*  お  茶  の  友  *

                       Since 2006

映画・DVD

A White Lotus

ちょっと身の回りで色々ありましたが、とりあえず元気です。
映画やらアニメやら地味に見てはいるのですがブログ更新に戻れるのは秋口辺りになりそう。

とりあえず見た作品など。後日感想をアップ出来たら良いなぁ。

ゴーン・ガール [レンタル落ち] 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 [DVD]

ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [DVD] 屍者の帝国 [DVD]

刀剣乱舞はようやく貞ちゃんが登場したのに殆ど手を付けられていません。
早く普通の生活に戻りたい〜

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

シリーズ始動?

再映像化されるとの事。
前作から20年経ってるんですね・・・(汗)ちなみに原作は未読です。

Interview with the Vampire

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 製作20周年記念エディション(初回限定生産) [Blu-ray]っていうかこの作品に関しては何度か記事を書いてますが
何気に3年前にもこんな記事を書いていたんですね。この記事によると
ヴァンパイア・クロニクルシリーズ1作目であった「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の続編の制作って事だったと思うのですが(正確には2作目があるのでその続編)今回のニュースによるとリメイク作みたいですね。今の所映画サイトではあんまり情報が出ていませんがあの世界観を今作り直すとどうなるのか気になります(あとまだ2作目見てなかった)

「きっと、星のせいじゃない。」監督が「X-MEN」スピンオフを担当/映画.com

他作品メインの記事ですが最後にちょこっとだけ「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」について触れてます。
最初「リメイク」って聞いたんですがここに来てシリーズのリヴートとの文字。

リメイク→作り直し
リヴート→仕切り直して最初から作る

ヴァンパイア・クロニクルズ始動の為のインタビュー・ウィズ・ヴァンパイアのリブートって事ですかね。
何か良く分からなくなってきた('д` ;)

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

少しの変化が新しい

連休中にDVD鑑賞。
どちらも面白かったです!

コードネームU.N.C.L.E.

コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ・スチールブック仕様(1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]2015年公開作品。
いわゆるスパイ物で時代物です。
1960年代が舞台なので古いイメージ?かと思いきや思いっ切りスタイリッシュでむしろ新しさを感じさせる映画でした。設定的にも軟派でセクシーイケメン&硬派でナイーブイケメン&キュートなじゃじゃ馬ヒロイン、
そして高身長スタイル抜群悪女という何か懐かしさを通り越してる感じなんですが、役者さん達がピッタリハマっていて面白い(ちなみに60年代に米国で放送されたドラマのリメイクらしいです)
そんな懐かしさと新しさが合体したみたいな作品の監督はガイ・リッチー。ああ!なるほど!とアクションシーンの良い意味でのバタバタ感等を振り返って思いました。
米人スパイのナポレオンを演じるヘンリー・カヴィルは初代スーパーマンのクリストファー・リ―ヴを彷彿とさせる正統派ハンサム。対するソ連のスパイであるイリヤを演じるアーミー・ハーマーはちょっとあどけない雰囲気も残る繊細さのある若手俳優。どう考えても合わなそうな米ソのコンビが手を組むわけで、面白くない訳が無いね〜といった感じでした(なにこの感想)
「カウボーイ」「赤の脅威」と呼び合う仲悪い系バディムービー。同監督作品の「シャーロック・ホームズ」同様デートや友人同士で見ても楽しめる作品だと思います。
ヒュー・グラントも出て来ます!(最初彼だと気付かなかった)

心が叫びたがってるんだ。

心が叫びたがってるんだ。 [DVD]2015年公開作品。
2011年にノイタミナで放送された「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のメインスタッフが再集結して制作した劇場作品。「あの花」にも泣かされましたが今回もやられた。
一見程よく切なそうな青春モノに見えて、その実その手のストーリーの定石を微妙にズラして現代的にした印象でした。
空想好きな少女はおとぎ話を愛する。山の上のラブホテルで父親の浮気現場を見ても、幼過ぎた少女は山の上の憧れのお城に父親が誰かの王子として現れたのだと母親に嬉々として喋る。「もう喋らないで」「お前は本当にお喋りだな」そんな両親の言葉から、少女は口を閉ざすという冒頭は結構パンチが効いてる・・・。
少女成瀬順の心中を表に吐き出すきっかけとなるのは高校のクラスで作り上げるミュージカルで、その制作過程も見ていて楽しい。歌は既存のミュージカル曲で、歌詞は順が作り出した自分をモチーフにした物語。
御馴染みの曲が新たな世界を纏って流れ出す。一番驚いたのはベートーヴェンの「悲愴」と「Over the Rainbow」を同時に流すとピッタリ合う事。それぞれ違った結末の為に作った歌を一緒に歌ってしまおうという所がこの作品らしいなと思います。
母親の前で順が歌う「私の声」(音楽は「グリーンスリーヴス」)は思わず涙が出ました。
この物語の軸となる順と、彼女を音楽面でサポートする順と同じく両親の離婚を経験している同級生の坂上は予想外な結果になってびっくりしたけど(でもある意味この作品らしい)思わず笑ってしまう結末だったので良いなぁとほっこりした後味が残りました。
またこのスタッフで作り上げる物語を見て見たいです。

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

聖域の闇深さ

映画を観て来ました。今年度の米アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した作品です。
最後まで目が離せませんでした。実話です。

スポットライト
     世紀のスクープ
spotlight新聞社ボストン・グローブ社がスクープした前代未聞の報道記事。それは周辺地域で多発していたカトリック司祭による性的虐待事件だった。聖域とも呼べる教会内のスキャンダルをどの様に取材し、世間に報道し得たか。調査報道班として長い歴史を持つ「スポットライト」チームによる取材における障害や妨害を乗り越え記事にするまでの姿を描いた作品。2015年米国 トム・マッカーシー監督作品 CAST:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・アダムス他

硬派な内容なのもありますが、ギッチリ内容が詰まった作品でした。スポットライトのチームの面々の有能振りが凄かった。
重く複雑に絡み合う内容だけにキャラクター1人1人になかなか目が行かなかったのですが、終わった後にそれぞれの役者さん達の凄さを感じました。最初から最後までミステリアスな魅力を振りまく新任編集長のバロンを演じるリ―ヴ・シュライバー。ミステリアス過ぎて何かあるのかと思ってしまったww けれど彼の登場がこの世紀のスクープを出す切っ掛けともなった訳で、聖域に踏み込むにはやはり外から来た人間が切り込むしか無かった感をひしひしと感じました。チームの紅一点であるサーシャ役のレイチェル・アダムスはどっかで見た気が・・・?と思って調べて見たら映画「シャーロック・ホームズ」でアイリーン・アドラーを演じていた女優さんでした。
ナチュラルな雰囲気と知的さが魅力的でした。助演男優賞にノミネートされていたマイケル役のマーク・ラファロは多分初めて見る役者さんですが、静かな情熱の中にある記者魂の動の部分を担っていた印象。役によってガラリと変わる役者さんな気がするので、他の出演作も気になります。あと何気にマイケル・キートンが活躍していて嬉しい(若い世代の人には彼が初代バッドマンだと知らない人多そう)

カトリック教徒の人たちには総本山であるバチカンをも巻き込むこのスクープは衝撃的だっただろうなと想像出来ます。
私は以前ドキュメンタリー映画でこの事を知りましたが、正直良くスクープ出来たなと思いましたし、それがこの映画に興味を持った理由でした。聖域たる教会内でのスキャンダル。一度陽の目を見る前に潰された案件であった訳で、その際に力の大きい教会側の理になる様に動いた人々の懺悔も伝わって来る複雑な物語でした。華やかさはありませんが、大きな組織に立ち向かう情熱を持つ人々の戦いというのは作品としてもとても魅力的だなと実感しました。それにしても、闇深い。深すぎる。
ラストの虐待疑惑のある教会名のリストの数たるや目を疑いたくなるレベル。そもそも諸悪の根源とされる司祭達も性的虐待の被害者な訳で、その事自体を悪と認識していない(認識させられていない)という闇深さよ・・・。

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

その紳士、有能なスパイ

DVDで鑑賞。スーツ姿のコリン・ファースがカッコイイ。

キングスマン

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]ロンドンの高級テーラー「キングスマン」には裏の顔がある。それはどの国にも属さないスパイ組織。
かつてこの組織の候補生だった男に助けられた経験を持つメンバーのハリーは、その遺児であるエグジーを同じ道へと導くことになる。2015年英国作品 マシュー・ヴォーン監督作品
出演:コリン・ファース、サミュエル・L・ジャクソン、
マイケル・ケイン他


  「Manners maketh man. 」
         マナーが人を作るんだ
 
いわゆるスパイ物映画です。予告を見た印象ではパルプフィクションと007を足したみたいなスタイリッシュスパイ映画かな?と思っていましたが、どちらかというとアメコミ的スタイリッシュスパイ映画でユーモア溢れる作品でした。一貫して作品の真ん中に存在するハリー(コリン・ファース)のストイックなスーツの紳士姿が素敵です。
キレッキレのアクションは見ていて楽しい。ビシっと決めたスーツにシックな紳士用傘がアメコミで言うパワースーツと最新型銃みたいな役割をしているのが英国らしいです。
1人の青年が一流のスパイになるまでの物語、と言うよりは
一人の紳士に導かれた青年がその遺志を継ぐ、といった内容で割合オーソドックスなスパイ物。
かなり人が死にますが、その辺は演出も音楽もユーモアに包まれていて、何となく「マーズ・アタック」を思い出すラストでしたw
コリン・ファース好きとしては彼の素敵なスーツ姿が見られただけで満足ですが、アクションや紳士の拘りの詰まった演出などは見ていて楽しかったです。

スパイと言えばこの作品もまさかのアニメ化していて鑑賞中。

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 上巻かなり前に柳広司著の原作を読みました。確か数年前に実写映画化していた様な?
続編である「ダブル・ジョーカー」も購入済みなのですがまだ読んでない(忘れていた)
アニメはまだ1話しか見ていませんが、絵が綺麗でした。
もう少し話が進んだら感想を書こうと思います。

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.
●月別アーカイブ●
●今読んでいる本●
怖い絵


神様の御用人 (3) (メディアワークス文庫)

●最近興味があるモノ●

特徴がよくわかる おもしろい多肉植物350
● 自 己 紹 介 ●
しばいぬ」と申します。
このブログは好きな映画やアニメ、舞台や本(漫画含む)について書きたい事を書いたり書かなかったりするブログです。


くまモン の アイロン プリント ワッペン / アップリケ / ハート / ゆるキャラグランプリ 2011 1位 獲得 熊本 県 の キャラクター / くまもん グッズ 通販


ブログランキング・にほんブログ村へ


※このブログのリンクを張りたいという
奇特な方はひと声お掛け下さい。

◆しばいぬにメールを送る◆
kikin






東北関東大震災 緊急支援クリック募金

記事検索
コメントありがとうございます!
  • ライブドアブログ