桑名柴田整骨院の日記

三重県桑名市にある柴田整骨院のホームページの補足としてご活用下さいませ

タグ: ストレス

内因性ウツ病

とかくストレスが溜まりやすくなって来ている現代社会においては、
うつ病などの精神神経系の疾患に知らず知らずのうちに罹っているパターンが非常に多くなってきています。

そこで当院では、鍼灸治神十法を使っての治療を行っております。

鍼灸治神十法とは、

百会・神庭・四神聡・本神・神門を使って
臨床症状に基づいて配穴する、全部で十種の治療法有り、故に治神十法といいます。

①不眠健忘には三陰交
②めまいには太衝
③頭痛には行間     
④心悸息切れには内関
⑤心煩易怒には四関穴
⑥遺精陽痿、月経痛には関元
⑦自汗寝汗には太淵・太渓
⑧食欲不振には中脘・足三里
⑨泣き笑い正常でない人には人中・少商・隠伯
⑩うつ状態には関元に灸を加える。

 針灸治神十法には陰陽、気血、臓腑などの
機能を調節する。

百会は頭頂に位置し、諸陽の会、鎮静安神の
作用をもつ
神庭は神のいるところ、百会と一緒にすると
鎮静安神の効果を増強する
本神は胆経の頭部穴、健脳益智の作用をもつ
四神聰は鎮静安神、健脳益智に用いる経験穴。

以上四穴には脳血流を増加する作用がある。
また神門は手少陰心経の原穴、心は血脉を主り、
神志を主る、これをとれば養血安神できる。

四つの神の字をもつ穴に百会を加え、
全体で安神健脳記憶増強の効果を奏した、
ゆえに治神の主穴とする。

柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る

 



胃痛

逆流性食道炎

この病気の多くは、食道下部括約筋の異常が原因です。
この病気は、オッディ括約筋の不調による「或る種の胃の痛み」と同じで、

原因として精神的ストレスが大きく関係しています。

意識して動かすことができない平滑筋である括約筋の不調は、
精神的ストレスに起因するからです。

さてこの逆流性食道炎の治療には、膈兪というツボが有効です。

「横隔膜を治療するツボ」というほどの意味で、肩胛骨の
下縁を結んだ線上にある第七胸椎の両横2~3cmの所にあります。

東洋医学では、横隔膜は陰と陽の境を意味しています。

そして陰陽の調和を失うことを、現代医学的に言えば、ストレスとい
うことになります。

足の三里は、このツボは胃の症状の特効穴でもあります。
大半の胃痛を軽減させる力を持っています。

ところがこの所、足の三里の刺鍼で軽減しない胃痛を訴える患者
さんが続いています。

 こうした患者さんを腹診すると、共通して中脘(臍とミゾオチを結ん
だ線の真ん中)に圧痛が無く、中脘右横2㎝ほどにある関門
著明な圧痛がありました。

 そしてこの右関門は、オッディ括約筋 の反応部位なのです。

オッディ括約筋 というのは、胆管と膵管が十二指腸に開口する所
にあって、胆汁と膵液の流入を調節する働きをしています。

従って右関門に圧痛のある胃の症状は、オッディ括約筋 の機能
不全の為、胆汁と膵液の調節が上手くいかなくなり、引き起こされ
たものといえます。

この場合の特効穴が、太白穴です。
右足の太白一穴に、刺鍼とお灸を三壮据
えれば、右関門の圧痛が消失します。

これでオッディ括約筋の機能不全による
胃の痛みと不快感は、取り去ることができます。

柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る

糖尿病は、現代を象徴する飽食とストレスが主たる原因です。

そして運動療法は、飽食にもストレスにも、共に有効な改善策と

言えます。

むしろ治療と食事療法は、それを支える二次的手段と考えた方が

良いのではないでしょうか。


血糖値改善には、必ず運動してカロリーを消耗

させることが不可欠です。

わたしが治療した患者さんで、血糖値改善に成功した人は、

みなさん運動療法を積極的にこなした方々ばかりです。



糖尿病に効果のあるツボ

第十一胸椎下の脊中(セキチュウ)と、

その両側一横指半の脾兪(ヒユ)

更に膝の内則にある陰陵泉(インリョウセン)

肘を曲げたときに出来る横紋の、
親指側の端にある曲池(キョクチ)です。

この七穴に鍼と灸をし、最後に脊中

皮内鍼を使用します。


柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)



ホームページへ戻る

疲れているのに、

なかなか眠れない、

寝ようとしても嫌な事を思い出して眠れなくなる。

気が付くと午前3時過ぎ、やっと眠りに付く始末、

寝たかなと思ったらいやな夢ばかり見る。

これはストレスの蓄積によって自律神経が失調をきたしています、

不規則な生活が原因と言えるでしょう。

不眠が続けば「気」の巡りも悪化してしまいます。


睡眠不足を解消し安眠を取り戻す為のツボを、

紹介致しますので利用して下さい!


失眠(しつみん)穴


踵(かかと)の骨の前よりに取ります。

不眠の改善、安眠の特効穴であり、

健康増進、足の裏全体の痛みや浮腫みに、

使われます。







失眠の押し方

拳で息を吐きながら強めで、

左右の足交互に10回叩きます。

これを5回繰り返します。

終わったら踵全体を鷲掴みにして

揉み解します。

 
安眠(あんみん)穴

耳の裏側の後頭骨の下端、首の筋肉の上(頭板状筋上)に取ります。

不安や動悸、不眠、精神的悩み、ストレス等に

使われます。







安眠の押し方

ツボの両方に指を軽く当て、

ゆっくりといきを吐きながら5回軽く押し回します。

これを5回繰り返し終わったら優しく撫でて置きます。

 
神門(しんもん)

手首の内側の尺骨端に取ります。

不安や精神的悩みの特効穴でです。

神経の高ぶり、ブルーな気分、便秘等に

使われます。






神門の押し方

親指をツボにあて手首を掴むように持ち、

骨の上部小指側を押しながら10回程、

回し揉みして下さい。

もちろん温灸(せんねん灸)ならもっと効果があるかも???


ホームページへ戻る

ストレスに弱い胃と肝臓に効くツボ

悩み、悲しみ、怒りなど、
強いストレスを受けているだけでも胃や肝臓は、
日々弱ってしまうのです。

東洋医学の考えによると、
肝臓は胃と一緒にストレスを、
受けやすい臓器であるとされております。

強いストレスを受けると血管が収縮して、
血液が停滞する事がしばしあります。

休む事無く働き続ける肝臓への、
血流が滞るという事は、
本来の機能が、
発揮出来なくなる状態です。

この様に解毒されない毒素が体内に増えると、
肝臓に負担が掛かり、
余り良い状態とはいえません。

ストレスを強く感じて、
ため息や胸のつかえが多く感じられたら、
胃と肝臓に優しいツボ療法をおこないましょう!

この症状に効くツボは、

太白(たいはく)

心兪(しんゆ)

章門(しょうもん)

厲兌(れいだ)

等があります

下丹田(しもたんでん)
「気海」任脈

丹田とは、
 
上丹田(かみたんでん)
額の中央にある印堂(いんどう)

中丹田(なかたんでん)
胸の中央にある膻中(だんちゅう)

下丹田(しもたんでん)
臍の下にある気海(きかい)

と、3つあります。

ここから気を入れたり巡らせたり、
溜めたり出したりする事で、
生命活動を活性化さるのです。


ツボの位置

臍下指2本分の中央に取ります。
「気海」がポイントとされております。

効果効能

中国では古くから病気全般の予防、
健康、循環器系の強壮、精力増進、婦人病のツボとして、
珍重され続けました。

また腸疝痛、虫垂炎、腹膜炎、腰痛、全身衰弱等に、
使われます。

武道家、道家でも気功各派でも、
最も重要とされております。

 


「気」が身体を巡る事によって、
経絡が活性化をして、
生命活動が向上致します。

お困りの方は当院にご相談ください。


柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る

このページのトップヘ