※オンラインゲーム「刀剣乱舞」については以前書いたコチラ

日曜の朝からネットで「燭台切光忠」の名を多く目にし
一体何事かと思えば、関東大震災時に焼刀(焼けてしまった状態)となって保存されていた日本刀、燭台切光忠が一日限定で一般公開されたという事で、おお、公開されたのか!と驚きました。
燭台切光忠拵  奥州の覇者 伊達政宗の愛刀(模造刀 ) 剣舞・舞台・コスプレ用軽いアルミ刀身事の詳細をまとめると、燭台切光忠とは鎌倉時代に活躍した長船派の祖、刀工光忠作の刀であり、織田信長→豊臣秀吉を経て伊達正宗の手に渡り、そこで「燭台切」の名を付けられ(人を斬った際そばの青銅の燭台まで斬れたのが由来)彼の愛刀として有名な刀であり、正宗公のあとは水戸の徳川家に渡り、後の関東大震災にて焼けて焼失したと言われた名刀でした。
ちょっと前までは「焼失」説が有名でしたが、つい最近水戸の徳川ミュージアムに「焼刀」として保存してあるとの情報が流れニュースになっていました。
「焼刀」という言葉を聞いて、きっと展示される事はないのだろうと思っていましたが、ゲームの影響もあり反響が大きかったのか今回限定公開されたという訳です。
現在東京国立博物館にて展示されている「三日月宗近」も、ゲームの特需で今のタイミングで展示されているのだろうなと思いますので、ゲームの影響の大きさを痛感します。

「のだめカンタービレ」でクラシックブームになった時などを思い出すと、従来のクラシックファンだった方からすると多少悪影響が出た様でしたので、こういったブームというのは良い事ばかりでは無いのだろうと思いますが、それまで注目されなかった事が注目され、停滞していた何かが一時的でも動き出すというのは割と良い事なのではないかなと個人的には思います。

焼刀と聞いた時のイメージとしては、とにかくボロボロで、切っ先などは欠けていたりするのだろうと思っていましたが、今日写真を見てちょっとビックリしましたよ。
全身真っ黒ではありますが、写真で見る限りボロボロという印象は無く、日本刀としての形は崩さず残っていたからです。
その刀としての矜持を感じさせる凛とした姿に、平和な日曜日らしからぬ衝撃を受けたのでした。

今日日ゲーム刀剣乱舞での「燭台切光忠」が有名で、擬人化された光忠は持ち主の影響を受けた伊達男で、どの刀とも分け隔てなく接し、料理上手な本丸の「おかん」的存在です(※二次影響大)なにより常に身綺麗にする事を身上とし、戦いの上でも「カッコ良さ」に拘るキャラクターです。
そんな彼の今の姿を公開する事に難色示すファンも居るかもしれませんが、私はあの姿を写真で見て
心から「残っていてくれてありがとう」と思いました。

日本刀以外の歴史的な物全てに言える事ですが
古い物は千年以上前の刀が今でも美しく輝いています。
それが奇跡の事の様に感じます。
人には寿命がありますが、途切れずに人の世は続いて行きます。
その流れの中で変わらずに愛され、大切にされてきた証しだと思うと感慨深いのです。
例え震災で焼け、その姿を変えても尚大切に保存されている事にも驚きました。
この機に燭台切光忠が再刀(再び焼き入れを施す)される事になったりしたら(再刀出来る状態なのか分かりませんが)これまたすごいニュースになりそうだなと思いました。
まぁ、今のままでもカッコイイけどね!
◆これまで書いた刀剣乱舞の記事はコチラ◆

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.