しばた便⑤②しばた便⑤④

2018年07月03日

しばた便⑤③

皆様 こんにちは。

今日は寝不足の方も多いのではないでしょうか・・
その理由は言わずもがな・・・そう!!
  
   FIFA サッカーワールドカップ
                     対 ベルギー戦


いや~盛り上がりましたね。
感動しましたね。悔しかったですね!

2時間の間に色々な感情がでてきてハラハラドキドキでした
    
   005
     胸はってかえってきなさいっ!  

試合には負けてしまいましたが
惜しみない拍手をおくりたいと思います

監督・選手の皆様 お疲れ様でしたっ



今回の内容は 副腎皮質ホルモン についてです。

副腎とは、お腹の中にある臓器で、腎臓に接して左右2つあります。

    BlogPaint

絵に関しての感想は受けつけません・・あしからず・・・

副腎皮質は、副腎の一部で、いくつかの副腎皮質ホルモンを出します。
副腎皮質からだされるホルモンで コルチゾール というのがあります。

このコルチゾールが
過剰分泌することを  副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
少なくなることを     副腎皮質機能低下症(アジソン病)

とそれぞれいいます。

割合的には圧倒的にクッシングが多いです。

通常副腎は、脳の一部の下垂体という部分から出される指令によって
コルチゾールを出す量を調節しています。

体にコルチゾールが必要な時に 下垂体から副腎に
 「コルチゾール頼むよ」 と指令が下り必要な分が作られます。

    BlogPaint

いうなれば 下垂体が 司令塔
        副腎が   工場 
   といったところでしょうか。

クッシングでは、このコルチゾールの分泌に関わる
下垂体と副腎 どちらかに腫瘍ができこれが原因でコルチゾールが必要以上に出すぎてしまいます。
それにより、全身にさまざまな影響がでます。

9割が下垂体
1割が副腎    と言われてます。

このほかにも 医原性副腎皮質亢進症 というのもありあます。
ステロイド薬を長い間服用してると、体内にコルチゾールが増え過ぎてしまい
同じような症状がでることもあります。

その場合は獣医師と相談しながら治療をしていくことになります。

症状としては
     よく水を飲む・尿量が多い
     異様な食欲
     お腹がぽっこりと膨れてくる
     筋力の低下・運動力の低下
     左右対称の脱毛
     皮膚が薄くなる

などが挙げられます。

治療としては甲状腺同様 お薬でホルモンの量を調整していきます。

甲状腺も副腎も 発見するためには飼い主様の判断がとても大切です。
歳もとったからかな? とは思わずに病院に来ることが早期発見の第一歩です。

ホルモンは体を維持するために大切な必要不可欠なものです。
そのホルモンが上手く作られないと体はとても大きなダメージを受けます。

最悪の場合 死に至ることもあります。。。

完治することはないといわれる疾患ですが
うまく付き合っていくことで寿命を全うできるケースもあります。

まずは一番の理解者である飼い主様が病気について理解をし
闘病生活を支えていくことが大事だと思います。

長々となりましたが 本日はこれにて・・

暑い日々が続きますが 脱水・熱中症には皆様お気をつけて
お過ごしください

               渡辺


shibatadoubutubyouin at 16:51│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
しばた便⑤②しばた便⑤④