戦国妖弧

戦国妖狐 14巻
戦国妖狐 13巻
戦国妖狐 12巻
戦国妖狐 11巻
戦国妖狐 10巻
戦国妖狐 9巻
戦国妖狐 8巻
戦国妖狐 7巻
戦国妖狐 6巻
戦国妖狐 5巻
戦国妖狐 4巻
戦国妖狐 3巻
戦国妖狐 2巻
戦国妖狐 1巻

2015年02月13日

戦国妖狐 14巻


戦国妖狐 14

ついに灼岩を助け出す事に成功。

真介が幽界干渉使えるとは思いませんでした。
って、千夜に色々教えたのは真介なんだから当然ですけど。
何気に凄くなってますからのぉ。

でも何やら花寅との間に取引があったようで、こりゃ魂をやる契約を結んだんですかね。
まあ、切羽詰まっていたから仕方ないですが。

人間形態になる万象王。
神雲と同じく敵に操られつつも、己の意思を通す強さがあるようで、攻撃せずに神雲と道錬の戦いを観戦しております。

それに突っかかるムドですが、軽くあしらわれている状態。
万象王は花寅すらも驚愕する力の持ち主ですから、こりゃしょうがないな、と。

神雲と道錬の戦いにも決着つき、勝者は道錬。
まあ、そうじゃなきゃいかんでしょうが、二人ともボロボロなのでどちらも死んでもおかしくない感じですな。

万象王はこの後どう動くのか。
それによったら地獄ですよ。
まあ、敵の言うことを聞きそうもないので大丈夫かも知れませんけど。

あ〜〜、今回萌えがない。
女性陣は活躍しているけど、特に良い萌えポイントが無かった。

オッサン臭いぞ〜〜。
表紙からして〜〜(笑)

たま姉ちゃんのエッチな様子とか、月湖のエッチな様子とか、花寅のエッチな様子とか、そういうのやってくれよん。
って、戦闘中に何を求めているのやら。

shibachi1 at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年08月13日

戦国妖狐 13巻


戦国妖狐 13

「灼岩も、岩の里の皆も、おれが助けてきてやる!!」

真介かっちょええ。
相変わらず頼りになる男だぜ。

ある意味千夜よりも頼りになるからなぁ。
精神的な強さでは一番なんじゃないかと思えますよ。

千夜に惚れた女がまた一人。
雪女とはベタですねぇ。
でも抱き付かれると凍えます(笑)
彼女の恋は大変そうだ。

猫又の精神攻撃が素敵過ぎ。
おっぱいを見せるとは、何と嬉しいことか。

ただそういうのに慣れていないらしい道錬にはダメージが。
出血であります。
もちろん鼻血(笑)

まあ、坊さんですしな。
そうでなくても体鍛えることしかしてなさそうだから、女体の神秘を見せられてはたまらんでしょう。
何とも初々しい反応に微笑ましくなってしまった。

無の民は神雲に千夜と戦うよう命じますが、神雲はこれは無視。
勝手に道錬と戦い出しております。

実はこの二人、幼馴染みで、昔から張り合っていたようですな。
ゆえに戦うのならば道錬とってことになるのでしょう。
バトル馬鹿ですわ。

追い詰められた千夜が成るは千手観音。
全てを救うものになると決意ですよ。

まあ、殺すのが嫌な想いの究極は、全てを救うって事ですからね。
でもそうなると、敵の連中も救わないといけなくなる訳ですが、さてどうするのですかな。

復活した灼岩ですが、操られているためたま姉ちゃんを攻撃です。
ピンチのたま姉ちゃんを救うは、我らが真介ですよ。
真の主人公たる真介です。

さて、真介は灼岩を元に戻すことが出来るのか。
期待して次巻を待ちたいと思いまする。

shibachi1 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月24日

戦国妖狐 12巻


戦国妖狐(12)


今回は、サービスシーンが無ぇっ。
何と悲しいことかいな。

まあ、ところどころ月湖や山の神のおっぱいで楽しめたから良いですけど。
ふむ、巨乳は服を着ていても刺激的なのでやはり良いです。

神雲に対抗するために、千夜と道連、ムドが協力状態に。
おおっ、何か凄い面子だ。
普通なら最強状態なんですけど、相手が相手だけにまだ不安ですねぇ。

ムドが道連に弟子入りしたいきさつが描かれてましたが、実に分かりやすい感じで良かったですわ。

最初は剣豪相手に弟子入りしようとしてたみたいですが、どうにも合わず。
それも当然で、剣の道って内へ内へ入る感じだから、外へ吐き出すタイプのムドには合わないでしょうから。

その点道錬ならピッタリ。
まさに相性的に完璧です。
何とも良い感じの師弟コンビになっていて笑えましたわ。

真介も凄い偶然で自由を手に入れて久々の復活。
灼岩もついに復活ってことで、何か楽しくなってきましたねぇ。

shibachi1 at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月10日

戦国妖狐 11巻


戦国妖狐 11


山の神の姉設定キタ〜〜。

そして繰り広げられる姉から弟へのお仕置き。
ああっ、素敵だ。
素敵すぎるぜ。

しかも悦ぶ弟。
うむ、良い感じだ。
これぞ姉弟なり(そうなのか)

始まる始まる親子喧嘩。
超絶強い千夜と神雲の戦いなんで凄いことになっております。

そんな所へ現れる無の民。
心の弱いところを突かれて神雲がやつらの手下に。
何てことだ〜〜。

しかも山の神すら退ける状態になってますよ。
これは強すぎでしょう。
いくら何でも凄すぎですわ。
一体どうなっているのやら。

最後に登場、ムドと道錬。
ムドが人間に弟子入りしたとか前に言ってましたが、まさか道錬だったとは。
ある意味最強の師弟ですな。
こりゃムドってばかなり強くなってそうですね。

取り敢えず今回の表紙は、月湖ってことで、オッパイオッパイ、太もも太もも〜〜。
実に素晴らしいものでござりました。

shibachi1 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月11日

戦国妖狐 10巻


戦国妖狐 10


8年経過でございます。

そうなると千夜と月湖も大きくなっておりまして・・・
大きくなっておりまして・・・
大きくなって・・・

・・・

うおおぉっ、月湖が性徴しとるぅ〜〜。
オッパイがおっきくなっとるぅ〜〜。
おっきいぞおっきいぞおっきいぞぉ〜〜。

何という大きさになりやがりましたかこのお嬢さんは。
この大きさには凄まじいものがありますよ。

一気に魅力がアップですな。
オッパイの効果は恐ろしすぎるわ(お前が駄目なんだ)

早速その大きさを生かしたエピソードが発動。
エロい爺さんに「オッパイ揉ませろ〜〜」なこと言われて、妄想が炸裂です。
妄想で揉まれとります。

そら揉みたいよなぁ。
俺も揉みてぇ〜〜。

肩出しな服装も素敵すぎです。
こういうのってオッパイが映えるのよね。
肩肩〜〜。

太ももも見えるしのぉ。
何てエロい恰好をしとるのじゃこのお嬢さんは。
必殺お色気剣法ですかい(笑)

確かに戦いになったら負けるな。
この爺さんのように(笑)

んでたま姉ちゃんもようやくメインに復活です。
やはり可愛い。
たまらなく可愛い。
たま姉ちゃんだけにたまらん可愛さがありますわ。

萌えキャラ二人が揃ったということで、一気に水着と入浴だぁ〜〜。
海で遊び、温泉につかる。
オッパイオッパイ〜〜。

やはり月湖の方がおっきいですね。
これは凄い。

だがたま姉ちゃんのも程よい大きさで良いのだ。
こういう大きさも私は好きだ。
オッパイなら好きだ。

話的には、どうやらこのシリーズは、迅火と千夜の対決を描くみたいですね。
暴走しまくりの迅火をどう千夜が抑えるのか。
楽しみでありますよ。

shibachi1 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月11日

戦国妖狐 9巻


戦国妖狐 9

記憶を取り戻した千夜が、ムドとどう戦うかという事で至った結論は、遊び。

戦争では殺し合うしかないけれど、戦うだけなら遊びに出来る。
確かにムドは殺しがしたいんじゃなく、戦いたい、強くなりたい、というバトルマニアですからね。
別に殺すまでやる必要は無い訳ですよ。

互いに満足するまで戦い合って、飽きたらそこでお終い。
また戦いたくなったら戦えばいい。

義輝の導きによって至った結論は、そうした笑顔のある戦いの遊びな訳ですな。
殺し合わずにはいられない間柄であるなら仕方ないですが、そうでないなら遊びで戦えばいい。
遊びなら笑っていられる。
笑いこそが強さの証。

いや〜〜、何ともいいですね。
いい感じで少年漫画してますわ。

一方、殺し合いをしなければならない義輝は、凄まじい強さで殺しまくり。
ホント強い。
何とも強い。
これで生きるつもりが無いってんだから参っちゃいますね。

その美しいばかりの強さに、華寅さまが欲情してますよ。
エロいっすよ。
まあ、この神さま、ずっと裸なんでその時点でエロい訳ですが。
やっぱり神さまってのはこうしてエロいと素敵です。

んでたま姉ちゃんも最後に出た〜〜。
たま姉ちゃんも素敵なり〜〜。
これでこの巻は満足だ〜〜。
バンザ〜〜イ。

shibachi1 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月22日

戦国妖狐 8巻


戦国妖狐 8

たま姉ちゃんが出た〜〜。
たま姉ちゃんだぁ〜〜。
少し大きくなってエロスな要素が高まったたま姉ちゃんだぁ〜〜。

裾が短い服だから太ももがぁ〜〜。
絶対領域がぁ〜〜。
最高だぁ〜〜。

四つんばいになった際のお尻もイイっ。
エロ〜〜スっ。

だらけた感じで座っている姿も素敵素敵。
たまらんです。

ムドから逃げる時にオッパイもちょっと見えた〜〜。
膨らみがぁ〜〜。

ふ〜〜。
いかんなぁ、たま姉ちゃんはこの容姿になってから魅力が溢れまくりですよ。
益々惚れたなり。

だが真介達と別れてしまったので、出番が無くなった〜〜。
何てこったい〜〜。

などと嘆いていたら、素敵な土地神さまの登場だぁ〜〜。
スッポンポ〜〜ン。
バンザ〜〜イ。

少女な体型だからたまらんですたい。
オッパイボインな山神さまも素敵だが、微かな膨らみの華寅さまも素晴らしい。
おおぅっ、何と嬉しい作品であろうか。

などと興奮しまくりで素敵な巻でありました。
んで話的には修行モード状態。

真介が他人に指導出来るほどに色々な知識を身に付けてたので驚きましたわ。
ホント凄い成長ぶりですねぇ。
1巻の頃とは偉い違いですよ。
素晴らしい事であります。

新キャラの義輝は、色々な意味で凄い人物なんで面白かったり。
理想的な事を述べつつも、それが現実では無理だと言っちゃう辺りが何とも冷めた思考の持ち主って感じですな。

千夜も修行を始めた訳ですが、これが今後どうなっていくのか。
次巻を楽しみにしたいと思いまする。

っていうか、たま姉ちゃんをまた出してくれ〜〜。

shibachi1 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月14日

戦国妖狐 7巻


戦国妖狐(7)

この巻から新章突入ということで、主人公が変わっております。
敵だった千夜が記憶を失い、真介と一緒に旅をしていくのですよ。

千夜は記憶を失ったせいで、己の力に対して嫌悪感を抱き、戦いを拒否していく訳ですが、千夜の立場からすると、それはかなり難しいみたいなんですよね。
何やら千夜の力を狙ってくる存在がいるみたいなので。

そんな相手にどう対処していくのか。
実際、力で対抗するしかない状況になっているので、ホントどうするんじゃろって感じですわ。

ヒロインも新しいお嬢さんが登場して、これがまたなかなか可愛いので良いですね。
たま姉ちゃんと違って大人しいですが、実は結構頑固なところがあったりするのが可愛いのですな。
何やら剣の才能があるみたいですし、これからの成長が楽しみでありますわ。

真介も経験を積んだ大人として千夜を見守る立場になっていてカッコいいっす。
ホント第1巻の頃のへっぽこぶりが嘘のようにカッコ良くなってますんでねぇ。

とはいえ、今回まともに活躍しているシーンが無かったような気も(笑)
次巻では活躍出来るといいですなぁ。

てな感じで、新しい展開を面白く読んでいた訳ですが、そうは言ってもやはりたま姉ちゃんが出ないのは寂しいです。
何しろ私がこの作品を読み続ける気になったのはたま姉ちゃんゆえですから。
だからたま姉ちゃんが出ないと悲しいのですよ。

たま姉ちゃんは一体どうしているのか。
どこに居るのか。
早く再登場して欲しい。

などと思っていたら・・・
思っていたら・・・
思っていたら〜〜。

出たのです〜〜。
たま姉ちゃんが出たのら〜〜。
おっきくなったたま姉ちゃんが出たのですよぉ〜〜。

しかも裸っ、裸ですよっ。
真っ裸でいきなり登場ですわ。

前巻で気にしていたお胸の性徴ぶりもバッチリ把握出来る裸でありまする。
オッパイおっきくなってたぁ〜〜。
バンザ〜〜イ(馬鹿)

これなら真介達との合流もそう遠いことではないでしょう。
おっきくなったたま姉ちゃんの活躍が見られる日も近い。
ああっ、早くたま姉ちゃんの出番が増えろ〜〜。

そう願いつつ、次巻を待つのでありました。

shibachi1 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月30日

戦国妖狐 6巻


戦国妖狐(6)

真介の開眼が凄いです。

刀が悟ったような風に言っているけど、この刀の言葉は全て真介が作っている訳で、いわば真介のもう一つの心みたいなものでしょう。
そうなると真介の中に、仇討ちに染まった心とは別にああした心もある訳ですな。

普通の人でも天使と悪魔の葛藤みたいな心の揺れがある訳で、心ってのは一つじゃないんですよね。
表面に出やすい部分と、そうじゃない部分があったりして。

そういう事を考えると、真介の成長ってのが凄いですな。
1巻の頃が嘘のようですよ(笑)
いや〜、面白いですわ。

んで迅火はついに闇化したって事ですかね。
暴走しすぎて化け物的になっちゃってますけど。
あれで正気を取り戻せたらとんでもなく強いんじゃないかと思ってみたり。

それにしても「神を食べる」ってのはヤバいよなぁ。
個人的には「神を犯す」の方が好みだけど。
そういうのゾクゾクするんで(笑)

結局迅火はどうなってしまったのか。
そして謎の五人組は何なのか。
気になるところを残しつつ第一部完であります。

そして今回最大のポイントは〜〜。
たま姉ちゃんがおっきくなった事だぁ〜〜。

髪も伸びて美少女度が増しましたですことよ。
イヤン、素敵。

んでお胸は、お胸はどうなっているんでしょう。
やはり少し大きくなっているんでしょうか。
見たいっ、見たいぞぉ〜〜。
たま姉ちゃんのオッパイが見たい〜〜(馬鹿)

今後の話でたま姉ちゃんの裸が披露される事を期待しつつ、次巻を楽しみにするのでありました。

shibachi1 at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月12日

戦国妖狐 5巻


戦国妖狐(5)

ヒャッホ〜〜、たま姉ちゃん可愛いぞ〜〜。

迅火に抱きつかれて照れてるのが可愛いぞ〜〜。
血を吸われる時に恥ずかしがってるのが可愛いぞ〜〜。
やはりたま姉ちゃんは最高だぁ〜〜。

そんで結婚だ〜〜、結婚だ〜〜。
義姉弟で結婚だ〜〜。

何と素晴らしい展開でしょう。
読んでて良かった満足だ。
こういうのを待っていたのだぁ〜〜。

年上女房素敵すぎ。
100歳離れてても可愛いお姉ちゃん。
ああっ、何と素晴らしい展開か。

って、何か死亡フラグっぽくて困るけど(笑)

だって思い切り「この戦いが終わったら結婚するだ」だもんね。
ヤバい、ヤバいっすよ。
こりゃ迅火が死んで終わりかこの作品(笑)
魂食われる予定だしさ。
あり得すぎて怖いっす。

まあ、私的にはだ、たま姉ちゃんが健在ならば良いのだがね(ひでぇ)
いや、姉扱いしてくれる迅火が居ないと困りますが。

取り敢えず、たま姉ちゃんの母ちゃんはなかなかの美人さんでオッパイさんでしたので、たま姉ちゃんがこうなる姿を見てみたいところですな。
ちびっちゃいのも可愛いけど、おっきくなった姿も見たいです。

オッパイ神みたいに自由自在に変化しませんこと?
そうなる事に期待するのでありました。

shibachi1 at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月09日

戦国妖狐 4巻


戦国妖狐(4)

真介がおかしくなっとります。
かなりイっちゃってますね。

だがそのせいで何か強くなってますな。
怒り、憎しみ、己の不甲斐なさ、などなど色々な思いが混ざった結果として恐怖心が無くなったせいでしょう。
意識が一方向へ向いている訳ですよ。

そんな状態での魔剣とのやり取りが面白かったですね。
普通なら力を欲している時だと、自分を捨ててでも力を得ようとする訳ですが、真介は魔剣の方を従えちゃう訳ですわ。

確かに剣ってのは、自分だけじゃ何も出来ないですからねぇ。
使ってもらわなきゃ話にならんのですよ。

そして戦っている最中も、「剣を弾かれた→もう駄目だ」という通常の流れを無視して、そのまま拳で殴りつける(笑)

普通は頼りの剣が無くなったら弱さが出たりするものですが、今の真介にとって剣はホントただの道具でしかないから、無ければ無いで自分の拳で殴る訳です。

凄まじい戦意ですな。
いやはや、あの臆病だった真介がここまでやるようになるとは。
変われば変わるものですわ。

そんなちょっと暗めの展開があった訳ですが、この巻におけるポイントは別にあるのでありまする。

オッパイ神様登場〜〜。
オッパイだ、オッパイだ、オッパイなんだ〜〜。

やはり神様はこういうエロスを感じさせないといけません。
エロスこそ神。
実に素晴らしいっす。
素晴らしいぞオッパイ。

そしてオッパイ神(間違い)から語られる、当面のラスボスさんのエピソード。

・・・ラブだね。

いいねいいねこういうの。
何も興味を持てなかった男が、惚れた女が出来た事で覚醒する。

今も惚れた女のために頑張っている訳ですよ。
何とラブなオッサンか。
ちょっと見る目が変わりましたわい。

迅火の変化もさらに進み、神様の誘導によって己が幸せであった事を自覚しております。
幸せかどうかなんてのは、結局自分がどう思っているかであって環境ではないのですな。
ゆえに「幸せだ」と思えたら幸せなのです。

そして迅火はこれまで気づかなかっただけで、幸せだったのですな。
幸せだったがゆえに、その幸せの一部が失われた時に悲しくなる。
何ともいいお話ではありませぬか。

そしてたま姉ちゃんの裸〜〜。
は・だ・かぁ〜〜。
ヒャッホ〜〜イ。

前から見れなかったのが残念ですが、それでも裸だ裸なんだ〜〜。
最高だ〜〜。
今回はこれで満足だぁ〜〜。

shibachi1 at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月05日

戦国妖狐 3巻


戦国妖狐(3)

短気なたま姉ちゃん素敵〜〜。

いや、説得しに来たのに相手の態度が悪いからっていきなり殴っている辺りが・・・
え〜〜、駄目ですね(笑)

そして成功する説得。
殴ったけど成功する説得(笑)

おおっ、たま姉ちゃんの説得成功の図だ。
初めて見たなり(笑)

弟に頼られる事を喜ぶ姿も素敵。
うむ、やはりたま姉ちゃんは素敵すぎるぜ。

そして迅火が〜〜。
闇になりたいのは、たま姉ちゃんとずっと一緒に居たいからだと言いやがった〜〜。
何という弟の鏡〜〜。

確かに人間のままじゃ、いつかはたま姉ちゃんに看取られる事になりますからのぉ。
それでは姉ちゃんが可哀想だ〜〜。
気持ちが分かるですよ〜〜。

迅火って、人間には凄く態度悪いけど、たま姉ちゃんはホントに大切にしてるからなぁ。
一体どうしてそこまで惚れたのよ。
気になりますのぉ。

そして新キャラ道錬との戦いにより、戦う事の楽しさに開眼したりして。
何というか少年漫画のキャラ化してますな(笑)
そのうち何か凄い能力に目覚めたりするのかしらん。

んで最後は、灼岩と産まれてきた双子の事で涙する姿が。
こういうのを見ると、迅火の中で人間らしさがどんどん大きくなっているのが分かりますな。
そこら辺がこの作品の面白さでしょう。

それにしても最後は予想外でしたのぉ。
ここであんな結末になるとは。
何とも悲しい事でありますよ。

shibachi1 at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月14日

戦国妖狐 2巻


戦国妖狐 2

表紙がたま姉ちゃんや〜〜。
それだけで素敵〜〜。

そして本編でも、いきなり素敵な説教でカッチョええ。
さすがたま姉ちゃん。
そこに痺れる憧れるぅ〜〜。

迅火の意識の変化も面白いですね。
「人間なんかどうなろうが知ったこっちゃない」という態度でいたのに、いざ母親が人質にされた子供の叫びを聞いたら動揺しているという。

ここら辺はやはり、今まで人間に触れずに育ったために、人間についてあまり知らず、人間の一面的な部分だけで判断しているがゆえって感じですかね。
この作品はそうした迅火の成長物語でもあるのかな?

そんで霊的な力では強くても、達人的な人間の技にはやられてしまうというのも面白かったです。
馬鹿強いキャラなのかと思っていただけに、苦戦する展開がこれほど早いとは驚きましたわ。

さらには霊的に凄く強い敵も現れたりして、そっちには完全に怖じ気づいているのがこれまた意外で驚きました。
基本は普通なんだなぁ。
実に人間らしくていいですわ(笑)

そして怖じ気づいた迅火を叱咤激励するたま姉ちゃんが良いのでありますよ。
やっぱり素敵。
惚れた。

てな感じで今回は、話も凄く面白かったですね。
前巻はたま姉ちゃん萌えで読んでいたので、話が面白くなってくれたのは嬉しいです。
今後の展開を楽しみにしたいと思いますわ。

shibachi1 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月08日

戦国妖狐 1巻


戦国妖狐(1)

作者さんがツイッターで紹介した「千夜少年、裸のおねーさんに襲われるの巻」に惹かれて読んでみました(笑)

その回がネットで公開されていたので試しに。
まあ、「裸のおねーさん云々」は結局脇役の話だった訳ですが、改めて1話を読んでみたらナ〜〜イス。

ヒロインがちっこくて偉そうな喋りのお嬢さんじゃないですの。
妖狐ですってよ妖狐。
妖狐の「よう」は妖怪の妖ですわ(笑)

しかも主人公とは義姉弟。
お姉ちゃんです。
素敵です。
痺れます。

という萌え要素があったので、早速単行本の1巻を買って読んでみた次第。

そしたら益々良かったです。
妖狐なお姉ちゃん素敵。
妖怪なのに人間が好きで、人間を正しく生きさせようと頑張っているのですよ。

弟の方は逆に人間なのに人間が嫌いで妖怪好きで、人間をやっつけるのが楽しいとか。
色々邪悪な雰囲気をまとっているので、これも何か理由があるのかと今後の展開が楽しみです。

んで弟はお姉ちゃんの血を吸って力を発揮するんですけど、この吸血シーンがエロくてですね。
人前で吸われるのを恥ずかしがるのよお姉ちゃん。

多分快感を伴っているんだなあれは。
顔が赤くなるし、ちょっとエッチな声出しちゃってるし。
うむ、素敵。

もうこのシーンだけで単行本を買った意味がありましたです(馬鹿)
今後もこういうシーンがあることに期待ですよ。
是非とも入れて欲しい。

そんでお姉ちゃんは性徴して欲しい。
オッパイ大きくなって欲しい。

ほら、妖狐と言えばオッパイじゃないですか(そうなのか?)
妖狐ってのはオッパイが大きいのですよ。
そういうものなんだぁ〜〜。

取り敢えずせっかくの義姉弟という設定なので、そこら辺を生かしたイチャイチャぶり(あくまで姉弟としての)があると嬉しいですのぉ。
などとあまり期待を高めてもいけないのでしょうが、期待したいと思います。

そうそう、話自体も重苦しい暗い流れになっているのでいいですね。
そこら辺でも面白い作品だと思いますわ。

って、普通はそっちの方が紹介のメインになるのでしょうが、私はあえてお姉ちゃん。
妖狐のお姉ちゃんがメインなのら〜〜。

だってお姉ちゃんがいいから読む気になったんだもん。
ゆえにこれでいいのである。

shibachi1 at 19:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ