2015年08月

私の悪口を全体ラインで書かれた…。

BlogPaint


養成所の皆で、この前集まって練習をしました。連絡のやり取りはほとんどラインで、練習後にみんなで「ありがとう」とかの内容のラインを送り合っていたんだけど、突然、私のことについて「どうかと思うww」みたいなラインが来て、びっくりしました。

どうやら、送った人は別の人と私の悪口をラインで送り合っていて、全体のラインに間違えて送っちゃったみたいなんだけど、すんごくショックで…。

影でそうやって言われていたこともショックだし、全体の皆が見られるようなところで間違えられたのもショックで…、一人の時に泣いてしまいました。

表面上は、全然問題とか起きていないし、うまく笑えていると思うんだけど、モヤモヤがとれない…。あの悪口ラインを全員が見ているかと思うと、皆がそうやって思っているのかもって疑心暗鬼になってしまっています。


まとまりのない文章でごめんなさい。これからこの養成所で頑張っていくアドバイスもらえたらって思ってメールしました。


                            ライ 22歳 女 神奈川県




シバタの喝!BlogPaint

基本に立ち返りましょう。


TVは貴方にとって何ですか?

役者にとってTVとは見るものではなく出るものです。
出るものだという意識でTVを見れば見方が違ってくる、
役者の修行の基本は
見たり、聞いたり、そして試したりなのです。



お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

同じ原稿でも、先生によってアドバイスが違う…。どうしたらいい?

BlogPaint


はじめまして、柴田さん!

大阪在住のララです!


声優を目指して声優の学校に通っています。

そこでは、たくさんの先生に見てもらっていて、環境としてはかなり恵まれていると思います。が、その分、いただいたアドバイスが、真逆のことが多いです。


同じ原稿でも、強調すべきところが異なっていたり、読むテンションだったり…。

私には気づかない意図が絶対にあるのですが、正直わからないんです…!

だから、私には強調すべきとこはどこ!?みたいになっちゃうんです…。


こういう場合って、どうやって整理していくといいのでしょう?


先生に「この先生には、こう言われたのだけど…」と正直に言ってもいいのでしょうか?



                              ララ 大阪在住



シバタの喝!BlogPaint



台詞でもナレーションでも
正しい読み方などはありません。


想像力、表現力、読解力の差が、
その人なりの持ち味、個性になっていくのです。



お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

得意分野、苦手分野どっちを伸ばすべき?

BlogPaint


ちょっとした縁がきっかけで、小劇場で舞台をやらせてもらうことになりました。私をイメージして役を書いてくれて、とってもやりやすいし、私って客観的に見て、こういうイメージなんだ~ってちょっとおもしろかったです。

自分の得意分野が見えた気がします!


そこで、質問させてください!

今後、自分の得意分野をどんどん伸ばしていくべきか、苦手分野にこそ力を入れてやっていくか…。どちらがいいのでしょうか?

私は、明るく元気な子、またはちょっと性格に難ありな子は得意分野だと思います。でも逆に冷静沈着とか、落ち着いた感じは苦手です。どうしても軽く見えるそうです…。


せっかく自分を見てもらえる劇団と出会ったので、自分の武器を強化していきたいと思ってます。柴田さんなら、どっちを強化しますか?

アドバイスおねがいしますっ!


                           みぃさ 19歳 女 千葉県




シバタの喝!BlogPaint


役を演ずる、これが役者です。

自分の方向性を語るには
まだまだ修行、経験、体験が不足している段階なのではないでしょうか。

それと得意分野だけ演じさせてくれるという世界でもありません。
いかに要求に応えられるか、ダメ出しに対応できるか、

役者の冥利は変身願望なのですから。


お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

あいさつをしてくれない先輩…

BlogPaint


あいさつをしてくれない先輩について、どうしたらいいですか?

うちの声優学校で開催されるイベントでは、1年も2年も関係なくいくつかのグループになって出し物をするんですが、そのグループ内の先輩がまったくあいさつしてくれないんです。

でも、仲間内にはすごく優しくて、面白いのですが、下級生にたいしては、目もくれないっていうか、話し合いにすら参加させてもらえないくらいなんです。

ただ、その先輩、発想がめっちゃ面白くて、芝居もすっごくうまくて、正直尊敬です。

…でも! あいさつしてくれないし、まともな会話にもならなくって…。自分はかなり困っています。どうやって対処していったらいいのでしょう?


あと、プロの世界になったら、こういう人ばっかりなのでしょうか…?

ほんの数日間の出来事ですが、こんなに反応がなくって、こっちを人としてみてくれない人はじめてで…。これまでは遠目だったから単純に「すごい!」って思っていたけど…。

こういう人ばっかりだったら、目指す業界としてキツイ、というのが正直な感想です…。


                                     匿名希望



シバタの喝!BlogPaint

私たちの世界は
ライバル意識とか自意識旺盛な世界ですから
養成所といえどもその表れなのだと思います。

仲良しクラブという訳にはいきません。
我慢をするか、
気にしないか、
努力して仲良くしてもらうかしかないのではないでしょうか。

マイペースで我が道を行く・・・です。



お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

親を話し合いのテーブルにつかせるには?

BlogPaint

声優になりたいと思っているのですが、親の反対を超えられません。

何度も反対されて、そのたびに自分の夢について話をしたのですがどうしても理解してくれません。


最近では、「理解しよう」とさえしてくれないように思えてきました…。


私は、親にこれまで育ててもらって感謝もしているので、ちゃんと納得してもらって声優を目指したいと考えています。けど、女性声優の場合、スタート時期が大事なことは否めないと思っています。(私は、歌ったり、ライブをしたりそういう活動もできるならやりたいからです)

それには、今の時期は遅いくらいだと思ってます。


親に話し合いのテーブルについてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

親の言うとおり、とりあえず就職活動をして、それから声優を志した方がいいのでしょうか?

たとえ内定をもらっても、その企業に悪くないですか?


柴田さんのご意見をいただけますか?


よろしくお願いします!


                          さーや 21歳 女 東京都在住



シバタの喝!BlogPaint


夢を語るだけでは理解してもらえません。
実行ありきです。


まずは就職活動を優先することだと思います。
その上で時間の許される限り
自主的に出来ることから始めてはいかがでしょう。

そうした行為を続けることでひたむきさが伝わり、
そんなに好きな事ならばと、
応援してもらえることと思います。

専門書を参考にトレーニングから始めましょう。



お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

記事検索
プロフィール

柴田秀勝

青二プロダクション所属。主な出演作はアニメ『マジンガーZ』(あしゅら男爵)、『ナルト』(三代目火影)、『鋼の錬金術師』(キング・ブラッドレイ/ラース)ほか多数。TV『水戸黄門』ナレーション。ドキュメンタリー映画のナレーションで文部大臣賞、通商産業大臣賞受賞。

声優グランプリweb
図1







声優グランプリweb
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ