BlogPaint
今の時代はアイドル性がないと声優になれないのでしょうか。
私は幼い頃に見た少年漫画が原作のアニメ(柴田さんも出演されていた作品です)がきっかけで声優を目指し始めました。

今でも好きな声優さん・憧れの声優さんは変わりません。私も憧れの声優さん達と同じように、キャラクターに合った声・芝居が出来る「役者」になりたくて勉強しています。

養成所にも通ったり、様々な一般公募のオーディションにも応募してきましたが、合格するのは10代の容姿が整った可愛らしい声の子ばかり。
また、課題の内容が複数あるセリフが女性の課題だけすべて「小学生の女の子、中学生の女の子、高校生の女の子、ツンデレな高校生の女の子」といったように、大人の女性や変わり種等は全くなかったこともあります。
実際のディレクションも、テンプレートな萌え声での芝居ばかりを求められました。

私が受けたオーディションや事務所がたまたまそういったものだったのかもしれませんが、私はアイドルとしてではなく、憧れの声優さん達のようにしっかりと役者として声優になりたいです。
冒頭の質問のように、今の時代はアイドルとして売れる要素(容姿が良い、若い、声が可愛い等)がないと事務所に所属することも出来ないのでしょうか。

また、柴田さんはそういった業界・事務所をどう思われますか。
ご回答よろしくお願いします。

えり 23歳 女性 宮城県






シバタの喝!BlogPaint

アイドルだけでは作品は成立しません、萌え声が徴用される昨今ですが、これも時代です。
かつて、努力を続けていれば誰にでも将来必ず3回はチャンスが巡ってくると先輩に言われ、それを頼りに私も頑張ったものですが当たっているようです。
演技派俳優を目指して下さい。




お悩み相談はこちら!

声優学校の資料請求はこちら!

柴田さんに声優診断をしてもらう!