芝えびの尻尾

芝えびがうろうろした足跡、いや違った、えびだから“尻尾の跡”

試合終了

image後半開始早々に追加点を決めて、危なげない試合運びでした。

小机から

image前半終了してリード。
陽射が暖かく観戦日和です。

お疲れ様でした

image試合内容としては、残念ながらお寒いものだったと言わざるを得ないでしょう。アデミウソンからアーリー気味に入った低いクロスが敵DFとGKの間で弧を描いて、ファーの学にピタリと合うなど、美しい場面もあったのですが。
まだまだアドリブに頼り過ぎで、型としては煮詰め切れていないということでしょうか。

とにもかくにも、お疲れ様でした。
サポーターの皆様には、少し長めのオフをお楽しみください。選手の皆様におかれましては、お楽しみばかりではダメ(笑)なので、長めのオフをイイ準備に使ってもらって、また来年も楽しませていただけますよう、お願い申し上げます。

そしてドラマチック

imageもうホント、「攻撃にも守備にもちょっとずつ足りないところがある」っていうモブログを書く心構えを固めかけていたところでしたよ。
でも選手全員の努力が身を結んで、新横浜のお祭り&中沢の記念試合を華やかに飾ることができて、本当に本当に良かった。

雲の間から晴れ間も見える夕べで、これなら東ゲート広場の屋台の売上もなんとかなるのではないでしょうか。

雨が上がって

imageレギュラータイム残り15分の間はちょっとしたピンチにもハラハラしたり、何かと緊張感の高い試合だったのですが、延長に入ってアデミウソンが決めてからは、落ち着いて観られるようになりました。

結局、試合再開から延長戦終了までほぼ1時間。たまにはこんなさっぱりした後口のゲームも乙なものかも知れません。

ケイマンは何を奏でる

imageなんとかかんとか、90分かけて選手みんなで絞り取ったゴールでした。ボールを支配できて、自分たちのペースで回せていた分だけ、FC東京より終盤の足を残せたことが結果を大きく変えたのではないかと思います。

得点にはならなかったものの、斎藤、俊輔、アデミウソンの奏でる「ジャズ」は驚きに満ちていて、とっても楽しかった。惜しいかな、手数が多すぎて、シュートになると音階を外しがちだったのですが。

ところでケイマン諸島の音楽といえば何なんでしょうか? やっぱりレゲエなんでしょうか。スティールパンなんかもそのあたりで盛んなようなイメージですが。
ともかく、とがしけいまん(漢字自信なし)の派手なソロ演奏でのデビューに、観衆はすっかりシビれてしまいました。

琵琶湖で水中サッカー

image前半から強弱はあれどずっと雨が降っていたのですが、後半になって雨足はさらに強まり、私の観戦歴でも記憶にあるかどうか、というくらいの強い雨が降り続きました。
MIOびわこ滋賀の皆さんは普段から琵琶湖で水中サッカーの練習をしているでしょうから(←こらこら)、豪雨は大得意かと思いきや、それでもピッチのあちこちに水が浮き、ボールが転がらない代わりにスライディングが水の上を滑るようになると、もはやサッカーとは見えない様相になり、審判の判断で試合は中止となりました。
まあ、あの雨では致し方ありません。

お家に帰って濡れた身体と半券を乾かすことに致しましょう。

雨の三ツ沢

image天皇杯初戦、日曜日のナイトゲーム、雨の三ツ沢、と悪い条件が重なっているわりには入場待ちの列は私個人の予想を上回ってはいたのですが、それでもリーグ戦と比べれば少ない客入りですので、選手の皆さんにはやっぱりモチベーションの上げにくい試合なのかもしれません。

それでも、なかなか出場機会を得られなかった選手や、シュートを外しまくっていた選手にとっては大きなチャンスのはず。

やっちゃえ!(日産)

最高の夜

image最高の夜でした。それぞれに個性の異なる4つの素晴らしいゴールが見られました。後半は結果として「攻めさせておいて、奪ったら素早くカウンター」の実戦練習のようでした。危険な場面も粘り強く守ってシャットアウトしました。

文句のつけようもございません。m(_ _)m

雨もイイ思い出

image本当に待ちわびたホームでの快勝。
試合中だけ土砂降りの雨という、夏休みの家族連れの皆様にはハードなコンディションでしたが、ファインゴール2発の快勝で3色の傘が舞えば、ずぶ濡れになったこともまた、イイ思い出でしょう(もちろん風邪を引かなければ、ですが)。

しかし2001年コンフェデ杯の準決勝オージー戦(ナカータが地を這うFKを決めた、はず)を観て以来、我がホームグラウンドの水捌けには全幅の信頼を寄せているのですが、今日も全く抜かりがありませんでしたな。
最近のコメント
月別書庫
芝えび検索
運営者の横顔
芝えび(shibaebi)
休日の外出記録を中心にゴタクを並べています。昔の歌舞伎観劇記を再録した「思ひ出歌舞伎」や、携帯からのリアルタイム投稿もやります。
>> shi8ebi@ぢぃめぇる
メールを送る方はお手数ですが@より後ろをGメールドットコムに書き直してください。
角出し結び
あざみ野マリンタワーいずみ野マリンタワー
歌舞伎系Blogs::Antenna
歌舞伎ぶろぐぴーぷる
さっかりん
FMBH.jp
  • ライブドアブログ