芝えびの尻尾

芝えびがうろうろした足跡、いや違った、えびだから“尻尾の跡”

不思議な天気のような

image5月らしいともいえるのでしょうが、暑いような寒いような、ちょっとした陽の当たり具合、風の吹き具合で感じ方が変わる不思議な天気でした。
まあ試合の流れもそんな感じで、イイことだけを言えばあれがオフサイドでなければとか、後半のカウンター状況をしっかり沈めていればとか、いろいろ言えるのですが、ピンチで相手が外してくれたケースもこれあり、この勝利がリーズナブルな結果といえるのか、ツッコミの入る余地はありそうです。

それでも、試合終了時の天気は開始時よりずっと良くて、雲間から太陽が望める明るさと暖かさがありました。横浜ファンとしては、それを信じたいと思います。

星は磨かれて輝きを増した

imageアウェイ側スタンドで観ていたので、横浜の未来を担うであろう若い選手のピチピチゴールを間近に堪能できました。
バタバタした出入りの激しいゲーム展開でしたが、選手みんなに見せ場があって、後味爽快な楽しい観戦でした。

今日は笑って帰りましょう。

ハラハラ、ドキドキ

image攻守ともスリリングな場面が多く、全選手の闘志も伝わってきたし、ファインゴールで勝ちきったことで、満足度の高い試合となりました。
一方で、攻守ともにもう一段階締まったプレイができないと、安定して勝ち続けることはできないんだろうなあ、とも感じましたが、今夜のところは楽しかったので、まあいいや(^^;)。

手が早い

imageいや、写真の話。

前半は攻めあぐねた上に札幌の激しい当たりに後手を踏む場面が目立ち、どうなることやらと思ったのですが、後半は見事に修正してきました。三ツ沢で密度の濃い快勝が見られて上機嫌♪

それにしても、プレッシャーを受けた状況であのシュートを打てるバブンスキーはスゴいわ。そいでもってウーゴの効率性もスゴいわ。メリハリのある効率的なチェイシングがお上手です。

コントラストが強すぎる

image開幕日和の青空の下に、今年のマリノスのチームコンセプトがくっきりと浮かび上がった試合でした。時間帯によっては自信を失いかけながらも、ギリギリのところで踏ん張ったからこその賜物だと思います。
もちろん、浦和はベストメンバーではなかったでしょうし、真に強いチームなら先に2点目を取っていたでしょうし、飯倉のセーブあってこその劇的な結末でしたし、課題も沢山あります。
しかし、おそらくこの若いチームはずっとポジティブに、互いに助け合いながら課題を乗り越えていくでしょう。「希望」はくっきりと見えているはずですから。

逆光のわりには

imageイイ写真が撮れました(笑)。
長いインターバルを経て、オフサイドの判定も乗り越えて、再びの天皇杯アマジュン劇場。北スタンドのバック側は試合終了まで陽射が降り注ぎ、体温を奪われることなく試合を堪能できました。いやぁ〜、グッドグッドゲームでしたわ。

杯に映る月

imageバックスタンド上空にうっすらと現れた白い月が、陽が陰るに連れて、次第にくっきりと輝き始めました。
今シーズン何かと耐えてきた天野が喜びを爆発させるロスタイムの勝ち抜けゴール。美しい軌道でございました。

上々吉

imageバックスタンドの強い陽射も、こういう試合結果となれば、イイ汗をかいてスッキリ!という気分になれます。
厳しい連戦の後に1週間空いて、心身のコンディションが読みにくい試合だったのですが、どうやら限界まで追い込むことで、かえって試合勘が研ぎ澄まされたように見えました。

俊輔不出場かつ学交代出場という状況で、これだけの攻撃的な試合ができたのですから「上々吉」です。

弓張月霞む夕宵に

image注文通りのウノゼロで次のステップへ進出決定。何よりも哲也のセービングが光ったシリーズでした。
勝負を分けたカイケのゴールそれ自体は素晴らしいものでしたが、彼自身のプレイ全体を含めて攻撃のモヤモヤっぷりは相変わらず。この内容なら後半の早い時間にカウンターを沈めてもっと楽になれたはず。

勝ちながら強くなることができるかどうか。休息は決して長くありませんが、次も頑張りましょう。

よくないよスゴクよいよ

image点の取られ方がよくないよ。
でも、点の取り方はスゴクよいよ。

何はともあれ…の、ドラマチックな「さ・ん・れ・ん・し・ょ・う」!
最近のコメント
月別書庫
芝えび検索
運営者の横顔
芝えび(shibaebi)
休日の外出記録を中心にゴタクを並べています。昔の歌舞伎観劇記を再録した「思ひ出歌舞伎」や、携帯からのリアルタイム投稿もやります。
>> shi8ebi@ぢぃめぇる
メールを送る方はお手数ですが@より後ろをGメールドットコムに書き直してください。
角出し結び
あざみ野マリンタワーいずみ野マリンタワー
歌舞伎系Blogs::Antenna
歌舞伎ぶろぐぴーぷる
さっかりん
FMBH.jp
  • ライブドアブログ