しばた便⑥②

2019年01月26日

しばた便⑥③

こんにちは。
皆様 ついに・・ついに・・・っ!!!

  011
       白銀の世界~

今年初の積雪ですっっ
もう積もらないんじゃないかとひやひやしましたが
ちゃんと冬景色になりましたね

ドカ雪は嫌ですが 
これくらいの静かな降り方だったらいいな~と思います。

無理をしない程度に皆様雪かきがんばりましょう



ヘルニア というと皆様どの部分をおもいますか?

よく聞く 椎間板ヘルニアはもちろんですが 
臍ヘルニア そけいヘルニア 横隔膜ヘルニア 
頸椎ヘルニア 会陰ヘルニア   などが挙げられます。

ヘルニアとは 「 外にでる 」 「 飛び出す 」 という意味があるそうです。

本日はその中で 椎間板ヘルニア についてお伝えします。

首から腰にかけての骨を総称して背骨と呼びますが、背骨は一本の長い骨ではなく
小さい骨が並んで成り立っています。

その小さい骨と骨の間にクッションの役割としてあるのが椎間板です。

     「犬 椎間板ヘル...」の画像検索結果

この椎間板がとびだして 脊髄神経を圧迫することによって
痛みがでてきます。

   動きが鈍い  
   触ろうとすると怒る
   背中を丸めてじっとしてる
   階段の昇り降りを嫌がる

などの症状が初期段階ででてきます。

症状がすすむと
   自力で立てない
   後肢をひきずる
       膀胱麻痺

などの神経麻痺の症状がでてきます。

どの犬種にもなりやすい疾患ですが
特になりやすいと言われているのが
 
    M・ダックス
    W・コーギー

などの胴長の犬種です。
腰にかかる負担が他の犬種と比べて大きいですからね。

椎間板ヘルニアにならないためには
    腰に負担をかけない  というのが大事です。

   太らせすぎない
   フローリングなどの滑りやすい床材にしない
   横抱きで抱っこする
   
など常日頃から予防していただくことも大事です。

なってしまった場合は早めに病院に連れてくること
時間がたってしまうと予後の回復が悪い場合もあります。

どの病気でもそうですが早期発見・早期治療が大切です。
いつも傍にいて異変を感じられるのは飼い主さんだけです。

辛い思いをさせないためにも
いつもと違うと感じたら早めに病院に行くように
いたしましょう

                    渡辺



shibatadoubutubyouin at 16:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
しばた便⑥②