DSC_0577また先に失点してしまいましたが、いざケチャドバタイムが始まったら、アッという間の3得点。
その後も両チームが点を取り合い、ファウルによる幻のゴール?もあって、2点リードしていても全く安心して観戦することができないジェットコースターのような試合展開。

危なっかしいところも含めて、これぞ横浜魅惑のアタッキングフットボールだ!というところでしょうか。