image注文通りのウノゼロで次のステップへ進出決定。何よりも哲也のセービングが光ったシリーズでした。
勝負を分けたカイケのゴールそれ自体は素晴らしいものでしたが、彼自身のプレイ全体を含めて攻撃のモヤモヤっぷりは相変わらず。この内容なら後半の早い時間にカウンターを沈めてもっと楽になれたはず。

勝ちながら強くなることができるかどうか。休息は決して長くありませんが、次も頑張りましょう。