2008年06月17日

さつき?

さつき?2この花はさつきかな?
今日は初七日も無事に終った。花輪なども片付けられて、なんか淋しいような気がしないでもない。
父が亡くなった日は母に、「明日も病院に来るか」と父は言って、母も「うん、明日も来るよ」と応えたことが、母との最後の会話となった。
そして夜の11時過ぎに病院から亡くなったと電話があった。
さつき?1母と姉が駆けつけた時には、まだかすかにあたたかかったそうである。そしてその夜のうちに葬儀屋さんに連絡し、父を自宅に連れてきた。

ほろほろと父かげろうの駅に佇つ  柴崎昭雄

みなさんのコメントが心強い限りである。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←一日一回のワンクリック応援よろしく!!

shibakio at 22:01│コメント(9)トラックバック(0)clip!日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by でんどう三輪車   2008年06月17日 23:10
*ほろほろと父かげろうの駅に佇つ  柴崎昭雄

愛別離苦・・必ず別れの時は来ますね・・今はお父さんの面影だけが目に浮かぶと思います・・もう初七日も無事お勤めされて落ち着かれたと思いますがくれぐれも昭雄さんもお母さんもお体を大切にして下さいね。
2. Posted by koujisamayoi;小路散歩者   2008年06月18日 04:37
  壺の内静かひろげる月の湖  、四十九日までは不思議な時を傍らへおもいます。きっと此れからはいつも一緒に居ることになるのだなぁと、、、  
3. Posted by ゆふ   2008年06月18日 05:12
少女らが笑うがごときさつきかな

今は悲しみに満たされていても、いつか歩き出せます。でも忘れるってことでないんですよ。

肉親ではありませんが親しい人が死んでしまっての感想です。
4. Posted by しいちゃん   2008年06月18日 11:43
昭雄さん こんにちは(^^)
きれいな、やさしい色のさつきですね〜☆
父との最後、、、看護婦さんが、「父ちゃんの爪を切ってあげな」と言って持ってきてくださった洗面器のお湯の中に、細い、細い父の指を浸してから、爪を切ってあげました。遠く離れていたので、お見舞いに行ったその時が、最後でした。亡くなる一週間前でした。
父の主治医は「がんばらない」を書いた鎌田實先生でした。その時のことは、今でもはっきりと覚えています。「思い出」をつくっていただいたことに感謝しています。(^^)
昭雄さんもいっぱい「思い出」があるでしょうね〜。。。。
お体に気をつけて、無理しないでくださいね〜☆
いつもありがとうございます。(^^) 
5. Posted by キコ   2008年06月18日 17:47
お父様が亡くなられて、
葬儀や法事で忙しくしておられるうちは、
まだなんとなく紛れますね。
これから寂しさはじわじわと募ってこられると思います。
どうぞ、お母様の支えになって差し上げてくださいね。
いつも柴崎さんの句に心を揺り動かされます。
柴崎さんも、お大事になさってね。
6. Posted by みや   2008年06月18日 18:18
父と酌む南部津軽のちゃんぽんよ

もう初七日過ぎたのか・・・早いね。
力瘤を落とさぬようにしてください。
7. Posted by sige兄   2008年06月21日 09:51
ojya〜お邪魔します、sige兄(しげにいと読んで下さいね)と申します。

昭雄様は、植物は詳しそうなので教えて頂きたいのですが?

つつじとさつきの違いとはどの辺りでしょうか?

ヘビーな記事に合わないコメントで済みません。

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

8. Posted by 昭雄   2008年06月21日 20:44
みなさん
あたたかいお言葉をありがとうございます。
とても励まされます。


sige兄さん
さつきはつつじの一種だと思います。
つつじというカテゴリーの中に、さつきがあると思います。
違っていたらごめんなさい。
今後ともよろしくお願い致します。
9. Posted by 武士ガエル   2008年06月27日 14:45
こんにちは管理者様。施設介護のブログを書いておりまして、相互リンクのお願いです。どうかよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔