imageとにもかくにも3回戦突破、よろしゅうございました。
なかなか面白い試合でもありました。それはひとえに、沼津のサッカーのクオリティの高さ、特に攻撃開始のスムーズさによるものだったと思います。ボールを奪ったら2、3人でスペースを作りながらパスを回してルックアップする場所と時間を生み出し、一旦縦パスが出たら、後は多少確率が低くても前の選手あるいはスペースにポンポン出していくという感じかな。
加えてフィジカルと戦術理解もなかなかのレベルにあるように見えました。

ただし個々人のスキルが戦術に追いついていないような場面が多々あり、攻撃開始のパスがミスだったり奪われたりすると即ピンチになる脆さもあります。実際、前半の横浜の得点はそんな場面から生まれました。
後半も横浜の攻撃の形はできていて、後はゴールを待つばかり、という雰囲気だったからかも知れません。終盤には横浜の甘さが出てしまいました。沼津にとっては自分たちのサッカーを信頼できた場面だったでしょう。

トーナメントには勝って、横浜の選手個々人には課題があったでしょうし、沼津に教わるべきこともありました。
いい中断期間になりそうな予感がする!のは単なるファンの贔屓目でしょうが、できることならば、そうして欲しいものです。