大宮サポの皆さんから荒らされること必至の記事(^^;)を前後編に分けてお送りします。
24日の横浜vs大宮戦に向けて、4年間の偵察活動を続けてきた芝えびが、大宮の傾向と対策を詳細解説。まずは大宮サッカーの特徴を中心に。
J2の大宮の特徴

今シーズン序盤、両大阪勢に勝ったことで大宮の評価は急激に上がりましたが、シーズン前は“降格候補No.1”でした。しかしこうした評価は、J2を13連勝でフィニッシュしたことに対する不当な評価だと私は感じていました。同じ相手と4回戦い、また下位チームにとって唯一のモチベーションが「上位叩き」であるリーグで、第4クールを勝ち続けるということがいかに大変なことか、J2を経験したことのあるチームのサポの皆さんなら分かるだろうと思います。

この間、大宮の勝ちパターンはほとんど1つでした。大宮は特徴的な4-4-2のスリーラインを敷いていますが、守備時はこのブロックを維持し、その中に入ってくる相手をまず正対する選手が止め、止まったところで周囲の選手が2人、3人とプレスをかけてボールを絡め取ります。また、ロングボールにはトニーニョの高さで対抗。
サイドバックの上がりは少なく、カバーリングの意識が高いなど、確かに守備的な戦術ではありますが、ラインをコンパクトに保ち、ボールを絡め取ってからは一気の速攻に移ることを狙っていました。
ボールキープ時には、右に左にとボールを回しながら、攻撃機をうかがいます。前線近くに張ったサイドハーフが下がってボールを受け、サイドバックに戻した時、サイドハーフに付いてきた相手ディフェンダーの裏のスペースにフォワードが入ってくる。これがボールを前に運ぶ基本パターンでした。
自分たちはほとんどポジションチェンジをしないでボールを左右(ときどき前後)に動かし、相手チームを走らせる。これができていたことが「後半に強い大宮」のキモではなかったかと思います。
攻撃のもう一つの特徴は高さ。森田、バレー(今年はいません)のフォワード陣に加えて、トニーニョ、ディビッドソン純マーカス(以下では「dj.M」と表記)といった長身選手が揃っている上に、セットプレイでは冨田(左SB)も何点かヘディングで決めています。

前半のボールポゼッションは相手に譲るものの、結果として相手のスタミナを消費させ、後半、集中力の一瞬のスキをついてセットプレイで1点を叩き込み、最後はアンカー斉藤雅人(怪我で離脱中)を入れて4-1-4-1に移行しゲームを閉じてしまうのが、典型的な勝ちパターンでした。

J1の大宮の困難と「意外」

さてJ1昇格以降の大宮ですが、緒戦のガンバ戦では80分以降に2得点。セレッソ戦ではシュート2本で1-0の勝利。結果だけ見るとJ2時代の勝ちパターンを踏襲しているように見えますが、内容面ではいろいろと違いがあるように見えます。
最大の違いは、J1のフォアチェックに対して、余裕を持って左右にボールを回すことができなくなっていることでしょう。去年までとのスピードの違い、1対1の間合いの違いにまだ慣れていないこともありますが、改めて、J2はフォアチェックの意識が薄いことに気付かされました。ナビ杯浦和戦で、トニーニョが後ろ(自陣側)にトラップしたところをエメルソンにかっさらわれた場面が典型的です。後ろにトラップしたことで、一息ついちゃってるんだよなあ〜。狙われてるのに。
中盤は“サイド職人”タイプだった安藤に変わって藤本が入ったことで、全員がセンターハーフタイプの選手になりましたが、彼らの運動量でフォローして何とか綻びを生じさせないでいる、といった印象です。
ここのところ3連敗していますが、どうも、個人技でやられる→警戒してラインを下げる→自由にパスを回される→余裕がなくなりミスが増える、といった悪い流れに入ってしまったように見えます。

そこへ行くと藤本などJ1で戦ってきた選手は、パスを受けるときの体勢にしろ、ファーストトラップで正対する相手を“はがす”動きにしろ、やっぱり違うなあ、と思わされます。J1初体験の選手たちがこの違いを乗り越えるまでは、大宮の苦戦は続くかもしれません。

一方で「意外」だったのは、リードされて時間がなくなってきた時の3トップの布陣が機能していることです。執拗にボールを追い回し、奪ったらサイドからロングボールを前線に送り込む。クリスティアンあるいは森田が高い確率で競り勝てるので、フリーの選手にいいボールがこぼれるシーンを作り出すことができてきています。
去年中盤までは先制点を奪われると真っ向勝負に出て追加点を取られるような“普通”のチームになり下がるケースが多かったのですが。

24日の予想先発

GK:荒谷
DF:西村、トニーニョ、奥野、冨田
MF:久永、dj.M、金澤、藤本
FW:桜井、クリスティアン

守備時は中盤もラインになりますが、攻撃時は金澤が前、dj.Mが後ろとなってトライアングルを形成する傾向にあります。
前節(読売戦)ではトゥットが先発でしたが、調子が悪く見え、また桜井が復帰できるという情報もありますので、そこを入れ替えました。またこの試合では安藤が途中出場で復帰しました。よって24日も久永の位置(右SH)に替わって入る可能性がありますが、まだ本調子には見えなかったことと、中盤の運動量が下がることを危惧して、先発から外すのではないかと予想しています。
ただし3連敗の後ですので、大きく入れ替えてくる可能性も(わずかながら)あると思います。

今回は大宮のことだけ。次の記事で、横浜サイドから見た攻略ポイントを予想します。