アニメ各話感想 さ行3

ソルティレイ 第24話「これから」
ソルティレイ 第23話「Final message」
ソルティレイ 第22話「わたしと彼女と少女の想い」
ソルティレイ 第21話「真実の刻」
ソルティレイ 第20話「訪レル災い」
ソルティレイ 第19話「全員集合!」
ソルティレイ 第18話「おかえりなさい」
ソルティレイ 第17話「LADY」
ソルティレイ 第16話「冗談です、半分」
ソルティレイ 第15話「たどり着いた場所」
ソルティレイ 第14話「心覆う闇のために・・・」
ソルティレイ 第13話「distance」
ソルティレイ 第12話「決着の果てに」
ソルティレイ 第11話「バースデーゲーム」
ソルティレイ 第10話「トレジャー&レスキュー」
ソルティレイ 第9話「乙女達の休日」
ソルティレイ 第8話「リベンジ」
ソルティレイ 第7話「小悪魔の訪問」
ソルティレイ 第6話「愛娘」
ソルティレイ 第5話「ウォーターサイド・パニック」
ソルティレイ 第4話「friend」
ソルティレイ 第3話「青の少女」
ソルティレイ 第2話「新しい朝。」
ソルティレイ 第1話「オーロラの降る街」
創聖のアクエリオン 第26話「世界のはじまりの日」
創聖のアクエリオン 第25話「決戦!!アトランディア」
創聖のアクエリオン 第24話「天空のゲート」
創聖のアクエリオン 第23話「翼、儚く」
創聖のアクエリオン 第22話「見えない翼」
創聖のアクエリオン 第21話「紅い道」
創聖のアクエリオン 第20話「天翅の翅音」
創聖のアクエリオン 第19話「けがれなき悪戯」
創聖のアクエリオン 第18話「魂のコスプレイヤー」
創聖のアクエリオン 第17話「食べたくて合体」
創聖のアクエリオン 第16話「黒い鏡」
創聖のアクエリオン 第15話「初恋のアクエリオン」
創聖のアクエリオン 第14話「光る影」
創聖のアクエリオン 第13話「一万二千年のラブレター」
創聖のアクエリオン 第12話「琥珀の時」
創聖のアクエリオン 第11話「水底のしあわせ」
創聖のアクエリオン 第10話「空に星、地に花」
創聖のアクエリオン 第9話「夢のかよひじ」
創聖のアクエリオン 第8話「はじめてのがったい」
創聖のアクエリオン 第7話「深紅の薔薇の騎士」
創聖のアクエリオン 第6話「想い彼方へ」
創聖のアクエリオン 第5話「地下迷宮の王」
創聖のアクエリオン 第4話「はだしの戦士」
創聖のアクエリオン 第3話「エレメントスクール」
創聖のアクエリオン 第2話「闇の獣」
創聖のアクエリオン 第1話「天翅の記憶」

2006年04月02日

ソルティレイ 第24話「これから」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


どうやら管理コンピューターはもう一つあった様で、宇宙船にある管理コンピューター「エイレネ」が、この街の人間を滅ぼす事を決断した様です。

リセットってヤツですか。
私もゲームでよくやるから気持ちは分かるわな(笑)

そんでさらにもう一つある管理コンピューターがソルティだそうな。
ええっ? お馬鹿なソルティがそんな凄い存在とは〜〜。
無理があるぞ〜〜(笑)

ソルティは宇宙船の落下を止めるために単身宇宙へ上がる事に。
それを聞いたロイは飲んだ暮れ状態になっております。

ロイはホント悲惨な男ですねぇ。
娘と幸せに暮らせると思うたびに娘がいなくなるんだからのぉ。
出発寸前に無茶苦茶な言い方でソルティを止め様としてるのが涙を誘う誘う。
あ〜〜、ホント可哀想・・・

スタッフ酷いよね。
あまりに酷すぎるよ。
私はロイが可哀想すぎてしょうがないです。

そんなロイを置いて宇宙へ旅立つソルティ。
でも宇宙に出た途端、いきなりボカーン。
ソルティ死亡。

ああっ、終わりか。
「何て凄い作品なんだ」とか思っちゃいましたよ(笑)
まあ、これくらいじゃソルティは壊れないわな。

どうやらアシュレイが宇宙に出るのを邪魔してたのはエイレネだった様で。
ブラストフォールの原因となった雷も、エイレネが放ったレーザーによるものだったとか。

って何で?
宇宙船に戻って来ても別に困らないと思うんですけど。
アシュレイが壊そうとしてたのはエウノミアだったしのぉ。
狂ってると言ってもコンピューターは根拠の無い行動はしないと思うので理由が分からないのであります。

それから宇宙船を落として街をリセットしようとするのもよく分かりません。
別に社会機構自体に変化は起きてないんだから、今破壊しようとするのは意味不明ですからねぇ。

っていうか、宇宙船落としたらエイレネ自身もぶっ壊れるし、保存している遺伝子データも消えちゃうんじゃないすか?
宇宙船に自分が乗ってないなら分かるけど、乗ってるんだしねぇ。
そこら辺は壊れない様になってるのか?
疑問です。

宇宙空間で繰り広げられる、人間をデータとしてしか捉えないエイレネと、大切なものとして守ろうとするソルティの論争。

まあ、そうそう説得なんぞ上手くいくはずもなく、お互い暴力で解決を図ろうとしておりますが。
そこら辺は人間もコンピューターも同じ様ですな(笑)

結局説得は不可能ってんで、ソルティが突撃してバボーン。
宇宙船は木っ端微塵に。

ああっ、さすがのソルティもこれではバラバラになったでしょうなぁ。
さようなら・・・

それから5年が経って・・・

カーシャがイイっ。
思った通りいい女になっている。
さすが正ヒロインだぜ(何言ってるの)

八百屋で泥棒してた女の子もいい感じになってるし、やはりこの作品はロリ少女がメインだなぁ、うむ。
最終回で萌えるキャラの連発とは、やるねぇスタッフ。

帰って来ないソルティを待つロイ&ローズ親子。
寂しい感じでエンディングへ。

って、また数年後かよ。

宇宙に出てきたロイは、ついにソルティを発見。
しかも驚くことに全く無傷。

あ〜〜、エウノミアもエイレネも、ソルティと同じ硬さの箱にでも入ってりゃ良かったね。
ソルティだけ頑丈すぎだわ。

感動の再会シーンにそんな事を思ってしまった私はかなり悲しい見方をしてますな(笑)
いや、だって気になっちゃうんだもん。
頑丈すぎよソルティ。

いや、てっきりソルティの記憶中枢とかだけ残ってるのかと思ったもんでね。
無傷ってのは凄すぎだよ〜〜。

ま、そんな感じで終了したソルティレイ。
感想としては、ちょっと中途半端かなぁ、と。

最後の見せ方は凄くいいんだけど、細かいところで気になる部分があるから感動が薄れちゃうのよね。

エウノミア、エイレネ、アシュレイ、という悪役の行動理由の不可解さってのが大きいかなぁ。
ちょっと納得できないので、そこで詰まっちゃうんですよ。

細かいところでは、エウノミアは喋らなかったのにエイレネが喋ったというのが気になりますしね。
どちらかに統一して欲しかったですわ。
喋るなら喋る、喋らないなら喋らないとした方がすっきりしますよ。

アシュレイとの対決も、エウノミアが喋ったら違った意味で盛り上がったでしょうし。
そもそもエウノミアが色々語らないと、アシュレイの行動って被害妄想に基づいている様にも思えますしねぇ(笑)
エウノミアって実際何もしてなかったしな。

リゼンブルを暴走はさせましたけど、あれはどうしてなのか意味が分からないんですよね。
っていうか、あれが無きゃロイたちがエウノミアを破壊する動機が無いから強引にさせた感じがしちゃうんでイマイチ。

それ以外はエウノミアが悪者になる理由がよく分からんですからのぅ。
ちょっと無理やり感が・・・

そこら辺の細かい部分での強引さがちょっと勿体無かったですな。
結果を出すために理由を無理やり作ってる感じがするんで。
またその理由ってのが、ちょっと辻褄が合わないんで納得できないのが実に惜しいところです。

人間ドラマ的には上手い描写が多かっただけに、そこら辺が勿体無かったかなと。
下手にSFにするより、日常話でやった方が面白かったんじゃないですかね。

あとプロシードが余計だったですな(笑)
出す必要性を感じないんですよ。

彼女たちがメインの話って少なかったですしね。
感情移入できないうちに悲惨な状態になっていきましたからのぉ。

ロイたちとほとんど絡みが無いってのも良くなかったんでしょうな。
ここら辺は登場人物が多すぎたせいかも知れませんね。

やはり主役と絡まないってのは駄目ですよ。
インテグラとライの無事を知った時の喜びの差がそれを現してますです。

インテグラは「あ、生きてたの?」って感じで、ライは「おおっ、生きてたよぉ。良かったぁ」だもんな(笑)

他のプロシードの面々が死んでも悲しくなかったしなぁ。
っていうか、1話しか出てない飛行機兄さんの死の方が悲しかったですからねぇ。
そこら辺が彼女たちの影の薄さを如実に現している様に思えます。

ま、何にせよ、人間ドラマ的には面白かったので良しとしますか。
親子愛をここまでメインにしたってのも珍しいですしね。

ツンデレロイは最高でした。

shibachi1 at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2006年04月01日

ソルティレイ 第23話「Final message」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


アシュレイがおかしくなった原因は恋人のせいでしたか。
お空の向こうにいる恋人に会いたくて、宇宙に出ようとしてたのですな。
うむ、実に巨乳で良い恋人ですね(おぃ)

って、それでエウノミアを壊す理由は何じゃらほい?
「宇宙に出るのを妨害してたのがエウノミア」って事は無かったと思うんですけど・・・
ちょっと変な感じ?
まあ、世の中を変えたいというのも本心って事ですか。

ああそうか、エウノミアは未登録市民を作ってまで人口調節してるんだから、新しい人間が来たら困るってんで妨害してた可能性はありますねぇ。

ああっ、パパ〜〜。
ローズとソルティによるパパ攻撃が〜〜。
ついでにソルティは胸寄せだぁ〜〜。
テレテレロイが最高だぜ〜〜。

続けて緊縛緊縛〜〜。
ソルティとローズが縛られとるで〜〜。
視聴者サービス〜〜。

はい、今回の見所はここですね(ホントかよ)

ツンデレロイがピンチのところで何故か助けるエウノミア。
何で?
分からんよ。

それによりアシュレイは死亡。
エウノミアもソルティが停止させてメデタシメデタシ。

って、別にアシュレイは社会的に悪い事してないからなぁ。
ロイたちが個人的にムカついたってだけで。
ちょっと可哀想ですね。

エウノミアが起こした被害も何とか復興しつつあり、幸せな日々が・・・
ってところで落ちてくる宇宙船。

エウノミアが生きていたって事ですか?
なるほど、「管理できない社会ならば滅ぼしてしまえ〜〜」って事ですな。
実に短絡的なコンピューターだ。

う〜〜ん、しかしソルティの正体が未だに語られませんな。
でもアシュレイの恋人の最後の言葉を記録しているって事は、宇宙船から来たって事ですか。

shibachi1 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2006年03月31日

ソルティレイ 第22話「わたしと彼女と少女の想い」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


あれ? ソルティ元に戻ってるの?
何か記憶がおかしくなってるのかと思ったんですが、気のせいでしたか。

暴走アクセラたんは、ついにRUCビルに砲撃。
でもスーパーリゼンブル人となったソルティによって防がれております。

ううむ、武空術も身に付け、かめはめ波までも防ぐとは、ソルティは一体何者。

っていうか、ここまで能力高いってのはどういう存在なんでしょ。
ロストテクノロジーって事ですかねぇ。

そこへ何故か現れるローズ。
自分の仕事ほっぽっといていいんですか?

アクセラたんを巡って争うソルティとローズ。
最強のリゼンブルと最強のプロシードの戦いでありますな。

うむ、見てて燃えそうで燃えないところがいい感じですねぇ(笑)
ここら辺は戦う理由が中途半端だからでしょうな。
どっちにもあまり共感できないというか・・・

ローズは結局自分の理想の実現のためにアシュレイに協力していた事がこれでハッキリしましたね。
っていうか、それは別に悪い事じゃないのでソルティが邪魔するのも変だしのぉ。
微妙だぁ・・・

アシュレイの目的もロイがジョセフからもらったキーにより達成されたんで、さあ、どうなるのか。
っていうか、あれほどアシュレイが苦労してたのをジョセフがあっさり解決しちゃうのはどういうこっちゃね。

shibachi1 at 20:54|PermalinkComments(3)TrackBack(3)

2006年03月24日

ソルティレイ 第21話「真実の刻」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


そうか、この間ソルティが電撃で頭やられたから、今週のソルティレィディオでは桃ちゃんが電撃地獄を味わっていた訳ね。
納得・・・

てな感じで(どういう感じ?)主人公ほったらかしで進んでいく「ソルティレイ」

っていうか、GONZOの作品にはそういう傾向が強い様な気がするですよ。
最終回が近くなればなるほど主役以外が目立つというか。

ジョセフ&アシュレイによって明かされる街の秘密。

街はエウノミアというコンピューターによって管理され、未登録市民の制度も市民の不満をそらすために作られたそうな。
そんでアシュレイは200年間コンピューターの手足となって働いてきたとか。

アシュレイ、思ったより爺さんだったのね(笑)
それならあの狂いっぷりも納得って感じですよ。

そんな世界を壊すのがアシュレイの願いであり、エウノミアをハッキングする能力者としてプロシードが必要で、ローズはそのために協力しているって事なのですな。

う〜〜ん、これだけ聞くとアシュレイはいい事しようとしている感じがしますな。
コンピューターの支配からの脱却ってのはいいですからのぉ。
このままだとアシュレイを止める理由は全く無いですよ。

ハッキングが始まると、エウノミアはそれを邪魔するためかリゼンブル化している人間を操り始めております。
リゼンブルはエウノミアが人間を直接支配するための端末だったらしいのですな。

って、それってハッキングを止めるのに何か意味あるのかね。
アシュレイは平気っぽいからホント意味ねぇ。
それともそのうち操られちゃうとか?
だとしたら大変ですけど。

取り合えずロイたちはリゼンブル化した人間たちを助けるために無線塔を破壊しようとするみたいなんですが、何故かそこでアクセラたんが凄い兵器に乗り込んでますよ。
どういう意味があるのか謎ですが、それでアシュレイをぶち殺そうとしてるみたいですね。

って、何か様子がおかしい・・・
いきなり「薙ぎ払えっ」って感じで、街に砲撃しちゃってるよ〜〜。
そんでヤバイ感じにケタケタ笑ってるし〜〜。

アクセラたんおかしくなっちゃったの?
これで街ごとエウノミアが破壊されてメデタシメデタシってオチですか?(どこがメデタイねん)

っていうか、昨日のヘカテーちゃんに続いて能登さんのいい声が聞けて楽しいですなぁ。
能登さんにこういう役をやらせるのが流行ってるんでしょうか(笑)

shibachi1 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2006年03月17日

ソルティレイ 第20話「訪レル災い」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


ついにソルティ、アシュレイに襲われる〜〜。

って、攫って手元に置くのかと思ったら、脳みそ破壊するだけですか。
というか、意識が無くなったソルティがゴミ捨て場に捨てられてて笑った(笑)

うむ、正しい処理です。
いやいや、燃えないゴミの日は違いますよ。
って、燃えるのかなソルティは?(どうでもいい)

上手い具合にジョセフが訪ねてきたのでこれ幸いと修理を頼むと、うわっ、ソルティの記憶が無くなってる。
あのお馬鹿ソルティじゃなくなるなんて寂しいにょ〜〜。
胸を寄せてモジモジしてるのが萌えるってのにさぁ。

いやいや待てよ。
今度はキャラが変わってクールな萌えキャラになるとか。
それもいい感じだ。

ジョセフによって明かされるこの星の秘密。
ここは地球じゃなかった〜〜。
空にあるオーロラは人が住むために必要なナノマシンだそうな。

そんでアシュレイの目的は宇宙船で宇宙に出る事みたいなんですが、そこにローズがどう関わってるのか分からんです。
別にそんなの勝手にすればいいでしょう。

っていうか強いぜアシュレイ。
インテグラの攻撃を全部かわすし、攻撃を受けても堪えてないし。
さすがはカミーユ(笑)
どうやらソルティ並のリゼンブル化をしている様ですな。

でも高速攻撃をかわせるのはリゼンブルとは関係ないはずだから、他にも何かあるんですかねぇ。

shibachi1 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2006年03月10日

ソルティレイ 第19話「全員集合!」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


え〜〜、何気に今回のタイトルを打つ時に、「善人集合!」とか「全員酒豪!」とかやってしまったり(笑)

どっちにしても嫌なタイトルだ・・・

しかしロイって生き地獄味わってるよねぇ。

娘を失い、その悲しみに浸ったまま数年生活。
娘が見つかったと思ったら、すぐに目の前で死亡。
死んだと思った娘が現れ、いきなり今までとは正反対の職業についてて理由を言わない。

凄まじく悲惨な状況ですな(笑)

そんなロイを今回も胸寄せソルティが元気付けようとしてるのが健気で泣けるねぇ。
いい子や・・・

っていうか、アクセラたんとまた出会ってるんですけど、ちょっと偶然が凄すぎやしませんかい?
ローズみたく声が聞こえたとかならともかく、そうそういる場所に通りかかりますかね。

アクセラたんがインテグラのいる場所を分かるってのもどうなんでしょ。
理由が何も無いだけにちょっと無理がありすぎます(笑)

そして明かされる、カーシャとシルビアの秘密。
知り合った回以来、会ったりしてたって〜〜?
何か無理やり過ぎるなぁ。

そこまでしてキャラに繋がりを持たせなくても・・・
やりたければ馬鹿話の時にちょこちょこ入れときましょうや。

そういや、ソルティって事業部長の計画の一端を担っているのかと思ってたんですが、全然接触が無いですねぇ。
何か違うのかな?

shibachi1 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(7)

2006年03月03日

ソルティレイ 第18話「おかえりなさい」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


ロイがソルティに甘々だぁ〜〜。

ギャルゲーで言うところの「告白からそれに伴う苦難を乗り越え、ついにデレ化した」ってところですか。
ツンデレキャラの美味しい部分爆裂ってことですね(微妙な)

あ、シルビア死んでら。
メインキャラじゃないと死ぬのね。
さよ〜〜なら〜〜。
何ていうか、やはり思い入れがないから死んでも気にならないわ(笑)

ローズはどうやら洗脳って感じじゃないですな。
説得されちゃった様に見えますね。
自分の行動に疑問を持ちつつ、でも「これは正しい事だ」と言い聞かせてる辺りがそれを思わせます。

まあ、「目的のためには汚い事もいとわない」ってのは前と同じだから、要するにそれまで貧乏人のためにしてたのを、世の中の変革のためにしてるって事なのかな?

だとしたら説得する部分を見たかったですね。
ま、そういうのって表現的に大変だから飛ばしたってところですか(笑)
重要な部分だけにあまり宜しくないと思うのですが・・・

あ、セリカも死んでら。
なるほどこいつらシュラク隊か(笑)

しかしアクセラたんエロいっすね。
襲われなかったのが惜しいっす。

どうせ死ぬんだろうから別にいいじゃんそういうシーンがあったって(おぃ)

shibachi1 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(7)

2006年02月24日

ソルティレイ 第17話「LADY」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


復活のロ〜〜ズ。

「性格はどうなってるのかにゃ〜〜?」と思ったら、そのまんまじゃん。
しかもどうやら記憶もあるらしい。

って事は、納得済みで仕事してる?
いやいや、洗脳でしょうな。
納得してたら皆に連絡くらいは入れるはずだし。

取り合えずいきなりローズが上司になったのを納得できないのがシルビア。
というか事業部長とローズの仲がいいのでムカついているというのもあるでしょうが(笑)

てな訳で勝負。
でもスーパープロシードなローズに敵う訳もなくあっさり敗退。
うむ、まるで動きが孫悟空の様であったなりね。

ローズという最高の素材を手に入れたせいか、シルビア達を切る事を告げる事業部長。
っていうか、シルビアの腹刺してるし。

うわっ、こいつは「おかしいですよカテジナさんっ」だぁ〜〜(笑)
たぶらかす様な言葉を吐いてからグサ〜〜はまさにそうだぁ〜〜。
このオッサンこえぇ〜〜。

死亡・・・は無いんでしょうね。
あのローズでさえ生きていたんだし。
あれくらいじゃ死なないでしょう。

一方ソルティが帰って来て温か雰囲気のミランダ家。
ツンデレロイは行き違いね。
ちょとマヌケ(笑)

喜んでるカーシャの泣き声が翠星石にしか聞こえなかったのは内緒です(笑)
今回は入浴シーンもあって最高ですなりよ。
カーシャは良いのら〜〜。
微かな膨らみが〜〜。
たまりませ〜〜ん。

今回の話はプロシード部隊が大騒ぎって事で大変なんでしょうけど、あまり奴らに感情移入してないんで「どうでもいいや」って感じですな。

それよりソルティが帰ってきた部分をメインでやって欲しかったですな。
もっと入浴シーンをさぁ・・・

shibachi1 at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2006年02月10日

ソルティレイ 第16話「冗談です、半分」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


胸寄せソルティが良い感じですね。

いきなり何ですが(笑)今回は面白い話じゃなかったもんで。
それくらいしか見所がないのよ〜〜。

ウィルはキャラ的にいいんだけど、1話だけってのが惜しいんですよね。
もう少し出てから死んだ方が話的にはいいと思えるのですな。
下らないプール話をやるくらいならウィルの話をもっとやって欲しかったでありますよ。
その上で今回の追悼話になったら盛り上がりが違ったでしょうし。

ソルティは飛行機を作り直しつつ、ウィルとの繋がりを思い、どうやら取り合えず立ち直った模様。
こういう結果をもたらすキャラだけに、ホントウィルにはもっと出て欲しかったです。
1話ってのはねぇ・・・

一方ロイも立ち直り、ソルティを探しに出歩いております。
うむ、親子で復活してこりゃメデタシメデタシって感じですか。

とか思ってたら、復活してるよローズがっ。
やっぱりあの死体は偽者でしたか。
それとも脳みそだけ抜いてリゼンブル体に移し変えたとか?

記憶はどうなってるんでしょうねぇ。
全く別人みたいになってたら面白いのですが。

しかしあの姉ちゃん達が優秀ってのはどないなものやら・・・
ただのお笑い集団にしか思えないのは気のせいだらうか・・・

shibachi1 at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(10)

2006年02月03日

ソルティレイ 第15話「たどり着いた場所」


SoltyRei FILE.3
初回限定版


行き倒れソルティは、どうやら街の外まで歩いていた様ですな。
そこで何やらやたらと明るい ドロロ 青年と出会っております。

飛行機で空を飛ぶ事を夢見ているナイスな人で、明るくお喋りだから今のソルティにはいい感じですの。
こいつは恋人ゲットですか? とか思ってたら、血ぃ吐いたよ血ぃ。
せっかく仲良くなれたのに、また死亡ですか・・・

って、仮面の兄ちゃんの実験で金髪の逸材とかいうお嬢さんがいるんですけど・・・
あれってローズじゃないの〜〜?
最初はシルビアかと思ったけど何か違うみたいだし、そうなるとやっぱりローズ?

屍ロイは、ミランダの騎乗位で復活(違うでしょ)
「娘を二度失った。でもソルティまで失っていいのか?」と言われてソルティの大切さを思い出すのですな。

さてさてロイとソルティの親子関係は修復されるのか、それにローズは生きているのかどうなのか。
これからの見せ方に注目ですね。

しかし飛行機兄ちゃんは凄くいい人なのに、こんなにあっさり死亡って酷すぎだよぉ。
ただでさえローズが死んで大変だってのに。

って、まあ死んだとは限りませんが。
最強の病人トキの様に死ぬ死ぬ言いながら延々と行き続ける人もいますからのぉ(笑)

shibachi1 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月27日

ソルティレイ 第14話「心覆う闇のために・・・」


SoltyRei FILE.1
初回限定版


ローズ死亡♪

でも遺体を確認に来てるロイたちをインテグラが見てるのが怪しすぎです。
死んだことにして何やら利用する気ですなこりゃ。
この世界の技術なら表面上本物ソックリな遺体なんていくらでも作れそうだし。

地下に閉じ込められた話の時に、ローズの顔が変な風に光っていたのと関係がありそうですね。
遺伝子が変質してるってのがポイントなのかな?

とか思ってたらアクセラが実験やられてるし〜〜。
あそこの隊員はそういう意味もあったりするんですかねぇ。

取り合えず不幸のズンドコに陥ったロイは生ける屍に。
惚けた顔が凄すぎるぜ。
こういう状況ってよくあるけど、ここまで惚けてる感じの表現は珍しいですね。
ある意味リアルだ。

ソルティは何とか元気付けようと色々するのですが、予想通り(笑)ロイに八つ当たりをされてこちらもズーンと落ち込み状態に。
似た者親子なり(笑)

そんで捨てられた子犬の様にベンチに座っていると、偶然通りかかったアクセラに拾われるソルティ。
今度は立場が変わって元気付けられてるのが笑えますな(笑)

世話焼きアクセラがいいねぇ。
一緒にお風呂に入って一緒にベッドで寝てるよ〜〜。
っていうか、これってダブルベッドじゃ〜〜ん。
元々同衾可ってやつですか?

あ〜〜、能登ボイスで色々言われながら世話されたらそれだけでたまりませんな。
まったく羨ましいっ。
おいらもされてぇぞね。
今回はこれが最高だぁ〜〜。

といった感じで何とも暗い回でしたが、絶対ローズが生きていると思えるのでちっとも共感できなかったりして(笑)
まあ、これでホントに死んでたら虚しくなっちゃいますけどね。

何にせよ、ソルティの回想でラブリーロイ集が見れたので何か嬉しかったなりね。
ロイはいいよなぁ。

shibachi1 at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月20日

ソルティレイ 第13話「distance」


SoltyRei FILE.1
初回限定版


ロイ「ロ、ローズ、食事の時くらい、新聞は止めた方がいいと、思うぞ・・・」

すっかり娘が思春期になって相手にされなくなった悲しい父親の様相を呈している我らがツンデレロイ(笑)
ローズもローズでそんなロイの態度にイラついている模様。

そんな二人のギクシャクした様子を見て悲しげにしている健気なソルティが可愛いねぇ。
胸を寄せて視聴者にアピールしているところなんかさらに健気よね(おぃ)

でも屋上で空をボーっと眺めたり、皿を落として割るんじゃなくて割ったり(笑)これまでロイの愛情を一身に集めていた身としては寂しい模様です。
まあ、いい子だから直接的には言わないけど、その分積もり積もって爆発しそうな気もしてみたりするでありますよ。

久しぶりに登場、ユート。
って、出てる事は出てたっけ?
う〜〜ん、下野さんのやるキャラはどうしてこう「あ、いたの?」的なキャラなんだらう?(笑)

しかし何気に部屋にソルティのポスターが貼ってあるのが凄いぜ。
隠し撮りですか?
いや〜〜、私も欲しいかも。
む〜〜、ソルティには萌えてないはずなんだが、やはり健気な娘は良いからねぇ。

どうやら研究者友達のお嬢さんが、違法でしかも危険な実験をしようとしているらしいのですな。
それを必死に止める訳ですが・・・

何かユートが結構まともなヤツなんでビックリしてしまった(笑)
何しろ初登場の時は勝手にソルティの体を調べようとしてましたからねぇ。

一方ロイはローズの部屋に勝手に入ってひんしゅくをかっております。
まあ、元々ローズが押しかけて来たんだから文句を言われるのもおかしいんですが、ここは思春期の娘相手に親父がやってしまう失敗談の一つという事で(笑)

そんなこんなでローズはここから出て行く事にする訳ですが、行きがけの駄賃ってことで貴重品を盗んでいこうとレコードプレイヤーに目を付け・・・

試しに聞いて・・・

泣いてるし(笑)

あ〜〜、もう確定ですかねぇ、ローズがリタなのは。
レコードは稀にしかない貴重品らしいので、あの曲を知っているのは相当珍しい事になりますからねぇ。
そうなると他にいるってのはかなり無理がありますからのぉ。

何よりソルティの秘密を知ってるっぽい謎の仮面男が、ソルティとセットでローズの写真見てましたしね。
もしかして公園でナンパしたのも偶然じゃないのかな?
ローズを利用してソルティを作ったとかだったりするんですかね。

ユートの友達の実験を止めようと実験現場に向かうロイとソルティですが、そこに偶然やって来るローズ。

何やら「自分は自分」と吹っ切れたらしく、ロイを父親として認めております。
ロイも「生きていてくれるだけでいい」として、どうやらお互い納得して上手くいきそうな感じになってますですよ。

でもそこで実験が失敗し、周囲が大爆発。
ロイはソルティが助けるものの、離れていたローズは間に合わず瓦礫の下敷きに。

死亡か・・・

いや〜〜、娘宣言してくれた途端に死なれるんじゃたまりませんな。
って、多分生きているんでしょうけどね(笑)
こんな風に死んだら凄いんだけど、まあ、お約束としては重体で終わりですよね。

しかしずっとほったらかしにされてたソルティが、ロイに頭なでなでされて嬉しそうにしてるのが可愛かったなりね。
ああいうのいいよなぁ。

shibachi1 at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(11)

2006年01月13日

ソルティレイ 第12話「決着の果てに」


SoltyRei FILE.1
初回限定版


ここにきてローズがロイの娘である可能性が大きくなってきましたね。

ロイの娘が落ち着いていた曲を「落ち着く」と言ったり、ライたちの両親に拾われた時に同じ服を着ていたりと、とにかく共通点が多いのですな。

髪の色の違いは、ブラストフォールの際に遺伝子が変化した人間がいる事から除外されるそうで。
ちょと強引かも(笑)

でもソルティは内心穏やかじゃないんじゃないですか〜〜?
「本当の娘が出てきたら自分は捨てられちゃうんじゃ?」とか思ってもおかしくないですからねぇ。

ローズが人質として囚われている廃ビルに乗り込むロイ。
そこはトラップだらけで、そこらじゅうで爆発であります。

うわ〜〜、何かギロロみて〜〜(笑)
上手く切り抜けたり失敗したりした時の苦笑がそのまんまですがな。

何とかローズの所まで辿り着くも、座っている椅子から立ち上がると爆発するってんで爆弾を解除する事に。
しかし結局解除できない様になっていたため、二人は共に死ぬ・・・

ってところでソルティが駆けつけて脱出であります。
ま、最初からソルティに頼んだ方が良かった気もしますけどね(笑)

爆弾魔の方はライが片付け。
ぶち殺しておりますですよ。

何かロイが汚いことできない分、かなりダーティな事しとりますなライは。
本来ならロイが片付けないといけない相手だと思うのですが、そこはそれ優しいツンデレお父さんでいないといけませんからねぇ。
お父さんが人殺しじゃ困っちゃいますからのぉ。

そして最後にローズに明かされる衝撃の事実。
ローズは混乱する訳ですがそれも当然ですわな。
いきなり「家族とは血が繋がってなくて、知り合いのオッサンが父親だ」と言われてもねぇ。

それを何気に陽気に喜ぶソルティが不自然に見えてしまうのが悲しいですな。
今後の展開ではやはりギクシャクするのか。
それとも天然ソルティは心底喜んでいるのか。

楽しみです。

しかし警備会社の姉ちゃんズはホント意味が無いよなぁ。
何のために出してるんだろ。
出さない方がいい様な気がするのだが・・・

shibachi1 at 19:59|PermalinkComments(2)TrackBack(9)

2005年12月16日

ソルティレイ 第11話「バースデーゲーム」

もうすぐロイの誕生日ってことで、パーティを開こうと画策(笑)するソルティたち。
あ〜〜、またほのぼの話ですか。
うむ、ツンデレロイがどんな顔をするのか楽しみだぜ。

などと呑気に思っていたら、いきなりシリアスで大変だわな。
ロイに恨みを持つ爆弾魔が刑務所を脱獄して復讐を始めたのであります。

ロイとラリーが会っている場所で爆発、買い物帰りのアンディの車が爆発、ソルティたちの部屋で爆発、と爆発の連鎖。

関係ないオッサンに爆弾つけて近づけさせ、離れた所にも爆弾を置いて同時にそれを解除しろと言ってきて、それが実は爆弾無しとかいういやがらせをしたりとかなり性格悪いヤツですな。

最後はローズが攫われてロイを呼び出し次週で対決、と。

いや〜〜、ずっとほのぼの馬鹿話が続いていたのにいきなり凄い話ですね。
ようやく作品的にいい感じになってきましたな。

そうかよく考えればこれまでの話はキャラが揃うまでの内容って事ですな。
これからそれで話を進めて行く感じなんでしょう。

ローズの鼻歌がロイの娘の子守唄だったりして、かなり「ローズ=ロイの娘」説が強くなってきましたね。
ま、きっと違うんでしょうけど。
ソルティじゃないと落ち着かんわな。

そういやこの間のラジオで「性格の悪さで桑谷嬢がカーシャに選ばれた」という話を聞いたせいか、カーシャの言動に注目してしまうでありますよ(笑)

shibachi1 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年12月09日

ソルティレイ 第10話「トレジャー&レスキュー」

何かソルティレィディオで「ロイはツンデレ」という話が出た途端にこれまた凄いツンデレだぁ〜〜。
てな訳で今回は、ローズとソルティが地下都市に閉じ込められ、それを心配して右往左往するロイが素敵な回でございました。

話的には単に救助する側とされる側の模様を交代で描いているだけで特に面白くもなく。
ロイのツンデレだけが見所でしたな。

凄く心配なくせにあまり表に出さないロイが素敵よね。
最後にソルティが出てきた時も泣きそうだったに違いないですよ。
ああ〜〜ん、らぶり〜〜(気色ワル)

あとローズの顔に刺青みたいな模様が浮かんでたけど、あれってブラストフォールと何か関係があるのかな?

っていうか、無意味なシャワーシーンはやはりサービス?
それからローズが何度も太もも披露してたけど、何だかちっとも嬉しくないのはやはりますみん効果なのだらうか?(失礼なっ)

shibachi1 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年12月02日

ソルティレイ 第9話「乙女達の休日」

今回は番外編ですか。
ロイとソルティは脇役で、ローズとRUCの面々が主役って感じですね。

ローズは前に知り合ったRUCの事業部長とデート。
かなりの金持ちぶりをアピールされてたんで、未登録市民の貧乏生活を知ってるローズじゃ反発するのかと思いきや、何やら素直に感動している模様。
う〜〜ん、何かちょっと変かなぁ。

いつも未登録市民の理不尽な扱いを気にしている人間的には、もうちょっと反発すべきだと思うのですが、まあ、恋は盲目ってとこですか。
それほどエリート市民に憎しみを感じてないって事ならさっぱりしてていいですけど。

後はシルビアのあまりの暴走ぶりが面白かったですな。
エレベーター使えないからって壁登るなよ(笑)
あんたそこまで事業部長に惚れてたのね・・・

それから謎なのは、料理好きなのを褒められたアクセラがピクピク震えてたとこかな。
あれはテレなのか?
それとも何かのトラウマ?

最後はソルティの料理がナイスな出来らしかったのでメデタシメデタシって事で。
喜ぶソルティが可愛かったにょ。

しかしインテグラの声が広橋さんなんで、どうにもボケキャラに思えてしまうのは何とかならんものか(笑)

shibachi1 at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年11月25日

ソルティレイ 第8話「リベンジ」

今回もローズがメイン。
ソルティを熱心に泥棒に勧誘する話でござい。
普通無理だよね。
何か不満が無きゃやらんでしょそういう事は。
ロイが失業するとかね(笑)

ローズに迫る魔の手が・・・
ああ、女ったらしカミーユ・ビダンがナンパしてるよ〜〜(笑)
いきなりフラグが立った、クララが立った。

何となく裏がありそうな兄さんですが、後半になったらきっとヤバイ人間に豹変すると見たですよ。
それともそのままいい人のままかにゃ?

復讐鬼ローズ。
親友を殺した犯人を偶然発見し、追い詰めるも相手の方が強かった。
ピンチだ殺される〜〜。
ってところで待ちに待ってた出番が来たぜ、ソルティ・レヴァント登場だぁ。

あっさり犯人をぶっ飛ばしてピンチ脱出。
っていうか、ソルティ強すぎね。

今回のローズの様子から、何やらロイはローズを受け入れる事にした模様。
これで完全にレギュラー化か。
っていうか、娘二号?(笑)

しかしムニャムニャ言ってるソルティと、寝ぼけながら縄をぶち切るソルティが可愛かったにゃ〜〜(微妙な)

shibachi1 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年11月18日

ソルティレイ 第7話「小悪魔の訪問」

ローズ居候。
図々しい居候ほど嫌なものは無し。
そんで色々注文付けてくるローズの言葉を一々書き留めて実践しようとしているソルティは笑えるよね(笑)

しかし見事なまでに自分的な部屋に改装しているのは凄いですなぁ。
でも金どうしてるんだ?
基本的に慈善事業の盗賊のはずだから金は無いと思うんだけど。
それとも取るものは取って、余剰分を配分しているのかな。

って事で、私だったらとっくに追い出してるだろうに、文句を言うだけで追い出さないロイは結構優しかったりすると思ったりするのでありました。

まあ、自分が大切にしている物をちゃんと理解している点で、ある程度ローズを認めているのかも知れませんな。
基本的に義賊だからのぉ。

ローズがソルティをだまくらかして盗みに協力させた事で怒るロイ。
不良な友人から娘を守る父親の様ですな。
うむ、良い感じですね。

しかしローズのシャワーシーンを見ても興奮しないのは何故じゃろう。
もしかしてますみん効果?(おぃ)

shibachi1 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年11月11日

ソルティレイ 第6話「愛娘」

ロイの娘が見つかった〜〜。
え? ソルティの脳みそになってるんじゃないの?
と思ったら、やはり違う人でした。

で、そのお嬢さんのオジさんがロイの追っている強盗犯だったりするというオチなのですな。
いやぁ、話の流れ的に家に来た瞬間分かりましたよ(笑)
こういう時ってつまらないよなぁ、展開読めちゃって。

強盗犯のオジさんは実はその女の子の父親だったりして、でも未登録市民なんで父親とは名乗れない悲しい状態なのですな。
目と脚が悪い女の子のリゼンブル化手術費用を稼ごうとして強盗をしたという事なのであります。

ところがこのオジさんは、思いっきり騙されて強盗やらされてるみたいなんですよね。
仲介役のオッサンが凄く胡散臭いっす。
案の定、上前だけはねられて撃たれてるし。

それで怒っちゃったソルティが大暴れ。
銃が効かないからやりたい放題なのであります。

うわっ、は、跳ねた・・・
戦っている最中に近くで爆発が起きて高いところから落ちるんですけど、ソルティが跳ねたのよ・・・
地面にビタンっとうつ伏せ状態で落ちて、そんで地面にめり込まずに跳ねてるの、ボールみたいに・・・

これってソルティの体が凄く弾力性があるってことか〜〜。
跳ねるロボットって初めて見た(笑)
普通は地面の方がへこむでしょ。
う〜〜む、新しい表現方法でありますな。

しかし女の子をベッドまでお姫様抱っこで運んだ時に、「力持ちなのね」と言われて照れるのは如何なものかねソルティよ。
女の子に対する褒め言葉じゃないよそれ(笑)

shibachi1 at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年11月04日

ソルティレイ 第5話「ウォーターサイド・パニック」

水着祭り〜〜。
巨乳祭り〜〜。
ソルティは巨乳だった〜〜。
イェ〜〜イ。

やっぱり馬鹿話がメインですな。
この作品は馬鹿話〜〜。

内容は、一つのモノを巡って取り合いドタバタ騒動ってやつですか。
あまりこういうのは好きじゃないのでどうでも良いのですが、結構会話のテンポが良かったので面白かったですね。

何より巨乳ばかりで谷間ばかりで、おいらはそれだけで満足さ。
ふはぁ〜〜。

しかしローズって、まさにますみんのためにあるかの様な役ですな。
馬鹿で大げさで、気取っているけど上手くいってない(笑)
おお、ピッタリだぜ。

shibachi1 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年10月28日

ソルティレイ 第4話「friend」

うむ、今回もマヌケ話ですな。

リゼンブルフェチ全開のケン・ロビンス、もといユートによると、どうやら人体をリゼンブル化できるのは60%が限界で、100%されているソルティは凄いんだそうな。

でもその凄い最高傑作な当の本人は、間抜けにバナナ食うとるし(笑)
やはりボケボケ話が展開されていくのじゃな。

迷子の女の子と仲良くなったソルティは、いつも怒っているロイの機嫌を良くする秘密の呪文を教えてもらっております。
その秘密の呪文とは〜〜。

「パパ大好き・・・」

これを上目遣いで頬を赤くしてモジモジしながら言うのが吉ですな。
すると私が喜びます(おぃ)
今回は上目遣いはなかったですが、見事に理想だったぜ。
いいのぉ。

当然のことながら娘フェチのロイは大興奮(ちょと違う)
ミランダたちの部屋に押しかけ、「ソルティが変だ」と誰もが思っている当たり前の事を言ってしまいます(笑)
こりゃ相当錯乱しておるな。

仲良くなった女の子が逃亡中のリゼンブル75%のオッサン(笑)に攫われたため、戦うソルティ。
電気クラ〜〜シュを食らい、一時意識を失いますが、そこから復活して一気にぶち殺し。
そんなの見たら並の子供なら怖がるのは当然で、女の子に嫌われてしまったソルティは傷心状態。
それをいい子いい子と頭撫でてるロイがいい感じでしたな。

この話はこんな感じで、だんだんとロイの心がソルティに向いていくのがポイントなんでしょうねぇ。
今回も色々心配しまくりで面白かったし。
こういう寡黙なオッサンの心を女の子が開いていく話ってのは萌えるのよね。

わたしゃソルティの脳みそがロイの娘の物だと思っていたのですが、そこら辺も人工物だとすると、参考にしたとか何ですかねぇ。
じゃないとロイと出会った時に泣いた理由が分からんぞね。

shibachi1 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年10月21日

ソルティレイ 第3話「青の少女」

ますみん登場〜〜。

役柄は盗賊、義賊じゃ。
「泥棒じゃないところが何か笑えるなぁ」などと思っていたら、話自体もかなりギャグな展開だったあるよ。
いきなり前口上を述べる盗賊ってどうよ?(笑)
笑えましたねぇ。
この作品ってシリアスなイメージがあったけど、実はマヌケ話なのか?

ソルティの体を調べて興奮してるリゼンブルフェチの兄ちゃんも出てきて、これで大体レギュラー陣が揃った感じですか。
声が下野さんなんですけど、相変わらず情けない役をやっとりますね。
「カレイドスター」のケンは男前な感じでしたけど、これはただのフェチ野郎ですな(笑)

何だかんだ言ってソルティをかまい出してるロイが良い感じですね。
思いっきり懐いて必死にご機嫌取ろうとしてるソルティも可愛いし。
でもわたしゃ猫派なので、尻尾フリフリな態度には萌えんのよ。
ツンデレが好き〜〜。

しかしカギをぶっ壊して部屋に入って「開いてましたよ」とかとぼけるソルティが笑えたなぁ。
というかやっぱりロイがギロロに聞こえてしょうがねぇ。
駄目だぁ(笑)

shibachi1 at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年10月14日

ソルティレイ 第2話「新しい朝。」

美人若母狙われるっ。

こんな美人で若くて母親な人を殺そうとするなんて、何て酷いっ。
襲うならともかくっ(おぃ)

今回は母娘のコンビが楽しくて良かったですの。
ちょいボケの母にしっかり者の娘とはナイスなコンビだ。
セットで欲しいところですね。

しかし長距離から狙ってる狙撃手を発見したり、至近距離で撃った弾をナイスキャッチしたりと、ソルティの能力は凄いですなぁ。
相方にしたら凄く役に立ちそうなのに、ロイは興味ない感じですねぇ。
あんなに可愛いのに。
髪型はイマイチだけどさ。
私だったら大喜びなのにねぇ(余計なこと)

前回出てきた怪しい女ばかりの組織は、どうやら警察じゃなくて警備局とかいう組織みたいですな。
しかもかなり権威がある感じの。
警察官がペコペコしてたからなぁ。
ビックリですよ。

禁止区域に入った人間としてソルティを逮捕に来る訳ですが、少ししたら何やら証拠のデータが改ざんされている模様。
う〜〜む、ソルティのバックには何か凄い人間が付いているのか。
まあ、あれだけの能力のリゼンブルですからのぉ。
当然ですか。

しかし、どうしてもロイの声がギロロに聞こえてしょうがねぇ(笑)
これから中田さんの声は全部そうなっちゃうだろうなぁ。
ちょとキツイぜ(笑)

shibachi1 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年10月07日

ソルティレイ 第1話「オーロラの降る街」

う〜〜む、ヒロインの声が前番組である「スピードグラファー」の神楽たんと似てるですよ。
こもってる声というか何と言うか。
似た声をヒロインとして持ってくるとは製作者の趣味なのだろうか・・・

取り合えずオッサンとロリ少女という組み合わせは楽しいですな。
娘が死んだ事を信じられずに探し続けて12年。
たまたま拾った全身リゼンブルの女の子はオッサンを見た瞬間涙する。
これはこの女の子が娘ってオチで宜しいんでしょうか。

「ソルティは改造人間である。彼女を改造した謎の組織は世界征服を企む悪の秘密結社である。ソルティは人間の自由のために謎の組織と戦うのだ」
って感じで、娘は改造されていて記憶が無いってところですか(笑)

しかし警察組織みたいな所が女だらけっぽいのでちょっと引き。
もっとシリアスな感じだと思ったので、あからさまな萌え要素があると駄目なんですよねぇ。
ゆかりんいるし(関係ねぇ)

オッサンが所属してるハンター事務所は・・・
何と所長が美人っ。
しかも母っ。
さらに若いっ。
美人若母っ(意味不明)

萌えるねぇ。
声が大原さんだからエロいし(笑)

って、オッサンの奥さんの親友って・・・
あんた歳いくつ?
若作りすぎだ〜〜。

しかも娘も娘で12歳以上には見えないぞ。
親子そろって若作りだにゃ。

しかしソルティの能力は凄いですな。
突進してくる大きな機械を楽々受け止め、放り投げとりますぜ。
アラレちゃんかよ(笑)

ついでに振動波みたいなもので破壊までしてるし。
おおっ、山吹色の波紋疾走っ(笑)

取り合えず1回目はそれほど引かれなかったですが、美人若母に惹かれたので見続けることにしました(おぃ)
いや、戦闘シーンはカッチョ良かったですからねぇ。
まあ、後はストーリーが面白いのと、警察っぽいところがギャルアニメ的にならない事を期待します。

しかしヒロインの髪型はどうにかならんかのぉ。
どうも慣れませんぞね。

shibachi1 at 20:23|PermalinkComments(2)TrackBack(4)

2005年09月27日

創聖のアクエリオン 第26話「世界のはじまりの日」

シリウスお兄様、腹に穴が。
ところがどっこい、創聖合体したら傷が治っていくでありますよ。
むむ、何という治癒力ですか。

それもそのはず、アクエリオンには生命の樹を受粉させる、つまり生命を活性化させる力があるみたいですからねぇ。
ま、何にせよ、ようやく元のオリジナルアクエリオンでトーマと対決であります。

トーマの予想だと、アクエリオンが太陽の翼として覚醒すると生命の樹が実をつけるはずだった様ですが、何故か枯れ始めたりして。
生命の樹が枯れると地球はお終いだそうで、もうこりゃ駄目ですな。

ところがそこで何故か(笑)解決策に気づくアポロ。
アポロニアスも墜天翅だったんだから、アクエリオンには墜天翅も乗らなきゃいけないというのですな。
それを聞いたトーマは強引に麗花と入れ替わり〜〜。

うおぉ、ホモ合体(笑)
やはり最後は野郎ばかりですか。
世界は野郎が作るのよ。
それがこの作品のテーマです(おぃ)

でもトーマと合体なんかできる訳もなく、皆してヘッド形態になって殴り合い。
トーマは敵なんだから当然として、シリウスとアポロも仲悪いからなぁ。
最悪の組み合わせかも。

一人になったシルヴィアに襲いかかる墜天翅のオバサン。
それを助けるピエールがカッコいいぜ。
「翅が似合ってる」とナイスな言葉を吐きやがりますよ。
歯も光っていい男だにょ〜〜。

麗花が量産型に乗りこんで、リーナまでテレポートしてきて量産合体〜〜。
脇役にも見せ場を作るのがアクエリオンなのですよ。
リーナのテレポートで懐に飛び込み、麗花の不幸たちきり手刀でオバサンは死亡。
何か可哀想・・・(笑)

一方シルヴィアは、アポロたちを心配して幽体離脱で後を追っております。
三人が憎悪で戦い合っているのを見て驚いていると、そこへ現る不動司令。

「両の手を合わせた間に何がある?」と最後の問いかけですよ。
何があるんでしょうねぇ。
分かりませんがな。

ところが何かを悟ったらしいシルヴィアは、温かな光と共に三人の下へ。
シルヴィアに触れられた途端、自分勝手三人組は、他人の痛みや悲しみを理解し、己がしてきた事を後悔、反省。
新しい世界を作ろうと一致団結するのでありました。

真なる創聖合体が行なわれ、その力で世界は救われる事になる訳ですが、どうやらアポロたちはその犠牲となる模様。
「また会おう」と言って、アポロはシルヴィアに別れを告げるのでありました。

う〜〜ん、何とも綺麗な終わり方ですな。
何故シルヴィアに憎しみを浄化する能力があったのか謎ですが、お互いが理解し合ってメデタシメデタシってのは、河森監督らしいですね。

でも私的にはもっと熱血的に終わるのかと思ってたんで拍子抜け。
「アポロが熱血説教をして、それにトーマが感化されて仲間に」みたいなラストを予想していたのですが、シルヴィアが出張るとはなぁ。

これって、喧嘩ばかりしていた野郎どもが女の子に接触して「ああ、女の子っていいもんだなぁ。これからはナンパだよ。おめぇら一緒にナンパしようぜ」とかなっちゃったノリに見えたんですけど、違いますかね?(笑)

一応最後にシルヴィアがヒロインらしい活躍をできたので良かったですな。
でも結局アポロって何だったんでしょうねぇ。
アポロニアスが乗り移りやすい体質だったとか?(笑)

shibachi1 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年09月20日

創聖のアクエリオン 第25話「決戦!!アトランディア」

気絶したつぐみの代わりにピエールが搭乗。
何か微妙にアポロが嬉しそうなんで、やっぱり仲いいんすな。

麗花の声で意識を取り戻すグレン。
ああ、惚れてたのね。
声くらいで復活するってのは相当惚れてたに違いない、うむ。
そして麗花が裸で迫ってくる姿で意識を取り戻すところに男を感じるのですよ(笑)

グレンは麗花をかばったり「先に行け」と言ったりしてかなりカッコいいっす。
見せ場があって良いですねぇ。
個人的にはもう少し意識の無い状態での話が欲しかったかな。
そうしたら意識を取り戻した時にもっと感動した様な気がするんで。
ちょっと早すぎるんですよねぇ。

グレンはモロハ相手に頑張るも、やはり一人乗りの強攻型では無理がある様でやられ〜〜。
それでも能力を暴走させてモロハを巻き添えにして死亡であります。
せっかく復活したのに、ホントグレンは不幸やなぁ。
監督にいい様に使われているですよ(笑)

シルヴィアを見つけたアポロの前に立ちはだかるシリウス。
一人の女を巡って争いです。
片方は近親相姦ですが、それでも盛り上がりますね。
しかも麗花がいるんで四角関係ですな。
っていうかピエールが浮いてる(笑)

互角に戦う二人の間に現るホモ(笑)
「昔はあんなに愛してくれてたのに」と、過去のノロケを語っております。
それにアポロが同意したんで、一瞬ホモに目覚めたのかと思ったらセリアンとの事でしたか。
まあ、女の体の方が気持ち良かったんでしょうね(おぃ)

何とシリウスとシルヴィアセットでセリアンだそうな。
羽が二人に分かれているというのはそういう意味だったのですな。
シリウスの中でセリアンの記憶が蘇らなかったのも、辛い記憶の担当だったからというのも面白いっす。

また女を取るのかと、怒りのトーマさまはオトハにシルヴィアを殺させ様としますが、ところがどっこい腐っても堕天翅シルヴィアさん。
逆にやっつけて今まで最高の功績を挙げとります。
っていうか、堕天翅やっつけられるならケルヴィム兵も楽に倒せそうな気が・・・

一安心なところで、今度はシリウスに襲い掛かるトーマさま。
そういやシリウスも憎らしいセリアンの片割れだったのでした。
さっき言われたばかりなのにすっかり忘れてたなり。
ぐっさし刺さる光の槍に、果たしてお兄様はどうなったのか・・・
次週へ続く・・・

・・・

しかし何と言うか・・・

この話って、やっぱりトーマさまの復讐の物語なんですか?(笑)

最近森川さんは復讐キャラが多すぎですねぇ。
「スピードグラファー」でもそうだしなぁ。
ま、あっちはホモじゃなくてロリですが(笑)

shibachi1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年09月13日

創聖のアクエリオン 第24話「天空のゲート」

今回はジェロームとつぐみにやられたばい。

いつも情けないジェロームが、「ディーヴァは独自に出撃じゃ」と言った時はジ〜〜ンと来ちまったのですよ。
ああいう駄目キャラがここ一番で踏ん張る姿に泣けちゃうのよねぇ。
「うしおととら」とか「からくりサーカス」ではそういったシーンがあるので大好きなのさ。

しかも言った直後の爽やかな笑顔に続いて神話獣にやられちゃう姿に涙涙。
ああ、こいつはカッコいいぜ。

続いてつぐみも大好きな麗花が大変だったり、2軍の連中が自分をかばって神話獣にやられたりしたせいで頑張って、これまた泣けてきたりして。
わたしゃこういう仲間のために頑張る姿って駄目なのよ泣きツボなのよ。
やられちゃうのよ。

てな訳で、うわ〜〜んな感じの回でございました。

しかしアトランディアに行くのはいいが、戻って来れるんでしょうか。
ゲート閉じられちゃったらどうするんだろ・・・

shibachi1 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月06日

創聖のアクエリオン 第23話「翼、儚く」

グレンの改造手術の模様が気持ち悪かった・・・
手からウジとかハエとか生えたら怖いさね。
まあ、妄想が実際に見えちゃうだけみたいですが。
人体実験は嫌ですねぇ。

シリウスの剣を分離してかわすグレン。
・・・
え〜〜、これってどこかで見たことありますね。
ちょっと前くらいに(笑)
っていうか、本家本元のウッソくんが「分離した」って叫んでて笑えた(笑)

凄く強い強攻型アクエリオン。
副指令は「これで勝てる」と喜ぶ訳ですが、司令は一人じゃ駄目だと言っております。
まあ、人間は群れて生きる生き物ですからのぉ、三人で頑張る方が断然強いのですな。
三つの心を一つにしてゲッターチェ〜〜ンジ(笑)

お兄様に誘惑されちゃうシルヴィア。
「近親相姦は駄目だ〜〜」と止めるアポロ(笑)

お兄様のパワーでシルヴィアの羽もバレてしまい、皆は動揺する訳ですが、そこで司令の一喝「人が生まれで決まるなら、夢などいらんっ」
ま、人類のほとんどは生まれで決めて戦争してますがね。

お兄様の誘惑にフラフラしちゃうシルヴィア。
そこでアポロが「飛べなくたって・・・できるさ、夢を掴むことが」と反論。
ってあんた「夢なんて食えない」とか言ってませんでしたっけ?(笑)

でもそれでシルヴィアは何やら悟った模様。
「私の右手は近親相姦のためじゃない、恋人のためにあるのよ」と言ってお兄様を振っております(おぃ)

結局今回の話って、シスコンの兄ちゃんが妹を男に取られちゃったって事ですか?(笑)
ま、お兄様はまだ望みを捨てていない様ですが。

shibachi1 at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月30日

創聖のアクエリオン 第22話「見えない翼」

妖精さん妖精さんラブリーですね。
特に裸なところが最高です。
わらしの所にも来てくらさい。

でもトーマさまのホモ調教に腹を立てたオバさんに殺されちゃったにょ〜〜。
酷い、酷すぎる〜〜。
あんなに可愛いのに〜〜。

お兄様の部屋で悲しみにくれるシルヴィアは、何やら怪しいポエムを発見し涙しております。
まあねぇ、憧れてた人が「ゾウがクルクル回る」とかいうポエム書いてちゃ泣きたくもなるわな(笑)

「シリウスの秘密を知っていたのにどうして普通にしていられたのか」と尋ねる麗花に、「どうかしなきゃいけなかったのか?」と答えるアポロ。
うむ、最強の男である。
その人個人ではなく、民族やら宗教とかいったカテゴリーでくくると差別が始まるのですよ。
人は人として見ましょうね。

敵としてやって来る来るシリウスお兄様。
ケルヴィム兵と合体してロボット形態になって攻撃開始〜〜。

ベクターマシーンでしかないアポロはあっさりやられ、「どうなっちゃうの?」って所で現る黒いアクエリオン。
強行型だそうですが、そこに乗っていたのは久々に登場のグレン。

何やら改造手術を受けてパワーアップしている様です。
っていうか、フタバの羽を移植されているのですな。
何か力が出るんですかねぇ。

っていうか、ここまでグレンの怪我を引っ張るとは予想外でした(笑)
そのために彼は第1話でやられたのね・・・

shibachi1 at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年08月23日

創聖のアクエリオン 第21話「紅い道」

シリウスがホモに攫われた〜〜。
っていうか、ホモに目覚めちゃったにょ〜〜。
やはりアポロみたいな獣より、シリウスみたいな美形の方が絵になるという事でしょうか(笑)

まあ、太陽の翼はどう考えてもアポロなんで、トーマは嘘ついてるだけでしょうけどね。
前にシリウスの事は馬鹿にしてたしのぉ。

シリウスの嫉妬心と望みをくすぐって上手く引き込んだってことでしょうな。
仲間を奪うことでフタバを奪われた仕返しをしたってところですか。

この作品は馬鹿熱血モノなので、こういう真面目な話をやられても面白くないでありますよ。
もっと馬鹿度をプリーズ。

shibachi1 at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年08月16日

創聖のアクエリオン 第20話「天翅の翅音」

今回は「牛や豚が喋った時に人は殺して食べることができるのか」って感じの話でしたな。

堕天翅族のお子様フタバは、人の子供が虫を面白がって殺すのと同じ感覚で人を殺しまくり。
本来人は家畜なので、殺しちゃうのは堕天翅族としても困るのですが、そこはそれ唯一の子供なので皆して甘いのですな。
ぶつくさ言いながらも本気では怒ってないですからのぉ。

とはいえ、そんなお子様の遊びであってもやられている家畜の方としてはたまりません(笑)
久々に一般市民が殺されている図に怒り心頭のアポロ。

遊んで殺している事にさらに腹を立て倒そうとするのですが、相手が子供だと分かったシルヴィアは何とか教育しようと諌めております。

確かにねぇ、子供の教育は大事ですよ。
でもこの頃の子供に「虫を殺すのは良くない」と言っても通じないのと同じで、口でいくら言っても無駄でしょう。
人殺しとは訳が違いますからねぇ。

一応殴るのをビンタにして教育的指導といった感じになりましたが、そこから人の手に委ねちゃったのが失敗ですな。
軍に捕獲されたフタバは、何やら怪しげな実験装置にかけられ・・・
死んじゃったの?

翅を取っただけの様に見えたんですけど、それで死んじゃうのかな?
というか、アポロニアスと一緒でただの人間になっちゃうとか。

堕天翅たちの感覚としては、知能がなくなって猿みたいになっちゃった状態を悲しんでいる様にも思えますしね。
せっかく捕獲した貴重な存在を殺すとは思えないんですよ。
どうなのかなぁ・・・

いや〜〜、今回はきつい話でしたな。
苦しんでいる声が聞こえるってのが嫌だよね・・・

shibachi1 at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年08月09日

創聖のアクエリオン 第19話「けがれなき悪戯」

え〜〜、いつの間にかキャラデザが変更された様で(笑)
何か微妙な同人アニメを見ているみたいですよ。
「不幸だわ」(笑)

神話獣の攻撃か、突然ベクターマシンとの連絡が途絶え、麗花とシリウスをテレポートチェンジしたら、どちらも消えてしまったという。
「作画の乱れが大きすぎます」(笑)

何か今回は、異世界で別な感じの体になるという話らしいですな。
なるほど、だからキャラデザが変なのね、納得。
って、異世界に行く前からなっていたんで微妙だけど(笑)

しかし異世界に入ってからの作画は凄いなぁ。
丸っちいぜ。
合体シーンまで丸っちい絵でやったから、声だけエロいシルヴィアに大笑い(笑)

墜天使の「お前は何だ?」という問いかけに、「分からねぇ」というアポロの答えはナイスですな。
自分は自分でしかない訳で、人間だ堕天使だ動物だってのは、しょせん便宜上つけているだけの区分ですからのぉ。
っていうか、それが分かったから何だという話でもあるのですな。

今回はアポロのおかげでシリウスが立ち直っていて、益々友情が深まった模様ですな。
ま、仲良くなるには時間がかかりそうですが。

そういや河森監督の他の作品でも、最初いがみ合っていた、というか片方が一方的に嫌っていた人間が、次第に相手を理解して仲良くなるって話があったので、シリウスもそんな感じになるのかな?

shibachi1 at 19:29|PermalinkComments(2)TrackBack(3)

2005年08月02日

創聖のアクエリオン 第18話「魂のコスプレイヤー」

OPが変わりましたな。
何かノリノリですね。
でもちょっと盛り上がりがないんでイマイチかも。
まあ、聞きなれてくると良くなったりするのですが。

今回は嫌いな相手の気持ちを知ろうという事で、相手になりきる特訓。

まずはジュンがオタクの経験を生かしてつぐみの真似。
上手いじゃん(笑)

ピエールもノリノリで真似していて面白かったなり。
そんでクロエがピエールを結構意識していた事が判明して驚きましたな。
っていうか、真面目な女とふざけた男って、物語だとよくくっつきますよね。

アポロがシリウスの真似しているのが結構凄いと思ってみたり。
だってあの言葉遣いをアポロが真似るの大変だと思うので。

とか思ってたらシリウスがアポロの真似し出したんでビックリ。
いくら何でもシリウスはしないと思ってたんで大変ビックリですよ。

とまあ、そこまでは並ですからね。
面白いけど普通な感じだなぁ、と思っていたのですよ。
それでもシリウスのはビックリしたけど。

でもさ・・・

その後さ・・・

リーナが歩いてきてさ・・・

あら? リーナ歩けたの?

って思ってたらさ・・・

顔が司令になったんだよ〜〜(T_T)
ああ、怖い、怖すぎる〜〜。
これほど怖い絵は久々に見たあるよ・・・
顔が司令になるだけでこれほどインパクトがあるとは思わなかったぜ・・・

今回はそれだけですな。
後の戦闘はどうでもいいや(笑)
どうせおまけチックだし。

あ、かかずエロボイス「とろけそ〜〜」は良かったですな。
やはりかかず姐さんはエロいのですよ。

shibachi1 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年07月26日

創聖のアクエリオン 第17話「食べたくて合体」

やっぱりシルヴィアってギャグキャラですな。
食いすぎでぶくぶく太った姿は確かにブザマなり。

という訳で、太っていると思ったシルヴィア・麗花・つぐみのダイエット開始〜〜。
そんであんまりダイエットしすぎて「食べ物なんか消えちゃえ〜〜」とか言っちゃったものだから、神話獣が食べ物を消しております。

食べ物が無い状態で7日間・・・
おいおい、大丈夫なんかこれ・・・

っていうかこの神話獣、物凄く小さいんですが、毎回この大きさで攻撃されたらどうしょもないんじゃなかろうか。
人間の最大の敵は目に見えないくらい小さい生き物のウィルスやら細菌ですからのぉ。

「腹減りゃ感覚が鋭くなって神話獣の臭いが分かるはずだ」という司令の言葉に、「臭いなら俺に任せろ」って事でアポロがアクエリオンに乗り込み。
まあ、確かにそうなんですけど、ここは一発シルヴィアに鼻をクンクンやってもらいたかったところであります(笑)
どうせギャグキャラなんだしいいじゃん。

取り合えずアポロの力で神話獣の位置を見つけて攻撃するのですが、そのせいで今度はアクエリオンが食われ〜〜〜。
うわ〜〜、グロっ。
こんな風に侵食されてミイラ化していくロボットって初めてなんじゃなかろうか。

そんなピンチに前回に続いてまたまたリーナが活躍でありますよ。
歌を歌っております。
って、河森監督だからなぁ、やっぱり歌ですか。

すると何ということだ、突然地面から芽が沢山出てきてアクエリオンを覆っていくではないか〜〜。
宮崎駿の世界だ〜〜。
このままみんな木々に覆いつくされて最終回ですか〜〜?(笑)

しかし何と言うか、この作品のヒロインってリーナみたいに思えちゃいますね。
シルヴィアはギャグキャラだからのぉ(笑)
うむ、きっとそうに違いない。

shibachi1 at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年07月19日

創聖のアクエリオン 第16話「黒い鏡」

今回はリーナがメイン。
彼女の正体が明かされる〜〜。

2話くらいでアポロの血を吸ってたところから吸血鬼だと思ってましたが、やっぱりそうなのね。
そんで実は敵だった〜〜。

と騒ぐみんなの中で一人怒るシルヴィア。
自分も同じ様な立場だからそういった話題に敏感なのですな。

でもシルヴィアがリーナに言った「信じてる」という言葉が実に胡散臭かったですね(笑)
ホントに信じてる人間はそんなこと言わないのですな。
「それがどうした」といったアポロみたいな態度の方が正解なのであります。

シルヴィアの場合は、「信じたい」という自分に対する言い聞かせ、ごまかしなのですな。
そういった部分をリーナに読まれてるみたいで笑えたなり。

神話獣が出てきてそれがリーナそっくり。
「わ〜〜、やっぱり敵だったのね〜〜」とみんなが思っている中、アポロだけが臭いをかいでそれがリーナじゃない事を確認。
って前から思ってたけど、これって実際臭いではありえない訳だから、何か違うものを嗅ぎ取ってるんですかねぇ。

「リーナ〜〜」とジュドーばりに呼びまくる(笑)アポロの声に、瞬間移動で現れるリーナ。
下半身の臭いをかいで本人と確認するのが笑えた(笑)
まあ、確かに一番臭うところではありますが。

そんでお姫様抱っこですよ。
首に腕回しててエロいですよ。

敵にプラーナを吸われてピンチな状態になったアポロは、リーナに「俺の血を吸え」と首を差し出し。
いや〜〜、吸血行為って性交渉と同じみたいな話がありますが、確かにこうして見るといやらしいですね。
その脇でギャグ顔しまくってるシルヴィアが面白すぎるぜ(笑)
あ〜〜、何かシルヴィアってこの間の事で完全にアポロを意識しちゃってるのね。

最後はリーナの力でパワーアップしたアクエリオンの十字架剣で勝利。
って、あ、ワザの名前が出なかったなり。

う〜〜ん、今回はリーナが合体シーンでエロくて良かったにゃ。
普段が大人しいだけにシルヴィアよりエロいっす。

しかしエンディングの絵、何あれ?
ギャグですか?

shibachi1 at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(7)

2005年07月12日

創聖のアクエリオン 第15話「初恋のアクエリオン」

ピエールに妹だぁ〜〜。
声からしてラブリーとみたね(by中原麻衣っちんぐ)
と思ったらホントに可愛かった。
うむ、良いことじゃ〜〜。
私は別に妹萌えではないが、可愛い女の子は大好きですからっ。

って、いきなり幼馴染の恋するあの子が兄貴と結婚ですよ。
いない間に取られちゃったのね。
酷いや兄さん。

そしたら何やら戦闘でやたらとハイテンションになってるし。
失恋したんで空元気出してるんでしょうかねぇ。
と思っていたら基地に戻った途端、暗〜〜くなってるし。
やっぱり失恋が原因?

ピエール「してぇ・・・誰かと・・・」

なるほどっ、欲求不満ってやつですねっ。
溜まりに溜まっているんですねっ。
だから合体してる時はハイテンションなんだ、なるほどっ(笑)
強烈下ネタ〜〜。

「ヤりてぇ」とかいいながらボールペンの本体とフタを出し入れしながら女の子見てるし。
こりゃヤバイですなぁ、と思っていると、どうやら合体依存症だそうで。
そうですか、あの気持ち良さが忘れられないのね。

そんな時に敵出現。
弱点が移動するというとんでもない二体でございますよ。
うむ、こういう敵ってのは両方一度に倒せば良いんですな。

次々とパイロットがやられていき、最後に二軍まで出すはめに陥った所でピエールが出撃〜〜。
「死ぬ前に一発ヤらしてくれ〜〜」という事で、ピエールは命をかけて最後の合体に挑むでありますよ(下品)

しかしせっかく念願の合体なのに、野郎ばっかとは可哀想に・・・
ホモ合体〜〜(笑)

野郎ばっかで燃え上がり、ドリブルドリブル〜〜。
宇宙までドリブルですよ〜〜。
冷静なシリウスまで燃えまくりで、トライアングル野郎燃え〜〜(笑)
いや〜〜、燃えますねぇ。

敵をぶっ飛ばし、堕ちた所に結婚式直前のあの子の姿が・・・
ガガーン。
ピエール、燃え尽きましたな・・・

この時指令が「倒れきる」だとか「支え」とか言ってるけど、要するに失恋を認めろって事ですね(笑)
失恋を認めて早く立ち直れってことですな。

「人」という字は人と人が支えあっているのじゃなくて、大地を踏みしめる人の姿であったか。
そして両手を伸ばして大人になるのだ〜〜。
ナイス解釈〜〜。

復活したピエールは燃え燃えで、というか失恋パワーを敵にぶつけて勝利。
うむ、振られ男の燃え話でありました。

あら? エンディング元に戻ってますねぇ。
あれは挿入歌ってことですか。
じゃあ、サントラに入るのかなぁ。
買おうと思ってたんで値段が高くなるのは嫌ですにょ。

って、次回予告でジュンが合体依存症になってて笑った(笑)

今のところ萌えキャラがいないから、取り合えずピエールの妹萌えってことで。
シルヴィアはイマイチ萌えないんすよねぇ。
エロいけど(笑)

shibachi1 at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年07月05日

創聖のアクエリオン 第14話「光る影」

夢を、夢を見ました。
夢の中の私は、アポロになっていました。

ガガ〜〜ン。

という訳で、何でだか知らないけどアポロの記憶を見ちゃったシルヴィアは、胸を寄せてお悩みです。

え? 胸寄せは余計だって?
何言ってるんですか、今回のポイントは胸ですよ、胸。
だってソフィアさんだってソファの上に胸乗せて強調してるじゃないですか。
僕の視線は胸に集中さっ(おぃ)

トーマ「一万二千年前、我らの後継者を授かるため、聖なる羽の交わりの相手として選ばれしアポロニアス・・・」

・・・(頭の中で咀嚼中)

何だってぇ〜〜!?

何を仰いまいた?
       ↑(動揺)
交わり? 後継者を授かる?

ホモ〜〜!
ホモカップルで後継者だぁ〜〜!

やっぱりあの二人はそうだったのね・・・
それならトーマさまの執着も分かるってもんです。
そうだよなぁ、一緒に子供を作ろうとまで思った相手を、どこの馬の骨とも分からない女に取られちゃぁ、そりゃ腹も立つ罠。

敵が出てきたので出動。
今回は麗花・ピエール・ジュンでござ〜〜い。
見えない敵が相手ってことで、念写使いのジュンがヘッドだぁ。

ジュン「やばすぎですぅ〜〜」

でも役立たず〜〜。
やばすぎです〜〜(笑)

皆が苦戦してる中、一人で何かを探しているアポロ。
どうやらバロンが頭に巻いてた布を見つけた模様。

そしたら何故かアポロニアスが久々にアポロに乗り移り〜〜。
気合入ってるアポロを見て、パイロットをアポロ・シルヴィア・シリウスに全とっかえだぁ〜〜。

そして久々に創聖合体〜〜。
って創聖合体は何か違うのか〜〜。
分からん〜〜(笑)

シルヴィア「もう、いきなり」

取り合えず今週のかかずエロボイス(笑)
あ、ソフィアと話してる時も「気持ちいい」の回想がありましたな。

そしたらいきなりアポロが消えた。
って、ただ見えないだけか。
でも皆には存在自体が無くなっている様に見えて大騒ぎ。

何やらシルヴィアが動揺しちゃって、お兄様にキツイ物言いを・・・
おおっ、反抗期だ反抗期。
シリウスが動揺してて笑えたですよ。

そうだよなぁ。
あれだけ自分に懐いてる妹に怒鳴られたんですからのぉ。
お兄ちゃんショ〜〜ク。

でもそこでアポロとの思い出を頭に浮かべたシルヴィアは、自分にとってのアポロを再確認・・・

流した涙と共にアポロの姿が復活だ〜〜。
そこで入る歌が〜〜。

♪出会えた〜〜、奇跡に〜〜♪
♪もう息が止まりそうだよ〜〜♪

うわ〜〜、ナイスな入れ方だ。
しかも歌詞がバッチリ合ってるし。
さすがマクロスの監督ですねぇ。
歌を使うのが上手いっすわ。
燃え燃え〜〜。
敵も一発処理でござんす。

って、エンディングの曲ですか。
うむ、前のより明るくていいですね。

何かだんだんアクエリオンが普通に面白くなってきてて良いですね。
こりゃ最終回なんか凄く盛り上がりそうで楽しみですわ。

shibachi1 at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(5)

2005年06月28日

創聖のアクエリオン 第13話「一万二千年のラブレター」

え〜〜、ホモのアップをバックにこのタイトルは如何なものかと・・・
森川声で笑ってるし(笑)

ホモデートの思い出を語られても・・・
森川声でラブラブな感じだし(笑)

「何かホモでヤダなぁ」と思っていたら、いきなりシリアスな展開になっております。
バロンが人間爆弾にされてるにょ〜〜。

助けるためには爆弾ごと結界の中に入れなければならないのですが、それで基地がやられちゃうと何やら人類はヤバイらしいそうな。

バロンと人類どっちを取る?
って、そんなの聞くまでも無し。
バロンに決まってるでしょう。
お馬鹿なアポロが人類全体なんかを気にする事はありえませんからねぇ。

そしたらピエールまで珍しくシリアスにバロンを助ける事を勧めてるし。
ああ、ピエールも友達を攫われてるのね。

指令まで「友を思わぬものはいらん」とか言って助ける事を認めているのがやっぱり燃える男ですなぁ。
こういう展開は好きですよ。
まあ、現実でやられたら最悪ですけどね(笑)

で、せっかくバロンを選んだというのに・・・
爆発で消えて無くなった・・・・

うわっ、馬鹿アニメなのに凄いシーンだ。
近年まれに見る酷いシーンですよ。

まあ、結界を消しちゃうほどの爆弾ですからねぇ。
無防備なバロンが消し飛んでも当然ですな。
灰が残ってるのが微妙に嫌。

怒り狂ったアポロは攻撃を開始する訳ですが、その隙にトーマ様は羽を取り戻しにGOでございます。
それを追ってアポロとシルヴィアも生身でGO。
でもしょせん生身、勝ち目はございません。
全然太刀打ちできずに蔦で絡め取られております。

トーマ様は、バロンの命をシリウスとシルヴィアの命で復活させるとかいう悪魔の取引をアポロに持ちかけ〜〜。
さすがねちっこいホモ、やることがえげつないです。
特にこの時の唇のアップが最悪にエロいですね(笑)

「こいつら人間じゃねぇのよ」(微妙に違います)などと言いつつ、トーマ様がシリウスとシルヴィアに触れたらあらビックリ。
二人の腕から羽が沢山溢れ出してくるにょ〜〜。

トーマ様は二人をアポロニアスとセリアンの子孫だとか言っとりますが、あれ? って事はアポロは?
アポロニアスの生まれ変わりじゃないのん?

そうか、アポロは転生したアポロニアスで、二人はただの子孫って事ですね。
なるほど、そう来ましたか。
シリウスは子孫ではあっても、魂はアポロに行ってるって事ですな。
だからシリウスにはアポロニアスの記憶が無い、と。
う〜〜む、微妙な関係だ。

そんな事が行なわれている外では、二人の代わりに麗花とつぐみがアクエリオンに乗り込んで戦いですよ。

うおおっ、燃える戦闘でありんす。
上半身は麗花で下半身はピエール。
ナイスな連携でございます。
こういう流れる様な描写は大好きですね。
突っ込んでって弓矢攻撃が最高でありました。

でも最後の必殺技のせいで大事な羽が消えてなくなってるし。
あ、これってやっぱり麗花が操縦してるからですか?
不幸を呼ぶ女というのは伊達じゃないのですな(笑)

って、羽の内容ってラブレターですか・・・
しかもホモの・・・
ホモレターってヤツですか?
そんなものを後生大事に守ってたのか・・・
嫌な話だ(笑)

今回はアポロがシリウスとシルヴィアの事を「仲間だ」と言ったり、バロンの事を平気な様に振舞っていて、最後に泣き叫んで夕日に突っ走って行く描写が良かったですな。

お馬鹿じゃなかったけど、かなり良い話でしたわい。
ホモがメインだったけど・・・

shibachi1 at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(9)

2005年06月21日

創聖のアクエリオン 第12話「琥珀の時」

作画が・・・
何か大事な回なんですけど宜しいのでしょうか。

琥珀に入った羽が発見され、何やらそれには堕天使たちの情報が入っているらしく、トーマさま堕天使一同は大騒ぎ。
どうやらトーマさま自らご出陣の様です。

一方アポロたちの方では、琥珀から羽を取り出してみるのですが、その瞬間シリウスとリーナが反応を示しております。
アポロは平気なのかい?
何かシリウスたちの過去世にでも関係ある情報なんですかねぇ。

とか思ってたら、アポロとシルヴィアも反応を示して二人の過去世の記憶が蘇っております。
どういうこっちゃい。

リーナはまあ、預言者って事だから関係なく反応したにしても、シリウスはどういう事なんでしょうなぁ。
何か凄く動揺してたけど。

アポロとシルヴィアの記憶は二人のラブラブ話(笑)
人間のセリアンに惚れたアポロニアスは堕天使族を裏切っていたのですな。
そのあまりのラブラブさに、正気に戻っても二人は何かいい雰囲気になっちょります。
このままくっついちまうのか?
でも過去世で恋人だったから現世でもってのはどうもなぁ。
好きになれんのよ。

しかしトーマさまはホモだねぇ。
セリアンの命を助ける代わりにアポロニアスの体を要求してるよ(おぃ)
うわっ、しかも次回予告でヤっちゃってるし〜〜(微妙な図だが)
あ〜〜、この作品ってホモ作品だったのね〜〜。

shibachi1 at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(6)

2005年06月14日

創聖のアクエリオン 第11話「水底のしあわせ」

シルヴィア「これもきっとあなた(麗花)の不幸のせいね」
って、おい、ちょっと引いちゃったよ。
いくらお兄さまを取られそうだからって、そりゃいけないよシルヴィア。
でもそれが女の性ってやつかも知れませんねぇ。

目の前を黒猫が横切ったことでショックを受ける麗花。
いやん黒猫は可愛いのよ。
幸せを呼ぶ猫なのよ。
ラブリーなのよ。
私は大好きなのよ。

雷がドカーンと鳴って、シリウスに抱きつくシルヴィア
あ〜〜、ホントは苦手じゃないだろ。
確実に利用してますな。
しかし、年頃の妹と寝るのに動揺しないお兄様はさすがです。
相手にされてないよシルヴィア(悲し〜〜)

何か不幸に浸りまくりの麗花は家出でございます。
でも不幸ってのは、本人がそう思えばどんな状態であろうとそうなので、どこに行こうが何をしようが逃れられないのですけどね。
唯一の解決策は前向きになること。
まあ、それができないから不幸なのですが。

神話獣が出現って事で、麗花無しで出撃〜〜。
でもその場所は、何と麗花の居る所だったりして。
さすが妙な運命を持つ女だけの事はございます(敢えて不幸とは言わず)

アクエリオンは合体を妨害され、パイロットも身動きが取れない状態に。
それを見ている麗花は不幸ワールドを全開であります。
でも「不幸不幸」と言っているのをアポロに馬鹿にされ、麗花はキレちゃったりなんかして。
「不幸を馬鹿にするな!」って感じでしょうか(笑)

麗花「この不幸、とことん極めてみせる」
って、意味不明だよ・・・

シリウスの代わりにベクターに乗り込んで合体ですよ。
そしたらアポロとシルヴィアの金縛り状態が回復したんですが、これって麗花が吸い取ったんですか?

シルヴィア「嫌〜〜、気持ち悪〜〜い」

わ〜〜ん、エロくないよぉ、寂しいよぉ。
毎回シルヴィアのエロボイスが楽しみなのにぃ〜〜。

うっわぁっ〜〜、アクエリオンが邪悪な波動に包まれてますぜぇ(笑)
このまま悪の世界へ一直線って感じですな。

麗花「私に集まる痛みを悲しみをアクエリオンの力に」
嫌なモノを力にするなぁ(笑)

麗花「思い知れ、必殺不幸のどん底」
「不幸最低拳」
何が必殺なんだ〜〜。
凄いネーミングだ〜〜。
最悪だ〜〜。
馬鹿だ〜〜、馬鹿だ〜〜、馬鹿すぎる〜〜(笑)

しかし麗花のは「不幸になる」っていうより、他人の悪運やらマイナスなモノを吸い取っちゃってる感じがしますな。
そんでホントはそれを昇華できるとか。
今回、アクエリオンの邪悪な感じがまともになった変化はそういう風に見えました。

何にせよ、やはり戦闘が馬鹿だと面白いですね、この作品は。
まあ、それくらいしか見せ場が無いんですけど。

shibachi1 at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年06月07日

創聖のアクエリオン 第10話「空に星、地に花」

野郎三人で合体だ〜〜。
合体シーンが変な意味で楽しい〜〜。

今回は、シルヴィアが戦闘中に負傷したためおかしくなっちゃったお兄ちゃんの話。
普段はそっけないのに、やっぱり妹が大事なのねシリウスは。
本気で怒ってたもんなぁ。

それでまあ、なかなか戦闘が上手くいかない訳ですが、結局自分もまだまだ未熟だと悟ったシリウスが、上手くアポロをのせて勝利、といった感じですか。

特に面白くは無かったかな。
やはり間抜けな戦闘が無いと盛り上がらないんですよ、アクエリオンは(笑)
それにかかず姐さんのエロボイスも無いしのぉ(ショボン)

追記:アポロをのせたんじゃなくて、偶然だった様ですな。
そこに敵がいたから、それぞれ勝手に攻撃した、と。

それでもシリウスは、アポロを認めてるみたいだからいい感じです。
成長的にはシリウスの方が良く描かれている様な気がしますね。
まあ、アポロは仲間として馴染んでいく方が先だからしょうがないか。

shibachi1 at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年05月31日

創聖のアクエリオン 第9話「夢のかよひじ」

「坊やおいで」
美人のお姉さんに誘われたらそりゃ行くわ。
俺だって行くさ。
行かないやつなんかいないだろ。

という訳で(どういう訳?)今回は夢のお話。
夢の中にいる敵なのですな。

まあ、夢だから攻撃しても上手くいかず、皆が囚われてしまってピンチに。
あれですね、精神が無防備状態になるからスタンドも出せないってヤツですね(笑)

ピエールの夢はいいのぉ。
ハーレムですか。
こういう夢を見たいものです。
麗花は夢の中でも不幸でホント不幸(笑)

お馬鹿であるため助かったらしい(笑)アポロ、ピエール、そして不眠症で助かったクロエで、今度はアクエリオンのコクピットで居眠りであります。
うむ、上手い方法だ。
寝る前にスタンドを出しておけば、夢の中にもスタンドを持ち込めるってヤツですな(笑)

しかしアポロが皆を助け様と張り切るのには驚きましたね。
もうかなり愛着持ってますなぁ。

上手く夢の中にアクエリオンを呼び出して合体するも、触手系の神話獣であるお姉さんのいやらしい攻撃を食らってピンチに(笑)
そうです、触手には勝てません。
触手は最高です。
ああ、どうせなら女性キャラ3人にすれば良いのにねぇ。
それでやはり喘ぎ声を・・・
っていうかこの作品、合体の時にやってますな(笑)

そんなピンチにやはり脇役では駄目なのか(笑)クロエさんはあっさりシルヴィアと交代です(可哀想)

シルヴィア「シルヴィアいきま〜〜す(ゴンっ)」

何するのかと思ったら、頭を叩きつけて気絶しております(笑)
気絶するほどの衝撃って一体・・・
って、そういや馬鹿力でしたな(笑)

シルヴィアメインって事で、再び合体〜〜。

シルヴィア「んはぁっ、もう、夢みた〜〜い」

今週もお楽しみかかずエロボイス(笑)
うむ、やはりかかず姐さんは最強ですな。

「月を通せば攻撃が当たる」というシリウスのアドバイスに従い、シルヴィアは地面を割いて、そこに弓矢攻撃〜〜。
お、ここでアポロがシルヴィアに協力だぁ。
そうか、命中率悪いもんねシルヴィア(笑)
この協力が凄く自然で、何かホント仲良くなってる感じですねぇ。

そして必殺の弓矢〜〜。

大地割りそそり立つ姿は正義の証〜〜。
伝説の巨人の力は夢を切り裂く〜〜。
雄たけびが電光石火の一撃を呼ぶのだ〜〜。

てな訳で(笑)空から物凄い数の弓矢が降り注いで神話獣をやっつけであります。
相変わらず極端な技ですねぇ。
っていうか、何でシリウスの知ってた詩で上手くいくのじゃろ?
謎です。

最後は夢から戻れなくなったのを呼び戻すのに「孫くんご飯よ〜〜」って事で。
やはり動物は飯で釣るのが基本ですな(笑)

shibachi1 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(6)

2005年05月24日

創聖のアクエリオン 第8話「はじめてのがったい」

エロトーク。
この番組を初めて見る人にはそう聞こえるでしょうな。
ホントは合体感についてなのですけど・・・
ってまあ、快感について話してるんだからエロトークでいいのか(笑)

しかし快感のためだけに合体したがるつぐみって・・・
戦うことを考えてないところが凄いっす。

つぐみは何だか知らんが己の能力(爆発)を嫌がってる様で出撃拒否。
っていうか、どういう能力か把握してないのにパイロットに選ばれてるってのは何でなんでしょ?
特殊能力者が選ばれてるんじゃないのかに?

何か攻撃通用しないのって、ジュンが上手く合体できてない様に思えちゃったんですけど。
だって、幽霊状態になってないんだもんなぁ。
だから「あ〜〜あ、ジュンじゃ駄目じゃん」と思っちゃった訳ですが、違うんですかね。
他に理由があるのかな?

つぐみメインの合体でもやっぱり幽霊化しなかったんで、やっぱりあれは同調というか相性とかそういうのがあるんですかねぇ。
何か幽霊化してないと能力が低そうに見えるんですけど。

今回は後ろ向きなつぐみの話だったんでつまらなかったかな。
戦闘もあんまり。
司令の言動もイマイチだったし。
次週に期待。

shibachi1 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年05月17日

創聖のアクエリオン 第7話「深紅の薔薇の騎士」

負の心的エネルギーを操る敵の登場で大変な事に。

今回はアポロ、シリウス、シルヴィアの組み合わせなのですが、皆してギャアギャア言ってて面白いっす。
しかも合体して争うからアクエリオンが間抜けな状態に(笑)

剣を体に刺しつつ、手で頭を引きちぎろうとしてるんだもんなぁ。
まあ、一つの体に三人ですからねぇ。
仲が悪くなればそうなりますな(笑)

おかしくなっちゃったシリウスを、麗花が心の矢で射抜きますですよ。
う〜〜む、凄い長距離なのに届いてるのはおかしくません?
基地からですからねぇ。
それとも通信装置を利用すれば楽に届くって事なのかな?
まあ、分からない理屈ですし、そうなんだと思っておきましょう。

そしたらシリウスが正気に戻った〜〜。
うむ、何だかんだ言ってもこの二人はくっつきそうですな。
兄ちゃんの性格が悪すぎるけど(笑)
それがだんだん癒されていくんですかねぇ。

何とか一人だけ正気に戻ったシリウスが皆を正気にするのかと思いきや、そこで司令のお言葉が・・・

不動「(嫉妬は)すなわちエネルギー。それを抱えて生きろアクエリオン」

ええ〜〜? これを利用しろと言うんでぃすか〜〜?
この状態を利用・・・

アポロ「俺がヘッドだぁ〜〜!」
シルヴィア「お兄さまぁ〜〜!」
ギャアギャアギャアギャア・・・

・・・

凄く見苦しい状態なんですけど(笑)
だけどシリウスは無理やり二人を引っ張って大回転。

シリウス「嫉妬よ、我らに力を」(って、おい・・・)

「嫉妬変性剣」炸裂。

凄い名前だ・・・(笑)
ロボットアニメ史上、負の感情を武器にして勝つのは初めてなんじゃなかろうか。
普通はそこから立ち直ってやっつけるものですからねぇ。
いやはや凄い作品だ・・・

あ、今回はエロかかずボイスがないじゃないか〜〜。
何てこったぁ〜〜。
いやいや、そういや「いや〜〜」と叫びまくってましたな。
あれもエロってことで。

shibachi1 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(5)

2005年05月10日

創聖のアクエリオン 第6話「想い彼方へ」

シリウスが自分に陶酔しているところ(笑)に現れる麗花。
お、前回の「罠よけ」について文句言うのか?
と思いきや、全然気にしてない様ですな。
そしたらシリウスがちゃんと謝ってら。

しかし麗花は気にしてないってのか罠よけを。
何てできた娘や。
っていうか、シリウスに惚れてるからなのかなぁ。
あれですよ、好きな人には何をされても耐えちゃうタイプ?

今回の修行はイメージトレーニング。
遠くにいる人を振り向かせるんですな。

でも皆なかなかオーラが届かずに苦戦。
アポロはオーラの量は凄いんだけど、集中してないのであります。
「水鉄砲は穴が小さい方が遠くに飛ぶんだ、ジョジョ」って感じですか。

毎週敵を出さなきゃいけないと言わんばかりに敵が出現(笑)
今回はアポロ・シルヴィア・シリウスの組み合わせですな。

逃げまくる敵だもんで、修行の成果を見せますぞと、シリウスの必殺伸びる剣だ〜〜。
でも相手が逃げればそれまでよ。

麗花の「あの時私のハートを射抜いたあなた(シリウス)の心の矢なら(届く)」という(大笑いな)言葉で、今度はシルヴィアの弓矢攻撃(シリウス補助)
でも横にかわされればそれまでよ。

最後にアポロの番ですが、そこで何と二人に頼むんですよ。力を貸してくれと。
あらビックリ。
だんだん親しみを持ってきたって事ですかねぇ。

って、アクエリオンって腕が伸びるのかよ。
ロケットパンチもビックリだ(笑)
そんで何とか敵にパンチをぶつけるのですが、やっつけるまでには至らず。

そこでシリウス兄ちゃん、司令の言葉を思い出し、アポロに「空の彼方までぶち抜け」と仰る。
それにのったアポロはやってるぜとばかりに、無限パ〜〜〜ンチ!

伸びる伸びる、如意棒のごとく伸びる伸びる。
敵を月面まで叩きつけてやっつけですよ。
もう大笑い(笑)
こんなに腕の伸びるロボット初めてや。

いや〜〜、何か最近話が停滞していて「1話の頃の面白燃え具合がないのぉ」などとガックリきていたのですが、それを綺麗さっぱり払拭して下さいました。
さすが「マクロス7」を作った監督や。
馬鹿すぎる〜〜。
歌で山を動かすのに近い感覚だったばい。

しかし今回はシルヴィアのエロヴォイス大特集ですね。
「うはぁ、何かいぃ」
「もっといぃ」
「凄い、もうクラクラ」
萌え萌えすぎて、しずかちゃんもビックリだ。

shibachi1 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2005年05月03日

創聖のアクエリオン 第5話「地下迷宮の王」

う〜〜ん、今回は特に見るとこ無しかな。
メインの話も面白くないし、戦闘もなぁ。

あ、シリウスが麗花に惚れてるっぽいこと言っといて、実は罠よけにしてたって所だけは面白かったかな。

あと麗花の不幸ネタも出てたけど、ああいうのは嫌いなんであまり笑えません。
考え方が後ろ向きなんでわたしゃ好かんのよ。

shibachi1 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年04月26日

創聖のアクエリオン 第4話「はだしの戦士」

いきなり尻からですか。
何かと思ったら動くフィギュア。
声が出るのは現実にもあるのだがのぅ。
動く様になるにはまだ数年かかるでしょうな。
表情の変化なんかもっと先になりそうだし。
って、別にどうでもいいのですが(笑)

人の直感とは得てして的を得ているのですな。
アポロって名前は、バロンが「太陽みたいなヤツ」ってんで付けたんですねぇ。
ま、確かに熱い野郎ではありますが。

あ、トーマさまトップじゃないんだ。
組織の幹部その1が彼の正体。
何か最後にいいモンとして死にそうな予感もしますな。
何しろアポロを愛してますし。

今回は裸足で訓練。
何故か知らんが司令は足占いができる様で。
でもシルヴィアの「ブラコンのため未だに恋人不在」ってのは誰でも分かるわな(笑)

うわ、麗花は視姦されてるで。
相変わらずすぐ倒れる人ですねぇ。
面白キャラですか、もしかして(笑)

しかし裸足って何かエロいですな。
結構萌えポイントかも。

うおっ、ピエール覗きだよ覗き。
って、視聴者にはサービス無しですか・・・
酷いよそんにゃの〜〜。

おお、今回の出撃はピエールがメインじゃん。
以前の乗れさえしなかった状態が嘘の様。
って、すぐに駄目になってるのがお茶目だけど(笑)

んで、アポロにチェンジで、お約束の合体シーン。
シルヴィア「ちょっといいかも〜〜」
・・・ハマりつつある様で(笑)

四つんばいだ〜〜。
本性発揮〜〜(笑)
いつもそうやって攻撃してるしのぉ。

今回はどうやらアクエリオンが立つまでの話みたいですね。
今まで立つだけなら散々立ってたけど、要するに使いこなすための段階って事なんでしょうな。

しかし、都合良く裸足の教訓を生かせる敵でしたが、もしかしてどういう敵が出てくるのか分かってるんですかねぇ、司令は。

あ、よく考えると今回のパイロットは馬鹿ばっかだ(笑)
無様をやらせるためにそうしたんでしょうな、きっと。
シリウスだったら途中で嫌になってるでしょうし。


shibachi1 at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年04月19日

創聖のアクエリオン 第3話「エレメントスクール」

巨乳姉ちゃん登場だ。
うむ、いきなり胸を強調だね。
胸をよせてるよこの娘。
サービスサービス。

相変わらずアポロは動きが良いですね。
シルヴィアの脚を持って逆さ釣りするなんてホント動きが良いですね(意味不明)

という訳で、新キャラ二人(もう一人はハッカー少年)を加えてみんなで操縦訓練。
でも過去世が出てないアポロは全然駄目。

ところがシルヴィアと情熱の部分で共鳴しているそうな。
さすが過去世での恋人ですねぇ。
っていうか、まあ、ああいう関係って何かあるとラブラブになったりしますしね。
今回キスしちゃったし。

ピエール「嫌よ嫌よも好きのうちってかぁ?」

まさにその通りですな(笑)

エロエロお姉さんの誘惑(笑)
アポロから色々聞き出してるお姉さんが良いですよ。
あんな風に顔近づけられたら惚れちゃいますよ。
リビドー持て余しますよ。
どうにかしてくださいよ。

敵が出現ってことで、シルヴィアの乗る機体に強引に乗り込んじゃうアポロ。
合体するのに四人でもいいんすかこれ。
何か体とか魂も一体化する様な設定だったと思うんですけど・・・
関係ないのかな?

麗花は弱点を見つける能力があるみたいですね。
でもそのせいで、魍魎の様なものも見えちゃうんで、デリケートな彼女には耐えられない模様。
またぶっ倒れております。

そこで我らがピエールの出番だ。
おおっ、最終回まで乗れないものだとばかり思っていたのに(ヒデェ)3話目でもう乗るとは。
さすがサッカー野郎だぜ(意味不明)

攻撃を受けて混乱するシルヴィアを落ち着かせるアポロ。
何だか知らんが、仲良くなってますね。
ちょっと微妙な展開ですな・・・

今回の合体ではエロかかずボイス無しですか・・・
つまらんのぉ。
それだけが楽しみなのに。

必殺剣で敵を倒して万々歳ってところで、何やら敵の死体(?)を持ってかれて残念がる一同。
う〜〜む、何が問題なんでしょうか?
説明がないので分かりません。

せっかくアポロという視聴者同様に無知な主人公なんだから、解説して欲しいもんですねぇ。

shibachi1 at 21:33|PermalinkComments(2)TrackBack(3)

2005年04月12日

創聖のアクエリオン 第2話「闇の獣」

嘘ぉ〜〜ん、またOPないんすかぁ〜〜。
楽しみにしてたにょに〜〜。

敵の大将らしいトーマさまが登場。
ホモっぽいと思ったら、やっぱり声は森川さんですか(笑)
熱血役はもうやらないんすかねぇ。
私のイメージとしてはずっとDボゥイなんですけど。

取調べを受けるアポロ。
後ろ手に手錠かけられてるのに、関節外して前に持ってきてるにょ〜〜。
凄い体だ。

そんで暴れ〜〜。

でも神速の魔術師には敵いません。
ボコボコに・・・
このオッサン、ホント何もんや。

前回の合体を回想する兄妹。

シルヴィア「ねぇ、お兄さまはどんな気持ちだった? 初めての合体」
シリウス「来るべき新世界の予感。一万本の白いバラに包まれて、愛しき人と朝を迎える」
シリウス「うほぁっ」
シルヴィア「気持ちいい」

・・・なんて、エロいんだ(笑)
かかず姐さんに言われると、果てしなくエロいっす。
しかしお兄さまを見てると常に赤いのね、顔が。

サッカー野郎ピエールとシリウスの対決。
お兄さま、投げキッスが技かよ〜〜。
なんちゅう面白いお兄さまだ(笑)
カッコ良すぎるぜ。

牢屋に入れられたアポロは、リーナに餌付けされ。
うむ、やはり獣をしつけるには飴とムチですな。

敵が出てきて何故か動揺し出したアポロの首に、いきなり口を付けるリーナ。
何してるのかと思ったら・・・

吸血鬼かよ〜〜。
血ぃ吸っとるで〜〜。
もう何でもありですな。

そしたらアポロが変身だぁ。
何やら過去世の人格に乗っ取られてるみたいですねぇ。
・・・こういうのってなぁ。
好きじゃないんですよねぇ。

過去世の人格に乗っ取られたアポロは、戦うためにアクエリオンに乗り込み。
って、瞬間移動で乗り換えですか。
凄い技術ですねぇ。

んで、再び創聖合体。

シルヴィア「もうっ、きっくぅ」(裸で頬を赤くして)

やっぱりエロいっすかかず姐さん。
もう毎回出るんですね。
っていうか、これが見所?(笑)

ザコをあっさり倒すのですが、そこでトーマさまが魂だけ移動してアポロに接触。
そしたら何やらアポロが恐怖してますですよ。
何か過去世であったらしいですねぇ。

あ〜〜、こういうのが嫌だから気に食わないんですよね、前世モノって。
何だか分からない上に、実際のキャラとは別人格、つまり別人だから面白くないんすよ。
いざって時の補佐的役割ならいいんですけどね。
まだ話が進んでもいないうちから全面に出て来られちゃうとつまらんす。

今回気になった一言。

ピエール「だから俺を乗せろって」

きっと彼は最終回まで乗れないに違いない(ひでぇ)

次回予告・・・
アポロがシルヴィアの脚を持って逆さ釣り(笑)
さすが獣、やる事が違うぜ。

shibachi1 at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年04月05日

創聖のアクエリオン 第1話「天翅の記憶」

面白いっ。
ちょっとお洒落っぽい印象があったので、熱血ロボ好きの私的には駄目かと思ってたんですが、さすが河森監督です。
面白いっすよ〜〜。

前世がどうこう出てきて、そういうのが好きじゃない私は「うげっ」と思った訳ですが、そんなの吹き飛ばすテンションじゃないですか〜〜。
ま、よく考えりゃあの「マクロス7」を作った監督ですからねぇ、面白くて当然ですか。

いきなり主人公犬かよ(笑)
地面の臭い嗅いで食い物発見するし、ネズミ生食いしてるし。
でも警察ロボをカッチョ良くやっつけてるのがいいですねぇ。
性格的にも自分のやりたい事に突っ走るって感じで、バサラ的で私の好み。
主人公はこうじゃないとねぇ。
悩んでる主人公なんか駄目っすよ。

おお、燃える脚に念力少女だぁ。
「念力ぃ」ってのは今時のアニメにしてはストレートすぎですよ(笑)
趣味ですな。

お洒落っぽいくせに、何だか昔懐かしのロボアニメの感じがそこかしこに感じられて良いですね。
敵らしいオバサンは目がいきなり四つに増えるところとか、永井豪的ですしねぇ。

うわ〜〜、戦闘機の動きがスゲェカッコいい。
バルキリーだバルキリー。

「美しくない」とかいう己の美学で上官の作戦に文句つける兄ちゃん最高(笑)
こういう変な役がいないとねぇ、面白くないっすよ。

合体がVトゥギャザーだし〜〜。
でも合体の合言葉がカッコ悪い〜〜(笑)
でもエロい〜〜。
みんな快感に声を震わせてるのが笑える〜〜(笑)
こりゃ必ず女の子はいないといけませんね。

カッコいいオッサンだぁ〜〜。
高速で動いて銃を奪って矢に変えてるぜ〜〜。
神速の魔術師〜〜。

妙なウンチクを話してるぞ〜〜。
三本の矢か〜〜。

何か真面目な話なのに馬鹿っぽい(笑)
でもカッコいい。
お洒落馬鹿っぽいぞ〜〜。

主人公、突然の暴走。
勝手にロボに乗ってるよ〜〜。

謎の声を聞いて最強合体だ〜〜。
主題歌がかかった〜〜。
かかず姐さんの「気持ちいい〜〜」って声が〜〜。
もう燃え萌え〜〜(笑)

「これぞ創聖合体」
オッサン渋いぜぇ。

いやぁ、内容濃いですねぇ。
まさか主人公がロボに乗って、しかも敵を倒すところまでやるとは思いませんでしたよ。

とにかく面白いの一言。
敵が何だか訳分からないし、謎の単語も多いですが、見せ方が上手いとこうも違うのか。
エヴァ以降、表面ばかりを真似した、設定ばかり凝ってお話がない作品が無茶苦茶増えましたが、この作品はそういう意味で「エヴァ」以来の当たりかも。
河森監督だから安心感があるし〜〜。
次回が楽しみです。

shibachi1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ