アニメ各話感想 さ行20

純潔のマリア 第12話「愛は、全てに勝つ」
純潔のマリア 第11話「愛を望むなら愛せ」
純潔のマリア 第10話「我憎み、我愛す」
純潔のマリア 第9話「一つまみの塩を」
純潔のマリア 第8話「人は、人にとって狼」
純潔のマリア 第7話「戦争は戦争を食う」
純潔のマリア 第6話「薔薇の下で」
純潔のマリア 第5話「勇気を、分別を、」
純潔のマリア 第4話「死を思え」
純潔のマリア 第3話「武器ではなく信仰で」
純潔のマリア 第2話「世界に対す」
純潔のマリア 第1話「完全なる乙女」
PSYCHO-PASS 2 第11話「WHAT COLOR?」
PSYCHO-PASS 2 第10話「完璧な世界」
PSYCHO-PASS 2 第9話「全能者のパラドクス」
PSYCHO-PASS 2 第8話「巫女の懐胎<AA>」
PSYCHO-PASS 2 第7話「見つからない子供たち」
PSYCHO-PASS 2 第6話「石を擲つ人々」
PSYCHO-PASS 2 第5話「禁じられない遊び」
PSYCHO-PASS 2 第4話「ヨブの救済」
PSYCHO-PASS 2 第3話「悪魔の証明」
PSYCHO-PASS 2 第2話「忍び寄る虚実」
PSYCHO-PASS 2 第1話「正義の天秤」
シドニアの騎士 第12話「帰艦」
シドニアの騎士 第11話「衝突」
シドニアの騎士 第10話「決意」
シドニアの騎士 第9話「眼差」
シドニアの騎士 第8話「不死」
シドニアの騎士 第7話「覚悟」
シドニアの騎士 第6話「敬礼」
シドニアの騎士 第5話「漂流」
シドニアの騎士 第4話「選択」
シドニアの騎士 第3話「栄光」
シドニアの騎士 第2話「星空」
シドニアの騎士 第1話「初陣」

2015年04月01日

純潔のマリア 第12話「愛は、全てに勝つ」


ailes

魔女達がミカエルと超絶バトルを繰り広げている頃、地上ではベルナールがヤバいことをのたまっておりました。

神の言葉を伝えるのではなく、自分で考えていかなきゃいかん。
人あるゆえに神あり、みたいな発想に目覚めていて凄く危険ですよ。

異端ってのはこういう人の事を言うのですな。
完全に教会の示す神の否定ですからのぉ。

少なくともマリアは教会の示す神を否定してないですからね。
邪魔すんな、と思っているだけで(笑)

ベルナールの考えって、宗教的には凄くいい事だと思うのだが、教会的には許し難い事でしょう。
何しろ現在教会が行っていることを「不要」と言っているのと同じですから。

まあ、教会が「これからはベルナールの考えでやっていく」と方針を変えることがベルナールの望みなのでしょうが、そうそうそれに乗る教会の人間はいないでしょう。
何しろ従来の方針で利益を得ている人達が沢山いる訳だし。

しょせん教会は宗教団体ではなく、権力団体ですからね。
ちゃんと教会内部への根回しをしてからこういう発表しないと確実に殺されますわ。

エゼキエル、ミカエルに逆らう。
ぽっぽちゃん、ついに仕事よりも友情を選びましたよ。
何と可愛い。

「遠い空から見下ろしているのとは訳が違う」ってのはまさにその通りですね。
関わりを持ってしまったら、公平には見られなくなってしまうものです。
どうしても知り合いを優遇したくなるものですから。

ゆえに天は人とあまり関わっては駄目なのですな。
黙ってやるべき事だけをやっているのが大事でしょう。
そういう意味じゃミカエルも大分関わってますけど。

上司(笑)から「調査しろ」と命じられたのか、マリアに関わりのある人間にアンケート調査を始めるミカエル。
同時進行でやっていくのが面白いです。

まあ、結果としては色々な意見がありますよね。
関わる人によって立場や考えも違う訳だから、統一した答えが出るはずもありません。

簡単に言えば、マリアも人の理の一つって事ですわな。
魔女とはいえ、あれだけしょっちゅう人に関わって、「マリアが来たら戦争が無茶苦茶になる」って意識を人に植え付けたとなれば、すでに人が関わる出来事の一つになってますから。
ゆえに天がどうこう言うよりも、放っておく方が合っている、という事になるでしょう。

そのアンケート調査において、ベルナールはミカエルの存在を否定しております。
魔女は認めても天使は認めないようですね。
ある意味凄いわこのオッサン。

完全に神や天使を、存在しない、抽象的なものとして捉えているんでしょう。
まあ、人あるゆえに神あり、の結論出しちゃった人ですからな。

激情に駆られてミカエルの首を締めたりまでしちゃったもんだから、結局塩にされてますわ。
まさかこんな最後を迎えるとは予想外でした。

でも神の立ち位置的にはベルナールの考えの方が合っているんですよね。
人前にほいほい出ているミカエルの方が宜しくないのですよ。
これではその内ミカエル自身が、マリアみたいに人の理の一つになってしまいますぞえ。

エゼキエルは人間として産まれてくることを命ぜられ、母親にはマリアがなるのでした。
まあ、可愛い娘さんだこと。

というか、これって神の子を処女受胎したとも言えるので、まさに聖母マリアになってたりして(笑)

ビブ姐さん、美少年を食い散らかすとか言っていて、妄想広がりますな。
まさにおねショタである。
そういやプリアポスが童貞と知って興奮してましたしな。
童貞好きなのね。

そのノリで世界の童貞美少年達に大人の階段登らせてるのでしょう。
やはり素敵な姐さんや。

結局マリアはジョセフと村で暮らす事になり、幸せになりましたとさ。
戦争も終わったみたいなので、きっと魔女を止めてエゼキエルを産んだのでしょう。
ぽっぽちゃん爆誕ってヤツですな(笑)

うむ、いいラストでありました。

続けて総評〜〜。

面白かったですね。
可愛くて肌の露出の多いマリアが良かったですよ。
金元さんの縁起も素晴らしく、実に可愛らしい処女(笑)のお嬢さんが描かれていたのではないかと。

キャラ同士の会話も小気味良く、話の流れ的にも楽しめましたわ。

終盤のミカエルとの対決までの流れの爽快感も素晴らしく、実に出来のいい作品だったと思います。
色々考えさせられる事も多かったですし、充実した内容の作品と言えるでしょう。

shibachi1 at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年03月25日

純潔のマリア 第11話「愛を望むなら愛せ」


ailes

マリアが戦場へ行ったのは、ジョセフに文句言うためでした。

うわ〜〜、そっちか〜〜(笑)

一応ツンデレ的に「心配だから」ってのが入っているので可愛いですね。
そういう事されるから惚れちゃうのよ。

マリアを犯すと挑発され、怒りのジョセフはガルファをボコボコです。
普段大人しい人を怒らせると怖いってヤツですな。
爆発してるので加減が出来ないのです。

あまりにグジグジしているジョセフに苛ついたマリアは、ついに暗にプロポーズと取れる発言をしております。
まあ、本心だからいいんでしょうけど。

そこですかさず正式にプロポーズをするジョセフ。
うむ、これはいいですね。
グジグジ野郎だけど、思いきりはいいですからな。

突如復活するマリアの魔力。
愛の力で戻ったですよ。
何というラブパワー。

燃やされた家まで戻ってるのには笑いましたわ。
もしかして魔力がちゃんとしてたら燃えないのかあの家。

戦場には樹が生え、ボロボロだったマリアの容姿も綺麗になっております。
魔力凄すぎ。

というか、こんなの相手に普通の人間が勝てるはずありませんわな。
そりゃ教会もほったらかしにしますわ。
逆に言えば弱いモノいじめしか出来ないのが教会なのね。

告白されて狂喜乱舞なマリアは、化け物大盤振る舞いで戦場を攪乱です。
みんなにもお祝いよ〜〜ってノリですな。
まあ、戦争なんかやってないで恋をしましょうって事でしょうけど。
ラブ&ピースですよ。

最後にミカエルと対峙し、彼氏が出来た報告をして終了。
さて、独り身のミカエル(笑)がどう反応するか楽しみですね。
リア充死ね、としてきたら楽しいのですが、さすがに無いでしょうな。

というか、マリアって魔女を止める気はないだろうから、ジョセフってば一生童貞のままで終わるって事ね。
何という酷い結婚なりか(笑)

shibachi1 at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年03月18日

純潔のマリア 第10話「我憎み、我愛す」


ailes

ビブ姐さん突貫。

どっかの金ぴか王のごとく、沢山の武器でミカエルを攻撃です。
マリアよりもやることがカッコいいぞ、と思ってみたり(笑)

ついでに口論に関してもマリアよりも優れているようで、ムカついたらしいミカエルがいきなり攻撃かましてます。
きっと言い返せない腹いせなのでしょう。

愛ネタに反応していた点からして、愛を理解出来ない事にコンプレックスがあるのかも。
感情無く仕事だけをこなす存在って感じですからねぇ。
まあ、人間を平等に扱うにはその方が合ってますが。
感情があると、どうしても優遇したくなる存在が出たりしますゆえ。

にも関わらず、今回は珍しく感情的に動いた訳ですな。
言い訳として「神に逆らったから」とか言ってますが、要は「ムカついたから」に違いありません。
でもそんな事で刺したらいけないのです。
それでは平等な態度では無くなってしまいますから。

人を麦に例えて見下しているような発言をしてますが、でも平等という意味ではそれが正解なんですよね。
機械的に判断し、接していくことこそ平等には大事なことですので。

昔の漫画ではそういう状態として、「コンピューターが管理する世界」ってのがありましたからな。
まさにこの作品における神はコンピューター。
ゆえに非人間的な発想で当然なのです。
そしてそうでなければいけないのですよ。

マリアの拷問。
尋ねていることは「自分たちが決めた規律に従う気はあるか?」って事ですね。
神を大義名分として使っているけど、要はそれだけです。
教会にとって邪魔者なので、協力するか否かと尋ねられている訳ですわ。

そして断れば殺す。
何と恐ろしい組織であることか。

ホント凄いよなぁ。
間違っている人間を正して救うんじゃなく、殺して排除するんだから。
基本的に誰も救えない教えですよねこれって。

ついに火あぶり開始。
そこへ現れるはエドウィナ。
弱そうだけど彼女も魔女なので、一般人では太刀打ちできません。
おおっ、カッコいいぞ。

そしてにゃんこ変身。
美少女登場。
うむ、可愛い。
やはり使い魔にするなら猫だよねぇ。

自由になったマリアは、戦場へ向かうと言っております。
おいおい、どうするつもりなのよ。
気になるところで次回へ続く。

shibachi1 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年03月10日

純潔のマリア 第9話「一つまみの塩を」


ailes

ガルファ、夜這い発動。

マリア一人になったところで薬の投入です。

てっきり媚薬かと思ってワクワクしたのに、痺れ薬だったみたいなので残念。
何故媚薬ではないのだ。
分かってないなり。

いよいよ処女喪失です。
もうどうしようもありません。

しかし途中で止めるガルファ。
何故に?
やっぱりジョセフが好きだから罪悪感を感じたんですかねぇ。

でも後で領主にも言われてますけど、一時的に使えなくなっているだけかも知れないのだから、ちゃんと最後までヤらないといけませんな。
仕事なんだし。

捕まったマリアは、村で迫害攻撃に。
婆ちゃんにまで石を投げさせるなど、全く鬼畜の行いです。
これだから嫌いなのよ教会ってのは。

自らが自然とそう変わったのなら構わんが、「石を投げなかったら家族も死ぬぞ」って脅してますからねぇ。
まさに宗教ではなく権力。
独裁国家において独裁者に従わないと殺されるのと同じ状況ですわ。

こんな事されたら心の底ではこの宗教止めたくなるよね。
だって恩人に酷いことしろと強要するんだから。

ビブ、マリアを救うために動く。
その理由は「友達だから」
何ていい人や。

そういや、人付き合いしてない薬作る魔女とも仲良かったしなぁ。
偏屈人間にとって救いの姐さんですね。

婆ちゃんが石を投げた際、そうするよう促したマリアが気になった外道神父(笑)は、どうしてあのような事をしたのかと尋ねております。

そこから始まる神談義。

外道神父は偉そうなこと言ってますけど、こういうのって、自身が酷い状況に置かれても同じことが言えるかどうかなんですよね。
そこまでやれたら本物ですが、そういう人はなかなか居ませんからのぉ。
ゆえに説得力が起きないのだ。

そもそも「人が死ぬのを助けなくて良い」って時点で、全然人助けの意識皆無な教えだよなぁ。
死ぬのも神の御心だとすれば、医者や薬も不要って事ですから。
人を助けたいって想いから、人が努力して発展してきたのが医者や薬ですからねぇ。
それを全否定する発言なんですよねこれ。

マリアがミカエルに否定されるのは、人間以上の力を持っているからでしかなく、人間がマリアと同じことをしていたら止めないでしょうから。
つまりどっかのキラさまやソレスタルなんちゃらがやる事なら止められない訳です(笑)

「神はいないのと同じ」

マリアが呟いた一言に反応する外道神父。
どうやら彼の琴線に触れたようです。

そこから始まる神の存在証明。

神は何もしてくれない。
でも居ると思っている。
存在の証明が何もないのに、何故居ると思えるのか。
まあ、そう思うことが信仰であり、疑問を持ったら駄目なんですけどね。

でも何かこの人、そっちに進んじゃってる感じでヤバいんじゃないかと。
神父としてはマズいですよ。

「まず自分で立ち上がることよ」

またもや強烈な一言。
そう、居ても何もしてくれない神に対し、人はどう生きることが大切か。

それは自分として頑張って生きていくことな訳ですな。
突き詰めればそれしかないでしょう。

神に頼り、神に依存していても、結局神は何もしてくれません。
なのにそれを絶対として何の努力もせずに生きていく。
そんな生き方は、ただ生命活動しているだけで、本当の意味で生きているとは言えないでしょう。
自分が頑張って生きていく事が大切なのですよ。

先ほどの医者や薬の話にしても、神に祈るだけじゃなく、人間として出来ることをしていこうとした意識の現れな訳ですし。
婆ちゃんが助かったのも、そうして頑張ってくれた先人のおかげなのですな。

祈ってるだけで救われた訳じゃないのですよ。
そこに人としての努力も必要なのです。

マリアはそれをやっているだけの話なんですよね。
人間以上の力があるから神側には否定されちゃってますけど。

外道神父は、自らの思索に刺激を与えてくれた事に感謝したのか、マリアの足にキスしております。

おいおい、それってマズいでしょ。
魔女にキスするなんてとんでもない異端行為じゃないの?
しかも部下の少年に見られちゃいましたよ。
大丈夫かいな。

本来この外道神父の行いは、人間としては良いことなんですよね。
相手が何であろうと感謝の想いを抱いている訳ですから。
こういう姿勢が本当の信仰者だよなぁ。

でも教会が認めない存在であれば、恩があろうと否定させ、排除するのが正しいとするのが教会なのですな。
実際ちょっと前にそういう事をさせてた訳ですし。

つまり教会的には、この外道神父は魔女にたぶらかされた状態になっているので、異端の疑いが出ている事になるんですよね。
大丈夫なのかしらん。

取り敢えず今回の話は、実に谷口監督らしいノリだなぁ、とか思ってみたり。
「神なんて居るか分からねぇ相手にすがってんじゃねぇっ。立てよ、てめぇの足でよっ」
とかどっかのカズくんなら言いそうですからのぉ(笑)

shibachi1 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年03月03日

純潔のマリア 第8話「人は、人にとって狼」


ailes

前回のラストで容態がおかしくなった婆ちゃん。
どうやら教会の薬で助かったようで。

寂れた村の一老婆に対してするには随分と待遇がいいですが、これはやはりマリア排除政策ですかね。
実際「魔女の毒のせいで容態が悪くなった」とかいう事にしてるし。
って、もう何十年もその毒で元気だった実績は無視ですか。

そしてそれに従う村人。
何とも酷いこってす。

婆ちゃんも「マリアとの付き合いを止める」と言ったけど、これはもう村八分にされないためでしょう。
教会という強大な権力が「止めろ」と言ってくれば、それに逆らっては生きていけないですから。

自分の渡していた薬を毒だと言われ、激高して村へ乗り込もうとするマリアですが、皆に止められております。

まあ、ここで出て行っても石を投げられるだけの話でしょう。
本心からの行為じゃないにせよね。
権力者が「駄目」と直接言ってきたことに逆らえる人間などそうは居ませんからのぉ。

「異端だから」

エゼキエルによる一言が重いですね。
この世界において異端の烙印を押されれば、社会で生きていくことは不可能でしょう。

マリアは魔女の力があるので大丈夫ですが、そうじゃない人間であればまず死にます。
というか処刑されるでしょうね。
ゆえに異端というのは怖いのであります。

悲しい現実を突きつけられ、落ち込むマリアに、「世界中が敵になっても付いていく」と告げるジョセフ。

完全に愛の告白です。
まあ、気持ちは分かりますが。
何しろマリアは可愛くてエッチな体ですからのぉ。
さらに精神的にもカッコいいとなれば、そらメロメロだわ。

まさに魔女に惑わされた男、という事で、ジョセフも結構危ない立ち位置なんじゃないかと思ってみたり。
大丈夫なのか心配です。

感激したのか、思わず抱き付いちゃうマリアですが、すぐに恥ずかしいことをしたと気づいて赤くなって慌ててるのが可愛いですな。
こういうところがたまらんのよね。

金元さんの演技もそそる感じで実に素晴らしかったです。
ナイスキャスティングである。

「ヤったの? ジョセフと」

アルテミスのこの台詞により、私の中で一気に妄想が広がった。
森の中でヤっちゃっているマリアの姿が浮かんだでありますよ。
金元さんの喘ぎ声がまたエロくてですねぇ。
あ〜〜、たまらんです(駄目駄目だ)

悪魔神父(笑)の次なる手は、ガルファにマリアを強姦させること。
処女じゃなくなれば魔女の力を失うってのが、何とも言えない設定ですからねぇ。

そもそも魔女ってエロスな存在なはずなのに、処女じゃなくなると魔女じゃなくなるってどんな冗談ですか。
ミカエルは変な意味での冗談が上手すぎるでしょ。

強姦用に用意された特別な薬。
これは媚薬ですかね。
つまりマリアが興奮して喘いでいる姿が見られる訳ですか?
そいつは楽しみである。

という物凄い期待を高めつつ、次回を待つことにするのでありました。

shibachi1 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年02月25日

純潔のマリア 第7話「戦争は戦争を食う」


ailes

一大決戦にマリア現る。

もうどっかのキラ様みたいに嫌がられる存在ですね(笑)

そりゃそうなんだよなぁ。
だって戦争ってお互い譲れないものがあって、話し合いじゃ解決しないからやってる訳で、それの邪魔されたら、問題が解決しないまま先送りに状態になって、死んだ人や物資が無駄になる訳だから。

そして戦争を止める事も無いので、ダラダラと命と物資が消費されていく事になる訳だ。
つまりマリアがやっているのは酷いことになるのです。

考えとしてはいいんですけどね。
やり方が駄目なんだな。

まあ、マリアは単に自分の目に見える範囲で戦争やっているのが気に食わないだけだから、よそでやってる分には関係ない訳でしょう。
そりゃ自分ちの近くで殺し合いされてたら私だって嫌だわ。

脅しかけられる力があるなら止めるわね。
子供が喧嘩してたら止める大人は多いでしょう。
大人の喧嘩だって警察に通報して止めるしさ。

つまりマリアの意識はそういう事なんだが、問題はちょっと脅したくらいじゃ相手は止めないということ。
圧倒的な恐怖を与えないと駄目でしょう。
特に権力者に対して。
おっかない化け物呼び出して追い払うだけじゃ、全然怖くないですからねぇ。
ゆえに単に戦争が繰り返され、嫌がられるだけの存在になってしまう訳だ。

そういうのを成功させたのって「デスノート」のキラですか。
同じキラでもやり方が違うとこうも違うのだ。

というか、人の命を気に掛けるやり方だと中途半端ってことでしょう。
相手は命をかけて戦争やってるんだから、脅す場合も命の危険を感じさせるほどじゃないと言うこと聞かないという事ですわな。

あとは意識レベルの差ですか。
「世の中を変えてやる」というレベルで方策を考えていかないと、戦争は無くならないという事ですね。
単に目の前の戦場だけ潰しても、意味はないどころか、逆効果になってしまう訳だ。

いつものごとく戦争に介入するマリアですが、いつもと違って最後通牒が影でされていたため、エゼキエルに対して殺しの指示が。

ア〜〜カシックっ、バスタ〜〜っ(by 緑川光ボイス)

鳩から槍に変形したエゼキエルは、マリアに必殺のぽっぽちゃんアタックを炸裂です(笑)

意識を失ったマリアは地面に墜落。
よくもまあ、死ななかったと思いますが、そこへ近づく野郎共。

露出過剰な可愛いお嬢さんが意識を失って倒れている。
そして野郎共の精神状態は、殺し合いをしているので荒れまくり。
さらに死が身近にあるゆえに、本能も刺激を受けて性欲マックス状態にあるため、襲われてしまうのだ〜〜。
エロ〜〜スっ。

とならなかったのが残念だ。
「あずみ」だったら絶対そうなったでしょうに。
戦場で女が居たら、犯してヒャッホー言ってるシーンが描かれますよ。
そうならなかったのは何とも悲しいことでござる。

いや、別にいいんですけどね。
単に殺そうとしただけだったのがつまらんかったという事で。
どうせなら今までの恨みを込めて、犯してから殺してやるって発想があっても良かったなぁ、と。
やっぱり戦場ってのはそうした事がありそうですからなぁ。

だってホントエロかったんですよ、マリアの倒れた姿。
これで欲情しないこいつらは何なのよと。

ミカエルに、わざと狙いを外したのがバレたエゼキエル。
こいつはピンチです。
17歳上司(笑)によるお仕置きが発動か。

というより、存在消されるレベルじゃないかこれ。
ぽっぽちゃんピ〜〜ンチ。

でも何とか許してもらって一安心。
だけどこれからどうすりゃいいんでしょうなぁ。

ビブに助けてもらったマリアは、魔女達と歓談。
そこへやってくるエゼキエル。

恨み言を言わず、優しく抱き締めるマリアは素敵ですねぇ。
ちゃんと分かってるんでしょう、やったのはエゼキエルの本心じゃないってことを。

ジョセフとも会話して、おっぱいシーンも回収。
うむ、良いおっぱいだった。
これで今回も取り敢えず満足して見終えることが出来るのでありました。

shibachi1 at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年02月17日

純潔のマリア 第6話「薔薇の下で」


ailes

エゼキエル、完全にただの居候状態。

せめて食事くらい自分で用意していればいいんだが、それもマリア家任せだからのぉ。

そうか、マスコットキャラだな。
ペットとも言う(笑)

それにしても、横たわっているマリアの体のラインの何とエロいこと。
水浴びや寝ている際に裸を見せてくれるのも素敵。
おっぱいおっぱい。

ホントこの姐さん魔女だわ。
わらしの心を惑わす魔女です。

なるほど、女絶ちしている教会にしてみれば、女絶ちの決意を崩れさす魔性のエロスを振りまくゆえに、魔女は許されざる存在なのですね。
つまり自分が弱いのを魔女のせいにしているのですよ。

悪いことはみんな魔女のせい。
魔女が居るから悪いことが起きるのです。

でも起こしているのは魔女じゃなくて人間なんですけど。
実際戦争は魔女と関係ない人間が起こしてるしなぁ。
殺し合いさせてるのは人間です。
そういう意味では、ホント魔女以外の人間の方がよほど酷いことをしているのだ。

そもそも神がその存在を許している以上、魔女は排除すべき存在じゃないですしね。
排除すべき存在なら神がとっくにやってるでしょう。
つまり放っておいても何ら神の意志には背かないのです。

そういう訳で、「魔女だから」という理由だけで排除しようとするのは、「自分が気に食わないから」という理由でしかないのですな。
後は教会が勝手に決めた「とにかく魔女は排除すべし」ってのに従ってるだけって事ですね。

というか、魔女の力を利用している時点で、魔女という存在を認め、魔女に頼って戦争に勝つ算段をした訳だから、薬をもらって助かった村と何ら変わらない訳ですよ。
その事を感謝する心があるか無いかの違いだけで。

つまり人間性の問題であって、この神父は人間性が駄目駄目ってことですな。
恩知らずな人間は大嫌いでありますわ。

一方、ミカエルの言葉は凄く納得がいったりして。
人間は人間自身で生き抜かせろ、という発想ですからね。

そもそもそうしないと成長が無いですからなぁ。
常に自分より上位の存在が何とかしてくれる、となれば、自身を律していかなくなるでしょうし。
ひいては国家という存在をより良くしていこう、という発想も起きない。
何故なら何もしなくても上位者が何とかしてくれるから。

実際そうした「人間は絶対者が管理しなければどうしようもない存在なのだ」という発想から独裁者が生まれ、酷い差別や残虐行為が行われていく訳ですしね。

って、あ、これって教会のことか。
神の名を使い、絶対者たる神の直属機関たる自分たちの言うことに従わなければ、人間はまともに生きていくことは出来ない。
つまり教会に従わない人間は、人間として駄目である。
そういう理屈に思えますので。

なるほど、歴史上教会が差別的で残虐的な行為をしてきた理由が何か理解できました。

本来の教えであれば、人に何かを強制したり、従わない存在を迫害したりしないはずですし。
むしろそういう事をしている人間を諭して止めさせていくはずですからね。
それをやらず、逆に率先して差別や残虐行為をするのは、なるほど、独裁者的思考ゆえですな。

そしてマリアがしているのも結局同じこと。
自分が気に食わないことを、脅すことで止めさせている訳ですから。

それを人間の力としてやっているのなら神も無視するのでしょうが、人間以上の力で行っているがゆえに排除しようとするのでしょう。
人間のために。

人間以上の力で人間に脅しをかけるマリアに対し、神はマリア以上の力でマリアに脅しをかける訳ですよ。
「そういう事は止めろ」と。
まさにマリアがやっているのと同じことであり、マリアに文句を言う資格は無い訳ですな。

長期的に見ると、ミカエルの言葉の方がマリアよりも人間を思っていることになるんですよね。
でもマリアは目の前で死んでいく人を、救える力があるのに助けない、という事は出来ないのでしょう。

それは権力者とそうじゃない人間との発想の違いと言えるかも。
一人を救うことで数万人が死ぬ、という状況があった場合どうするのか、という問題のような感じで。

人間以上の力を持つがゆえに、その力に責任を持ち、感情で行動してはならない、というのが神の発想なのでしょう。

でもマリアはそれに従えない。
力への責任よりも感情を優先する。

さて、人間全体として考えた場合、どちらが良いことになるのでしょうな。

アニメだとこうしたテーマがよく出ますけど、ご都合主義で解決されちゃう事が多いんですよね。
数万人を殺す覚悟をもって一人を救う行為をする主人公ってあまり見ませんし。

あるのは、覚悟無しで一人を助け、何か上手くいって数万人も助けられた、というオチですから。

でも現実はそんなに甘くないので、権力者というのは大変なのであります。
マリアも人間以上の力を持っている以上、そうした責任を背負わないと本来はいけないのでしょう。

まあ、人間全体がどうであろうが知ったこっちゃない、という考えなら構いませんけど。
でもそんな感じじゃないからなぁ。
ゆえに凄く困ったちゃんな存在と言えるのでありますわ。

shibachi1 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年02月10日

純潔のマリア 第5話「勇気を、分別を、」


純潔のマリア I

胡散臭い神父、ついに本性を現す。

何やらマリアを利用して戦争に勝とうとしてますよ。
ホント異端であると人間扱いしないって所が差別意識丸出しで怖いです。

マリア水浴び〜〜。
おっぱいおっぱい。

何と良いおっぱいか。
ああっ、たぶらかされてしまうわらし。

なるほど、このような存在は人を堕落させますな。
何しろ頭がおっぱいで一杯になる。

それにしても今回のおっぱい描写は良いですな。
服を着た後の、微かに見える膨らみとか実に良い感じだ。
うむ、素晴らしい。

というか、マリアを陥れる策謀を巡らせる会話の際に映っているのが、マリアの裸やおっぱいってのが笑える。
そうか、こうしたおっぱいで堕落させるような女は排除されて当然、という神父の意思を分かりやすく表現しているんですね。
実に説得力がありますわ(笑)

今回は他にガルファが騎士の恋人を寝取って決闘騒ぎになっておりました。
まあ、どうでもいい話と言えばどうでもいいですな。
何よりマリアが関わらないんじゃ面白くないのでスルーでございます。

shibachi1 at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年02月03日

純潔のマリア 第4話「死を思え」


純潔のマリア I

強姦じゃ強姦じゃ〜〜。

なかなかに可愛らしい村娘さんが襲われております。
おっぱいも見えたりしてちょと興奮。

しかしそこで邪魔がぁ〜〜。
マリアが邪魔したぁ〜〜。
うわぁ〜〜。
何てことするんじゃぁ〜〜。

なるほど、傭兵達がマリアに腹を立てる理由はこういう感じなのね。
よく分かったぞ(おぃ)

まみゅまみゅキタ〜〜。
ビブビブ〜〜。

1話以降出てないので寂しかったですが、ようやく出てきましたよ。
バンザ〜〜イ。

それにしてもおっぱいさんですな。
うむ、素晴らしい。

そして始まる下ネタトーク。
何か男遊びしまっくている友人に、いつまでも恋人作らないことを心配されているみたいなノリだ(笑)

見学学習会〜〜。
ビブがしてるのを見るでございます。
バンザ〜〜イ。

しかも相手は少年だ。
童貞少年を導くお姉さん。
ああっ、素晴らしい。

まあ、おひんひんが未製造なので出来なかったですが。
何てこったい。
早く作りなされや。

それにしても、凄くいいですねビブ。
こういうお姉さん大好きです。
今後の活躍にも期待ですよ。

黒死病が流行った際、マリアは薬を持っていって助けようとしたが、魔女という事で相手にされず、逆に迫害されたようで。
結果的にその村は滅び、マリアを受け入れた村は生き残った。

神の信者としてはどちらが宜しいことなんでしょうねぇ。

今回魔女に薬をもらう事をエゼキエルは咎めてましたけど、それって神を凄く狭い意識で捉えている発想ですよね。

「神はこの世のあらゆる物の上に立っている存在」として考えるならば、魔女もその一部であり、ゆえに魔女がする事も、神に認められている行いという事になりますから。

実際マリアが咎められたのは、人間以上の力によって強制的に人の行いを変えることでしたし。
薬で人助けする事は、それに当てはまらないので許されているのでしょう。
つまりマリアの薬を受け取ることは、神の意志に沿った行いになるので、何ら問題が無いことになる訳ですな。

ゆえに魔女がした事に感謝し、そうした存在が居ることを神に感謝するというのは、何ら問題ない行為なんですよね。
マーサがしているのはまさにそれであり、エゼキエルよりも神を大きく捉えた意識の持ち主という事でしょう。

あれは駄目、これは駄目、とか言っているのって、要するにそうした狭い了見で神を意識しているので、神を小さな存在として定義している事になるのですな。
神を「この世の全て」的に捉える宗教としては、何とも宜しくない行為に思える訳ですわ。
つまりこの世界の教会ってのは、駄目駄目って事です。

何というかこういうのって、本来偉大な存在である神を、自分たち人間の尺度に当てはめ、小さく解釈し、貶めているように思えてならないんですよね。
自分たちの都合のいいように神を利用しているというか。
だから教会って嫌いなのでありますわ。

shibachi1 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年01月27日

純潔のマリア 第3話「武器ではなく信仰で」


純潔のマリア I

助けられる者が居れば、助けられない者も居る。
ならば等しく助けないのが平等というものである。

というのが、この世界における神の発想って事ですかね。
その事に神の配下が従うのは分かるが、何故マリアにも強制するのか、となると分かりませんな。
マリア本人も文句言ってましたけど。

人間以上の力を持つ存在だから、という事であれば、神としては「人間こそが地上で生きる者の基準」と捉えているんですかね。
ゆえにそれ以上の力を持つマリアが大きな力を振るうことに嫌悪感を示すというか。

まあ、好き勝手されたら人間社会は滅茶苦茶になりますしな。
そういう意味で人間を守っているという事なのかも。

「私は、魔女マリアを愛しているのだっ」

緊急事態に大告白。
いきなり何か言いましたよこの人。

その言葉に顔を赤くするマリアが可愛いっす。
毎度出ますけどいいですなぁ。
この作品はそこを楽しむのだというのが分かってきたなり。

愛の告白に祝福の鐘が鳴り、光が差し、雨が降ってきたのには笑いました(笑)
ナイスタイミング。
うむ、やはり神は愛を大切にするのですな。

ジョセフの告白により、マリアは許されることになったようです。
素晴らしきかな愛。

でも性行為をしたら魔女の力を奪うってのはどういうこと?
ああ、性行為は快楽だから許されないので駄目って事ですかね。
純潔状態で生きていくのなら許しましょうって事ですか。
プラトニックラブを貫けって指導ですね(笑)

監視役にロリキャラ登場。
声ははなざーさん。
いいですねぇ。

でも役に立たなさそう。
マリアが化け物出すのを止められないし、「突然現れた」って言い訳に対抗出来ないし。
ナイスへっぽこ。
良きかな良きかな。

怪しげな神父が出てきましたが、この人はどういう位置づけになるのか。
マリアに好意的になりそうな感じもしますけど、凄く敵対するような感じもしますのでねぇ。

優しげな雰囲気ですが、暴走してとんでもない行動をとるようにも思えるので怖いっす。
果たしてどうなりますかな。

取り合えず今回は、マリアのおっぱいが良い感じで描写されていたので興奮しました。
豊満さが感じられて良かったのですよ。
おっぱいおっぱい。

shibachi1 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年01月21日

純潔のマリア 第2話「世界に対す」


純潔のマリア I

エロエロ〜〜ス。

精力枯渇させられて戦争が出来なくなる。
ああっ、何と平和なやり方か。

今回も絶好調に裸を披露のマリアさん。
普段の格好からして露出が多いので、サービス精神旺盛でありますな。

っていうか、金元さんの声が可愛いので聞いていて楽しいです。
さすがイカちゃん、ラブリーなりや。

ホモ現る。
女性を抱くのは許されないので男に走る。
歪んでますなぁ。

そういう男も居るのだから、ホモ用のインキュバスが必要、という事で、作りました新しく使い魔を。
しかし規制が入りましたよ規制が。
陰部は公開するのは御法度です。
いや、単に見たことないので作れないだけですが。

ホモのオッサンの所でお勉強。
取り合えずモノは見たようです(笑)
これで修正は可能なりか。
でもOPだと規制のままだから駄目なんですかねぇ。

盗賊を懲らしめたらミカエルに怒られたでござる。
全ての争いに介入できない以上、一部だけに介入するのは宜しくない、という事のようで。

まあ、個人の力で戦争を止められてしまう、という時点で確かに秩序は乱れてますわな。
マリアは戦争を止めたりしてるけど、それも結局「自分が気に食わないから」という理由でしかないですしね。
そのような理由で人間を好きなようにしてしまうのは、確かに秩序を乱していると言えますわ。

魔女の力が奪われる、というところで現れるジョセフとアン。
二人の言葉で何とか見逃してもらえるようになるのか。
果たしてどうなりますかなぁ。

shibachi1 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年01月13日

純潔のマリア 第1話「完全なる乙女」


純潔のマリア I

エロスによって戦争を止める。
何と素晴らしき平和の手段か。

そう、エロスこそ平和の象徴。
エロスは生命を生む行為。
エロスは素晴らしいのだ〜〜。

色々戦争を止める方法を描いた作品はあるが、精力枯渇させて止めるってのは初めてですな。
人の命を奪う行為を、人の命を生み出す行為で止めるとは、実に宜しい手段と言えるのではないかと。

しかもそれをこの世界の魔女達はみんなやっているようで。
まあ、自分たちじゃなく使い魔にやらせているみたいですけど。

でもあんなエロエロお姉さんに変身するなら、十分でございますよ。
しょせん性欲など脳が反応すればそれでOKなのですから。

しかしそんな方法をとっている魔女本人が、性的知識が少ない処女というのが笑える。
これってあれですか、処女のエロ漫画家みたいなもんですかね(笑)

入浴シーン披露。
裸での睡眠シーンも披露。
裸裸、裸ですよ〜〜。

いきなりのサービスですな。
でもおっぱいはあまり映さないので、規制も入りません。
観やすいけれど、物足りなくもありますな。

まみゅまみゅキタ〜〜。
大人っぽい感じの魔女役〜〜。
しかも直接エロ行為してるとな。
是非とも今後そういうシーンを宜しく。

空から処女が、もとい(笑)魔女がやって来た。
ドラゴンを召喚して戦争を止めてますよ。

おおぅ、ソレスタルビーイング。
武力介入ですな。
殺しはやらないみたいですけど。

実に素晴らしいと思うのだが、ここまで大っぴらにやると戦争やりたい人達からは嫌われるでしょうねぇ。
実際罵られてましたしな。

さてこれからどうなっていくのか。
いつまでもソレスタルビーイングやってても盛り上がらないでしょうし。
今後の展開を楽しみにしたいと思いまする。

shibachi1 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年12月19日

PSYCHO-PASS 2 第11話「WHAT COLOR?」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


朱ちんが間に入ると、ドミネーターは反応しない。

なるほど、まさに人間の盾ってやつですね。
ドミネーターはこういうところで扱いが難しいのだ。

そして強いぞ僕らの朱ちん。
体術で東金を圧倒してます。

実は何気に弱かったのね東金。
まあ、別に肉体的に優れている人間って訳じゃないので当然ですか。

東金は、親しい人間を殺す事で朱ちんのサイコパスを濁らせようとしてましたが、考えてみると前作で結構死んでたんですよね親しい人。
それでも濁ってないんだから、今更なやり方ではあった訳です。
そうした情報は得てなかったのか、それとも祖母であれば特別だと思ったんでしょうか。

その答えはすぐに描かれました。
東金は凄まじいマザコンだったのです。
ゆえに東金にとっての母親が、朱ちんにとっては祖母であると判断してもおかしくない訳ですな。

ホント凄まじいマザコンですなぁ。
何かこの人凄すぎです。

局長と対峙する鹿矛囲。
本来鹿矛囲には反応しないはずのドミネーターが犯罪係数を出し、鹿矛囲が撃たれる、という所で、逆に局長、東金美沙子の犯罪係数が計測され、執行が可能状態に。

どうやらシビュラとしては、集合的サイコパス計測を受け入れる事にしたようです。
そのため己の中に存在する犯罪係数の高い脳を破棄しております。

その結果、鹿矛囲の犯罪係数が計測されるようになり、400と出ました。
え〜〜、そんなもんですか。
もうちょっとあると思ったんですがね。

そこへ現れる東金。
どちらもドミネーターを持ち、犯罪係数が高いということで、相打ち状態に。

でも鹿矛囲は爆発したみたいなのに、東金は腕を痛めただけという。
凄い犯罪係数のはずなんですけど、これはどうしてなんでしょうな。
分からんです。

逃げた東金の下へ現れる霜月。
てっきり朱ちんを逆恨みしているのかと思いましたが、普通に東金に対する直接の恨みだったようで。

執行するかと思いきや、その前に東金は死亡。
これで霜月はサイコパスを濁らせずに済んだ感じですね。

そして過去の恥は無かったことにして、前向きに生きる事にしたようです。
サイコパスも濁ってないみたいですし。

ここまでやっておいて濁らなかったんだから、大したもんじゃないですか。
思っていたより凄いヤツだったのね霜月。
こいつは予想外でしたわ。
最後は死んじゃうと思ってたんですけどねぇ。

まあ、死なない方がキャラ的には美味しいので良かったと思いますが。
変な意味で応援したくなるキャラですからのぉ。
もし続編が作られるとしたら、さらに笑えるキャラになっている事に期待であります。

続けて総評〜〜。

いや〜〜、面白かったですわ。
毎回「どうなるのこれ?」という雰囲気があってワクワクしましたから。
やはりそういった部分があると見ていて楽しいですよ。

ネットでは色々細かい部分でツッコまれてもいましたが、私的にはそういう部分を補って余るほどに面白さがあったので良かったです。
やはり細かい部分より全体の面白さを感じさせるってのが、優れた作品だと思いますから。
そういう意味でこの作品は良かったのではないかと。

ちょっと物足りなかったのは、キャラ同士の絡みがあまり無かった点ですかね。
前作と比べて、目立ったキャラが少なかったので。

基本的に朱ちんと東金、霜月で話が成立している感じでしたから。
宜野座も目立ってましたけど、フォロー役になったせいかキャラの魅力が落ちてましたので。
まあ、前作キャラなので目立たなくてもいいとは思いますけど。

目立ったキャラのドロドロ具合は凄く良かったので、そこら辺ではやはり良質な出来だったと思います。

特に霜月さん最高です。
この人輝いてましたよ。
ある意味鹿矛囲より良かったです。

また続編をやって欲しいところですが、取り合えず映画をやるようなのでそっちが楽しみですね。
狡噛が活躍してくれると嬉しいですな。
成長した朱ちんとの再会とかやって欲しいところでありますよ。

shibachi1 at 22:34|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2014年12月12日

PSYCHO-PASS 2 第10話「完璧な世界」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


鹿矛囲がドミネーターを集めていた目的。
それは短時間に大量に処理をさせることでシビュラに負荷をかけ、その存在する場所を探ること。

なるほどねぇ、そういう事でしたか。
視聴者としては前作でシビュラの場所を知っているだけに、それは予想しませんでしたわ。

婆ちゃんやっぱり殺されてた〜〜。
朱ちんショック〜〜。

前作に続いて悲惨な目に遭わされてますなぁ。
何でこうなんでしょう。
まあ、私的には萌える訳だが。

東金は朱ちんが黒く染まることに悦びを得るようですが、私は別に黒く染まらんでも、その過程のみで悦びを得られるので問題なしです。

というか、この程度でサイコパスが乱れるとは思えませんしな。
以前にも増して朱ちんの精神は安定しておりますゆえ。
何しろ狡噛の背後霊が付いておりますからのぉ。

やっぱり安心感が強いですよ狡噛は。
チラっとでいいから本物にも出てきて欲しいところです。

集合体である鹿矛囲を裁くには、集合体のサイコパスを計測する必要がある。
それはこれまで除外されていたシビュラ自身のサイコパスも計測する事になる。
つまりシビュラは上位に位置する存在から、人間と同等の位置づけに落ちる、という事になる訳ですな。
それが鹿矛囲の狙いって訳ですか。

って、シビュラが集合体だって知ってるんでしたっけ?
そうじゃないと成り立たない話なんですけど。
まあ、これはシビュラを説得するためのものだから別にいいんですが。

東金の正体に気づいていた朱ちん。
おおっ、何か凄すぎですよ。

正体バレた東金はどうするのか。
という所へ現れるは鹿矛囲。
ついに東金と直接対決です。

ドミネーターを向けられたら東金はヤバい訳ですが、果たしてどうなるのか。
何かドミネーターが効かない処理をされてそうな気もしますけど。

じゃないと次回、破裂している東金の死体が転がっている状態で始まるだけですし。
まあ、それはそれで面白いからいいですけど(笑)

shibachi1 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年12月05日

PSYCHO-PASS 2 第9話「全能者のパラドクス」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


助かりたい一心で、シビュラシステムを絶賛する霜月に萌えた。

いいですねぇ、この人。
凄くいい味出してきましたよ。
たまらんですわ。

そうかこれは悲惨臭だ。
悲惨な状況へ向かっているのでワクワクしてるんですな。
これからどう霜月が料理されていくのかと思うと楽しくてしょうがないのですよ。
いや〜〜、萌え萌えしてきたぞ〜〜。

朱ちん、サービス。
シャワーシーンにパンツ一丁ですよ。

本来なら嬉しいはずなのだが、何だか楽しくなかったりして。
見事なまでに色気が排除されてますからな。
それでは反応しようがないのである。
残念なりや。

何かやたらと動物が映っているなぁ、と思っていたら、どうやらそれは密入国者が改造されたものらしい。
それで楽しんでいるとサイコパスがクリアに保てる? というのはよく分かりませんが、何かそういう事をしていた役人達が居たらしい。
何とも恐ろしいこってす。

朱ちんの婆ちゃんが人質に取られた〜〜。
耳がぁ〜〜。

東金がやろうとしていた事を先にやられた〜〜。
と思いきや、別に東金的には構わないようで。
まあ、朱ちんに精神的ダメージを与えられればいいんでしょうからね。

だけどその後ちゃんと居場所を発見しているんだから謎です。
どうやったんでしょ?

この婆ちゃんにしても、耳切られて閉じ込められていても普通の状態なんだから凄いですな。
それともボケてるのかな?

そしてこれは殺したのか?
殺しちゃったのか〜〜?

いよいよ酷い状況になってきた朱ちん。
さてこれでも彼女のサイコパスは濁らないのか。
そうだとしたら凄いこってす。

実際婆ちゃんの事で苦しんでいるのかと思いきや、鹿矛囲の意図を推測してるもんなぁ。
凄いぞ僕らの朱ちん。

shibachi1 at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年11月29日

PSYCHO-PASS 2 第8話「巫女の懐胎<AA>」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


霜月さん、特許庁で鹿矛囲と東金財団の事に関して調査です。

そこで分かったのは、鹿矛囲が事故で死んだ他の子供達の体を繋ぎ合わせて助かったのだという事実。
何とまあ、凄いですね。
脳まで組み合わせているんだから凄いこってす。

これは凄い発見だ、お手柄だ、となりそうですが、同じ事を執刀医が証言しているので、新発見というより裏付け調査になってたりして。
微妙に活躍できませんな。

鹿矛囲がシビュラシステムに認識されないのは、死体を繋ぎ合わせた物体として認識されているからのようです。
確かに多くの人間の要素を含んでいたら、一人の人間として判断するのは難しいでしょうからね。

過去にシビュラシステムと異なる社会システムが作られようとしたが、それが何者かの意図により邪魔された、と鹿矛囲は考えているらしく、それに関しても腹を立てているみたいです。
ああ、鹿矛囲が遭った事故ってのはそのせいで起きたのかな?
それならば復讐するのも納得ですけど。

というか、システムから認識されない、つまり社会から人間扱いされない訳だから、かなりキツいですよね。
そうなれば社会を変えようという発想が起きても不思議じゃないです。
何しろ透明人間なんだから、やりたい放題ですし。

それで自分と同じく「犯罪を犯しても犯罪者として認識されない人間を増やす」という事を行った訳ですかね。
この部分はシビュラの欠陥ですしね。
実際全然裁けてない訳だから。

サイコパスが濁るってのは、結局精神に負担が起きているかどうかって感じですな。
つまり良心の呵責を感じない人間はサイコパスが濁らないってことで、そうしたある種道徳や倫理観に縛られない意識に変えてしまえばいい訳だ。
免罪体質ってのはそういう事なのかなぁ。

東金財団と鹿矛囲の繋がり、そして東金との繋がりを知った霜月は、何故かそれを朱ちんを陥れるのに利用する事にしたようです。
おいおい。

早速意気揚々と局長へ上申する訳ですが・・・

何と局長は東金の母親、つまり当時鹿矛囲の手術を指揮した人物だったのだ〜〜。
ついでに東金と鹿矛囲に付けられている「AA」という暗号は、機密を探るような人間をあぶり出すための罠なのであり、それに見事に引っかかっていたりして〜〜。

朱ちんの事を批判していたら、自分が社会不適合者判定されてしまったというオチ。
何ともまあ、悲惨なことです。

これでお終いかって感じですけど、どうやらテストケース的にシビュラの秘密を教えてもらえるようです。
取り合えず殺されないのか、反応だけ調べられて殺されちゃうのか分かりませんが、何かドキドキですねぇ。

いやはや、霜月は今までも面白キャラでしたが、ここで一気に面白度が跳ね上がりましたな。
どうなるんでしょう一体。

それにしても、ここで描かれている東金親子の悪役ぶりったらないですね。
悪役としては鹿矛囲よりこの親子の方がいいですよ。
まあ、シビュラは朱ちんにとって敵ですから当然の流れではある訳ですけど。

いや〜〜、面白いですなぁ。
こういう展開、素敵過ぎでありますわ。

shibachi1 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年11月21日

PSYCHO-PASS 2 第7話「見つからない子供たち」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


狡噛、久々の登場。
まあ、朱ちんの思考の中でですけど。

それでもやっぱり安心感が起きますなぁ。
狡噛には「何とかしてくれる」と思えるヒーロー性があるのよね。
そういう意味で朱ちんはまだまだなのですな。

霜月が部屋へ入って調べたのが、東金にはすぐに分かったようで。
まあ、人の行動をチェックするような変態ですから、自室における変化もすぐに気づくのでしょう。

霜月も、変態を相手にするには心構えが足りてませんよ。
あの部屋の朱ちん特集(笑)を見た程度で動揺するなど駄目駄目です。
サラッと流せないとねぇ。

シビュラが鹿矛囲を放置しているのは、システムから逸脱した人間をまともに扱うつもりが無いからみたいですね。
人間として扱うのではなく、不純物として処理するってところでしょうか。

槙島のように自分達の一部にしないというのは、免罪体質とは違って取り込む意味が無いのか、取り込めない理由があるのか。
気になるところです。

雛河が朱ちんをお姉ちゃんとか呼んでたのには興奮しましたわ。
うむ、朱ちんは妹というより、姉が似合うから宜しいこってす。
これからもどんどんそこら辺を出して下さいまし。

何気に能力的にも優秀ですしね。
結構いい味出してきてたので良い感じでありますよ。

shibachi1 at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年11月14日

PSYCHO-PASS 2 第6話「石を擲つ人々」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


ついに東金の変態性が視聴者にさらけ出されました。
朱ちんのサイコパスを黒くしたいとかなんとか。

いいっすね、この人。
まさに愛からくる変態だ。

きっと綺麗なものを汚すのに快感を覚えるタイプですな。
誰しもある程度は持っている部分だけど、それが強くなっちゃってるんでしょう。

例えるなら、清楚可憐な美少女のいやらしい姿を見たくなる感覚というか。
そういうのが突っ走っちゃってる人なんだ。

まあ、朱ちんは普通に考えてもそういう変化がそそられそうですからねぇ。
う〜〜ん、気持ちは分かるぞ。

写真撮ったり、データ収集してるのは、まさにオタク的。
好きなキャラの画像や作中での行動をオタクがチェックしたりするのと同じ感じですか。

清楚可憐なキャラであっても、というか、そうであるからこそエロ同人誌が多かったりするのと同じですよ。

そういう人なんだ東金は〜〜。
つまり我々の仲間だ〜〜。
だってこの作品、二次元の世界だし〜〜(それ言っちゃうか)

ゲームをしているつもりで人殺ししまくった人達に現実を見せる。
手っ取り早い解決方法ですが、そりゃサイコパスも濁りますわな。
まあ、ホロが取れた瞬間スカッとしましたけどね。

逆に人を殺してもサイコパスが濁らないらしい酒々井。
今回の酒々井の様子を見て思ったんだが、殺人に強い意識を抱かない人間はそうなるんじゃないかと。
精神に何かしらの影響が起きるからサイコパスが濁るんでしょうから、そうでなければ変わらないというか。

それにしても、鹿矛囲はドミネーターを集めてどうするんですかね。
執行官を殺しまくるつもりなのかな?
それだけじゃないような気がするので、目的が分かりませんわ。

というか、酒々井の監察官としての登録を外せば、使えなくなりそうなんですけど、そこら辺はどうなってるんでしょうなぁ。

shibachi1 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年11月07日

PSYCHO-PASS 2 第5話「禁じられない遊び」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


目をえぐられた監視官の姐さんは、何やら鹿矛囲に心酔し始めている模様。

怖いっすねぇ。
目をえぐった相手に好意を持つとか、完全に少女漫画の世界ですよ(笑)
いや、少女漫画だと、自分をレイプした相手に惚れたりする展開があったりするので。

というか、そんな簡単に目の移植なんかできるの?
そこら辺でこの鹿矛囲ってのは何か胡散臭いですね。
存在自体が怪しいというか。
ロボットとかだったりして。

局長に朱ちんの事で文句を言う霜月。
何か色々もっともらしい事を言ってますけど、要するに自分が気に食わないから権力を使って排除しようとしてるだけって感じですね。

これが決まり事を重視するタイプが言っているのなら納得なんですけど、この人の場合完全に私怨だからなぁ。
そこで駄目さが光っているのだ。

こういう柔軟性に欠けるタイプは、その内サイコパスが悪くなるでしょうね。
というか、自滅しそうだ。

代議士のおかしな点を指摘する雑賀。
何と別人だと言うのですよ。
あり得そうなんで怖いっす。
もう何でもありですなぁ。

ゲームを操作したら、それによって現実の兵器が起動し、周囲の人間を攻撃し始めております。
ドミネーターは凄い破壊力があるから戦えないこともないでしょうけど、果たしてどうなりますか。
公安の人間も何人か死にそうですね。

東金の事を怪しむ霜月は、こっそり彼の私室に入っております。
おいおい、そこまでしますかい。
あんたのサイコパス大丈夫?

そこで発見したのは、何と朱ちんの写真集。
ストーカーだ〜〜。

まあ、潜在犯なんだからあり得ますわな。
でもこんな気持ちの悪い状況を見たら、霜月の色相が濁りませんかね。
ホント大丈夫かいな。

それにしても、東金が朱ちん大好きだったとは驚きだ。
お仲間ですな。

きっと普段からクールな顔して、内心「朱ちんラブラブ〜〜」とか萌え萌えしているに違いないです。
そんな想像をすると、凄く笑えて楽しくなったのでありました。

shibachi1 at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年10月31日

PSYCHO-PASS 2 第4話「ヨブの救済」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


閉じ込められ、暴力的な状況を見せられ続ける。
そして自らも暴力を受けるかも知れないという恐怖。

完全に色相が濁りますな。

この世界において犯罪に巻き込まれるという事は、警察に殺される立場に変わりかねないという訳ですね。
何というか、被害者であっても犯罪者状態になるんだから怖すぎです。

でも巻き込まれたとはいえ、恐怖でおかしくなった人間は、自らが犯罪を犯す立場に変わりやすいというのも分かるので、社会を保つためには排除するというのも納得です。
やっぱり怖い社会ですわ。

霜月がかなり駄目な感じで描かれてますが、実際普通の監視官ってのはこんなもんなんでしょうな。
朱ちんが異常なのですよ。

霜月のような態度を取っていなければ、色相が濁りかねませんから。
犯罪者の立場にたって推理をしていく、という事は犯罪者の意識に近づいていく、つまり犯罪係数が上昇するって事ですし。
そんなのを積極的にやる人間はそうは居ないでしょう。

立てこもりをしている爺さんは、ストレスが無くなる病気になった結果、生きていく気力すら無くなったみたいですが、なるほどあり得そうな事ではありますな。
ストレスってのは、ある程度無いと生き甲斐を無くす事になりますから。

例えばゲームをしている際に、無敵状態でやっていたらつまらなくなるのと同じでしょう。
全てのゲームが目を瞑っていてもクリア出来るとすれば、やる意味が無くなりますからね。
ある程度の困難、つまりストレスを与えられ、それを乗り越えることに人間は喜びを感じる訳ですから。

そういう意味で、究極にストレスを感じない状態になれば、生きている意味すら無くなる可能性はある訳ですよ。

この爺さんはそういう状態だったのを、鹿矛囲に助けてもらったみたいですね。
ゆえに、自分をそんな状態にした社会に主張しようと、今回のことをしていたんですかねぇ。

解放された人質達は、犯罪係数が思い切り上がっていたので、即座に殺されております。
かなり酷い状況に見えますが、これがこの社会においては当然のことですから、この行為のみを取り上げて、酷いと思うのは間違っている訳です。
酷いのはこの社会のシステムなのでありますよ。

shibachi1 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年10月24日

PSYCHO-PASS 2 第3話「悪魔の証明」


PSYCHO-PASS
サイコパス 2 VOL.1


鹿矛囲が監察官を捕まえたのは、監察官の目が欲しかったからだとか。
実際目玉を取ってるから怖すぎです。

ドミネーターは目に反応して犯罪係数を表示するって事ですかね。
それによって犯罪係数の上昇下降を確認しようというところですか。
あれ? 普通の人は確認出来ないんでしたっけ?

朱ちんは、自分の部屋に書かれた謎の文字を調査する訳ですが、生意気な後輩に頭がいかれた扱いを受けております。
まあ、普通はそう考えるのが当然でしょうけど。
何しろ監視社会な訳だから、気づかれずに部屋に入るなど不可能みたいですからねぇ。

でも鹿矛囲はそれが出来るようなので、今回はそこがポイントなのかな?
前作は犯罪係数が上がらないで犯罪が犯せる人間がラスボスでしたが、今回は機械に認識されない人間がラスボスって感じで。

犯罪係数が上昇した議員や、犯罪係数が低いまま人を殺そうとしている爺さんが鹿矛囲の名を告げた事から、鹿矛囲の存在が明らかになっております。
まあ、だから実在する証拠とは言えませんが、これだけの人間が口にするとなれば、調査しない訳にはいかないでしょう。

このままだと前作の槙島のような存在が沢山出てきそうな感じですね。
そういった人間に変える力が鹿矛囲にはあるって事なのか。

そういう意味で、世の中を数値では犯罪を犯すか分からない状況へ戻す活動をしていると言えるのかも知れません。

鹿矛囲自身は「犯罪係数が低ければ、している行為は犯罪じゃない」みたいな考えのようにも思えるので、シビュラシステム社会を肯定しているようにも思えますな。
犯罪というか、人に危害を加える行為に対する判断をシビュラシステムに委ねているというか。

そこら辺が槙島とは違った怖さの人間のように思えますわ。
さて実際はどういう感じなのか。
楽しみに次回を待ちたいと思います。

shibachi1 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年10月17日

PSYCHO-PASS 2 第2話「忍び寄る虚実」


PSYCHO-PASS
サイコパス VOL.7


前回逮捕した男のサイコパスの数値が正常値に低下。

これでは釈放せざるを得ない、となる訳ですが、最後の聴取の際に逃亡。
監視官をナイフで刺し、爆弾を爆発させる犯行を行ったため、当然のごとくサイコパス数値も一気に300超えをしております。

さすがに今度は殺害されてしまう訳ですが、この犯人のサイコパス数値を減らしたとおぼしき人物は、サイコパス数値を戻せる可能性があったのに、公安局が殺した事を悔しがっているようです。
そして朱ちんが可能性に気づいてくれるものと思っていた模様。

監視社会の中で姿を認識されずに行動出来る彼は一体何なのか。
しかも悪人的ではなく、サイコパス数値で殺してしまう社会システムに憤っている感じからして、朱ちんと似た考えの持ち主にも思えます。

彼の知るサイコパス数値の低下方法が上手くいけば、シビュラシステムの意味が無くなる可能性がありますね。
でもそれは誰が犯罪を犯すか分からない過去の状態に戻る事になるので、凄い混乱が起きそうですけど。

まだ話が見えてこない序盤ですが、実にワクワクする流れになっているので面白いです。
これから朱ちんと謎の人物との関係がどうなっていくのか楽しみに観たいと思いますわ。

shibachi1 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年10月10日

PSYCHO-PASS 2 第1話「正義の天秤」


PSYCHO-PASS
サイコパス VOL.7


朱ちんが凄くなってるぞ〜〜。

頼りになるお姉さんになっていて、お姉さん好きのわらしとしては狂喜乱舞。

残念なのは新人監視官が女性だった点だ。
どうせなら童顔の男にして欲しかったであります。

狡噛を彷彿とさせる予測能力の高さで、犯人像とその目的を見破っているのがカッコええっすな。
もう朱ちんに任せておけば完璧だ。

今回犯人を殺さずに逮捕に抑えたのは、安易に数値で殺しをさせるシビュラシステムへの反抗なんでしょうね。
確かにたった1下がるだけで殺しじゃなく麻酔にドミネーターが変化するんだから、助けたいと思いますわな。
特にこの犯人は一般人に被害を出さないようにしていた訳ですから、更生の可能性は高いですし。

そうした人間の可能性を排除して、一度犯罪係数が一定値をオーバーしたら即殺すってのは凄く怖いことですよ。
シビュラシステムは何とかなりませんかねぇホント。

最後に何やら怪しげな兄さんが出てましたが、この人が2期におけるラスボスですかね。
朱ちんより年下だと萌えるので、そうだといいですなぁ。
さらに朱ちんにラブになると楽しいので宜しくお願い致します。

shibachi1 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月28日

シドニアの騎士 第12話「帰艦」


シドニアの騎士 一

ガウナ星白との戦い。

うむ、やはりこうしたライバル的な存在との戦いは燃えますな。
ついでに星白の容姿なので萌えます。

可愛い女の子が強くて襲いかかってくる、というのは何とも言えない良さがありますよ。
そうしたM的な快感が、昨今ある「強い女の子に守られる主人公」ってな作品を生み出しているのかしらん。
まあ、元々男にはマザコンの気があって、「女性に守ってもらう」という事を求める部分があるように思えますが。
でも男の子は頑張ってくれた方が私は好きなのよねぇ。

意識を失い、落下する長道を助けるイザナ。
おおっ、こういう役に立つ展開になりましたか。

長道を気にしている描写があったので、何か足手まといになるフラグかと思っていたのですが、助けるフラグだったので良かったです。
普段恋愛のことでウザったい態度を取っているので、シリアスシーンではまともな行動をして欲しいですからな。
そうじゃないとただの嫌なキャラになってしまいますゆえ。

弾が切れ、このままではガウナ星白にやられる、という所で思い出すは、戦闘前に渡された弾。
以前岐神の策略の巻き添えで怪我をした、仄姉妹に託されたものです。

そいつを撃ち出そうとするも、今度は銃を破壊され、撃ち出す手段を失う。
しかしそこはそれ、日本人の血を引く長道。
銃なんぞ無くても敵を吹っ飛ばす方法はあるのじゃ〜〜、とばかりに、銃弾を手にした手を飛ばした〜〜。
ロケットパ〜〜ンチ。

ロケットパンチ最強伝説。
可愛い星白の名の下に、ガウナを原子に打ち砕く必殺のパンチですよ。

っていうか、手を飛ばす装置を付けている時点で、このロボットを設計した人が日本人の血を引いているというのがよく分かります(笑)

これでガウナ星白も退場ですか。
何とも寂しいですのぉ。
可愛かったからなぁ。

長道の優しい言葉に涙する岐神。
あ〜〜、ずっと引きこもっていたせいで、人の優しさが身に染みるようになったのかな。
このまま改心して復活するんでしょうか。
変にいい人になっても気持ち悪いので嫌だけど(笑)

長道に謝る仄の一人。
って、岐神の起こしたあの事件は事故にされてる訳ですか。
何だ良かったね長道。

それにしてもいつの間にそんな風になったのやら。
あ〜〜、もしかして長道が英雄状態になっているから、そういう事にしたのかしらん。
ありがちだ。

仄達の実年齢は5歳くらいですか。
何かエロいっすな。
顔も美人系で、お胸も宜しい姉妹ですから、そういう設定はゾクゾクしますよ。
一人彼女にしたいれす。

エナ白消える。
あ〜〜、大本のガウナを殺したから消えちゃったのかな?
これで星白のラブリーな姿を見ることは無くなるという事か。
何と悲しいことでありますや。

shibachi1 at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月21日

シドニアの騎士 第11話「衝突」


シドニアの騎士 一

メガネ研究員さんのシャワーシーン〜〜。
おっぱいおっぱい〜〜。

うむ、この女性はおっきいですからな。
こういうシーンがあるのは非常に嬉しいです。

艦長のシャワーシーンも観たいのぉ。
まあ、前に裸は観てるけどさ。
でもシャワーシーンってのはまた違うのでね。

そういやおっぱいキャラは、動くと微妙におっぱいが揺れるけど、これってそういう設定がされているからなのかな?
実に宜しいことである。

岐神がやたらと描かれるんですけど、これだとまるでいざという時に活躍するフラグみたいだ。
そんな展開は岐神には似合わない(笑)ので、是非ともここでいつまでもウジウジしていて欲しいところである。

っていうか、未だに「本来は自分のものだった」みたいな事を言っているのに呆れた。
まあ、引きこもってばかりじゃ変化のしようもないでしょうけど。

だがヤツには世話をしてくれる美少女が居るのですでに幸せなのだ。
ゆえにどうでもいいのである。

「私にお前の力を貸してくれ」

おねがい艦長(笑)
うむ、萌えるな。

どうせならここは、二人して裸でベッドに居るシーンでやってくれたらさらに萌えたのに。
その熟れた肉体で長道を誘惑し、自分に対する執着を持たせて手駒にするのですよ。

少年は魅力的な女性のおねだりであれば、張り切って叶えようとしますからな。
それをするには、やはりエロ行為が手っ取り早いし効果的だと思うのだ。

大人向けだったらあり得る展開なのですが、そうでないのが実に残念です。
仕方ないから勝手に妄想してそう思うことにしよう。

「シドニアの騎士ですから」という長道の言葉に、ちょっと困ったように微笑む艦長が可愛いぜ。
こういうところがたまらんのよね。
やはりこの作品におけるヒロインは艦長だな。
そう決めた。

ついに現れる星白モドキなガウナ。
何か凄く強いんですが、こんなの相手にどうするんでしょ。

長道が何とかするんですかねぇ。
どうなるのか次回を待つであります。

shibachi1 at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月14日

シドニアの騎士 第10話「決意」


シドニアの騎士 一

艦長、女将のコスプレを披露(笑)

何やってるんですか〜〜。
まさか長道の行き先を調べてスキンシップを図ろうと待ちかまえていたとでも言うのか。
それではストーカーだ(笑)

女の子と女の子になるかも知れないのと一緒に旅行するなど、私の目の黒いうちは許しませんよ、というアピールでしょうか。
うむ、年上女性の嫉妬は実に良い感じである。

怖がるイザナにボコられる長道。
殴られて凄まじい顔になってますが、そこまでやれるイザナの力は凄すぎだぞおい。
そしてすぐさま回復する長道も凄すぎだ。

さすが不死ですな、回復力が半端無い。
普通ならギャグキャラ状態だけど、回復についてきちんと説明できるところが恐ろしい作品だ(笑)

「ここは私がやり方を変えよう」

艦長デレた(笑)
長道が可愛いので、自分の信念よりも優先させちゃうのね。
何という萌える展開か。

今後はやはり肉体的な誘惑も欲しいところですな。
心身共に可愛がる感じにして、自分に好意的になるようにし向けるのですよ。
若い子に取られんように、大人の肉体と魅力で骨抜きにするのですな。
うむ、素晴らしい展開だ。
是非ともやって欲しいところである。

しかしその妄想をあざ笑うかのごとく、エナ白の可愛さが爆発。
体を何か服みたいな感じにして可愛くしてますよ。

こりゃたまらんですね。
前からおっぱいとか太ももとか見えていたけど、服から覗く状態になると魅力がアップしますゆえ。
やはり服ってのは女の子を可愛くしますのぉ。
そりゃ長道だって顔を赤くするさね。

しかも長道の名前まで書いてますよ。
途中でペンを折っちゃって動揺する辺りなんかも可愛すぎるわ。

こいつはたまらんですな。
もう惚れちゃうでしょう。
わらしは惚れた。

shibachi1 at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月07日

シドニアの騎士 第9話「眼差」


シドニアの騎士 一

まみゅまみゅ〜〜。

おお、イザナのお婆ちゃんだったのか。
何て若いお婆ちゃんだ。
こんなお婆ちゃん居たら惚れてしまうがな。

メガネおっぱいさん登場。
いきなりのおっぱい押し付け攻撃に、わらしの心は奪われた。
おっぱいおっぱい。

エナ星白〜〜。
逆にすると星白エナとなるので、普通に名前みたいだ(笑)

それにしてもやはり可愛い。
裸みたいな格好なのもそそるね。
こんなの見せられたら長道がハマるのもよく分かる。

だって可愛い女の子が自分に興味示していて、猫が懐くみたいに時折ちょっかい出してくるんですからのぉ。
そりゃたまらんわ。

いきなり長道がカビザシ持ちになって、班長までやってますよ。
どういうこっちゃい。
あ、岐神がサボってるので実力的にそうなった訳か。

その後は省略〜〜。
次々に活躍する長道の様子が情報として描かれます。
何か急に話が薄っぺらくなったぞ(笑)

岐神は星白恐怖症(笑)で、パイロットやれなくなってるみたいですね。
引きこもりっぽいですなぁ。
何というか駄目な人になってる・・・

それでも暮らしていけるんだから金持ちは得じゃのう。
何か可愛いお付きのお嬢さんまで居るしさ。
こういうお嬢さんは好みでござんすよ。

エナ星白は、常にある方向を見ている。
それはカビザシが保管されている場所。
つまりガウナが狙っているのは、やはりカビザシだった。

果たして本当にそうなのか。
次回を待つといたしましょう。

shibachi1 at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月31日

シドニアの騎士 第8話「不死」


シドニアの騎士 一

聞こえてくるぞ可愛い声が。
星白の声がぁ〜〜。

生きていたんだね星白。
と思いたくなるが、さすがに死んでるでしょうなぁ。

これはガウナの擬態、と言いたいところですが、声、しかもちゃんと発音までしっかりしている状態というのがかなり異常なんじゃないかと。
そこまで出来るのガウナって。

まあ、姿を似せられるんだから、発音なども模倣しようと思えば出来るのかも知れんが。
でもこれはかなり嫌ですねぇ。
知らない人ならともかく、親しい相手となったら凄く嫌ですよ。
ガウナなのだと分かっていても躊躇しちゃいますがな。

操縦席とか星白の体まで再現してるよスゲェ。
もちろん中身も可愛い星白なんでしょうな。
それだったら素晴らしいぞ。

楽しそうに笑っているのが可愛くてたまらんぜよ。
何かこういう風に誘ってくる化け物が居たら、あっさり食われてしまいそうだ。

動揺しまくりの岐神。
自分のせいで星白が死んだってのを凄く分かっている訳ね。
まあ、この人ってかなり小者だから、罪悪感で押しつぶされてもおかしくないけど。

何しろ長道に「星白のことを告げ口すんじゃねぇぞ」と念押しするくらいですから。
大物の悪党だったらそんな事を言うまでもなく、相手が実際しても大丈夫なようにしていますからな。

いや〜〜、今回の様子でかなり可笑しくなってしまった。
この人、ホントに人間小さいわ。
もし星白じゃなく長道が死んでいたとしても、同じように凄く動揺してそうだ。

星白ガウナはやたらと動きが良い状態。
通信を送ってきているくらいだし、言葉も喋っている訳だから、こちらの通信を傍受して作戦を聞いて判断しているんじゃないですかね。
星白を模倣したとすれば、その能力を模倣していてもおかしくないですから。
ガウナ自体が内容を理解してしている、というより、本当にただ模倣している感じでさ。

それにしても、やっぱり笑っている星白ガウナが可愛くてどうしようかと。
たまらんぜよこいつは。

長道は不死だった〜〜。
おお、なるほどそれで怪我の治りが早い訳だ。
恐るべき技術ですねぇ。

んでそれをやっていたのが、イザナと同じ名字のお嬢さん。
声はまみゅまみゅなので萌え萌えだ。

この人とイザナは同じ系統の人間って事でしょうから、つまりイザナが女体体するとこんな感じになるって事ですな。
うむ、おっぱい大きいじゃないか。
これはイザナの女体化に益々期待が高まるぞ。

取り敢えず「出すのは早すぎるわ」という言葉を曲解して、色々妄想して楽しませていただきました(笑)
だってまみゅまみゅなんだも〜〜ん。
妄想が楽しめるんだも〜〜ん。
素敵なんだも〜〜ん。

星白出た〜〜。
蘇りし星白。
ガウナから回収した星白モドキは、中身も星白だった〜〜。

これって元々の体を使っているのか、それともガウナが作り上げたクローン的なものなのか。
どうなっているのか気になりますが、そんな事はどうでもいいのだ。
星白が再び出るという点が大事なのである。

しかも何か幼児的な喋りになっているので、変な意味での可愛さが出てますぞ。
つまり体は大人、頭脳は子供な、ちょっと危ない魅力のあるお嬢さんとして復活したという事ではないですか。
うむうむ、こいつはたまらんなり。

shibachi1 at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月24日

シドニアの騎士 第7話「覚悟」


CGWORLD 2014年
5月号 vol.189


岐神やりやがった。

まさか多くの人を犠牲にしてでも長道を陥れるとは。
というか、これが原因で自分も死ぬかも知れない可能性を考えない辺りに平和ボケを感じさせて怖いわ。

個人的な戦闘の時に邪魔をするのかと思っていたのだが、思い切り全体の作戦を失敗させる手段をとるとはねぇ。
全滅したかも知れないことを考えると、スゲェ怖いわこいつ。

それにしても、通信って記録されてないんですかね。
普通は記録されていると思うから、思い切り証拠が残るんですけど。

それに長道が「岐神の命令があった」と言ったらどう言い訳するつもりだったのやら。
「命令してない」と言い張ったって、記録があればバレるし、記録が無いにしたってどちらが本当か分からないから、責任を負わされる可能性はあるわな。

星白は長道を助けた事で死亡。
まあ、この間助けてもらったがゆえの行動でしょうな。
命令で止めたって行くよそりゃ。

でもそのせいで死んでしまうとは悲しすぎる。
串刺し状態は痛いっすねぇ。

というか、こういう場合はエロエロ〜〜んな状態になるのが常識だというのに、何故串刺しなのだ〜〜。
触手と言ったらエロでしょうが。
それが何で串刺しなんじゃ〜〜。
酷いなり〜〜。

あ〜〜、これにより私の視聴意欲は落ちまくりだ。
これから何を楽しみに観ればいいと言うのか。
星白が出ないのでは何の楽しみもないぞ〜〜。

ふむぅ、これは早いとこイザナに女体化してもらって、おっぱいなお嬢さんになってもらうしかないですな。

艦長裸〜〜。
艦長裸〜〜。
艦長裸〜〜。

おおぅ、素晴らしい。
おっぱい要員たる星白が死んだ同じ回に、艦長のおっぱい披露とは何と上手い作戦か。

うむ、これならまだ視聴意欲は落ちないぞ。
僕らにはまだ艦長が居たのだ。
艦長の長道に対する大人の色気による攻撃が残っていたのだ〜〜。
バンザ〜〜イ。

shibachi1 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月17日

シドニアの騎士 第6話「敬礼」


CGWORLD 2014年
5月号 vol.189


頬を染める星白が可愛いで〜〜す。
うむ、やはり良いな。

優等生的性格で私好みの髪型でおっぱい。
実に素晴らしき設定だ。

星白がヒロインである限り、この作品の魅力は私の中で安定するであろう。
星白さえ出ていればそれで問題ないのだ。
星白万歳。

今回もキタ〜〜。
星白のはでゃか〜〜。
うむ、これがあるから良いのだよ。
素晴らしすぎるぜ。

星白とラブラブデート。
盛り上がって良いねぇ。
星白萌えな私としては、実に嬉しい展開だ。
このまま二人がくっつくと良いのぉ。
そうなったら幸せですよ。

しかしだ、この海中浮遊槽ってやつはよ、死亡フラグなのよ。
これに乗ってイチャイチャするとだな、死ぬのだよ。
それはすでに実証済みだ。

さらにこの作品においては、力を入れて描かれたキャラは死ぬってのがパターン。
つまりヤバすぎる状況ってヤツですね。

普通の作品だと星白はヒロインだから、基本的に死にません。
しかしこの作品はあっさり殺しそうな雰囲気があるので怖いのだ。
ヒロインだからといって死なないとは言えないのである。
ゆえに恐ろしい。

そしたら死んだ〜〜。
ホントに死んだ〜〜。
やっぱり死んだ〜〜。

いきなり時間軸がぶっ飛びましたが、どういう事なんでしょう。
長道が失敗したのが原因みたいな見せ方してますが、果たして本当にそうなのかなぁ、と。
岐神がかなり長道の事を嫉妬してましたから、それが原因になってそうな気もしますが。

さて実際はどうなのか。
次回を楽しみに待ちたいと思います。

次回ならまだ星白も出るしな。
くそぉ、でもその後は楽しみが減ってしまうじゃないか。
星白が居なくなったらどうすればいいのだ。
わらしの楽しみを返せ〜〜。

shibachi1 at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月10日

シドニアの騎士 第5話「漂流」


CGWORLD 2014年
5月号 vol.189


今回は星白祭り〜〜。

星白の可愛いところが沢山観られましたよ〜〜。
バンザ〜〜イ。

何しろ二人きりの状態で、ほとんど二人の様子ばかり描写されてましたからね。
そりゃ星白の出演量も増えて、実に幸せな気分になれるってもんです。

心配する長道の言葉に頬を赤くするのが可愛い。
命をかけて心配してくれてるんだから、そりゃ頬も赤くするわな。
普通惚れちゃうよ。

上からのアングルでおっぱいが大きく映っているのが可愛い。
やはりおっきい。
星白おっぱい万歳。

ちなみにこの宇宙服ってかなり年期入ってるけど、やはり使い回してるんですかね。
そうなると女性の場合、お胸のサイズとかを合わせるのが大変そうだ。
星白はかなりおっきいからのぉ。

そして揺れたっ。
食料確認の際におっぱいがアップになったが、そこで揺れたっ。
星白のおっぱいが揺れたっ。
おっきなおっぱいが揺れたっ。
バンザ〜〜イ。

さらに脱いだ〜〜。
服を脱いだ〜〜。
星白が服を脱いだぞ裸だぞ〜〜。

光合成万歳っ。
エネルギー補給のために裸にならなければいけないのです。
何と素晴らしい体なのでしょう。

この「見えないけど、そこで可愛い女の子が裸でいる」という状況は実に宜しいですね。
ドキドキして素敵ですよ。
たまらんちあ。

脱水症状の長道のために、おしっこ放出〜〜。
これって強制的に吸い出してるんですかね。
だからちょっと快感を感じて顔が赤くなってるんでしょうか?
うむ、エロい。

そのまま飲ませるのかと思ったら、ろ過装置が付いてたのね。
それなら安心だ。

そしてこの事で潤滑剤をろ過すればいい事を思いつく長道。
おおっ、星白のおしっこがそんな風に役立つとは。
飲尿プレイが命を救うってヤツですな(笑)

っていうか、「星白がおしっこ飲ませてくれたおかげだよ」とか言ったら最高だったのに(笑)
実際そうした風に感じたから、星白はろ過の提案の際に少々動揺していたのだと思いますからのぉ。
可愛いですな。

水を得られた喜びに抱き合う二人。
かなり良い雰囲気になって、普通ならチューしちゃうところですよ。
いやいや、二人きりの状態だからその先の行為までしてもおかしくはありません。
何しろ生命の危機ですからな。
子孫を残そうと本能が働くのは当然ですゆえ。

しかしそこへ邪魔が。
何たること、救援が来てしまいましたよ。
もう少し遅れてくればいいのにぃ。
何と残念なことか。

「俺由来の水で良ければな」

おおっ、おしっころ過水はそう呼ぶのね。
うむ、覚えた。

シドニアに戻ったら、星白に「星白由来の水をもう一度飲ませてくれ」と言わないとのぉ。
というか、顔を真っ赤にして恥ずかしがっている星白が可愛すぎるわ。

それにしても星白は何度顔を赤くしたでしょうな。
実に素晴らしいことです。
まさに星白祭りな回でありました。
幸せなり。

shibachi1 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年05月03日

シドニアの騎士 第4話「選択」


シドニアの騎士(2)

カビザシを回収するために出撃〜〜。

どうしてここで長道が出撃するのかが謎ですが、そこはやはり艦長の思惑ですかね。
まあ、実戦経験者という意味で選ばれていてもおかしくないですが。

取り敢えず出撃したので、これで後はガウナが襲ってくれば活躍出来るぞ、とか思ってみたり(笑)
ついでにカビザシを拾いに行く任務だから、前と違ってガウナを倒せる装備がある訳で、こりゃ長道活躍フラグ?(笑)

カビザシを回収し、帰還しようとする長道たちへガウナが方向を変更。
しかもビーム射撃までしてきましたよ。
そのせいで星白の機体が暴走し、あらぬ方向へと直進し、最後には爆発。

ああっ、せっかく可愛かったのに死んじゃうのね。
と思ったら生きてました。
脱出しました。
良かった良かった。

普通の作品だったら「どうせ死なないんでしょ?」と思うのだが、この作品の場合は死にそうなので怖かったのですな。

星白を殺したら萌え要素が減少しまくりでしたからのぉ。
おっぱい要素も減少しまくりですよ。
イザナでは萌え要素は何とかなっても、おっぱい要素は無理だからなぁ。
そういう意味で本当に良かったです。

カビザシを手にした長道は、ガウナに特攻し、見事倒すのでした。

ううむ、何とも凄いですね。
精鋭戦隊(笑)の四人が駄目駄目だったのと比較すると、実に素晴らしい手際と言えるでしょう。
さすが主人公である(笑)

そんで星白も助けに行っちゃいますよ。
自分が帰れなくなるかも知れない危険を冒してまで助けに行きますよ。

どうなるかは次回に持ち越しですが、こりゃ上手く助けられて星白に惚れられる展開ですか?
そうなったら嬉しいのぉ。
星白可愛いからさ。
おっぱいだし。

そんな状況になる事を期待して次回を待つことにいたします。
まあ、半分は助けられなくて、やっぱり星白死にました、なんてのも予想してたりもする訳ですが(笑)

shibachi1 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月26日

シドニアの騎士 第3話「栄光」


シドニアの騎士(2)

星白浴衣〜〜。
おっぱい〜〜。
バンザ〜〜イ。

やはりいいですね、星白。
わたしゃこういう優等生タイプのお嬢さんに弱いからのぉ。
実に可愛らしくて宜しいです。

それにしても、いつもタイミング良く現れますねぇ。
まさに「私に惚れろ」と言わんばかりの状態だ。

そしてイザナに関しては、振られフラグが立ちまくっているかのごとく、星白に先を越されまくりで笑ってしまった。

この不運を何とかするには、やはり女の子になるしかないですよ。
きっと男の部分がある限りは許さない流れが働いているに違いない。
だから早く女の子になるのだそうしろ〜〜。

討伐隊メンバーの名前が、青、赤、緑、百(桃)ってなってて、思い切り戦隊シリーズ状態になっているのに吹いた(笑)
ギャグですな。

この人達はやたらと「いい人」な様子が描かれ、思い出的な話が展開されたので、凄く死亡フラグになってて苦笑してしまった。
そんで実際に死んでるし。

前回もわざわざ時間を戻して、死ぬキャラの回想シーンをやってましたが、この作品のパターンなんですかねぇ。
死ぬ前に目立つように描く、ってのが(笑)

さて、現在のトップエース達が全員死んでしまいましたが、これからどうするのか。
まあ、そこで訓練生が出張るってのも早すぎる気がするので、長道の出番はまだですかね。
それとも特別に出撃するようになったりするのかしらん。
現役の人達がみんな死んじゃうとかさ。

どうなるのか次回を楽しみにしたいと思います。

shibachi1 at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月19日

シドニアの騎士 第2話「星空」


シドニアの騎士(2)

前回の話から少し戻って、何やら気の強いお嬢さん視点での内容が・・・

何じゃらほい、と思ったら、あのやられちゃったお嬢さんね。
そしてそのまま死亡、と。

ガウナに喰われちゃいましたが、ガウナって人を食べるの?
何かそういう感じの生物に見えてなかったので意外。
というか、食べたお嬢さんに姿を似せたので、何かしらの要素を求めて食べてるって事なのかなぁ。

取り敢えず、触手で捕まったのでエロいことをされるんじゃないかと妄想して楽しみました。
ええ、無いだろうという事は分かっていたのですが、勝手に妄想しました。
だってその方が楽しいんだもん。

普通の作品であれば、ここで主人公が凄い活躍をしてみんなのピンチを救う展開になる訳ですが、何やら心肺停止状態みたいなのでこりゃ無理だ。

とか思っていたら、何か回復しましたよ。
ええっ? どういう事っすか?
もしかして脅威の回復能力の持ち主なんじゃらほい。
実は禁断の技術が使われていて、不死身人間になってるとかだったり。
だから艦長とかが特別扱いしてるってことなんですかねぇ。

復活した長道は、ガウナーと狂ったように戦いますが、トドメをさせる武器を装備していないので、今回はこれにて終了。
シドニアからの超強力兵器によりガウナーはバラバラに・・・

でも生きてるそうな。
追いかけてくるそうな。
そりゃキツいわなぁ。

弱点をきっちり潰さないと殺せないって事ですかね。
なるほど、それゆえに小型兵器による戦いが必要になってくる訳ですか。

今回の長道の活躍は、軍事機密ということで公表されず、しかし次に戦う予定の人達には知らされたようで、何やら長道に会いに来ております。
エリート意識の強い兄さんは、自分に会いに来たものだと思い込んでいたので笑ったっす(笑)
でもまあ、普通はそう思うよねぇ。

他にも機密を覗いちゃったお嬢さんが、何やら長道に惚れた感じで挨拶してますな。
おおっ、何かいいっすね。

イザナも長道が星白と一緒のところを見て嫉妬している感じですし、モテてますなぁ。
いやはや良いことだ。

っていうか、この感じだとイザナは女性体になりそうですね。
そうじゃないと体的に不利ですばい。

やはり男を落とすならボディによる誘惑が必要ですゆえ。
それが男の体じゃ逆に気持ち悪いですからのぉ。
ここは可愛く女の子になりましょう。
期待である。

shibachi1 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月12日

シドニアの騎士 第1話「初陣」


シドニアの騎士(2)

何か管理社会っぽい世界だなぁ、と思ったら、宇宙ステーションみたいな場所でした。

主人公はそこの地下で育ち、これまで社会と触れずに暮らしてきた、と。

でもロボットの操縦シミュレーターはやっていて、成績は抜群、のはずなんだけど、他の人たちと同じ機体でやったら最下位だったりして。

まあ、機体が違えば操縦方法も違うだろうから仕方ないんじゃないかと思ってみる。
って、そういう問題でもないか。
何しろ最下位だからなぁ。

食べ物に関して光合成がどうとか言ってるんで、この世界の人間は食料を食べないって事なんですかね。
でもその割に米を作ってたけど、あれは何じゃらほい。

さらに男でも女でも無い存在までいるとか何か凄いっすな。
私は女の子が良いけどさ。

いきなりシャワーシーンが出たのは嬉しかったですよ。
って、シャワーじゃなくて光合成か。
どちらにせよ裸になるのなら大歓迎だ。
うむ、やはり女の子の裸は良いね。
男はイヤン。

主人公は撃墜王が乗っていたという機体をあてがわれる訳ですが、これってシミュレーターのと同じ機体って事ですかね。
そうなれば実力が発揮できる?
という事にもならず、いきなり化け物にやられております。

おいおい、これじゃ活躍の場が無いじゃないですの。
それとも次回は活躍するのかな?
そうじゃないと特別扱いされている理由が分からなくなりますからねぇ。
期待させていただきましょう。

ヒロイン的には、警察へ運んでくれたお嬢さんになるのかな?
可愛いので良し。
私の好みですよ。

でもエリート意識の強い兄さんが惚れてる感じなので恨まれそうですけど。
他にもこの兄さんが乗るのを夢見ていた機体に乗っちゃってるしなぁ。
今後嫌がらせとか色々されそうで不安ですわ。

話的には化け物との戦いがメインになりそうですが、ヒロインとのラブもあると良いですなぁ。
男でも女でもない、とか言っていた人ともラブになって、彼・彼女が女性体へと変わるのもありだ。
っていうか、声が女性なんだから女性体にならなきゃイヤン。

shibachi1 at 09:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

管理人 シバッチ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アニメ各話感想
感想話数少アニメ

【あ行のアニメ】
アウトブレイク・カンパニー
アカメが斬る!
アクエリオンEVOL
アクティヴレイド
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
荒川アンダー ザ ブリッジ
RD 潜脳調査室
アルドノア・ゼロ
イクシオンサーガDT
いちばんうしろの大魔王
いつか天魔の黒ウサギ
イノセント・ヴィーナス
IS<インフィニット・ストラトス>
ウィッチブレイド
うしおととら(1) (2) (3)
うたわれるもの 偽りの仮面(1) (2)
宇宙戦艦ヤマト2199
AIR
エウレカセブン
エウレカセブンAO
エレメンタルジェレイド
狼と香辛料
狼と香辛料
オカルティック・ナイン
織田信奈の野望
おとぎ銃士赤ずきん
俺物語!!(1) (2)

【か行のアニメ】
輝きのタクト
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
革命機ヴァルヴレイヴ
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッチャマン クラウズ
ガッチャマン クラウズ インサイト
CANAAN
Kanon
神様ドォルズ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ
神のみぞ知るセカイ OVA
神のみぞ知るセカイ 女神篇
仮面のメイドガイ
喰霊−零−
ガン×ソード
ガンダムSEED DESTINY
ガンダム Gのレコンギスタ
ガンダムOO
ガンダム 鉄血のオルフェンズ(1) (2) (3)

ガンダムUC
かんなぎ
寄生獣 セイの格率
キディ・ガーランド
キミキス pure rouge
キャプテン・アース
GANGSTA.
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾンII
京四郎と永遠の空
銀色のオリンシス
グイン・サーガ
クオリディア・コード
くまみこ
クレイモア
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
クロムクロ(1) (2)
K
K MISSING KINGS
K RETURN OF KINGS
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線(1) (2)
月刊少女野崎くん
源氏物語千年紀 Genji
攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG
甲鉄城のカバネリ
鋼鉄神ジーグ
極黒のブリュンヒルデ
極上生徒会
GOSICK−ゴシック−
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
CODE:BREAKER
琴浦さん

【さ行のアニメ】
彩雲国物語
PSYCHO-PASS
PSYCHO-PASS 2
SAMURAI7
サムライガールズ
サムライブライド
サムライフラメンコ
さんかれあ
3月のライオン(1) (2)
残響のテロル

しおんの王
屍鬼
シグルイ
シドニアの騎士
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII
シャングリ・ラ
獣王星
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
シュヴァリエ
STEINS;GATE
純潔のマリア
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(1) (2)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1) (2) (3)

新世界より
真マジンガー 衝撃!Z編
侵略!?イカ娘
神霊狩/GHOST HOUND
翠星のガルガンティア
スカルマン
スクールデイズ
スクールランブル
スクールランブル二学期
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
ストライク・ザ・ブラッド
Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
スーパーロボット大戦OG
スピードグラファー
世紀末オカルト学院
聖剣の刀鍛冶
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサー
ゼーガペイン
絶園のテンペスト
ゼノサーガ
ゼロから始める魔法の書
ゼロの使い魔
ゼロの使い魔〜双月の騎士〜
ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜
ゼロの使い魔F
閃光のナイトレイド
戦場のヴァルキュリア
蒼穹のファフナー
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
蒼穹のファフナー EXODUS(1) (2)
奏光のストレイン
創聖のアクエリオン
そらのおとしもの
そらのおとしものf
ソルティレイ
それでも世界は美しい
それでも町は廻っている

【た行のアニメ】
タイドライン・ブルー
タブー・タトゥー
ダンガンロンパ
ダンクーガ ノヴァ
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
つぐもも
ディメンションW
テガミバチ
鉄腕バーディー DECODE
鉄腕バーディー DECODE:02
鉄腕バーディー DECODE OVA
DEVIL SURVIVOR 2
Devil May Cry
デモンベイン
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
地球へ…
天鏡のアルデラミン
東京ESP
DOG DAYS
DOG DAYS′
DOG DAYS″
トータル・イクリプス
ドラゴンクライシス!
トリニティ・ブラッド
ドリフターズ
ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

【な行のアニメ】
NIGHT HEAD GENESIS
夏目友人帳 参
謎の彼女X
七つの大罪
七つの大罪 聖戦の予兆
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
ぬらりひょんの孫
ノエイン もうひとりの君へ
ノーゲーム・ノーライフ
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
ノブナガ・ザ・フール
ノラガミ

【は行のアニメ】
ハイスクールD×D
ハイスクールD×D NEW
ハイスクールDxD BorN
這いよれ!ニャル子さん
這いよれ!ニャル子さんW
薄桜鬼
幕末機関説 いろはにほへと
はじめの一歩 New Challenger
はじめの一歩 Rising
バッカーノ!
バディ・コンプレックス
花咲ける青少年
ハヤテのごとく!
バンブーブレード
パンプキン・シザーズ
東のエデン
東のエデン 劇場版
東のエデン 劇場版
ビッグオーダー
ひぐらしのなく頃に解
棺姫のチャイカ
pupa
ヒロイック・エイジ
貧乏神が!
Phantom−PHANTOM THE ANIMATION−
Phantom〜Requiem for the Phantom〜
Fate/stay night
Fate/stay night Unlimited Blade Works
Fate/Zero
Fate/Grand Order
Fate/Apocrypha
武装少女マキャヴェリズム
武装錬金
プピポー!
ブラスレイター
BLOOD+
フリージング
プリンセスラバー!
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
ProjectBLUE 地球SOS
フルメタル・パニック! The Second Raid
BLAZBLUE ALTER MEMORY
ブレイクブレイド
PERSONA−trinity soul−
persona4 the ANIMATION
Persona4 the Golden ANIMATION
僕だけがいない街
WHITE ALBUM

【ま行のアニメ】
まおゆう魔王勇者
マクロスΔ(1) (2)
マクロスFRONTIER
まじもじるるも
魔弾の王と戦姫
まどか☆マギカ
魔法科高校の劣等生
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
輪るピングドラム
無彩限のファントム・ワールド
魍魎の匣
問題児たちが異世界から来るそうですよ?

【や行のアニメ】
幼女戦記
夜ノヤッターマン
ヨルムンガンド

【ら行のアニメ】
REIDEEN
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル−銀翼のファム−
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:CREATORS(1) (2)
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
リーンの翼
レンタルマギカ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ローゼンメイデン トロイメント

【わ行のアニメ】
我が家のお稲荷さま
検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
HP時代の日記を検索
同盟&トラコミュ
cover

cover

cover

cover

cover

cover

cover

にほんブログ村 アニメブログへ