芝えびの尻尾

芝えびがうろうろした足跡、いや違った、えびだから“尻尾の跡”

お楽しみいただけましたか?

DSC_0765横浜の「ヨンニィで勝つサッカー」(と言っているのは私だけですが)に、記念試合プレミアムとして両チームに1点ずつトッピングしたエキサイティングな試合でした。
それでいて、横浜のクオリティをしっかりと表現して、勝利はがっちり握っているところが素晴らしいです。


ちょっと気が早いかも

DSC_0755本日、レオ・セアラが横浜の梅雨明けを宣言しました。

現代蹴球二十五番目の法則

DSC_0628現代蹴球において、彼我の差を生じさせ得るものは、センターバックのスルーパス精度と、サイドバックのシュート精度である。

(またひとつ、真実を発見してしまった…)

天候と試合の流れは変わりやすい

DSC_0627セットプレイで失点して難しい試合になってしまいましたが、最後は空が晴れて初夏の陽射が差し込む明るい午後となりました。

今日は天候もそうですが、運も少し横浜に味方したかな、と正直思います。

後半開けたら2分でゴール

DSC_0594数的優位の時間もあったのだから、もうちょっとクオリティの差を見せつけることができればなお良かったのですが、それでもエンターテイメントに溢れた気持ちの良い記念試合になりました。

横浜はずっと最高です!!

マリノス第七世代

DSC_0581タイトルに深い意味はありません。ただただ、若い選手がのびのびと才能を発揮しているのを観るのは楽しいなあ、ということだけです。

あえて言えば、今日のメンバーとやり方そのままで、優勝争いをしている相手との直接対決に勝てるとは思いません。でもそこが「伸び代」というものですし、彼らの潜在能力を考えれば、今シーズン後半には、充分に戦えるようになっていても不思議ではないでしょう。

厚切りマリノス

DSC_0580怪我と赤紙のせいで、センターラインを中心に多くの選手が入れ替わり、新加入選手も多い布陣となりました。試合前にはちょっぴり不安もありましたが、結果として、誰が出ても水準以上に横浜のパス回しができることが解りました。

とはいえ、フィニッシュのところは試合勘の不足かまだまだでしたが、最後に再び西村が決めて溜飲を下ろしました。

それにしても、この層の厚さなら今シーズンが楽しみだなあ、などと、前節しおしおになったばかりなのにすぐに気分上々↑↑になってしまうあたり、つくづくファンというのは現金なものです。

ヨンニィで勝つサッカーの真骨頂

DSC_0577また先に失点してしまいましたが、いざケチャドバタイムが始まったら、アッという間の3得点。
その後も両チームが点を取り合い、ファウルによる幻のゴール?もあって、2点リードしていても全く安心して観戦することができないジェットコースターのような試合展開。

危なっかしいところも含めて、これぞ横浜魅惑のアタッキングフットボールだ!というところでしょうか。

EZ DO DANCE

DSC_0567終わってみれば、横浜にとってイージーな試合になりました。飲水タイムを挟んだ4つのクォーターできっちり2点づつ。90分間まんべんなく圧倒し続けた形で、野球の完全試合に比べれば出現頻度は高いのかも知れませんが、滅多に出合わないパーフェクトな試合だったと言えるでしょう。
もちろんこれは、実力差ではありません。東京側から見れば、階段を転げ落ちていくような試合だったことでしょう。

残念ながら優勝の可能性はもうありません。ことここに至っては「圧倒的な2位」あるいは「史上最強の2位」を目指しましょう。

ドラマチック・レイン

DSC_0566その雨のせいで、写真は大失敗。トラックの照り返しを拾ってしまって、肝心なところが暗くなってしまいました。

劇的な展開でエキサイティングな試合でした。控え選手の層と90分を走り切る走力が試合の明暗を分けました。
これが相性というものだ、と言ってしまえばそれまでかも知れませんが、札幌の皆様にはまた同じような試合展開で、大変申し訳ございませんでした(苦笑)。
最近のコメント
月別書庫
芝えび検索
運営者の横顔
芝えび(shibaebi)
休日の外出記録を中心にゴタクを並べています。昔の歌舞伎観劇記を再録した「思ひ出歌舞伎」や、携帯からのリアルタイム投稿もやります。
>> shi8ebi@ぢぃめぇる
メールを送る方はお手数ですが@より後ろをGメールドットコムに書き直してください。
角出し結び
さっかりん
FMBH.jp
  • ライブドアブログ