ。
ま、狙ってないのなら作家性としてはちょっと駄目ですけどね(笑)
多分狙ってるんでしょうから凄いと言っておきましょう。

てな感じで、この作品は私の趣味に合わないだけで、そういう意味で上手い作りの作品なのだと思いますです。

shibachi1 at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月26日

ひぐらしのなく頃に解 ちょと感想


ドラマCD ひぐらしのなく頃に
綿流し編


やりました・・・

でももう疲れたんで詳しい感想は後日・・・

っていうか、長いね・・・
っていうか、やりたい放題って感じね・・・

こういう作りはありなのか?
う〜〜ん、ありなんでしょうねぇ。

私にはちょっと受け入れがたいのですが、気にしない人の方が多いのかな?

ま、何にせよ後1話で終わるみたいなので良かったですわ。
というか、これってやっぱりアニメでやるとしたら無理があるなぁ。
中途半端で終わらすんですかねぇ。

shibachi1 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月21日

ひぐらしのなく頃に アニメの話


ドラマCD ひぐらしのなく頃に
綿流し編


ここんとこゲームの話をしていたので、アニメの話をば。
何しろゲームをやる気になったのもアニメ版を観ようかと思ったからですしね。

取り合えず公式サイトを見てみると・・・



何このキャラデザ。

全然違うじゃんっ。
指があるじゃんっ。
ドラえもんの手はどうしたんだよ、ドラえもんの手はっ。

体が細いじゃん、背が高いじゃんっ。
ドラえもんの体型はどうしたんだよ、ドラえもんの体型はっ。

と思った次第(おぃ)

いや〜〜、あのキャラデザでアニメやるもんだと思ってたから何だかガッカリ(笑)
凄いアニメになると思ってたのになぁ。

そんで改めてキャストを確認。

前原圭一  保志総一朗
竜宮レナ  中原麻衣
園崎魅音  雪野五月
北条沙都子 かないみか
古手梨花  田村ゆかり
大石蔵人  茶風林
富竹ジロウ 大川透
鷹野三四  伊藤美紀
知恵留美子 折笠富美子

うむ、久しぶりにでへへな保志さんが聞けますな(意味不明)
いや、くだけた感じの演技って事なんですけどね(笑)
私はキラりん的な演技より好きなんですよ。

っていうか、知恵先生が折笠さんって・・・
そのまんまじゃん・・・
カレーだね、うん、カレー。

ま、私的にはみか様とゆかりんの最強コンビでKOなんですけどね(笑)
っていうか、前々から思っていたんですけどこの二人って声質とか演技とか似てるよね。

あ〜〜、やっぱり見ようかなぁ。
ゆかりんのラブラブ演技だけで宜しいしのぉ。

shibachi1 at 22:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月20日

ひぐらしのなく頃に 祟殺し編まで 感想


ドラマCD ひぐらしのなく頃に
綿流し編


これって種運命と同じだよね。

いやだって、キャラがみんな種割れするじゃないですか。

まあ、そこら辺は冗談にしても(笑)「ストーリーの駄目な部分を脳内で補完する」ってとこが同じだと思ったんで。

この作品って、ストーリーに謎があるのにそれを解明せずに終わっちゃうんですよね。
つまり不完全な形で終わってる。
それが何話も続くのですな。

一応徐々にヒントが出てくるんですけど、製作者の方針としては「謎の部分を読者が推理する事がゲーム要素」みたいに言っているので、そこら辺が「脳内補完」に思える訳です。

何しろ一つ一つの話は終わってるので、他の話でヒントが出たとしても終わった話が何か変わる訳じゃありませんからね。
それを読者が脳内で「ああ、あそこの部分はこういう意味だったのか」と補完する訳ですよ。
何とも凄い作りじゃございませんか。

私はどうもそういうのが嫌いなんでねぇ。
解明されない謎ほど嫌なものはないっす。
だからこの作品も駄目。

まあ、そうは言ってもキャラクターに魅力があればそういう部分は結構吹っ飛んだりするものなんですけどね(笑)

って、この作品には私好みのキャラがいない〜〜。
だから駄目〜〜。

キャラ同士の会話にしてもあまり魅力を感じないので、どうにも日常部分がつまらないんですよ。
っていうか、部活の内容をあんなに細かく描写しなくてもいいんじゃないかと・・・
ハッキリ言って読む気が起きないです。

最初のシナリオはともかく、他のは日常部分は削減して謎に迫る部分だけにしてくれればプレイしやすいと思うんですけどねぇ。
私的には謎を知りたいからやってるだけで、他の部分はいらないですからのぉ。

男友達がいないってのもどうもね。
まあ、「子供が少ない学校」という設定だから気の合う男友達がいなくてもおかしくはないんですけど、やはり一人くらい男の友人が欲しかったです。

っていうか、引っ越してきて少ししか経ってないのに、あれだけ女の子と仲良くなれてる主人公に凄さを感じますな(笑)
最初幼馴染かと思いましたよ。

というか主人公。
この主人公が好きになれない〜〜。
駄目なんですよ主人公。
「前原」って聞くと潜水艦の艦長を思い出しちゃうし〜〜(関係ねぇ)

自己中心で被害妄想で、ついでにお馬鹿(笑)って性格がどうもねぇ。

まあ、主人公をパニック状態にして読者に恐怖を感じさせるにはそういう設定にするのがいいんでしょうけど、自分の分身として見るにはちょっと駄目なんですよね。

「おいおいおい」と突っ込むことがしばしばあって、彼が行動するたびに溜め息が何度も吐き出され状態(笑)
自分ではしない、受け入れがたい行動をされちゃうと困ってしまうのですな。

特に「鬼隠し編」での被害妄想と「祟殺し編」での変貌ぶりには笑いましたよ(笑)

「鬼隠し編」では、どうしてそこまで「殺される」と思い込めるのかが謎でしたね。
「もうちょっと冷静になろうや」と何度もモニターに突っ込みましたです。

後半での態度には他のキャラともども引きまくりでしたし。
怖いぞ主人公・・・

「祟殺し編」では、いきなりすぎる性格変更とも言うべき変化がね。
説明が全く無いので、突然悟りの境地を開いたさまに大爆笑(笑)

アニメ版での声が保志さんだけに、「おおっ、種割れか?」とか思っちゃいましたです(笑)
あの変貌ぶりはキラりんに通じるものがありますですよ。

てな感じで「ストーリー」「キャラ」と、私が物語を楽しむ上で重要視している部分で趣味が合わないので、この作品は駄目なんですよね。
だから続きをやる気が起きません。

せめてあと2、3話くらいで謎が解明されて話が完全に終わればいいんですけどね。
サイトを見たらまだ続きが作られてるので、現在発売されているのだけでは終わってないみたいですからねぇ。

あの謎を解明しない状態で進む話がまだ続くのかと思うと、さすがにやる気が起きませんわ。

完結したらやりますかねぇ。
って、完結まで10話とかあったらちょとキツイかも。
今作ってるので終わるくらいなら何とかなりそうですが・・・

アニメもこの感じじゃ中途半端で終わりそうですな。
個人的には「鬼隠し編」より「綿流し編」を見たい感じですか。
あの話のトリックは結構面白かったんで。

アニメでやってくれるのなら見たいんですけどどうなんでしょ?
「鬼隠し編」しかやらないのかな?
13話だとしたらちょうどいいくらいですしね。

っていうか、謎が解明されずに終わるから怒る人が出るんじゃないすかね。
ゲームの場合は「この後の話で分かる」と思ってるからまだ許せるけど、アニメはそれで終わりですからねぇ。

ちょと最悪かも・・・

shibachi1 at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月19日

ひぐらしのなく頃に ちょと感想


ドラマCD ひぐらしのなく頃に
綿流し編


やりました。
アニメが始まるんでやりました。
だいぶ前に買ってたけどやってなかったのを昨日・今日とでやりました。

そういや冬コミの前には買ってたんですよね。
確か「アクエリオン」のOPを買いに行ったついでに目に付いて買った記憶が・・・

ま、それくらい前に買っておいてやってなかったんですけど、さすがにアニメが始まるんで先にやりました。
こういうのはアニメ見るより先にやっといた方がいいと思いましたんで。

そしたら長い。
死ぬほど長い。
嫌ってほど長い。

終わってねぇ。
続きじゃないくせに終わってねぇ。
こういう作りはどうなんじゃ?
ああ、選択肢が無い状態の個別のシナリオ見せられてると思えばいいのか。

でも長い。
余計な話多すぎ。
部活動面倒くせぇ(笑)

飛ばし飛ばし飛ばしまくりよ〜〜。

う〜〜ん、これって1枚だけで終わってないのね・・・
続きを買わねば。
でも秋葉原まで行くの面倒だなぁ。

って、アニメイトでも売ってるのか。
近所の店舗でもあるかなぁ。
アニメが始まるから大丈夫か。
取り合えず明日買いに行ってみて、無かったら秋葉原ですかね。

てな感じで、今日はもう遅いので詳しい感想はまた後日。

shibachi1 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ