桑名柴田整骨院の日記

三重県桑名市にある柴田整骨院のホームページの補足としてご活用下さいませ

タグ: くしゃみ

花粉症に効くツボ カユミ・鼻水・くしゃみを止めるツボ

やっぱり春先は
花粉症でお悩みの方多いですね。

どこからともなく
風に乗って飛んで来た花粉が、
目や鼻や口から身体に入り込み、

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目の諸症状を引き起こし、

花粉も
杉花粉とは限らず、
何の花粉に対してアレルギー反応を示すのかは、

病院の血液検査で調べてくれますので、

まずは自分自身の体質を把握する事が重要で、
その原因アレルゲンとなる花粉を避ける生活を心がけるのが、
得策かつ確実な予防法なのです。

ツボ療法では、
まずは差し迫った状況の打開策として、

涙目と頭痛に対処する「承泣」、

鼻水鼻づまりに「迎香」、

全身の代謝促進で症状緩和を計る「湧泉」、

を選択致しました。


承泣 絵
 
   





承泣 (しょうきゅう)


顔正面を見た時の瞳孔の真下方向で、
眼窩の際がツボです。


中国では古くから眼病特効のツボとして活用されております。

主として結膜炎等の炎症性症状で使用されるが、
眼精疲労からの疼痛及び頭痛でも用いられております。

承泣の押し方

眼窩の際のツボを示指か中指の指先で、
頬骨の下端を上に押し上げるような感じで強めに押します。

目を閉じて息を吐きながら押していき、
2秒止めて息継ぎをして、
これを8回行います。

 
   迎香 (げいこう)


香りを迎入れる鼻の状態が良好な事を指すツボで、
小鼻の両脇に有ります。

鼻水、鼻づまり
副鼻腔炎、顔面神経麻痺、三叉神経痛、等
鼻に関わる炎症、痛みや痺れ全般に良いとされるツボです。

迎香の押し方

小鼻の両脇なので押しやすく、
指の第2関節(爪が長い場合)で押しても結構です。

息を吐きながらグリグリと5回押し回し、
息継ぎするのを6回行います。

鼻水を止める時は、
指先に力を込めてしばらくの間押し続けます。


008-5-3tsubo
 
   







湧泉 (ゆうせん)

生命エネルギーが湧き出る泉を意味するツボです。

数あるツボの中でも万能のツボとして有名ですが、

自己治癒力の向上
と代謝促進効果に抜群で有ると共に、
異物に過剰反応して頭部に集まったのぼせの気を、
正常に引き戻すという働きも致します。

湧泉の押し方

足の裏前方
にある人の字型のすじの中心がツボです。

片膝の上に足を乗せて、
親指の腹で強めに圧迫します。

押す時はゆっくりと息を吐きながら力を加えていき、
2秒待って息継ぎしながら力を抜いていきます。

これを8回行います。


花粉症だけじゃなく各種のアレルギー症状のある方
 
花粉症やアレルギーは薬で抑えている人が多いようですが、
鍼灸治療は驚くほどよく効きます。
残念ながら100%とは言えませんが、それでも8~9割
の高い確率で治ってしまいます。

 
治療にはいくつかの方法がありますが、一番効くのが
臍の周りの鍼と灸です。

臍の中心から1㎝ほどの円周を、丁寧に指で押しながら探ってみると、
何ヶ所か硬い所が見つかります。

そこに鍼と灸をするのですが、この段階で、鼻が通り、眼の痒みも消え
始めてしまうことが多いのです。

 

薬の服用には、眠くなるなど、多少なりとも副作用を伴うことが多いも
のです。花粉症の方は、是非一度鍼灸治療を受けられることをお勧め
します。



柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335
休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜7:00(午後)

ホームページへ戻る

くしゃみが響く腰痛の原因と鍼灸治療

冬場に多いのですが
くしゃみをすると腰にまで響くという腰痛を起こす方がいます。

この原因はといいますと
腰痛にプラスして風邪が侵入したパターンといってよいでしょう。

どちらかといいますと

冷え性タイプで、
自然治癒力が低下している方が多いですね。



骨盤の仙骨部分に冷えが蓄積されている方で
腰に慢性的な違和感があるかたが多くお見えです。

そういう方に風邪が侵入しますと
くしゃみをすると腰にまで響く腰痛を起こします。

こういうケースは、
腰痛と風邪を追い出す鍼灸治療を同時におこないます。

腰痛には、
仙椎の1番から2番をポイントとして
その外方2寸付近の三つのツボをつかいます。

風邪の場合は、
足から侵入するパターンの風邪の場合が多いので
腹部のポイントと首の下の風邪のツボをつかいます。

そうしますと・・
腰痛と風邪を同時に癒すことになりすますので
速やかに解消されることになります。

くしゃみをすると腰にまで響く腰痛で
お悩みの方・・
安心してお尋ねください。



腰痛から坐骨神経痛に移行する理由

よく、整体やカイロにいって
腰痛は治ったのだけれど・・

坐骨神経痛になって足が痛くて・・
といって来院される方がみえます。


これは、腰痛が治ったのではなくて
腰痛を引き起こした病邪を奥に追いやったとしか思えません。


病気には、進行していくパターンがあって、
腰痛が悪化すると・・坐骨神経痛に移行していく
パターンがあります。

病の進行程度を良くみながら
治療していくことが大切で、
症状だけを診ていくと・・
往々にして、病を押しやり、
症状を悪化させていくということになりかねません。

患者さんの立場からみますと・・
症状が軽減されると治ったように思えますが・・
治療家の立場からみますと・・
より本質的に症状を診ることが大切です。

自戒をこめて・・・
記事を書いてみました。



妊娠初期症状の腰痛
お腹が冷たくなっていませんか?


妊娠初期の腰痛は、
妊娠したことによって
ホルモンのバランスが崩れ、

腰痛を感じることがあるといわれています。
妊娠初期に腰痛を起こす方は、
下腹部が冷えていらっしゃる方が多く見受けられます。

下腹部の冷えが強まると腰痛を起こすばかりでなく
子宮も冷えていますから逆子、流産等、胎児へも影響を及ぼします。


腰痛はつらいものです・・
当院では、
下腹部の冷えを取り除き、

骨盤調整の治療を中心としながら
腰痛治療をおこなっています。


妊娠初期の腰痛、難産、逆子の
鍼灸治療は、とても効果があります。


是非お薦めします。



 
冬場の腰痛・ギックリ腰の特徴と鍼灸治療

冬場の腰痛の特徴は

寒さが足から侵入して・・
腎と大腸を侵して・・
腰にでて、腰痛を引き起こすタイプ

このようなケースがめだちます。

病は、季節ととても関連していますが・・
腰痛も同じで・・・
冬場に生じる症状はたいてい季節の影響を受けています。

ポイントとなります治療のツボは、
大巨、大腸兪です。

それと・・・
仙骨部分も大切で・・仙椎の1~2番付近に圧痛のある方が多くでます。

このようなポイントに施灸しますと・・
即効性をあらわし・・
とても楽になります。

ギックリ腰かな・・
腰が痛くて、骨盤全体が重い・・
などでお困りの方・・
お早めにご相談ください。

柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る

このページのトップヘ