2017年10月

語尾が強くなってしまうクセがあります。

BlogPaint

こんにちは。

セリフの語尾についてお聞きしたい事があります。

私はどうしても、セリフの語尾がたってしまい、語尾が強くなってしまう癖があります。


それをあまりにも意識しすぎちゃうと演技自体が小さくなり表現がしにくくなってしまいます。


何か、語尾がたつ癖を少しでも改善出来る方法などありましたらご教授宜しくお願いします。



                                       S  24歳



シバタの喝!
BlogPaint

呼吸法を使いこなせていないのではと思われます。

外郎売りのセリフなどを、
出来るだけ息継ぎを長く、
ブレス取らない音読で効果は出ると思います。

その際、体言止めの歯切れが綺麗になるよう注意して下さい。
 


お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

ドラマにも出られる声優になりたい!

BlogPaint

ドラマにも出る声優さんってすごいですよね!!

できることなら、是非そういう声優になりたいです!


実力は言わずもがなですが、実際そういうチャンスって、声優業界にたくさんあるんでしょうか?



                     ミサト 女 15歳 埼玉県




シバタの喝!BlogPaint


誰でもという訳にはいきませんが、
そんなチャンスを掴んだ人もいます。

声優も役を演じる者、つまり役者ですから。

 

お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

どうしても行きたい事務所…。もし落ちたら再チャレンジは出来ないの?

BlogPaint

私には、どうしても行きたい事務所があります!

多分、人気のある事務所だと思います…。そこには、附属の養成所があるのでそこに絶対通おうと思ってます!

考えたくないのですが、その養成所で、事務所オーディションに落ちてしまった場合…、落ちた後でももう一度チャレンジする事ってできるんですか?

それとも、「ウチには合わないから他で!」ってもうチャンスはないんですか?



                    みかりん★  18歳 女 大阪府




シバタの喝!BlogPaint


事務所との相性は残念ですがあるようです。
が、他の事務所に行って活躍している声優さんがいるのも事実です。

事務所に現存する声優とキャラがカブる、
声が、演技が、雰囲気が、年齢が、持ち味が・・・カブる。
こんな事情もあるようです。

成功は努力を積み重ねて、一期一会を待つ、
チャンスは努力を積み重ねた人に必ず回って来る・・。

昔から云われていることです。



お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

声優学校への体験入学に声優志望でない友達がついていくって…。断ったほうがいい?

BlogPaint

春休みにいくつかの声優学校に体験に行ってこようかと思います。
全部、とっても良さそうです。


友達にその話をすると、声優志望でもないのに「一緒にいきたい!」と言って一緒に行くことになりました。
友達同士でもOKとは書かれているし、そのほうが安心でもあるのですけど、私は、将来の本気の夢なのに、友達と行くことで、ただの遊びになってしまうのではないかと思います。


断ったほうがいいのでしょうか?

 

                               みさと 17歳 女



シバタの喝!BlogPaint


人間は遊び心が大切なのだと私は思います。

思い込みが激しいと、
視野も狭くなり、
修行過程で辛くなり、
壁から抜け出せなくなりがちです。


楽しくなければ修行は続きません。
まずはお友達と楽しい毎日を送って下さい、。
 

お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

何をやらせても「普通」の私。声優という「特別」にはなれない?

BlogPaint


柴田さん、はじめまして。

いつも更新楽しみにしています。



私は、しゃべることが好きです。

伝えることが好きです。


どうやって伝えると、相手により良く届くかをいつも考えながら話しています。

それがとても楽しいです。


声優になるために、まいにち腹筋と、滑舌をやっています。

新聞のコラムは音読をしています。


それでも、たくさんいる養成所のメンバーと比較するとひとつも抜きん出ているところがない、と思ってしまいます。


養成所のメンバーの中で、特別うまいわけでもないけど何か気になっちゃうような子とか、皆から一目置かれるくらいすっごい上手い子、とかは附属の事務所に所属していったり、役名がついたオーディションに呼ばれたりしています。


私は多分、いわゆる「普通」なのだ、と最近実感しています。

思えば、小学校でも中学校でも「普通」でした。レベルの違うはずの学校、クラス、どこに所属してもいつも真ん中にいるのが私。


そういう人間には声優になるという、特別なことはやはり無理なのでしょうか?

平均点の人間は、オーディションで落ちてしまいますよね…?


よろしくお願いいたします。


                  シノモト 19歳 女 東京都在住




シバタの喝!BlogPaint


なかなかの努力家のようですが、
役者の魅力は決して上手い下手ではないことを知るべきです。


天才は努力する者を悲しませるといいますが、
チャンスは努力を積み重ねた者には必ず回ってくるものだともいいます。


役者はいつデビュー出来るかではなく、
いつまで続けられるかなのですから。

 

お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!


 

記事検索
プロフィール

柴田秀勝

青二プロダクション所属。主な出演作はアニメ『マジンガーZ』(あしゅら男爵)、『ナルト』(三代目火影)、『鋼の錬金術師』(キング・ブラッドレイ/ラース)ほか多数。TV『水戸黄門』ナレーション。ドキュメンタリー映画のナレーションで文部大臣賞、通商産業大臣賞受賞。

声優グランプリweb
図1







声優グランプリweb
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ