DSC_0383怪我人などのチーム事情とは関係なく、ただ勝利のみが次のステージへの可能性を残すという状況下で、勝つための布陣を敷いて、不格好でも必死に戦って目的を達成したのですから、何はともあれそれを讃えたいと思います。
ただし落ち着きのない試合展開はまだまだそのまま。お互いに決定力を欠く中で、ボールへの執着のわずかな差と、若干の幸運が勝負を分けたような印象でした。

まだまだ、と、ここから、とをしっかり見極めて次のステップへ進んでほしいと思います。