桑名柴田整骨院の日記

三重県桑名市にある柴田整骨院のホームページの補足としてご活用下さいませ

タグ: 陰部の痛み

今朝いきなり

腰痛とは違い、左の鼠径部と太ももの内側が痛む
との訴えでした。

 
この症状は時々見られるもので、腸骨鼠径神経と
陰部大腿神経が関係しています。

これらの神経は、腰椎第1~2番に起こり、前者は鼠径部と陰部
に、後者は陰部と大腿内側に分布しています。

多くの場合、内臓下垂でこれらの神経が圧迫を受けた場合に
この患者さんのような症状が出ます。

従って治療は神経痛ではなく、内臓下垂が対象となります。

 そこで先ず内臓下垂の特効穴である患側の左気戸(キコ)
探ってみるとグリグリとした硬結が出来ていて、
押すと強い痛みがあります。

気戸は胃経のツボで、鎖骨の下縁で、乳線上にありますが、
その周辺も探って硬結を求めた方がより効果的です。

ここに置鍼しただけで7割方痛みが取れました。
更に補助穴として、同じく患側の大腿前面にある胃経の伏兎
(フクト)
と、外側にある胆経の風市(フウシ)に置鍼。

これで訴えの痛みは完全に消去しました。


内臓下垂は、背景に過労などによる免疫機能の低下があるので、

上記置鍼と同時に、扁桃機能改善を目的に、照海(ショウカイ)

天牖(テンヨウ)、曲池(キョクチ)にも置鍼しました。

 

 先日初老の方が来院され、
先生、3か月前からペニスの根元から先までが痛くて
何もする気が起きなくて、夜も不快で眠れないのです。

泌尿器科を3件回りました。

診察して頂いたのですが、どこの病院でも異常なしとのことで
鎮痛剤、安定剤、等処方されるのですが、
全く効果なしとのことで・・・

西洋医学に不信感を抱いております、
なんとかならないでしょうかとのお困りのご様子でした。

そこで以前ブログ記事で見たことのある、腸骨鼠径神経と陰部大腿
神経が関係している症例があったのを思いだし、調べたところ

これらの神経は、腰椎第1~2番に起こり、前者は鼠径部と陰部に、
後者は陰部と大腿内側に分布しています。

多くの場合、内臓下垂でこれらの神経が圧迫を受けた場合に
この患者さんのような症状が出ます。

従って治療は神経痛ではなく、内臓下垂が対象となります。

そこで先ず内臓下垂の特効穴である患側の気戸(キコ)を探っ

てみるとグリグリとした硬結が出来ていて、押すと強い痛みがあり

ました。



泌尿器系に効果のある中極、大赫に置鍼

胃経の邪気取りに陥谷、臨泣に鍼とお灸、
最後に商陽厲兌に瀉法の鍼をしました。

3日後来院されたときは、顔色もよく痛みがなくなる時が出てきましたと
希望に満ちた回答でした。

同じ治療をして、さらに3日後の症状をお聞きしますと
にゃりと笑い(^0_0^) 「先生いいです!」 
痛みが時折来る程度になりましたとの事で

効果が
はっきりと出てきたと実感されているご様子でした。

さらに1週間後には全く痛みがなくなり、庭の剪定ができたと
満面の笑みで喜んでお見えでした。

「先生、助けて頂き有難うございました」

「よかったですね、私は治ろうとしている患者様の体に少し
手助けをさせて頂いただけ、治したのは患者様の体ですよ
ご自分の体によく治ったねと感謝の気持ちをつたえてあげて
下さい」


東洋医学恐るべし!!


 柴田鍼灸整骨院
〒511−0042 桑名市柳原181
TEL 0594-21-5335

休診日 木曜午後・土曜午後
       日 曜 ・ 祝 日

診療時間
AM8:30〜12:00(午前)
PM3:00〜 7:00(午後)



ホームページへ戻る


このページのトップヘ