*  お  茶  の  友  *

                       Since 2006

まだ1人の子供と1匹の悪魔

幸運にも東京公演千秋楽の昼夜公演観に行って来ました。初めてのマチソワ・・・
ちなみに地方公演にも乗船します(どんだけ好きなんだ)
生執事史上最多出演人数だったと思うんですけど、コーラスやアクションの迫力も増してグランドミュージカル感も増し増しで、今でこそ2.5次元ミュージカルと言う言葉がありますが、黎明期に生まれた同作とそのカテゴリーの先行きを感じさせる圧巻の舞台でした。

ミュージカル黒執事
-Tango on the Campania-
TOC
昨年アニメが劇場版公開された豪華客船編をミュージカル化。このエピソードの良い所は御馴染みのキャラクター達が勢ぞろいしての新たな展開と、主役2人の過去が明らかにされる所。そしてそんな展開が地上ではなく、大海原の上 豪華客船で繰り広げられるという所も見所。
前作サーカス編の様な緻密なダークファンタジー感よりアクションや生執事ならではのポップなお祭り騒ぎ的な要素が大きい印象。
個人的にアニメの劇場版が素晴らしく良作だと感じたので正直やや消化不良な所もあるのですが、ミュージカルコンテンツという特性で考えたら歌も演技も素晴らしい舞台だと思いました。

「語学に運動 ダンスも酷い
   立派な伯爵夢のまた夢 はいもう一度、やり直し」


「セバスチャンは何か試されているの?」ってくらい歌ってた。そして攻めてた(難易度的に)
古川雄大さんがセバスチャンを演じるのは今回で3回目ですが、確実に階段を登る様にレベルアップしていてビックリする・・・・ビックリする!そして足が長い!
WOWOWの副音声でも話していましたが、毎公演色々試している様子なので観ている方も楽しい(けど今回とても大変そう)彼の次の舞台が帝国劇場の主演なので、今後彼の猫手ダンス(真顔)とかきっと生執事でしか観られないだろうとガッツリ目ん玉に焼きつけて来ましたww とにかく足が長い!
もう1人の主役坊ちゃん役の内川蓮生くんは自身初の舞台でもあったサーカス編でもその堂々たる坊ちゃん振りを披露していたので安心して観られました。彼もより成長した姿が見られたし、なによりやっぱり・・・可愛い・・・。

「ひどい味付けとお茶色のお湯 
   完璧な執事夢のまた夢 はいもう一度、やり直し」
   
個人的にアンダーテイカー役の和泉宗兵さん、グレル役の植原卓也さんも素晴らしかった。初演より10年を迎えるこの作品の重みを感じました。
ドルイット子爵役の佐々木喜英さん、あの一瞬にして場の雰囲気を持ってってしまう力はほんと才能だと思いました。そして今回初登場のミッドフォードファミリー!
リジーが見得を切るシーンで「リジーがいる!」と思いとても嬉しくなりました。岡崎百々子ちゃん、凄いね!
秋園さんもカッコ良かったし、那須さんと内海さんにはカテコでも爆笑させて貰いましたし、ほんと素敵なファミリーです。カンパーニア!!

まだまだ語り足りないですが、まだ複数回観られる予定なのでまた感想書くと思いますww

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

2018

あっという間に年が暮れ
そして明けたんだなぁ(遠い目)
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

年末年始に観た映画の感想などなど。

クリムゾン・ピーク [DVD]「クリムゾン・ピーク」
個人的にギレルモ・デル・トロ 監督のダークファンタジーは大好物なので今回も楽しめました。
この監督のファンタジーはホラーなので観る人を選びそうですが、怖さの中の美しさみたいなものが際立っていて目にも楽しめました。主演のミア・ワシコウスカとトム・ヒドルストンは普段あまり見ないジャンルの映画で活躍している役者さんだったのでやっとガッツリ見られた印象。個人的には主人公の姉ルシール役のジェシカ・チャステインが素敵で目が離せませんでした。


パッセンジャー [Blu-ray]「パッセンジャー」
しばいぬ大好きジェニファー・ローレンス主演のSF作品。宇宙旅行の為の長期睡眠から目覚めてしまった2人の物語ですが、恋に落ちる云々は映画だし良いとしてもかなり複雑な心境になりましたけど、ジェニファーなら無理やり起こして一緒に時を過ごしたくなるよね分かる!と思いました。クリス・プラットも普段見ない系ジャンルの住人って印象ですが、嫌みのない優しげ系イケメン。故に無理やり彼女を起こした嫌悪感が少なからず中和された模様。

シング・ストリート 未来へのうた [DVD]「シング・ストリート」
80年代の音楽シーンと当時のアイルランドの閉塞感がリンクする青春物。
個人的には主人公の兄がとても良かった。弟へのぶっきらぼうながら的確なアドバイスの数々。こんな兄欲しい。何かを持っていても生かせないドン詰まった世界の暗さもありますが、決して暗いだけになれない若者たちの生命力。新世界へ夢を抱いて旅立つ弟への兄の言葉にしびれた。
「あ〜、お前死ぬかもな。まぁ良いか、行って来い!」
なかなか言えないよね。

えーとあと何見たっけ・・・

ヴィクター・フランケンシュタイン [DVD]「ヴィクター・フランケンシュタイン」
今まで語り尽くされた感のあるフランケン物ですが、作りこまれた世界観のビジュアル的面白さがあるのでダーク・ファンタジー好きな人は割と楽しめると思います。大人になったハリーことダニエル・ラドクリフと、これまた普段あまり見ないジャンルの住人らしいジェームズ・マカボイ。2人で作り上げてしまう失敗した怪物の事よりも、窮地から救った若者が新たな人生を得る件で終わらせるの憎いね。
個人的にドラマ「ダウントン・アビー」で三女シビルを演じていたジェシカ・ブラウン・フィンドレイが出ていて嬉しかった。彼女はドレスが似合う。

結構見たなぁ・・・

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

●月別アーカイブ●
hongo san ouen
 フィギュア女子シングル      本郷選手 応援中!

BGM
Reading Book(限定盤)(DVD付)


アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

● 自 己 紹 介 ●
しばいぬ」と申します。
このブログは好きな映画やアニメ、舞台や本(漫画含む)について書きたい事を書いたり書かなかったりするブログです。


2018年 干支 錦彩 招福 戌(クリスタルガラス付 ) Y89


ブログランキング・にほんブログ村へ


※このブログのリンクを張りたいという
奇特な方はひと声お掛け下さい。

◆しばいぬにメールを送る◆
kikin






記事検索
コメントありがとうございます!
  • ライブドアブログ