*  お  茶  の  友  *

                       Since 2006

演劇(観劇・DVD鑑賞)

まだ1人の子供と1匹の悪魔

幸運にも東京公演千秋楽の昼夜公演観に行って来ました。初めてのマチソワ・・・
ちなみに地方公演にも乗船します(どんだけ好きなんだ)
生執事史上最多出演人数だったと思うんですけど、コーラスやアクションの迫力も増してグランドミュージカル感も増し増しで、今でこそ2.5次元ミュージカルと言う言葉がありますが、黎明期に生まれた同作とそのカテゴリーの先行きを感じさせる圧巻の舞台でした。

ミュージカル黒執事
-Tango on the Campania-
TOC
昨年アニメが劇場版公開された豪華客船編をミュージカル化。このエピソードの良い所は御馴染みのキャラクター達が勢ぞろいしての新たな展開と、主役2人の過去が明らかにされる所。そしてそんな展開が地上ではなく、大海原の上 豪華客船で繰り広げられるという所も見所。
前作サーカス編の様な緻密なダークファンタジー感よりアクションや生執事ならではのポップなお祭り騒ぎ的な要素が大きい印象。
個人的にアニメの劇場版が素晴らしく良作だと感じたので正直やや消化不良な所もあるのですが、ミュージカルコンテンツという特性で考えたら歌も演技も素晴らしい舞台だと思いました。

「語学に運動 ダンスも酷い
   立派な伯爵夢のまた夢 はいもう一度、やり直し」


「セバスチャンは何か試されているの?」ってくらい歌ってた。そして攻めてた(難易度的に)
古川雄大さんがセバスチャンを演じるのは今回で3回目ですが、確実に階段を登る様にレベルアップしていてビックリする・・・・ビックリする!そして足が長い!
WOWOWの副音声でも話していましたが、毎公演色々試している様子なので観ている方も楽しい(けど今回とても大変そう)彼の次の舞台が帝国劇場の主演なので、今後彼の猫手ダンス(真顔)とかきっと生執事でしか観られないだろうとガッツリ目ん玉に焼きつけて来ましたww とにかく足が長い!
もう1人の主役坊ちゃん役の内川蓮生くんは自身初の舞台でもあったサーカス編でもその堂々たる坊ちゃん振りを披露していたので安心して観られました。彼もより成長した姿が見られたし、なによりやっぱり・・・可愛い・・・。

「ひどい味付けとお茶色のお湯 
   完璧な執事夢のまた夢 はいもう一度、やり直し」
   
個人的にアンダーテイカー役の和泉宗兵さん、グレル役の植原卓也さんも素晴らしかった。初演より10年を迎えるこの作品の重みを感じました。
ドルイット子爵役の佐々木喜英さん、あの一瞬にして場の雰囲気を持ってってしまう力はほんと才能だと思いました。そして今回初登場のミッドフォードファミリー!
リジーが見得を切るシーンで「リジーがいる!」と思いとても嬉しくなりました。岡崎百々子ちゃん、凄いね!
秋園さんもカッコ良かったし、那須さんと内海さんにはカテコでも爆笑させて貰いましたし、ほんと素敵なファミリーです。カンパーニア!!

まだまだ語り足りないですが、まだ複数回観られる予定なのでまた感想書くと思いますww
nama2018
←当日の戦利品。
バッジは奇跡的に2回で主従揃いました。サインは無いけどw


美形が美声で殴って来る(歌で)ミュージカル黒執事 通称「生執事」は毎度人気公演ですが、石川公演はまだ余裕がある様なので興味のある方は是非に・・・。

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

free-and-easy

最近推してる俳優、歌手の古川雄大氏30歳を記念して発売されたアニバーサリー本「 Free & Easy」をゲット。
大いに着飾った華やかさの極みの様な舞台上の彼ではなく、タイトル通り自然体な写真の数々と半生を語ったロングインタビューでファンにはたまらない一冊となっておりました。

Yuta Furukawa
古川雄大 30th ANNIVERSARY BOOK Free & Easy若い頃から芸能の世界に興味を持ちつつも「誰みたいに」という目標はなかった様で、その辺が演技でも楽曲でも独特の彼らしさが存在してる所以なのかなと思いました。
漠然とした表現者への憧れが本格的なミュージカルの世界に取り込まれて大いにもがく流れは読んでいて勝手に圧倒されてしまった。憧れと、それに伴った技術を身につけて来た人達と同じ板の上に立つ事の違和感。
自身のラジオ番組でレディ・ベス再演の感想を「とても楽しい」と言うと、ラジオではアシスタントを担当している所属レコード会社の佐々木さんが「ああ、それは良かった」と心底安堵していたのをふと思い出したりしました。
色々吹っ切れて覚悟を決めたのが昨年上演されてロベスピエール役が好評だった「1789」からと知ってそんな最近!?とびっくりしたけどw
多くを求められる人間の葛藤が伝わって来ました。
挑戦するというシンプルな意気込みと舞台愛で壁を乗り越えて来たのだと思うと、更に開眼したらどんな事になるのかなと期待せずにはいられない。
私は舞台で歌って踊って演技する彼を観るのが好きなので、いつかはミュージカル俳優と言われなくなるかもしれないけれど、今の彼を目に焼き付けて行きたいと思いました。この道を通った後の俳優、アーティストの古川雄大がどう進化して行くのかも楽しみです。

今更ですが「モーツァルト!」のポスターカッコ良いね!
来年2人(山崎育三郎さんとダブルキャスト)のヴォルフガング観に行きます。
mozart!2018
以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Just keep going!

親子の冒険譚

久々のキャラメルボックス観劇。久々のオリジナル新作とても良かった!
上映作品 公式HPはコチラ

演劇集団キャラメルボックス
facebook_tearsline
毎年クリスマス時期にキャラメルボックスの劇を観て
「観劇締め」をするのが定番になっていましたが、確か昨年は観ておらず今回キャラメルボックス自体久々でした。
賑やかな家族を背景に、ドタバタしつつも目が離せないミステリーとコメディーが融合して最終的にはこの時期らしい奇跡を起こす。普段劇を観ない方にも分かり易く楽しめる舞台となっています。
普段は観劇しない家族や友人ともクリスマスの雰囲気の街を歩きつつこの舞台で笑って泣くのはどうでしょう。お勧めです。
個人的に阿部丈二さん演じる殺人代行業の十文字が面白かった。彼の存在はミステリーの肝でもありながら常にコメディの中心におり、目が離せないww 彼が何故あんなに「昭和」という時を愛しているのかw どことなく「平成」の終わりが見える現在だからこその存在なのかなと思いました。
caramel01主人公横手を演じる畑中さんはすっかりキャラメルボックスの顔的存在になったなぁとか、今回2役演じた西川さんや、大森さん坂口さんがいる安心感等々久々に感じてやはり良いなぁと思いました。ちなみに私が観に行った日は主人公の親友鮎川役の多田さんの誕生日でした!来年はミュージカルの予定ばかりですが、キャラメルも観に行けたら良いな・・・。

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

そして航海へ続く

WOWOWにてミュージカル黒執事(以下「生執事」)
2作品連続放送していました。
キャストによる副音声付きってのが面白い。確かにこれならDVD持ってても放送見たくなるね。

ミュージカル黒執事-地に燃えるリコリス2015- [DVD]2作品中1作目は2015年に再演された赤執事編とも言われる「地に燃えるリコリス2015」
主人公シエルの叔母であるマダム・レッド役に宝塚歌劇団出身のAKANE LIVさん、再演に当たってもう1人の主人公セバスチャン役に古川雄大さんを新たに迎えミュージカルコンテンツとしてかなり進化した感のある作品。中国公演も行われました。
個人的にそれまでの生執事はミュージカルというよりショー的な印象が強かったのでリコリス初演から本格的なミュージカルとしての転換なのかなぁと思いました。

2作品目は昨年11月に上演され私も観劇したサーカス編
「NOAH'S ARK CIRCUS」
ミュージカル「黒執事」 ~NOAH'S ARK CIRCUS~ (初回仕様限定版) [DVD]あの原作やアニメでも再現されていた美しくも恐ろしい世界観が舞台でも。
生でも観ましたが映像で見るとまた色んなものが見えて来て物理的にも心理的にも刺激を受けました。重厚さを感じるリコリスの楽曲とは違い、サーカスはこの世界観にぴったりのどこか歪で、でもどこかくすんだ華やかさみたいなものを感じる楽曲で、初見はかなり独特だなと思いましたが何度か聞いてると良さが分かって来るスルメ曲だったりしました。
微笑みを湛えて人の報われないさまを歌い上げるセバスチャンは正しく悪魔で執事。

個人的にはどちらの作品も好きなのですが、黒執事という歪ながらも華のある2人の主人公がいる世界観が完成されているという意味でNOAH'S ARK CIRCUSが好きです。
身なりの良い容姿端麗の青年執事に
あどけなさと深い影が交錯する少年伯爵。
そのどちらも説得力を持って舞台に存在している事が奇跡のよう。ほんと御二方とも凄い。

副音声は裏話的な事が聞けてとても楽しかった。
個人的に古川・内川コンビが大好きなので、古川さんから内川蓮生(れお)坊ちゃんの話が出るとニヤニヤしてしまった。気持ち悪い大人でごめんね。ごめんね!!

2.5次元ミュージカル出身(テニミュ)でそこから東宝ミュージカルなど多数本格ミュージカルを経験して来ている古川さんは、この生執事によって再び2.5作品に凱旋出演って事になる訳で、どことなく生執事の客層が以前と違うような気がしたり、自分が帝国劇場へ足を運んだりしている所を見るに、日本ミュージカル普及委員会??の策略??にまんまと引っ掛かったんじゃないかって勘ぐりたくなるんですけどwww
TOTC ええ引っ掛りましたよ釣れましたよ〜!帝劇に住みたいよありがとう。
古川氏には出来れば今後も次元を跨いで活躍して欲しいですけれども(足長いから余裕で跨げるし)
セバスチャンはいつまで演じてくれるのかな。


次が最後かもと覚悟しつつ
私も来年カンパニア号での航海を共にします。
◆その他の観劇記事はコチラ◆

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.

泣くのは少女よ、私は王女

帝国劇場 ミュージカル「レディ・べス」2回目行ってきました!
初回「目が足りねぇ・・・」と思ったりしましたが2回目な分初回より色々気付けた気はする。
主演含む4役を2パターンで観る試みでしたが、とても楽しかった。ハマりそう・・・。
同じ役、歌でも人が変われば当然雰囲気はガラリと変わるし、役の解釈の仕方も違うのでセリフやアクションのアプローチも変わってくる訳で、同じ作品でも何通りも楽しめるのだなぁと。うわぁ・・・恐ろしい。

※Wキャスト毎の感想は別ページにまとめてあります。興味のある方はコチラへどうぞ。以下は主にシングルキャストの感想になります。

Lady Bess

ミュージカルって個人的にはストーリーより登場キャラクターの魅力や音楽の方を重視していて、それさえ揃っていれば割と楽しめるのですが(もちろんストーリーも大事だと思いますが1度だけ見る舞台なら音楽重視の方が記憶に残るかなぁと思ったり)今回の「レディ・べス」は身分違いの恋と、その恋を捨てて王女になるというクラシカルロマンスの王道みたいなお話なのですが、それ故音楽や衣装が華やかで目にも美しい舞台となっていました。ロマンス物ってどうも冷めた感じで観てしまうのですが、2回目には若い二人の葛藤が胸に迫ってきて切なくなりました。また演者さんたちの歌レベル高し・・・。生歌・生演奏素晴らしい・・・。

特にアン・ブーリン役の和音美桜さんが素敵だった。透き通った伸びやかな声で、時折べスの心理描写として神秘的な雰囲気の中登場します。かならずマッチョな首切り処刑人がセットで現れるんですけど、あれってべスの心理を表しているんですかね。最後には処刑人はおらず、母であるアン・ブーリンだけとなったのが印象的でした。
あなたは1人じゃない、と歌い続ける母の声は届いたのかなと。和音美桜さんは来年のミュージカル「モーツァルト!」で主人公ヴォルフガングの姉ナンネール役で出演されるのでとても楽しみです!和音さん、声だけでなくお姿も美しいとか、ミュージカル怖い(好き)異世界なの??

山口祐一郎さん(ロジャー・アスカム役)と石川禅さん(ガーディナー役)は「ダンス・オブ・ヴァンパイア」でも見たので2回目でした。初見の涼風真世さん(キャット・アシュリー役)も含め安定感が凄かった(涼風さん年齢不詳の美しさ・・・)
物語のはじまりがアスカム先生の語りなんですが、山口さんの声ってすごい穏やかで癒し効果がある気がする。

スペイン大使ルナール役の吉野圭吾さんもカッコ良かった。
王室物って男性の衣装も豪華で楽しい。マント万歳!!(マント大好き人間)
衣装が豪華といえばスペインの王子フェリペ!
カボチャパンツ!青タイツ!羽のお飾り付き帽子!
ダブルキャストのお二人ともバッチリ似合っていて(平方元基さん、古川雄大さん)王子でありながらもコケティッシュな雰囲気も出ていて凄く良いキャラクターだなぁと思いました。
両氏が王子役をやるのももうこれで見納めなのかな?と思ったので生で観られてよかったです。
※Wキャスト毎の感想は別ページにまとめてあります。興味のある方はコチラへどうぞ。

多分来年のこのブログはミュージカル一色になりそうな予感(既に1年先まで見る予定があったりするよ・・・)
でもミュージカル観劇本当に楽しい。開幕前とか楽しみ過ぎてニヤニヤしててごめんなさい。

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。
Thank you for
reading till the end.
●月別アーカイブ●
hongo san ouen
 フィギュア女子シングル      本郷選手 応援中!

BGM
Reading Book(限定盤)(DVD付)


アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

● 自 己 紹 介 ●
しばいぬ」と申します。
このブログは好きな映画やアニメ、舞台や本(漫画含む)について書きたい事を書いたり書かなかったりするブログです。


2018年 干支 錦彩 招福 戌(クリスタルガラス付 ) Y89


ブログランキング・にほんブログ村へ


※このブログのリンクを張りたいという
奇特な方はひと声お掛け下さい。

◆しばいぬにメールを送る◆
kikin






記事検索
コメントありがとうございます!
  • ライブドアブログ