柴ポチダイアリー

〜 ポチのひとり言 〜 趣味や旨い物情報、気付いた事を不定期に書き込みます

寿司処 清元 〜 いろいろ白身とマグロのいそべ丼+ハーフそば 1,080円

清元 いろいろ白身とマグロのいそべ丼+ハーフそば 1,080円

清元 いろいろ白身

今日は仕事で、戸塚工業団地へ。この辺りは飲食店が限られている。今日のお昼は、いつもの寿司店「清元」さんに行くことにした。こちらは、色々な種類の魚を出してくれるお気に入りのお店である。店舗の道路向かいにも駐車場があるので便利である。

清元 メニュー

店頭には、本日のランチメニューが出されていた。特、A、B、Cの4種類のメニューがあり、日によって変わる。今日はどれも魅力的なものなので、何にしようか迷う。入店しようとすると、食事を終えたお客さんがぞろぞろと退店して行く。

清元 お茶

入店すると、笑顔の女性スタッフが迎えてくれた。大将も元気がいい。空いている大テーブルに着くと、お茶とおしぼりが出された。店内にもランチメニューが貼ってあるがまだ悩む。ハタとまぐろも気になるし、カジキのフライも気になる。でも結局Bの「いろいろ白身とマグロのいそべ丼」と「ハーフそば」をお願いした。ハーフそばが付いて1,080円である。そばは、温かいのと冷たいのが選べるというので、温かいそばでお願いした。

清元 料理

さほど待たずに料理が出された。トレーには、メインの丼、そば、味噌汁が乗っている。

清元 丼Up

メインのいそべ丼は、マグロ、タイ、ハマチ、生タコ、小柱、玉子などの具材に、生姜、大根のツマ、ワカメ、刻み海苔が乗っている。

清元
清元 そばUp

最初に冷めないうちにそばからいただく。そばには天かすが乗っている。つゆは少々甘め熱々である。蕎麦屋ではないので、それほどのこだわりはないようだ。まあまあごく普通の温そばである。

清元 刺身Up
清元 刺身Up2

さて、メインの丼であるが、寿司屋だけあって魚はどれも新鮮である。マグロなどは上に乗っているだけかと思ったら、中の方にも入っていた。生タコは茹でた物と違って、食感がたまらない。

清元 味噌汁

味噌汁には三つ葉が入っていた。これで結構お腹一杯になる。いつもながら新鮮で旨い刺身をいただいた。

清元 店頭

【自分の勝手な評価】:各項目を0点から5点とし、総合20点満点で評価

いろいろ白身とマグロのいそべ丼+ハーフそば 1,080円

料理:★★★★☆4
店舗:★★★★☆4
接客:★★★★★5 
サービス:★★★★★5
総合:18

【データ】
住所:横浜市戸塚区鳥が丘17-2
 地図
営業:11:00〜14:00 17:00〜22:00
定休日:木曜日
料金:後払い
その他:布おしぼり
駐車場:有

過去の記事
■8018,01,10 うな丼+ハーフそば
2017,08,30 うな丼

2017,01,16 鮪と帆立の刺定
2016,04,20 水ようサービスの上にぎり
2015,07,25 すずきと鮪の刺定

食べログのリンク

家庭料理 佐久良屋 〜 あじフライ

佐久良屋 あじフライ

佐久良屋 あじフライ

今日は仕事で新山下のみなと赤十字病院へ。その帰りに昼食でもと向かったのが関内。グリルサクライでも行こうかと思ったが、たどり着けない。時間もないので、細い通りで呼び込みをしていたおばあちゃんの店に入った。屋号は佐久良屋という年季の入ったお店である。

佐久良屋 メニュー

入店すると先客1名が食事をしていた。メニューは壁にかかっていて、おふくろ定食(日替)というのがある。今日はとんかつということなのでお願いした。するともう終わってしまったとのことだ。それなら、外で呼び込みするなと思ったが仕方がない。サバが美味しいわよと言うが食べたくない。結局「あじフライ」800円をお願いした。こちらも“美味しいわよ”とのことだ。しかし中々調理が始まらない。随分とのんびりとしたものだ。カウンター上のお茶のポットはほとんど入っていない。スタッフがようやく気付いて新しいものに差し替えてくれたが。

佐久良屋 料理

しばらく待って料理がだされた。内容は、メイン、ご飯、味噌汁、小鉢、香の物の5品。

佐久良屋 あじUp

メインのあじフライは、小さな鯵を2枚をフライにしたもので、付け合わせに千切りキャベツが付いていた。卓上のソースをかけていただく。鯵は揚げたてなので熱々だが、いかんせん小さい。それなのでおかずはすぐになくなってしまう。

佐久良屋 小鉢

小鉢は肉じゃが風でこれはおかずとして良い。

佐久良屋 香の物

香の物は、大根とその葉。塩気があるのでこれもおかずになる。

佐久良屋 味噌汁

味噌汁がついていたが、メニューには確か、あじフライ豚汁と書いてあったと思うが、豚汁ではなく普通の味噌汁だった。これで800円とは関内価格である。これならば650円がいいところ。今日のお昼は失敗だった。

佐久良屋 店頭

【自分の勝手な評価】:各項目を0点から5点とし、総合20点満点で評価

あじフライ 800円

料理:★★☆☆☆2
店舗:★★★☆☆3
接客:★★★☆☆3 
サービス:★★☆☆☆2
総合:10点

【データ】
住所:横浜市中区常盤町3-22
 地図
営業:不明
定休日:不明
料金:後払い


食べログリンク

卵かけご飯専門店 たまごcafeごはん 〜 キリ玉定食

たまごcafeごはん キリ玉定食

たまごcafeごはん キリ玉定食

いつものように相鉄Styleというサイトを眺めていたら、瀬谷駅南口に卵かけご飯専門店があるとの記事が出ていた。「たまごcafeごはん」というお店なのだが、卵かけをcafeにもじったところが中々のセンス。こちらは、瀬谷区にあるオリジナル家具、特注のオーダー家具の製作を行う株式会社サクラコーポレーションが運営しているとのこと。ちょっと気になったので、連れを伴って訪問することにした。場所は、相鉄線瀬谷駅南口の銀座通り商店街にある。

たまごcafeごはん 店頭

店頭に向かってみると、洒落たロゴマークの看板が目に入った。

たまごcafeごはん メニュー

メニュー看板を見てみると、たまごかけご飯の他にも、しょうが焼き、唐揚げ、オムライスなど色々ある。入店するとお客さんで大盛況である。

たまごcafeごはん お冷や

女性スタッフが、空いていたカウンター席に案内してくれた。席に着くと、お冷やと紙おしぼりが出された。

たまごcafeごはん 店内

先日訪問した、鶴ヶ峰の「ミッシェルズカフェ」もそうだが、こじんまりとしているが、中々お洒落な空間である。卓上のメニューをもう一度確認すると、カフェだけにご飯の他に、ドリンク、デザート類も充実している。自分は「キリ玉定食」650円と「特製からあげ」単品350円をお願いした。これは何かというと、新潟県南魚沼地方の「きりざい」を乗せた丼とのこと。ではこの「きりざい」とは?説明文を見ると、野沢菜、ニンジン、沢庵を細かく切って、納豆をまぜた魚沼地方の郷土料理とある。そこに生卵を乗せたのがキリ玉だ。食事をするとドリンクが100円になると言うので「アイスコーヒー」をお願いした。

たまごcafeごはん 料理

しばらく待って料理が出された。内容は、メインのキリ玉、汁物、副菜、子持ち昆布の4品。単品で頼んだから揚げは3個だった。メインのキリ玉は、説明文通りである。

たまごcafeごはん 醤油

卓上には、卵かけご飯にかける醤油が4種類置かれていた。好みでご使用下さいとのこと。見るとこちらは、新潟県ではなく静岡県掛川市とある。

たまごcafeごはん キリ玉

早速キリ玉をいただいてみる。先ずは卵を崩してご飯に混ぜる。出汁が掛かっているのだろうか、素朴で良い味である。ボリュームもそこそこあってこれは旨い。

たまごcafeごはん ご飯Up

試しに静岡の栄醤油を少し掛けてみる。これも中々味わい深いものがある。

たまごcafeごはん 唐揚げ

途中でから揚げをいただいてみる。説明書きには、川口糀店の塩糀で下味を付けているとある。短冊レモンとマヨネーズが付いていた。

たまごcafeごはん 唐揚げUp

レモンを絞っていただく。勿論揚げ立てなので熱々で、下味の塩加減が中々良い。今度は卓上の黄ニラ醤油を少々付けてみた。これはポン酢のような酸味があって旨さが増す。勿論マヨネーズを付けても良い。

たまごcafeごはん 煮物

副菜は、旬の野菜の煮物で、タケノコ、シメジ、いんげん、鶏肉等が入っていた。単調な丼のおかずにぴったり。

たまごcafeごはん お汁

さて、特筆すべきは味噌汁である。豆腐、シメジ、大根、蒟蒻等が入っていた。出汁が非常に良く出ていて、野菜からだろうか、ほのかに甘味さえ感じる。思わずお替わりしたくなる。最近こんなに旨い味噌汁は飲んだことがない。

たまごcafeごはん 子持ち昆布

小さな子持ち昆布が付いていた。味が濃いのでこれでご飯が進む。

たまごcafeごはん アイスコーヒー

食後は頼んでおいたアイスコーヒーが出された。ちょっとお洒落な丸っこいグラス。ガムシロもミルクも別。少し濃いめの味わい深いもの。しかし、料理は650円で中々の物を出す。近い内に再訪してみたい。

たまごcafeごはん 店頭2

【自分の勝手な評価】:各項目を0点から5点とし、総合20点満点で評価

キリ玉定食 650円
特製からあげ 350円
アイスコーヒー 100円

料理:★★★★★5
店舗:★★★★☆4
接客:★★★★☆4
サービス:★★★★★5
総合:18点

【データ】
住所:横浜市瀬谷区瀬谷4-9-1
 地図
営業:10:00〜17:00
定休日:日曜日、祝日
料金:後払い
その他:紙おしぼり


食べログリンク

酒の肴と手打ち蕎麦 こなひきじじい 〜 天丼セット

こなひきじじい 天丼セット

こなひきじじい 天丼セット

今日は仕事でJR戸塚駅付近へ。丁度昼時なので何処かランチをいただける店はないかと探していると、チェックしておいた「こなひきじじい」という蕎麦店を思い出した。店頭に向かってみると絶賛営業中である。こちらは土日祝日はランチをやっている。平日は夜の営業で居酒屋となる。

こなひきじじい 下足箱

入店すると、すぐ左に下足箱が設置されている。こちらで靴を脱いで店内へ。一人なので、女性スタッフにカウンターを案内された。

こなひきじじい お茶

すぐにお茶とおしぼりが出された。

こなひきじじい メニュー
こなひきじじい メニュー2

さて、メニューを拝見すると、お昼のメニューがあった。蕎麦とのセットで、かき揚げ丼、天丼、釜揚げしらす丼、熟成チキンカツがある。これは迷うが「天丼セット」1,080円をせいろでお願いした。カウンターの前が揚場になっていて、注文があってから天ぷらを揚げ始める。

こなひきじじい 料理

少し待って料理が出された。内容は、せいろ蕎麦、天丼、香の物の3品。スタッフが、“蕎麦が伸びやすいので、先に蕎麦をどうぞ”と。

こなひきじじい 蕎麦
こなひきじじい 蕎麦アップ

そういう訳で、蕎麦徳利からつゆを猪口に入れ、薬味のネギとわさびも入れる。蕎麦は冷水で〆られていて、硬めに茹でられている。若干太めで食べ応えがある。つゆは薄口なので、たっぷり付けていただいた。

こなひきじじい  天丼

次に天丼をいただいてみる。器は大きく見えるがミニ天丼である。揚げ方が中々きれいである。

こなひきじじい  エビ
こなひきじじい  マイタケ
こなひきじじい  カボチャ
こなひきじじい  ナス

具材は、エビ、舞茸、カボチャ、ナス、しし唐辛子の5品。セットの天丼だが、具材は中々。天ぷらはサクサクで、甘辛の丼つゆは多からず少なからずで良い具合だ。

こなひきじじい そば湯

こちらから何も言わなくても、食べ終わりを見計らって蕎麦湯を持ってきてくれた。大抵はぬるい蕎麦湯が出されるが、こちらは熱々だった。中々旨い蕎麦と天丼だった。

こなひきじじい 店頭

【自分の勝手な評価】:各項目を0点から5点とし、総合20点満点で評価

天丼セット 1,080円

料理:★★★★☆4
店舗:★★★★☆4
接客:★★★★☆4
サービス:★★★★☆4
総合:16点

【データ】
住所:横浜市戸塚区戸塚町4014-4
 地図
営業:【昼の部】土曜、日曜、祝日11:30〜17:00
【夜の部】毎日17:00〜5:00
定休日:無休
料金:後払い
その他:布おしぼり

食べログリンク

国味ラーメン 〜 ワンタンメン

国味ラーメン ワンタンメン

国味ラーメン

教習所に通う娘が、高速に乗ってドライブに連れていけといので、いつもの湯河原方面に出かけた。国道134号から西湘バイパスを利用した。娘の言う高速道路ではないが、料金を節約。途中でPAで休憩して湯河原へ。湯河原に行ったならば、まだ訪問したことのない国見ラーメンに行くことにした。駐車場は店舗の裏手にある。入店すると、丁度昼時ということもあり、店内は大盛況である。二人なので空いていたテーブル席に着いた。

国味ラーメン お冷や

すぐに女性スタッフがお冷やを出してくれた。

国味ラーメン メニュー
国味ラーメン メニュー2

テーブルにあるメニューを拝見。こちらは小田原系ラーメンの店なので、ラーメンは外せない。小田原系の店は、カツ丼も一緒に出しているところが多い。自分は「ワンタンメン」890円、娘は「カツ丼」900円を注文した。揚げ物は、注文が入ってから揚げるので時間がかかるとのこと。それにしても人気店である。次々とお客さんが入店してくる。中には昼飲みに興じている人もいる。

国味ラーメン 料理

しばらく待ってワンタンメンとカツ丼が運ばれてきた。カツ丼は見るからに凄い量だ。カツ丼だけでなくラーメンも量が多そう。ラーメンの具材は、ワンタン、チャーシュー、メンマ、ナルト、三つ葉、青ネギ。

国味ラーメン スープ

先ずはスープからいただいてみる。近くの「大西」のラーメンとはまた違って、豚骨が全面に出ている。勿論醤油も充分に感じるが、味付けがかなり濃いめ。

国味ラーメン 麺

麺は小田原系には欠かせない室伏製麺。このピロピロとした麺は横浜では多分食べることができない。平打ちの縮れ麺で、茹で加減は硬めだった。

国味ラーメン ワンタン

ワンタンは大きな皮の中にぎっしりと肉が入っていた。餃子の餡のような味がする。これが6個くらい入っていたか。量が多いので娘に手伝ってもらった。

国味ラーメン チャーシュー

チャーシューは脂身が多くて、味付けは濃いめ。

国味ラーメン メンマ

メンマが沢山入っていて、メンマ好きにはたまらないが、こちらの味も随分と濃い。しかし、味の大西もそうだったが、かなりのボリューム感がある。娘の頼んだカツ丼も相当量があったが、流石に若いせいもあり残さず食べていた。

国味ラーメン 店頭

【自分の勝手な評価】:各項目を0点から5点とし、総合20点満点で評価してみる

ワンタンメン 890円

スープ:★★★☆☆3
麺:      ★★★☆☆3
具:      ★★★★☆4
接客サービス等:
★★★☆☆3
合計13点

【データ】
具:ワンタン、チャーシュー、メンマ、ナルト、三つ葉、青ネギネギ
麺:室伏製麺
薬味:コショー等々

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2丁目11-13 地図

営業:11:30〜15:00 17:00〜20:00
定休日:水曜日、第1・3木曜日
料金:後払い
その他:Pあり

食べログリンク

Category
Profile

柴ポチ

Search
Archives
Coments
Weather
QR
QRコード
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: