と、どうなるか考えてみました。

365日毎日三千円稼ぐと年間で1,095,000(約110万)円になるんですね。

社会保険とかに入るのは130万からなんでまだ大丈夫。
扶養控除とかもろもろも103万までなら大丈夫だから何日か三千円を切ればそれもクリア!

つまりこの金額は国も認める税金の対象にもならない収入になるんですね。

じゃあ一日三千円がどんなものかと言うと
○有名国公立大生などの家庭教師や塾講師などの時給三千円の仕事なら一時間
○個別指導塾の講師や賃金が高めの軽作業などの時給1000円の仕事なら三時間
○平均的なアルバイトによくある時給750円なら4時間
○地域にもよりますが最低賃金の612円ならほぼ5時間(4.9h)
なんですね。

世の中サービス残業なんてザラですから実質の時給が最低賃金クラスになることなんてよくあることです。
そうなると労働時間が5時間ほどになるんですが昼休みなど1時間掘り込むと拘束時間は6時間になるんですね。
普通はギリギリ到着なんてありえないんで待機時間もさらに別であります。

6時間+αとなるとほとんど一般的な労働時間になりますね。


つまり毎日毎日休みなく一般的な労働時間で働き続けても国が認める課税対象にもならない賃金しかもらえない可能性が大いにあるというわけです。

しかもこれだけ働いてるのに社会保険もない。

倍働いても200万。
普通の人の倍働いてもよく聞くような企業の正社員の初任給と同じくらい。
※倍=12時間以上
無理、死んじゃう

なので人並みに働く、365日無休で
それでも課税対象にならない=労働者とみなされない
国民年金を払う→収入の1割以上が無くなる


(´Д`)

そらワーキングプアにもなりますわな(´・ω・`)

お題から考えた結論では『一日三千円稼ぐと』

『それを人並に働いて稼いでても課税対象にもならない』
ということです。

逆を言えばこれくらいなら主婦や学生は稼いでも大丈夫というわけです。

学生の場合は年10万を越えると勤労学生の控除が消えてしまうんで親御さんが年数万円課税されてしまいますが。

でも普通に考えて住むとこが無かったら年百万そこそこじゃ生活苦しいですよね。
家賃三万円光熱費一万円通信費一万円で年間60万ですからね。
残り40万(月3〜4万)でご飯食べたり日用品買ったり毎日働くわけなんでどこかが痛むであろうということで病院行ったり…

無理、無理無理、死んじゃう。

一日三千円じゃ生活できないです。
でも税金はかからないみたいです。

ということです。


とりあえずタイトルを見て『おいおいこいつもアフィリエイト紹介かよw』と思った人はネットの見すぎですw
外の景色をもっと見ましょう(笑)


税金のことはまだまだ勉強中で間違ってることや知らないこともまだまだたくさんあるのでご了承ください。


…スキー行きたいです(´ω`)女の子いるならスノボでも行きますぜヘヘヘ