*  お  茶  の  友  *

                       Since 2006

観劇・劇DVD鑑賞

華やかさの裏側

恵まれた華のある容姿に長い手足。
どちらも自分には無いものですが、表現者として個人的に推している御二方が正しくこのタイプで、そんな御二方がそれぞれの世界で切磋琢磨する現実を垣間見て、尚更推して行きたいなと思いました。


rika hongo本郷理華

ほんごうりか 21歳
フィギュアスケート 女子シングル選手。日本スケート連盟特別強化選手

彼女に惹かれたのは2年前の大会の動画をたまたま目にしてから。プログラムはリバーダンス。長い手足をダイナミックに動かして、魅力的な楽曲にピッタリの思わず身を乗り出したくなる華麗なステップ。そして溢れんばかりの笑顔。
小柄な選手が多い日本女子でよく目にするフワッとしたジャンプではなく、重量感のあるジャンプも彼女が飛ぶと迫力を感じる。個性的なプログラムもこなせるユニークさや、見た目とは違った普段の一面などなど知ると同時に世界で戦って行くための課題なども自然と感じつつ、それでも応援したいと感じました。
昨シーズンは足の怪我での不調、と言うより不調なのに他の選手の代理で大きな大会に出場する事が多く、姿が見られるのは嬉しいけれど、彼女から普段の笑顔ではなく悲壮感が漂っている事もあって見ていてちょっと辛かったけれど、今シーズン序盤、スコアは厳しいながらも両プログラム共ハマりプロで、伸び伸び自信を持って滑る彼女を見られて本当に嬉しい。
オリンピック出場は簡単では無いですが、どうか彼女らしいスケートで故障無く戦って欲しい。
その観客を沸かせる天性の才能は、表彰台の高いところこそ相応しいと思うから。


COLOR VARiATiON(DVD付)古川雄大

ふるかわゆうた 30歳。歌手・俳優。
アーティストとして本人作詞作曲のCDをリリースしライブ活動なども行っている

彼を知ったのはミュージカルでしたが、正直主演なのに名前も顔も殆ど知らずに観に行った舞台でした。登場シーンの一声から「あ、この声好き」と思ったのは覚えています。舞台から遠い席だったので、べらぼうにスタイルが良いのは分かりましたがお顔までは見えず、観劇後にその美形振りに驚いたのでした。
癖のない伸びやかな歌声、様々な表情のビブラート、壊れそうな繊細さを感じさせる声は美しくも儚い印象ながら不思議と意思の強さを感じさせる。そしてそのスタイルの良さを際立たせるダンス。その後彼がどういう道程で今のポジションに至ったかなどを知り、とても努力家であり、庶民的で天然気質な人柄を感じて更に興味を持ちました。所謂バリトン的な低い声を響かせて歌い上げるミュージカル俳優ではありませんが、今の時代だからこそ求められる資質を持った役者さんじゃないかなと思います。
来年のモーツァルト!主演抜擢は良くも悪くも意外性溢れたニュースとなりましたが、本人もびっくりした様子。抜擢されたからには思い切って自分らしいヴォルフガングを演じ切って欲しい。
その美しさは、舞台の上でこそ賛美されるに相応しいと思うから。

場違いと思われる様な場所でいかに開き直って傷跡を残すかって大事なんだと分かってはいても、なかなか難しいのは私も分かります。御二方を見ているといかにメンタル的なものが大事なのかというのを感じます。場数を踏めば良いというものでもないのでしょうが、与えられたチャンスを活かせる天才肌の人も見ていて気持ちがいいけれど、諦めずに精進する強さも同じくらい見ていて気持ちが良いし、凄まじいプラスのパワーを感じる今日この頃です。
色々書きましたが、要は私の推し達が今日も美しく尊い!
お2人とも来年の大きな舞台に向かって突っ走って下さい。
応援しています。stay healthy!

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

残暑見舞い申し上げます

テレビが永眠されたりサブPCが壊れたりして
ブログの存在を忘れそうな日々でしたが、それなりに趣味は満喫しつつ過ごしております。

久々に友人と旅に出たり、ユーリ!!のイベントで渋谷のタワレコの階段を登ったり下りたり、ガラスの仮面展で真澄さんパフェに舌鼓を打ったりと今年は結構ブログネタ多いのに更新していないという・・・

刀剣乱舞
ゲームの方は年始以降あまりプレイしていませんでしたが
脇差が極の旅に出せると知って早速お気に入りのにっかり青江を極に。何か・・・更に美しくなって帰って来た・・・
アニメ活撃の方は毎週録画鑑賞。絵が恐ろしく美しい・・・
そして、元主との絡みは何とも切ない。
やがて来る最期を分かっていながら助けられないもどかしさと哀しさ。陸奥守の龍馬に対する言葉に涙が出そうになった(こらえた)
とりあえず今期は他に「バチカン奇跡調査官」「アホガール」視聴中。


ミュージカル男子

Love me (限定盤) (トレカ、DVD付)このブログにミュージカルカテゴリーが出来るまでになるかは謎ですが、最近観劇仲間との間にミュージカル熱が来ています。(だいたい生執事のせい)
個人的に古川雄大氏に興味津々なんですけど、若いと思ってたら最近30歳になられたという事で、ああいうタイプの役者さんが脱王子役の後ミュージカルでどんな役を演じて行くのかとても興味があります。
雰囲気は陰と陽なら陰、声質は若干スモーキーで繊細な印象
まだまだ伸び代があると思うのでどんどん化けて行って欲しいと思わせてくれる俳優さんです。あと足が長い!
追伸:彼の若い頃の写真が美少女過ぎてビビりました。

とりあえずミュージカルが来てるので山崎育三郎さん主演のドラマ「あいの結婚相談所」見てました。
Congratulations/あいのデータ(通常盤)あの良く分からないけど「とりあえず歌って踊っとこう!!」っていう勢い嫌いじゃない。なんとなくまたやる気がする。
育三郎さんは秋に観に行くミュージカルに出演されているので更に楽しみになりました。
しかし凄いお名前ですね。
一度聞いたら忘れられない。

井上芳雄 at Billboard Live TOKYO~Come Fly With Me~(仮) (DVD2枚組+CD)そして井上芳雄さん。以前から映像作品にも出ていたので名前と顔は存じてましたが、ネットやTVで彼の歌やトーク等見ていたらそのキャラに魅了されまして、トークショーとかあったら是非行って見たい!と友人に話したら「歌よりトークって、もうそれ さだまさしじゃん!」と言われたよ。
ちなみにさだまさしさんのコンサート行った事あるけどとても楽しいですよ。
井上さんラジオも聴いてみたらやはり楽しかった。来週も聞く。
ミュージカルも観に行きたいけどチケット争奪戦と聴いて慄いてます。

個人的に「歌すげぇ!」と思ったのは中川晃教さんです。AKINORI NAKAGAWA CONCERT 2012“POPSSIC”
歌手デビューした頃の事を何となく覚えているのですが、ミュージカルに出ていたんですね。
日本人にあの声質の人は少ない印象。ガツンと訴えかけてくるパワーが凄い。
いつか生で拝聴したい・・・

次は「ミュージカル女子」を書いて見たいけど、元々ブロードウェイ出身の女優さんのCDを聞いてたりした影響で女優さんに関してはどうしてもそこと比べてしまう所があって何となく難しい(逆に男優さんはそんなに聞いていない事もあって聞きやすい)
・・・・っていうかここまで書いて気付いたんですけど
皆ヴォルフガングじゃん!
来年初めて「モーツァルト!」を観に行く予定ですが、タイムマシンがあったら過去のも観に行きたい。時間遡行軍は私なのかもしれない(違

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

これぞメディアミックス

日本で「ミュージカル」と検索するとかなりの確率で2.5次元ミュージカル関連のページに当たるような。
知らない方の為に2.5次元ミュージカルを超簡単に説明すると、要は漫画やアニメ、ゲームを基にしたミュージカルで、登場する役者さん達がキャラクターになりきって歌ったり踊ったりする舞台のことです。
当初個人的にはネタ的な存在だったんですけど(失礼)昨今そこから大きな舞台で主演を務めるまでに成長する役者さんたちも現れ始めたり、2.5次元ミュージカルがジャンルとして確率しつつある状況を見て若手俳優発掘&育成の場にもなっているようで面白いなぁと思っています。
個人的に2.5次元ミュージカルというとこれしか見たことはありませんが。
ミュージカル黒執事

ミュージカル「黒執事」 ~NOAH'S ARK CIRCUS~ (初回仕様限定版) [DVD]人気漫画・アニメ作品のミュージカル化
通称「生執事」です。
昨年ミュージカル黒執事のサーカス編を観劇して来て、感想を書いたと思っていたら書いてなかった!あれ?
今更書いてもアレなんで簡単に言うと、このサーカス編の前の2015年に再演された「地に燃えるリコリス」から主演俳優さんが変わっています。初演から物語の肝であるセバスチャン役を演じ、ミュージカルとしての成長と発展を築いた歌手の松下優也さんから、主にミュージカルで活躍している古川雄大さんにバトンタッチされました。私はどちらの「生執事」も観劇しているのですが、これ結構贅沢な体験だなと思っています。
歌手である松下さんとミュージカル経験多数の古川さんではかなり舞台の雰囲気が変わりました。
良い意味でミュージカル感が増しましたし、個人的にセバスチャンは「人間模様を俯瞰でニヤニヤ楽しんでる一悪魔」と思っているので、原作ベースで獣的セバスチャン像を作り上げた古川セバスはかなり好きです。
この辺は好み以外でもそれぞれが持つセバスチャン像によって評価も変わるところだと思いますね。
要はサーカス編最高でした。
そんな中、年末に生執事がまた上演されると聞いて主演は誰になるのだろうとなった訳です。
2代目セバスチャンとして初の海外公演も成功させた古川さんは売れっ子で、来年は帝国劇場で主演舞台もある人なのでもう2.5次元には出演しないのでは・・・なんて憶測も流れたりしましたが、先日キャストが発表されました。

ミュージカル「黒執事」古川雄大&内川蓮生が続投/ステージナタリー

再び古川セバスが観られる訳ですよ!年末年始上演なのでかなり色々ハードルは高いですが是非また観に行きたいです。
古川セバスは歌はもちろんですが色々凄いので歌って踊れる美形を堪能したい方にもおすすめです。2.5次元ミュージカルですがビジュアルがほぼ2次元(3D)です。
れお坊ちゃんもカワイイよ!

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

優しく激しいチェロの響き

久々のブログ過ぎて更新の仕方忘れそうになりました
3年振りの彼らを観て来ました!
前回よりも男性客が多かった印象。

2cellos

スコア3年前よりオケ等も増えて更にパワーアップした彼らのステージ。大盛り上がりで終わった後は暑くてしばらく汗がww
日本先行発売されたアルバム「SCORE」がメインのステージでしたが、私このアルバム聞いてなくってどうかしらと思ったのですが、映画は本数だけは沢山観ているのでかなり楽しめました。個人的に映画「レインマン」のテーマが聞けたのは嬉しかった。砂漠の一本道をオープンカーで走り抜けるチャーリーとレイモンドが目に浮かびました。
基本的にアルバムからはしっとりと聴かせる曲が多く、ルカとステファン2人のチェロを生でじっくり堪能。
相変わらずやんちゃなステファン、しっかり者のルカのキャラクターは変わらず、特にステファンは途中突然トイレに行ってしまったり、客席に降りてくるもスタッフに戻るよう促されたりとフリーダムさが進化していた様なww
曲が終わったあとの「コンバンワァ〜」で必ず笑いを取るステファン 切れた弓毛を律儀に一本ずつファンに贈呈するルカ
2人のやり取りも相変わらず楽しかったw
中盤からは2人のチェロ弾きによる熱くて激しいロック!で客席総立ちでした。
モリコーネの名曲ニューシネマパラダイスでは美しい弦の響きで客席を包み込んだり、ローリングストーンズのSatisfactionではチェロで客席を煽ったり、これぞ2cellos!!
AviciiのWake Me Upも生で聴けて嬉しかった。

そして来年は日本武道館でコンサート開催!これは本当にアメイジングなニュースで会場も大いに沸きました。
来年も会えるんだ嬉しい!と思ったけどチケット取れるのかな・・・w

最後はエリック・クラプトンのTears In Heavenで幕を下ろしました。詳しくは語らずルカの「特別なメッセージを込めて」みたいな一言から察するに、多分前日に起きたマンチェスターでのテロを想っての一曲だったのかなと推測。

来年も是非彼らの音楽を聞きに行きたいと思います。
以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

2015年を振り返ってみた

今年も観劇納めはキャラメルボックスでした。
ticket_info20150718今年は15人の男女が織りなす物語。映画「ラブ・アクチュアリー」に影響を受けて脚本家 成井豊氏が書き上げた作品で、個人的にあの映画はとても好きなので楽しめました。
とはいえどうしてもこの時期の劇は感想をすぐ書けず^^;
あっさりした感想になってしまいますが人が誰かに触発されて世界が動いて行く感じが素敵でした。
クリスマスという時期限定の特別感の中での観劇は結構楽しいので、縁が無い方にもお勧めしたいです。
 
                    ◆

例年は年末恒例振り返ってみた記事を書いてブログ納めなのですが、ここ数年まとめる程作品を見ていない事もあるので今年はやめますww
なのであっさりと、2015年を振り返ってみようと思います。

お茶の友の2015年

記事を振り返ってみて、劇場版「サイコパス」見たのって今年だったんだ!と思いましたww ポ二ちか素敵だった。
あと2月辺りから「刀剣乱舞」記事が増えているw 70ピース ジグソーパズル プリズムアートプチ 刀剣乱舞 -ONLINE- 三日月宗近(芒に月)(10x14.7cm)
まぁ個人的に今年はこのゲームで始まったに等しいですね。
映画作品だと「鑑定士と顔のない依頼人」は未だに印象が強いです。鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)後味悪いけどまた見て見たい。
ドラマ「グリー」はシーズン5まで鑑賞。既にファイナルシーズンはレンタル開始している様ですね。
年が明けたら見る予定ですが、ついに最後か〜!!
観劇だと、キャラメルボックスの「カレッジ・オブ・ザ・ウィンド」が印象深いです。t02200310_0453063813303174050悲劇が喜劇になっている事を忘れさせ、最後に思い出させて切なさを感じる舞台でした。
6月に日本武道館で聞いたイディナ・メンゼルの歌声も素敵だった!生歌はやはり最高です。来年はこういったライブ的なものももっと行きたい。

簡単に記事を振り返ってみましたが、今年は後半が殆ど月1ブログだったからあっという間だったww
実はこのブログ、何気に来年で10年になるんですが、月1でも続けて行きたいなぁと思います。
本年もお世話になりましてありがとうございました。
来年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

それでは、良いお年を!
I wish you a
Happy New Year !
●月別アーカイブ●
hongo san ouen
  今シーズンも応援しています
● 自 己 紹 介 ●
しばいぬ」と申します。
このブログは好きな映画やアニメ、舞台や本(漫画含む)について書きたい事を書いたり書かなかったりするブログです。


くまモン の アイロン プリント ワッペン / アップリケ / ハート / ゆるキャラグランプリ 2011 1位 獲得 熊本 県 の キャラクター / くまもん グッズ 通販


ブログランキング・にほんブログ村へ


※このブログのリンクを張りたいという
奇特な方はひと声お掛け下さい。

◆しばいぬにメールを送る◆
kikin






東北関東大震災 緊急支援クリック募金

記事検索
コメントありがとうございます!
  • ライブドアブログ