桑名柴田整骨院の日記

三重県桑名市にある柴田整骨院のホームページの補足としてご活用下さいませ

タグ: 片頭痛

当疾患は帯状疱疹ウイルスに感染した神経が支配する皮膚領域に起こる慢性疼痛です。帯状疱疹に罹って後暫しの期間継続するとされていますが、何故痛みとして継続するのかは明確ではありません。一説には帯状疱疹ウイルス(VZV)によるアレルゲン反応(一次アレルギー)とも言われているのですが、ともすれば花粉症や他の過敏反応にも非特異的であることから、引き金となっていることの十分な説明には至りません。

しかし、帯状疱疹ウイルスは片頭痛及び群発頭痛のリスク要因としても挙げられていることから、先の説明には至らないのが実情です。
(参考文献→http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/83.html)
当疾患は比較的高齢者に好発し、通常は短期間(1〜3ヶ月程度)で治癒するとされていますが、稀に長期(10年以上)を要する場合も有ります。但し、当疾患の特徴として、神経の変成によるものであってウイルスそのものでないことに注意する必要が有り、しかも、極稀に脳炎・髄膜炎・直腸の障害を併発して致命的なケースに至る場合も有ります。

当疾患の治療で用いられる経穴は以下の通りです:
合谷
曲泉
曲池
血海(膝蓋骨内上角の上方2.0寸、内側広筋上:膝関節系統の疾患に応用される)
地機
三里
並びに、患部及び患部を支配する神経領域(デルマトームとも言います)

眼を支配する顔面神経に症状を発する場合は、視力に影響を及ぼす場合も有りますので、早期治療が肝要です。
外的要因が引き金ともなっていますので、併せて手厥陰経の要穴を用いて心身の緩和を計ります。


頭痛に苦しんでいる方は結構多いものです。
自分で応急処置に使えるツボをいくつか紹介しましょう。

 先ず側頭部が痛む場合は丘墟(きゅうきょ)がよく効きます。

このツボの取り方は足の甲の第4指(薬指)と
第5指(小指)の骨の間を、つま先から外くるぶしに向かって押し上げていき、
止まった所を目安にします。

そして指の止まった所と、その左右を押し
てみて、一番痛みの強い場所がツボです。

そこを指圧するとかなりの程度、側頭部の痛みを取ることができます。

丘墟と並んでよく効くツボに臨泣(りんきゅう)があります。

このツボの取り方は、足の甲の第4指と
第5指の骨がくっつく所です。

 
丘墟と臨泣は、『足の少陽胆経』という同じ経脈に属していて、
身体の側面の症状によく効きます。


続いて後頭部が痛む場合には、崑崙(こんろん)がよく効きます。

このツボの取り方は、外くるぶしとアキレス腱の間で、
やはり上下を探って最も痛い場所に取ります。

崑崙は『足の太陽膀胱経』という経脈に属していて、身体の背面の

症状によく効きます。

従って後頭部だけではなく、腰の中心部の痛みや、太ももや膝から

下の、後ろ側の痛みにもよく効きます。

 

ところで『胆経』も『膀胱経』も、その支配領域は、それぞれ側頭部や

後頭部に留まらず、額にまで及んでいます。

ですから頭頂部や前頭部の痛みにも丘墟臨泣崑崙は有効です。

中心よりだったら崑崙、横によったら丘墟か臨泣です。


柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)

ホームページへ戻る

このページのトップヘ