桑名柴田整骨院の日記

三重県桑名市にある柴田整骨院のホームページの補足としてご活用下さいませ

タグ: せんねん灸

目の内側を真っ赤に充血させた患者さんが見えました。
疲れが溜まると、よくこの症状が出るとのことでした。

 この症状は、「赤目」とも言います。ひどいものになると、白目が
全部真っ赤になって、まるでウサギの目のようになることもあります。

この「赤目」には特効穴があります。

先ず親指の第一関節中央の大骨空(ダイコックウ)
中指第三関節中央の拳尖(ケンセン)、そして小指第二関節中央
小骨空(ショウコックウ)の三穴を取り、
これらに三壮づつのお灸を据えるだけでいいのです。

 一週間ぶりにお見えになったこの患者さん、前回の治療の後、ドン
ドン赤みが引いて、三日目にはきれいに消えたとのことでした。

 
せんねん灸でも効果はあると思います  
ご家庭でもお試しください。


柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る



歯の痛みに大変よく効くツボを紹介します。

商陽二間 手の人差し指の爪の付け根の端にある商陽(しょうよう)と、
第二関節を曲げたときに出来るシワの端にある二間(じかん)にお灸を5壮すえます。

これで歯の痛みはかなり取れてしまいます。


内庭 厲兌

更に万全を期すには、足の人差し指の爪の付け根にある厲兌(れいだ)と、
足の人差し指と中指の又の所にある内庭(ないてい)に、同じく5壮の灸をすえます。

こちらの2穴は、『足の陽明胃経』に属しています。

『手の陽明大腸経』と『足の陽明胃経』は、同じ陽明に属し、また胃と
大腸という同じ消化器系を担うもので、その同属性は、極めて高い
のです。

このようなわけで歯痛には、上記の手足4穴を使うことが望まれます。

 さてお灸による歯痛治療は、痛みは消せても、虫歯を治すことは
できません。ちゃんと歯医者に通う必要があります。

ただし歯周病の予防・管理には、大変有効です。
歯周病は、歯石を取ってもらった直後でも、例えば深酒をしたり、
過労状態になったりすると、腫れて痛むことがあります。

こんなときこそ、この治療法は大いに役立つと言えるでしょう。


柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る

足の冷えには足の指先へのお灸が効果的



足の第5、第4、第2指の

外側の爪の付け根と、


第1指の内、外側の爪の付け根

計5穴に3壮づつの灸を据えて下さい。


せんねん灸でも効果OK


これで足の冷えも治まりますよ!!


 

柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)



ホームページへ戻る


五十肩の自己治療

先ず最初は前方に腕が挙がらない場合。
 
この場合は写真の肩髃(ケングウ)が患部になっています。

このツボは、腕を真横に挙げると、肩の付け根に小さな窪みが二つ出るので、
その前方のものがそれです。ここにお灸を三壮据えます。
 
続いて写真の肘のツボ曲池(キョクチ)と手首の陽谿(ヨウケイ)
にも三壮づつお灸をします。

曲池は、肘を曲げたときに出来る横紋の親指側の端に取ります。
また陽谿は、親指を反らせると二本の腱が親指の付け根に出ますので、
その間に取ります。
 
この肩髃、曲池、陽谿は、手の陽明大腸経という同じ経脈に属しています。

電車の吊り革を持つような、腕を前方に挙げる動作が難儀な五十肩は、
この経脈の異常といえます。

ご家庭で、この三穴にお灸を据えるか、或いは市販の千年灸を使ってでも、
ある程度の効果は期待できます。

柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)



ホームページへ戻る


失禁


五十代以上の女性に多い症状ですが、一様に恥ずかしそうに
訴えられます。

しかし鍼灸治療をする立場から言いますと、

「こんな簡単な症状で、何でそんなに悩むの?」
ということになります。

失禁には、腰兪(ヨウユ)という特効穴があるからです。

腰兪は尾骶骨を先端から上に向かって探っていくと、
2~3㎝の所にあるわずかな窪みがそれです。

ここにお灸を五壮すえるだけでよいのです。
早い人では一回、普通は数回で治ってしまいます。

治療院に来るまでもなく、千年灸を家族にしてもらう
だけでも、ある程度の効果を期待してよいでしょう。

柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)



ホームページへ戻る

このページのトップヘ