梶島正樹作品

異世界の聖機師物語 SS「異世界の伝道師」
フォトン
天地無用!魎皇鬼 視聴完了
天地無用!魎皇鬼 8〜13話
天地無用!魎皇鬼 1〜7話
異世界の聖機師物語 視聴完了
異世界の聖機師物語 7話まで視聴
デュアル!ぱられルンルン物語
デュアル!ぱられルンルン物語 DVD-BOX発売

2015年06月30日

異世界の聖機師物語 SS「異世界の伝道師」

先日「異世界の聖機師物語」を見終わりました。

久しぶりに観ても面白かったのですが、そうであればあるほどもっと観たくなるというのが人情。
オチ的にも続きがあるような感じになってますしね。
しかし現在のところそんな話はありません。

という訳で「二次創作でいいから何かないか」と思って思い出したのが、以前見つけていたSS。
それがこの「異世界の伝道師」という作品な訳です。

主人公は正木太老というキャラで、彼が「異世界の聖機師物語」の世界へ剣士よりも先に送り込まれた、という所から始まる二次創作です。

「天地無用」が好きな方ならお分かりだと思いますが、主人公の太老は天地の親戚です。
太老は剣士と兄弟のような関係、という設定になっているのですな。

一応原作にも出ているキャラなのですが、赤ちゃんですからね。
成長させて好き放題やっている感じですわ(笑)

能力的には剣士以上の完璧超人。
何しろ身体的な能力に加え、政治経済関係の能力も秀でてますので。

というか、本人の意思とは無関係に、周囲が勝手に良い方向へ解釈してくれるという天然能力があるという恐ろしさ。
やることなすこと相手が誤解し、それによってトントン拍子に勢力を広げていく、といった感じになっています。
そうした出世譚としても面白い作品になっているのですな。

他にも、駄目な貴族に対する考えが私と同じなので、そこら辺で描かれる怒りに凄く共感出来るし、逆転劇も実に爽快でいいんですよね。
人助けする意識とかも泣ける感じですし。

そんな感じで、私の好みに合っているので楽しみながら読めた次第。

というか、最初は軽い気持ちで読み始めたんですけど、続きが気になってドンドン読み進めてしまいましたよ。
かなり引き込み具合の上手い内容になっていると思います。

無論、二次創作ではあるので、原作を知らないと楽しめない部分もある訳ですが、だからこそ二次創作としての出来は素晴らしいと言えるでしょう。

ノリとしても、梶島ワールド的な雰囲気が出てますし、太老の性格や言動なんかは梶島主人公って感じですしね。

メインヒロインはマリアになっています。
十分に魅力のあるお嬢さんなので、メインヒロインとしてはうってつけでしょう。
お姫様要素も良いですしな。

マリアは剣士に惚れていないキャラでしたから、原作のカップリングに気を遣ったのかも知れませんね。

とはいえ、話が進むとモテる展開にするためか、原作を無視して多くの女性に惚れられていく感じになってますけど。

ラシャラ様も惚れますしねぇ。
そこがラシャラ様ファンとしては萌えであります。
よその国なので出番が少なくなってしまうのが残念ですが。

マリアもメインヒロインとして描かれているせいか、原作を観ている時よりもかなり好きになりましたよ。
元々ああした真面目でお淑やかなお姫様ってのも好きだったので当然なんですけど。

国的にもハヴォニワの方が萌え要素が強いですしな。
マリアの他にも、女王はおっぱいママンだし、ユキネさんは素敵ですしね。

そういや、原作では出番が少なかったドールの、変な意味で可愛い様子を描いてくれたのにも万歳です。
腹ぺこ属性が素敵すぎましたゆえ。

てな感じで、「異世界の聖機師物語」が好きな人なら、十分に楽しめる作品になっております。
出来的にも良いですし、お薦めの作品でありますわ。

shibachi1 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年06月27日

フォトン


フォトン

「異世界の聖機師物語」で梶島正樹ワールドに興味を持ったので、これも観てみました。
タイミング良くAT-Xでやっておりましたのでね。

内容的には、相変わらずのドタバタ。
主人公は馬鹿強くて、何故かモテる。
トンデモ要素があって、それが最終的にシリアスな面を生み出す。
といった感じで、ホントいつもの梶島ワールド(笑)

特に今回の主人公は、ショタでちょっと幼児的な感じなので、何か凄い感じがしましたわ。
あれに惚れるのはかなり変だぞ、と(笑)

見所としては、山寺宏一さん。
この作品は山ちゃんです。
山ちゃんのためにある作品ですな(笑)

山寺さんがやられているのは悪役なんですが、これがまあハッチャケた悪役で、そこに山寺さんのぶっ飛んだ演技が加わるから、もう最高に楽しい。
まさに山寺さんのためにある役でしたわ(笑)

一見二枚目でカッコいいんだけど、中身はただの欲にまみれたオッサン(笑)
嫌な面を沢山見せつつも、情けなかったりもするので憎むほどにはならないという。
タイムボカンシリーズの三悪人がカッコ付けな性格になった感じですかね。
だから観ていて凄く面白い。

主人公を中心にしたドタバタより、山寺さん演じるこの悪役の動向の方が気になる始末な訳ですよ。
ホント主人公食ってましたな。

何しろこの作品の主人公、ほとんど喋りませんし。
幼児的だからお色気関係には反応しないしで、見せ場としては無茶苦茶に暴れるシーンくらいでしたからねぇ。
だからどうしても意識は山寺キャラの方へ向かってしまうのですな。
そういう訳でこの作品は、山寺宏一氏を楽しむためのものになっております(笑)

他の要素としては、デビュー間もないほっちゃんこと堀江由衣さんの微妙な演技と歌ですか(笑)
現在のほっちゃんを伺わせる演技と歌になっているのですが、如何せんまだ下手でしてねぇ。
まあ、ハッチャケた役だったのでさほど気になりませんでしたけど。

あとは僕らのシャクティこと黒田由美さんが、これまたハッチャケた演技をされているのも見所かも。
この人の演技は「Vガンダム」のシャクティしか知らないので面白かったですわ。

ストーリー的には、あって無きがごとしですかね。
この作品はドタバタを、というか山寺さんの演技を楽しむものでしょう(笑)
そういう見方すると楽しめるのではないかと思います。

取り敢えず、私の愛するラシャラ様と同じ名前のお嬢さんが出ているので、「ラシャラ様」とか呼ばれるたびに反応してしまって困りましたわ(笑)

shibachi1 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月23日

天地無用!魎皇鬼 視聴完了


天地無用! 魎皇鬼
第三期 DVD纏


OVA三作、いわゆる梶島天地と呼ばれる作品を観終えた訳ですが・・・

何か三期だけ雰囲気が違う・・・
妙な違和感があるんですよねぇ。
やはり二期から年数が経って作られたせいかも知れませんな。

というか、新キャラ多すぎ(笑)
こんなに増やさんでも。

そんで設定が設定がぁ〜〜。
大量に出てきたですよ〜〜。
それも終盤に押し込むようにして〜〜。

ここまで設定を見せるんだったら、もう少し馬鹿話を減らせばいいのになぁ。
いや、梶島さんは馬鹿話をメインで描きたい人なのでしょう。
んで設定にも拘っているから最後にドーンっと出してくる訳ですね。

5話のラストでいきなりあんなんなったんで、どうなるのかと思いましたよ。
急展開過ぎですわ。
それまで凄く馬鹿話だったのに(笑)

ホント馬鹿話9割、設定話1割な作りですなぁ。
私はもうちょっと設定話が多い方が好みなのですが。

そういう意味で、26話くらいないと駄目なのかも知れませんね。
好きなだけ馬鹿話を描いた後、ゆっくり設定話に移るというか。
「異世界の聖機師物語」がそんな感じだったので、梶島さんにはそれくらい必要なのだと思いました(笑)

取り敢えず思ったのは、やはりこういう作品は自分が萌えられるキャラが居ないと駄目だということ。
話自体はつまらなくはないですし、設定話は凄く面白いんですけど、如何せんメインは女の子達ですからね。
やはりそれで萌えられないと楽しめませんわ。
見事に好みのキャラが居なかったからのぉ。

ちなみに思ったのは、ウン百歳な砂沙美が何故幼女みたいな感じなのかということ。
精神年齢が成長しないって事なのかなぁ。
精神年齢だけは100分1くらいで成長するとかね。
それなら納得だ。

取り敢えずこれで天地ワールドは把握出来たので、今後「異世界の聖機師物語」を観る時は安心でござる。

shibachi1 at 20:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月21日

天地無用!魎皇鬼 8〜13話


天地無用! 魎皇鬼 OVA

う〜〜ん、イマイチ。

何というか、普通の話になってますからねぇ。
途中から少しSFな部分が出てくる話になったけど、基本はギャグだしなぁ。

それと今回は天地がかなり脇役だったので面白くなかったかなぁ、と。
OVAでこの内容で、買った人は楽しめたんですかねぇ。
私だったら辛いわ。

まあ、元々好みからはズレている作品だから当然なんですけど、でもやっぱり微妙っす。
私としてはこの作品の世界設定的な部分に惹かれているので、そこら辺が出てこないと寂しいのですよ。

一応天地達を影から観ている存在やら、樹雷王家の怖さみたいのが出てきて面白かったですが、如何せん少ない。
もう少し話に関わってくるならともかく、そうじゃなかったですからねぇ。

今回は繋ぎってことで、第三期シリーズの方に期待するとしますか。
もしも同じノリだったら悲しすぎますが。
どうなりますかのぉ。

shibachi1 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月14日

天地無用!魎皇鬼 1〜7話


天地無用! 魎皇鬼 OVA

「異世界の聖機師物」で興味を惹かれたので観ました。

んでほとんど覚えていない自分に驚いてみたり(笑)
以前観たはずなんですけどねぇ、人の記憶なんて適当ですな。
まあ、ホント凄く前だし、一度しか観てないから当然なんでしょうけど。

流れとしてはドタバタですね。
1話に一人って感じで女の子が増えて、そのたびにドタバタやっているという。
こうした流れってのは、未だに最新のアニメでやっていたりするので、ここら辺から進歩してないと言えるのかも。
いや、王道と言うべきか(笑)

こういうのが好きな人が多いのでしょうなぁ。
私はあまり好きじゃないんですけどね。
基本的に純愛が好きだし。
二人がくっつく方が好みなので、くっつかないで果てしなく続くのはどうも苦手なのですよ。
特に女の子同士がギャーギャーいがみ合っているのって駄目ですから。

そういう意味で辛い部分はあるのですが、ノリがいいので何か観ていて楽しいのですな。
設定的にも私の好きなSFや宇宙、謎の力を持つ王家の血筋とかいうのがあってツボですし。

今回観た部分ではそうした要素はまだちょっとしか描かれてないですが、今後出てくる事に期待です。

それにしてもホント、ハーレムモノのツボを押さえた作品って感じがしましたわ。
さすがハーレムモノを流行らせた作品だけの事はありますね。
リメイクして今時の絵と声優さんにしたら、絶対ヒットしそうですもん。

というか、最近やっている作品の内容ってこんな感じだしなぁ。
そういう意味で凄さを感じたでありますよ。

shibachi1 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月10日

異世界の聖機師物語 視聴完了


異世界の聖機師物語 10

観終わりました〜〜。

いや〜〜、何というか終盤に入ってから学園モノではなくなったのでホッとしました。
最後まであのままだったら物足りなかったですからねぇ。
第1話の雰囲気で気に入った私としては、やはりシリアスなロボ戦闘が出てこないと楽しくないのですよ。

っていうか、これほど主人公が頼りになる作品も珍しいんじゃないかと。
完全に敵がいませんから。
普通の作品だと、実力が拮抗しているライバルキャラが出たりしますが、この作品だと全く居ませんので。
主人公が最強なのですよ。
これはもう決定事項(笑)

ゆえに、主人公である剣士が出てくるまでのハラハラ感を楽しむ内容になっている訳ですな。
「早く助けに来てくれ剣士」と作中キャラと同じ心境になれるという。
あ、よく考えればそれって楽しいという事かも知れませんね(笑)
何しろキャラ達の想いに凄く共感出来ている訳だから。

基本的に戦いは剣士が巻き込まれていく流れなんですけど、「おいおい、こっちには剣士が居るってのに喧嘩ふっかけるなんて馬鹿じゃな〜〜い?」というノリで、悪党共を剣士が軽く倒していく爽快感を楽しむ感じですか。

まさにヒーロー。
そうだよこういうのをヒーローっていうんだな。
最近ここまで圧倒的な主人公って観てなかったから、何か楽しかったですわ。

そういう感じで、戦闘に関しては剣士の大活躍と圧倒的な強さでの爽快感を楽しむものになってますね。
安易に描くとつまらなくなってしまうのでしょうが、この作品は剣士が戦いに参加するまでの流れが上手いので面白いのですわ。

特に中盤まで聖機師である事を隠していて、みんなが大変な状態になって苦しみまくった後にそれを一気に薙ぎ払う展開はホント最高でしたし。
そこら辺がこの作品の戦闘部分での魅力でしょう。
久しぶりにここまで爽快な主人公の活躍を観ましたよ。

あ、そうか、私が気に入っているのって、主人公がカッコいいからですな。
今更気づいた。

この作品はモテるのが当たり前だと感じるほどに主人公が完璧人間ですからねぇ。
容姿もコロちゃん(この世界の可愛い小動物)みたいだと言われていて、その時点でモテてますし。
つまり容姿も中身も完璧野郎な訳ですよ。
何と凄い設定か(笑)

まあ、女性視聴者が気に入るかは別にして、あそこまで完璧だと凄いと思いますし、だからこその面白さ、魅力になっているのかも知れませんな。

んでもう一つの魅力としては、女性キャラ達ですか。
これはもう、原作・総監修が梶島正樹さんですから、ツボを心得た見せ方になっているので楽しめるのではないかと。
ホント色々な女性が出てきますんで。
こんなに出さないでいいよっていうくらい(笑)

私的にはもう、ラシャラ様ね。
ラシャラ様ですよ。
ラシャラ様なのですわ。
ラシャラ様なのですな。
ラシャラ様なのでありまする。

とにかく惚れた。
素敵。
たまらんです。

お姫様で12歳で小っこくて、偉そうな喋りで金にがめつくて、もう何て言うか、無茶苦茶私の好み。
こういうお嬢さんはツボなんですよ。
何とも言えずツボなのです。
ラシャラ様が居たからこそ、この作品は楽しめましたから。
全くもって本当に。

でもハッキリ言って、扱いが悪すぎるくらい悪かったんですよね。
メインヒロインのはずなのに、剣士には惚れないし、サービスシーンもほとんど無いし、何でこんなに萌えられるシーンが無いのかと嘆くくらい。

いやいや、金にがめついところや、悪巧みしている辺りは私的に萌えなんですけどね(笑)
ただ一般的な意味での萌える描写が少なかったのですな。
もっと出番が多くて、剣士との萌え絡みが多ければ最高だったのになぁ。
それが実に残念でありまする。

そうそう、以前の感想で「風呂とか裸とか肉体的接触とか、そういうの無し」と書きましたが、ちゃんとありましたわ風呂のシーン。
裸も出ました。
肉体的接触もありましたわ。
ただ剣士が意識を失っているので微妙ですけど。
取り敢えずそのシーンだけを心に焼き付けて楽しむ事にしております。

そして素晴らしいシーンとしては、終盤にあった二人きりの月夜の晩の描写。

あれは良かった。
ホント良かった。
ラシャラ様が凄く綺麗に可愛く美しく描かれていて、泣いちゃってるラシャラ様を剣士が慰めるのがねぇ。

しかも私にとっての泣きツボな台詞を言うんだわこれが。
思わず涙ぐんでしまいましたよ。

あの素晴らしいシーンのおかげで、「やはりメインヒロインはラシャラ様だ」と自信を持って思える事が出来ましたです。
いや〜〜、ホント良かったですわ。

てな感じで、爽快痛快な戦闘描写に、ハーレムハーレムな、ってホント凄まじいハーレムな内容になっている作品です。

ハーレムは凄いんすよホント(笑)
これほどのハーレム観たことねぇ〜〜。
ハーレムアニメが好きじゃない私でも凄く引き込まれる強烈すぎるハーレム設定なのですわ。
ここら辺もホント凄いですこの作品(笑)

今時珍しいOVAなので、まだご覧になった事が無い方が多いと思いますが、何かの機会があったら観られる事をお薦めします。

って、私みたいに好みのお嬢さんが居ないと辛いかも知れませんけど。
まあ、ハーレムアニメってそんなもんですしね。
私はラシャラ様ラブになったため、凄くハマってしまった次第。

ちなみに「天地無用」と繋がりがあるらしいので、今度改めて観てみたいと思いますわ。
確か一期しか観てなかった気がするんですよねぇ。
それもかなり忘れている感じで。
「天地」を観た後に観直したら、また違った感覚を味わえるかも知れませんな。

取り敢えず二期が作れそうな終わりだったので期待したいと思います。
今度はラシャラ様がメインでバンバン活躍するような話になる事を祈るでありますよ。
ああっ、ラシャラ様〜〜。

shibachi1 at 21:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年04月14日

異世界の聖機師物語 7話まで視聴


異世界の聖機師物語 1

アニマックスで放送されているので観ております。

アニマックスでは1話を半分にして放送しているので、アニマックス的には14話まで観た事になりますけど、取り敢えずオリジナルの話数で書いてみた次第。

内容的には、タイトル通り異世界の話なんですが、その異世界のロボットみたいな存在での戦闘がカッコ良くてワクワクする感じになっているのですな。
第1話だけは(笑)

いや、第2話からは別モノになっているので・・・

何か凄い期待を裏切る作品ですよね(笑)
第1話のワクワク感はどこへやら、あっという間にハーレム学園モノへと変貌ですよ。
第1話だけ別作品でしょこれ。
まさに「騙された〜〜。1話詐欺だぁ〜〜」って感じの内容になっております(笑)

第1話はですね、謎の少年がシリアスに暗殺を試みてきて、何か訳ありっぽいんだけど物凄く強くて、一体何なんだこいつはって感じで盛り上がる訳ですよ。
剣の達人みたいな身体能力を持っていて、こいつはカッコいいぜってなもんで盛り上がった訳です。
さらには神聖なロボットみたいのが少年に反応している時点で、関わりがありそうだから凄く面白そうってな感じで私は期待した訳ですわ。

ところがどっこい、第2話になったら単なる萌えアニメへ変貌していたという。

恐ろしい。
この人間が変わったとしか思えないキャラの変貌ぶりは恐ろしすぎます。
いくら萌え話がやりたいからってこれはやり過ぎです。

お前、あのシリアスぶりはどこへいったんだよ〜〜。
重々しかったのにその軽さは何だ〜〜。
私の期待をどうしてくれるのら〜〜。

てな感じでガッカリした訳ですが、取り敢えずシリアス要素は一応ちょこちょこ出てきているので、終盤また盛り上がる事を楽しみにしたいと思っております。

実際中盤になってからそんな雰囲気になってきましたからね。
今後の展開が楽しみですよ。

そもそも梶島正樹さんが原作で監修な以上、予想出来た展開でありますからな。
さほどショックではありません。
ただロボットモノだとばかり思っていたので、学園モノになったのは残念だったなぁ、と。
せめてもう少しロボットが出てくれば楽しめたのですが。

第1話を観終わった後にウィキペディアを見たら、「ジャンル 学園コメディ」とか書かれていたので、「間違えてるじゃん」と思ったらその通りだったというオチ(笑)
確かにこれは学園コメディでした。
全くその通りですハイ。

いやはや、私としてはですね、どういう流れで主人公である剣士がこっちの世界に来たのかとか、どういう事情で暗殺させられる事になったのかとか、そこら辺が描かれるのを期待していた訳ですよ。
実に重々しい感じでしたからねぇ、第1話の剣士。

それが第2話になったら何ですかあれ。
典型的な萌えアニメの主人公ですよ。
何じゃこりゃ〜〜ですわ。

まあ、取り敢えず意識を切り替えて、萌えアニメとして萌えで楽しもうと決意した訳ですが、そうなっても問題が・・・

私が「このキャラに萌えた」と反応した二人のお嬢さん。
ラシャラ様とドール。
二人の出番が少ないのよ。

ラシャラ様は、まあ、ちょこちょこ出てはいるんだけど、どうにも剣士との絡みが弱いんですよね。
多分、他のキャラと違って剣士に惚れている訳ではないからでしょうけど。

って、何で一番好みのお嬢さんが惚れないかなぁ。
それじゃ萌えられないじゃないの。
まさにヒロインから除外されている扱いですよ。
何と酷い。

そしてそのせいか、他のキャラではやたらと出てくるサービスシーンが全く無いし。
風呂とか裸とか肉体的接触とか、そういうの無し。

描かれるのは、ずるがしこくて金にがめつい要素ばかり。
いや、ラシャラ様はそこが可愛いからいいんですけどね(笑)

偉そうな喋りでちっこいお嬢さんなラシャラ様には、そうした要素が実に似合いますゆえ。
そのおかげで益々惚れている訳ですけど、サービスが無いのがねぇ。
実に寂しいのですよ。
ラシャラ様のサービスシーンが沢山あったら、BD-BOXを買う気になったというのに、何とも残念でありまする。

んでもう一人の萌えキャラであるドール。
こっちはもう出番すら無し。

まるで「シリアス担当ゆえにコメディパートでは出ません」とばかりに出番が無いのですな。
何という悲しさ。

こちらのお嬢さんは、実にツンツンな雰囲気で、戦闘も強くて、剣士と対の機体に乗っていた点からして特別っぽいしで、何とも魅惑的な存在なのですな。

OPでは毎回出ているから忘れませんけど、出てなかったら忘れてますよホント。
何でこんなに出番が無いのさね。
って、だからコメディパートだからか(笑)

今後シリアス色が強まれば、多分復活してくれるであろうと期待しております。
終盤はラシャラ様と剣士を取り合う展開になったら素敵ですなぁ。
コメディパートでは剣士に惚れなかったラシャラ様も、シリアスパートになったら惚れるのよ。
そんでサービスシーンも沢山出てくるのさ。

そうなる事を祈りまする。
じゃなきゃ面白くないんだもぉん。

shibachi1 at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月31日

デュアル!ぱられルンルン物語


デュアル!
ぱられルンルン物語


DVD-BOXを観終わりました。

いや〜〜、久々に観ましたけどやっぱり面白かったですね。

知らない人のために説明しますと、この作品は「平行世界へ行ってしまった主人公が、そこで出会った女性達とラブコメしつつ、謎の遺跡の技術を巡って起きた戦争に巻き込まれていく」といった感じになっています。

まあ、戦争と言っても死者が出ない作りになっていて、何とも呑気なんですけどね。
実際敵になっているキャラにしても、かなり砕けていてギャグチックですし。
そういった意味で、あまり真面目な雰囲気ではない作品と言えるでしょう。

とはいえ、戦闘のやり取り自体はかなり真面目で緊張感がありますけど。
ただシリアスとは言えない呑気さが漂っている訳ですわ。

主人公はロボットに乗って戦う事になる訳ですが、「本来女性しか動かせないはずなのに、何故か主人公は動かせる」といった設定になっていて、そこら辺がワクワクする感じになっています。

このロボットというのは、謎の遺跡から作られたもので、主人公はそれと何か関わりがあるのではないかと思わせる辺りが良いのですよ。
終盤はそれが明らかになっていって面白い訳ですわ。

それまでは基本的にラブコメで、イマイチ私好みでは無いのですが、この作品はそこら辺も何とか大丈夫なノリだったので楽しく観る事が出来ました。
特にヒロインで好きなタイプのお嬢さんが二人居たのが大きかったのかも。

一人は、メインヒロインである三月先輩。

この人は、こうした作品によく居るタイプの「内心を隠しつつ嫉妬しまくり」のお嬢さんなんですけど、本質的に優しくて世話焼きなので、理不尽な事を言いつつも、結局は色々してくれるいいお姉さんなのですな。
そこら辺が素敵なので良いのですよ。

もう一人は、人類では無い、謎の生命体であるD。

彼女はこの作品の根幹となっている謎の遺跡に関係した人物で、体が人工的に補修されたバイオロイドなのですな。
感情が欠落していて、常に片言しか喋らず、無表情なのがラブリー。
この作品の女性陣は積極的で押しの強い人が多いので、その中で貴重な存在なのですわ。

とはいえ、あまり萌えるような描写が無いので、持ち味を生かせない状態になっていたのが悲しかったですけど。
もう少し目立たせて欲しかったなぁ。
一応、終盤目立つんですけど、ちょっと性格に変化が出てしまっているので、無口・無表情を愛する私としては寂しいところでした。

この二人以外にもヒロインが色々居るのですが、ポイントとしてはみんな年上って事ですね。
素晴らしきお姉さん天国なのですよ。
Dは何か年下みたいな扱いになってますけど、年齢考えたら一番上ですしね。
何しろ遺跡の関係者な訳ですから(笑)

それぞれのヒロインと主人公の関わりにしても、惚れる様子や、アプローチするシーンが同じくらいの質量で描かれているので、誰がメインヒロインであるのか分からないくらいになっているのが面白いところ。

一応設定上は、三月先輩がメインヒロインになっているのですけど、一番心を許しているという感じでもありませんし。
話の盛り上がり的に言えば、終盤はDが活躍しますが、それでも結局他のヒロイン達と変わらない扱いになってますしね。

そこら辺でこの作品は、ハーレムラブコメとして良質な出来になっていると思います。
「特定の誰かとくっついて終わり」ではなく、「みんな俺の女」みたいな雰囲気というか(笑)

決着がいつ付くのか分からないままな訳ですよ。
つまりハーレム状態が続いていく訳ですわ。
ゆえに良質なハーレムラブコメだと思った次第。

という感じでこの作品は、年上の女性達にモテまくるラブコメと、遺跡の技術を巡って争う戦争が描かれた内容になっています。

取り敢えず終盤の遺跡関連の話になると凄くワクワクしたので、そこら辺が面白さのポイントですか。
平行世界とか謎の遺跡とか、そういった要素が好きな人にお薦めの作品ですね。

話的にも無理なく進みますし、きっちりスッキリする感じで終わっているので視聴後の感覚も良いです。
まあ、ちょっと端折り気味ではありましたが(笑)

ああ、そうそう、この作品はテレビシリーズでは13話までなんですけど、後でオマケとして14話が作られているんですよね。
それがこのDVD-BOXに入っていたので初めて観たのですが、個人的には13話で一旦観るのを止めて、間を置いてから観た方がいいような気がしましたわ。

何というか13話の終わり方が、やはりテレビシリーズでの最終回だけあって、凄く視聴後の感覚が良かったので。
「終わった」という感じで満足出来たのですよ。

ゆえにすぐに14話を見てしまうと、そこら辺の良さがどうも薄れてしまうというか。
まさにオマケ的な後日談でしたので、全体を通しての完成度として、13話で一旦間を置く方が余韻に浸れる気がしたのですな。

まあ、そこら辺は私の好みなので、気にならない人はならないでしょうけど。

ちなみにこのDVD-BOX。
パッケージが特殊になっていて、普通のケースにDVDが3枚入っているんですよね。
最初見た時、あまりの薄さに驚きましたわ。

裏に書かれてあるサブタイトルが英語表記だったので、もしかしたら元々北米版の仕様だったのかも知れません。
あっちは枚数少ないですからねぇ。
値段も最初からこのくらいですし。

日本も安くならないかしらん。
安ければ買う作品は沢山ありますからね。
この作品だって、安くなったから買った訳ですし。

最近は廉価版がかなり増えてきたので、今後もそうなる事を祈りますよ。

shibachi1 at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月08日

デュアル!ぱられルンルン物語 DVD-BOX発売


デュアル!ぱられ
ルンルン物語 TV-BOX


デュアルが廉価DVD-BOXで発売だぁ。

定価は7,350円だけど、通販では5千円台だからかなり安いです。
いい世の中になったものですよ。

この作品は、タイトル通りパラレルワールドの話で、要は主人公が何故かモテるラブコメロボットアニメですわ。

わたしゃ基本的にラブコメって好きじゃないんですけど、この作品は何か好きなんですよね。
ラブコメと言ってもメインの話はシリアスなので、そこで良かったのかも。
ロボットやパラレルワールドというSF設定も好みですし。

それから何と言ってもヒロインがいい。
学校の先輩の美人のお姉さんなのですよ。
確か都合上、主人公は弟にさせられたと思ったし、そこら辺で萌え萌え。

このお姉さんが好みだったので、当時萌えて観ていた記憶がございます。
大分忘れちゃったので、どう萌えていたのかは思い出せませんが、何か好きだった記憶が・・・

話的にも謎があって、ワクワクする展開だったように思えたので、そこら辺が単なるラブコメ作品とは違って楽しめたのだと思います。

何しろ原作は、キャラの絵を見れば分かる(笑)梶島正樹さんですからね。
この人の考える設定ってのは私好みのが多いので、面白く感じたのも当然なのでしょう。

ああ、「天地無用」はあまり観てないっす。
OVA版は結構気に入っていた記憶はあるんですけど、テレビシリーズはラブコメ主体なっちゃって、シリアスさが影を潜めて嫌になった気が・・・
あとは女性キャラに萌えられなかったのが大きいかなぁ。

そういう意味でこの作品は、お姉さんキャラの三月先輩と、綾波系キャラのD(名前)がいるので良かったのですな。

もう一人カッコいいお姉さんがいるのですが、怪我のせいで長かった髪が短髪になっちゃったのでガッカリ。
あれはホント残念でした。

話の展開的には、全26話の企画を全14話にしたみたいなので、ちょっと端折り気味だったのが残念でしたね。

ただ昔の日記を見たら「(普段は女の子とイチャイチャ。ロボットに乗って戦う)にも関わらず、キチンと終わってたんで感心しましたね」と書かれてあったので、納得のいく終わりにはなっていたみたいです。

取り合えず当時は「エヴァのパクり」と言われるほど、ロボットのデザインやパイロットの設定、キャラの性格などが凄く似ていて何とも言えなかったですが(笑)

でも全体の雰囲気として、明るく前向きな印象があったので、私的にはこちらの方が好きでした。
エヴァはどうも苦手で。

んで内容をかなり忘れているので、作品の雰囲気を確認するかとYou Tubeで検索したら、OPの歌に合わせてダイジェスト的に編集した動画があったのでそれを視聴。

そしたらイイっ。

何かいいんすよ。
観ていたらワクワクしてきたっす。

こういうワクワク感って大事なんですよね。
観ているだけで続きを観たくなるというか。

いや〜〜、もしこれが新作だとしたら、凄く期待しちゃう感じですわ。
最近無いロボットアニメですし。
とにかくこのPVみたいな動画を観ていたら、凄く観たくなったのでDVD-BOXを買う事にしました。

何しろ安いですし。
これが二万以上したら躊躇したかも知れないですけど、6千円しないんだもんなぁ。
それなら買っちゃいますよ。

てな感じで来月は、この作品を観る事にした次第です。

shibachi1 at 11:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ