image地面に叩きつけたシュートにもこの言葉を使って良いのならば、ですが、「滞空時間」の長いシュートでした。ファーに動き直したウーゴのヘディングは大きくバウンドしてから反対側ポストの上部角のネットに絡み取られるようにして、ゴールエリアの芝にふわりと舞い降りました。それは横浜サポーターが入れ、入れと念じるには充分な時間だったでしょう。
それだけにスタンドの歓喜は大きなものでした。

希望の試合が続きます。